5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ピケティ「21世紀の資本」を読もう6 [転載禁止]©2ch.net

1 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/19(日) 10:52:34.77 0
過去スレ
2012/06/09 11 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1339252326/
2013/01/11 12 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1357911158/
2013/02/02 13 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1359795032/
2013/03/09 14 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1362823545/
2013/07/24 15 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1374676524/
2013/09/19 16 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1379596190/
2013/09/05 17 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1378371036/
2013/11/06 18 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1383740034/
2013/11/19 19 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1384866234/
2013/12/25 20 ttp://awabi.2ch.net/philo/1387899832/
2014/05/15 21 http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1400114180/
2015/01/07 22 http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1420556594/
2015/02/06 23 http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1423224586/ 
2015/04/29 24 http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1430308511/
2015/06/10 25 http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1433939694/
2015/07/06 26 http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/

2 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/19(日) 10:55:49.33 0
儒教
●大学 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585940
●大学・中庸 金谷治 岩波文庫  ISBN:4003322215
○中庸 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585959
○[新訳]大学・中庸 守屋洋 新書  ISBN:4569703178
●礼記 下見隆雄 中国古典新書 ISBN:4896192672
○礼記 上 新釈漢文大系 竹内照夫 ISBN:4625570271
●論語 増補版 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4062919621
○孝経 全訳注 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4061598244
△史記〈1〉本紀 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082018

加地伸行
●沈黙の宗教――儒教 加地伸行 ちくま学芸文庫 ISBN:4480093656
●儒教とは何か 加地伸行 中公新書 ISBN:4121009894

白川静
●孔子伝 白川静 中公文庫 ISBN:4122041600
△中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122042402

●中国思想史 上 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010962
●中国思想史 下 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010970
●孔子 金谷治 講談社学術文庫 ISBN:4061589350
△世界の歴史〈2〉 中華文明の誕生 尾形勇、平勢隆郎 中公文庫)文庫 ISBN:4122051851
△論語の新しい読み方 宮崎市定 岩波現代文庫 ISBN:4006000227
△朱子学と陽明学 小島毅 ちくま学芸文庫 ISBN:4480095691

3 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 11:07:05.32 0
> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975
                       ↑
                    比べてみようw
                       ↓
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

4 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/19(日) 11:09:50.94 0
今北

なぜ徳治政治は生まれたのか
なぜ孔子は礼を重視したのか
とれほど日本人は儒教徒か
日本人のピケティ格差回避と儒教的な精神の関係?
資本主義社会での儒教の有用性は?

5 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 11:18:30.41 0
>>4
>日本人のピケティ格差回避と儒教的な精神の関係?
全くない

6 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 11:19:38.86 0
だよなw

それこそ『誰説?』じゃん

7 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 11:22:19.94 0
>>4
>とれほど日本人は儒教徒か
勝手に決めるな

>資本主義社会での儒教の有用性は?
資本主義を否定するにが儒教

8 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 12:08:34.05 0
英米系のシステム論を無理矢理儒教に偽装しなくて良いw

> 一般システム理論は、1950年代にグレゴリー・ベイトソンらによって
> メイシー会議の議論の中で提唱された科学理論である。この理論は、
> 電子回路やコンピュータなどの人工物、生物の身体、社会集団など、
> ミクロからマクロまで様々な現象をシステムとしてとらえ、これら多様な
> システムに適用可能な一般理論を構築しようとするものである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%88%AC%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E7%90%86%E8%AB%96#.E7.94.9F.E3.81.8D.E3.81.9F.E3.82.B7.E3.82.B9.E3.83.86.E3.83.A0.E7.90.86.E8.AB.96

> 636 :第三の波~平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/14(火) 10:51:18.11 O
> ベイトソンの学習論
> ゼロ学習 コンピューターアルゴリズム
> インプット対していつも同じアウトプットをする。
> 一次学習(ベタ) 慣習
> 繰返し学習より、自然と体が反応する
> 二次学習(メタ) 言語コンピューター
> 状況(コンテクスト)に合わせて、声、文字の意味を理解する。
> 三次学習(メタメタ) お笑い、詩
> 状況(コンテクスト)を操作をして、新たな意味を作り出す。
>
> 637 :第三の波~平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/14(火) 10:53:04.32 O
> 礼は一次学習
> 徳は二次学習
> 孔子の「述べて作らず」は三次学習。
>
> 638 :考える名無しさん:2015/07/14(火) 10:55:45.31 0
> と思いたいだろ>>636
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/636-638 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:9368c25c0e1fcb4c3420acd807713d27)


9 :第三の波~平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/19(日) 12:31:25.47 O
なぜエスカレーターは必ず待たされるのか

10 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 12:33:27.55 0
>>9
お前に徳がないから

11 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 12:39:06.12 0
何故ボクはシステム論を無理矢理儒教に偽装しようとするのか?

 @ 儒教では親への敬意、天皇への従順が求められる
 A 当然、親へ反抗し、ネトウヨが嫌いなので↑を避ける
 B 部分部分で儒教を勝手にシステム論に変える@の不安要素が避けられる為
 C こうなるともはや儒教でもなんでもなく、単なる英米系システム論になるw

12 :第三の波~平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/19(日) 12:41:51.54 O
あぼ〜んが二匹に増えた。(笑)

13 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 12:44:51.57 0
システム論は哲学じゃないわな

アメリカ産はどうもお気楽というか、馬鹿っぽさが漂う
そういう馬鹿っぽさが波平には合うんじゃないかな

14 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 12:48:15.86 0
波平がシステム論を採るメリットは色々ある

 @ 資本主義を否定する必要がない(儒教では当然否定される)
 A 科学の業績を否定しなくて済む(つまり科学の権威に乗っかれる)
 B 経済学や数学の業績を否定しなくて済む(乗っかれる)
 C 買春ツアーに参加しても言い訳ができる(これが一番大きいw)

15 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 12:50:25.04 0
>>12
>あぼ〜んが二匹に増えた。(笑)
反論できないと相手をあぼ〜んにして逃げるんでつね(白目

16 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/19(日) 13:57:00.43 0
ドラマ「孔子」 http://koushi.ponycanyon.co.jp/

17 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 14:12:37.29 0
時代劇って・・・

完全に笑わそうとしているだろう(笑)

18 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/19(日) 14:39:13.20 0
八話まで見た。
まだ青年期。母が子に、父と合葬するとことまで。

青年期はほぼ分かってないから、ドラマだな。
父が孔叔梁こうしゅくりょう将軍なのは、史記に書かれているが信憑性低い。
母は奴隷だったが、運命の出会いで将軍と結ばれた。これは丸々おもしろドラマ。 
孔子の師匠は季札。これも史実にない。
幼なじみの陽虎ようこがライバルとなる。これはなんとなく言われている。

想像力豊かで、よくできたドラマだ。
おもしろいよ。

19 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/19(日) 14:41:24.62 0
母が死に

20 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 14:44:52.92 0
この辺面白いなw↓

孔子は聖人ではなかった? 「論語」の最新解釈
http://oikim.doorblog.jp/archives/28764887.html 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:f2c519fe5384e767e1c9e99abdcfc293)


21 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 14:45:54.68 0
>>18
時代劇とか…

22 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 14:49:04.66 0
> ■言い換え、強弁……本当はセコイ?
> 魯国の大廟に入れてもらったときに、孔子は関係者を質問攻めにした。
> 「古い礼法を教えている人が知らないのか」と笑われると
> 「(こういう時はあれこれ質問するのが)礼というものだ」と返した。
> 君主から桃とキビを下賜されたとき、まずキビを有り難く食べた。
> 「キビは桃の皮をこすり落とすためのものだ」と注意された孔子は
> 「五穀の長であるキビの方が桃よりも尊い食べ物です」。
> いずれも孔子の偉さを伝えるエピソードとして伝わっているが、
> 自らの無知をとっさの切り返しで取り繕ったにすぎない、とも読み取れる。
http://oikim.doorblog.jp/archives/28764887.html 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:f2c519fe5384e767e1c9e99abdcfc293)


23 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 14:52:22.65 0
波平も↑の孔子と似たような言い訳が多いよなw

> 87 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:08:22 0
> ゼロ年代、結局読んでない。
> なんかテレビ評論タレント本みたいだし・・・食指がわかない。
>
> 93 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:15:51 0
> >87
> 食指がわかないって何?
>
> 98 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:21:40 0
> >>93
> http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&as_qdr=all&q=%22%E9%A3%9...
>
> 100 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:24:55 0
> >>98
> 33件ほど誤用がヒットしているようですが、それがどうかしましたかW

24 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 14:55:06.75 0
孔子ってのは最低の人間
彼が残した儒教こそが日本や東アジアに厄災をもたらした
その元凶が徳治政治

25 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 14:58:39.56 0
孔子は間違ってキビを食べた時、「五穀の長であるキビの方が桃よりも尊い食べ物です」
と開き直るが、

波平は、間違って食指がわかないと言ってしまった時、
検索結果を持ってきてボクは間違っていない、と開き直る訳だw

26 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 15:01:09.58 0
こういう具合に言い訳が多い者同士、
孔子と波平はなんか惹かれ合うものがあったんじゃないかなw

27 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 15:07:23.44 0
クズ同士だからだろ、ただ孔子にはたくさんの弟子がいたが波平には友達すらいなそー

28 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 15:14:47.03 0
孔子は聖人ではなかった? 「論語」の最新解釈
ttp://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2501S_W3A510C1000000/
■二流の教科書、寄せ集めの逸話
 その儒教で最高クラスの書物は孔子自身が編さんしたとされる「書経」。さらに「易経」「詩経」といった古典がある。
それらのテキストのなかで「当初、論語は格下の雑書とされた」と加藤徹・明治大教授は位置付ける。

正確に孔子の肉声を伝えてきたとも言い切れない。他の古典と同様、なかには後世の創作も混じっているようだ。
当初は取っ付きやすい入門書のような位置付けだった。加藤教授は「論語が一流に格付けされるのは宋の時代になってから」としている。

 よく言えば融通むげ、悪く言えばいい加減な論語の成立状況こそが、時代を超えたロングセラーとして読まれることを可能にさせたと加藤教授は分析する。
「読者は様々な読み方ができる」。

29 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 15:30:42.30 0
■言い換え、強弁……本当はセコイ?
 中国の春秋戦国時代に生きた孔子は失脚・亡命を余儀なくされた「挫折した政治家」といえる。
乱世のさなか小国の宰相格まで上り詰めたが、その後の晩年約14年間は自らの登用先を求めて中国各地を巡回しなければならなかった。
孔子の理想主義が当時の君主らに受け入れられなかったとされるが実態はどうか。
「諸子百家」(講談社)などの著者、浅野裕一・東北大名誉教授は「孔子の誇大妄想的な考えが敬遠された」とみる。

孔子は貧しい環境に育ったとされる。白川静氏は「孔子伝」(中央公論新社)で巫女(みこ)の庶子だったろうとしている。
その孔子が下級役人などの仕事の合間にどのようにして君主や貴族の儀礼・作法を知り得たのか、その過程は明らかになっていない。「
結局あれこれ聞きかじっただけの耳学問ではなかったか」(浅野名誉教授)。

人間的にも君子と言い切れるかどうか。浅野名誉教授は「出世主義の野心家の部分があった」と指摘する。
 孔子が諸国巡回時代に仕官を求めようと悪戦苦闘する様子は司馬遷「史記」などに詳しい。
弟子にたしなめられると「自分を買ってくれる相手を待っているんだ!」と言って内心のいらだちを隠さない。
欲得を捨てた聖人のイメージからはどうも遠い。

 最晩年に「鳳鳥至らず河図は出ださず。我はやんぬるかな」と嘆く。
聖者が出現する吉兆のシンボルとされた鳳鳥も河図も出ない。変革の兆しはなく世の中は悪いままだ。
それも「自分はどうしようもないと自らの不運を悲しんでいるだけで、分裂状況にある中国の民を思いやったのではない」と浅野名誉教授。

30 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 19:14:24.21 0
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20130616
なぜ中国は儒教の国なのに倫理が低いのか
中国では儒教を中心とした選民思想のカウンターとして、仏教やマニ教(キリスト教)が定期的に受け入れられ庶民による革命が行われた。
しかし革命後は必ず選民思想により権力の掌握が行われる。この系譜は現代の共産党まで続く中国の伝統である。

>庶民による革命が行われた。
そんなもんね〜よw
点から与えられた徳によって権力者が変わるという口実の元に禅譲があった
禅譲とは血縁関係によらず有徳の人物に帝位を譲ったとされる。
が、実際は簒奪で君主の地位の継承資格が無い者が、君主の地位を奪取すること。
あるいは継承資格の優先順位の低い者が、より高い者から君主の地位を奪取する事。
つまり徳が衰えたから新たな徳を持つ人物へ天下が移った(ただし実際は武力によって)

中国選民思想は日本も影響を受けているんだが、日本の場合はそこまで楽観的ではなく、豪快より、民衆の味方であることが強調され、さらに重要なのが悲劇的であること。義経や、楠木正成、赤穂浪士など。
悲劇的とは単なる英雄ではなく庶民感覚をもつことの象徴だろう。

>民衆の味方であることが強調され、さらに重要なのが悲劇的であること。
義経や、楠木正成、赤穂浪士のどこに民衆の味方という話が出てくる?
これらが流行ったのは良くも悪くも江戸時代に朱子学が流行った所為だろう
何百年も続く内に武士が、武士らしくなくなった
物語の中に武士らしい武士を求めたからだ、これは西洋でも同じだろう
中正騎士物語=アーサー王叙事詩がそうである様に

31 :考える名無しさん:2015/07/19(日) 19:18:35.50 0
波平、お前は歌舞伎とか、落語とかの文化の勉強をしろ
お前の思考の薄さは、そういったモノへの造詣の無さが原因

くだらんDVDなんぞ見るだけ無駄

32 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/20(月) 12:45:38.34 0
△四書五経入門―中国思想の形成と展開 竹内照夫 平凡社ライブラリー ISBN:4582763200

33 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/20(月) 19:02:03.12 0
儒教
●大学 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585940
●大学・中庸 金谷治 岩波文庫  ISBN:4003322215
○中庸 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585959
○[新訳]大学・中庸 守屋洋 新書  ISBN:4569703178
●礼記 下見隆雄 中国古典新書 ISBN:4896192672
○礼記 上 新釈漢文大系 竹内照夫 ISBN:4625570271
●論語 増補版 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4062919621
○孝経 全訳注 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4061598244
△史記〈1〉本紀 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082018

加地伸行
●沈黙の宗教――儒教 加地伸行 ちくま学芸文庫 ISBN:4480093656
●儒教とは何か 加地伸行 中公新書 ISBN:4121009894

白川静
●孔子伝 白川静 中公文庫 ISBN:4122041600
△中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122042402

●中国思想史 上 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010962
●中国思想史 下 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010970
●孔子 金谷治 講談社学術文庫 ISBN:4061589350
△四書五経入門―中国思想の形成と展開 竹内照夫 平凡社ライブラリー ISBN:4582763200
△世界の歴史〈2〉 中華文明の誕生 尾形勇、平勢隆郎 中公文庫)文庫 ISBN:4122051851
△論語の新しい読み方 宮崎市定 岩波現代文庫 ISBN:4006000227
△朱子学と陽明学 小島毅 ちくま学芸文庫 ISBN:4480095691
△孔子 DVD-BOX1 ASIN:B00WFNECI6

34 :考える名無しさん:2015/07/20(月) 19:07:11.21 0
>>33
>△孔子 DVD-BOX1 ASIN:B00WFNECI6
完全に笑わそうとしているだろう(笑)

35 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/20(月) 19:31:39.27 0
>>34
おもしろ。
アメリカドラマばりによくできてる。
史実と帳尻あわせながら

季札に弟子入りし、子産に学び、老子とあって悟る。

36 :考える名無しさん:2015/07/20(月) 20:07:08.34 0
中国のドラマをアメリカドラマ並とは…笑わせてくれるわ
バトルスターギャラクティカの方が数万倍上

宮崎駿なんて見て感動する奴はレベルが低い

37 :考える名無しさん:2015/07/20(月) 21:38:29.48 0
> 361 :純一 ◆QzuB1xeuck :2009/01/29(木) 21:19:02 0
> ほんで、東の郵便本が書かれた目的ですが、
> 私が邪推したところに拠ると、おそらくは、
> 岡斗世代のおたくと、
> 東、ぴかぁ〜、佃煮ポール世代のオタクとの
> ある種の断裂を示したい含意があると思われます。

           ↓ パクリ

> 248 名前:▲むささびん ◆JXLBbnYqTY :2009/02/02(月) 11:41:23 O
> 東の特徴は世代論にある。
> 先人たちとは徹底的に断絶を演出する。
> 僕たちが直面しているのは先人たちとは異なる新たな問題である。

38 :第三の波~平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 10:28:31.00 O
【社会】新国立競技場の建設費2520億円のハシタ金で大騒ぎする日本人が平和すぎて、頭痛が痛い。

39 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 10:38:22.02 0
新国立競技場の建設費用は何と2500億円。昔の東京オリンピックと比較すると?
http://news.kyokasho.biz/archives/32852
 2500億円という建設費は、他国と比較してもかなり高い。2008年に行われた北京オリンピックでは約500億円、2012年の ロンドン・オリンピックは約1000億円が投じられている(その後、追加費用が発生)。
 メイン会場の建設には多くの要因が関係するため単純な建設コストとしての比較は難しいが、それでも2500億円はかなり高いといってよいだろう。

 1964年に開催された東京オリンピックでは、旧国立競技場の建設に16億円が投じられた。当時のGDPと現在のGDPを比較すると40倍程度の差があるので、単純計算すると現在の価値で640億円だったことになる。
 今回の費用に比べればだいぶ安いが、それでも、東京オリンピックは日本の財政悪化の転換点となった。

日本政府の借金1000兆円は、1964年の東京オリンピック開催が発端だった?
http://news.kyokasho.biz/archives/16400
 確かに日本の財政は1964年に開催された東京オリンピックが大きな転機になっている。東京オリンピックに向けて活発に行われてい公共事業がパッタリとなくなり、翌年の1965年には「40年不況」呼ばれる大型不況に突入した。
景気対策として財政出動が必要となり、同年にはとうとう戦後初の国債が発行された。現在の日本の累積債務の山は、東京オリンピックの後始末がスタート地点なのだ。
 最近では、国家の体力を無視したオリンピック関連のインフラ整備が国家破綻のきっかけになったギリシャの例など、オリンピックと国家財政の関係は深い。

端金という奴らは自分が自腹切って建設するのが筋だろう

40 :第三の波~平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 12:05:22.27 O
てす

41 :第三の波~平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 12:33:19.68 O
飛んでた?

