5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】22 [転載禁止]©2ch.net

1 :世界@名無史さん:2014/12/31(水) 07:21:45.08 O
■ 過去スレ ■
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】21
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1415634240/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】20
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1410888654/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】19
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1406926157/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】18
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1403015864/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】17
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1398731252/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】16
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1389887360/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】15
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1383046067/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】14
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1378530362/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】13
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1370701295/
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】12
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1365857000/

2 :世界@名無史さん:2014/12/31(水) 19:29:45.03 0
>>1

3 :世界@名無史さん:2014/12/31(水) 23:07:39.61 0
おつ

4 : 【はずれ】 :2015/01/01(木) 08:36:58.69 0
ローマ人におみくじという習慣は無い

5 : 【中吉】 【213円】 :2015/01/01(木) 09:10:08.67 O
鳥占官「本年のローマ市の運勢は…」

6 :世界@名無史さん:2015/01/01(木) 13:11:50.93 0
ウェヌス神殿に鳩でも捧げてこよう

7 :世界@名無史さん:2015/01/01(木) 20:36:37.83 O
ローマ史読んでても犠牲の話ってあんまり見ないけど、
何を犠牲にしてたのかな。子羊とか?

8 :世界@名無史さん:2015/01/01(木) 21:27:35.24 0
戦闘儀礼
http://d.hatena.ne.jp/wanbi/touch/20140428/1398666835
http://homepage3.nifty.com/okadamasa/enjoypai/RubeDeci.html

犬の生贄
http://d.hatena.ne.jp/wanbi/touch/20140327/1395882394

9 :世界@名無史さん:2015/01/01(木) 22:15:16.48 0
三種犠牲が一番格式高い犠牲の上げ方だったかな
牛と何かと何か(忘れた)3つカピトリヌムのユピテルに捧げる

10 :世界@名無史さん:2015/01/02(金) 08:09:09.96 0
お題
未年に因んで羊関連で何かない?

11 :世界@名無史さん:2015/01/02(金) 10:46:07.93 0
──トガは羊毛でできてる。

12 :世界@名無史さん:2015/01/02(金) 11:29:43.91 O
夏場は暑そう

13 :世界@名無史さん:2015/01/02(金) 12:45:33.33 0
羊たちのローマ

ともあれ、カルタゴは滅ぶべきだメェー

14 :世界@名無史さん:2015/01/02(金) 17:45:05.27 0
ローマの属州になったブリテンを征服したアングロ・サクソンの末裔が入植したニュージーランドでは羊が多い。

15 :世界@名無史さん:2015/01/02(金) 17:50:58.10 0
ロムルスは羊飼い

16 :世界@名無史さん:2015/01/02(金) 18:10:56.55 0
            ヾ>;;::;;;'ァ:::::::::::::::::::::::::::::....、
            ゙;‘/ ’))::;::::;:::;::::::;:::;::::;:::;:::::';
    ,,,,,,∠Y"´゙ァッ  (エ_,ノ:::;;;::::;;::::;:::::;:::;:::::;;::::;;::';
 ヾ,;'    ゝ‘,,ェ)   ヾ:;::;:;:;:;;;:::;:;:;:;;;::;::;;;;:;;:;;::;::;'
  ;' 、,,,,,,,  ;; ,,:'     ゙、::i::::,'゙'''''''''ヾ;:' ;;'';;''';'
  |_j l_j |_j゙l_j      'L|_j     |_j |_j
「それにつけてもカルタゴは存続させるべきである」

17 :世界@名無史さん:2015/01/02(金) 18:16:14.95 0
ティベリウス「毛を剃るか」

18 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 03:12:19.31 0
>>17
カエサル「
           |
            |  彡⌒ミ
           \ (´・ω・`)また髪の話してる
             (|   |)::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \

19 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 16:02:57.76 0
「指導者に求められる資質は次の五つである。知性、説得力、肉体上の耐久力、自己制御の能力、持続する意志。
カエサルだけがこのすべてを持っていた」

らしい

20 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 16:06:39.78 0
大事なのはコミュ力
ハンニバルに無かったのはコミュ力

21 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 16:08:07.81 0
程度の差はあるけれどトラヤヌスとハドリアヌスも五つ全てを持っていたと思う

22 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 16:10:25.38 0
ウェスパシアヌスもたぶん五つ揃ってる

23 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 16:13:21.08 O
>>14
何その友達の友達が有名人

24 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 16:21:15.48 0
ハドリアヌスに自己制御能力はないな
トラヤヌスもそんな感じか
ウェスパシアヌスは血統や家柄的な意味で説得力に欠ける

25 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 16:28:32.36 0
便所皇帝さんは息子とか周りが優秀でラッキーだった印象
本人は無難で小利口なオッサンてとこかな

26 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 16:57:05.23 0
アウグストゥスは
知性、自己制御の能力、持続する意志:満点
説得力:口下手で文章もイマイチだが、元老院や市民をうまく欺いた
肉体上の耐久力:病弱で戦下手だったが、無理をせず70過ぎまで生きた

27 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 18:10:21.69 0
>>24
自己制御能力が無かったら、帝国全土の辺境まで巡って防衛体制の整備とかとてもできねえっての

28 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 18:26:58.00 0
ハドリアヌスは自己制御能力の塊だよね
トラヤヌス仕込のイケイケ武闘派で自己顕示欲が強かったのに、
即位後は栄光や名声よりも安定を優先して対外軍事政策を転換したし、
猛烈な遊び好きなのに睡眠時間すらろくに取れない帝国巡りの激務に半生を捧げたし、
キレやすいかなりの癇癪体質だったのを精神力で抑えこんできたし

29 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 19:01:30.82 0
たまに我慢できず癇癪爆発しても判断は慎重
顔真っ赤にして腹が煮えくり返っていても思考は冷めたままなのがハドリアヌス
さすがに晩年の体壊して死ぬ寸前の頃は、癇癪にまかせて妙な命令を飛ばすこともしばしばあったらしいけど

30 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 19:02:25.67 O
そして寝たきり爺になった途端に自制心崩壊

31 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 19:04:12.43 O
奴隷に自分を殺せと言ったり侍医に毒薬作れと言ったり
元老院議員を告発しまくったり。

32 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 19:11:10.61 0
寝たきりになればカエサルもけっこう精神的に堪えそうだな
栄光を自負するイケイケオラオラ系であればあるほど、寝たきりなんて耐え難い境遇だろう
そしてカエサルの場合、なによりもその頃にはツルッパゲになっている可能性が大
髪の毛全喪失にはさすがの彼も絶望するだろう

33 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 19:59:00.71 0
ヅラをかぶれば無問題

34 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 20:41:25.67 0
自己制御能力あるならホモダチを神にはしないだろう
元老院もドン引きですわ
トラヤヌス死亡時の疑惑にしろ
知性初期のトラヤヌス派重鎮の粛清にしろ
晩年の老害ぷりにしろ
短絡的な行動が目立って自己制御能力があったようには思えん
たぶん何から何まで全部自分でやらないといと気がすまないタイプなんだろうな
ただその分、方針転換等での決断力、とそれを実行に移す行動力は一級品
狡猾なワンマン社長というのがハドリアヌスの俺のイメージ
みんなはどんなイメージ?

35 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 20:49:28.46 0
お前がハドリアヌス嫌いなだけじゃん

36 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 20:56:13.74 0
>>34
自己制御能力がないとは間違っても言えんだろ
癇癪体質で放蕩気質で自己顕示欲強くて筋金入りの勝気系武人なんだから、
自己制御しなかったら粛清祭りの戦争しまくりの放蕩三昧の暴君になってるわ
何十年も全土を巡って地味で激務な整備作業を行うなんてことは絶対にしない

37 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 21:02:30.47 0
晩年の老害っぷりと言ったってそれは主にプライベート部分で、
帝国運営そのものについては死ぬまで正常な思考を保ち続けたと思うけどなあ

38 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 21:11:43.08 0
アンティノーは多神教の神々の一柱にすぎないし
アンティノポリスはナイル中流域の交易拠点として築かれた

39 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 21:13:35.07 0
俺はハドリアヌス好きだよ
そういう人間的に弱い部分があるところが
アンティノウスへの偏愛も他になかなか心許せる人間がいなかったんだろうなと思ってる
前任者がトラヤヌスだからそういう暗い部分が引き立ってるところもいい

40 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 21:34:20.60 0
なんというかな
トラヤヌスとかカエサルはもう「太陽」なんだよな
彼らは一人でいる姿がなかなか想像できない
常に側につき従うたくさんの人間がいる
アウグストゥスやハドリアヌスはそこが違うんだよな
少ないけれど本当の友人と二人
てのがこの二人のイメージ

41 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 21:38:59.69 0
その「太陽」さんのトラヤヌスも即位経緯はかなりブラックで、
治世中も政界には不気味な緊張感があったことがわかりつつあるけどね
いつ分解してもおかしくないところをトラヤヌスの力で抑え込んでいた状態

42 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 21:45:52.96 0
トラヤヌスのアホなパルティア遠征も国内事情につき動かされたんだろうな

43 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 22:34:52.50 0
シリア総督ニグリヌスとの皇帝争いは有名だけど
治世中の不気味な緊張感てどんなんがあったん?

44 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 22:49:59.39 0
>>43
即位後も元ニグリヌス派が水面下では燻っていて、
またヒスパニア派閥とイタリア系各派閥との確執もかなり深刻化しつつあった
トラヤヌス自身ヒスパニア派と繋がりが深いけど、
ヒスパニア派閥にのめりこむことなく慎重に距離を保っていた
(執政官などの各高官の人選に微妙なパワーバランスが色濃く現れてる)
これはかのニグリヌスもヒスパニア派だったことの影響だと考えられている
こうした危うい状態はハドリアヌス時代にも引き継がれ、即位当初の重鎮粛清もこの影響によるもので、
またハドリアヌスのややこしい後継者指名も、派閥をまとめて緩和する狙いもあったとされてる

45 :世界@名無史さん:2015/01/03(土) 22:58:52.68 0
スペイン派も新興勢力にありがちな、
かなり攻撃的な傾向があったみたいね
ハドリアヌスも晩年はスペイン派からの脱却と軟化にかなり苦労してる

46 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 00:22:08.05 0
学者の中にはネロ死後の内乱からアントニウス・ピウス即位までの時代を、
政治的再建期と定義してる人もおるね。
四皇帝内乱は国力には深刻な影響を及ぼさなかったものの、
中枢部は完全にぶっ壊れてまたいつ爆発してもおかしくなく、
ウェスパシアヌスからハドリアヌスまでの地道な積み重ねでやっと「爆弾解除」できたと。

47 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 01:50:11.21 0
新の乱みたいなもんか

48 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 02:14:40.29 0
何事も即断して徹底するタイプのトラヤヌスが、
後継者だけは結局明確にしなかったというのだけでも充分きな臭い

49 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 03:07:28.36 0
>>40
親友ってアグリッパ?

50 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 06:29:34.85 O
マエケナスも入れてやれよ

51 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 10:17:54.71 O
>>32
優男将軍スキピオ・アフリカヌスも晩年はツルッパゲだったよ!
だから気を落とすな終身独裁官!

52 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 11:11:07.81 0
>>46
下民が皇統の血縁始末して皇帝になったから北アフリカで反乱したりネロの偽物達にひっかきまわされたんだよな
そういや家柄が良く文官の才覚もあったムキアヌスが皇帝にならなかったのは何故なんだっけ?

53 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 13:13:52.44 0
ハンニバルが兵士にスト起こされなかったのはなぜなんだろうな、恐怖政治も布いてたとか?

54 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 13:26:33.75 0
個人のカリスマと
たとえ軍から逃げても周りは敵だらけ
造反して指揮官つき出すのは自殺行為だしありえん
ハンニバル以上の指揮官はいないし、そんな連中はローマも軽蔑する
てところじゃない?

55 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 16:52:00.69 0
トラヤヌスとニグリヌスってわりと内戦寸前だったんだよね
ニグリヌスがけっこう思慮深くて、潔く引き下がってくれたのがローマにとって幸いだった

56 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 17:45:43.46 0
ネルヴァの生き残りにかける政治センスの異様な高さ

57 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 17:56:09.48 O
Amazonで「食品&飲料 ガルム」で検索したらいくつもヒットしてビックリ。
しかしどれもこれもタイ産ナンプラーより激しく高くて躊躇中。

58 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 18:59:08.21 0
サイゼリヤのガルムソースで我慢しよう

59 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 19:26:01.08 O
イタリア製ガルムがいくつもあったが、香水みたいな洒落た
容器に入ってて、100mlで三千円とかナメた値段でなぁ。
「俺はガルムを食った事がある!」と言うためだけに
買うにはちとお高いな。

60 :世界@名無史さん:2015/01/04(日) 19:37:08.67 O
>>58
サイゼリヤのガルムソースが気になって検索したら
「醤油ベースのソースなので魚介類にぴったり」
ガルムベースじゃねーのかよ!

61 :世界@名無史さん:2015/01/05(月) 00:08:24.15 0
>>60
ワラタwwww

62 :世界@名無史さん:2015/01/05(月) 03:31:43.18 0
サイゼリヤの鶏肉ソテーにんにく乗せガルムソースのやつはローマ人気分で食べるよね。赤ワインをドリンクバーの水で薄めたりもする

63 :世界@名無史さん:2015/01/05(月) 12:12:56.38 0
Wikipediaのトラヤヌス記念柱の碑文の TRIB・POT・XVII の訳って
17歳にして護民官になった者、で合ってるの?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%8C%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%9F%B1

64 :世界@名無史さん:2015/01/05(月) 19:40:43.79 0
Tribunicia potestas(1年期限の護民官職権)17回だろ
wikiなんかあてにならんよ

65 :世界@名無史さん:2015/01/05(月) 19:47:47.28 0
「また軍団兵がロリカ・ハマタを着用しつつあった帝政においてもケントゥリオはロリカ・セグメンタタを着用し続け・・・」

wikipediaのケントゥリオの記事の一文
こういった初歩的な間違いを見つけるのわりと楽しい

66 :世界@名無史さん:2015/01/06(火) 04:22:23.91 0
>>64
やっぱりそれが一番しっくり来るよね、他の肩書きの並び的にも
でも在位年数に微妙に足りないんだよなあ
どういうことだろ

67 :世界@名無史さん:2015/01/06(火) 05:01:41.33 0
あ、生きてるうちに完成したのか

68 :世界@名無史さん:2015/01/06(火) 06:04:13.07 O
一年ごとに元老院で護民官職権付与を可決してたのか。

69 :世界@名無史さん:2015/01/06(火) 20:06:04.36 0
今さら何言ってんだお前ら
元首政というものについてアウグストゥスに拝聴してこい

70 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 02:13:45.18 0
護民官って中二ぽくてかっこいいのにあんま創作物で使われないよな
プレステのゲームで見たことあるが

71 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 07:22:29.63 0
今夜21:00よりNHK/BSプレミアムで
我らがカエサルのハゲしい人生をプロファイルする番組が放送されるぞ!
ローマ市民たる諸君はぜひ見られたし!

72 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 08:20:00.29 0
ゴルベーザ護民官
フリーザ護民官
ギレン・ザビ護民官

うーむ…

73 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 12:29:09.97 0
>>71
 _______
|  彡⌒ミ    | もし、私が死んだら
|〔 ( ´・ω・) 〕  | この髪を禿げた人に提供して欲しい
(⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒)
|⌒⌒⌒ <⌒ヽ o 。 うああぁぁ...
|      <_  ヽ。
|      o とノ ノつ
|       。  | 〜つ

74 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 12:50:29.16 0
貧民だからBSプレミアみられないんだよなあ

75 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 13:42:46.12 0
中二病は護民官のように弱者を守る正義なんかより
執政官のようなチカラにこそ憧れるのだ

生徒会執行部とか大好き

76 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 14:00:36.88 O
くっ…俺の右腕に宿った終身独裁官の力が疼きやがるぜ…
プロスクリプティオ発動!!

77 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 17:36:15.13 0
中学のテストでローマ帝国のことを「古代ローマ帝国」と書いたら×もらったことを思い出した

【社会】試験の答案に「中国」を「支那」と書いたら不正解!でネット炎上…教諭「支那は差別用語」 生徒「東シナ海は?」★15 2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1420541664/

78 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 18:14:13.61 0
東ローマ帝国は中世ローマ帝国
神聖ローマ帝国とか僭称したフランク族は却下

79 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 18:24:22.39 0
>>72
似合う響きとかある、ローマ人だから護民官似合うとかあると思う
逆に
カエサル大納言
ブルータス両班
アウグスティヌス丞相とかいやん

80 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 18:35:02.15 0
ローマは名→位(所属)よりも位(所属)→名の順番で呼称したほうがしっくりくる
人物もそうだし、軍団名とかも「第5アラウダエ軍団」よりも「第5軍団アラウダエ」などのほうがキマる

81 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 18:41:03.30 O
監察官カトー
独裁官カエサル
背教者ユリアヌス

82 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 18:59:51.70 0
護民と言っても所詮は官であり体制側だからな。

83 :世界@名無史さん:2015/01/07(水) 19:28:28.30 0
ザ・プロファイラーか
薄く感じるんだよなあ、知ってるジャンルの時見ると

84 :世界@名無史さん:2015/01/08(木) 08:36:53.79 0
>>83
いや、「王じゃないよカエサルだよ」って言いながらも偉そうになって行ってたってくだりは、
塩婆じゃ絶対に書かないことだから新鮮だったよ。
そりゃ人間だし完璧じゃないから、傲慢になっちゃう面もいくらかはあっただろうし、
嫉妬の目線で見る側はそういう風になってきてるって勝手に決めつけてただろうしね。

85 :世界@名無史さん:2015/01/08(木) 12:02:31.21 0
部下の人心掌握のために一緒に飯食ったり「戦友」と呼んだり第10軍団をageたりした話はしたのに、
その第10軍団がストライキ起こして「市民諸君」の一言で鎮めた話をなぜ省いたのか?

86 :世界@名無史さん:2015/01/08(木) 12:04:52.59 0
>>85
それって市民諸君の一言なし
で締めた話じゃなかったっけ?

87 :世界@名無史さん:2015/01/08(木) 12:59:50.44 0
まだ森光子さんが存命中にみのもんたがローマ帝国特集した際に
BBCの製作でカエサルやったけど、やはりカエサルを詳しく
知りたかったらちゃんとした伝記(塩野含む)読んだ方がいい

88 :世界@名無史さん:2015/01/08(木) 22:41:13.88 0
ローマじゃ教養あるギリシャ人奴隷が重宝されたらしいけど、何でそんな人が奴隷にならなくてはならなかったか、誰かご存知?

ガリアとかゲルマンとかだったらまだ分かるんだけど…

89 :世界@名無史さん:2015/01/08(木) 22:48:11.18 0
今で言う寮付きの仕事みたいな感覚だったとか?

90 :世界@名無史さん:2015/01/08(木) 22:56:40.21 0
ギリシャだけじゃなく東方全域に住んでるから捕虜として一定数いるんじゃないかね

91 :世界@名無史さん:2015/01/08(木) 23:05:27.55 0
天候不順で借金返せ無いとか、連帯保証人に成ってた友人に巻き込まれるとか
ローマ軍の奴隷狩りに遭うとか、麻雀に負けるとか色々あるでしょ

92 :世界@名無史さん:2015/01/08(木) 23:22:16.20 0
>>91
カイジはギリシア人だった…?

93 :世界@名無史さん:2015/01/08(木) 23:51:08.13 0
初期のギリシャ人奴隷は戦争捕虜
これはローマが関与したものと東方での戦争によるものを含む
大々的にローマに流入するのは第二次ポエニ戦争以後
ちょうどこの時期にギリシアの文物も大量に入ってきてカトーが拒絶反応を起こす
帝政期に入ると債務奴隷、もしくは商品として高額で売り飛ばすために幼少期から教育を受けた奴隷だと思われる
人狩り等で騙された連中は農場か鉱山送りだろうしな

94 :世界@名無史さん:2015/01/09(金) 08:38:35.47 0
市民なら戦争にいくのは義務だから捕虜にもなるだろうしな。知識人でも

95 :世界@名無史さん:2015/01/10(土) 06:03:58.54 O
キケロ「諸君らが愛したブルトゥスは死んだ。何故だ!」
オクタ「坊やだからさ」

96 :世界@名無史さん:2015/01/10(土) 08:50:58.94 0
>>85
再婚するより愛人の立場で居る事をとったセルウィリアのことは言っても、
そのセルウィリアがかの有名なブルータスの母である事は言わなかったり、
そのこと言うのにこの事は言わないの? ってのがままあったな。

97 :世界@名無史さん:2015/01/10(土) 10:22:25.64 0
>>94
ヘレニズム時代入ってからはほとんど形骸化してて実質傭兵制だったが

98 :世界@名無史さん:2015/01/10(土) 12:25:23.88 0
ユダヤ戦争かいたやつも戦争捕虜だな

99 :世界@名無史さん:2015/01/10(土) 20:27:45.83 0
重装歩兵の装備って当時どれくらいしたんだろうか‥
傭兵になりたかと思っても財産がなかったら軽装歩兵とか水夫にって感じだったんだろうか

100 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 00:57:51.45 0
マジックツリーハウス って子供向けアニメ映画にポンペイが出てきたんだが、
あの街並みとか落書きとかの時代考証はどうなの?

101 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 08:13:13.34 O
ローマ軍歩兵のフル装備は総重量40kgぐらいになったらしいな。
奇しくも旧日本陸軍の完全武装と同じぐらいの重さ。
人間が背負って歩ける重量はそれくらいが限度なのかね。

102 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 12:59:18.05 0
漫画や雑誌に比べて活字本の電子書籍化はかなり遅れてるのね。
ロマ物はハードカバーのほう(しかも価格も同じw)しかないし、
海の都の物語も気軽に持ち出せるようにしたかったんだけどなぁ。

103 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 14:50:18.30 0
ロマ物はKindleだとハードカバーより随分安く買えるけど、何の話してんの?

104 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 14:52:11.29 0
毎年1冊ずつ楽しみにwktkしながらハードカバーの買ってた人と
いまさら文庫や電子版買ってるのを一緒にされてもねえ

105 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 15:22:24.21 0
古参がそういう無意味な自慢をしていたら、
いつまでたっても新規参入のファンが増えないわけだが。

アイドルの古参オタと同じだな。

106 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 15:31:39.11 0
そこで沸点超えちゃうような新参はどこの世界でもお断りだろ

ローマスレなんだからパートレス・コンスクリプティの精神で行こうぜって言えばよかった

107 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 15:32:24.45 0
まー電子版をさっさと最終巻まで出して他のシリーズも出して欲しいな

108 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 15:39:54.88 0
>>105
そもそもばっちゃ自身が
「ファンには皆感謝してるけど、雑誌連載なしの単行本出版という形で、
資料や取材上、経済的にもリアルタイムで毎年買い支えてくれたファンには特に感謝してる」と
エッセイで言ってるしなー

109 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 16:37:57.47 0
心底どうでもいいな

110 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 17:35:56.33 0
>>95
オタク「坊やだからさ」

111 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 17:55:13.36 O
オクタヴィアヌスとシャアってイメージが重なるな。狡猾そうで。

112 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 17:59:05.22 0
現実主義者と理想主義者で正反対じゃね?

