5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

世界における王制・君主制 Part.3

1 :世界@名無史さん 転載ダメ:2016/04/30(土) 12:41:56.15 0
日本の皇室の話はこちらにもあります
皇室・王侯貴族
http://potato.2ch.net/emperor/
日本史
http://yomogi.2ch.net/history/
日本皇室のみの話題は荒れやすいのでお控えください(世界史観点からの比較を除く)

>>980過ぎたら次スレ立ててください

◆参考サイト
欧州の王室などの家系について
ttp://nekhet.ddo.jp/
欧州の王室人の現在の消息(英語)
ttp://www.hellomagazine.com/royalty/
欧州以外の王室(英語)
ttp://www.4dw.net/royalark/

【関連スレッド】
世界の現王室・旧王室の人々51(実質52)
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1458384478/
※王室の「人々」を語るスレッドです。
※前スレ
世界における王制・君主制 Part.2
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1458475127/

178 :世界@名無史さん:2016/05/15(日) 20:47:04.51 0
信長は魔王

179 :世界@名無史さん:2016/05/15(日) 21:12:12.18 0
皇帝も君主で封臣も君主であるように
天皇も君主であるし秀吉も君主でもいいだろう

180 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 02:41:31.17 0
>>172
世襲なら何でもいいわけじゃない
建前を変えなきゃ無理
教皇やアンドラ公のような逆の事例もある

181 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 04:09:25.33 O
>>180
メディチ家やオラニエ家のように正式な君主になれば、金日成や正日も君主として論じられるようになるかもしれないがね。

182 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 05:47:04.65 0
オラニエ家はナポレオン戦争のどさくさで正式に君主になったわけだけど、
メディチ家が君主になったいきさつがもうひとつ分からん。

183 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 05:58:07.41 0
>>182
19世紀初頭に現れた“フランス皇帝”とか“オーストリア皇帝”とかの
インチキ臭さについて、このスレでも何回か話題になったけど、
“オランダ王”も同様の感があるな。

184 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 08:01:11.45 0
オラニエ家は総督という代官の世襲化による君主というプロセスを経ているので
ある意味ありがちな君主だねW

185 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 11:39:41.99 O
>>183
ナポレオン1世こそ真にローマ皇帝らしい実質を持った最後の皇帝だったとも思うけどね。

186 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 17:49:56.77 O
帝国を名乗れる条件ってなに?
プロシアって一国で帝国名乗るの無理なの?

オーストリアは帝国としてドイツ連邦の主席になったけど
ドイツ帝国は北ドイツ連邦全体で帝国だよね?
この差はなんなんでしょ

187 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 18:02:45.20 0
>>171
>>Wikipediaは資料的価値は低くても普遍的評価の提示場所としては極めて高価値なのです

だから、お前さんは、特に↑この部分を100回朗読しておけよwwww

188 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 19:23:18.24 0
>>185
ローマ帝国の皇帝一貫しては近世の君主よりはるかに弱い君主だと思うけどw
支配の強さは圧倒的に近世君主だと思うよ

189 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 19:37:03.84 0
>>187
その部分を前提に、恐らくすべての言語版で君主制と扱われていない北はダメってことだろ、普遍的価値が無いしな

その上
>更に言えばそこに記されているようにあくまでその人は共産主義の歴史体型に組み込んで語っていますね
>ローマみたいに元の国名や役職を徹頭徹尾無視して「ローマ帝国」「皇帝」「即位」などとだけ書いた本が出てからでも遅くないです
このような理由で資料的価値を有する資料すら完全肯定していないし

190 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 19:38:08.42 0
ヴュルテンベルク選帝侯ってナポレオンに選帝侯に、のちに王にしてもらったと言われてますが
王はともかく、なんでフランス皇帝が神聖ローマの選帝侯に叙任できるのですか?
神聖ローマ皇帝に口添えしたってことですかね

191 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 20:44:33.30 0
いくら北やキムのことが嫌いでも、もはや君主であることは否定できんわ
そもそも君主って、いいもんでも何でもないし

192 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 20:52:43.12 0
>>190
実力がなければ神聖ローマ皇帝などゴミだろ