孔子DVD前半20話までみた。
残り18話は8月にレンタル開始。

前半は陽虎がクーデターを起こすが、回りの国の介入で逃亡するまで

ドラマは良くできておもしろい。一気に見れた。
基本は、孔子、陽虎、少せいぼうの下層3人の幼馴染みの青春群像。
それぞれ役割があって、陽虎は権力思考が強くて、魯国の季シンにごますり、成り上がり、死んだところでクーデター。
少せいぼうは、口がうまく頭が回り、儲け主義で成り上がる。
彼ら二人に翻弄されて魯国は混乱に落ちいっていく。
孔子は徳治にめざめ進言するが、まったく取り入れず、無力。
権力中枢での3人模様がからまり物語が進む。

42 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 12:36:10.70 0
孔子の得意技もゴマスリじゃんw

43 :第三の波~平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 12:41:52.83 O
で、伝記としては、事実とされる点を踏まえて、それを繋げて物語にはしているが、
史実が少ないから好きなようにかける。

白川の孔子伝では、陽虎とのライバル関係は認めているが、
陽虎のクーデターまでは孔子は無名の役人で何者でもないと、言っている。

だから伝記としてみるのは厳しいが、春秋時代の国々の物語としては面白い。
実際、こんな感じなんだろうな。
身分関係が厳しく、権力者たちはいかに生き残るが考え、礼なんて古くさいもので形骸化している。
ただし中国らしくて、天命思想は流れて、絶えず世間=天下の笑い者ならないように見栄えを考えて行動する。

44 :第三の波~平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 12:49:12.45 O
なにがほんとかわからないけど、本場中国人が作ってるし、
時代の空気感はでてるんじゃないかと思う。

権力者たちはみな策士で保身を大切にている。
孔子はまじめで、ほんと空気が読めず頑固で、
回りから相手にされず、権力闘争にまったく無力。

自分でも認識して、いまさら周公の時代を再現しょうと、教育を進めるの時代遅れ。

たぶん実際、孔子が生きているときそんな感じなんだろうなと。

45 :第三の波~平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 12:53:28.45 O
■1兆円なんて簡単に捻出できる。

2014年の社会保障費は総額で115.2兆円、そのうち約半分の56兆円が年金、3割超の37兆円が医療、残りは介護や子育て費用、生活保護等になる。
単純計算で全体を1%削るだけで1兆円も捻出できる。1%分の費用で新国立競技場を現在のデザインのまま毎年4個作ることが可能だ。12年後には47都道府県に建てられる。

もし社会保障費を今後は10%=10兆円削ると総理が明言するのなら、新国立競技場に1兆円かけてもいい。
社会保障費全体から見れば1兆円は「誤差の範囲」だからだ。1兆円が誤差の範囲ならば、他の支出はほぼ全て誤差の範囲だと言える。

保育園不足も1兆円あれば一瞬で解決できるだろうし、年間約5兆円の防衛費も社会保障費と比べれば微々たるものだ。
それくらい社会保障費の負担は大きい。それにもかかわらず、今最もホットな話題はたった2520億円の新国立競技場だ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150721-00010000-scafe-bus_all

46 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 12:59:02.22 0
>事実とされる点を踏まえて
そもそも、その史実も弟子たちの捏造の可能性大だろw

時代劇を見て感動するとはレベルが低いですね

>本場中国人が作ってるし
中国人が作った三国志とかのレベルの酷さry

47 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 13:03:16.58 0
中国の時代劇見て感動って笑わせてくれるな

48 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 13:05:51.96 0
>>45
中嶋よしふみって時点でお察し

49 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 13:33:23.01 O
>>47
ドラマ三国志は名作だよな。
あれは面白かった。

ドラマ嫌いなんだ。

50 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 13:36:23.05 O
ボクはドラマ好きだからな
前クールは天皇の料理番が面白かった。
コンクールは早くも、刑事七人以外脱落した。

51 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 13:38:29.03 O
やはり徳、礼は繊細で、力としては弱い。
礼はまだ分かりやすいが、徳は基本、法の補佐としてしか機能しないんだろ。

52 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 13:43:29.31 0
時代劇をバカにした口で…
さすがB層

53 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 13:44:42.27 0
>>51
>礼はまだ分かりやすいが、徳は基本、法の補佐としてしか機能しないんだろ。
バカかお前は
徳が法より上にあるのが徳治政治
法がきちんと機能している場合、徳治は不要
法治政治を否定するのが徳治政治

54 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 13:49:30.30 O
よく昔の方が礼がきちんとしていたと言われるけど、
まったく逆だろう。

昔は、学校も言ってないし、バカばかり、例、規律なんてまったくわからない。
人権なんかもなく、まさに下層は動物。

それに比べて現代人の規律正しさは奇跡的。

スーパーとか、盗まれないのを前提にものを大量に山積みしてる。
誰に言われなくても公共できちんと並ぶし

みんな清潔で礼儀正しいし。

超徳礼社会。

たぶん孔子が見たらひっくり返るだろう。

55 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 13:50:09.83 O
>>52
馬鹿にした???

56 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 13:51:14.25 O
>>53
マジか?
そこから講習がいるのか?

57 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 13:57:25.64 0
>>56
>そこから講習がいるのか?
お前がだろうが!
徳治政治=民主主義政治だと勘違いしている時点でお前は中学からやり直し

58 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 13:59:09.69 0
>>55
若いのにもう痴呆症ですか?
バカな上に痴呆症とは、もうダメかもしれんね

59 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 14:39:18.60 O
もしかして大岡時代劇のやつか(笑)

別に時代劇を馬鹿にしたんじゃなくて、事実と時代劇を混乱して迷子になるキミを笑ったんだよ。

ドラマはエンターテイメントで大好きだし、歴史物は史実と比較しながらメタに楽しむのが面白い。

60 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 15:04:27.42 0
>>59
>別に時代劇を馬鹿にしたんじゃなくて、事実と時代劇を混乱して迷子になるキミを笑ったんだよ。
区別しているけど?
お前が徳治政治を理解できないから大岡政談と言ってんだが?
徳治政治=民主主義と思っているお前の法が迷子だろ

恥ずかしい奴
つうかクズの見本孔子真っ青のバカがお前だ

61 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 15:09:53.20 0
>>59
>歴史物は史実と比較しながらメタに楽しむのが面白い。
弟子が捏造した可能性が高い代物を史実とか…

これはもうダメかもしれんね、つうかダメだこりゃ〜

62 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 15:25:57.71 0
なぜ宮崎駿はロリコンなのか
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20140707
日本人的ロリコン、幼児の神聖化は、西洋にはない日本人的文化ですよね。宮崎駿の魅力はスピード感、浮遊感と超人感だよね。
スポコン的になんか努力して身につけたものじゃなくて、コナンとかナウシカとか、もののけとか、その超人感が、幼児の純粋さと繋がってる。
幼児には最初から神聖で超人的な力がある

普通にその番組の対象年齢だろう主人公の歳って…

https://ja.wikipedia.org/wiki/未来少年コナン
中島は折からのアニメブームを考慮して「小学校5、6年生に向けた冒険活劇にしよう」と考えを変更し、幾つか提示した作品の中からNHK側が『残された人々』を選んだ。

とても、思考能力があるとは思えません

63 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 17:21:06.77 O
>>60
徳治で大岡出すのはまだいいけど、
例に時代劇だすなよ(笑)
迷子すぎるだろ

64 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 17:25:21.11 O
>>61
だから史記でも、論語でもなく、白川の孔子伝とか言ってるだろ

弟子の嘘かもとか、あほすぎる。
キミは誰説?(笑)

65 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 17:53:08.41 0
>>63
ぷ、言い訳が見苦しい
時代劇は歌舞伎や、落語等が元ネタで、さらにその元ネタが中国の故事って事も知らない情弱がお前w

>>64
>だから史記でも、論語でもなく、白川の孔子伝とか言ってるだろ
それが正しいとでも?

>弟子の嘘かもとか、あほすぎる。
マジでお前は情弱なんだな
中国の歴史書を書くのは儒者の仕事、よく問題になるものの一つが禅譲
平和的な簒奪って事だが、これが徳のおかげだとでも?

易学は儒家の知識の一つで耶律楚材なんかもそのエキスパートで有名、日食等を占った
ところが、政治悪い=皇帝の政が悪いと日食の記録が増えるんだが?
儒家が平気で嘘を史書に残すのは有名な話

孔子が望んだ鳳凰なんて現実に存在するのか?
要はそういう事だ

弟子の嘘かもとかじゃない、改ざんは儒家の得意技の一つ
南京大虐殺が数倍に膨れ上がったが改ざんは有名だが
後漢時代でも獲った首の数を10倍に付けるのは公式に許されていた
そしてそれが記録として残っている

中国の史書はその辺の背景を知ってない奴が読むと大間違いをする

お前がそういう知識がないのは誰でも知っている

66 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 18:38:39.86 O
>>65
おいおい、また一人でどこかいって(笑)
会話を成立させよう

67 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 18:40:37.72 0
てめ〜の頭が悪い事を無視して理解できない話が出ると相手を迷子扱いする、誰説?って逃げる様な無能に言われたくないが?

68 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 18:45:25.87 0
理解できないおバカさんにわかる様に書こうか?
新約聖書でも、矛盾点や同じ事でも記述が◯◯の福音書とかによって変わるのに
それを鵜呑みにする奴はバカ

69 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 19:37:36.24 O
>>68
それが歴史学な。
まずこれが基本中の基本。
で、誰説?がスタート。


それが系譜学。
歴史好きなら歴史板ででんぐりがえりしとけや。
おまえの知能では哲学板は無理。

ここ荒らしてる初老廃人でもわかるぞ。

70 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 20:36:01.08 0
>>69
>まずこれが基本中の基本。
こういう書き方するときは、理解できてないだろうお前w

>おまえの知能では哲学板は無理。
自己紹介乙

宮崎駿は〜とかロリコン云々とか程度の低IQでないと哲学板は無理なんだw

自分を大きく見せてるつもりが小物臭漂ってますよ波平さん

71 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 20:52:59.14 0
波平はその場の感情で勢いだけで喋ってる部分があるからな
だから↓のように僅か20分程度の主張すら矛盾している始末だ

> 384 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2013/02/13(水) 21:41:06.46 0
> 思考が全部、中二病なんだよ
> 証明しろ、なって行っちゃダメ。
> なぜならこの世界に証明できることなんて一つもないから

            ↓ 僅か20分後

> 391 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2013/02/13(水) 22:01:29.49 0
> いまどき中二病的「この世界に証明できることなんて一つもない」じゃあ
> しょうがないだろう
> それじゃ、10年前の2ちゃんねるだよ

72 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 21:38:56.66 0
○史記世家 上 司馬遷 岩波文庫 ISBN:4003321464

73 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 21:49:13.92 0
お〜っと話をリセットする気です

74 :考える名無しさん:2015/07/21(火) 21:53:13.99 0
まず漢字がまともに読めないからな↓
本はおろか、新聞すらまともに読めるレベルじゃない、だから韓流ドラマみたいなものしか見れない

> 168: 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY 2011/11/01(火) NY:AN:NY.AN 0 AAS
> 中国の歴史書に日本(倭国)が初めて登場するのは、初めて中国を統一した始皇帝の秦の次、漢時代である。
> 有名な双国が貢ぎ物を送り、正式な倭国の代表とみて認められて金印を授かる。

 ×双国
 ○奴国

> 176: パルメゾーン ◆JXLBbnYqTY 2011/11/01(火) NY:AN:NY.AN 0 AAS
> 次、漢時代である。有名な双国が貢ぎ物を送り、正式な倭国の代表とみて認められて金印を授
> かる。漢は初めて儒教を国学として認めたが、双国が認められるには、ある程度漢字を操り、

 ×双国
 ○奴国

75 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 22:29:52.25 0
今日の発狂してますね(笑)

70 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん

71 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん

74 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん

76 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 05:39:32.82 0
>>75
> 75 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/21(火) 22:29:52.25 0
> 今日の発狂してますね(笑)

 × 今日の

77 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 05:46:26.74 0
  波平、遂に発狂!!!!   

1 :考える名無しさん:2014/10/24(金) 13:12:43.05 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:9368c25c0e1fcb4c3420acd807713d27)


78 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 08:18:10.44 O
暑い
早くも熱中症ぎみ
本読むのもだるい…

79 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 08:19:24.20 0
読んでも理解できないんじゃ無意味だろ

80 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 09:22:54.70 0
ジャイアンリサイタル

81 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 09:37:52.60 O
てす

82 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 11:49:41.08 O
ようするにいかに統治するかの問題。
たとえば現代はどのように統治されているか?