113 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 18:44:59.05 0
オクタにはお世継ぎ作りまで世話してくれる頼れる親友がいるし

114 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 19:47:06.05 O
オクタ「喜劇は終わった。喝采してくれ!」

115 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 20:05:41.67 0
ハンニバルはジェインウェイ艦長と似てるな。どっちも敵からしたら死神だ

116 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 20:09:05.50 0
下痢便ビチビチ

117 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 21:33:10.20 0
アルプス越えして攻め入ったハンニバルすげーと思ったけど
良く考えるとガリア人はそうやってイタリア半島に攻め入ってたんだよな

118 :世界@名無史さん:2015/01/11(日) 21:51:26.44 0
>>117
冬も頑張ってたんだっけ?

119 :世界@名無史さん:2015/01/12(月) 12:13:32.70 0
今BSプレミアムでカエサル特集再放送してるね

120 :世界@名無史さん:2015/01/12(月) 19:09:10.04 0
テロで揺れているフランスは蛮族の侵入で衰退するローマ帝国と被る

121 :世界@名無史さん:2015/01/12(月) 19:56:34.01 0
アメリカ=ローマ
ヨーロッパ=ギリシャ
イスラム=ユダヤ
ロシア=パルティア

122 :世界@名無史さん:2015/01/12(月) 20:11:40.12 0
ゲルマン=ヒスパニック&黒人

になるのかそれだと?

123 :世界@名無史さん:2015/01/12(月) 20:15:55.83 0
パルティアさんは勢いがあったのは最初だけで、
あとは内戦で壊れるわ本気になったローマに徹底的にボコられるわでロシアさんとは程遠いよ
パルティアに相当するのはシリア+イラン+イラク+アフガニスタンだと思う

124 :世界@名無史さん:2015/01/12(月) 20:17:13.77 0
>>122
ヒスパニックは基本カトリックだが黒人はカトリック、プロテスタント、イスラム、土俗宗教と分かれるから一枚板じゃないですよ
アフリカだけで1000以上の民族に分かれるとか

125 :世界@名無史さん:2015/01/12(月) 21:24:55.53 0
ロシア(ソ連)はもう一つのローマ
やってることはアメリカ以上にローマっぽい
悪い意味で

126 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 00:30:11.77 0
米国以上のテロ支援国家と人道と民主主義の敵は
現代には存在しないよ

127 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 00:34:18.83 0
人道と民主主義の敵とやらはお前の妄想次第だが
原理的に覇権国家はテロ支援国家ではほぼありえないので

もう少し脳みそ使って荒らしなり煽りをしましょう

ちなみに解説必要だろうけどやってやらんw
何故そうなるか考えてみましょう

128 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 06:24:01.61 O
元老院並びにローマ市民諸君!これは書き込みテストである!

129 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 10:17:06.86 0
ローマ皇帝みたい
オバマ大統領・図書館建設計画、市全域の公共インフラとなるか [転載禁止]©2ch.net・ [768037515]
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1421102132/

130 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 10:32:33.52 0
>>129
そこはエジプト王みたいと言うべきだろう
このスレ的には場違いになるが

131 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 11:30:25.80 O
アッシュールバニパル王の大図書館は一般公開はしてなかったんだろうな。

132 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 13:28:36.28 0
>>127
世界最大の武装テロ集団を支援するテロ支援国家米国という現実。
何故か売国税金生活者はISISをテロ組織と呼ばず擁護しているがw

>イラク議会のアルホバービー議員が、「アメリカ主導の対ISIS有志連合は、
>ISISと真剣に戦っていないばかりか、彼らを支援している」と語りました。
>「対ISIS有志連合は、イラクの義勇軍や政府軍のために、空からの支援を増やす代わりに、
>テロリストを支援し、彼らに必要な軍備を供与している」と述べています。
>12月中旬にも、イラク北西部ニナワ州にあるタルアファル空港に、
>ISIS支援のための軍需物資を積載した、3機のアメリカの航空機が着陸した。
>http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/51037-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%8C%E3%80%81%E8%BB%8D%E5%82%99%E9%9D%A2%E3%81%A7%E3%83%86%E3%83%AD%E7%B5%84%E7%B9%94%EF%BD%89%EF%BD%93%EF%BD%89%EF%BD%93%E3%82%92%E6%94%AF%E6%8F%B4

133 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 18:43:54.29 0
グリーンニューディールはどうなったんだ?

まぁ公共投資はそれこそエジプトから続く政府による富の再分配だからなぁ。ついでにインフラを整える事で
長期的な経済効果も狙えるし

水道橋なんて凄い金掛かりそうだけど水は唯で使えたっけ?

134 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 18:54:05.27 0
掛け流しのところで汲むのは無料
自宅まで導水したら金を取るが、水道の建設費には遠く及ばない

135 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 18:59:14.41 O
まあインフラは建設と同じぐらい保守管理が重要だしな。
水道やら浴場やらはランニングコストが大変だったろう。

136 :世界@名無史さん:2015/01/13(火) 19:08:26.77 0
フロンティヌス(……盗水が多すぎる)

137 :世界@名無史さん:2015/01/14(水) 00:03:27.52 0
>>132
一方当事者のプロパガンダをうのみのされましても

あとマスゴミが主な責任だがテロリストの意味が変化しすぎ

138 :世界@名無史さん:2015/01/14(水) 00:08:40.25 0
>>131

古代には珍しい読み書きのできる王様だったので
実は他人に見せたくてしょうがなかったんじゃないだろうか

まぁ、専門的な訓練を受けていない一般人は見ても読めないだろうが

索引システムがあったってことは少なくとも何度となく引き出されてはいたんだろうなぁ

139 :世界@名無史さん:2015/01/14(水) 00:18:01.65 O
>>138
アッシュールバニパル王は好学とかじゃなく文字マニアだ、
と何かで読んだな。いくら何でも商人の取引台帳や個人の
ラブレターまで王様が集めるのは異常だと。

140 :世界@名無史さん:2015/01/14(水) 02:30:44.64 0
>>137
一方当事者?w
オマエはISISを擁護するのかw
ちなみに米軍はイラク国の敵であるISISを攻撃すると吹聴している
表向きなw

141 :世界@名無史さん:2015/01/14(水) 12:54:45.07 0
>>137
アメリカはそういう言葉の意味の変化を利用することに長けているからしゃーないけど
日本国内の自称知識人階層が恣意的に言葉の意味を変えることに無頓着なのがねえ
敗戦の責任者に対して使う戦犯、
反政府戦力全てに対して使うテロリスト
もうちょっと言葉に気をつけてくれよ・・・

142 :世界@名無史さん:2015/01/14(水) 14:07:28.04 0
>>137
売国奴は虐殺を繰り返す武装テロ集団ISISを
イスラム過激派と呼び決してテロ組織と呼ば無いんだよな
しかも大規模虐殺を犯しても何故か支配地域で処刑、とか殺害と報道させる

143 :世界@名無史さん:2015/01/14(水) 20:42:48.35 0
ドゥラ・エウロポスを始めとするイラク・シリア地域の遺跡を破壊するISは滅んで欲しいものだな
このスレ的には
しかしアメリカは毎回自身で敵を作ってくな
フセインにイラク任せときゃよかったのに
(存命中にアメリカがイラクの石油利権を手にすることは不可能であっても)

144 :世界@名無史さん:2015/01/14(水) 21:12:12.77 0
>>138
>古代には珍しい読み書きのできる王様だったので

古代の王様で文字読めないほうが珍しいだろ
田舎国王のソロモンやカナンの諸侯ですら文字読めたのに

145 :世界@名無史さん:2015/01/14(水) 21:20:02.08 0
田舎って……超都会じゃん

146 :世界@名無史さん:2015/01/15(木) 00:25:09.35 0
>>144
へー、そんな記録が残ってるのか
よかったら教えて

147 :世界@名無史さん:2015/01/15(木) 09:33:43.70 0
対してヴァレンティニアヌスは文盲説もあった

148 :世界@名無史さん:2015/01/15(木) 18:31:14.98 0
>>146
ヨセフスのユダヤ古代誌にティルスの文書館に残ってた当時の手紙や記録がいくつか引用されてる
また前14世紀にカナンにハピルと呼ばれる集団が流入したが、その際に都市国家の領主達がエジプトに支援を求めて送った
パピルスの上表文がいくつも現存してる

この当時のカナンの都市国家は精々人口数百人程度の規模だが、その程度の田舎国でも首長層は文字が読めた模様

149 :世界@名無史さん:2015/01/15(木) 20:56:07.06 0
とりあえず当時のカナンは
フェニキア、メソポタミア、エジプトに囲まれ
交易も盛んで列強の勢力争いの場でもあった超先進地域
バイリンガルも珍しくなかった
ここを取り上げて古代の王は〜と一緒くたにするのには疑問が残る
そもそも上奏文があっても、書記が介在すれば王や首長層に識字能力は必要ないしな
証拠としての根拠も薄い
リピト・イシュタルやアッシュールバニパルは
神が自身に文字の読み書きを行う能力を与えたとわざわざ書いて誇ってるから
実際は少なかったんじゃないか?

150 :世界@名無史さん:2015/01/15(木) 21:08:54.74 0
>>148
おー、ありがと
人口規模が減るほど書記官を養っとくのは大変かもなぁ

当時の国際語はアッカド語と楔形文字なんだけど
修得は現代人でもなかなか根気のいる作業か

しかしむしろヨセフスの時代にティルスの文書館の残滓が残ってた方の話の方が興味あるな

151 :世界@名無史さん:2015/01/15(木) 21:12:19.21 0
時期によるが後代ならアラム語のほうが普及してるぞ

152 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 00:41:31.52 0
>>139

え、エロ本はなかったの?

153 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 04:12:02.35 0
神話とか除けばフィクションの文芸作品なんて少数派じゃね?

154 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 04:56:24.42 0
>>140
イラクの主張だぞあれ

155 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 05:54:54.79 O
大帝カールは学問を好んだと伝えられるが、実際には字が読めず、
配下に書物を朗読させていたと。蛮族ゲルマンだから無教養なんだと
思っていたがどうなんだろうな。

156 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 10:56:51.54 0
カール以前の王が皇帝になれなかった理由に無教養があったらしいから
歴代の王よりは優秀だったんじゃないか?

157 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 11:32:55.44 O
カールがミサで突然教皇にローマ皇帝の冠を授けられた後
「教皇にハメられた」と漏らしたのは有名な話。おそらく
内々に打診があったのをカールは辞退してたんだろうな。
斯くの如く政治的思惑まみれの帝位を、無教養云々でやる
やらないというのは信じがたいな。

158 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 12:51:55.05 0
実際中世ヨーロッパの貴族が文武両道なんかからは程遠かったってのは、
蛮族の気風が残っていて武勇優先の風潮が強かったとか、
教会側がラテン語の読み書きを独占して、特権と優越性を保持し続けたい狙いがあったとかなんだろうかね。
クルアーンがアラビア語でし書かれないってのも、
アラブ人が優越性を保持したいって目的が透けていて萎える。

159 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 13:33:49.46 0
文字も読めない、数学も理解できない程度の蛮族でも
その集落の長クラスになると村人同士のもめごとの仲介や
他の集落や国との関係で条約結んだり自勢力の去就を決めなければならないから政治はできるんだよな

ただそいつらにとって外国人が使っている文字を読めなかったというだけでバルバロイとか言われるけど

160 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 14:18:28.51 0
>>154
イラク国は武装テロ集団ISISを鎮圧してる最中だよ
んで米政府は武装テロ集団ISISを表向き批判してる
にも拘らずオマエはISISを擁護するんだなw

161 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 14:36:34.55 0
>>159
モンゴル帝国なんか開祖チンギスハーンからして文盲だったし
でも、有能な奴を民族を問わず重用して任して安心♪
→そして遊牧帝国としての特色はどんどんどんどん薄まっていってしまうのでした

162 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 14:38:19.54 0
カール帝の周囲はラテン、ギリシア語の教養を身につけた
教会人であふれていただろうし、そういう人間たちの会話に
興味を持つことから、古典に目を向けるきっかけがあったかも
しれないから、セシル・ローズのようにかなりの量の翻訳した叢書
を個人で所有してたかもね。

163 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 18:14:28.03 O
まあ教養の有る無しと仕事が出来る出来ないは別だからな。
カールは当然仕事の出来る人間で、だからこそ高い地位には
重い義務が伴う事を知っていて、帝位に就きたがらなかったと。

164 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 18:25:36.82 0
>>160
イラクの主張をうのみにできるの?という話だぞ
なにいってるの
草はやして頓珍漢なこといって
悦にはいって恥ずかしくないのか?

小学校一年の国語からやりなおせ

165 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 18:35:51.00 O
スレチから醜い罵倒合戦へ

166 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 19:28:15.02 0
アインハルトは「大きな進歩はなかった」と書いてるけど、どれだけ識字能力があったんだろうね
一部族や村落の領主ならともかく、領域国家となると勅令にしろ外交にしろ全て文書を通して行われるので
文字読めないとなるとよほど忠誠心のある祐筆がいないとやりたい放題されるが

アインハルト著『カール大帝の生涯』(16〜26節)
http://homepage2.nifty.com/~llargog/charlemagne_2.html
>彼はまた文章を書くことを試みた。眠れないときなど、書くことに手を慣らすため、いつも板と紙をベッドの枕の下に用意していた。
>しかし、彼がこの努力をはじめたのは比較的年を取ってからだったため、この方面ではそれほど大きな進歩を成し遂げたわけではなかった。

167 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 19:49:49.28 0
中世の騎士は識字には無頓着だからなあ
アンナ・コムネナの記録にも十字軍騎士どもが
文字を書くという行為を馬鹿にしていたという話が出てくる
さすが蛮族フランク族
でもシチリアのあのお方は我が父に負けぬほど超絶イケメンでした

アンナ

168 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 20:25:22.14 0
>>164
勿論鵜呑みに出来るよ
イラク国は武装テロ集団ISISを討伐中だし
米政府もテロリストの群れISISを表向き批判している。
にも拘らずオマエは一方当事者のISISを擁護w

169 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 20:28:03.35 0
今日はカリ城やるけど、なんで古代ローマはあんな湿気が過ごそうなとこに古代都市作ったんやろ

170 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 20:45:44.20 0
>>168
本当に馬鹿だな
イスラム国の話でなく
アメリカがテロ支援国家かどうか信用できないといってるのに
それがなんでISIS擁護になるの?

知識とか思想以前に基礎的な日本語力が無いよ
きみ真性だわ

171 :世界@名無史さん:2015/01/16(金) 22:09:43.18 0
>>169
う〜ん、ローマだからなあ。生活上の利便性と軍事的な効率を兼ね備えた要地を
異常な鼻の良さでかぎつけるあの民族があんなところを選んだってことは、
よほど当時軍事的な意義が高かったんじゃないかな。
あと水を押さえる必要があったとか?

172 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 01:24:59.39 O
創建当時のローマ七丘も、丘と丘の間は湿地帯だったという。
クロアカ・マキシマを掘って排水して、乾燥した谷間に
作られたのがフォロ・ロマーノ。

173 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 03:11:13.67 0
>>170
ISISは武装テロ集団、当然ISISの話だよ。

イラク国は武装テロ部隊ISISを現在討伐中
米政府もテロリスト集団ISISを表向き批判
人道と民主主義的には協力関係でイラク国会議員が虚偽を騙る理由は1ナノも無い
つまり、米国は世界最大のテロ支援国家。ということ

断固たる決意で人道と正義の為にテロリストと戦うイラクを誹謗中傷し
一方当事者のテロリスト集団ISISを擁護するのは善く無いぞ売国団体職員の扶養物

174 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 05:18:34.96 0
>>173
うんだから小学校というか幼稚園から国語やりなおしてくれ・・・

アメリカがISISと関係あるか不明といってるのが何故ISIS擁護になるのか

千回よみなおしてからかきなおせ

175 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 07:10:33.67 0
えーと…ここは何のスレ??

176 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 09:35:48.62 O
火病を起こして泡を噴きながらキーボードを叩くスレです!

177 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 13:10:35.76 0
帝政末期に蔓延したローマ人のゲルマン嫌いは
今の日本で言うと中国とか朝鮮とか在日みたいなもんなんかな
実際の脅威とかで判断すると中国に近いのか?

178 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 13:24:37.42 ID:7ybONUk10
別にゲルマン嫌いなんて全然蔓延してないがな
むしろ帝政初期の頃からガリアの方がよっぽど危険視されてきた

そもそもいくつもの属州と民族を束ねる広域覇権国家と日本のような島国を比較するのがお門違い

179 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 13:26:18.72 ID:iKBRh8cU0
無理にたとえる必要がない
歴史は歴史そのもので考えなさい

180 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 14:19:48.52 0
ゲルマンの髪にあこがれはあったが

181 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 14:37:41.21 0
いやゲルマン嫌いは確実に蔓延してたよ
代表例がスティリコさんとその部隊だろう

182 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 16:09:23.83 0
>>178
わざわざ島国に住まず属州へ帰っても以んだよ

183 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 23:17:32.53 ID:x+fqUzHF0
>>95
Bluetoothってなんだっけ?
王様かなんか?

184 :世界@名無史さん:2015/01/17(土) 23:25:28.99 0
青歯王か
単なる誤訳からきたものらしいな

185 :世界@名無史さん:2015/01/19(月) 15:14:31.91 0
>>183
無線LANの一種じゃ?

186 :世界@名無史さん:2015/01/19(月) 23:11:22.63 0
ネタニ=マジーレス

187 :世界@名無史さん:2015/01/20(火) 00:34:26.49 0
根谷間慈烈

188 :世界@名無史さん:2015/01/20(火) 07:43:04.25 0
今日と来週の15:10〜17:00
BSプレミアムで「ローマ皇帝の歩いた道」

189 :世界@名無史さん:2015/01/20(火) 17:26:40.91 0
2つ質問
ガリア戦記を読みたいのですが、講談社学術と岩波のどちらがオススメ?

ローマ人の物語のカエサルの記述で、内乱時代にカエサルの寛容をキケロが賞賛した手紙に対して、
私は自らの考えに忠実に生きるようにしてきたから、他の人もそう合って当然で、その結果的が再び県を向けてきたとしても仕方ない、他人がそのように生きることを望む、とカエサルが返事を書いた、という記述があるんですが、
これの出典ってあるんですかね?たしかガリア戦記と内乱記以外のすべての著書と手紙類はオクタヴィアヌスが破棄しているし、プルタルコスにもそんな記述はないのですが……
キケロの書簡にそういう部分があるんですかね?

190 :世界@名無史さん:2015/01/20(火) 20:21:06.35 0
キケロのアッティクス宛書簡が元ネタらしいよ

http://blog.livedoor.jp/ha_romanus/archives/50134367.html
>「私が自由にした人々が再び私に剣を向けることになるとしても、そのようなことには心をわずらわせたくない。
>何ものにもまして私が自分自身に課しているのは自らの考えに忠実に生きることである。だから他の人々もそうであって当然と思う」(キケロ筆 アッティクス書簡集 )

191 :世界@名無史さん:2015/01/20(火) 20:42:15.76 0
國原さんは他にもローマ関係の書籍の邦訳を多く手がけてるから講談社かな
古いけど

192 :世界@名無史さん:2015/01/20(火) 20:44:43.54 0
>>189
おそらく正確なものは岩波
読みやすいのは講談社

読んだことないなら講談社から読め

193 :世界@名無史さん:2015/01/20(火) 21:51:39.79 0
>>192
ありがとうございます。まずは講談社から読もうと思います。

194 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 00:01:18.17 0
中東って昔も今もとっつきにくいなあ

195 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 04:06:30.22 0
中東は今も昔も災禍の中心である

196 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 05:37:17.56 0
>>189
PHP版もあるだろ

197 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 09:33:39.75 O
アラブヲタのセリフは「ギリシャ・ローマの知識をヨーロッパに
伝えてやったのはアラブ!」の連呼だけだもんな。一方オスマン
退潮後、残ったのは原始部族ばかりという現実。

198 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 18:47:42.69 0
イスラム交易ネットのおかげで地中海に資本が流れ込んだ側面もある
封建制を崩し、都市に資本を流し込んだ源流はイスラム

199 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 19:29:38.67 0
政冷経熱

200 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 19:56:16.17 0
都市が封建制を崩すって・・・一体いつの時代の史観だよ
都市それ自体が集団領主として多数の封土と農奴を支配してたんだから封建制の根幹みたいなものといっていいよ中世の都市は

201 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 20:25:24.83 0
ヴェネツィア共和国を封建制と言って良いのか疑問ではある

202 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 20:54:50.53 0
都市は経済的支配を行えても
その支配下における農村に裁判権等を行使することは出来ない
そういった裁判は国王裁判権や領主裁判権の範疇で
都市の支配が及ぶのは市民共同体の内部
その点で領主とは言えんし、封建的支配とも言えない

203 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 21:43:08.57 0
都市を帝国都市に限定してね?

204 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 22:09:44.90 0
>>201
東ローマが封建国家と呼べるなら、建前上は封土を与えられた都市、と言えなくもない気がするが・・・

205 :世界@名無史さん:2015/01/21(水) 22:17:12.72 O
>>197
でもイスラムがギリシアの文明を維持したのは事実。
さらに言うと、化学などはイスラム発祥と言っても過言ではない。

206 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 05:50:40.68 0
古代ローマスレでいうのもあれだけど、上の方の中世都市についての話、
ぶっちゃけ地域によりけりだしケースバイケースという感じでは
封建制の根幹というのはちょっとわからんけど、
中世イタリア都市国家では周辺の農村地帯の征服と、
代官を派遣しての統治というのは普通に見られるし。

スレに則した古代、それもローマの都市の事情はどうなのかな?

207 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 09:29:40.85 0
封建制というかフューダリズムは
北西欧州の地域的な現象じゃね?