193 :世界@名無史さん:2016/05/16(月) 23:00:00.62 0
>>191
名目を整えないとダメ
好きも嫌いも無い

194 :世界@名無史さん:2016/05/17(火) 01:52:08.44 0
オラニエ家が総督三代目ってとこだからまだまだ君主とはいえないなw
あるいはイタリアの法王代官の三代目だからようやくシニョーレと認められたときぐらい

195 :世界@名無史さん:2016/05/17(火) 05:06:37.04 0
北の国の委員長が正式に君主になるには何かきっかけがほしいね。
オラニエ=ナッサウ家の場合はそれがナポレオン戦争だった。

18世紀の末ウィレム5世のころ“総督家”たるオラニエ家は権威が失墜しかかっていた。
そこへナポレオンの侵攻してくる。
独立のシンボルとしてオラニエ=ナッサウ家が担がれて権威が回復、
回復ついでに正式な君主に押し上げられた。

196 :世界@名無史さん:2016/05/17(火) 08:09:22.35 0
中国の侵略ならありそうだ

世襲が法定されt場合も君主の可能性が高くなるな
もし慣習法でそうと主張したいのならあと4、5代は欲しい

197 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 00:24:56.50 0
>>186
かつてヨーロッパには西ローマ皇帝の後継者たる神聖ローマ皇帝と
東ローマ皇帝の後継者たるロシア皇帝のみが帝号を名乗れるといった慣例があったが
ナポレオンのフランス皇帝即位によってその慣例は事実上消滅したので
その後は誰が帝号を名乗っても慣例に囚われることは無くなった
ちなみにナポレオンもプロイセン王に皇帝を名乗られてはいかがかと進言してみたが
面倒事を嫌ったプロイセン王はその進言を丁重に断ったというエピソードがある

198 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 00:43:02.25 0
>>190
末期の神聖ローマ皇帝は権威が既に有名無実化していて
神聖ローマ帝国は事実上、ナポレオンの支配下にあった
そもそも神聖ローマ帝国が崩壊したのはナポレオンが発足させたライン同盟に
帝国の全諸侯が加盟して帝国が維持できなくなったのが原因だからな
ナポレオンは神聖ローマ帝国を叩き潰した張本人
ドイツやオーストリアのみならず一時期のナポレオンはヨーロッパの支配者そのものだった

199 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 03:47:44.50 0
>>197
英女王がインド皇帝にこだわった経緯をみると
「慣例」は厳然と存在した

ただナポレオンのような慣例を無視する人間がすくなからず現れただけですな

200 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 08:13:09.26 O
ロシア皇帝も西から見たら勝手に名乗ってただけ
東ローマの後任なんて後付けもいいとこ
結局ナポレオンが皇帝名乗り
オーストリアも帝国になり
皇帝=ローマの後継者という図式を西側が崩し
ロシアもついでに認められただけ
最初はシカトされてた

国王みずから船大工に変装して造船所にもぐりこむほど技術力 文化がちがう田舎国のロシアが東ローマの後継者を名乗ってすんなり認められるわけない

201 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 08:54:39.51 O
インド皇帝も慣例から外れてる
そもそもエンペラー=皇帝というのも慣例から外れてる

イギリス王は皇帝と名乗ったが王子たちはあくまでRoyal princeであり決してImperial princeとは名乗らなかったし
フランス ドイツ オーストリアの皇帝兼王がエンペラーキングと名乗ってたのにイギリスはキングエンペラーと称号し
インド皇帝位よりイギリス王位のが上の扱いだった
インド皇帝をローマ後継者たる真のエンペラーでなく
なんちゃって皇帝であると自ら扱っていたのだ
歴史を重んじるお国柄なので新設かつヨーロッパ キリスト教圏外の皇帝など無駄に有り難がる扱いはしやしない

202 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 09:00:43.55 0
天皇=エンペラー はすんなり受け入れられたの?

203 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 09:37:34.33 O
ロシアを押さえたい大英帝国の思惑から日英同盟がむすばれ
その時認められたとする

ただもうそのときはブラジルにも北ドイツにもあちこちに皇帝がいて
珍しくも排他的な称号でもなかったので認められやすいだろうね

オーストリア皇帝はナポレオンに承認されてれる

今も昔も大国の承認大事

204 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 10:00:19.28 0
>>203
始皇帝は?
アウグストゥスは?