83 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 12:20:53.82 0
ここはピケティのスレじゃなくなったってことか。
まあブームも終わったしな。

84 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 12:32:17.57 O
現代は法治国家だ。
法で細かく決められて運営されてる。
実際に法が効力があるのは罰則があるから。
さらには罰則を強制できるように、国家によって暴力が独占されている。
法に暴力の支えがなければ名ばかりになってしまう。
法はただ取り決められているわけではなく理念がある。
民主主義であることだか、より具体的には私有財産の保護と、機械均等による自由な経済競争の保護。

自由・民主主義を実現することを国民が承認した上での法。
これも重要な統治の方法で、人は利益を基準に行動する。

法、暴力、経済ときた。
では現代に徳はないのか。
実際、法の執行は経済性をもとに運用されている。法を厳しくしすぎて逮捕者が大量にでると、処理費用がかかりすぎる。
たとえばネット上の軽い犯罪は、真面目にすべて取り締まるには金がかかりすぎる。
だから見せしめ的な取り締まりが行われる。

実際、法を厳密に運営するには無理がある。だから重要であるのが、悪いことはしない自己抑止である。
ここで、規律、徳、礼など、慣習が働く。

法、暴力、経済、慣習。
近代の特徴はなんと言っても経済である。それ以前に経済成長が正しいという理念のもとに、その他が運用され、統治されることはなかった。

85 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 12:49:11.11 O
ではたとえば孔子の時代はどうだったか。

法、暴力、経済、規律

まず始めにあるのは、身分制度の存続である。身分制度は社会統治の疑えない大前提だった。

そのためになにが重視されるか。
下層を押さえる、他国との戦争もあり、暴力はなにより重要だろう。
上層がそのまま軍人であるは基本である。
孔子でさえ教科に武道を入れていた。
民衆を暴力だけで押さえることはできない。法は必要だ。農業を中心とした経済政策も重要だろう。
しかし法、経済は、近代のように中心ではなく、身分制を支える役目である。
そして次に慣習がくる。慣習は宗教により支えられる。宗教的正当性に従い、民衆は労働する。

ここに徳が入ってくる。礼を元にしたより実践的な教えとしての徳。
ただし徳治政治とまでいうにはこの徳の比率を高めなければならない。
徳は身分制事態を否定しない。あくまで身分制を安定して支える技術である。 徳治によれば、法、暴力、経済、慣習を緩める。

86 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 12:54:29.98 O
民衆への統治技術として、現代ならいざ知らず、肉体労働にあけくれ、義務教育もない、孔子の時代、徳を教育するのは、現実的むずかしい。
だから徳を礼楽として具現化して、それを広めることを考えた。

そして、法、暴力の比率を下げることが孔子の狙いだった。
しかしそううまくはいかなかった。

つづく

87 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 13:01:15.82 0
まだ、徳が何かを理解してないんだw

88 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 15:19:23.54 0
>>86
>そして、法、暴力の比率を下げることが孔子の狙いだった。
そもそも、法の比率を下げてどうするん?
君主の都合で刑罰がコロコロ変わるのはみんなが困るんだが?
暴力に至っては、少なくとも孔子が生きた時代はたくさんの国が覇権を争った時代
戦争中に武装解除しろとでも?
9条さえ守ってれば敵が攻めてこないと思っている左向きと同じ思考

合理的どころか、非現実的な政策だな

89 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 15:21:42.67 O
具体的に孔子が進めたのは、宗教の布教のように民衆を対象にするのではない。
君主に君子となることを求めた。
君主自らが礼に従い、修身し、民を思う。民も修身し国も治まる。

子曰く
物格って(いたって)后(のち)至る。
知至って后意(い)誠(まこと)なり。
意誠にして后心正し。
心正しくして后身修まる。
身修まって后家斉う(ととのう)。
家斉いて后国治まる。
国治まって后天下平らかなり。
「大学」

90 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 15:27:59.10 O
しかし実際にそんなきれいごとで、国は治まらないと、孔子がまともに登用されることはなかった。

法、暴力、経済、慣習

時代は暴力の時代に向かっていく。
やがて統一した秦では、暴力と法が重視される。恐怖政治に至る。

漢では、暴力と法は変わらないか、その反省から、法解釈の緩衝材として、徳の比率が増やされる。

91 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 15:32:21.70 O
もし徳治を進めるなら現代は絶好の環境である。
人々は豊かさによる心の余裕と義務教育により、高い慣習=規律訓練レベルをもつ。
またすでにヒューマニズムという高い仁を兼ね備えている。
世界史において、いまの日本人ほど徳のある民衆は存在しないだろう。

92 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 15:34:05.54 0
>>90
>時代は暴力の時代に向かっていく。
元から武力の時代だが?
春秋時代は戦乱の時代なんだがな…

>やがて統一した秦では、暴力と法が重視される。恐怖政治に至る。
まだ儒家のやり方を理解してないんだ…
それこそ徳とやらを重視した儒家の捏造

93 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 15:37:11.86 O
>>92
誰説?(笑)

94 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 15:41:18.46 O
弟子1号もよく使うが、陰謀論はやめた方がよい。

陰謀論は、話が簡単で、人目を引くから、言うやつはそれだけてあほ認定される。

95 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 15:48:51.13 0
>>93
お前が読んでいる本を隅から隅まで読めばいい

>>94
陰謀論どころか、事実がだろうが?
中国の史書の編纂は儒家の仕事
そして、隅々まで読めば紀伝体なので矛盾した記述が出てくる
同じ事でも伝によって内容が異なる
複数の人物の伝を読み解くのは当たり前じゃなかったのか?

特に国の支配者が変わる時は前の支配者が徳を失う必要がある
従って、徳を失う行為が捏造される
NHKの中国の謎を見てそれも気づかなかったアホなのか?

96 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 16:18:59.04 0
>>91
>もし徳治を進めるなら現代は絶好の環境である
民主主義の時代に徳治なんてバカなの?
そもそも政治に必要なのは公平性であって徳治という名前で法律をねじ曲げる不公平はあってはならない

97 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 17:17:30.89 O
>>96
たとえば仁とはなんだ? 忠孝悌があるのにわざわざなんで孔子は仁を作ったんだ?

仁とヒューマニズムとどう違うんだ?

徳によって統治する。徳は時代によって変わってもよいはずだ。

現に現代の徳は身分制と繋がってない。

98 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 17:21:42.14 0
>>97
>仁とヒューマニズムとどう違うんだ?
簡単に言えば上から目線のヒューマニズム
何度言えばわかる、可哀想な下々を徳を持った支配者が管理してやるよってのが仁

>徳によって統治する。徳は時代によって変わってもよいはずだ。
お前は徳=モラルだと勘違いしているだろう?
徳は天から与えられたモノ、運や能力、財産等

>現に現代の徳は身分制と繋がってない。
現代の徳と、孔子の儒教の徳は別物

お前はバカすぎる

99 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 17:22:45.87 O
だから弟子2号のために、
構造論から説明したのに。
統治とは、
法、暴力、経済、慣習でできている。

これが歴史学でなく、系譜学だ。
お前に足りないメタ認識、哲学脳だ。


徳=身分制と固執するな。

共産主義国家がことごとく失敗したから、マルクス論が間違っているわけではない。
わかるな。

100 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 17:26:17.45 O
>>98
仮にそうなら孔子は仁とは言わない。
そこにヒューマニズムの扉を開けた。
しかしさすがに紀元前。
民主主義までは思い付かない。
墨子は確かに理念的にさらに人類愛を語ったか、あまりに夢物語すぎてすぐに消えた。
孔子はそこまで夢想家ではない。

101 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 17:29:04.14 O
現代の経済性重視統治の中で、有用な徳とはなんだ?仁とはなんだ?
礼とはなんだ?美とはなんだ?

考えろ。

102 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 17:31:11.90 0
>>99
>徳=身分制と固執するな。
徳とは天から与えられたモノであって個々の人間が持っている
そしてそれが大きいモノが人々を支配するってのが儒教の徳

現代の徳=モラルと、儒教の徳は違う

そもそも個々人の価値観によって勝手に物事の解釈が変わる事がどれだけ問題だか理解できないのか?
だから法律を決めて、価値観の違いを乗り越えるのが法治

お前の価値観で昨日までは違法だったのが、今日から合法とか勝手にされるとみんなが迷惑する

無能は黙ってろ

103 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 17:38:03.14 0
>>100
>仮にそうなら孔子は仁とは言わない。
>そこにヒューマニズムの扉を開けた。
>しかしさすがに紀元前。
勝手にそう思ってろバカが…

>孔子はそこまで夢想家ではない。
夢想家じゃなくて、自分が支配者を操縦するために、偽の権威(周代の慣習というペテン)を使おうとした詐欺師だろう?
それが戦乱時代に合わず、放浪する結果になった

漢や後漢時代に儒教を使って支配しようとしたのは、権力者に従順なバカを作る為

時代劇と、史実との違いもわからない奴がドラマ見て感動とは笑える話だな?
史実にしても、色々突けば矛盾が出てくる
嘘を嘘と見抜けないアホが、似非(上からの)ヒューマニズム(という偽善)を振りかざした孔子を持ち上げてオナニーは痛すぎる

104 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 17:41:41.86 0
>>101
>現代の経済性重視統治の中で、有用な徳とはなんだ?仁とはなんだ?
>礼とはなんだ?美とはなんだ?
>
>考えろ。
現代の徳なんて各々の価値観、どこに仁がいる?
なぜ、支配者の偽善が必要なんだ?

>礼とはなんだ?
これも個人の価値観だろう?

>美とはなんだ?
これに至ってはその最たる物だろうが?
ある絵を見て綺麗だと思う奴もいれば、つまらないと思う奴もいる
それのどこが悪い?

国家やお前ごときに価値観を押し付けられるのは迷惑

105 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 18:12:49.55 O
>>103
でた陰謀史観
水戸黄門みすぎだろ(笑)

106 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 18:26:01.57 O
勧善懲悪なんて、いまどきプリキュアでもないぞ(笑)

107 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 18:26:27.14 0
>>105
>水戸黄門みすぎだろ(笑)
おやおや、孔子のドラマで感動するアホのセリフとは思えんなw

可哀想に、中国の正史、例えば筑摩書房が出している史記や三国志を読んだ事はあるのか?
殷の紂王が史記に書いてある通りの暴君だったとでも?
同じ様に秦の始皇帝が書いてある通りの暴君だったとでも?
隋の煬帝がていとは読まずだいと呼ばれる程の暴君だったとでも思っているのか?

それこそここ最近の発掘や、色々な見直しで評価が変わっているのに陰謀論だとかバカだろう、お前w

権力者が変わる=徳による政権交代だから、徳が衰えてないと大義名分が立たないんだが?
その為に前権力者を必要以上に悪く書くのは中国の史書では当たり前
三国志の曹操は陳寿の書いた元々の版では英雄扱いだが
のちの晋書では悪く書かれる
唐ではもちろんその前の政権、隋は悪く書かれているんだが?

それを陰謀論扱い…お前、歴史書を読めよ
そしてその矛盾くらい普通に感じろよ

まともに学校も出てないんじゃないのか?お前…

108 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 18:27:04.01 0
>>106
>勧善懲悪なんて、いまどきプリキュアでもないぞ(笑)
はぁ?そんなの見てんだ…恥ずかしくないか?

109 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 18:37:15.04 O
確かに徳を単に善行に落とし込むと、言葉遊びになる。

やはり招魂再生とは切り離せない。
招魂再生は忠孝悌と切り離せない。
親を思い、先輩を思う礼儀って、そんな問題だろうか。

問題は現代、圧倒的に力をもつ経済性との関係だ。
しかし実は経済性と仁はとても愛称がよい。
問題は相性がよすぎて危険だ。

現代の経済性が自由と平等で成立していると考えるのはバカだ。

110 :123:2015/07/22(水) 18:38:14.34 0
共産主義は国家の収奪によって滅亡した。
次は資本主義も国家の収奪によって滅亡することになる。
金持ちは国家の収奪によって税金という罰金を科されることになる。
よってして、その源泉であるところの資本主義は滅亡することになる。
生産経済の現場を知らない学者の、思いつきの発想が、罷りとおることになる。
そこには嫉妬、妬みがあるだけのことである。

111 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 18:40:37.49 O
>>110
板違いですよ。

112 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 18:41:55.69 O
>>107
お〜い、帰ってこい!

113 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 18:43:15.31 O
資本は必ず徳と結び付く。

114 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 18:44:10.55 0
>>109
>親を思い、先輩を思う礼儀って、そんな問題だろうか。
実践できない人間が言うと説得力がありません
それと無能な年功者に限って礼にうるさく、下を見下し上に媚びへつらうから世の中が悪くなるんですよ、現実世界では…

>しかし実は経済性と仁はとても愛称がよい。
ふざけろ、ケインズを使って経済を無茶苦茶にしているのはどこの政治家共だ?
上から目線の政治ほど迷惑な物はない

115 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 18:44:38.78 0
>>112
逃げるなクズがw

116 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 18:55:49.08 0
>>112
普通に大学である程度中国の歴史を学ぶ場合、儒学者が書く嘘を読み解けって話が出てくるのを知らないんだw
禅譲なんて血が流れない(事になっているが)暴力で脅しての政権交代だって普通に出てくるんだが?
日食の数が合わないなんてのもそういう話だ

儒教がどんな物かもわからず絶賛してオナニー
お前に生きている価値はない

117 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 19:06:40.83 O
>>116
はい、くそみそ(笑)

118 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 19:07:50.07 0
大変だな、認めたくないと誰説とみそくそで逃げる
可哀想な脳みその持ち主それがお前


中学校から出直せ

119 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 19:08:19.70 O
>>116
迷子
くそみそ
陰謀論

馬鹿の三大特性みんなそろえとるなあ(笑)

120 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 19:14:09.00 0
>>119
自己紹介乙

知能が低すぎてレベルが高い話についていけず迷子になる波平
認めたくない事実が出てくると誰説、くそみそで逃げる波平
中国の史書は政権交代時に権力者に媚びるから、そこをキチンと読み解けってのが理解できずに陰謀論扱い

さすが、
儒教の徳=モラル
仁=ヒューマニズム
と誤読する人間はレベルが低い

121 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 20:10:10.32 0
■法、暴力、経済、慣習


現代はどのように統治されているか?

ようするにいかに統治するかの問題。たとえば現代はどのように統治されているか?現代は法治国
家だ。法で細かく決められて運営されてる。実際に法が効力があるのは罰則があるから。さらには
罰則を強制できるように、国家によって暴力が独占されている。法に暴力の支えがなければ名ばか
りになってしまう。法はただ取り決められているわけではなく理念がある。民主主義であることだ
か、より具体的には私有財産の保護と、機械均等による自由な経済競争の保護。自由・民主主義を
実現することを国民が承認した上での法。これも重要な統治の方法で、人は利益を基準に行動する。

法、暴力、経済ときた。では現代に徳はないのか。実際、法の執行は経済性をもとに運用されてい
る。法を厳しくしすぎて逮捕者が大量にでると、処理費用がかかりすぎる。たとえばネット上の軽
い犯罪は、真面目にすべて取り締まるには金がかかりすぎる。だから見せしめ的な取り締まりが行
われる。実際、法を厳密に運営するには無理がある。だから重要であるのが、悪いことはしない自
己抑止である。ここで、規律、徳、礼など、慣習が働く。法、暴力、経済、慣習。近代の特徴はな
んと言っても経済である。それ以前に経済成長が正しいという理念のもとに、その他が運用され、
統治されることはなかった。

122 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 20:11:32.93 0
孔子が目指した統治

ではたとえば孔子の時代はどうだったか。法、暴力、経済、規律。まず始めにあるのは、身分制度
の存続である。身分制度は社会統治の疑えない大前提だった。そのためになにが重視されるか。下
層を押さえる、他国との戦争もあり、暴力はなにより重要だろう。上層がそのまま軍人であるは基
本である。孔子でさえ教科に武道を入れていた。民衆を暴力だけで押さえることはできない。法は
必要だ。農業を中心とした経済政策も重要だろう。しかし法、経済は、近代のように中心ではなく、
身分制を支える役目である。そして次に慣習がくる。慣習は宗教により支えられる。宗教的正当性
に従い、民衆は労働する。

ここに徳が入ってくる。礼を元にしたより実践的な教えとしての徳。ただし徳治政治とまでいうに
はこの徳の比率を高めなければならない。徳は身分制事態を否定しない。あくまで身分制を安定し
て支える技術である。 徳治によれば、法、暴力、経済、慣習を緩める。

民衆への統治技術として、現代ならいざ知らず、肉体労働にあけくれ、義務教育もない、孔子の時
代、徳を教育するのは、現実的むずかしい。だから徳を礼楽として具現化して、それを広めること
を考えた。そして、法、暴力の比率を下げることが孔子の狙いだった。しかしそううまくはいかな
かった。具体的に孔子が進めたのは、宗教の布教のように民衆を対象にするのではない。君主に君
子となることを求めた。君主自らが礼に従い、修身し、民を思う。民も修身し国も治まる。

子曰く
物格って(いたって)后(のち)至る。 知至って后意(い)誠(まこと)なり。
意誠にして后心正し。 心正しくして后身修まる。
身修まって后家斉う(ととのう)。 家斉いて后国治まる。
国治まって后天下平らかなり。
「大学」

しかし実際にそんなきれいごとで、国は治まらないと、孔子がまともに登用されることはなかった。
法、暴力、経済、慣習。時代は暴力の時代に向かっていく。やがて統一した秦では、暴力と法が重
視される。恐怖政治に至る。漢では、暴力と法は変わらないか、その反省から、法解釈の緩衝材と
して、徳の比率が増やされる。

123 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 20:12:36.32 0
いまの日本人ほど徳のある民衆は存在しない


もし徳治を進めるなら現代は絶好の環境である。人々は豊かさによる心の余裕と義務教育により、
高い慣習=規律訓練レベルをもつ。またすでにヒューマニズムという高い仁を兼ね備えている。世
界史において、いまの日本人ほど徳のある民衆は存在しないだろう。

現代の経済性重視統治の中で、有用な徳とはなんだ?仁とはなんだ?確かに徳を単に善行に落とし
込むと、言葉遊びになる。やはり招魂再生とは切り離せない。招魂再生は忠孝悌と切り離せない。
親を思い、先輩を思う礼儀って、そんな問題だろうか。問題は現代、圧倒的に力をもつ経済性との
関係だ。しかし実は経済性と仁はとても愛称がよい。問題は相性がよすぎて危険だ。現代の経済性
が自由と平等で成立していると考えるのはバカだ。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


124 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 20:49:31.63 0
>>123は何で監視されてるのかね?
どっかからコピペしてきたからか

125 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 20:52:38.72 0
ちなみに慣習は分析のウィトの用語であって
全然儒教とは無関係なので『誰説?』状態だが

126 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 21:01:25.70 0
>>105-106見て思ったたんだけど、
やっぱ波平は常に家に居る引き篭りなんだろうな。

都内で水戸黄門の放送時間帯がどの辺りかは知らんが
ウチでは夕方四時くらいに放送してるからな。
プリキュアは朝九時か十時くらいだろ?