208 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 10:17:22.78 0
ローマだって基地由来の都市からローマ支配以前のアテネみたいなものから
様々だろ

209 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 12:58:46.94 0
ブリタニアのような当時、超がつく辺境まで公衆浴場つくったローマは偉大

210 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 15:09:49.32 O
自分らが入りたいから作ったんだろ

211 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 15:42:51.12 0
そこに温泉があるから

212 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 15:56:39.77 O
なぜ中世ヨーロッパに入浴を好む習俗は残らなかったのかな。

213 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 16:08:59.64 0
>>212
キリスト教が入浴は害悪と断定したこと
ローマ帝国崩壊で入浴設備が廃墟化したこと
インフラの維持を国家が放棄したこと

214 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 17:10:00.22 O
日本でも、例えば太田道灌は扇谷の館に入浴に招かれて、
風呂場で暗殺されたと。貴人をもてなすのに相応しいと
見なされるほど、入浴は贅沢だった。江戸時代には銭湯が
普及したが、都会だけで田舎にはなかっただろう。にも
かかわらず、今の日本人が風呂好きなのはどういう訳か。

215 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 18:39:47.46 0
神道も仏教も入浴推奨してるらしいっすよ
http://special.nikkeibp.co.jp/as/201207/bath/

なおソースは日経

216 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 19:28:47.39 0
中世欧州にも入浴の習慣はあった
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~konokatu/kou(04-1-29)
http://blog.livedoor.jp/cucciola1007/archives/2936446.html

217 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 19:48:45.84 0
>>214
日本は高温多湿だからとか

218 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 21:27:55.63 O
>>213
不潔が良いのだと言われてハイハイ従う人がそんなに多かったのかな。湯を大量に沸かすのも確かに大変だろうが、金持ちなら出来なくはなかったはず。
因みに同じキリスト教に帰依したビザンツのほうでは、入浴文化は廃れなかったとか。

219 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 22:24:38.82 0
>>213
>キリスト教が入浴は害悪と断定したこと

いやいやいやしてねぇよ

220 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 22:30:49.60 0
>>202
>その支配下における農村に裁判権等を行使することは出来ない

してるぞ
流血裁判権や結婚税までとってる
イタリアの都市共和国に至っては支配下においた領主の転封や改易までやってるぜ

221 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 22:51:47.09 0
よーわからんが、お前らの中じゃイタリアのコムーネは封建制の根幹なんだな

222 :世界@名無史さん:2015/01/22(木) 23:18:36.61 0
とりあえず出てくる例がことごとく中世封建制における例外とも言える
イタリアの都市国家な点で
封建制の根幹と呼ぶことは出来ないのではないだろうか
さらにいうと
例としてあげるならば中世封建制の本場とも言える
アルプス以北における地域での事例がここでは適切といえるのではないだろうか
そしてここで封建制の根幹と言われている都市がいち早く、その封建制度からの脱却を試み
むしろ王権と中央集権へ迎合したことは何を意味するのだろうか

223 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 02:44:11.90 0
>>205
そらまあ西欧の文明的な物の大半はイスラム教圏かモンゴルから伝えられた物だしね

224 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 02:53:01.97 0
都市が西方亜教封建制の根幹だとわ全く思わ無いけど
都市の座や組わ封建制の典型でしょ

225 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 07:26:50.97 0
とりあえず>>224は落ち着いて読み直してから書き込め

議論だが場所と時代を限定しなきゃ都市の定義さえもきまらんぞ

226 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 10:01:38.29 0
>>219
>>213
>キリスト教が入浴は害悪と断定したこと

その表現は正しくもあり、間違いであるともいえるな
カトリックが入浴をある時期から禁止したのは事実だが、
それまでは公衆浴場は都市部のみだがそこそこ流行してた
しかし、公衆浴場は大抵の場合、同時に『売春宿』でもあった
男女ごとに入浴空間を分ける風習がなかったから、
その影響でみんなスケベ心が疼いたんろうな
現代のフーゾクやらキャバクラよろしくポン引きみたいな連中もいたっぽい
入浴によって毛穴が広がり病原菌を吸収しやすくし発病に至る、
との医者の主張もあり、実際に不衛生な浴場も数々あった
やがてその悪評はカトリック教会の目に止まることとなり、
不衛生かつ不道徳極まりないとして次々と営業を禁止していくこととなったのでした
こればっかりは教会側が悪いとは言えんね

227 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 10:48:57.55 0
成程なあ、風呂場での買春禁止と並行してうんこ小便垂れ流し生活を推進したわけだ

228 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 10:58:35.86 0
病原菌って概念あるの?

229 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 11:39:16.20 0
>>226
男女混浴はハドリアヌス帝時代には時間制に分けられてましたが何か?

230 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 14:28:09.38 0
>>226
>>228
「悪い気」や「悪魔の素」として病原菌概念(所謂接触説)みたいのはあったが
病原菌概念そのものはない

231 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 15:27:39.90 0
>>229
ローマの公衆浴場じゃなく
ローマ崩壊後の中世の公衆浴場の話だろ

232 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 20:01:39.84 0
日本じゃ湯船に入るのは上方とかで関東が湯船に入るようになったの徳川幕府が出来て国内が安定して色々と
余裕が出来てからだろう

国内の物流やら文化が安定していないとそういうのは広まらないし維持もされないんじゃね

233 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 20:04:53.84 0
>>225
都市の定義は経済的要求によって人口緻密に成ってる区域
所謂都市国家の多くは城郭、都市の場合もあるけど

234 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 20:40:26.43 0
>>233
緻密っていう程度問題だと基準が曖昧すぎ

単純に城壁があるかできめたほうがいいとおもう
ベネチアみたいな水野城壁は勿論含める

235 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 21:02:05.31 0
>>234
それわ只の城郭

236 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 21:29:38.49 0
都市は封建制の根幹ではない
さあ、ローマの話をするぞ

237 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 22:07:49.96 O
ローマは共和政時代から富裕層の邸宅には浴室があったらしいが、
中世ヨーロッパの貴族の城にはあったのかいな。

238 :世界@名無史さん:2015/01/23(金) 22:37:22.70 0
マガダ王国時代の古代淫土でも入浴して香油塗りたくるのが貴族の嗜みだったというのに

239 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 00:33:55.00 0
>>238
>淫土
おまいさんは普段どんな文章をかいてんだw

240 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 04:09:37.68 0
>>214
石見銀山とか佐渡金山の開発だと日常的に鉱夫用の風呂用意させてるし
戦国期にわ田舎でももう大分一般的、小作人や都市労働者わ別として

241 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 06:52:58.90 0
小作人や都市労働者と鉱夫、どちらが一般的かと言うと

242 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 08:58:19.10 0
そもそも石見銀山はまぁあれとしても佐渡金山が本格的に開発されたのは桃山末期というか幕府が出来てからだろう
それに石見にしても佐渡にしても鉱夫自体よりもそれの生活を支える為の人口が集まってただけで鉱夫はそこまでいないだろう

まぁ宗教もだけどヨーロッパじゃあんまり湿度とか高くないかローマ人が最初から風呂好きが集まった集団だったかもしれん

243 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 09:15:19.33 O
小泉八雲が書いてるな。「日本の群衆は花の香りがする」と。
「西洋の群衆がどんな臭いかは書きたくもないが、日本人の
清潔さは驚くべきものだ」と。日清戦争の頃すでにそうだった
んだから、明治以後突然清潔になった訳でもなかろうな。

244 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 12:03:56.21 0
>>241-242
戦国期わ未だ小作人や都市労働者って一般的じゃ無いよ。
石見銀山と佐渡金山の採掘はそれ迄の専門職に請負わせるやり方と違って
周辺の村民や全国の余り者を多数雇用したから農民より下が多く居た

245 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 14:34:39.08 0
フロイスの時代から日本は清潔といわれてたな
現代も言われてるが400年外国人から清潔といわれ続けてるんだから
清潔なんでしょうな

フロイスは日本の建物は壊れやすく粗末みたいなことも言ってるから
客観的判断だろう

246 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 16:14:46.94 0
東京はゲロだと言った石原
石原に限らず日本の都市は醜いという意見も連綿として存在する

日本の都市は醜いのか奇麗なのかどっちなんだい

247 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 16:39:42.24 O
ローマ市もゲロだったろうな。雑多で混み合ってて。
フォロ・ロマーノも狭いところにゴチャゴチャ建て過ぎ。

248 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 16:56:56.72 0
「窓から糞尿投げすてんなコラァ!」という御触れが定期的に出るくらいってけっこう汚いよね
塩婆が「現代ローマ市よりも間違いなく清潔」と語っていたけど、これは間違いなく褒めすぎ
東南アジアなどの大都市の過密した下町くらいには汚いはず

249 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 17:55:12.20 0
地中海性気候って東南アジアと比べて湿気どうなんだろう
乾燥してれば東南アジアよりマシそうだが

250 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 19:39:17.68 0
>>248
そら外国人が雪崩こんでくる大都市だからなあ
上下水道がよく整備されてても度々締め上げねばなるまいよ

251 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 19:56:49.29 0
ローマ市はよくローマ都市の代表として引き出されるけど、
実は人口過密すぎてローマ都市の中では特に汚かったみたいね
風刺詩でも「マジ通りがくっせえのなんのwww」というネタがチラチラでてくる
逆に郊外、カンパニアの諸都市などは本当に綺麗だったとか

252 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 20:02:31.81 0
ローマは碁盤の目式の計画都市じゃないからなあ

253 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 20:59:37.02 0
碁盤の目にこだわるならオスティアみたいな地形じゃないとな

254 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 21:06:06.56 O
第三次ポエニ戦争の頃に、ローマ市からカルデア人の占星術師を
追放する法案が可決してる。その頃にはもう、胡散臭い外国人が
ローマ市に押し寄せ始めてたらしいぞ。

255 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 21:26:25.93 0
景気のいい街は儲かる可能性高いからな

256 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 22:08:43.46 0
ワープアでも奴隷よりマシだしな

257 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 22:18:08.30 0
カルタゴ掠奪はすごい儲かっただろうな

258 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 23:03:47.80 0
儲かっただろうなーって言い方になるとかけた金額ってのも考えなきゃいけなくなる

259 :世界@名無史さん:2015/01/24(土) 23:12:11.41 0
西ローマ帝国崩壊、つまりスティリコの時代なんですが
その当時のキリスト教はどの程度普及していたんでしょうか

260 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 08:04:26.32 0
大テオドシウスが国教に認定する程度
ただシンマクスに見られるよう元老院にも多神教シンパはまだまだ存在

261 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 08:05:39.54 0
ヌマンティアでは全く志願する連中がいなかったけど
カルタゴ戦となると志願兵が殺到したらしい

略奪目的で

262 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 14:47:21.79 0
無能海軍が陸軍から中国侵略で消耗しちゃって兵士全然足りねえから!と忠告受けたのに
せきゆほしぃ〜つって東南亜侵略を始めちゃった様なもんか

263 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 15:20:49.80 0
中国で兵士が消耗?第二次上海事変から降伏まで常時100万以上を維持し続けてるが
むしろ無駄に数が多すぎて統制が取れないぐらいだった

264 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 15:22:47.34 0
>>262
よう陸軍

265 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 15:57:27.70 0
>>249
地中海性気候は乾燥してるけど、ローマ市にかぎってはもとが湿地なだけあってけっこうベトベト
さらにテベレ川がかるーく氾濫起こして下町がちょろっと水浸しになることも定例行事
あと街のすぐ外側には湿地もいくらか残ってて、ゴミ捨て場にされて悪い湿気と疫病の発信源になってた

266 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 16:00:49.51 0
ローマ市は集合住宅があんまり高くて密集してるもんだから、
風の通りが悪くろくに日も差ささない一年中ジメジメしてる路地裏も多かった

267 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 16:15:02.28 0
火事対策でインスラの密集と高さ規制したら陽当たり良すぎ健康に悪いと文句言われたネロ氏

268 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 17:22:34.15 0
>>263
陸軍曰く東南亜侵攻直前には
華北侵攻開始時の部隊は4割強しか残ってなくて
訓練と装備不足の新調部隊を投入して2/3程度をやっと維持していた

269 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 18:14:28.97 0
俺ずっとマルクス・アウレリウス・アントニウスだと思っていたわ
アントニヌスなんだね

270 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 19:59:07.25 0
ローマはアヌスって覚えてたよ

271 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 20:20:43.07 0
グラディエーターの最初の戦闘シーンは最高
後は糞

272 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 20:27:45.17 0
最初の戦闘シーンもよかったのは隊列組んで前進していくところまで
戦闘がはじまってからは軍団兵の命である盾をさっさと捨てるしまったく隊列守らないしで、
ローマ軍とは思えないおっそろしく雑な戦い方
典型的なハリウッド式ファンタジー乱戦

273 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 20:34:49.51 0
「盾を死んでも手放すんじゃねえ」というのは新兵教練で一番最初に叩き込まれることだったのに、
ハリウッド映画ではローマ兵が盾をすぐに捨てちゃうね

274 :世界@名無史さん:2015/01/25(日) 20:52:36.95 O
投石機がかっこよかったな。

275 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 00:39:14.00 0
兵たちが将軍に声をかける場面や、
蛮族の大将が生首を持って出てきて仲間もワラワラ出てくるところもよかった

276 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 01:07:51.52 0
騎兵隊が敵の背後に回り込むのもローマあるあるだな

277 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 01:08:40.38 0
兵じゃなくて馬な

278 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 01:54:58.64 0
ちゃんと盾並べて隊列保ちながら戦ってるローマ映画って「第九軍団のワシ」くらいかな
ドラマ・ドキュメンタリーなら「ROME」や「ザ・ローマ 帝国の興亡」とかもあるけど

279 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 04:48:27.02 0
第九軍団の序盤戦は重曹歩兵が投槍装備してないし抜刀して前進してないのが疑問だった。まあ投槍は撮影時に危険そうだし、投槍できる役者揃えるのがキツイのかもしれないけども

280 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 06:27:56.54 0
「投槍をしっかり使っている」作品は「隊列組んで戦っている」作品よりももっと少ないな
ROMEのフィリッピの戦いで投槍が盾貫通して顔面に刺さるシーンは感動したと同時にビビッた

281 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 06:43:04.66 0
>>279
あの状況で抜刀してないのはおかしいね
ただし、投槍が無い点についてはある程度説明がつけられる
エッサホイサと押し込む攻撃型テストゥドを組む場合は、
機動性のため投槍を捨てるか後列に預けてたようだから、少なくともあの場合は前列が持ってないのは正しいかと
あと戦いの終盤、主人公の百人隊長が拾って戦車に投げるのはローマ軍の投槍だから、
後列に持ってた奴がいたとも考えられる
(そこまで考えて作ってるかどうかはわからんけど)

282 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 10:30:33.48 0
>>262
海軍はずっとドイツとの同盟・対米開戦など反対してましたがねえ

283 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 11:23:17.38 0
海軍は対米開戦反対なぞして無いよ
会議でも陸軍と同じく、勝算は無いとしか主張してない

284 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 15:41:54.14 0
つまり陸軍も海軍も反対してるのに対米開戦した東条内閣がキチガイってことだな

285 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 16:21:09.14 0
よそでやれ

286 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 18:59:51.23 0
>>273
>「盾を死んでも手放すんじゃねえ」というのは新兵教練で一番最初に叩き込まれることだったのに、

これってスパルタやアテネの話じゃね?
軍旗手放すのは恥だったらしいけどローマ人って盾そんなに神聖視してたっけ?

287 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 19:27:44.22 O
神聖視と生き残りの心得は違うよ

288 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 19:35:01.52 0
>>286
神聖視はしてないけど、
実運用面で「盾は絶対手放すな。さもなきゃお前も隣の仲間もみんな死ぬからな」と叩き込まれたみたい
ローマ軍団兵はその戦術・戦闘術すべてが完全に盾ありきで盾が「メインウェポン」と言ってもいいくらいだったから、
当然の成り行きともいえる

289 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 19:41:55.67 0
軍団とは関係ないが
ローマで神聖視される盾といえばマルスの盾があるぜ!

290 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 19:48:50.64 0
あとは軍旗

291 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 19:49:10.32 0
グラディウスかスクトゥムどっちか捨てなきゃらないってなったら、
グラディウス捨てたほうが生存率も軍そのものへの貢献率も絶対高いよなあ
スクトゥムだけでも、前列に立って盾壁の維持を手伝ったり仲間を守ったりできるけど、
短い片手剣のグラディウスだけじゃまず役に立たない
前列に立つと一瞬でぶち殺されるし、後列にいても飛び道具防げなくてアウト

292 :世界@名無史さん:2015/01/26(月) 20:16:40.93 0
銀鷲旗 aquila (ぴかぴかの鷲の像)
軍団旗 Vexillum (軍団の紋章が印されている四角い布)
百人隊旗 signum (円盤メダルが縦に並べられてるやつ)
皇帝像旗 imago (皇帝の顔)

そういや固有の大隊旗はないみたいだね
各大隊の第一百人隊におかれた軍団旗(Vexillum)が大隊旗としての役割もあったみたい

293 :世界@名無史さん:2015/01/27(火) 05:42:27.99 0
現代人の感覚ではあれを「旗」と呼ぶのに違和感。

294 :世界@名無史さん:2015/01/27(火) 14:52:14.77 0
BSプレミアム 1/27(火) 15:10〜17:00
ハイビジョン特集「ローマ皇帝の歩いた道」(後編)
−末路を見つめたハドリアヌス− ▽衰亡の謎 ▽発掘された秘書文書

295 :世界@名無史さん:2015/01/31(土) 01:09:34.79 0
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150122/432756/
古代の黒焦げ巻物、著者は快楽を追う哲学者
紀元79年火山噴火の遺物、X線最新技術で解明へ
2015.01.22

296 :世界@名無史さん:2015/01/31(土) 08:02:59.21 0
塩をまかれたカルタゴはやはり雪は積もらないんだろうか?
北アフリカに雪が降るのかどうか知らんが。

297 :世界@名無史さん:2015/01/31(土) 09:20:51.04 0
エジプトは降雪するよ

298 :世界@名無史さん:2015/02/02(月) 11:37:11.92 O
スペインでは雨は平野にふります

299 :世界@名無史さん:2015/02/02(月) 19:41:45.66 0
ソヴィエト・ロシアでは(ry

300 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 01:39:40.21 0
映画などでよく登場する「ロリカ・セグメンタタの形してる革鎧」って、実在はほぼ否定されてるんだな
「サン・オブ・ゴッド」のフォーラム覗いてたら「まーたファンタジー革鎧かよ」とディスられてて、それで調べて初めて知ったわ
「第九軍団のワシ」でも向うのローマヲタからするとここが大きな減点ポイントだったみたい
そういやローマ軍の兵装などを紹介してる書籍ではまず見ないし、ガチの考証団体でも着てるのは見たことなかった

301 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 02:32:12.04 0
まあ見栄え着せてるんだと思うけどね
こういうのもツッコミ出したらキリがないけど格好いいと感じるには十分だし
http://i.imgur.com/BXnqSlu.jpg
http://i.imgur.com/WoroZ1N.jpg
http://i.imgur.com/OBamqLx.jpg
あんま求めすぎるとキリストを白人が演じて本当にいいのかとかラテン語話せとかあるし
エンタテインメントとして作ってるならある程度派手さとか分かりやすさが欲しいしね

本当にやっちゃいけないのは軍団兵が鎖鎌とか斧とか使い始めるようなのだと思ってる

302 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 03:28:50.58 0
キリストだって見た目は黒いけど白人だろ!

303 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 03:29:54.22 0
自前兵器の市民兵なら斧もあるんでは?

304 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 03:39:48.24 0
武器を完全自弁する非正規の市民兵ならね
初期でも武器を統一することが決まりで、
さらに後の時代では全支給となった軍団兵がメインウェポンを斧にするのはまずない

305 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 04:13:07.35 0
セグメンタータ風の革鎧については見栄えとは別の理由
まず映画で使用された出した当時はちゃんと「時代考証に沿ったもの」だった
その考証元になった研究側が当時誤っていた

そんで研究が進んで、20世紀中盤からそれが誤りだったと研究側では広く認められるわけだけども、
映画側としては鉄製セグメンタータよりも革製のほうが管理しやすいし、
ゴムや合成素材での再現もしやすいし、
着用する役者への負担軽減、アクション時の安全性などもずっと確保しやすいため、
そのまま使い続けて今に至ってる
もちろんちゃんと金属製や、外観を手間かけて鉄っぽくしたものを使う映画も多いけどね

306 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 04:22:06.93 0
ロリカ・セグメンタータ風の革鎧説ってたしか、
「古代に鉄の板金鎧を兵卒なんかに支給できるかよwwありえねえww」
という感じのノリだったんだよね
しかし20世紀に入ってから鉄製のもんが各地で大量に発掘されて、
それも明らかに兵卒向けの備品として無造作に積まれていたから説がくつがえっちったと

307 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 04:36:43.23 0
ガッチガチの鉄装備は古代のイメージにそぐわないと考える製作者もけっこういるとか
窓ガラスがまったく出てこないのも同じ理由だと聞いたことある
逆にローマといえばやっぱぴかぴかの甲冑でしょ!と考えて年代構わず使う製作者も多い

308 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 09:36:15.41 0
古い時代のの円の窓ガラスや
すごく小さいガラスの窓って再現コストが大変だろ
わざわざ気泡とかいれなきゃなんないし

309 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 10:03:16.77 0
兵站とか基地作りで勝って来たローマ兵にとって斧とか大工道具こそがメインウェポンだろう!!

310 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 15:41:23.28 0
かなーり限定されたシチュだけど、
陣地設営のため森で材木切り出してた時に奇襲されて、
とりあえず手に持っていた斧で戦った奴もいたという話ならあるで

311 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 19:34:12.70 0
>>310
ローマ人じゃなくてもそうすると思うが

312 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 19:43:12.55 0
かなり限定されたシチュだが
タキトゥスの年代記なんかにガリアかどっかで反乱起きて
反乱側に重装剣闘士が加わってて、グラディウスじゃかなわんので
斧で鎧兜ごとかち割ったという記述があるんだぜ

313 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 21:00:43.44 0
>>301
逆に白人以外がキリスト演じた方がおかしいでしょ

314 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 21:49:08.52 0
ドワーフが紛れ込んでそうだな。

315 :世界@名無史さん:2015/02/04(水) 23:28:51.84 0
WASPの中じゃ有色人種は白人にはいらないから

316 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 00:56:10.26 0
>>313
イエズスは黒人か茶色人だよ

317 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 01:12:04.57 0
あの地域はまだ白人だろ

318 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 02:08:44.56 0
>>316
茶色人ってなんだよ
そんな人種は聞いたことが無い

319 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 09:41:57.51 0
>>316
アーリア系であってるだろボケ

320 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 12:13:41.68 0
ナザレのイエスはユダヤ人

321 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 14:26:50.38 0
イエスがピラトに命助けられて黒海辺りに追放刑になったら
キリスト教もここまで広まらなかったかもな。

322 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 14:58:22.21 O
そういう新興宗教の教祖が他にもいたのかもな

323 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 15:32:34.07 0
イエスは結局どんな病気だったの?

324 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 15:41:18.59 0
頭の病気

325 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 17:10:30.93 0
コンモドゥスは中二病

326 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 18:04:02.79 0
仕事を辞めさせてくれ!

327 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 19:31:37.69 0
>>319
アラブ人種、シリア人種はアーリアンじゃないよ

328 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 20:21:25.24 0
アーリアンじゃなくても白人には違いないでしょ

329 :世界@名無史さん:2015/02/05(木) 22:19:00.75 0
でもユダヤ人俳優はイエス演じてくれなさそう

330 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 00:42:24.44 0
>>328
アラブ人は黒人、シリア人は茶色人
エジプトの記録でも褐色のシリア人と白い野蛮人は全然別個の扱い

331 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 00:50:48.29 0
茶色人とか頭悪そうな事言う奴まだ居るのか

332 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 02:03:17.66 0
>>330
コーカソイドも知らねえのかよ池沼

333 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 02:17:22.18 0
アラブ人が黒人だって?
なら何でムハンマドは黒人奴隷を所有してたという話が生まれるんだ?