特に他国の承認なんか無さそうだが

205 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 11:32:15.67 0
秦もローマも覇権国だろうがw

206 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 14:52:13.42 0
ヨーロッパ周辺国だと、本当は王国なのに
キリスト教でないとプリンス扱いされることなどがあった
キリスト教を受け入れ、司教座を置くなどするとやっと皇帝や教皇に
王として認められる。
今、大公とか訳してる東ヨーロッパの称号の中には
実際には王としたほうがいいのもある
その後さらに西洋で通じる王という称号を与えられたので
その国のもともとの王は王より1枚落ちるプリンス扱いされてしまっている

207 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 15:02:46.55 0
プロシア王なんかも神聖ローマ皇帝が承認してる
ローマ帝国の域外なので周辺国は警戒したらしいが

トスカーナ公は教皇が大公にしてる
Grand dukeの方の大公はこのとき出来た
Arch dukeの方のハプスブルグ家の神聖ローマ皇帝は当然難色を示したが
8年後しぶしぶ追認してる
もっとも継承者のなくなったトスカーナ大公位はその後ハプスブルグ家が取り込んでるんだけどね

208 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 15:15:13.11 0
>>190 >>197-199
でもナポレオンの行動は神聖ローマ皇帝を強く意識したものだよね。
戴冠式もカール大帝の故事を参照したというし,イタリア王を兼任し息子をローマ王にしたし。

ナポレオンは本当は自ら神聖ローマ皇帝になりたかったのではないの?
子飼いのドイツ諸侯を選帝侯に昇格させているのも,それで説明がつくし。
何より神聖ローマ皇帝になれば,ドイツを初めとする諸王国への公式な宗主権も手に入る。

因みに英語版のWikipediaの

209 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 15:16:59.16 0
途中で切れた。

因みにWikipedia「フランス第一帝政」の英語版に,こんな記述がある。

On 6 August 1806 the Habsburgs abdicated their title of Holy Roman Emperor in order to prevent Napoleon from becoming the next Emperor, ending a political power which had endured for over a thousand years.

210 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 16:55:37.81 0
ドイツ国民の神聖ローマ帝国でなく真のローマ帝国まであと少しだったのに

211 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 17:19:17.81 0
ヒトラーもナポレオンに匹敵する皇帝だと言える。

212 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 18:50:44.55 0
ヒトラーは皇帝に即位してねえし

213 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 18:59:20.03 O
子供にあと継がせる気ないなら皇帝になる意味あんまないな
権力が自分だけでいいなら共和国元首で問題ない

214 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 19:17:21.92 0
シーザーは?

215 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 22:39:54.67 0
>>201
英国王が王号にこだわるのは長年の「慣例」を破って皇帝に即位したナポレオンなどによって
皇帝という称号がすっかり安っぽくなってしまったからというのが理由のひとつみたいな話を聞いたことがあるな

ただ、ナポレオンから見ればそれは英国王だって同じだろう
英国王位が英国においてどれだけ由緒正しく伝統的な称号だろうとそんなことはナポレオンにとっては知ったこっちゃない
彼にとっての英国王位もただの安っぽいローカルな称号に過ぎなかっただろうよ

216 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 22:54:51.70 0
>>203
>>205
昔はともかく今は大国の承認なんて必要ない
名乗ったもん勝ちなんだから

217 :世界@名無史さん:2016/05/19(木) 23:13:45.79 O
>>213
フランス皇帝に神聖ローマ皇帝を結合したら凄いことになってたろうね。
もっともそれでナポレオン帝国が安泰かといえば、豊臣氏の武家関白の二の舞だったような気がするが。

218 :世界@名無史さん:2016/05/20(金) 13:59:16.59 0
神聖ローマ皇帝にもなったらドイツの保護義務がでるというめんどくささもあるぞ

219 :世界@名無史さん:2016/05/20(金) 19:29:28.03 0
>>215
フランス王とイタリア王とドイツ王を統合して
“フランク王”を名乗ればよかったのかな?