て事はその時間帯家に居て常に水戸黄門とプリキュアを家で観てる訳だろ。
かなりリアルな引き篭り具合だよな。

127 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 21:46:39.69 0
もし徳治を進めるなら現代は絶好の環境である。
人々は豊かさによる心の余裕と義務教育により、高い慣習=規律訓練レベルをもつ。
またすでにヒューマニズムという高い仁を兼ね備えている。
世界史において、いまの日本人ほど徳のある民衆は存在しないだろう。

現代の経済性重視統治の中で、有用な徳とはなんだ?仁とはなんだ?
確かに徳を単に善行に落とし込むと、言葉遊びになる。
やはり招魂再生とは切り離せない。招魂再生は忠孝悌と切り離せない。
親を思い、先輩を思う礼儀って、そんな問題だろうか。

問題は現代、圧倒的に力をもつ経済性との関係だ。

実は経済性と仁はとても愛称がよい。
問題は相性がよすぎて危険だ。現代の経済性が自由と平等で
成立していると考えるのはバカだ。

128 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 22:16:05.93 0
波平はもしかしたらもうすぐ死ぬのかもしれないな。

だが、おそらく波平は死ぬ勇気が無い。
ここまでタラタラと延長してきたモラトリアムをどう終わらせるか?
もう36歳、いまさら初めて就職するのか?いや、それなら自殺か?

案外図太く生きるのかもしれないなw

129 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 22:26:03.93 0
これから失業率は猛烈に上がっていくから政府は福利厚生として炊き出しや
低所得者用の住宅を真剣に検討し始めている

そんななかこれから起こるだろう貧民の暴動を治め治安維持を安く済ませる手段として儒教に目を付けたナミヘイ
慧眼と正にニート支店で的確に世を見据えた慧眼だろう

130 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 22:32:56.10 0
いつまで見苦しいコテ叩きしているんだ純一君

131 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/22(水) 22:56:36.01 0
毎晩毎晩、発作か(笑)

126 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
128 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
129 名前:あぼ〜ん[NGWord:ニート] 投稿日:あぼ〜ん
130 名前:あぼ〜ん[NGWord:純一] 投稿日:あぼ〜ん

132 :考える名無しさん:2015/07/22(水) 23:21:38.64 0
あれ?129波平じゃなかったのか?www

133 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 00:03:17.69 0
しばらくは親父の退職金で食っていく訳か

しかし長くはもたんだろうな、
もって十年、つまり波平が40代くらいのうちに金は尽きるな

おまえは金の使い方が荒いし、ロクな事に使わない。
買春ツアーとか風俗やポルノとかに際限無く金を使ってしまう。

しかも、働いてないから生きてるだけで金がかかる
これでは親父の退職金を食いつぶしてしまうだろうな

134 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 00:42:14.36 0
>>132
失礼な奴だな
俺はナミヘイを褒めているんだけどな
マジで政府が考えそうなことだし

135 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 01:04:17.50 0
スペインとか若者の失業率が55%とかある
日本も20〜30年後にはかなり高い失業率になるだろう
民主主義では失業者も有権者
そうなれば生活保護を謳う政策が選挙でうける
また低所得者などは暴動などを起し治安も悪くなるわけだ


そこで儒教よ
日本人には支配される下地が既にできているから儒を持って治世を成す
貧乏を清貧と例えて美化する文化
素晴らしいね

勿論為政者や特権階級は贅を尽くすわけですが

136 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 01:04:59.51 0
そういう事だよね?
ナミヘイ

137 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 04:34:09.30 0
仏教の生まれた国インドのガンジー
彼は人には生まれ持った品格があり支配されるべき人間と支配する人間は明確に分けるべきだという信念があった

確かに分相応という言葉があるように多くは支配される世尾媚を見つけるべきなのだろう
それをちっぽけなプライドに納得させる術が儒教
日本では徳と呼ばれる概念

人は生まれ付き平等ではない
生まれもった素質も教育環境も資産も不平等が前提
ならばそれらから得られた才能や機会を公平に判断すればこそ妥当な権利が得られる

民主主義という偽りの平等と自由を捨て千年続く公平な社会を今こそ築こう

138 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 04:35:12.96 0
× 確かに分相応という言葉があるように多くは支配される世尾媚を見つけるべきなのだろう
○確かに分相応という言葉があるように多くは支配される喜びを見つけるべきなのだろう

139 :インスタント:2015/07/23(木) 04:45:18.64 0
儒教は保守思想の一つかもね
それは自らの、さらには人の不完全な知性への不安が要請する一つの態度かもしれない
儒教も保守も全く知らないのだが

保守的でない民主主義の場合は価値の代わりに法が出てくる

140 :インスタント:2015/07/23(木) 04:48:44.06 0
若い左翼が過激に走り挫折して保守化するというのはある
すべきは世に媚びる事ではなく知的向上だろうと思う

141 :インスタント:2015/07/23(木) 04:51:14.39 0
儒教批判ではなく、儒教は聖性を帯びるほどに洗練されている気もするし、
しかし現代は現代で、それを受け取るには脱構築せざるを得ない

142 :インスタント:2015/07/23(木) 04:56:45.65 0
ザハ案についてアナクロニズムではないと言ったのはザハ案が脱構築的であるという事
同じように儒教も現代ではその様に受け取る他ないだろうと思った
勿論「脱構築は破壊ではない」

143 :インスタント:2015/07/23(木) 04:58:27.44 0
俺はひっそり暮らしたい気分

144 :インスタント:2015/07/23(木) 05:03:47.43 0
こういうの止めたい

145 :インスタント:2015/07/23(木) 05:07:11.59 0
2ちゃんは止めたい

146 :インスタント:2015/07/23(木) 05:42:23.08 0
つまりは若い左翼はバカであると言いたい

147 :インスタント:2015/07/23(木) 05:47:11.04 0
申し訳ないと

148 :インスタント:2015/07/23(木) 05:53:52.32 0
しかし保守化したのでもない
なんでもない態度が褒められるべきでもない
結局は俺はクズ

149 :インスタント:2015/07/23(木) 05:56:15.31 0
○しかし保守化したのでもない
自分は保守でも革新でも何でもない
結局は俺は何も引き受けておらず空虚でダメ

150 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 05:57:36.72 0
てか漢字間違えてる時点で波平だよなw

151 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 06:03:02.85 0
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51900691.html
中国は絶対王制のようにみえるが、科挙で選ばれた官僚(士大夫)は10万人に1人ぐらいの「超小さな政府」である。
中国のように広大な領土と膨大な人口を西洋近代のような立憲主義で統治したら、議会や司法機関にかかるコストは何百倍も必要になる。
つまり『「日本史」の終わり』でも書いたように、中国の王朝は戦争を抑止する機能に特化した(ノージックとは違う意味の)最小国家なのだ。

ここで王朝を安定させているのは、露骨な暴力ではない。中国の隅々まで暴力支配したら、とんでもないコストがかかる。
その権力の源泉は情報の独占だった。科挙の競争率は3000倍ともいわれ、そういう激烈な競争を勝ち抜いたエリートだけが文書を扱い、国家の情報を独占する。
民衆の90%以上は、字も読めなかった。もともと漢字は、民衆に読めないようにつくられた国家の暗号だった。

152 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 06:03:43.72 0
だから中国の儒教的な徳治主義は建て前だけで、実際の王朝には厳格な官僚制度はなく、士大夫の所属する親族集団(宗族)から大量に公務員や出入り業者を使うコネ社会だった。
宮廷は腐敗し、所有権が法的に保証されていないので、商取引も宗族の中で行なわれ、私的な司法機関まであった。

ところが中国の制度をコピーした李氏朝鮮は儒教の建て前をそのまま制度化し、中国より厳格な官僚制度をつくり、両班と呼ばれる身分差別を固定した。

科挙は行なわれたが、士大夫の子弟は貴族の地位を世襲できるようになり、極端に集権的な身分社会が500年以上続いた。

中国と朝鮮に共通するのは、民衆を徹底的に無知な状態に置く愚民主義である。それでも中国の実質的なガバナンスは宗族に分権化されていたが、朝鮮は国家にすべてを集中したので、今の北朝鮮のような統制経済になり、多くの餓死者が出た。
つまり愚民主義の伝統が国家を安定させる一方で経済を停滞させ、民度を低下させたのだ。

153 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 06:05:18.81 0
波平が望む徳による(勘違い民主主義)政治は階級の固定化と衆愚政治を生むだけ

154 :インスタント:2015/07/23(木) 06:55:15.72 0
勉強しないと何も得られないようになってるから自然と勉強するだろうとは思うんだけどね

155 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 07:57:05.29 0
>>135
スペインの若年層の失業率が高いのは労働組合の所為だよ
労働組合のおかげで無能な年寄りの解雇ができず、労働組合に入ってない新卒は就職ができないから

年功序列と、既得権益の保護が経済を悪化させる
共産党と民主、社民はいらない

156 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 08:07:25.26 O
弟子2号は哲学とはなにかを反面教師として改めて示してくれる。
彼は単に特化した歴史を持っているだけ。
複数の点だけで、空間軸、時間軸の地図を持っていない。
地図かなくて俯瞰して考えることがないから、縦軸のメタレベルがない。

哲学とは、空間×時間×メタ認識の三次元を広げること。
ベタレベルの複数の点しかない子羊がいかにみじめか見事にわかる。
移動できず言い張るしかない。
複数の点しかないから、相手から見れば話がずれて迷子にしか見えない。
ベタレベルの複数の点しかないから陰謀論として単純にしか語れない。

弟子一号は哲学センスゼロと思っていたが、恐ろしいもので10年以上哲学板にいるから、一応三次元にはなっている。

弟子2号はの単なる歴史好きじゃなく、哲学議論したいならちゃんと勉強し、考えないとな。

為政11
子曰く、
故きを温めて新しきを知る、
以って師と為すべし。

157 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 08:14:27.30 O
問題は、徳の本質とはなにか。
周公から孔子、朱子、徂徠、梅岩から現代まで俯瞰して見ないと。

そして現代での展開を考える。

過去の複数の事実に固執し、短絡してもなにも生まれない。
歴史知りたいなら歴史板へ。
21世紀を語りたいもののみ残れ。

158 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 08:33:23.61 0
>>157
>問題は、徳の本質とはなにか。
大変ですな〜理解力がないと
徳とは天から与えられたモノですが?

民意でもモラルでもありません

159 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 08:36:24.12 0
儒教でどこが21世紀を語れるんだ…
特権階級による民衆の総白痴化政治

そしてそれを扇動しようとしているのが白痴

160 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 08:44:01.98 O
>>159
ならずっとそうしてろ(笑)

161 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 08:50:07.70 O
現代の統治が経済性を基本にしていることはよい。
では今日は、自由主義と資本主義の違いから始めよう。
この違いに徳は深く関与している。

162 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 08:51:43.14 0
>>160
>ならずっとそうしてろ(笑)
お前、自分がやっていることを理解できないんだ?
徳という天から与えられた資質でバカな下々を支配し、偽善を施すのが徳治政治

>>151>>152を無視するのか?

163 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 08:52:58.42 0
>>161
>では今日は、自由主義と資本主義の違いから始めよう。
今度はサンデル先生?
あの人のブームも消えたな
一部の経済学オタクからはハイエクを隠すためにサンデルを持ってきたって言われているがw

164 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 10:17:41.64 O
自由主義者は存在するが、資本主義者は存在しない。

165 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 10:20:20.79 O
>>162
さすが池田だな。
いつも面白い。

166 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 10:26:42.56 0
>>165
お前の言っていることと真逆だろうが?

167 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 10:32:27.56 0
>>164
>自由主義者は存在するが、資本主義者は存在しない
自由主義と資本主義の違いは?

168 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 11:44:19.13 O
>>166
違わないだろ。
迷子、おまえ誰と戦ってるんだ。(笑)


自由主義は、個人が経済性をもとに活動すれば、社会全体が最大に豊かにできるという理念だ。
それに対して、資本主義はサヨ用語である。
サヨが今はダメだ。社会主義を目指そうといったとき、今を資本主義と呼ぶことにした。
誰も主義をもって経済活動をしていたわけではないが、サヨは呼んだ。
だからそこに理念はない。
現に活動していた資本主義と、理念としての自由主義はなにが違うのか。

169 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 11:54:47.87 0
>>168
池ノブは徳治政治=悪だが、お前は徳治政治=善だろw
日本語も読めなくなったか?

170 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 11:56:25.48 0
>>168
>自由主義は、個人が経済性をもとに活動すれば、社会全体が最大に豊かにできるという理念だ。
はいやり直し

171 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 12:27:10.81 O
>>169
陰謀論、勧善懲悪(笑)


自由主義の理念にはいくつかの問題がある。
一般的な経済性重視による人権侵害などの問題はおいておくとして、

自由主義の徹底とは、毎日がオークションのようなものだ。
みなが同じ機会で費用対効果を提示して競走する世界。
実際このような流動性の高く先が見えない社会は、とてもハードだ。

勝ち組負け組がころころ変わる。
実際の資本主義社会では、このような流動性を避けるような工夫がされている。
すなわち単に経済性で社会は動いていないということ。
そこには緩衝材としての慣習(徳)が働いている。

172 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 12:29:16.45 0
自由主義では、勝ち組はいつも勝ち
負け組はいつも負ける

173 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 12:40:22.78 O
>>172
たとえば自由主義の理念には忠孝悌はない。

相手が誰かは関係なく、費用対効果が重視される。
しかし実際の資本主義では相手が誰かは重視される。
たとえばガリガリ君を買うときに買い手、売り手は相手を選ぶだろうか。
しかしこれが資本の場合はどうか。
資本とは金をうむ金であり、それなりの高額であることが基本だ。

あなたは誰に大金を貸すか。
単にリターンが多いことで選ぶか。
そこで重要になるのが信用関係である。
しかし信用を評価するのはとても難しい。
ここで限りなく徳に近づいてくる。

174 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 12:46:59.77 0
>>171
お前は徳によって素晴らしい政治になると思っているようだが…
池ノブは徳治政治は特権階級が情報を独占することで民衆をバカにする政治だと言っている
お前の理論と真逆だろうが?

お前の理屈じゃ民の力が強い=徳治政治だが、実際は民の力を弱体化させるって話も読めないのか?

175 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 12:48:16.59 0
>>171
はいやり直し、市場原理主義と自由主義をごっちゃにするな

176 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 12:53:27.93 0
>>173
>たとえば自由主義の理念には忠孝悌はない。
これもやり直し

177 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 12:54:29.78 O
基本的に資本主義は信用の世界である。

大金の取引はガリガリ君のようにその場で精算という訳にいかない。
受け渡しと、支払いに時間差が生まれ、そこにリスクが生まれる。
そしてそのリスクで儲けるのが資本である。

信用とリスク。

このような世界で、自由主義の理念である単なる費用対効果をもとにして誰かもわからない相手との取引は危険すぎる。
実際、ガリガリ君でも信用が働いている。
コマーシャルをして、実際大量に売っている実績がブランド(信用)となり、安心して買うことができる。


ガリガリ君に企業倫理=徳があるからみなが買う。

178 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 12:57:09.43 O
>>174
よーく考えろ、ばか(笑)

179 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 13:05:22.85 0
>>178
>よーく考えろ、ばか(笑)
波平さん自分で考えることが出来ないんですよねw
そしてきちんと説明されると保管乙で逃げるんですよね?