334 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 07:24:22.38 0
茶色って日本人的にはミドリとも言えるよな
茶色人って多分グリーンマンみたいな森の精霊のことなんだろう

335 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 08:04:27.01 0
自由の女神は白人なのか黒人なのか論争で「緑人」で決着ついた話をも出だした。

336 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 15:19:40.61 0
>>319
当時のナザレとかガリラヤとかベツレヘムとか、その辺のパレスチナ人は違うだろ
コーカソイドではあるがアーリアンじゃない

>>320
現代ユダヤよりアラブやホワイトアフリカの方が形質は近いと思うけどな

337 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 15:25:20.94 0
>>335
フランス人だろ?
おフランス製女神なんだから

338 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 17:28:05.37 0
んなこといったらおそらくギリシア神話かローマ神話の女神なんだから
ギリシア人かローマ人にならんかね

339 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 18:15:04.57 0
あれはフランスを擬人化したもので女神じゃないんだよ
革命フランスを象徴する「民衆を導く自由」の像
スタチューオブリバティおk?

340 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 18:34:46.43 0
フランス語でStatue de la Liberteと呼んでおやり

341 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 20:40:07.36 0
質問です。
スタチューとピカチュウはどう違うんですか?

342 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 20:52:31.40 0
>>341

スタチューは象
ピカチューは鼠

343 :世界@名無史さん:2015/02/06(金) 22:48:41.80 0
塩さんが言うに
何かをやり遂げたい気持ちが強いのを野心家
周りからよく思われたい気持ちが強いのを虚栄家

圧倒的虚栄家の俺が思うに野心家は何か偉いなあと感じる

344 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 05:39:12.84 0
いい事をする→褒められる→褒められたいからいい事をする
虚栄心だって悪い事じゃないんだが、
日本の場合は匿名の陰徳以外は売名行為とむしろ軽蔑されるよね。
伊達隼人の名前でランドセル配る事例が偶にあるけど、
あれ本名で配ったら事案扱いだと思う。

345 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 06:34:48.89 O
タイガーマスク「伊達直人な!」

346 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 08:00:44.53 O
まあ「不審な男性が小学生に道を聞く事案」が発生する国だからな

347 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 11:12:32.62 0
>>343
前者わ只の貪婪、欲心
後者わ名誉心

348 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 12:38:03.60 0
やはりローマはロリコンとか気にしなかったんだろうな

349 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 16:04:44.17 0
>>348
さすがに8歳や7歳、それ以下の子に手を出すのはローマ社会でもあんまりよろしくない
幼児(男女問わず)がレイプされることがよくあったから、かなりの敵意を向けられることもある
近所でそういった事件が起こると「てめえか!ぶっ殺してやる!」と襲撃されたりする

350 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 17:47:33.64 0
ロリコンの適応年齢が違ったんだろうな
精神的に未熟な男が結婚適齢期の女に相手にされないからそれより小さいので満足する
って方式のロリの場合、
ローマでも起こりえるし、元々が社会的弱者で不純な動機でやるわけだからリンチ対象

さすがに生理が来てからしか妊娠しないことは知ってるだろうし、
来てないような年齢の子とやるのはどこでも犯罪か不道徳だと思う

351 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 19:14:12.98 0
人から褒められたり評価されるのが最終目的な人間(虚栄家)と、
その上に栄達や栄光を見る人間(野心家)とでは行動にも違いが出るだろう
カエサルの場合、自己の死後の評価まで気にしてるとしか思えんレベルの行動・発言が多い

352 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 19:52:14.03 0
ローマのことも夢のまた夢

353 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 20:44:44.03 0
英雄になりたい!と思ってたのは事実だと思うけど、
それは野心家でもあり虚栄家でもあるよなあ
虚栄って言葉が悪いと思う

虚栄っていかにも外見だけ取り繕ったって言葉だけど
人から褒められたくて中身まで揃えた人間ってのは虚栄家なの?野心家なの?

354 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 21:12:45.76 0
髪とほきハゲと消えぬる我が身かな
>>353
誇り高き人、名誉心。決して野心でわ無いわな
能力が伴わ無い虚栄でも無いけど

355 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 21:19:55.30 0
           |
            |  彡⌒ミ
           \ (´・ω・`)また髪の話してる
             (|   |)::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \

356 :世界@名無史さん:2015/02/07(土) 23:47:35.14 0
ガリア人のカツラでも被ってろ

357 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 00:54:37.54 0
ヒスパニア軍団はどうしてブリタニア先住蛮族の烏合の衆相手に壊滅させられたのでしょうか
その直後にブーディカが圧倒的少数を相手に敗北しているとこ見ると、錬度が酷い軍団だったのですかね

358 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 02:09:16.86 0
>>301
>あんま求めすぎるとキリストを白人が演じて本当にいいのかとかラテン語話せとかあるし

いやキリストは白人だし
大体当時のユダヤの公用語はギリシャ語かエラム語だろ

359 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 02:25:12.30 0
>>357
シンプルに指揮官の采配じゃね
第九軍団が壊滅したのは、ケリアリスが平野部のコルチェスターにバカ正直に突っ込ませて、
圧倒的多数のブーディッカ軍に四方八方からボコボコにされたからで
その後でワトリング街道でローマ軍が圧勝したのは、
スエトニウスが背面・側面を守れる地形に陣取らせ、ブーディカ軍を迎え撃ったからで

360 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 02:50:08.09 0
>>358
キリスト云々は兎も角ラテン語についてはローマ人がのこと言ってるんじゃないの

361 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 04:59:59.85 0
実はキリストは白人でもユダヤ人でもなく、ある優秀な民族の人間だったという有力な説があるニダ。
日本の天皇家の祖先がその民族から来たってのも有名な話セヨ。

362 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 06:11:49.80 0
米黒人の教会では飾ってあるキリスト像が黒人になってる。
ちなみに米黒人イスラムでも預言者は黒人だったということになってる。

363 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 08:51:49.16 0
指揮官の采配というがケリアリスは超優秀
戦いは数だよっ!てことだな
スエトニウスもケリアリス敗戦を聞いて都市を見捨てるという一大決心ができたといえる

364 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 09:42:15.51 0
当時のシリア人なんだからイエッスも浅黒い肌だわな

365 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 11:47:23.80 0
肌黒いっつっても中東的な黒さでしょ
アフリカ的な黒さじゃないと思う
古代の有名な黒人国家というとエチオピアくらいしかイメージないけどエチオピアも黒人国家じゃないんだっけ?

366 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 12:36:35.66 0
浅黒いコーカソイドが正解

367 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 13:13:01.73 0
エチオピアは多民族混血

368 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 15:20:31.34 0
アンドロメダが黒人に描かれてる絵って見たことない

369 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 15:25:41.94 0
アラブ人はいつから見た目が白くなったのか?

370 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 15:33:04.20 0
アンドロメダのいた「エチオピア」はパレスチナのこと
ギリシャ人よりは日焼けしてたから

371 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 15:38:31.72 0
>>363
ケリアリスはブーディカ反乱時はあんまりパッとしない
この頃はまだ経験が浅くて、事前偵察も戦況分析もろくにせずにただ突っ込むしか能がなかった
彼が勇将に化けていくのはこの大敗で学んでから

372 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 15:52:20.74 0
ブーディカ軍は所詮烏合の衆だが数だけは多いので1個軍団での真っ向撃破は無理筋だわな

373 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 17:28:23.06 0
>>366
アラブ人シリア人序にギリシア人と北西部欧州人は遺伝子的に全然別物
イエースはシリア人種かアラブ人種だろうね

374 :>>57:2015/02/08(日) 20:32:26.74 O
大変だオマイラ!尼損でシュールストレミングも売ってる!
レビュー読んだら爆笑だぜ!

375 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 21:57:35.59 0
ヨルダン人とか日本人より白いもんな

376 :世界@名無史さん:2015/02/08(日) 23:02:57.82 0
ヨルダン人とか日本人より黒いよな
誰がどう見ても

外から連れてきた傀儡の余所者は知らないが

377 :世界@名無史さん:2015/02/09(月) 20:14:26.63 0
ヨルダン人もシリア人もパレスティナ人もレバノン人もどう見ても日本人より白いよ

これはシリア人な
http://minira28.up.n.seesaa.net/minira28/image/PC040197.jpg?d=a0

378 :世界@名無史さん:2015/02/09(月) 22:52:23.93 0
ヨルダン人もシリア人もパレスチナ人もどう見ても日本人より黒いよ

これはヨルダン人シリア人パレスチナ人な
http://i.imgur.com/IPqWSpp.jpg
http://i.imgur.com/HTGSAdD.jpg
http://i.imgur.com/JMFyGmk.jpg

379 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 11:49:06.59 0
ブックオフで歴史関係コーナーの辺りを物色してたら
年配らしき2人組の男性が塩野氏の本を指差し
「自分もうこの人の本は読みたくないですね〜」

ショック!

380 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 12:04:45.59 0
ブッコフにたむろしてるような人生終わってる中年のセリフならそらそうだろ

381 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 19:20:09.91 0
塩婆より優れたモムゼンやロストチェフを読破してらっしゃるブコフたむろ民か

382 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 19:46:22.20 0
ここら辺かな

塩野七生氏「慰安婦のような恥ずかしい過去を持つ人間は、強制的に仕方なくやったと主張する傾向がある」
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1410527437/

【朝鮮日報コラム】「女嫌い」塩野七生氏の老醜 塩野氏の本を必読書として愛蔵してきた韓国人読者たちに対する礼儀ではない[09/28]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1411882767

383 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 19:52:44.15 0
ローマ亡き後の地中海世界を読んだ東ローマヲタなんだろう
俺にはわかる

384 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 21:17:48.27 0
ビザンティニストのベインズ先生とかいるから仕方ない

385 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 22:12:50.25 0
年配者となるとカエサル、カエサル繰り返されるのが我慢ならんのだろう
やはりシーザーじゃないと

386 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 22:34:05.54 0
男たちへでも読んだのだろう
そして身に覚えがありすぎて…というパターンだな

387 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 22:54:10.63 0
>>377
日本人とシリア人を比較しててわかりやすいな
>>378
うん、日本人より白いね
中東系は白人だから

388 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 23:01:38.74 0
>>383
どんぐらいダメなんなのか?

389 :世界@名無史さん:2015/02/10(火) 23:59:09.16 0
>>378
あーこれわ一目瞭然ですは
日本人と比べてかなり色黒
イエスも同じように日本人より黒かったのだろうね

390 :世界@名無史さん:2015/02/11(水) 00:31:16.35 0
>>377
シリア人の色の白さより、コーカソイドとモンゴロイドの顔立ちの違いに驚く
何故モンゴロイドの顔面はグシャッとしてるんだろう

391 :世界@名無史さん:2015/02/11(水) 03:03:13.39 0
馬鹿チョンとか醜いにも程があるよな、もはや奇形

392 :世界@名無史さん:2015/02/11(水) 07:08:47.30 0
そもそもあんな民族の流入と混血がありまくりの土地で色とか顔立ちとか全然違うかも試練だろ
当事と。逆に日本みたいに国家として成立してから大規模な民族の流入とか混血が少ない国が異常じゃないか

島国だからだけど

393 :世界@名無史さん:2015/02/11(水) 07:29:41.08 0
陸続きの大陸で民族入れ替わるなとか無理筋

394 :世界@名無史さん:2015/02/11(水) 08:26:56.22 0
中東はめちゃくちゃ日差しが強いので色黒だと思っても日焼けしてるだけの人が多いよ
イラク人とエジプト人は生まれつき地黒みたいだが

395 :世界@名無史さん:2015/02/11(水) 08:30:42.74 O
朝鮮半島の場合、古代史研究があまりにも進んでないのがな。
史料が少ないのもあるが、韓国人にきちんとした研究者が
ほとんどいないのが最大の原因。

396 :世界@名無史さん:2015/02/11(水) 20:13:50.47 0
ISISの討伐にクルド人やヨルダン人で対抗しているのはゲルマン人の傭兵頼みのローマ軍みたい

397 :世界@名無史さん:2015/02/11(水) 20:58:49.20 0
ローマ軍はもともと多国籍部隊なので

398 :世界@名無史さん:2015/02/12(木) 03:19:42.07 0
幕府軍と同じだよな多国籍

399 :世界@名無史さん:2015/02/12(木) 12:45:41.87 0
フランケンシュタインの怪物って、プルタルコスの英雄伝を読んでいる設定だったのか。

400 :世界@名無史さん:2015/02/14(土) 07:12:35.53 0
サムニウム人との戦いでローマが負けた時
命と引き替えに裸で棒の下を潜らせる屈辱刑

俺のような軟弱者からすれば痛い想いをせずに命が助かるならありがたいが
やはり戦士としては屈辱か、現代でも

401 :世界@名無史さん:2015/02/14(土) 07:35:58.59 0
もし現代なら、
動画を晒されモニターの向こうの安全違いの正義の味方たちに、
「国辱!」「恥さらし!!」と本人だけでなく一族郎党の顔と住所と経歴を晒され吊るし上げを食うだろう。

402 :世界@名無史さん:2015/02/14(土) 13:50:16.59 0
新訳だそうです

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/06/3/0610160.html
カエサル戦記集  ガリア戦記
高橋 宏幸 訳

■体裁=四六判・上製・カバー・400頁
■定価(本体 3,000円 + 税)(未刊)
■2015年2月24日
■ISBN978-4-00-061016-2 C0022

カエサル(前100−44)によるガリア遠征を描いた名高い古典.
ローマの歴史の中心にいたカエサルがみずから執筆した作品として,無比の価値を有する.
その簡潔で真に迫る記述はキケローから高く評価され,モンテーニュやナポレオンも愛読した.
最新の成果に基づき,地図・索引などの資料も充実させた新訳.「カエサル戦記集」の第一弾.

買うの躊躇してるなら図書館にリクでも

403 :世界@名無史さん:2015/02/14(土) 15:44:31.63 0
ニーチェの影響的なものか知らんけど、オットー・ゼークはキリスト教敵視し過ぎやろ…

404 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 01:58:10.26 0
http://www.geocities.jp/todo_1091/bible/night-tale/011.htm
これ見たら、
西欧ではテオドシウス朝に東西に分かれたのではなく、
コンスタンティヌスが西側を当時の教皇に与え、
自分は東側に移ってその結果分裂したということらしい

405 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 06:19:03.73 0
いかにもイタリアのカトリックのような見方ですね
ルター=異端
オランダ=異端
未開拓のマダガスカル等=土人なので保護してやった
しかし、これくらい歪んだ熱狂がないと、好き好んで世界の果てまでは来なかったでしょうね

406 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 08:52:17.24 0
アイヌ人=土人なので保護してやったと同じなのに
世界の果てまで出かけない

407 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 09:14:40.99 0
コンスタンティヌスの寄進状は
ルネサンス期に偽物だってバレてるぞ
バチカンはまだそんなこと言ってるのか

408 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 12:27:01.45 O
そういや法皇は未だに最高神祇官を名乗ってるんだな。
あれはどうなんだろう。

409 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 12:28:31.33 O
法皇って違うな。教皇か。

410 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 13:09:26.15 0
単に「最高位の聖職者」ぐらいの意味だからいいだろ
ローマの神々や日本の神祇祭ってるんじゃないし

411 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 13:46:29.77 O
教皇「我はローマ帝国最高神祇官なり!」

412 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 13:49:39.39 0
>>410
ユピテル祭らないなら返上しろよポンティフィクス・マクシムスはww

413 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 18:15:49.75 0
TBS世界遺産で古代ローマの浴場、ダム

414 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 19:45:32.47 0
>>400
>命と引き替えに裸で棒の下を潜らせる屈辱刑

ガリア戦記でガリア人に槍の下を潜らされた人の話が出てくるけど
これって結構普遍的な慣習ぽいな

415 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 20:06:45.24 0
リンボーダンスって凄いな

416 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 22:00:57.45 0
韓信の股潜りっとのもあるしな

417 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 22:11:42.33 0
洋の東西を問わず恥を恥と思わず恨みを抱き続けない人物ほど大成するイメージ

418 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 22:17:34.93 0
え、恨みを抱き続けた人の方が大成する気がするけどな

最後をまっとうできるかどうかはともかくとして

419 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 22:22:45.42 0
まあモチベーションのある人は大成しやすいだろうね

420 :世界@名無史さん:2015/02/15(日) 23:50:00.55 0
>>419
マスターベーションの習慣のある人ではどうでしょうか?

421 :世界@名無史さん:2015/02/16(月) 07:58:43.48 0
どっかの脳科学者が、マスターベーションしている奴としたことない奴の脳の違いを調べようとしたら、
したことない奴が見つからずに断念した、ってニュースを何年か前に見た。

422 :世界@名無史さん:2015/02/16(月) 12:12:13.61 0
>>408
最高神祇官のラテン語はなんという語を使うか、まずはそこからだ

423 :世界@名無史さん:2015/02/16(月) 12:34:46.10 0
>>421
セックスのことを知らないまま結婚生活を送ってたドイツ人がいたけど、アレの夫とかダメだったのか

424 :世界@名無史さん:2015/02/16(月) 13:28:34.65 0
いくら禁欲的な文化にどっぷり使ってても、思春期の性の衝動は抑えられないんじゃない
宗教も禁欲を諦めて乱行パーティに進化した宗派もいるし

425 :世界@名無史さん:2015/02/16(月) 22:23:18.13 0
ただし巫女さんは除く

426 :世界@名無史さん:2015/02/16(月) 22:48:45.78 0
日本の祭りも乱交目的だったこともあったらしいし

427 :世界@名無史さん:2015/02/16(月) 22:56:27.32 0
閉鎖的な田舎の鬱憤晴らしみたいなもんだ

428 :世界@名無史さん:2015/02/17(火) 18:47:55.65 0
『ローマ帝国の没落』のエドワード・サーモンの項に「平均的市民は…諸政策についての報告を受けることすらなかった。」(89p)
って書いてあったんですが、塩婆本だとカエサルの頃に広報制度つくられてなかったでしたっけ?

429 :世界@名無史さん:2015/02/17(火) 21:25:34.56 0
塩婆の妄想です、司馬遼本と同じく歴史小説だと云う事をお忘れ無きやうに

430 :世界@名無史さん:2015/02/17(火) 21:26:58.51 0
カラカラ帝は結構市民を虐殺してるんだよね
アサド大統領と、いい勝負

431 :世界@名無史さん:2015/02/17(火) 21:33:57.05 0
カラカラ帝の浴場は湯が無くてカラカラ

432 :世界@名無史さん:2015/02/17(火) 23:09:35.53 0
借りぐらしのカリグラ帝

433 :世界@名無史さん:2015/02/17(火) 23:34:28.08 0
マキャベリの「ディスコルシ ローマ史論」ってローマ史の本として見た場合どうですか?
不正確な記述が目立ちますか? 面白いですか?

434 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 00:54:06.77 0
マキャベリちゃんが書いてる時点でゴミ

435 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 01:44:43.05 0
ローマを舞台にした映画とか小説とかゲームとかでのフィクション要素ってどこまで許せる?
ちょっとでもコレジャナイ感があるとンアァアアンモォォオ!ってなる?

俺はローマを細部まで再現!とかの煽りがなければ大抵のことは楽しめるんだけど

436 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 01:52:53.49 0
リアルを唄ってなきゃ基本腹立たないよ
リアルなローマとか言う奴に限ってリアリティの欠片もなかったりする

437 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 01:54:45.77 0
基本どんなもんでもなんやかんや楽しめるから、作品そのものが許せないというのはない
突っ込みながら見るのも楽しみ方の一つだし
ただしネットとかで、おかしい部分を指して「ここリアルだなあ」と持ち上げられてたりを見るとムズムズする

438 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 02:11:38.75 0
ネロとかデブで威張ってるパターンが多いけど多分違うと思う
あとアントニウスもゲームでは悪役多いから損してる

439 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 02:26:53.81 0
ハリウッドは俺が生きてるうちに300や指輪物語の映画のノリでいいから二次ポエニ戦争とガリア戦記やってくれ

440 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 02:34:44.58 0
ファンタジーとかであるローマっぽい帝国が一番楽しい
現実とはかけ離れた中でローマ要素を発見したときはローマを舞台にした映画で要素を見つける時よりなんか嬉しい

>>438
最近だとRyseがまさにそれだったな
ぶくぶく太ったおっさんネロしかもクズという
あと流石にブーティカさんが象に乗ってローマに攻め込んで来たのには噴いた
色々混ざりすぎだろと

441 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 02:37:00.08 0
ガリア戦記については、ROMEの前日譚として同キャストで作る計画があったようだけど、色々あっポシャった
第二次ポエニ戦争についてはヴィン・ディーゼルが長年企画を暖めてるみたい
ワイスピの成功で発言力がガンガン増してきてるしそのうち作られる可能性は十分ある

442 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 02:41:25.53 0
雷や炎を使える魔剣士なスパルタ王子が、
ローマ市に乗り込んでコロッセオでニンジャと戦うゲームがあってだな
ちなみに舞台は紀元前300年、皇帝ティベリウスの治世である

443 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 02:57:10.55 0
ゲームでもっとも考証が突き詰められているのは、おそらくRTWのEuropa Barbarorum MOD
プロ学者たちが集まって趣味全開の妥協一切ナシで作った代物

444 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 03:14:49.48 0
そしておま国で隔離されるニホン

445 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 07:02:22.56 0
>>438
デブのイメージは逸話的にウィテリウスとクラウディウスだなぁ
皇帝像はイメージ戦略の道具だしローマ入りしたガルバがネロに比べてパッとしない風采で馬鹿にされたそうだから
ネロの見た目があからさまに悪かったとは思えんのよね

>>442
なぜティベリウスにしたし

446 :世界@名無史さん:2015/02/18(水) 21:42:03.52 0
>>445
超時空ティベタンかっこよす
むしろ転生系なんじゃないか

447 :世界@名無史さん:2015/02/21(土) 09:50:24.60 0
真・皇帝転生

448 :世界@名無史さん:2015/02/21(土) 20:24:38.83 0
アグリッパの渋い顔が怖いけど好き

449 :世界@名無史さん:2015/02/21(土) 20:43:20.40 0
ゲームの敵ボスにするならアウグストゥスが面白そうなんだけどな
ローマにそう興味ない人らにはクレオパトラ絡みで陰湿な悪役イメージ強いし

450 :世界@名無史さん:2015/02/21(土) 23:36:41.73 0
スッラが敵ボスというかラスボスだとアウグストゥス以上に厄介だな
鋭い頭脳と優れた軍才、そして何より周囲を黙らせられる威圧感

451 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 00:37:36.37 0
全ローマ時代に渡る英雄が同時間軸に出てくる無双みたいなゲームなら
アウグストゥスは司馬懿みたいなキャラになると予想

452 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 00:53:26.39 O
カエサル「誰が曹操やねん」
スッラ「俺が董卓かよ!」

453 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 02:02:57.54 0
ローマ史には、劉備玄徳や劉邦のようなキャラはあんまいないな。

454 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 07:46:41.51 O
無能だけど、なぜか人徳があって人材が寄って来て
天下が取れてしまうと。そんなん中国だけじゃね?