220 :世界@名無史さん:2016/05/21(土) 03:43:59.84 O
ドイツ王=神聖ローマ皇帝だし
ナポレオンのドイツ王即位はオーストリアが意地でも阻止するから仕方ないね

221 :世界@名無史さん:2016/05/21(土) 04:03:02.06 O
>>220
新しい選帝侯まで作られてナポレオンの神聖ローマ皇帝即位が不可避になったから、フランツ2世は神聖ローマ帝国自体を潰してしまったんだろう。

ウィッテルスバッハ家がカール7世を出しただけで以後の帝位を諦めたのは、とにかく金がかかるからだと言われている。そんな金を出せる家が他に無いから、ハプスブルク家が帝位を事実上世襲できたわけだ。
これがナポレオンが神聖ローマ皇帝に即位した場合、フランスの財力で幾らでも帝位を維持も世襲も可能だ。下手をすればドイツ諸侯は永遠にフランス・ボナパルト朝のの宗主権下に置かれかねない。

神聖ローマ帝国自体を壊すという判断は、ドイツにとって賢明だったと思うよ。

222 :世界@名無史さん:2016/05/21(土) 10:15:50.61 O
ライン同盟でもう西側ドイツの宗主権とられてるし
正直あんま関係無さそう
ライン同盟のプレジデントになっても同盟はナポレオンのために六万程度しか兵を動員しなかったらしいし
ナポレオンが神聖ローマ皇帝になってもスペインと神聖ローマ帝国の経営で破産したカール5世のようになるだけな気も

223 :世界@名無史さん:2016/05/21(土) 10:24:41.15 O
まあナポレオンはライン同盟のプリンスたちと宗主関係にないと言ってはいたが

224 :世界@名無史さん:2016/05/21(土) 22:19:32.96 0
>>221
どうせなら神聖ローマ皇帝位を奪って新皇帝ナポレオン・ボナパルト1世になればよかったのに

225 :世界@名無史さん:2016/05/22(日) 05:59:07.06 0
フランソワ1世が狙ったのはそういうような地位かな。

フランソワ1世が皇帝になったとしても
どの程度ドイツに影響力を行使できたか分からんけど。

226 :世界@名無史さん:2016/05/22(日) 07:47:45.04 0
カダフィ大佐はアブドラ王を追い出して支配者になったのか

227 :世界@名無史さん:2016/05/22(日) 20:21:35.65 O
>>224
だからナポレオンが着々とその準備しているのを見て、フランツ2世は神聖ローマ帝国自体を壊してしまったんでしょう。

228 :世界@名無史さん:2016/05/22(日) 23:02:30.90 0
>>224
なんでナポレオンは執政と皇帝とで名前を使い分けてたんだろうね

229 :世界@名無史さん:2016/05/23(月) 00:14:03.03 0
>>228
ラストエンペラー・溥儀が、執政と皇帝を使い分けたがごとし。

230 :世界@名無史さん:2016/05/23(月) 01:05:16.39 0
本人次第だろうな
ナポレオンや溥儀が執政時代にナポレオンや康徳(帝)と名乗ってもよかっただろうし
逆に皇帝になってからナポレオン・ボナパルトや愛新覚羅溥儀と名乗ってもよかっただろうし
あるいはどちらかの名前で統一してもよかっただろうし、
はたまた別の名前を名乗るってのもありだっただろうな

231 :世界@名無史さん:2016/05/23(月) 18:18:11.34 0
バオダイ(保大)帝は「国長」としてもバオダイを名乗った。
しかも長男のバオロンは皇太子の扱いを受けていた。

232 :世界@名無史さん:2016/05/24(火) 04:31:22.11 0
ナポレオンって名前違うの?
イタリア風からフランス風にしたのは知ってるけど

233 :世界@名無史さん:2016/05/24(火) 09:27:00.08 O
>>232
コルシカ語では「ナブリオーネ」、標準イタリア語では「ナポレオーネ」だね。

234 :世界@名無史さん:2016/05/24(火) 21:28:40.75 0
あらゆる国家元首の中でトップクラスのだささだな 国長

235 :世界@名無史さん:2016/05/24(火) 21:47:40.60 O
>>231
国長の地位は世襲だったのかな?