180 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 13:08:15.28 0
>>177
>基本的に資本主義は信用の世界である。
これもやり直し

181 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 13:30:11.98 0
>>177
>ガリガリ君に企業倫理=徳があるからみなが買う。
ぷ、アホ

182 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 14:53:04.82 O
>>179
ほんとにこれが最後だからな。
ソ連が腐敗し崩壊した。だからマルクス主義は間違ってたのか。
中国が徳治を利用した。だから孔子の徳思想が間違ってたのか。

階層が違うから迷子になるとなんと言えば…ほんとにできの悪い弟子2号だな。

183 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 14:56:09.51 0
>>182
おやおや、話のすり替えか…しかも例えがおかしいぞw
お前の言っていることと池ノブの言っていることが真逆だなって話がなんで

>ソ連が腐敗し崩壊した。だからマルクス主義は間違ってたのか。
>中国が徳治を利用した。だから孔子の徳思想が間違ってたのか。
少なくともマルクスの資本論は正しかった、だがマルクス主義は失敗したし間違っていた
同様に徳治は待ちがっているから中国は腐敗した

で、お前の言っていることと池ノブの言っていることが真逆だなの反論はどうした?
波平逃げるなよ

184 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 14:58:08.78 O
資本は、自由主義の経済性を回避する。
なぜ勝ち組は勝ち続けるのか。
資本をもつ勝ち組は、自由競争でガチの勝負はしない。
勝ち組は勝ち組の信用ネットワークを形成し、助け合い、負け組を排除する。
アメリカでは、金持ちほどネオリベを歓迎する。なぜなら金持ちネットワークがあるからだ。

185 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 15:01:21.42 0
>>184
ネオリベラリズムとニューリベラリズムは別物
一般にネオリベラリズムと言われているのが実はニューリベラリズムで
こっちが現実のアメリカに近い

もう一回理論を組み立て直せ、無能

186 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 15:03:17.83 O
>>183
だからわしは、池田が言うように孔子の考えた徳治なんか実現しなかったとなんどもいとらーもん
中国の徳治の歴史がどうだろうがどーでもいいんだよ。

孔子の徳思想を新たに現代に活用することをかんがえてるんだから。

階層の違いがなんでわからんかね
せからしか。ばかちんが

187 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 15:05:04.27 0
>>186
>孔子の徳思想を新たに現代に活用することをかんがえてるんだから。
お前の徳の考え自体が間違っているのに徳の活用w

徳はモラルでもなければ、民主主義でもない
その勘違いからやり直せ、無能

188 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 15:07:19.94 O
>>185
おまえの話は、すべてぼくその点を知ってるよ!えらいでしょ、なんだよ。

思考が一次元でもなく点。
ただその知障さがかわいくてかまってしまう(笑)

189 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 15:08:43.80 0
>>186
>だからわしは、池田が言うように孔子の考えた徳治なんか実現しなかったとなんどもいとらーもん
それとお前は池ノブと自分の考えが同じだと言い張ったことも忘れるなよ

大概にしとけ、孔子ばりの言い訳だよな
孔子はお前並のクズで、ど最低の人間だから生きている間はどこに国も採用しなかった
徳の思想とやらも妄想でしかない

190 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 15:10:08.71 0
>>188
さすが無能は多角的にモノが見えてすごいですね(白目

全部儒教的で片付ける奴の方が0次元じゃないの?

191 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 15:10:40.54 O
>>189
勝った

192 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 15:12:16.18 0
反論できないと勝利宣言

いや〜池沼ってすごいですね

193 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 16:32:30.95 0
おいインスタント
お前は2chどころかネット辞めたいって言い続けた末にコテハンつけて語り出したのかよ
死ねよ
しかも前から高確率で俺の書いたレスの後に連投するのな
ストーカーかよ

194 :インスタント:2015/07/23(木) 16:43:24.16 0
誰ですか?

195 :インスタント:2015/07/23(木) 16:45:14.25 0
たまたま電車に乗った所だ
誰だか分からないが平和にいこう

196 :インスタント:2015/07/23(木) 16:47:43.25 0
ネットはやめたい
自由主義と資本主義についてはハイエク、フリードマンが良さそうだ
俺は未読

197 :インスタント:2015/07/23(木) 17:03:41.37 0
あなたのレスに触発されて書いた事があるかもしれないが俺はコテがないと誰だかは分からない

198 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 17:04:09.32 0
俺が誰かなんてどうでもいい
俺がageて書き込んだスレを追いかけて来るのが気に食わない

自分でスレ探してageろよ
クソ野郎が

199 :インスタント:2015/07/23(木) 17:08:32.88 0
コテがないと分からない
粘着にならないようにしたいが分からずまたレスをつけてしまうかもしれない
その時はすまん

200 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 17:09:53.90 0
なんかいつもの波平と語り口調や文体が違うな
影響されたのか別人が騙っているのか

201 :インスタント:2015/07/23(木) 17:10:23.63 0
スマホだからじゃないか?

202 :インスタント:2015/07/23(木) 17:11:14.39 0
波平の事か

203 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 17:51:27.95 O
資本では信頼関係が重要であることはわかってもらったと思う。
なぜ消費者が高くても大手企業のものを買うか。
それは信頼があるからだ。
これは単に品質試験の信頼性という合理性だけではない。
ブランドにあるのは仁である。消費者は徳のある企業を指示する。

204 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 17:54:03.52 0
なんかいつもの波平と語り口調や文体が違うな
生まれ変わって余裕でも出てきたのか

205 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 18:03:04.46 0
>>203
>資本では信頼関係が重要であることはわかってもらったと思う。
勝手に話を進めるな
経済活動は信頼で成り立っているが、資本では信頼関係が重要とは言えない

>ブランドにあるのは仁である。消費者は徳のある企業を指示する。
はぁ?
何このバカ理論w

例えば、日本人が大好きなAppleのどこに仁や徳がある?
あそこは消費者の言う事は聞かない、従業員は酷使するので有名

お前の理論は今回も破綻

206 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 18:23:41.34 O
これでピケティの格差論は解明されただ。

207 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 18:25:21.97 0
>>206
>これでピケティの格差論は解明されただ
はぁ?

208 :123:2015/07/23(木) 18:28:25.88 0
203.
心理学をやっても、それは見当はずれである。
経済活動は心理学ではなくして、経済価値の問題である。
孔子の出番はない。

209 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 18:40:10.20 O
>>207
ピケティは分析の結果、資本主義が格差を拡大することを明らかにした。
その理由は、経済成長より資本が金を生むからだ。
資本は流動性が低い。すなわち金持ちはどんどん金持ちになる。
しかしなぜ資本がこんなに金を生むかは不明だ。
自由主義者は、経済性に基づく自由競争なんだから格差は小さくなると考えていた。

資本は信用を求めるということが、意味することは、資本を個人単位で考えても意味がない。
資本は信用を求めて、集まり、互いに保管しあう。
すなわち金持ちは危険な自由競争などしない。出来レースである。

210 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 18:47:35.75 O
なのにである。日本だけはこの原理に乗らない。
格差が広がらないという。
なぜか?
すなわちこれは信用の問題である。
日本人は資本の信用をいかに扱っているのか。

里仁16
子曰く、
君子は義に喩り(さとり)、小人は利に喩る。

211 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 18:50:34.89 0
>>209
アホ…
ピケティの格差論に欠けているのは政治と資本の癒着
格差や階級を作ったのは経済ではなく政治
それこそ儒教を使って階級を固定したのが中国や徳川幕府

そもそも、ピケティの言うr>gってのは先進国の場合だ
資本が発展途上国へ投資される場合は遥かに成長の方がデカイ

お前は資本主義も、自由主義も、市場原理主義も分かっていない

資本には信用は必ずしも関係はない
信用がなくても金は貸すし、投資もするだから、貸し倒れや投資の失敗もある
お前は投資をした事があるのか?

金持ちは自由競争をしないじゃなくて、政府が自由競争を阻害する原因だ

212 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 18:55:52.27 0
>>210
>なのにである。日本だけはこの原理に乗らない。
ピケティが言っている累進課税のお陰だ
累進課税によってせっかく稼いだ金を政府が奪うからだ

政府による国民資産の略奪こそ格差を奪い、経済を衰退させる
共産主義が破綻したのはみんな貧乏になるという資本家=政府だったからだ
政治と資本を切り離す事が自由主義

213 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 18:58:49.93 O
>>211
あいかわらずくそみそに支離滅裂だな(笑)

214 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 19:02:03.11 O
>>212
累進課税は悪!(笑)
あいかわらず話を単純にするなあ。
なんで日本だけの説明になってないだろ。

215 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 19:09:35.68 0
>>210
>君子は義に喩り(さとり)、小人は利に喩る。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハーヴェイロードの前提
「政府は民間経済主体に比べて経済政策の立案能力・実行能力に優れている」という仮説
現実には、民主主義政府において適宜な増税は減税よりも忌避される傾向にあるため、財政政策面でのハーヴェイロードの前提は失われた。

「ハーヴェイロードの前提」は非現実的・貴族的・非民主的ということで反ケインズ派がケインズ理論を攻撃するための格好の材料になった。
特に、反ケインズ流の代表格で、リバタリアンの経済学・財政学者のジェームズ・M・ブキャナンが、ハーヴェイロードの前提をケインズを批判する際に多用した。

お前の好きな儒教とケインズが提唱したハーヴェイロードの前提はそっくりだな
特権階級がバカな庶民を支配する、特権階級はお利口さんだから能力が高いだから経済に介入する

ところが実際は選挙で勝つために票を取らないとイケナイから、バラマキが増え合理的ではない
個人は自己の利潤の追求のために動くが、その集まりである会社も会社のの利潤の追求ために動く、そしてそれが政府であっても同じ

当然、孔子が理想とした君子とやらも同じ

216 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 19:09:58.36 0
>>214
実務の側の人間と政治意思の調達の側の人間が組織にいることを二重行政という。
今の組織の中枢にいる人間はこの性衝動の有効利用をしている。

217 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 19:14:01.63 0
>>213
>あいかわらずくそみそに支離滅裂だな(笑)
お前がだろう?

>>214
>なんで日本だけの説明になってないだろ。
米国の格差問題と日本の格差問題
http://k-kaya.com/archives/1184
 確かに日本には、米国にいるような資産何兆円という大富豪はほとんどいません。その点では、日本と米国は大きく異なっています。
しかし逆にいうと、米国の格差は、こうした突出した大富豪が平均値を引き上げている側面が強いと解釈することもできます。

よく知られているように、日本は累進課税制度を導入しており、すでに富裕層から多額の税金を徴収しています。
年収2000万円の人は、状況によって異なるものの、おおよそ十数%の所得税がかかっていますが、年収300万円の人は2%程度しか課税されていません。
 年収600万円でも状況は大きく変わっておらず、日本では中間層以下は実質的に所得税が無税の状態にあるといってよいのです。
さらに年金や医療といった社会保障を考えれば、富裕層の負担はさらに重くなります。

 一方、源泉徴収の対象となる給与所得者のうち年収が1000万円を超える人は全体のわずか約4%ですが、その人達が支払う所得税は全体の50%近くを占めています。
つまり、全体の4%に過ぎない高額所得者が、全体の半分の税金を支払っているわけです。

218 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 19:15:42.04 0
つまり日本がピケティの説で説明できないのは累進課税ガチガチだから
逆に言えば、ピケティの言う通りにやると

1%の富裕層が世界の富の50%を占める現状から日本を考える
http://k-kaya.com/archives/1733
このところ日本でも格差問題が大きくクローズアップされていますが、日本の格差問題と米国の格差問題は質的に異なっています。
米国では超富裕層が増え、高額な資産を持つ人とそうでない人の格差が拡大しています。
 一方、米国の貧困率は17%程度で昔から変わりません。つまり米国は上に向かって格差が拡大しているのです。

下への格差拡大を是正するのは容易ではない
 ところが日本の場合は状況が反対です。日本では累進課税が徹底していることや不景気だったせいもあり、高額所得者が著しく増えているわけではありません。
 しかし日本の貧困率は悪化の一途を辿っており、今や、米国と並んで先進国ではトップクラスです。つまり日本は下に向かって格差が拡大しているのです。

みんな貧乏になるという結果が待っているw

219 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 19:29:10.27 0
これに加えて日本は相続税もガチガチだからな
会社にして相続税をなるべく払わないようにするならば兎も角
三代で身代を潰すって言われるのはその所為

いい加減、徳治政治=ポピュリズムが経済を悪化させる原因だという事に気付け

220 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 19:32:04.89 0
>>210
日本の格差も広がっているだろ
デタラメはダメだ

221 :123:2015/07/23(木) 19:38:04.43 0
国家の収奪によって資本主義が滅亡することになる。
それは徳治主義ではなくして国家収奪主義である。
それを支えているのは、嫉妬、ねたみである。

222 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 19:53:37.03 0
>>221
国家という何か人間とは別のものがいるかのような物言いは自らの責から逃れている
全ては人が行っている
お前にその意識が無くともその一員だ

223 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 19:58:41.84 0
おい波平、コテつけろよw

224 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 20:28:41.71 0
>>221
>国家の収奪によって資本主義が滅亡することになる。
共産主義も滅んだけど?

>それを支えているのは、嫉妬、ねたみである。
残念ながら徳治主義じゃんポピュリズム=徳治政治

225 :123:2015/07/23(木) 21:40:38.94 0
222.
国家の一員である私が、嫉妬、妬んでいることになるか。
国家なんてものは道具である。
その道具と自分とが一致することはない。
道徳的なことを言っているのは欺瞞である。

226 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 21:46:27.76 0
起業して成功するかどうかも統計学的には資本金の規模に
比例するような相関性があるらしいからね。

資本家が起業すれば成功率は高いけど、労働者が起業すると
ほとんどの人が首を吊るはめになるか、ブラック起業に勤めて
借金地獄から抜け出せなくなるのが資本主義市場の相場。

誰もがやっぱりそうなんだろうねと思う結果だけど。

227 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 21:48:40.10 0
労働者が起業すると、ほとんどの人が首を吊るはめになるか、
借金を抱える結果になってブラック起業に勤めてさらに借金地獄から
一生抜け出せなくなるのが資本主義市場の相場。

階級関係はますます再生産される一方。

228 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 21:49:17.05 0
儒教
●大学 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585940
●大学・中庸 金谷治 岩波文庫  ISBN:4003322215
○中庸 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585959
○[新訳]大学・中庸 守屋洋 新書  ISBN:4569703178
●礼記 下見隆雄 中国古典新書 ISBN:4896192672
○礼記 上 新釈漢文大系 竹内照夫 ISBN:4625570271
●論語 増補版 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4062919621
○孝経 全訳注 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4061598244
△史記〈1〉本紀 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082018
△史記世家 上 司馬遷 岩波文庫 ISBN:4003321464
△史記〈4〉―世家〈下〉 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082042

加地伸行
●沈黙の宗教――儒教 加地伸行 ちくま学芸文庫 ISBN:4480093656
●儒教とは何か 加地伸行 中公新書 ISBN:4121009894

白川静
●孔子伝 白川静 中公文庫 ISBN:4122041600
△中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122042402

●中国思想史 上 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010962
●中国思想史 下 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010970
●孔子 金谷治 講談社学術文庫 ISBN:4061589350
△四書五経入門―中国思想の形成と展開 竹内照夫 平凡社ライブラリー ISBN:4582763200
△世界の歴史〈2〉 中華文明の誕生 尾形勇、平勢隆郎 中公文庫)文庫 ISBN:4122051851
△論語の新しい読み方 宮崎市定 岩波現代文庫 ISBN:4006000227
△朱子学と陽明学 小島毅 ちくま学芸文庫 ISBN:4480095691
●孔子 DVD-BOX1 ASIN:B00WFNECI6

229 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 22:09:22.73 0
■ガリガリ君の徳とピケティ格差

自由主義者は存在するが、資本主義者は存在しない


現代の統治が経済性を基本にしていることはよい。では今日は、自由主義と資本主義の違いから始
めよう。この違いに徳は深く関与している。自由主義者は存在するが、資本主義者は存在しない。
自由主義は、個人が経済性をもとに活動すれば、社会全体が最大に豊かにできるという理念だ。そ
れに対して、資本主義はサヨ用語である。サヨが今はダメだ。社会主義を目指そうといったとき、
今を資本主義と呼ぶことにした。誰も主義をもって経済活動をしていたわけではないが、サヨは呼
んだ。だからそこに理念はない。現に活動していた資本主義と、理念としての自由主義はなにが違
うのか。