455 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 08:31:17.50 0
山賊の親玉みたいなの多いからな中華の乱世の梟雄は

456 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 09:06:01.53 O
はっきり山賊上がりと分かってるのは漢の高祖劉邦と
明の太祖朱元璋だな。特に朱元璋はバリバリの本物。

457 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 10:30:31.06 0
人との調停役が上手くて、優秀な部下を使いこなす能力があれば出世してもおかしくはない

458 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 11:02:19.94 0
ローマわ遅くまで知識階級が形成されてないから優秀な人材自体乏しかったしね

459 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 12:46:27.14 0
知識階級の形成はかなり早かっただろう
ローマが民主制に移行した時期ってアテネと変わらないぐらいだしな

460 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 13:16:31.57 0
>>451
アグリッパが代わりに戦います

461 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 13:28:45.98 O
>>459
それにしては史書とかが現れるのはずいぶん遅いな。

462 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 13:49:19.70 0
王侯将相いずくんぞ種あらんや(キリッ

463 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 14:30:17.33 0
知識階級の知識を史書を記すほうに割り振る余裕は無かったんだろう。

464 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 14:37:16.02 0
紀元前から哲学のみならず創作も隆盛してたギリシャは文化チート
ローマ人がコンプレックス持つのもわかるわ

465 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 14:53:20.66 0
マケドニアはエジプトからチートツール朴っただけだけどな

466 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 14:55:23.79 0
ローマも同じ
ユリウス暦の基はエジプトで蓄積された天文学

467 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 18:26:19.62 O
>>463
それは知識階級じゃなく、識字階級程度じゃないのかね。
王政からポエニ戦争期までのローマは、要するにのちの
ゴート王国やらヴァンダル王国やらのゲルマンどもと
大差なかったんだろ。

468 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 20:27:08.24 0
実用に重みを置いてたんじゃないのか
エトルリア人と肩を並べて道を作ってたんだろ

469 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 20:34:22.88 0
実用といえばローマ人は法律は得意だよね

470 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 21:39:48.48 O
ゴシックって「ゴート風」の意味なんだってな。知らなかった。

471 :世界@名無史さん:2015/02/22(日) 22:26:40.73 0
兵站関連はチートだな
早い段階で組織として完成してる
誰が確立させたのか名前が残ってないのが残念でならない

472 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 00:05:53.13 0
文字を何に記すかで残存性は全く違うな
ローマはパピルスか

473 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 00:43:34.32 O
残存可能性なら粘土板か。でも通常の粘土板は日干しだけで、
残りにくいらしいな。アッシリア大図書館は炎上したせいで
粘土板が素焼きになって残った。

474 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 00:51:13.11 0
>>473
やっぱり炎上すると世の中に残るのか!!

475 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 01:07:45.55 0
せっせと蓄えられた蔵書も蛮人がヒャッハーして図書館破壊したりするからなあ

476 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 04:15:03.52 0
古代ギリシャはチート
今はニート

477 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 06:01:43.81 O
カエサル「ヒャッハー!アレクサンドリア大図書館を焼き払え!」

478 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 06:29:44.18 0
>>477
BC47の件はカエサルが焼くよう命じたのではなく、
港で行われた戦いによる火事が運悪く燃えうつったもの

479 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 08:40:51.81 O
ネタにマジレスありがとうございます

480 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 12:33:53.06 0
ネタとして認識されないネタにはネタの価値ないぞ

481 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 13:41:47.41 0
チョト前のだけど、こげなサイトがあった

「ローマ帝国の歴代皇帝の死因を円グラフにしてみたら…こんな事実が見えてきた」
http://labaq.com/archives/51837646.html

482 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 15:23:29.34 0
捻りがまったく無くてネタには見えんな
単なる無知にしか

483 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 16:53:52.35 0
>>453
マクシミヌス・トラクス

484 :世界@名無史さん:2015/02/23(月) 23:01:16.45 0
軍隊関係だけ異常に発達してるんだよな、ローマ
街道も兵站も郵便も結局軍隊運用に必要だったから発達した
まるで近代アメリカ軍みたい

485 :世界@名無史さん:2015/02/24(火) 00:08:38.19 0
>>474
うちのブログも炎上させて伝説にのこsぢます!

486 :世界@名無史さん:2015/02/24(火) 03:38:57.23 0
>>484
モンゴルそっくりだよな
軍事と政治特化で文明的な物わ征服して奪う

487 :世界@名無史さん:2015/02/24(火) 05:02:42.50 0
>ガリア戦記については、ROMEの前日譚として同キャストで作る計画があったようだけど、色々あっポシャった

これ見たかった。
壮年のカエサルがなんとか現状打破しようと三頭政治持ちかけた頃から死ぬまでをがっつりドラマで見たいなぁ

488 :世界@名無史さん:2015/02/24(火) 12:58:05.26 0
ハンニバルの戦術は、新参のガリア傭兵の歩兵を盾にして
古参兵と騎兵で勝ちを拾う感じだけど、新参傭兵は盾にされても文句なかったんかな?
ローマは主力のローマ兵が被害も受け持つ戦い方だけど

489 :世界@名無史さん:2015/02/24(火) 13:17:16.71 0
盾要員からしたら「俺らを主力につこーてくれてるやん!」って思うでしょ

490 :世界@名無史さん:2015/02/24(火) 18:37:18.15 0
そもそもそんな戦術眼というか知識があったのかという問題が生じるし、それこそガリア人の気質で正面から
殴りあうのに何の疑問を持たなかったかもしれん

491 :世界@名無史さん:2015/02/24(火) 18:55:49.21 0
なるほど当時のガリア歩兵としてはそうだな
現代の目で見れば勝負を決したのは騎兵による包囲でも
盾として使われて現場に戦ってる兵士としては俺たちが倒したとか思うもんか

そもそも当事者が気づかない可能性が高いってのに気付かなかった

492 :世界@名無史さん:2015/02/24(火) 19:18:11.43 0
手柄を上げやすいところに出してくれて嬉しいって感覚だったのかな?
キリスト教普及前なら「思う存分戦えて、安心してバルハラへ逝けるぜ!」って感じか

493 :世界@名無史さん:2015/02/24(火) 23:49:32.42 0
ガリア人の来世観はどうだったのやら
ドルイド教は輪廻転生だっけ

494 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 13:44:03.02 0
アド・アストラだとそこんとこ、ハンニバルがガリア人に捨石と犠牲を説明した上で
「俺のためにじゃなくてガリアのために○ね」と説得して奮起を促してたな

495 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 15:45:44.22 0
その当時はまだ「ガリア」という民族的アイデンティティが固まっていない気もするから、
ガリアのためと言われてもピンとこない気がする
カエサルによって全地域が危機陥ってようやく意識がまとまりはじめたかなというレベル

496 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 15:49:30.98 0
「部族のため・子孫のため・名誉のため」なら「うおおおおお!」っとなるけど、
「ガリアのため」は「?」だと思う

497 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 18:13:58.05 0
イタリアはヨーロッパの中国と言われてるが俺はやはり憧れる
イタリア料理美味いし格好いいし

ギリシャも憧れる、てか無条件にヨーロッパ賛美してるな

498 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 18:17:48.87 0
と思ったらググったらヨーロッパの中国はフランスみたく書かれてた
もちろんフランスも好きだが

499 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 19:12:45.47 0
ヨーロッパの中国って言葉が歴代中華王朝のことを指すなら
別にネガティヴな言葉じゃないと思うんだが
歴史的に言って中国って悪口なのか?

500 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 19:31:48.03 O
共通点は「傲慢で横柄」

501 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 19:44:51.23 0
>>499
中共でしょ

502 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 19:45:07.74 0
まあ、もっぱら『ヤクザな大国』ってニュアンスで使われてる言葉だからな
>ヨーロッパの中国

ヨーロッパの朝鮮と言われる方がネガティブ

503 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 20:04:06.40 O
さあイタリアかギリシャかなヨーロッパの朝鮮は

504 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 20:08:01.56 0
つか、何か気に入らない事があればとりあえず朝鮮呼ばわりしている気がする。

505 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 20:13:14.98 0
あんなウリジナリティ溢れた民族はほかにありません。
そんな(イタリアやギリシャに)失礼なことを言わないように!

506 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 21:32:44.30 0
ギリシャはともかくイタリアは腐っても先進国だからな
ギリシャはともかく

507 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 21:59:36.84 0
ギリシャ人は紀元前あたりに人類の文明を支え続けてきたから今休んでんだよ
うん

508 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 22:16:26.73 0
ハンニバルとユリウス・カエサルはアレクサンダー大王の戦術を踏襲してる

509 :世界@名無史さん:2015/02/25(水) 23:32:58.50 0
>>506>>507

ギリシャもイタリアも暗黒ひっきー時代から華麗に復帰したのに
そろそろ休みすぎだろうww

510 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 00:03:47.74 0
ハンニバルはそうだが、カエサルは若干違う気がする

511 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 00:17:22.15 0
アレクサンダーはチート主人公、ハンニバルはラスボス、カエサルは主人公補正が入ったラノベ系

512 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 00:34:36.12 0
禿のラノベ主人公なんていないよ!

513 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 00:37:37.21 0
カエサル最後の言葉がこんなんだったらよかったのにとはたまに思う

 _______
|  彡⌒ミ    | もし、私が死んだら
|〔 ( ´・ω・) 〕  | この髪を禿げた人に提供して欲しい
(⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒)
|⌒⌒⌒ <⌒ヽ o 。 うああぁぁ...
|      <_  ヽ。
|      o とノ ノつ
|       。  | 〜つ

514 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 00:50:52.38 0
カエサルは禿でも俺より髪があるんだが(´・Д・)」

515 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 00:55:48.08 0
 _______
|  彡⌒ミ    | ブルータス、
|〔 ( ´・ω・) 〕  | お前モカ
(⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒)
|⌒⌒⌒ <⌒ヽ o 。 モカ以外も飲ませろよぉぉ...
|      <_  ヽ。
|      o とノ ノつ
|       。  | 〜つ

516 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 01:41:50.83 0
スペイン「俺を忘れるなよ」

517 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 05:18:14.68 0
ジュリアス・シーザーとイエス様の二大巨頭会談が実現していれば、
さぞや胸熱な光景だったろう。
婆も妄想で描けばいいのに。

518 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 05:49:04.62 O
>>516
元イスラム教国は引っ込んでろ

519 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 07:18:47.17 0
>>517
時代差を抜きにしたら…
絶対的強権で掲示をして民を導き、誤りには罰を与えてくる
『一神教の神』なんて、
カエサルにいわせたら、「そうか、まぁ、頑張れ」でおわりじゃないの?

多神教世界の人間臭がする世界に、一神教の人間離れした世界観は
奇異なモノに感じるだけだろうね。

まぁ、好奇心旺盛なカエサルだから、旧約聖書とか読んで、
ステキな論評をするかもしれんけど。

520 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 08:29:39.04 O
ギリシャはトルコに、イタリアはオーストリアに再併合
されればいいんじゃないかな。まあ今なら向こうから
断られるかもしれんが。

521 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 20:04:26.71 0
>>519
517は否定されてもなお粘着してるバカヤロだから反応するな

522 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 21:29:20.21 O
同じ事をこれほどしつこく何度も何度も書き込むのは
統失だろうね。普通の人間だったらすぐ飽きる。

523 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 21:40:23.01 0
>>522
専門板の住人なんて3割糖質だろ

524 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 23:17:17.39 0
NHKスペシャルの遥かなるローマ帝国シリーズ最高だな
DVDと本で出てるがどちらもボリューム満点でいうことなし
サントラの音楽もかっこよすぎる

525 :世界@名無史さん:2015/02/26(木) 23:40:53.22 0
旧マシン(XP時代)に、アナログビデオカードでHDDに録画して、DVDに焼いたのが残ってるわ。
ポンペイの落書きとか、面白かったな。

526 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 01:43:53.71 0
ビデオまだあるがアレをデジタルデータにするのが面倒。。

527 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 11:55:21.50 0
>>19
髪は不要とな

528 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 17:17:00.42 0
古代ローマでは禿げはそんなに恥ずかしいことだったのか?
ルイ13世くらいからかと思ってた。

529 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 17:27:08.46 0
ローマ史上屈指の図太さを誇るカエサルですら髪にだけは執着したんだから、
そりゃあ恥ずかしいもんだろう

530 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 18:15:40.49 0
エリシャはそこからベテルに上った。彼が道を上っていくと、
町から小さな子供たちが出て来て彼を嘲り、「禿げ頭、上って行け。禿げ頭、上って行け」と言った。
エリシャは振り向いてにらみつけ、主の名によって彼らを呪うと、
森の中から二頭の熊が現れ、子供たちのうちの四十二人を引き裂いた。(列王記下2章)

531 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 18:21:26.10 0
凱旋司令官の罵倒、冗談として使われたから
一般的に恥ずかしく、かつ2ちゃんのノリみたいな
少しユーモラスな意味もあったと思う

532 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 18:36:30.29 O
凱旋式で禿の女たらしとか言われて、後で兵士らに
文句言ってるのが人間小さい感じでなあ。

533 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 19:25:12.51 0
ハゲが悪いんじゃなくてハゲが似合わないツラしてるのが悪いんだよ

534 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 19:28:51.75 0
>>530
GODは禿
間違いない

535 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 19:30:59.67 0
全能の神でさえもハゲだけは克服できないのか・・・

536 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 19:33:31.97 0
>>495
>その当時はまだ「ガリア」という民族的アイデンティティが固まっていない気もするから、

いやいやガリア人の民族性は相当強固だぞ
ガリア人とガラティア人は別れてから数百年もたった4世紀になっても同じ言語話してたぐらいだしな

537 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 19:38:08.47 0
>>536
ガリア人という民族性の有無と、
いち民族単位としてのアイデンティティを抱いているかは別
基本的にカエサルによって脅かされるまでは、集団的アイデンティティは部族単位しかなかった

538 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 19:44:19.23 0
俺たちはガリア人だぜーって民族性と
俺が死ぬことでガリア人みんなのための繁栄を呼べるなら後悔はない
って民族的団結性みたいなのは異なるしょ

モンゴル高原の人々が草原の民としての自覚と誇りをもってても
団結して中国と戦うことはないみたいな

539 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 19:52:26.13 0
遠隔地でも文化が守られたのは、民族ではなく部族への帰属意識が強固だったため
そのおかげで部族文化が厳格に守られるから、
当然その基盤であるガリア文化も結果的にしっかり守られただけ
個々人にはガリア人であることの自覚と誇りはあれど、集団的な保守意識はかなり薄い

540 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 20:03:36.04 0
古来からゲルマンを招き入れて敵対部族を潰させたり、
カエサルに侵攻されてもなお足の引っ張りあいしてたり、カエサル側についたり、
「ガリアため」なんて民族単位の団結性はどう見てもない
集団意識は明らかに部族単位だし、戦争・政治もその単位で動かされてる
ウェルキンゲトリクスの台頭でやっとこさ意識しはじめたかなという程度

541 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 20:36:28.69 0
ガリア戦記読むと全ガリア会議みたいながあったりドルイドは皆ブリタニアで修行することになってたり
古代ギリシャのポリスみたいに内紛はあってもある程度のまとまりはあるように思えるけどな

542 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 22:01:25.16 0
ガリア人はいつもゲルマン人にぼこられてるイメージがある
それでローマ人にもスペイン人にもブリトン人にもヴァイキングにも
いつもやられてるイメージ

543 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 23:00:45.00 0
ウェルキンゲトリクスの存在意義は大きいな
或は歴史上の状況によって出現させられたと言うべきか

544 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 23:09:36.80 0
ガリア傭兵=常に最前線の正面に配備される捨て駒
しかも武器は石ころや手入れが整っていない錆びれた武器
防具なしで軽装
恐れをなして戦線から脱走しようものなら、周囲にいる味方(騎兵部隊)に殺される

545 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 23:12:58.91 0
>>530
>「禿げ頭、上って行け。禿げ頭、上って行け」
TRAIN-TRAINの歌詞みたいだなw

546 :世界@名無史さん:2015/02/27(金) 23:24:43.64 0
>>530

   ∩___∩             ∩___∩
   |ノ      ヽ            |ノ      ヽ
  /  (゚)   (゚) |          /  (゚)   (゚) |
  |    ( _●_)  ミ         |    ( _●_)  ミ  生ハゲ♪
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ    /彡、   |∪|  ミ
/ __  ヽノ   Y ̄)  |   (  (/     ヽノ_  |       悪い子はいねがー♪
(___)       Y_ノ    ヽ/     (___ノ
     \      |       |      /
      |  /\ \     / /\  |
      | /    )  )    (  (    ヽ |
      ∪    (  \   /  )    ∪
            \_)  (_/

547 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 00:03:22.02 0
禿げはよく働いて苦労している証拠
禿げてない男など男ではない、禿げ万歳!Ave・Caesar!(×3)

548 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 00:14:11.41 0
イスラム国が考古品をぶっ壊してるニュースみて気になったけど、ヘリオがバルスの黒石って何処さいったの

549 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 00:25:50.96 0
           |
            |  彡⌒ミ
           \ (´・ω・`)また髪の話してる
             (|   |)::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \

550 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 01:36:26.22 0
古代ローマ時代には北欧、バルト海沿岸はなんという地名で呼ばれていたのでしょうか

551 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 02:54:30.42 0
北欧は部族名くらいしかでてこないか?
それにしても帝国後期はガリアって地名そのものが消えたんだな
http://www.turkey-visit.com/map/europe/europe_the_roman_empire_map_117.gif

552 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 03:01:50.18 0
そもそも、ガリアってローマ側の呼び方だろ

553 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 03:09:57.14 0
>>550
「Mare Suebicum」、和訳なら「スエビ海」かな
http://www.ancient.eu/uploads/images/269.png

554 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 03:18:36.04 0
スエビア海じゃね

555 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 03:23:09.36 0
泉井訳ゲルマーニアでは「スエービア海」

556 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 09:45:06.63 0
中国と国境を接さなかったのが残念で仕方ない

557 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 10:28:11.00 O
北朝鮮にでも移住したまへ

558 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 10:55:11.83 0
古代ギリシャでは髪がアレしたりするのは重大な肉体的欠陥だと思われていたと竹本泉の漫画に載ってた。

559 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 11:43:15.31 0
>>557
おうキリスト朝鮮人説やめろや

560 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 13:25:40.56 0
そのうち「人類発祥の地は朝鮮半島」
「朝鮮半島で誕生してから、世界中に広まっていきました」とかの説が出てきそうw

561 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 13:41:56.10 0
つ「黒い山葡萄原人」

562 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 13:59:45.41 0
>>560
日ユ同祖で青森だかにキリストの墓
もしかして日本人って…

563 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 14:12:08.62 O
中国だと、それなりに知識人と思われる人でも「我々の
祖先の北京原人が…」とか言ってる。ホモ・サピエンス
じゃないらしいよ中国人は。

564 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 14:24:34.23 0
生命にはサムシンググレート云々〜が政府公認の教科書に載る日本よりマシでしょ

565 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 14:27:17.04 O
なんだ五毛か

566 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 18:51:00.24 0
シーザーとアレキサンダー大王だと、やっぱりアレキの方が神がかってるな。
髪も勝ってるし。

567 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 19:06:42.94 0
>>566
後継者への引き継ぎに関してはカエサルのほうが数段上。

568 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 19:34:13.27 0
仕事でもそうだけど引き継ぎって凄く大変だよね
それを怠ってやりたいようにしてたアレキサンダーは禿げず、漏れなく腹心に教えていたカエサルは心労で毛根が死に絶えてしまった

569 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 19:37:01.01 0
(カエサルさんの髪はフリーダムに遊び呆けていた頃からすでに・・・)

570 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 20:03:08.48 0
だがそのハゲは饒舌で女を口説くのが得意なスケベ親父だった
背が高くて引き締まってはいるが美男子ではなかったというのに、だ
元老院議員の妻の3分の1がカエサルに寝取られたとか何とか
やるなこのスケコマシ・・・

571 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 20:15:16.46 0
二人ともバイなわけだがカエサルの方が派手にやりまくった印象だ

572 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 20:42:35.99 0
           |
            |  彡⌒ミ
           \ (´・ω・`)また髪の話してる
             (|   |)::::
              (γ /:::::::
               し \:::
                  \

573 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 20:50:49.83 O
32歳で死んだ奴と髪比べられる56歳カエサルカワイソス

574 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 21:10:24.06 0
30歳の時の支配面積に髪の毛の本数を掛けて競わせればいい

575 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 21:44:14.67 0
>>566-567
そりゃ若者とジジイじゃなあw

576 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 21:56:39.20 0
>>544
>しかも武器は石ころや手入れが整っていない錆びれた武器
> 防具なしで軽装
>恐れをなして戦線から脱走しようものなら、周囲にいる味方(騎兵部隊)に殺される

ガリア人傭兵のほとんどは騎兵なんだが・・
ロリカ・ハマタやスクトゥムもガリア人から伝わったもので初期のローマ兵よりよっぽど重装備だったぞ

577 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 21:59:11.70 0
>>575
アレキサンダーは年齢差し引いて考えても無責任すぎるだろ。

578 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 22:01:19.46 0
ビテュニアの女王疑惑の真相は?
初めてのオリエントの優雅な宮廷生活を満喫してただけ?

579 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 22:12:19.19 0
>>577
前触れのない病死に対応出来る奴なんているかよw

580 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 22:16:24.73 0
>>576
まあまあ、一般人の「蛮族」イメージなんてそんなもんよ

>>579
アレクは東征開始前に重臣連中から世継ぎもうけて行くよう言われてる

581 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 22:20:55.37 0
カエサルはぶっちゃけ、ビテュニアの女王になれるだけの美形じゃあない気がする
最古の象を見るには、だが

582 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 22:25:51.97 0
>>579
にしたって、「最強の者が帝国を継承せよ」はないだろ。格闘マンガじゃあるまいし。

583 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 22:30:40.58 0
我らが海

584 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 22:31:18.22 O
アレクは偶像化され過ぎ。晩年は酒浸りでかなりアレ。

585 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 22:46:25.33 0
アレクサンドロスがスタテイラとロクサナを妃にして、
ヘファイスティオンもスタテイラとロクサナの妹を妻にしたから、
さらにローマとかも征服した後に帝国を東西に分割して、どちらも
アレクとヘファイスティオンの子孫に継承させるつもりだったみたい。
アレクとヘファイスティオンがマケドニア諸将に暗殺されたとしても
不思議ではない。

586 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 23:06:59.53 0
>>582
言うと思った
それ中世に出来た創作。アレクサンダーロマンスですんで

587 :世界@名無史さん:2015/02/28(土) 23:12:57.09 0
「最も光り輝く者がユリウス王朝を継げ」

588 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 00:21:16.08 0
>>581
>最古の象を見るには、だが
マンモスよりずっと前だな

589 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 00:28:23.67 0
>>586
アレクサンドロスに関する史料で最も信頼性が高いとされる
アッリアノスが書いてますが何か?