236 :世界@名無史さん:2016/05/24(火) 22:00:20.74 0
>>234
南北朝時代の刀工。
延文-永徳(1356-84)のころ美濃(みの)不破郡(ふわぐん)赤坂(岐阜県大垣市)にすみ,
赤坂千手院派の祖といわれる。

237 :世界@名無史さん:2016/05/24(火) 22:01:46.41 0
黒鳥を国鳥とする国はあるのか

238 :世界@名無史さん:2016/05/24(火) 23:41:18.34 O
ブラック・スワンをナショナル・バードにする国か

多分ない

239 :世界@名無史さん:2016/05/25(水) 01:10:20.55 O
日本も村長 町長 区長 市長 県長 国長にしよう

240 :世界@名無史さん:2016/05/25(水) 01:19:50.02 0
>>234
市長や社長や連隊長はダサくないのに
なぜ国長はダサいのか

241 :世界@名無史さん:2016/05/25(水) 13:59:50.44 0
満州語で「グルン イ ダ(grun i da)」とか、
モンゴル語で「ウルシーン エジェン(ulus in ejen)」と訳すと、
途端にカッコよく聴こえる不思議♪

>国長

242 :世界@名無史さん:2016/05/25(水) 14:02:24.65 0
>>231,234,235,240

ベトナム語で発音すると、カッコよく聞こえるかも?

>国長

クオック・チュオン
 それとも
チュオン・クオック
 になるかな

243 :世界@名無史さん:2016/05/25(水) 21:02:04.90 0
クロムウェルは嫌いだが、護国卿というのはカッコいいw

244 :世界@名無史さん:2016/05/25(水) 21:09:48.47 O
Lord protecterはかっこいいね
Lordがないと保護者と訳すことになり最高にださい
ナポレオンはライン同盟のprotecter 保護者だった

おかんかよ!

245 :世界@名無史さん:2016/05/25(水) 22:27:54.88 0
>>231
ブガンダ王ムテサ2世はウガンダ大統領になってからも王名を用い、
同様にキプロス正教会大主教マカリオス3世もキプロス大統領になってからも大主教名を用いた

246 :世界@名無史さん:2016/05/26(木) 02:07:19.13 0
>>244
ノートン帝も名乗った由緒ある称号護国卿

247 :世界@名無史さん:2016/05/26(木) 22:10:22.72 O
サミットに一国くらい君主が来てもいいのに

248 :世界@名無史さん:2016/05/27(金) 00:34:35.25 0
>>247
君主なら一応来てるんだけどね、
アンドラ大公がw

249 :世界@名無史さん:2016/05/27(金) 03:20:17.83 O
>>248
アンドラとフランスとの利害が決定的に対立したらどうするのかね>フランス大統領。

250 :世界@名無史さん:2016/05/27(金) 05:17:55.76 0
>>245
大統領ではないけどシメオン2世も首相在任時に王名を用いてもな。
自らが所属する政党名には用いていたのに。

251 :世界@名無史さん:2016/05/27(金) 09:03:29.31 0
>>249
アンドラつうか心配すべきはスペインだろ
まぁフランスとスペインの妥協の産物がこれともいえるが
>>248
フォア伯であるともみなせるのかなw

252 :世界@名無史さん:2016/05/27(金) 15:09:13.54 O
>>251
スペイン王はアンドラの君主ではないので…
そう言えば、フランコ時代にはバルセロナのようなカタルーニャ語圏でもスペイン語が強制されていたらしいが。
もし当時「アンドラの言葉を教えます」と称してバルセロナにカタルーニャ語教室を開いたら、罪に問われたんだろうか。

253 :世界@名無史さん:2016/05/28(土) 00:16:31.59 O
>>252
学校でもカタルーニャ語使って「将来アンドラに行っても困らないようにイマージョン教育です」と居直るとかw

254 :世界@名無史さん:2016/05/30(月) 11:27:49.24 O
言語統一は帝国政策の常套手段
大英帝国と米帝のお力でで英語を真の世界共通語にして欲しい

インターネットで世界中と気軽に話したい

255 :世界@名無史さん:2016/05/30(月) 11:47:00.23 O
スペインって一時期ドイツも支配してまじ最強だったのに挟撃できるフランス攻め落とせないわ
破産するわでなんなの?

カールまじ無能

256 :世界@名無史さん:2016/05/30(月) 11:57:58.68 0
一時期ドイツもというかフランドル人がスペインとドイツを支配してたって感じじゃねw

257 :世界@名無史さん:2016/05/30(月) 12:11:47.32 0
>>254
英語なんて奇形言語で世界統一なんて暗澹たる気持ちになるわ

258 :世界@名無史さん:2016/05/30(月) 15:04:41.95 O
何語にしたって反感がでるから力で勝負

259 :世界@名無史さん:2016/05/30(月) 16:45:07.14 0
>>255
イスラムの盗賊の襲撃とかがあるので下級貴族とかにも権利を与えすぎたため
権利の回収ができなかった。このため中央集権が遅れた。

260 :世界@名無史さん:2016/05/31(火) 09:30:23.12 O
ドイツ諸侯の公子らが一般的にプリンツと言われるのはいつか分かる方います?