自由主義の理念にはいくつかの問題がある。一般的な経済性重視による人権侵害などの問題はおい
ておくとして、自由主義の徹底とは、毎日がオークションのようなものだ。みなが同じ機会で費用
対効果を提示して競走する世界。実際このような流動性の高く先が見えない社会は、とてもハード
だ。勝ち組負け組がころころ変わる。実際の資本主義社会では、このような流動性を避けるような
工夫がされている。すなわち単に経済性で社会は動いていないということ。そこには緩衝材として
の慣習(徳)が働いている。

230 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 22:10:03.54 0
ガリガリ君に徳があるからみなが買う


たとえば自由主義の理念には忠孝悌はない。相手が誰かは関係なく、費用対効果が重視される。し
かし実際の資本主義では相手が誰かは重視される。たとえばガリガリ君を買うときに買い手、売り
手は相手を選ぶだろうか。しかしこれが資本の場合はどうか。資本とは金をうむ金であり、それな
りの高額であることが基本だ。あなたは誰に大金を貸すか。単にリターンが多いことで選ぶか。そ
こで重要になるのが信用関係である。しかし信用を評価するのはとても難しい。ここで限りなく徳
に近づいてくる。

基本的に資本主義は信用の世界である。大金の取引はガリガリ君のようにその場で精算という訳に
いかない。受け渡しと、支払いに時間差が生まれ、そこにリスクが生まれる。そしてそのリスクで
儲けるのが資本である。このような世界で、自由主義の理念である単なる費用対効果をもとにして
誰かもわからない相手との取引は危険すぎる。実際、ガリガリ君でも信用が働いている。コマーシ
ャルをして、実際大量に売っている実績がブランド(信用)となり、安心して買うことができる。ガ
リガリ君に企業倫理=徳があるからみなが買う。

231 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 22:10:51.87 0
資本は信用を求めて集まり互いに補完し、ピケティ格差が生む

資本は、自由主義の経済性を回避する。なぜ勝ち組は勝ち続けるのか。資本をもつ勝ち組は、自由
競争でガチの勝負はしない。勝ち組は勝ち組の信用ネットワークを形成し、助け合い、負け組を排
除する。アメリカでは、金持ちほどネオリベを歓迎する。なぜなら金持ちネットワークがあるから
だ。資本では信頼関係が重要であることはわかってもらったと思う。なぜ消費者が高くても大手企
業のものを買うか。それは信頼があるからだ。これは単に品質試験の信頼性という合理性だけでは
ない。ブランドにあるのは仁である。消費者は徳のある企業を指示する。

これでピケティの格差論は解明されただ。ピケティは分析の結果、資本主義が格差を拡大すること
を明らかにした。その理由は、経済成長より資本が金を生むからだ。資本は流動性が低い。すなわ
ち金持ちはどんどん金持ちになる。しかしなぜ資本がこんなに金を生むかは不明だ。自由主義者は、
経済性に基づく自由競争なんだから格差は小さくなると考えていた。資本は信用を求めるというこ
とが、意味することは、資本を個人単位で考えても意味がない。資本は信用を求めて、集まり、互
いに保管しあう。すなわち金持ちは危険な自由競争などしない。出来レースである。

なのにである。日本だけはこの原理に乗らない。格差が広がらないという。なぜか?すなわちこれ
は信用の問題である。日本人は資本の信用をいかに扱っているのか。

論語 里仁16
子曰く、
君子は義に喩り(さとり)、小人は利に喩る。

232 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 22:15:03.68 0
■法、暴力、経済、慣習
>>121-123

■ガリガリ君の徳とピケティ格差
>>229-231

233 :考える名無しさん:2015/07/23(木) 22:31:35.40 0
ガリガリ君の無理やり感がすごすぎる

234 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/23(木) 22:38:30.56 0
最近はスイカバーにはまってる

235 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 01:31:53.02 0
ピケティに言われなくても皆分かっていたんだけどね
歴史が証明している
社会が安定しするとカーストが固定化していくんだから

そうして硬直した社会はやがて内向きに停滞していく
その結果、外敵に対して無力となり内部抗争で弱体化したスキに侵略されて崩壊する

そろそろ戦争の機運が高まってきたのかもね

236 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 05:44:27.39 0
>>226
普通に資本金の額が多い方が金を借りやすいし事業に投資できるからだろう

資本家が起業すれば成功率は高いけど、労働者が起業すると
そもそも、資本と経営は分離されているが?
もちろん大株主と経営者が同じってのはあるが…

まんま僻み根性丸出し…一生奴隷でいた方が幸せって人間だろ?
共産主義なんざ資本家の奴隷じゃなくて国家の奴隷

自分で資産貯めて投資家になる位の根性を持てよ

237 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 05:53:59.95 0
>>235
>その結果、外敵に対して無力となり内部抗争で弱体化したスキに侵略されて崩壊する
ある程度大きくなった国家を侵略すると逆に侵略した方も大変なんだが?
だから経済で支配する

これから起こるのは国家間の戦争ではなく、国家vs.テロリストの非対称の戦争
侵略よりも秩序の破壊が目的

238 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 05:56:00.85 0
>>232
>■法、暴力、経済、慣習
経済を理解してないからやり直し

>■ガリガリ君の徳とピケティ格差
企業の徳や仁の概念が酷すぎるのでやり直し

239 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 07:44:47.13 O
>>232
これで、統治において慣習の重要性がわかったと思う。
慣習は統治の土壌である。
慣習により民衆は自主的に統治に従う。
慣習は民衆への教育により根付く。

240 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 07:46:13.58 0
犯罪者 中野隆一「なかのりゅういち」
美容室 ブルーム コスタ 赤羽 デコラ 池袋 カレン 川口 社長
上記人物はお客様の事を偽証申告して逮捕状をとる
共犯 遠藤孝輔「えんどうこうすけ」
意識の革命家 ザーマスターキーIII
美容師 美容院 中野隆一の店 フジテレビ 荒川区在住
散髪 ヘアメイク ホットペッパービューティー とらばーゆ
タウンワーク アシスタント レセプション

241 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 08:11:09.42 0
>>239
>これで、統治において慣習の重要性がわかったと思う。
統治は法によっても行えるし、暴力による恐怖を使っても行える

それらがずっと続く事で慣習になるんだが?

お前は徳も仁もそして、慣習についても理解が足らない
全部やり直し

>慣習により民衆は自主的に統治に従う。
惰性的にじゃないのか?

>慣習は民衆への教育により根付く。
教育は言い換えれば洗脳
自主性を奪うものでもあるな

全部やり直せ

242 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 08:54:13.36 O
慣習の基本の一つは広義の宗教だろ。
人は農耕により暮らしていたが、いかに小さな集団でも、そこに宗教に裏付けられた儀礼があり、規律があった。

243 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 09:02:24.54 O
原始社会には共通の階級制が見られる。
司祭層、軍人層、平民層、奴隷層

宗教による慣習はやがて権力者による富の遍在をうみ、司祭層が台頭する。
そこに人格神が生まれ、司祭者層の権力を保証する。
中国も、殷の時代まではそのような神話があった。 しかし殷から周へ交代するとき、徳の思想への転回が起こる。
これは世界史的にもめずらしいことである。

244 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 09:03:20.14 0
>>243
>殷から周へ交代するとき、徳の思想への転回が起こる。
孔子が言い張っているだけ

245 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 09:04:16.92 0
>>242
>慣習の基本の一つは広義の宗教だろ。
宗教とは限らない、というよりも法のゆるいヤツが慣習

246 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 09:50:43.05 0
>>243
>そこに人格神が生まれ、司祭者層の権力を保証する。
逆じゃなのか?
中国の天と同じように、天候等を操る、あるいは天候そのものが神で彼らの機嫌を損ねると災害が起こると考えたのが普通だろう
だから雨乞いの儀式や占い等をやる

全てにおいてやり直し

>権力者による富の遍在をうみ、司祭層が台頭
そもそも、権力者の仕事は富の分配これは昔も今も同じ
ところが権力者が仕分けをする時点で自分の分を増やしたり、自分のお気に入りの人間にだけ富を分配するから問題が起こる
これは宗教も同じだ

人格神は関係ないな…

全てにおいてやり直し

247 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 09:58:13.01 0
>>236
> 普通に資本金の額が多い方が金を借りやすいし事業に投資できるからだろう

だからより多くの資本金を親から相続した家系ほどますます市場での競争で有利になるし、
それが階級として固定し、終いには政治的な資源や覇権も手にするようになる。

リバタリアンが自由と呼ぶものは、資本による自由、相続による家督的自由にすぎない。
自由主義にはいろいろあるが、リバタリアンの自由主義は資本主義の言い換えなのだよ。

王権や封建社会といったものはリバタリアン的自由・リバタリアン的市場ルールの帰結であった。
ゲーム(競争)はルールに支配されているのだ。

一方、共産主義者も自由主義者の一種だ。彼らの自由はすべての人が平等に自由を
相続して生まれてくるという近代的思想に基づいている。

248 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 10:03:23.82 0
>>247
>だからより多くの資本金を親から相続した家系ほどますます市場での競争で有利になるし、
>それが階級として固定し、終いには政治的な資源や覇権も手にするようになる。
相続した子が能力が高いとは限らないから、経営と資本が分離されてんだが?

>共産主義者も自由主義者の一種だ。彼らの自由はすべての人が平等に自由を
>相続して生まれてくるという近代的思想に基づいている。
ところが実際は国家自身が資本家になるというやり方で失敗した

階級を固定するのは政治であって経済じゃない
ピケティの間違いは国家=善と勘違いしている事

249 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 10:04:50.10 0
> 司祭層、軍人層、平民層、奴隷層

これらは古代文明に見られるもので、未開社会一般に見られるものじゃない。
未開社会では軍事消防祭式は若者組が担う年齢的なものだったし、
巫女も霊感の強い男女が担う役割で、特別な階級を形成したわけじゃない。

250 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 10:06:43.17 O
周は突然、殷もかつては徳があり王座を継承したが、紂王は徳を失った。
だから徳があるから私が天命により王座についたと宣言する。
ここでいう天には具体性はなく、重要であるのは徳である。
徳とは国のために自己を犠牲にしても、民族のために働くことである。
すなわち正当性を民意へ働きかけたのである。
これは画期的である。
中国の特殊な環境によるのだろう。
たとえば同じ時期に栄えた中東アジアではあり得ないだろう。
民族のるつぼで北から西から東から南から新たな民族が乱入し消えていく。
あるのはそれぞれの民族の宗教的な正当性のぶつかり合いだ。
徳などと言ってもまったく通用しないだろう。

251 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 10:07:27.79 0
>>248
スティグリッツ氏が『世界の99%を貧困する経済』で指摘しているように
経済上の格差は民主主義上の格差、すなわち政治権力の所有における格差を生む。
富裕層が政治における自由も占有する傾向が露骨に出てくるわけで、
政治的な覇権主義もリバタリアン的な市場や自由主義の必然的帰結であるにすぎないよ。

252 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 10:08:58.35 0
>>250
それは孔子が言い張っている事だろう?
事実と違う

253 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 10:12:52.96 0
>>251
そもそも、ピケティが調べた土地云々で土地を持っていたのは誰?
貴族や王族の権力者だろうが?
権力と資本を分離して国家を無視していけばいいだけの話

ピケティが悪と見なしているモノこそが格差をなくす
先進国から発展途上国へ資本が流入する事は悪なのか?
それが結果的に先進国と発展途上国の格差をなくす

それを無視して政治を利用しようとして偽善を振りまくピケティこそが悪なんだが?
政府の力を小さくして夜警国家にした方が遥かにマシ

254 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 10:13:54.85 0
リバタリアン的自由は狭義の自由で、「自由」の概念を極めて制限して定義している。
狭窄自由主義と呼んだほうがいい。
頭に銃を突きつけられて「金を出すか死ぬか」の選択を迫られている個人にさえも
リバタリアン的自由ならあるのだ。しかし事実上、貧乏人には選択肢は死しかない。

255 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 10:18:38.23 0
>>253
君は意図的に資本の「規模」という論点について無視している。
サラリーマンも弱小な資本をもてるのだし、貧弱な相続だってできるのだから
富裕層となんら格差がないという、乱暴な事実認識で語っている。

256 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 10:21:02.72 O
周における転回が起こったのは、中華という広大な大地の中で、比較的争いなく、都市が点在する環境の中で、
民意として、擬似単一民族が想定されえたためだろう。
のちの春秋戦国事態のように国家統一を目指した闘争するまではそれぞれの都市
が成熟しておらず、王を宣言しえた。
そして徳を宣言した以上、見せ続ける必要がある。
それが徳を具現する礼楽と言う儀礼主義である。

それはまた慣習として機能することも期待された。

257 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 10:27:27.05 O
徳礼主義を、いつもの池田流シニカルさで権力者の便利な道具というのもいいだろうが、
現に中国、東アジアの慣習の一部として統治を支える機能として働き、現代にいたる。

258 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 10:31:13.05 0
>>254
>貧乏人には選択肢は死しかない。
その可哀想な貧乏人をお前の資本で助けてやれば?

>富裕層となんら格差がないという、乱暴な事実認識で語っている。
格差を作っている原因は国家だろうが?
現実を無視しているのはお前だろう?
貧弱な相続さえ認めず相続税で奪うのが国家だぞ

259 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 10:36:51.00 0
>>256
>周における転回が起こったのは、中華という広大な大地の中で、比較的争いなく、都市が点在する環境の中で、
>民意として、擬似単一民族が想定されえたためだろう。
封建国家に民意なんてね〜よ
まだお前は徳=民意と勘違いしてんのか?

赤ん坊からやり直せ

260 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 10:57:59.40 0
民意なんて存在するわけが無い
民意は統治者が都合よく正当化する為の言葉遊び
それとも俺が知ら無い間に統治者はテレパシーでも会得したのかな

261 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 11:39:06.63 O
法、暴力、経済、慣習という統治の要素の中で、東アジアでは慣習として徳が機能してきた。

その働きは地域、時代によって様々である。

たとえば慣習は国家統治において、大きな転換期がある。
たとえば前の周の徳治宣言がそうだし、漢時代の儒教の国教化、あるいはローマ帝国でのキリスト教の国教化など。
日本でも江戸幕府による儒教の推進政策など。

262 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 11:42:05.38 O
>>259
もはや文脈も無視して、ただ反射的なBotに成り下がったな(笑)

263 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 12:21:44.82 0
>>261
>前の周の徳治宣言
孔子が勝手にほざいているだけだろ
それともお前がか?

>>262
>もはや文脈も無視して、ただ反射的なBotに成り下がったな(笑)
自己紹介乙

264 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 12:29:34.78 O
慣習としての儒教を考える場合、比較として慣例としてのキリスト教と比べるとのが有効だろう。

儒教とキリスト教の差はなんだろう。
キリスト教は個人単位であの世での救済を目的とするが、
儒教はこの世での国の幸せを目的とする。

しかし慣習として考えた場合には、このような定義上の差は小さくなる。
キリスト教はイエスの理念とは、ローマ帝国の国教になり広く広まって以来は、国家管理の面が強くなる。
教皇をトップにしたヒエラルキー構造。司祭は地方の権力者が就任する。
さらに土着性をまして、本来の厳格さは失われ、地域の慣習を規定する。

265 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 12:32:06.52 0
そもそもにキリスト教は中世末期から近代に入ってから猛烈に批判されている

266 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 12:33:08.41 0
現代におけるキリスト教は単なる票集めにおける政治団体
しかも民衆においてもその認識が強い

267 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 12:36:51.50 O
その中でも、規律として働いたのは、個人への目覚め、禁欲的な思想から、
自立した個人の土壌を作り、近代へ大きな貢献をした。

儒教も時代により大きく変化していく。
周王による宣言にはじり、孔子による体系化、そして漢時代の国教化により、慣習として大きな役割を担うことになる。

先祖礼拝、孝という家族主義から、国家安泰という連続した、規律主義は、作用し続けた。

268 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 12:37:12.69 0
>>264
>キリスト教は個人単位であの世での救済を目的とするが、
お前は宗教が分かってないだろう?
まともに葬式等にも出た事もないだろう?
宗教で救済する魂は死者の魂じゃなくて残された生者の魂だ

それは仏教でも同じだ
仏教で葬式で唱えるお経は死者の対して唱えているモノじゃない残された家族に対して唱えている

お前は宗教も最初から勉強しなおせ

269 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 12:38:44.63 0
>>267
>その中でも、規律として働いたのは、個人への目覚め、禁欲的な思想から、
>自立した個人の土壌を作り、近代へ大きな貢献をした。
そもそも、禁欲的な思想は疫病等の災害対策
個人の土壌じゃない

>周王による宣言にはじり、孔子による体系化、そして漢時代の国教化により、慣習として大きな役割を担うことになる。
孔子が勝手にほざいているだけだろうが?