590 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 00:32:57.40 0
加えて言うとアレクサンダーロマンスのほとんどはカリステネスによる

591 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 02:07:53.37 0
漫画のヒストリエを読めばアレクサンダー大王の勉強になりますか?

592 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 02:11:20.25 0
どこが中世なんだよ

593 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 02:53:23.87 0
アレクサンダーロマンスのほとんどはカストリ?

594 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 08:01:59.49 0
ヒストリエは勉強になるかどうかはともかく読んだほうがいい
クソ面白い

595 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 09:46:08.03 0
1巻の城内に入る知恵と洞察力を披露するシーンだけで鳥肌ものですしなあ

596 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 10:00:05.56 0
俺が鳥肌だったのはアンティゴノス→実は○○のとこが今のとこ一番
ふたりとも隻眼だけど左右違うんだよね
あとアレクサンドロスとヘファイスティオンの関係の解釈とかも最高

597 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 11:45:23.41 0
アレクの実の父ちゃんってあれスキタイ人だよな
多分ネタ元はプルタルコス英雄伝か

598 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 13:06:38.21 0
>>594-597

ば〜〜〜〜〜っかじゃねえの!?

599 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 13:16:33.17 0
>>596
完全に同意w

ヘウレーカも大好きだ
歴史上の事実を元に一応ありうる歴史捏造の程度が
実に絶妙

ハンニバルの目とかウァロが馬に乗ってないとことか実にいい
アルキメデスの道具も実にいい

600 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 13:31:05.22 0
>>582
王位は世襲なので、弟のアリダイオス(パカラー)か妊娠中のロクサネが生む子が継ぐ
ただアリダイオスは知的障害者だし、ロクサネの子が男でも幼児で、どちらにせよ後見人がいる
それで「次の王の後見人は」と聞かれて「クラテロス」と答えたのを、
「クラティオス(最強の者)」と聞き違えたという
ディアドコイたちがクラテロスを排除するため意図的に吹聴されたのかもしれない

601 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 18:21:00.59 0
セスタス読んでて思ったんだけど古代ローマってあんなに肉食えたのか

602 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 18:35:16.41 0
むしろ、豚肉の方が一般的だとかwikiにはあるね

603 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 19:14:43.94 0
シーザー ○
カエサル ×

つい今しがた、テレビで林修(東大卒)がジュリアス・シーザーと発言して、
字幕にも「ローマの将軍ジュリアス・シーザー」と出た。
カエサル厨涙目。

604 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 20:32:29.05 0
林修って話す事の大半が底の浅い知識じゃん

605 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 21:00:10.81 0
いよいよ2ちゃんねる帝国崩壊か

606 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 21:03:46.66 0
>>604
林先生本人も言ってることだが、番組のプロデューサーからあんまり難しい話はするなって釘を刺されてるんだよ
中学二年生でも見ててわかるようにっていうのがテレビ界での常識なんだ

607 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 21:25:07.41 0
なんにせよ大衆はシーザー派ってことだな。
カエ猿派は少数派。

608 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 21:28:21.23 0
二大巨頭会談キチとシーザー読み狂信者には触っちゃいけません

609 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 21:59:37.22 0
カエサルは子供に恵まれなかったのか、それとも意図的に作らなかったのか

610 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 22:02:55.52 0
>>609
カエサリオン

611 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 22:24:06.15 0
カエサリオンの父親は多分カエサルじゃないだろうな…

612 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 23:09:53.43 0
クレオパトラは愛人がたくさんたいのか

613 :世界@名無史さん:2015/03/01(日) 23:21:50.18 0
個人的にはユリアの出自の方が怪しい

614 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 08:39:59.54 0
カエサリオンはカエサルに似てるといわれてたから
実子でしょう

615 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 09:36:00.14 0
じゃあ子ども時分ですでに髪が……

616 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 10:25:13.68 O
実子じゃないのにオクタにヌッ頃されたのなら気の毒だな。
まあアエギュプトスを皇帝私領にするなら、王位請求者は
どちらにしろ邪魔だが。

617 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 14:10:31.93 0
コンステンティノポリスに首都移転してからの方が好きです
ロマイオイ万歳

618 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 16:04:46.66 O
京都人「首都は移転などしてまへん」

619 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 18:29:56.19 0
>>614

とーちゃんが生きていれば輝く未来が約束されてたのにな

620 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 19:16:20.21 0
輝くとかハゲの話をするんじゃない
いい加減にしろ

621 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 19:27:12.93 O
頭皮が輝く未来…
そんな約束いやだ(´・ω・`)

622 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 20:18:03.43 0
カエサルが生きていて絶対権力者になって息子に後を継がせていたら
カエサルの評価も変わったろうな

塩婆はファンをやめていただろう

623 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 20:21:15.88 0
それは息子の出来によると思う

624 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 20:22:52.58 0
オクタヴィアヌスを後継にしたのは、本当に慧眼があったよな

625 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 20:28:32.19 0
>>624
しかも、アグリッパをつけたのが凄い。

626 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 20:48:12.58 0
アントニウス「参謀がいれば…」

627 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 21:12:09.09 0
>>626
あなたってクレオパトラLOVEになってからは、
彼女以外の話はろく聞かなくなっちゃったからなあ
名参謀がいたとしても主がチンポ脳じゃどうしようもないのですよ

628 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 21:25:23.33 0
名参謀つけたとしても、まったく活用せずに放置するよアントニウスさんは
実際に対パルティア戦の超エキスパートであるウェンティディウス・バッススを、
何を思ったのか肝心のパルティア遠征に連れていかず案の定大失敗したり

629 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 21:25:30.49 0
アグリッパは全然エピソードが入ってこないから、人物像が掴みにくいんだよな
胸像見る限り、怖い顔ってことしか分からない

630 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 21:29:18.63 0
ラビエヌスの石像はないんだっけ?

631 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 21:45:04.90 0
>>603
シーザーだとペットの餌を連想してダメなんだよ

632 :世界@名無史さん:2015/03/02(月) 21:48:31.54 0
シーザーって呼び名はシェイクスピアのジュリアス・シーザーのイメージだろうな
ミュージカル好きな美輪明宏もジュリアス・シーザーって言ってたし

633 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 01:28:33.31 0
日本でエジソンみたいな図書館に置いてあるマンガ伝記でカエサルってないよな?
アレクサンドロス三世もそれを語る人の間ではアレクサンダー大王とか呼んでる人も結構多い印象
歴史で習っただけの人名に興味なんてもたないだろうから、
その人が本当の意味でその人物を知ったものに引きずられた名前になるのだろう

634 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 01:32:24.93 0
「マンガ世界の歴史」でぐぐってもアレクサンドロスとカエサルだよ

635 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 11:48:51.12 0
アレキサンダーは他の偉人やら都市の名前やらいっぱいあるから
それに引きずられる

636 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 15:52:23.32 0
元老院がトーガの長さを討論するくだりを思い出した
それでも律儀に元老院に行くアウグストゥス

【政治】クラブの明るさを閣議決定 10ルクス超で朝まで営業可2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425347655/

637 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 19:51:32.07 0
外国語の単語を自国風にしないで
発音するのは世界で日本だけなんだっけ?

638 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 20:07:29.66 0
イギリスとかドイツとか十分勝手に呼んでる気がするけどな
アレクサンドロスも言語でそのままカタカナ読みのアレクサンドロスじゃないだろうし
アレンジしてるとも言える

639 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 20:08:42.49 0
>>637
そりゃローマ字の言葉と漢字の言葉にはなんの互換性もないから仕方ないだろ
日本だって中国漢字名も朝鮮漢字名も音読みするだろ?

640 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 20:53:42.79 O
原音主義というやつかな。それまでツキジデスで通っていたのが
トゥーキューディデースになって「『築地です』が『東京駅です』
になった」と学生どもが言ったという終戦後のお話。

641 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 20:55:46.13 0
ヴェネチアをヴェニスって発音するのは許せん

642 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 20:59:30.53 O
ロンディニウムをロンドンと呼ぶのは許せん

643 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 21:03:27.31 0
カイザーもツァーリーも、カエサルの読み替えだよね

644 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 21:05:00.22 0
アル・カーヒラを回路と呼ぶのは許せん

645 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 21:17:14.96 0
>>643
皇帝ってカエサルの読み替えとインペラトールの読み替えに分かれるね

646 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 21:18:44.16 0
〜ウムとか〜ウスとか語尾に付くと文字が余計に必要になるから辞めるべき
科学からラテン語を引き離す良い方法はないのか

647 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 21:22:03.05 0
対して、アウグストゥスはローマ系でのみ皇帝の意味だな

648 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 21:33:32.72 0
現代のイタリア人と古代ローマ人は
なんでこんなにも名前が変わってしまったんだ

649 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 21:53:23.78 0
>>645
ちなみに旧ロシア帝国の君主の称号はスラヴ的な称号の『ツァーリ』と『モスクワの大公』が基本だが、
ピョートル大帝以降はこれに西欧的な称号である『インペラートル』も使用している
東・西問わずにヨーロッパの一君主であり、ロシア国家の皇帝でもあるという意味が込められている
使用しておいてアレだが、『インペラトール(ラテン語)』の訳語を『皇帝』としたのは日本語の翻訳ミスだな
このスレのみんなは分かってる上で便宜上皇帝だと言ってるんだとは思うが

650 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 21:57:36.90 0
どういう意味で、>『インペラトール(ラテン語)』の訳語を『皇帝』としたのは日本語の翻訳ミス
と言っているのか

651 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 22:06:07.75 0
>>645
それに比べると「皇帝」は始皇帝の名前とは関係無いな

652 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 22:24:13.92 0
>>650
皇帝とは、言わずと知れた中国の秦の時代より始まる、東アジアの絶対的君主の称号
『王』よりさらに上の位で、国を治めるのではなく『天下』を支配する
儒教思想に基づいたものなので、即位に際し民衆の同意など必要としない
何故ならば天命を託された『天子』であるから
この皇帝の称号を中華的な秩序からの独立のためにアレンジして称したのが日本の天皇でもある

それに対しローマの『インペラトール』とは、共和政の限界を解決するために創設した、
一元的権力者(その当時だとオクタヴィアヌス→改名後はアウグストゥス)に対する称号の一つ。
他にもアウグストゥス、カエサルなど。
しかしローマには過去にいた『王』のような独裁者を嫌う風土を持つため、
建前上は『プリンケプス(第一の市民)』としなければならなかった
しかもそれからしばらくは即位に当たって元老院の同意を必要とし、
その統治に不満の声が高まり極まれば、元老院はインペラトールを『ローマ市民の敵』と認定した
その後は軍人に政治の道具として担ぎ上げられる軍人皇帝期を経て、
ディオクレティアヌス帝のドミナートゥス(専制君主制)によってやっと独裁者となった
つまり『インペラトール』とは中国由来の『皇帝』とは権力の幅やその選出からして根本的に異なる
だから訳語としては不適当なんだよね、本来は。

653 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 22:28:25.30 0
>>646
「ウム、聞いたことがある」
「ウス!お疲れ様ッス!!」
なんか男臭い世界だなぁ

654 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 22:28:49.17 0
ローマでは皇帝より元老院の方が地位は上だった。
しかし、皇帝は一人なのに対して元老院議員は多数居たから統一された意思があるわけでもなく、
実際には皇帝が元老院を無視して専制的に振る舞うことも可能だった。

655 :世界@名無史さん:2015/03/03(火) 23:07:26.25 0
帝政ローマでわ皇帝が理念上は絶対的最高権力者だった
しかし、何分知識層や姦僚という存在が前期にわ欠落していたので
貴族の中でも特に強大な豪族の集団である元老院をガン無視すんのわ無理ゲーやが

656 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 00:03:27.78 0
大将軍とでも訳しますか

657 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 00:21:47.08 0
元老院と小一時間話しただけでストレスで頭がハゲそう

658 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 00:53:41.78 0
>>657
共和政が統治方法としてまともに機能してないのに共和政を賛美してばかりで、
現実を見ることができないオナニストの集団だからね
話し合いをしても全く実りがないからカエサルは力づくで変えようとしたんだが・・・
そりゃハゲるわ、こんな頭でっかちで現状認識能力ゼロの無能な貴族集団じゃな

659 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 03:39:42.79 0
でもカエサルはストレスや不摂生で禿げたのかはたまた遺伝か

660 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 08:37:06.91 0
>>656
大将軍だと中国と被るので『首席将軍』にしよう

661 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 08:54:43.68 0
通信手段が限られる古代では
みんなで話し合って決める共和制だと
どうしても大帝国は造りにくいな

662 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 08:57:53.16 O
ローマには建て前上文官と武官の区別がなかったから
将軍も違和感あるなあ。

663 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 09:10:00.31 0
至高の司令官ってのはどうだ?

664 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 09:33:43.16 0
至高のオーバーロード

665 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 10:28:30.27 0
総統でいいんでわ

666 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 10:54:48.21 O
ドゥーチェで決まりだね!

667 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 11:11:40.21 0
ドゥクスだと格下感が

668 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 12:19:54.13 0
第一書記長じゃだめかな?

669 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 12:34:24.75 0
大元帥

670 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 12:34:36.28 0
フルシチョフ!

671 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 13:39:54.84 0
現存のものから探すと、権能からいって、(アメリカの)大統領が一番近い気がする。

672 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 14:33:57.56 0
プレトリアンを派兵することって皇帝でもできるのかな

673 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 16:44:33.99 0
>>672
皇帝自身は出向かずに近衛軍団だけ戦地に送る、という意味なら普通にできる
ドミティアヌスが近衛長官フスクスに指揮を任せてダキア侵攻させたり(そして全滅する)

674 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 17:10:59.78 0
アメリカ陸軍海軍なんかと海兵隊みたいなもんだな
陸軍を派兵するには議会の承認がいるけど
海兵隊は大統領権限で送れるという

675 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 17:24:05.24 0
664はフォールアウト3プレイヤーだな

タロン社だー!

676 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 17:25:54.87 0
そういやフォールアウト・ニューベガスにローマ模倣した勢力がいたな

677 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 17:31:47.27 O
スカイリムはゲルマンそのもの

678 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 20:56:34.30 0
>>674
海兵隊は事後承認が必要だけどプレトリアンはいらんのかね?

>>677
帝国が完全に末期のローマだったな

679 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 21:32:28.99 0
フラウィウスってギリシア語形だとなんて呼ばれてたの?
古代ギリシア語にFに対応する字無いけど

680 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 21:58:35.35 0
Φλαβιοσ(Phlabios)

681 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 22:01:14.74 O
>>678
前作オブリビオンはまさにローマ。帝都兵が巡回してて
山賊とかやっつけてくれるあたり帝国全盛期っぽい。

682 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 22:01:33.97 0
>>680
「プラビオス」か…中世読みだったら「フラヴィオス」でまだ違和感無いけど

683 :世界@名無史さん:2015/03/04(水) 22:06:57.93 0
>>681
なお皇統の血脈は途絶える模様

684 :世界@名無史さん:2015/03/05(木) 18:01:08.84 0
インペラトール=統帥権者だから、ちょっと上で書いてる人がいた「大元帥」は結構絶妙の訳かも知れない

「大元帥+第一市民+尊厳者+終身独裁官+カエサルの名を継ぐ者」と盛り沢山の称号をひっくるめて更に
世襲(=君主)を加えたら、それはもう「皇帝」で良い気がする
漢字文化圏に存在する称号にドンズバは無くても比較的近くて無難なのがやっぱり「皇帝」じゃないかなあ

他に挙がっていた「大統領」は任期無制限と世襲が加わったら「立憲君主制の『王』」とほぼ同等の地位
だと思う

685 :世界@名無史さん:2015/03/05(木) 18:31:55.80 O
中華では天下そのものが皇帝の私領であり私物だからな。
やはりアウグストゥスとは同一ではない気がする。

686 :世界@名無史さん:2015/03/05(木) 19:17:22.75 0
同一と、同質と、同語は別物

687 :世界@名無史さん:2015/03/05(木) 19:31:58.12 O
中華皇帝はオリエント的専制君主枠で、
インペラートルとは本質的に違う。

688 :世界@名無史さん:2015/03/05(木) 20:13:03.39 0
ローマ皇帝はエジプトのファラオも兼任してたから現人神でもあるな

ファラオとして描かれたクラウディウス
http://news.yahoo.com/roman-emperor-dressed-egyptian-pharaoh-newfound-carving-120303977.html

689 :世界@名無史さん:2015/03/05(木) 20:20:45.77 0
>>688
股間にちんぽみたいのあるけどチンポでいいのか?
西欧化される前の日本の道祖神みたいな繁栄のシンボルかな?

690 :世界@名無史さん:2015/03/05(木) 21:42:40.88 0
豊穣の神ミン
http://en.wikipedia.org/wiki/Min_(god)

691 :世界@名無史さん:2015/03/05(木) 22:47:06.36 0
へりオガバルスの性癖がやばすぎる

692 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 02:50:45.23 0
そもそも男根信仰は古代ローマにもなかったか?ティンティナプラムは足の生えたちんこだったような

693 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 09:22:55.02 0
ティンティナプラム と チンチンプラプラ がなんとなく似た語感なのは偶然なんですかね?

694 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 10:32:27.50 0
きっと、収斂進化なんだお。

695 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 11:35:07.91 0
>>691
調べてびっくりした。
男の奴隷と結婚して妻になったとか、ポルナレフ状態だ。

696 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 11:52:50.17 0
>>687
インペラトールは全てほ仕切る皇帝じゃなく王朝の家長って感じだよね
日本の将軍と似てる

697 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 12:08:08.59 0
そういや日本の将軍って海外ではどう訳してるんだろな

698 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 12:27:30.66 0
>>697
http://i.imgur.com/dQtllFd.jpg
http://i.imgur.com/EEdP2Fq.jpg
http://i.imgur.com/P2zhSEf.jpg

699 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 12:32:12.71 0
鎧が源平合戦の頃のようだな

700 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 12:48:52.82 0
SHOGUNじゃショグンだな。

701 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 13:27:32.05 0
ウィザードリィではマイナーダイミョー、メジャーダイミョー、ハタモト、ローニンとか居るからなあ
黒澤映画でショーグンが印象に残るようなのあったっけ?

702 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 14:38:29.79 0
>>701
城が燃える奴

703 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 17:22:14.81 0
乱のことか

704 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 18:22:46.88 O
アメ公がイメージするのはジェームズ・クラベルの『SHOGUN』だろ。
ハリウッド臭ムンムンのトンデモTV時代劇。

705 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 18:40:10.73 0
>>697
将軍こそエンペラトルだよな
全軍の統帥者である点でも、王(封建領主)の中の王である点でも

706 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 18:49:56.74 0
では天皇は何に当たるのか。
日本の歴史上、天皇でも関白でも将軍でもない、執権が事実上の権力者になってる時期があったのが面白いw

アメリカなんかは歴史が短いから、
大統領が神輿化してほかの奴が権力者なんてことはなかったんだろうな

707 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 18:53:20.69 0
西ローマ末期は執権が傀儡皇帝担ぎまくり

708 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 19:02:56.91 0
>>706
天皇は現人神だからやっぱりファラオ?

709 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 19:57:05.50 0
近いのはファラオかカリフか教皇か

710 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 20:02:58.38 0
たいてい国ができて時間が進むと、
上は権威だけになって権力は下に移っていくと思うんだ

711 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 20:24:03.11 O
だが、やがて権威と権力の再統一運動が起きて、
権威だけの存在は引きずり落ろされる。
権威だけの存在として延命した日本の天皇家は
やはり特異。

712 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 20:31:43.61 0
>>695
他には腰をクネクネして少年奴隷に性器を入れるようにお願いしたり
たくさんの変体行為をしてた
しかもそんなことを毎日してた
へりオガバルスの饗宴ってタイトルの絵画まで描かれてるし

713 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 21:51:30.11 0
>>691
伝統芸だからしかたないさ

714 :世界@名無史さん:2015/03/06(金) 22:15:24.60 0
今の皇室は最高神祇官っぽい

715 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 00:10:28.98 0
>>711
実力者に操られるのは中華皇帝なり
カリフなりがあるがそのまま消えず実力者として復活したのは
ネパール王家と日本皇室くらいか

716 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 00:17:56.62 0
タイクーン

717 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 05:50:01.61 O
例え話だが、アフリカか中南米の国で民選大統領が暗殺されたとする。
街頭で大統領派と反大統領派が衝突して騒乱状態になる。すると軍が
国会や放送局を占拠して、軍の実力者がTV演説して「現今の混乱を
収めるため自分が暫定大統領に就任する」と宣言、憲法停止と戒厳令
を発布。「混乱が収まったら選挙を実施する」と約束する。
そしていつまで経っても選挙をやらない。これが軍政の基本スタイル。
実は征夷大将軍が権力を執るメカニズムもこれと一緒。「戦争中」
という設定で将軍が暫定的に執権する。だから幕府(テント)と呼ぶ。
典拠は『孫子の兵法』の「将、軍に在りては君命も受けざる所有り」
だそうだ。

718 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 06:09:05.80 0
ちがうけど?
蝦夷を倒すための非常大権を与えられた臨時の将軍
あくまで政権側が任じてる
戦争中ではあるが蝦夷討伐に時間かかるから
その戦争の補給物資賄うため臨時の土地支配権がある

719 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 09:53:00.42 O
違ってない気がするな。
暫定措置を恒久化するという話だろ。

720 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 10:13:38.54 0
少なくとも現人神と真に受けちゃってるのは少国民世代だけであって
普通の一般人は人間だとちゃんと思ってるから

ただ神様じゃないけど神様のように大事にしないといけないお方という
常識が連綿と伝わってるだけのこと

721 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 10:56:58.37 O
ギリシャ・ローマ的な「神々」と日本の「カミ」は違うのかね?

722 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 11:51:38.70 0
>>718
一緒、幕府は要は割拠する軍閥の親玉

723 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 13:50:18.53 O
そもそも>>718は、何が違うと言ってるのかよくわからんな。

724 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 13:55:29.73 0
蝦夷と戦う将軍じゃないからダメなんじゃね?