16世紀とか爵位のない貴族成員は
Erbprinz以外プリンツとも言われてないですか?

261 :世界@名無史さん:2016/05/31(火) 16:27:25.05 O
>>255
ホーエンツォレルン家の王子がスペイン王になるという話を聞いてナポレオン3世が「カール5世時代の二の舞になる」と言い出したのが普仏戦争のきっかけ。
やはり圧迫はされたんでしょうね>フランス。

262 :世界@名無史さん:2016/05/31(火) 21:29:48.69 0
>>254
明治時代に英語にしようという運動もあったよ

263 :世界@名無史さん:2016/05/31(火) 23:58:55.16 O
>>262
多分失敗したぞ、それ。

地域ごとに言葉が違うような国ならば、共通語として英語やフランス語が使われる余地がある。
だがもともとの言葉で住民同士のコミュニケーション取れる国だと別の言葉を使う意味が無い。

264 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 00:04:14.75 0
外資系でも何でも無いのに日本の企業で、会議を英語にしようとした会社もある。

265 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 00:12:24.96 0
大学の授業で日本語の教科書もないし訳語も定まっていないから、
外国語の講義でもないのに、自動的に外国語というのが念頭にある。

266 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 07:21:38.90 0
会津戦争では会津人と薩摩人でまるで言葉通じなかったそうだが?

267 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 09:45:49.46 O
>>266
確かに標準語というのも各地の方言なんかを元にした人工の産物なんだが、アフリカのような国だと地方ごとに全然違う言語を喋ってるからな。
だから地域と全く無縁な英語やフランス語を共通語に使わざるを得ない。

268 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 09:46:46.15 0
>>265
それをやって失敗したのが日本以外の、教育には金をかけたて近代化しようとしたが失敗した国家だな
専門書を翻訳するのは決定的に国家の発展に重要だったことがあとでわかった

何でもできる万能の超エリートは育成できたが
二流の知識人や一点に優れた天才肌の人間の育成に失敗した
社会人になってから勉強する手段もなくなった

269 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 09:54:52.79 0
>>266
いや言葉は通じてるよ
それより前から薩摩人と会津人は長州排除の打ち合わせをしているからね

270 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 09:57:34.94 O
参勤交代が言語の統一を推進したのはよく聞く話

271 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 10:13:45.35 O
>>268
重要だね。おかげで私の父のような町の商人でも休日に図書館に出掛けて最先端の学問に触れることが出来る。
勿論、父は学者でも何でもないが、難しい学問でも聞けばわかる程度には理解しているし。

>>269
武士の使っていた「拙者はさようしからば」みたいな言葉が当時の標準語だね。
そっちをそのまま明治の標準語にしても良かった気もするが。

272 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 10:24:16.67 0
>>271
日本は高卒程度のブルーワーカーとか外国なら中〜低位所得者の労働力の質が圧倒的にいいみたいね
給与も高いそうだけどw

273 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 10:28:35.14 0
薩摩弁はよそからのスパイを見つけやすくする為にわざわざ作った人造言語だとなんかで聞いた?

274 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 10:42:43.75 0
>>273
スパイを見つけやすかったのは本当
わざわざ作ったというのはうそ

275 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 11:08:19.85 O
>>272
日本では戦前ですら職工さん(工員)上がりの管理職が居たくらいで、ブルーカラーでも文章を読み理解し適切に意志を発信する能力を持っていたわけだよね。
社会階層の流動化と、それによる社会の活性化にどれほど役立っていたことか。

276 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 11:12:13.81 O
先の大戦で早口の薩摩弁を暗号に使ったらしい まああっちもインディアンの言葉使ったらしいが

277 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 11:14:16.11 O
日本賛辞もいいが
王族の話なんかない?

278 :世界@名無史さん:2016/06/01(水) 11:16:58.25 0
日本賛辞ってどれよ

83 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)