270 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 12:47:24.52 O
>>263
宣言文も知らないとは恐れ入ったね。こりゃ。
それで儒教語ってたのか。
詐欺だろ(笑)

271 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 12:49:57.34 0
おや?
歴史を書いているのが儒学者だという事をお忘れで?

272 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 12:53:29.42 O
そして統治において、経済が重視され始めた近代。 すなわちピケットの調査範囲。

それぞれに大きな転機を迎えることになる。

つづく

273 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 12:55:37.43 0
>>272
>すなわちピケットの調査範囲
なにこれw

そもそも経済が重視されてんのは中世もだが?

274 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 12:56:11.13 O
>>271
もうやめる、こっちが恥ずかしくなる。(笑)
ヒント
宣言文は発掘された青銅器。

275 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 13:03:44.19 0
徳の概念を都合がいい解釈にしたって事だが?
徳とは天から与えられたモノであって民の声だのを作り出したのは誰?
お前は民意と勝手に解釈を変え封建時代の民主主義だと主張

おそらく本来の意味は殷から政権を奪った簒奪が天の意思によるモノという意味しか持たない

いい加減徳の意味を勘違いしている事を思い出せよ
無能

276 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 13:05:19.17 0
現代において一つの思想で物事を語るには民衆が知識を持ちすぎている
そこから新たな思想を構築するならともかく懐古主義で語っても違和感しか感じない

事実共感が多ければ賛意も多いはず

277 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 13:33:54.82 O
>>273
ヒント
ピケティは税の記録を調べる

278 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 13:36:21.69 0
>>277
>ピケティは税の記録を調べる
だから何?

279 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 13:37:13.70 O
>>275
ヒント
殷の思想と周の思想の断絶

280 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 13:37:56.55 0
>>274
>もうやめる、こっちが恥ずかしくなる。(笑)
ガリガリ君に徳だの仁だのを絡める事は生きてて恥ずかしくないのか?
それ以外も恥ずかしいネタだらけだろお前のブログとか

281 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 13:42:38.89 0
>>279
>殷の思想と周の思想の断絶
それこそ孔子の捏造
周を理想国家とするために散々やった捏造じゃん
そもそも思想というよりも文化が違うのは民族が違うから、そして権力を他の勢力と共同して奪った理由付けが徳

その徳を重視して、天=民と称して支配者層に取り入ろうとしたのが孔子
自分の正当化のために平気で嘘をつく波平並のクズが孔子一派

282 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 14:32:28.54 O
>>281
儒教はとても合理的である。
家族を単位とした規律管理と考えればよい。
身分ごと、世代ごと、仕事ごと、土地の区画に切り分けて、思いやりで結びつける。

経済はなるべく無駄なく必要最小限に。

これが中国で二千年以上にわたり、環境として機能してきた理由である。

283 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 14:36:16.45 O
資本主義という特殊な環境に移行しなければ、今も東アジアでは儒教的慣習による統治が行われていだだろう。

では資本主義と儒教はいかに対立し、共存したのか?

284 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 14:50:10.54 0
そもそも儒教と対立なんてしたのか?w

285 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 15:06:28.79 0
>>282
>儒教はとても合理的である。
階級を固定して支配するのに合理的なだけ
強制的に家族や身分土地等に人間を縛り付けているだけだ、思いやりなんざね〜よ

>経済はなるべく無駄なく必要最小限に。
農業以外を経済活動と認めず卑下しているだけ

286 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 15:07:41.78 0
>>282
>これが中国で二千年以上にわたり、環境として機能してきた理由である。
封建主義で馬鹿を支配するのには便利だからな

>資本主義という特殊な環境に移行しなければ、今も東アジアでは儒教的慣習による統治が行われていだだろう。
儒教的慣習も特殊だと思わない時点でry

287 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 15:08:20.40 0
>>282
>労働をしない奴はヒニンですよ

288 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 15:18:43.26 0
社会構造だけで合理的に考えれば思いやりなど口当たりのいい誤魔化しに過ぎないことがわかる
中国において戦争や飢餓無かったのか
寧ろ中国では人肉さえ喰らうおぞましい文化すら栄えている国だ

文化革命では知識層を殺しその肉をその場でバーベキューにして喰らったほどに

289 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 15:20:50.27 0
歴史を学べと突っ込まれると、孔子の時代とは違うで逃げるクズだからな

290 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 15:48:57.49 0
儒教というよりカースト制が社会制度において合理的なのは事実だろう
会社においても政府にしても制度としてカーストは成立している

ただ国家が方でそれを定めればカーストは固定され階層間の移動が消える

291 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 16:36:58.61 O
>>284
決定的な違いは、資本主義は社会の流動性を求めて、儒教が社会の非流動性を理念とすることだろう。

この新たに生まれた流動性社会は、本質的にそれまで当たり前だった身分制と対立する。
だからカトリックとも対立する。

流動性が避けられなくたったとき、古い慣習はいかに生き延びたかが問題になる。

292 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 16:37:49.66 0
>>291
>資本主義は社会の流動性を求めて
求めてないよ

293 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 17:40:59.38 0
>>291
>古い慣習はいかに生き延びたかが問題になる。
いかに生き延びたかが問題になるわけないだろ?
使える慣習ならば残るし使えない慣習は無くなるだけ

アホかお前は

294 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 17:57:55.29 O
キリスト教の場合は、カトリックからプロテスタントへの原点回帰である。
本来、キリスト教は司祭さえいない神と個人の関係だ。
カトリック的なヒエラルキーはキリストの死後に作られた。

キリストの思想は、ヘレニズム(多国籍)の影響うけたと言われ、他者に開かれている面で、資本主義との相性が良い面がある。
そしてプロテスタントと原点回帰回帰しつつ、禁欲主義を天職という職業倫理へ転換することて、資本主義に生き延びる糸口を掴む。

295 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 18:02:45.17 O
しかしそれよりも資本主義に大きく貢献したのは、キリスト教の忠誠心かもしれない。
なぜ西洋で資本主義が成功したか。それは伝説のキリスト教王、プレスタージョンを探し、同盟しイスラム教徒を駆逐するためである。

296 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 18:08:07.57 0
>>294
>キリスト教の場合は、カトリックからプロテスタントへの原点回帰である。
あれを原点回帰というのか?

>キリスト教は司祭さえいない神と個人の関係だ。
じゃあキリスト教の教会なんて不要ですね
それなのにヨーロッパはもちろん日本にもキリスト教の教会があるのは何故?
少なくとも宗教である以上その窓口としての施設や人が必要

お前、宗教の勉強をやり直せ

>他者に開かれている面で、資本主義との相性が良い面がある。
金貸しを禁止している時点で経済を否定しているのは儒教と同じだが?
資本主義=略奪主義だから、そういった意味では税として信者の富を奪い、自分たちの都合が良いところへ分配する資本主義そのものだろうが

>禁欲主義を天職という職業倫理へ転換することて、資本主義に生き延びる糸口を掴む。
転職という考えで身分の固定したんだろう?
資本主義に生き延びる糸口なんて関係ないじゃん

なんで、毎回飛躍するんだお前の理論は?

297 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 18:37:44.32 O
>>296
中性は西洋では暗黒時代などと言われるが、イスラム教にとっては最盛期である。
ローマ帝国崩壊後、地中海をのさ刃っのはイスラム教徒である。
ジハードのもとに、キリスト教徒からの略奪は合法とされて、地中海は海賊の海になった。
彼らは単に野蛮なわけでなく、ギリシア、ローマの文化を引き継いだ。
その時代に世界で豊かで洗練されているのはイスラム教徒と中国人である。
キリスト教徒は十字軍でイスラム圏を訪れ、その豊かさに憧れる。

298 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 18:44:02.34 0
>>297
だからそれがどうした?
キリスト教への忠誠心とは関係ないが?
そもそも、イスラムと戦いながらキリスト教圏内で権力争いまでやって
アヴィニョン捕囚だのカノッサの屈辱だのやってて簡単な忠誠心などあるか
そういうイスラムとの競争とヨーロッパ(キリスト教圏)内での競争が略奪主義=資本主義を生んだ
資本主義は競争と略奪から生まれた

宗教の勉強をやり直せ

299 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 18:55:32.27 O
キリスト教徒は書き換えしとして、伝説のキリスト教王を探し求めた。
挟み撃ちにすることで一発逆転を狙ったのだ。
近代の成功に向けて、西洋人は単なる合理性ではなく、キリスト教の狂気と暴力により突き進んだ。
彼らはキリスト教的で崇高な精神により前進し、母国では崇められ、
そのまま暴力により、異教徒から略奪し、奴隷とした。
巨大な富をえた。

300 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 19:22:10.46 O
では儒教はどうか。資本主義以前、確実に中国は世界一の大国であった。
宋に始まり、元、明、清と巨大な世界帝国が登場した。
西洋が飛躍するためのもの、すべてがそこで生まれ伝わった。
銃、羅針盤、航海術、印刷、そして世界流通網。

宋は、漢以降仏教に押されていた慣習が、新儒教として復活する時代である。
なにが儒教を呼び戻したのか。
社会の流動性である。

301 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 19:22:36.64 0
>>297
イスラム教徒といっても彼らの文化はパルティアやペルシャの文化で
ローマの技術は吸い取ったが精神や文化は全くの異質だろう
ローマやギリシャは民主主義的で法が明文化された社会だった
しかしイスラムは政教分離もされておらず完全なカースト制だ
敢えて言うならインドの影響のほうが強い

302 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 19:36:38.73 O
>>301
儒教は現代から見れば非流動的だと感じるか、実は流動的であることにその利点があった。
それは孔子をみればわかる。彼は革命家だった。
古く流動性を失った社会を解体する。だから孔子は登用されなかった。

彼は社会を正しくフォーマットし、そこに合理的な人材の流動性を求める。
ヒエラルキーは単なる血縁ではなく、適材適所の能力主義を求める。
後の科挙である。

そして宋時代の成功は、儒教による人材投与の流動性によるとこれが大きい。
むしろそれまでの仏教の方が貴族化を進め、流動性を失わせていた。

中国では、儒教は社会に流動性呼び込む革命として、機能してきた。

303 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 19:39:31.59 O
それは日本の江戸時代をみても明らかである。
朱子学がいかに革命的な働きをしたか。

ながいわ!
つづく

304 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 19:46:09.00 O
>>301
ギリシア、ローマが民主制を実現できたのは、奴隷制による。
市民は働くことが野蛮なこととして、すべて奴隷にやらせて、 政治を楽しんだ。
あとは、その後の西洋は、彼らの末裔ではない。
ゲルマン人などの侵略民だ。

単にキリスト教としてしか連続性はない。

305 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 19:54:00.15 O
>>298
ローマ帝国を引き継ぐカトリックと、田舎者の欧州王。

その対立は、イスラムに対抗するために、ローマ法王が泣きついた神聖ローマ帝国に始まる。

306 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 20:00:21.80 O
>>296
キリストは教会を作れなんかいってなんだよ。
司祭も、教皇もキリストと関係がない。
特に教皇は弟子のぺテロに始まる。
どんどん権威主義が進む。
プロテスタントがいったのは、カトリックになんでお前らいんの?金儲けしやがって。キリストはそんなこといってないだろうが!

307 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 20:11:24.82 0
>>304
ローマが革新的なのは奴隷解放を明文化して実施していたこと
実際解放奴隷から皇帝になった人物までいた

また働くことが野蛮だといった思想はギリシャの文化
結果的にギリシャ内でも文明を持たない蛮族に等しいスパルタに征服された後に数十年と持たずスパルタ帝国は滅んでギリシャは衰退

ローマでは労働は美徳ですらあった
何故なら街道や水道設備に都市建設はローマ軍の兵士の基本的な任務だったから
でローマ軍では奴隷は兵士になれなかった
ローマ軍の強さは高い士気と訓練によるものだから

あと衰退していったローマがゲルマンの蛮族によって分断されたのは事実だが
ゲルマンが主に住み着いたのは元々ローマとゲルマンの境界であるドイツとローマの辺境だったイギリスだよ
ガリア(フランス)もゲルマンの影響が強いけどゲルマン人でも農耕を受け入れたローマよりの住人は起源前よりガリアに移住していた

308 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 20:50:04.87 0
思想のの継承と民族は関係あるのか
関係あるなら儒教は中国だけのもので日本人には関係ないだろ

なんで話の軸をずらすんだ
ナミヘイ

愚かなのか卑怯なのかドッチだ

309 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 21:18:29.41 0
>>307
wiki 奴隷

ギリシア
古代ギリシャ世界では、奴隷は主に戦いや祭祀の際に捧げる犠牲、農作業、雑用役などの労働に
非常に盛んに使用され、多くはないが家内工業における職人もいた。
ポリス市民の得た閑暇は公的生活への参加に向けられ[17]、労働は恥辱であることが公然と
言明された[18]。

ローマ
ギリシャと異なりローマ人は肉体労働そのものを卑しむ精神伝統はなかったが[19]、報酬として
金銭を要求する職業を卑賎なものと見做す習慣があった[20]。
そのため高い報酬を受け取るような職種であっても、奴隷が担う場合が多かった。
奴隷の境遇は様々であり、後述の通り高待遇の奴隷も存在した。

古代ローマは基本的には初期から滅亡まで奴隷制社会であるが、時代による変遷がみられる。
共和政ローマが征服戦争を推し進めるに随って奴隷の獲得機会が増えると共に、
奴隷の価格も下がり、奴隷労働者を大量に使役するラティフンディウムが拡大した。
そうした「安価な財産」である奴隷の待遇は酷いものであり、様々な記録の中で悲惨さが描かれている[21]。
ほか、鉱山においても奴隷は酷使された。
パトリキ(貴族)やエクィテス(富裕層)は大土地所有と奴隷労働により富を蓄積した。
一方で、無産階級に零落したローマ市民権を持つローマ人は都市に流入した。

ローマでは、農業や鉱山以外でも、数多くの仕事に奴隷あるいは解放奴隷が従事した。
彼等は奴隷所有者である主人の判断によっては、労働内容にみあう技能教育をされることが
あったと考えられている[20]。

幸運に恵まれて奴隷身分から解放奴隷身分になる者もおり、解放奴隷の子供の代になれば
ローマ市民権を獲得する可能性が得られた、
中にはペルティナクスのように皇帝になった者もいる。
また債権者は返済不能となった債務者自身を奴隷として売却し貸付金を回収することが認められており、
自由身分を喪失して奴隷となる者もいた。またローマには捨て子の習慣があり、拾われた捨て子は奴隷となった。

310 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 21:37:17.08 0
■資本主義、キリスト教、儒教


徳知主義の特殊性

これで、統治において慣習の重要性がわかったと思う。慣習は統治の土壌である。慣習により民衆
は自主的に統治に従う。慣習は民衆への教育により根付く。慣習の基本の一つは広義の宗教だろ。
人は農耕により暮らしていたが、いかに小さな集団でも、そこに宗教に裏付けられた儀礼があり、
規律があった。原始社会には共通の階級制が見られる。司祭層、軍人層、平民層、奴隷層。宗教に
よる慣習はやがて権力者による富の遍在をうみ、司祭層が台頭する。そこに人格神が生まれ、司祭
者層の権力を保証する。

中国も、殷の時代まではそのような神話があった。しかし殷から周へ交代するとき、徳の思想への
転回が起こる。これは世界史的にもめずらしいことである。周は突然、殷もかつては徳があり王座
を継承したが、紂王は徳を失った。だから徳があるから私が天命により王座についたと宣言する。
ここでいう天には具体性はなく、重要であるのは徳である。徳とは国のために自己を犠牲にしても、
民族のために働くことである。すなわち正当性を民意へ働きかけたのである。これは画期的である。
中国の特殊な環境によるのだろう。たとえば同じ時期に栄えた中東アジアではあり得ないだろう。
民族のるつぼで北から西から東から南から新たな民族が乱入し消えていく。あるのはそれぞれの民
族の宗教的な正当性のぶつかり合いだ。徳などと言ってもまったく通用しないだろう。

周における転回が起こったのは、中華という広大な大地の中で、比較的争いなく、都市が点在する
環境の中で、民意として、擬似単一民族が想定されえたためだろう。のちの春秋戦国事態のように
国家統一を目指した闘争するまではそれぞれの都市が成熟しておらず、王を宣言しえた。そして徳
を宣言した以上、見せ続ける必要がある。それが徳を具現する礼楽と言う儀礼主義である。それは
また慣習として機能することも期待された。