725 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 13:56:51.66 0
>>723
征夷大将軍は現政権が存在する
部下が巨大な力を持ってるだけ
>あくまで政権側が任じてる

を読んでないのかね

726 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 14:27:08.20 0
>>725
>>718のわ天皇朝時代の将軍
>>717のわ天皇朝廷崩壊後の軍事集団支配時代の将軍
それらとわ別に軍閥が分離独立するのもよくある事

727 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 15:18:48.37 O
>>725
きちんと論点を整理して書けないなら、違うけど?とか
大威張りしない方がいいんじゃないかな。

728 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 15:32:44.36 O
政権側が任命するといっても、天皇家が将軍を選べる
わけじゃないしな。あくまで「緊急避難的措置の恒常化」
というメカニズムの話のつもりだったんだが、言葉が
足りないとすぐ揚げ足取られるのは学問板のお約束だな。

729 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 15:45:29.92 0
法皇みたいなもんだな

730 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 16:14:12.08 O
オドアケルも「イタリア王にしてくれ」と権威を欲しがった。
権威と権力の関係は摩訶不思議。

731 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 16:54:00.82 0
>>726
いえ実権が制限されていようがいまいが
正統な政権から任命されてますが

>>727
政権に任命されてるとはっきりかいてあるが

732 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 17:52:19.96 O
>>731
だから「暫定措置の恒久化」についてどう思う?

733 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 18:11:14.13 0
魚醤舐めながら鉛の樽で保存したワインでも飲んで仲良くしろよ

734 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 19:57:45.57 0
ローマ人の変態プレイレベル高杉…コイツら未来に生きてんな

http://babas.typepad.com/photos/pompeii_rome/img_1337_lr.jpg
http://www.ljplus.ru/img4/v/e/veniamin1/_Roemer7.JPG
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0c/Warren_Cup_BM_GR_1999.4-26.1_n2.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/ee/Warren_Cup_BM_GR_1999.4-26.1_n1.jpg

735 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 20:38:23.36 0
>>732
令外官は別に暫定処置ではない

736 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 21:13:06.04 0
どうでもいいから他所でやってくれや

737 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 21:34:41.72 0
ならローマの令外官の話しを

738 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 22:48:15.38 O
>>735
へー。じゃあ田村麻呂も終身で世襲の征夷大将軍だったの?
もうやめなよ猿知恵は。

739 :世界@名無史さん:2015/03/07(土) 23:09:34.00 0
ではそろそろ東ローマに移ろう。
シリア・エジプトなどのオリエント地域や北アフリカがあっさりイスラームに奪われてしまったとはいえ、
ササン朝に痛打を与えたヘラクレイオスの再評価とか。
突厥やハザールとの同盟は成功していたし、一説にはテマ制の成立にも関わりがある。

740 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 00:00:21.34 O
だが待ってほしい
東は中世ローマで、古代ローマではないのではなかろうか

741 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 00:01:51.88 0
それはビザンツスレでやれや

742 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 00:12:26.57 O
スパルタクスの反乱以後、大規模な奴隷反乱は起きてないが
具体的な待遇改善はあったのかな?

743 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 09:44:12.04 0
>>734
覗かれるのは万国共通か
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f0/Andr52.jpg

744 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 11:43:07.02 0
>>742
ペトロニア法(19年)
・判決によらず自身の奴隷を獣と戦わせることを禁止

クラウディウス帝の勅法
・病気の奴隷を捨てることを禁止

ネロ帝の勅法
・奴隷が虐待を訴え出た場合それを調査する

ドミティアヌス帝の元老院議決
・主人が奴隷を去勢することを禁止、違反者は財産の半分を没収

ハドリアヌス帝の勅法
・主人が売春宿や剣闘士養成所へ奴隷を売ることを禁止
・奴隷が犯罪を犯しても主人が警察に引き渡さずに処刑することを禁止

アントニウス・ピウス帝の時代
・主人が奴隷を殺した場合、殺人罪に問う
・虐待された奴隷が神殿や皇帝象に保護を求めた場合、公的な尋問を受けることができる

ちなみにローマ末期になると遺言で解放された奴隷が解放されることを拒否する事態も
→有力者の奴隷であれば強制徴兵されない(持ち主に金を支払う必要が有るため)、畑を守る自警団もあり保護されている

745 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 11:54:21.41 0
>>738
なんで暫定処置でない=世襲になるんだ
あんたの出した?大統領も世襲なのか
頓珍漢

746 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 12:29:01.16 O
>>744
帝政以後の例ばかりだな。共和政期にはどうだったんだろうか。
>>745
もういい加減にしたらどうだ中学生。鎌倉期以降の征夷大将軍を
令外官で括れると思うのか。

747 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 14:32:27.48 0
>>746
法令が存在することは、
取り締まるべき事象が存在していて、かつ好ましくないと思われていたこと。
もしくは、それ以前の慣習的な許容範囲から事象が外れてきたという
変遷の反映ですね。

748 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 14:44:36.94 O
「奴隷を去勢」には割礼も含まれてたらしいな。ユダヤ人が
奴隷を買うと、割礼しないと身の回りの世話をさせられないから。
これに対する非ユダヤ人の反発が相当あったらしい。

749 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 15:31:52.16 0
かといって例外案件にすると「優遇だ」と叩かれる

750 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 16:28:14.80 0
>>743
いくらなんでも立派過ぎないかい?(゚Д゚;)

751 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 19:23:55.75 0
>>743
昔の人はこれで抜けたんだろうか?

と思うけどきっと未来から見たら
現代のアニメ絵もこんなので抜けるの?21世紀人スゲーとか思われるんだろうな

752 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 19:35:09.61 0
スパルタクス以後てのに対するレスだから当然、共和制期は含めてないよ
自作農の没落と奴隷の大量流入による大農園が本格的に稼働し始めるのが第二次ポエニ戦争以後
初期には当時の大農園のメッカともいえるシチリアで奴隷戦争が二度起こる
大カトーは著書の中で病気や高齢で働けなくなった奴隷は解放して捨てるのが一番とコメントしていたり
で共和制も末期になって起こったのが大都市カプアでの剣闘士反乱

こう見てみると特色がわかって、面白いね

753 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 21:34:06.53 0
クレオパトラが人類で始めてフェラチオしたわけだが

754 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 21:54:15.95 O
マロニエの枯れ葉舞うシャンゼリゼのカフェで一人、貴女を想う。
こんばんは、細川俊之です。

755 :世界@名無史さん:2015/03/08(日) 22:35:04.96 0
>>750
これを見聞したというか自国に持ち帰ったヨーロッパの人たちも、
「オーエド人はみんなクレイモア使いだったのか」とたいそうおののいたらしい。
でもエロ漫画だからね、妄想の中でくらいは物干し竿とか蜻蛉斬り振り回したいからね

756 :世界@名無史さん:2015/03/09(月) 01:02:28.93 0
>>743
男根ばかりが言われるが女の方も異様に立派にディフォルメされとる
お豆さんはタケノコ並でヒダヒダはキンタマ並でんがな

757 :世界@名無史さん:2015/03/09(月) 01:06:54.16 0
UTAMAROって言われてたんだっけか春画の巨根
まあ像にせよ絵にせよちんこはデッカクは古今東西あるあるかもしれんが

758 :世界@名無史さん:2015/03/09(月) 01:10:00.73 0
>>756
多分あれは受け役の美少年でんがな

759 :世界@名無史さん:2015/03/09(月) 01:28:42.98 0
長髪の男性ってあんまし描かれてないのかな

760 :世界@名無史さん:2015/03/09(月) 01:37:18.79 0
>>756
>>758
髪形見ると少年だね。
そっちはあくまで小さくなのかw

761 :世界@名無史さん:2015/03/09(月) 01:50:33.37 0
>>746
逆になんで括れないとおもうのか不思議
とりあえず738は頓珍漢すぎるので素直に訂正して謝罪しとけ

762 :世界@名無史さん:2015/03/09(月) 10:24:30.10 O
坂上田村麻呂と源頼朝が同じ政治的ポジションだとは思えないな。
独裁官だからキンキナートゥスとカエサルは同じなのかね。

763 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 10:19:57.34 O
来た、見た、ハゲた!

764 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 10:44:08.17 0
ハゲは甘え

765 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 13:27:40.67 0
>>763
うる賽

766 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 14:05:18.14 0
軍務で遠出などする場合風邪とかはどうしてるんだろう
今風邪引いてる俺かなり辛くて何Kmも行軍出来んよ…

767 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 14:11:46.55 O
賽はハゲられた!

768 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 14:14:45.35 O
>>766
置き去り→落伍兵狩りであぼーん

769 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 16:00:41.55 0
ナポレオンのイタリア遠征では、イタリアで略奪しまくったりして恨み買ってたから
ナポレオンが強要する強行軍についてこれない兵士は地元住民に虐殺されたらしいな
まあ全世界的にこんなものだろう

770 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 18:33:24.41 0
世界史を知らなかったころは、ナポレオンも古代ローマも古代エジプトも
みんな同じ時代だと思ってた

771 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 18:41:30.32 0
世界史学ぶまで中世ヨーロッパより古代ローマのほうが暗黒時代だと思ってた

772 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 18:45:11.36 O
日本でも落ち武者狩りがあったしな。
金属が貴重な時代には、刀や鎧を引っぺがして
売れば、農民にはおいしい副収入になったろう。

773 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 18:51:56.68 0
共和制末期〜帝政初期なら、
劣勢ですぐに撤退しなきゃならん状況じゃなければ、兵站部の荷車に相乗りとかはさせてもらえる
軍団兵の力が増していたこの時期は、こういった小さな面倒見の良さも積み重ねておかないと、
指揮官はある日いきなり背中を刺されることになるから

774 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 19:55:05.64 0
>>773
ワタミ柳井カサノバはその辺のところが理解できてないんだろうな

775 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 20:17:54.64 0
現代日本人にも指導者をベッドから引きずり出してぶち殺すほどの凶暴性があったら、
ワタミたちも考えを変えるだろう
たぶんその前にベッドから引きずり出されて終わってるだろうけど

776 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 22:02:32.20 0
日本は転職があるからそこまで溜め込まん

777 :世界@名無史さん:2015/03/10(火) 23:12:18.05 0
恩と親近感を抱かせる親身な活動は超重要やね
日々積み重ねていけば、末期アントニウスのように大ポカ連発しつつも、
軍団兵たちは見放すことなくついてきてくれる

778 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 01:13:56.87 0
>>766
貴様それでも帝国軍人か!

779 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 01:17:27.37 0
>>775
そうならない為に先ず入念な洗脳から入るんじゃないか

780 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 06:33:05.43 0
わりとアントニウスは本当に軍団兵たちに気をつかってた
パルティア遠征が失敗して熾烈な撤退戦になりながらも、
病人や負傷者をみな連れ帰るよう厳命してたり、
ある川での戦いではアントニウス自身がまだ元気な兵たちを率いて、追撃してくるパルティア軍を殿で押しとどめて、
先に負傷者・病人を渡河させてローマ側に逃がしてたり

781 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 06:46:38.21 0
一方どこぞのクラッススさん「負傷者は置いてけ」

782 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 08:40:24.28 0
どうでもいいんだが、
現代日本人の俺にはクラッススのススの部分が凄く言い難いんだが、
当時のローマ人は違和感なく発声できてたんだろうか?

783 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 10:20:09.05 0
クロイソスと言えば良い

784 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 10:34:55.39 0
ススを発声出来無いとか明らかに日本人じゃ無いよね

785 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 11:01:24.93 O
バスガス爆発

786 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 11:04:47.23 0
発音できるか、しにくいかの問題はともかく
映画スパルタカスではクラサスとされてたわな

787 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 12:01:56.13 0
スッラも言いづらい
どうでもいいが川内という上司はいつも「かわちさん」と呼んでる

788 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 13:00:16.65 0
uを「ア」と発音するアングル人はキチガイ

789 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 14:46:21.97 0
ススこと煤も発音しにくそうに発音してる人もいるな

790 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 15:06:47.91 O
バスが酢爆発

791 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 15:10:15.98 O
ラテン語の長音短音の区別がわからん

792 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 15:17:21.41 0
サイレススズカ

793 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 16:17:44.11 0
>>791
ローマ人「長音単音なんて書かなくても分かるだろ」
アラブ人「母音なんて書かなくても分かるだろ」
中国人「漢字の読みなんて書かなくても分かるだろ」

まあ辞書には親切に書いてあるんだけどさ

794 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 17:54:24.62 0
>>767
犀は投げられた

795 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 18:05:28.60 0
欧米だけなら今でもラテン語公用語で外交いけるかな?

796 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 18:05:31.21 0
サイは投げられた
http://livedoor.4.blogimg.jp/himasoku123/imgs/3/f/3f7638e7.jpg

797 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 18:29:58.68 0
                、.._ /~" ̄~""''''""~ ̄~""`ヽ、
                ~i"  /        l.l.| l  }
              :、_r/,. l .|    ; }    '.' || .}
               V   ,!、|、,-- ,〉ヽ; . __,,./〔 |
               ‘ー"   } ハ~|""~    ) } .|
                      ノ、{  〉.l、    ノ_{,}._|
         ∩_∧∩ 彡
         /丿・∀・) 
     .   /     /   エイッ
 _,,..-―'"⌒"~⌒"~ ゙゙̄"'''ョ
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/

798 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 19:25:23.56 0
今プルタルコス英雄伝のカトーの項を読んでるんだが、
「カトーは年取って働けなくなった奴隷なんて売り飛ばすに限るといってるけど、
 命のあるものを使い潰して売れもしないのに放り出すようなまねは良くない。」
というようなことが書いてあるんだが、
買い手がつかない奴隷ってどうなるの?

799 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 19:33:23.05 0
カトー「野垂れ死ぬに決まっておるだろう(ニッコリ」

800 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 19:40:27.24 0
棄児ならぬ、捨て奴隷にする。
もちろん、禁止しているが、どうにも止まらない。

801 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 20:08:03.49 0
食うしかなくない?

802 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 21:55:15.38 0
カトー「ソロモンよ、私は帰ってきた!」

803 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 23:45:33.27 0
>>795
その場合書けば通じるが、会話は発音が各国語の発音習慣でやるので通じないことが。
cogito ergo sum
英語:かじとー・あーごー・さむ
以外:こぎと・えるご・すむ

804 :世界@名無史さん:2015/03/11(水) 23:55:42.64 0
>>787
どうみてもせんだい

805 :世界@名無史さん:2015/03/12(木) 14:41:02.67 0
カトー「山本よ!早く帰ってこい!!」

806 :世界@名無史さん:2015/03/12(木) 20:49:23.16 0
今日で2ちゃんねる帝国崩壊か

807 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 10:47:45.30 0
今夜19:00からBSフジで
ローマ街道物語 第4話

808 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 10:55:54.43 0
>>770
さすがのそれはないかと、
古代ローマと古代エジプトを混合するのはわかるが、なんでナポレオンまで
一緒なんだと?

809 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 11:03:51.44 0
しかし日本人でも3幕府の順序を知らない女がいることだしw

810 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 11:26:31.88 0
では、古代ローマ帝国で紙幣(パピルスや羊皮紙製)が出なかったのはなぜ?
現在、通常の国家で紙幣が利用できるのは、その背景に発行してる国家
(政府)の信用が裏づけられてるというのがあるけど。古代ローマ帝国なら
充分に今と同様の紙幣経済やれたんでは?

811 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 12:38:46.61 0
そもそも帝国だけど各地の通貨は尊重してそのまま流通してた国で紙幣なんか流通しても信用されるわけ無いだろ
為替だのが先物取引が出来た江戸時代でも藩札の形で紙幣があったけど結局は金だの銀だのの貴金属という不変的な
ものの裏づけがないと紙くずになったろ。中国でも同じ

紙幣が流通し信用されるには色んな社会インフラだのj教育だの習慣だのが必要なんだよ。そもそも金本位制が廃止されたのは
そんなに昔じゃないぜ

812 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 13:15:57.76 0
>>810
さすがに古代じゃそこまでは無理
発行とか大変よ?
むしろ多くの貨幣に精密な細工がされていただけでも、
あの時代としては高レベル過ぎて驚異的

813 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 13:19:13.36 0
>>811
江戸時代の金銀貨は実質の地金値段と価格差があり
紙幣ほどではないにしろ信用貨幣だよ

814 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 13:23:25.38 0
映画「アラビアのロレンス」でアラブの酋長が銀行だったかを襲った時、
紙幣の山をかきまわして「金などどこにもないではないか!」と怒る
シーンを思い出した。

815 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 13:41:20.83 0
戦時国債とかは発行してたから、それに利子を付けるタイプだったら
国際を受け取る権利=有価証券を金銭で取引って形から発展したかもね

816 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 13:54:56.22 0
「この紙には皇帝/王族の偉大なお墨つきがあるゆえに。金銀と同様の価値がある」
ってかんじで紙幣発行できなかった?各地の古代帝国

つまり、国家元首の権威を信用として紙幣の類を発行するみたいなやつ。

817 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 14:33:33.11 0
古代文明の国家元首にそこまでの権威はないんだろう。

818 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 14:37:13.61 O
映画の『東方見聞録』だかで、ヴェネチアの商人が金貨を
蝋燭の火にかざして見せて「紙の貨幣だと?燃える貨幣など
ありえない!」とマルコポーロを罵るシーンがあったな。

819 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 14:38:05.24 0
新約聖書ちょっと読んでみたら
イエスやパウロの反ユダヤ性を巡る訴訟に関して
ローマ帝国側はことごとく無罪出してるんだよな

創価学会板まんだら事件みたいな
公法は教義に介入しないっていう現代的思考が採られてるのが分かる


公権力が教義に口出す中世近世が
いかに退化した時代だったかってのが伺えるな

820 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 14:59:25.96 0
東方見聞録時代のヴェネチアって有価証券なかったっけ?

821 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 15:24:13.93 0
元のフビライの作ったのが有効な紙幣では最初に近いんだっけ!

822 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 15:46:35.98 0
ダニエルブアステインの本で昔読んだ記憶だと「この紙幣で貧困はなくなりみんな幸せになる」的な能天気なことが書いてあったが、流通させたとたんに大インフレが起きて、経済は大混乱し、造幣局は破壊されて局長は死刑になったんだっけ?
この話が伝わったせいで欧州では長らく紙幣が作られなかったとか。

823 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 16:27:09.39 0
>>822
そうならないように、ある程度流通量を抑えて貨幣としての価値を維持
すればインフレにならずに済んだのに、当時の人間はそういう発想がまだ
なかったんだな。
もし、頭のいい施政者が「いくら、国や王のお墨付きがあると言っても
やらたと発行したら、価値が下がるから数をおさえるようにしよう、
」って感じでやってたら違ったかも。

824 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 16:59:41.70 0
>>821
宋代にすでに紙幣が流通してる。
大量に流通しすぎてインフレ、という現象まですでに宋代に経験済。

825 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 17:06:00.25 0
近現代でも軍票を大量に発行しすぎて価値無とかやってるからなあ

826 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 17:08:42.20 0
古代エジプトの通貨(備蓄穀物受領証明書)
http://www.sanynet.ne.jp/~norio-n/NIKKI/54.html

827 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 20:58:24.02 0
それに古代には偽造を防ぐ手段がないうからな、紙幣の

828 :世界@名無史さん:2015/03/14(土) 21:01:25.84 0
紙幣が流通しないのは何よりもまず印刷技術がなかったせいだろうな

829 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 02:04:05.04 0
新の王莽がおかしな貨幣を製造しまくって崩壊したな

830 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 06:25:49.68 0
なんで古今東西、金が高価なのかね?
錆びないとか電気を良く通すとか、現代の工業には重要な性質だが、
古代人にとってはどーでもよくね?
ただキラキラしてるから?

831 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 06:35:19.95 0
>>830
キラキラしててしかも希少なんだから、そりゃ価値も高くなるでしょ

832 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 07:55:58.51 0
でも役には立たんぞ?
せいぜいアクセサリーに位しかならない。

833 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 08:07:33.94 0
アクセサリー位ってそれで凄まじい威力を持つんだけどな
人間はなぜか黄金色にキッラキッラ輝くものには共通して、本能的に美しいと感じる(太陽色だからという説もある)
ゆえに文字が読めない貧民、言語も美的様式も異なる文化相手でも、
一目で直感的に権威・権力・繁栄を示せるという唯一のツール
社会を構築するうえでは特に有用な存在

834 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 09:00:38.59 0
見た目が美しく、希少価値があるなら古代のガラスも貨幣となりえてもおかしくない
当時じゃ、大量生産できないし。

835 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 09:10:58.86 0
火にも衝撃にも脆いじゃねーか馬鹿?

836 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 09:20:24.92 0
>>835
コインもしくは、もっと小さいサイズなら強度のもろさも問題にならないだろ?
それに、火に弱いといっても紙よりはマシ。
イメージとしては、なんらかの細工をほどこしたびー玉みたいな物を貨幣と
して扱うみたなやつ。そして、その製造も許可を得た物ののみ可能で
国が一元管理すると。

837 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 09:25:05.45 0
見た目がキラッキラしていて未開人にとっても価値があり、
宝飾品に全く興味がない人間にとっても価値のある性質を持っていて、
なおかつ稀少。
嫌がらせじみたチート物質だな。

838 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 09:30:24.15 0
それにガラスが火に弱いといっても600℃ぐらいの耐熱性はあるぞ
比重も金が18ぐらいに対しガラスは3ぐらい

839 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 09:33:58.44 0
ガラスは温度変化に弱い。
最近のガラスは質が良いからそうでもないが、
ちょっと昔のは常温のガラスコップに熱湯入れるだけでも割れる。

840 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 09:39:31.80 0
未開人に黄金の装飾品とガラスの装飾品を見せたら、黄金の方に興味しめすとか?

841 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 09:57:10.05 0
透明な固体というのに驚くレベルの未開人ならプラスチックでもいけるなw

842 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 10:08:46.87 0
アフリカ人が拾ったコーラのビンを宝物にする記録映画化なんかがあったような?

843 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 10:10:46.55 0
あのビンも既に骨董品扱いだよな

844 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 10:30:03.27 0
>>830
さびないこと
これがものすごく重要
要するにどんなところで保管してようが変質しない
小麦は一年で一割はネズミにくわれるが金は10年後も同じ
また加工もしやすい
変質しないのは保存しやすい以外に神秘的な権威もある

845 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 10:30:10.97 0
金は超新星爆発とか、かなり凄い現象からでないと生まれない物質だし、
あの美しさと重さが、たまらなく人を魅了する。

846 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 10:50:52.96 0
あと素材の質は大事

847 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 11:37:08.75 0
>>841
古代にプラスチックはないぞww
それにプラスチックは硬度低いから傷から入りやすいし日光の紫外線で
劣化する。
(そのため、強化プラスチックのポリカーボーネートを使用してる
今の防弾ガラスは定期的な交換が必要)

848 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 11:50:38.75 0
古代でプラ類似のものは漆だな
中国の贅沢な漆重ね塗りって今見るとプラ容器みたいなんだぜ
故宮博物館にある最高級品な
日本の最高漆器金沢のもプラっぽいw

849 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 11:53:21.58 0
さすがに眼科行けw

850 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 12:26:20.27 0
>>846
これだよな
貨幣に信頼性を持たせるには、金や銀など希少鉱物を使うしかない
もちろん高い鋳造技術も大事だが、
それはどこの地域でも取れるが量が圧倒的に少ない金が素材にあってこそのもの
紙幣は高い印刷技術・大量生産がないと偽造か本物かが分からない
そんな技術は近世になってからじゃないと不可能だな

851 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 12:33:57.12 0
プラって和名が合成樹脂なんだから、天然樹脂である漆と混同してもおかしくない。

852 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 13:20:27.26 0
>>850
そもそも古代の貨幣は素材の価値とほとんどイコールだったらしいな
現代じゃ取引現場で目方を量って価値をはかるなんてありえない
信用の背景が現物そのものという、物々交換に近いものだったのか

853 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 13:48:15.58 0
権威/権力を貨幣の信用背景にするには、もっと時代が進まんとだめか。
未開人に、神仏や皇帝・国王の絵が印刷された紙を見せて
「これには偉大で神聖なる神仏や君主のお墨付きがあるから、おまえら未開人も
これを使い物々交換しろ:」って感じで、宗教権威。国家権威を持ち出して
押し付けても理解できないか。

854 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 13:50:56.45 0
金は同じ重さの胡椒と取り引きされたって言うんだから、どれだけ価値が高かったか理解できると思う。

855 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 13:52:05.46 0
その貨幣が本物かどうか簡単に見分ける術がないと広まらんだけだよ

856 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 13:56:28.44 0
>>854
それは胡椒がどれだけ高価だったかって話であって…
まあ最近は帝政ローマ期だと10g100円くらいとか言われてるけど>胡椒

857 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 13:58:45.55 0
胡椒は金どころか船と等価だ。

858 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 14:04:22.15 0
交易ルートは大事だね
トラヤヌスのパルティア攻めは交易ルートの不安定化を招いたから余計に低評価な訳です

859 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 14:11:35.16 0
カラスが光り物集めるみたいな、なんか妙な習性みたいなのが人間にもあるんだろな
で、一番訴求純度が高いのが金と

860 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 14:21:51.71 0
イスラムに交通の要衝であるイスラエルを掌握されたのが原因だろう

861 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 14:55:14.16 0
絹と胡椒はどっちが高価だっけ

胡椒は属州で取れそうだが
絹は漢帝国から取り寄せないといけないし・・・

862 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 15:39:35.08 0
ローマ帝国で蚕の養殖ってできんかったの?

863 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 15:43:46.82 0
>>862
してただろ
6世紀から

864 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 16:51:47.77 0
蚕は支那が国外持ち出し禁止してたから高価な交易品に成り得てただけ

865 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 17:26:00.14 0
単純に手間かかるけどね
植物原料より面倒

866 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 19:54:33.98 0
>>842
ブッシュマンは記録映画じゃないだろ

867 :世界@名無史さん:2015/03/15(日) 23:33:53.34 0
>>864
製造技術の圧倒的な差が希少性の要因だよ
日本にも絹あったけど高級品は輸入してたしね

868 :世界@名無史さん:2015/03/16(月) 09:12:33.69 0
>>839
熱湯を注いで割れるコップは分厚いからじゃないの?

869 :世界@名無史さん:2015/03/16(月) 15:09:27.52 0
>>833
武士下りなんぞ中国製の茶碗如きを異常に有難がってたもんな

870 :世界@名無史さん:2015/03/16(月) 18:50:13.14 0
井戸茶碗は朝鮮な

871 :世界@名無史さん:2015/03/16(月) 22:16:16.56 0
現地じゃ雑器のルソン壺に高い値をつけるとか、オタクどもの価値観は判らん

872 :世界@名無史さん:2015/03/16(月) 22:17:26.73 0
千利休が日本人の価値観を変えたといっても過言ではない

873 :世界@名無史さん:2015/03/16(月) 22:17:37.08 0
嗜好品なんだから当たり前だろ

874 :世界@名無史さん:2015/03/16(月) 22:41:48.18 0
あれって金持ちの田舎趣味みたいなもんだからなあ…

875 :世界@名無史さん:2015/03/16(月) 22:53:43.38 0
近隣在住で久々に映画館のスクリーンで観たい人はどうぞ

http://www.shin-bungeiza.com/program.html#d0405
4/5(日)〜11(土)「黒澤明が選んだ100本」(文春新書)にちなみ 黒澤明が愛した10本の映画

9(木)ベン・ハー(1959・米/222分/DCP)※途中休憩あり
10:00/14:15/18:30 終映22:30

※長編1本立ての日は「ラスト1本割引」はございません

http://www.shin-bungeiza.com/pdf/20150405.pdf
チラシPDF(3.6MB)のダウンロード

876 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 05:23:42.85 O
韓国人が「朝鮮時代の製陶技術は優れていた!なぜなら
利休が高く評価していたからだ」とか言ってるのを聞くと
笑ってしまう。同様に中国人が「曜変天目茶碗は日本が
奪った中華の宝だ!」と言ってるのが噴飯物。そもそも
曜変天目は言葉自体が日本で作られたもので、中国では
存在自体知られていなかった。「日本人が有り難がってる
んだからいいものだろう」とか、中国が古来から持って
いた美術観は、文革で本当に失われてしまったんだな。

877 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 07:32:10.97 0
曜変天目茶碗。
学生の頃に見たときは「キレイだなー宇宙みたいだなー」と思ってたが、
おっさんになってから改めて見た時「キモッ! 蓮コラっぽい!」って思ったw

878 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 08:41:57.65 O
牧谿の水墨画も同様。宋代の画僧で、日本ではなぜか人気が
あって偽物まで出たが、中国では無名。しかし近年やはり
「牧谿は宋代絵画の精華!それを小日本が奪った!」とか
言い出してる。もう、本当に伝統が途切れてしまったんだな。

879 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 15:02:49.04 0
古代ローマ・・・

880 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 15:40:18.95 O
>>879
なら古代ローマの美術観について語ってくれないか

881 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 18:46:27.62 0
古器なんかは台湾にたくさんあるんじゃないの?

882 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 19:13:07.82 0
>>879
SEX(女体)!SEX(チンコ)!SEX(アテナイ)!
って感じでぇ・・・

883 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 19:31:48.84 O
自分はローマについて何も語れないくせに
スレチやめろとか馬鹿過ぎる。

884 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 19:52:24.65 0
スレチの阿呆が開き直るのもみっともないがな

885 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 20:15:06.36 0
>>876
つくづくつくづく文革は悔やまれる
ローマに寄せれば、帝国末期の混乱を人為的・集中的に引き起こしたようなもんだろ
経済以外はあの国は現代に蘇った暗黒時代とかなんとかブチ上げて通るかな?

886 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 20:28:37.85 0
文革が無ければ文化継承出来てるとか思ってるやつ初めて見たわ

887 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 20:48:44.94 0
ブリトン人が確保してくれるので失われることはなくなります

888 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 21:00:06.40 O
まあ地主階級をパージして人民公社とかやらかした
時点でアウトかな。大躍進で大後退して、文革はトドメ。
それはそれとして、文革の何がすごいって、食文化すら
破壊した事。特に地方の名物料理・郷土料理がほとんど
壊滅した。大躍進〜文革の20年ほどに渡って、肉どころか
食用油すら入手困難だったのだから無理もないが。

889 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 21:01:59.54 0
辺境に文化が残ることもあるな
なまりまくった方言が実は古語を伝えていたり

890 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 21:04:02.99 0
政治的圧力で消える程度の価値しかなかったってことだ
キリスト教に潰された異教しかり

891 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 21:08:50.63 O
>>884
ホノリウス君!ホノリウス君じゃないですか!
スレチやめろと連呼する以外何もできないホノリウス君!

892 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 21:37:16.07 0
>>890
政治的圧力以上のものって大災害くらいしか無くね?
キリスト教だって弾圧を経て変質していったろう

893 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 22:06:37.92 O
外圧がなくても、文化は変わっていくものだとも思う

894 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 22:17:59.03 0
>>876>>878
宋代の色々な物わ毛沢東の大乱で失われた訳じゃ無いよ
宋と明を比較すると、行政、政治、軍事、衣装、彩色、食事と凡ゆる面で大きく変化して方向性も変わってるから
それらわモンゴル時代に失われてる。毛沢東の大乱が破壊したのわ又別の色々な物

895 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 22:36:11.82 O
>>894
話がズレてるな。宋代の文化が失われた話じゃない。
歴代の美術に対する評価の積み重ねが失われたと
いう事なんだが。
まあ日本語が変だし五毛の人かもしれんが。

896 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 22:44:32.17 O
>>893
文化が変わるのと失われるのは違うよ。
中国人が歴代培ってきた美術の価値基準が失われて、
代わりに日本人の価値観をそのまま借用してるのが
問題なんだ。自国の美術の事が分からなくなってるんだよ。

897 :世界@名無史さん:2015/03/17(火) 23:01:03.13 0
>>895
そんな物わ最初から無いよ
在るとしたら古い記録だけ

898 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 00:28:12.85 0
異民族の侵入によって色々喪われると言うのは、中華も地中海も同じなんだな。

899 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 04:08:16.13 0
ここはいつから中国スレになったんだよ
そんなことより古代ローマと中華って結構交流あったみたいだけどあんまり影響しあったように思えないんだよなあ絹くらいかね

900 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 05:41:06.02 0
ワインと紙はどうだろう?

901 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 06:17:35.14 O
>>897
清末民国初期には確かにあったがね

902 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 06:57:56.19 0
いや無いよ、陶磁器の好みも全く違うし、服飾も料理も全然違う

903 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 07:18:45.62 0
>>899
シルクロードの末端同士として物資の行き来はあったろ

904 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 07:30:22.92 0
>>898
実は匈奴やスキタイが東西の物品の貿易に貢献していた・・のは地味に
あまり知られていない
やつらはヒャッハーって荒らしまわってるだけじゃなかった

905 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 10:10:00.27 0
古代ギリシャ・ローマ人は絹(セリコン)を「木の葉や樹皮から作られる」とし
それを生産する民族をセレスと呼んだが、支那人ではなく中央アジアの遊牧民と見なしていた
ポンポウス・メラは「インド人とスキタイの間に住む」、プリニウスは「背が高く赤い髪で青い目」と記しているから
ソグド人やタリム盆地の住民ではないかと思われる

906 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 11:19:21.55 0
>>905
ローマ人が絹の作り方を知ったら速攻で自作するんだろうな

907 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 11:22:31.32 0
>そんなことより古代ローマと中華って結構交流あったみたいだけどあんまり影響しあったように思えないんだよなあ絹くらいかね

漢とローマ帝国の時代は、陸路のシルクロードが中心で、まだ東西交流に限界があった。

唐とサラセン帝国の時代くらいになると、海洋貿易が盛んになり、輸送量がケタ違いに増大する。

908 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 14:27:47.95 0
サラセン帝国に相当するのはパルティアやサーサーン朝だろ
東ローマ帝国は南北朝時代から「拂林」として知られている

909 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 15:42:25.45 0
『ヨーロッパ皇帝&国王格付け』ってムック読んだ人いる?
初代ローマ王ロムルスから英女王エリザベス1世まで、
ヨーロッパ(含むオスマン帝国)の君主たちに点数をつけた本なんだけど面白かったわ〜。
神聖ローマ・プロイセン、どちらも「フリードリヒ2世」って人たちは高評価だったね。

さて、このスレ担当の古代ローマの君主では、
あの人が最高点だったのが個人的に意外だったなぁ。
ちなみに載ってる人たちの中で最低点は西ローマ皇帝ホノリウスの33点でした。

910 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 16:11:58.41 0
煽りに使われるだけあるな

911 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 16:38:38.66 0
「サラセン帝国」って単語、久しぶりに目にするなw

912 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 17:04:06.12 0
>>905
捏造はいかんよ捏造は、チョンじゃ無いんだから
プリニウスは絹を作り開明、温和で商売を好まないとしか言及してない

913 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 20:01:02.17 0
>>906
絹も綿も需要があったからなあ

914 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 20:14:24.83 0
奴隷をガンガンぶち込んで大規模農場化させるんだろうな

915 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 20:20:05.65 O
中国では絹の作り方を秘密にしていたけど、東ローマ時代に、修道士が杖の中に蚕を隠して持ち帰ってから、東ローマでも絹が作られるようになった、ていう話があった気がする。うろ覚えだけど。

916 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 21:02:12.92 0
そもそも絹ってそんなにいいもんなのか?

917 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 21:07:22.47 0
日本人がヨーロッパの王や皇帝を勝手に格付けしてるのか
逆にヨーロッパ人が日本の歴史上の人物の格付けとかしたら絶対ネット上の日本人はブチ切れるんだろうな

918 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 21:08:24.83 0
麻がメインだったんだからそりゃー上等だろう

919 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 21:11:07.76 0
>>917
日本内だけだったら「あはは外人の考えることはおもしれー」ていどだろう。
東アジアの人物のランクづけとかやったら大騒ぎになるだろうけど。

920 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 21:14:49.21 0
日本人は江戸時代から番付大好き
温泉から遊女まで格付けした

ローマにそんな暇人はいたのかな

921 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 21:19:37.38 0
格付けではないけども、
プルタルコスの対比列伝なんかはそれに近いノリだと思う

922 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 21:47:25.01 0
<支配域格付け>最良:エジプト、最悪:ヒスパニア
<皇帝格付け>再賢:トラヤヌス、最愚:コンモドゥス
<闘士性能>チート:縄闘士、厳しい:目隠し闘士

とか密かにやってたかもな

923 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 22:40:10.56 0
>>916
薄くてあったかくてすべすべじゃないか
あの時代の毛織物とかと比べたら別世界の織物だと思うくらいじゃないかと

924 :世界@名無史さん:2015/03/18(水) 22:53:21.04 0
ヒスパニアは金銀盛りだくさんじゃん

925 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 00:19:24.36 0
デキウスは良帝だと思うよ
キリスト教弾圧もやったし
当然西洋の評価は残虐とか言われて最低だけど

926 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 01:15:36.07 0
>>916
フレンチ理念よりはるかに劣る

927 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 01:31:59.31 0
>>912
http://ir.u-gakugei.ac.jp/bitstream/2309/118527/1/AN00038703_17_13.pdf

928 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 01:41:51.73 0
http://en.wikipedia.org/wiki/Serica

"These people, they said, exceeded the ordinary human height, had flaxen hair, and blue eyes, …"

Pliny the Elder, The Natural History

929 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 05:08:42.43 0
>>916
女のパンツが木綿と絹ってのとではだいぶ違うだろ
そういうことだよ

930 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 05:13:31.63 0
ヒスパニアの金鉱山なんて当事だから無駄に組織的に山とか掘り崩してどうにもならんくらいの
自然破壊してるからなぁ。日本とかならまだ植生とかも回復したかもしれんけど未だに残るくらいの
破壊だぜ

931 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 06:09:35.95 0
真珠くらいしかめぼしい物がないブリタニアが最低

932 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 06:46:52.49 0
んなこたあない
ブリタニアにはけっこうデカい銀鉱山あったし

933 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 09:00:21.04 O
ブリタンニアはむしろ錫鉱山が貴重。

934 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 10:45:51.56 0
チュニジアってなんか有名なローマ遺跡とかあるんかね?

935 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 11:19:55.54 0
カルタゴに近い。

936 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 11:38:24.30 0
カルタゴそのものやん

937 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 12:20:29.37 0
滅ぼすべきだな

938 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 12:35:34.55 0
今に残っているカルタゴ遺跡はローマが再建したものだけどね。

939 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 12:51:23.46 0
>>937
加藤大さん

940 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 12:51:38.76 0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%89%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8
バルド国立博物館

941 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 12:53:37.71 0
チュニジアかどうかは知らんがトラヤヌスかハドリアヌスが作った都市がほぼまるごと残ってたような

942 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 15:37:03.24 0
当初、ローマ人は絹が蚕と言う蛾の幼虫から作られるなんて思いも
しなかっただろうね。

943 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 15:50:56.14 0
中間地点のサマルカンドやトルファンは知っていたと思われ>絹

944 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 15:59:49.67 0
今でもチュニジア人ってギリシア系の血を引いてるの?
ベルベル人とかに駆逐されたの?

945 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 16:03:14.25 0
フェニキア人の間違いじゃね?

946 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 16:29:55.51 0
チュニジア行った時の現地ガイドがカルタゴの幼児生贄は死んだ子供の供養のようなもので
生きた子供を生贄にはしてないと熱弁してたからカルタゴの末裔という意識は強そうだった
あと朝からおっさんたちはビール飲んでたけど15年前の話だからなあ

947 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 16:31:01.88 0
>>942
ローマ人はグロ耐性が強いから平気で受け入れるだろう

948 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 16:31:12.18 0
硝石を豚肉に刷り込むのは保存の為でその効用として色んな食中毒の原因の細菌の増殖を防ぎ綺麗な色を
発色させる効果も在ったらしいから別に問題ないでしょ、今でも亜硝酸塩が使われてるんだし

949 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 19:22:39.59 0
>ローマ人が絹の作り方を知ったら速攻で自作するんだろうな

後世の東ローマ(ビザンチン)帝国にとって、絹は主力の輸出品で、西欧諸国で珍重されていた。

ただ、やはり「中国が絹の本場」という意識はあったみたいだけどね。

950 :世界@名無史さん:2015/03/19(木) 22:15:00.75 0
>>946
一応有力説ではあるからな

951 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 06:05:20.13 0
シリア、エジプト、ギリシア人は作るだろうけどローマ人とかガリア人にわ無理だな

952 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 07:43:43.09 0
>>944
アラブ人にベルベル人が駆逐された
ファーティマ朝がベドウィンをチュニジアに攻め込ませた

953 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 12:13:59.48 0
チュニジアでのテロリスト襲撃はカルタゴだった所?

954 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 16:23:37.41 0
カルタゴの衛星都市

955 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 17:26:26.41 0
もうカルタゴの残り香ってのはないんかね?
カルタゴ・ノヴァ方面ではフェニキア人の子孫とかいるんか?

956 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 17:40:22.07 0
百年単位で組織的に民族浄化でもするか、殺傷効率が跳ねあがった19世紀以降じゃないと、
現地民皆殺しの住民総入れ替えなんてほぼ不可能だから、
血統は色濃く残ってるだろうな
民族文化はローマ化、イスラーム化と上書きされ続けてほとんど失われただろうけど

957 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 17:51:46.01 0
現実に絶滅政策を実行した行政体って米国とイスラエル政権だけだな
唯二無三

958 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 17:57:53.43 0
>>957
オーストラリアやアルゼンチンあたりも原住民ほとんど殺してる

959 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 19:18:20.53 0
一方南アは黒人を根絶できなかった

民族浄化って必要悪だよ

960 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 19:28:41.95 0
>>955
フェニキア人は港湾都市だけだから内陸の先住民の方が多かった
マルセイユとかのギリシャ人も同じ

961 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 19:42:34.28 O
>>959
奴隷を根絶してどうする

962 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 21:31:05.97 0
病原菌のせいです

963 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 22:01:05.74 0
多数派が実権を握り少数派を抑えつけないと平和は実現不可能

964 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 22:06:26.02 0
ヨーロッパから中央アジアは民族浄化できなかったから群雄割拠で分裂しまくり

965 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 22:32:53.76 0
漢族…

966 :世界@名無史さん:2015/03/20(金) 23:28:50.61 0
中国が統一出来たのは漢民族による民族浄化のおかげ

967 :世界@名無史さん:2015/03/21(土) 00:34:25.09 0
漢民族なんて人種はいないけどな
ありゃ文化圏だ

968 :世界@名無史さん:2015/03/21(土) 00:49:17.51 0
文化圏に出来たのは自分達以外を潰したからだ
アメリカ人と同じよ

969 :世界@名無史さん:2015/03/21(土) 01:42:00.06 0
いや、違うよ
胡族自身が最近は胡人が増えて漢人と胡人の割合が〜とか言ったくらいだから

970 :世界@名無史さん:2015/03/21(土) 02:27:42.15 0
胡人がソグド人の事なら唐に潰されただろ

971 :世界@名無史さん:2015/03/21(土) 05:57:47.59 0
>胡人がソグド族の事なら
意味不明過ぎだろwww無知な上に低脳w

972 :世界@名無史さん:2015/03/21(土) 06:08:15.17 O
中国ネタになると、すぐ陳腐な煽りを始める子は何なのかね。

973 :世界@名無史さん:2015/03/21(土) 08:05:04.90 0
ローマスレで中華の話題したがる時点で池沼

974 :世界@名無史さん:2015/03/21(土) 09:55:50.86 0
かつてローマにはインスラ・フェリクレスという建物があったそうだがヤホーで検索しても出てこない。
誰か知っている者はいないか?

975 :世界@名無史さん:2015/03/21(土) 10:21:02.43 0
ぐぐろう

976 :世界@名無史さん:2015/03/21(土) 11:14:25.27 0
テルトゥリアヌスが作品の中でその高さを取り上げ、傲慢さの象徴として言及しているらしい

977 :世界@名無史さん:2015/03/22(日) 22:29:03.71 0
別名のinsula Feliculaでググれば英語文献はわりと出てくる

978 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 08:54:56.07 O
ローマ市民諸君!これは保守である!

979 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 09:13:48.80 0
禿の女たらし万歳!

980 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 12:05:36.03 0
ポンペイウスはオリエント制覇やったくらいまでが絶頂だったな
そのあとなんでやる気なくなったんだろう
自身に並ぶもの無し、ローマ一の英雄は俺だとか思ってたら
ガリア遠征でカエサルが大活躍して抜かれそうだったから嫉妬したんだろうか?

981 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 12:07:36.01 0
カエサルほどの野心がなかったから

982 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 15:30:42.08 0
一時、執政官になって任期終えたら農民に戻って生活したのがいたよな
野心があると後々命を狙われたりと俺には真似出来んわ
キケロも大人しく執筆活動で余生を終わらせてれば

983 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 15:43:48.57 0
ローマの場合、政治活動は単に野心のためだけじゃなくノブレスオブリージ的な意味合いが大きいから、国家の危機にあって傍観とかはなかなか難しかったのでは

984 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 16:16:35.62 0
ローマ帝国スレ、存亡の危機でござる!
誰か新皇帝を推挙して栄光の帝国を存続させてくだされ!

985 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 16:20:42.22 0
私が新しいアウグスツス・インペラトールとしてカピトリウムの丘に新スレを立てよう!

986 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 16:25:48.01 0
古代ローマを語ろう【ローマ人の物語】23 [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1427268238/

SPQR!!

987 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 16:27:05.52 0
>>986
インペラトール!


988 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 16:54:06.31 O
>>986
ハゲの女たらしのお出ましだ!

989 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 17:08:51.78 O
>>982
「出処進退を知る」のは君子の第一の心得だが、一番難しい
事でもある。引き際を誤って晩節を汚した者の多いこと。
とは言えキケロは内戦で散々二股膏薬やらかして、相当
評判を落としていたのではあるまいか。オクタなら若造
だから上手く取り込めるとでも思ったのかな。

990 :世界@名無史さん:2015/03/25(水) 19:56:13.58 0
女房を隠せ!

193 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)