311 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 21:37:55.10 0
慣習としてのキリスト教と儒教

法、暴力、経済、慣習という統治の要素の中で、東アジアでは慣習として徳が機能してきた。その
働きは地域、時代によって様々である。たとえば慣習は国家統治において、大きな転換期がある。
たとえば前の周の徳治宣言がそうだし、漢時代の儒教の国教化、あるいはローマ帝国でのキリスト
教の国教化など。日本でも江戸幕府による儒教の推進政策など。

慣習としての儒教を考える場合、比較として慣例としてのキリスト教と比べるとのが有効だろう。
儒教とキリスト教の差はなんだろう。キリスト教は個人単位であの世での救済を目的とするが、儒
教はこの世での国の幸せを目的とする。しかし慣習として考えた場合には、このような定義上の差
は小さくなる。キリスト教はイエスの理念とは、ローマ帝国の国教になり広く広まって以来は、国
家管理の面が強くなる。教皇をトップにしたヒエラルキー構造。司祭は地方の権力者が就任する。
さらに土着性をまして、本来の厳格さは失われ、地域の慣習を規定する。その中でも、規律として
働いたのは、個人への目覚め、禁欲的な思想から、自立した個人の土壌を作り、近代へ大きな貢献をした。

儒教も時代により大きく変化していく。周王による宣言にはじり、孔子による体系化、そして漢時
代の国教化により、慣習として大きな役割を担うことになる。先祖礼拝、孝という家族主義から、
国家安泰という連続した、規律主義は、作用し続けた。そして統治において、経済が重視され始め
た近代。 すなわちピケティの調査範囲。それぞれに大きな転機を迎えることになる。

儒教はとても合理的である。家族を単位とした規律管理と考えればよい。身分ごと、世代ごと、仕
事ごと、土地の区画に切り分けて、思いやりで結びつける。経済はなるべく無駄なく必要最小限に。
これが中国で二千年以上にわたり、環境として機能してきた理由である。資本主義という特殊な環
境に移行しなければ、今も東アジアでは儒教的慣習による統治が行われていだだろう。

312 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 21:38:33.71 0
資本主義を推進するキリスト教

では資本主義と儒教はいかに対立し、共存したのか?決定的な違いは、資本主義は社会の流動性を
求めて、儒教が社会の非流動性を理念とすることだろう。この新たに生まれた流動性社会は、本質
的にそれまで当たり前だった身分制と対立する。だからカトリックとも対立する。流動性が避けら
れなくたったとき、古い慣習はいかに生き延びたかが問題になる。

キリスト教の場合は、カトリックからプロテスタントへの原点回帰である。本来、キリスト教は司
祭さえいない神と個人の関係だ。カトリック的なヒエラルキーはキリストの死後に作られた。キリ
ストの思想は、ヘレニズム(多国籍)の影響うけたと言われ、他者に開かれている面で、資本主義と
の相性が良い面がある。そしてプロテスタントと原点回帰回帰しつつ、禁欲主義を天職という職業
倫理へ転換することて、資本主義に生き延びる糸口を掴む。

しかしそれよりも資本主義に大きく貢献したのは、キリスト教の忠誠心かもしれない。なぜ西洋で
資本主義が成功したか。それは伝説のキリスト教王、プレスタージョンを探し、同盟しイスラム教
徒を駆逐するためである。中世は西洋では暗黒時代などと言われるが、イスラム教にとっては最盛
期である。ローマ帝国崩壊後、地中海をのさ刃っのはイスラム教徒である。ジハードのもとに、キ
リスト教徒からの略奪は合法とされて、地中海は海賊の海になった。彼らは単に野蛮なわけでなく、
ギリシア、ローマの文化を引き継いだ。その時代に世界で豊かで洗練されているのはイスラム教徒
と中国人である。キリスト教徒は十字軍でイスラム圏を訪れ、その豊かさに憧れる。

キリスト教徒は書き換えしとして、伝説のキリスト教王を探し求めた。挟み撃ちにすることで一発
逆転を狙ったのだ。近代の成功に向けて、西洋人は単なる合理性ではなく、キリスト教の狂気と暴
力により突き進んだ。彼らはキリスト教的で崇高な精神により前進し、母国では崇められ、そのま
ま暴力により、異教徒から略奪し、奴隷とした。巨大な富をえた。

313 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 21:39:03.97 0
儒教の流動性

では儒教はどうか。資本主義以前、確実に中国は世界一の大国であった。宋に始まり、元、明、清
と巨大な世界帝国が登場した。西洋が飛躍するためのもの、すべてがそこで生まれ伝わった。銃、
羅針盤、航海術、印刷、そして世界流通網。宋は、漢以降仏教に押されていた慣習が、新儒教とし
て復活する時代である。なにが儒教を呼び戻したのか。社会の流動性である。

儒教は現代から見れば非流動的だと感じるか、実は流動的であることにその利点があった。それは
孔子をみればわかる。彼は革命家だった。古く流動性を失った社会を解体する。だから孔子は登用
されなかった。彼は社会を正しくフォーマットし、そこに合理的な人材の流動性を求める。ヒエラ
ルキーは単なる血縁ではなく、適材適所の能力主義を求める。後の科挙である。

そして宋時代の成功は、儒教による人材投与の流動性によるとこれが大きい。むしろそれまでの仏
教の方が貴族化を進め、流動性を失わせていた。中国では、儒教は社会に流動性呼び込む革命とし
て、機能してきた。それは日本の江戸時代をみても明らかである。朱子学がいかに革命的な働きをしたか。

つづく

314 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 21:40:34.89 0
■法、暴力、経済、慣習
>>121-123

■ガリガリ君の徳とピケティ格差
>>229-231

■慣習としてのキリスト教と儒教
>>310-313

315 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 21:54:28.27 0
>>309
そんなwikiはってどうしたの?
俺が言ったことを今wikiで少しだけ知りましたよって報告かね?
ずいぶんと出来の悪い生徒だなお前は

316 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 22:17:49.62 0
>>307
紀元476年、ゲルマン人の傭兵部隊を率いる傭兵隊長オドアケル(434頃-493)が、ローマ皇帝の拠点であるラヴェンナに無血入城しました。
軍事力で威圧する傭兵隊長オドアケルが、最後のローマ皇帝ロムルス・アウグストゥルス(ロムルス・アウグストゥス, 460-511頃)を追放したことで、
西ローマ帝国はあっけなく滅亡したのです。

西ローマ帝国が存続していた時代にも、イタリア半島本土はアラリック率いる西ゴート族による「ローマ劫掠(410)」や
ゲンセリック率いるヴァンダル族の「ローマ劫掠(455)」を受けましたが、
オドアケルが東ゴート族のテオドリック大王(454頃-526)に敗れると、首都ローマは東ゴート王国(493-555)の一部に組み込まれました。

最も野蛮で文明生活から遠いと言われていたランゴバルド族(ロンバルド族)は、イタリアを支配した東ゴート王国が滅亡した後(555)に、
イタリア半島へと移動してランゴバルド王国(ロンバルド王国, 568-774)を建設しましたが、
ヨーロッパ主要部を統一するカール大帝のフランク王国との戦いに敗れて滅亡しました。

317 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 22:24:30.49 0
>>258
> 貧弱な相続さえ認めず相続税で奪うのが国家だぞ

それは累進課税を緩和して再分配後の格差是正機能を失ってしまった
今の日本のような新自由主義ブルジョワ国家のことではないかな。

318 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/24(金) 22:38:07.24 0
>>281
詩経 《維天之命》 (いてんしめい)

維(こ)れ天の命、於(ああ)穆(温和恭敬)にして已(や)まず。
於乎(ああ)不(丕、おおい)に顯らかなる、文王のコの純。
假(嘉と古来いうが、仮)りに以って我に溢れれば、我それこれを收(おさめる、集める)めん。
駿(おお)いに我が文王を惠(従うと古来いうが、けい)し、曾孫(宗家の長子、周王)これを篤くす。

天が周室を保佑するとの天命は深遠にして止むことがない。
文王の徳は純粋で一点の小疵もないので天下に顯われ輝いている。
嘉(善)かな、文王の明徳の満ち溢れるものが、子孫たる我らにまで及んで、
我らは勤めてその礼楽の道を失わぬよう収め取り守っていかねばならない。
大いに我が文王の徳に順(したが)って、子孫たるものはこれを受け継ぎ厚くして
天命を保有し続けねばならない。

319 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 23:03:02.86 0
犯罪者 中野隆一「なかのりゅういち」
美容室 ブルーム コスタ 赤羽 デコラ 池袋 カレン 川口 社長
上記人物はお客様の事を偽証申告して逮捕状をとる
共犯 遠藤孝輔「えんどうこうすけ」
意識の革命家 ザーマスターキーIII
美容師 美容院 中野隆一の店 フジテレビ 荒川区在住
散髪 ヘアメイク ホットペッパービューティー とらばーゆ
タウンワーク アシスタント レセプション

320 :考える名無しさん:2015/07/24(金) 23:44:54.72 0
> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975

                       ↑
                    比べてみようw
                       ↓

> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

321 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 00:00:35.48 0
>>302
>それは孔子をみればわかる。彼は革命家だった。
孔子は革命家じゃないだろう、彼は自称保守派なんだが?
実際は別物であったとしても周公旦の時代に戻そうとしていたんだから革命家のはずがない

>古く流動性を失った社会を解体する。だから孔子は登用されなかった。
戦乱の時代に非現実的な武力を捨てろなんていうからだろうw
お前どこまで勘違いしている

>彼は社会を正しくフォーマットし、そこに合理的な人材の流動性を求める。
>ヒエラルキーは単なる血縁ではなく、適材適所の能力主義を求める。
時代が間違っているが?少なくとも周公旦の息子が開いた魯は血縁を求めたし
能力主義でもない

>後の科挙である。
科挙はそれこそ士大夫の中から選ばれるものであって能力主義的にも見えるが
実際はペーパーテストで現実的じゃないんだが?
しかも時代はずっと後だ、お前風にいうならばクソミソだなw

お前、儒教を美化しすぎだぞ

322 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 00:03:54.16 0
>>317
>それは累進課税を緩和して再分配後の格差是正機能を失ってしまった
緩和どころか日本はガチガチ、そしてさらに相続増税もされた
格差が上に開くんじゃなくて政治家とその眷属以外みんな貧乏になるという社会主義国家の崩壊と同じ状態になりつつあるんだが?

>今の日本のような新自由主義ブルジョワ国家のことではないかな
日本のどこが新自由主義でブルジョワ国家なんだ?
日本は最も成功した社会主義国家と言われている事実は無視か?

323 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 00:06:54.33 0
>>318
それが周を正当化(美化)して尚且つ、孔子の主張を正しく見せるための捏造だとなぜ気付かない

お前はNHKの中国の謎第二集を見たんだろう?
あれが徳による革命か?
武力を使って政権交代したのを徳による天命と言い張っているだけだろう

お前は結局何も理解できなんだな

324 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 00:39:46.65 0
>>314
話が佳境に入ってきたようだ。
慣習としてのキリスト教、儒教を考えたとき、
資本主義という流動性に対する非流動性という単純な構図にはないどころか、
むしろ資本主義の躍進を後押しした面さえある。
では、資本主義の慣習とはなにかから、リバースしてみよう。

325 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 00:53:02.32 0
>>321
迷子は、ほんと天然なところがなんか憎めないんだよな。
レスに必ず笑いが入る。

>孔子は革命家じゃないだろう、彼は自称保守派なんだが?
>戦乱の時代に非現実的な武力を捨てろなんていうからだろうw

まさに革命。

>少なくとも周公旦の息子が開いた魯は血縁を求めたし

官僚にまで血縁を求めたわけではないだろう

>科挙はそれこそ士大夫の中から選ばれるものであって能力主義的にも見えるが
>実際はペーパーテストで現実的じゃないんだが?
>しかも時代はずっと後だ、お前風にいうならばクソミソだなw

科挙の競争率を考えれば、能力主義だろう。
儒教をもとにした身分によらない登用は漢時代からある。

>日本は最も成功した社会主義国家と言われている事実は無視か?

これを、ネタ以外でいう評論家はいないだろう(笑)

>お前はNHKの中国の謎第二集を見たんだろう?
>あれが徳による革命か?
>武力を使って政権交代したのを徳による天命と言い張っているだけだろう

はあ????
殷に徳が失われたから武力をよって政権交代するんだろう。
それを天命と正当性で言い張るのが新しいんだろう。

326 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 01:10:29.97 0
>>323
間違えた。
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3756/hxsyuu.html

1 殷周革命
祭器・利キには紂王征伐が刻されている「武 商を征す」と。
武王が商(殷)を征伐した。前1023年、ここに中国の歴史時代が始まる。
ここに周王朝は開かれたが、この殷周交替は何をもたらしたであろうか。盂(人名)の鼎に刻された銘文がそれを教えてくれる。

祭器・大盂鼎(康王3年・前999頃?)
「九月、王は都・宗周にあり、盂に命じる。王はこのように云う、盂よ、大いなる明なる文王は天の抱かれる大命を授けられたもう。
武王においては文王に次いで国をなしたまい、(殷の)隠れた悪を開き、四方を領有し、民を教導したまう。
御事(国の祭祀)にては、酒に及ぶも決して酔うことなくジョウシの祭りにおいても決して乱れない。
それで天は助けに臨まれ、慈しんで先王を保ち、四方を領有させたまう。
我聞くには殷の命を落とすのは、殷の諸侯の辺・候・田と長官達と のべて酒に倣い、それで兵を失ったと。
(中略)今余は典範に文王の正徳にのっとり文王の命じたまう二三正(政治の原則)に従おうとする。
いま余は、汝盂に命じて補佐させる。徳経を敬していそしみ朝夕に朝廷に入りいそしめ。
よく奔走して天畏を畏れよ。王云う、ああ汝盂に命じる、汝の継いだ祖先南公にのっとれ。
王また云う、盂よ、補佐して異民族を治めよ。
訴訟をいそしみ慎み、朝夕我一人を助け、四方に君なるを得させよ。
余が先王から授けられた民と地を査察せよ。
汝に酒器と礼服と履物と馬車を賜う。
汝の祖先南公の旗を賜う、用いて狩せよ。
汝に奴隷と管理者を賜う。速やかに受け取り持ち去れ。
王云う、汝の執政を敬して、余が命を棄てること勿れ。
盂、王の賜物に応え、この祖南公の宝鼎を作る。王の二十三祀なり。」

この祭器・大盂鼎は盂が祖先南公以来の周王朝の官務の引き継ぎを命ぜられたことを記念して作られた。
殷を滅ぼした周は第三代、康王(前千二年〜?)の時代にいよいよ安定を得ることができた。
盂に君命を授ける言葉にその自信がよく表れている。
盂という人物は、殷の時代の田猟地に地名として盂とあった地の出身氏族であろうと考えられている。

327 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 01:23:28.29 0
銘文の「文王は天の抱かれる大命を授けられたもう」これが周の革命理論であり新しい祭政神学思想になる。
銘文はさらに「(殷の)隠れた悪を開き」「我聞くには殷の命を落とすのは、殷の諸侯の辺・候・田と長官達とのべて酒に倣い、
それで兵を失ったと」と革命の大義を述べる。
第三代、康王のころには革命当時のことは既に伝説になっていたろう。
周は殷周革命の大義名分に倫理道徳をもってするようになっていたことを知ることができる。

祭器銘文には「今余は典範として文王の正徳にのっとり文王の命じたまう二三正(政治の原則)に従おうとする。
今余は、汝盂に命じて補佐させる。徳経を敬していそしみ朝夕に朝廷に入りいそしめ。よく奔走して天畏を畏れよ。」
と刻され「二三正」「徳経」なる条項が示され、天命にかなうものとされる。
こうして周政治の道徳主義の教理と説教が生まれた。

328 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 01:32:29.97 0
■法、暴力、経済、慣習
>>121-123

■ガリガリ君の徳とピケティ格差
>>229-231

■慣習としてのキリスト教と儒教
>>310-313


話が佳境に入ってきたようだ。
慣習としてのキリスト教、儒教を考えたとき、
資本主義という流動性に対する非流動性という単純な対立構図にはないどころか、
むしろ資本主義の躍進を後押しした面さえある。
では、資本主義の慣習とはなにかから、リバースしてみよう。

329 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 04:57:49.13 0
>>325
>迷子は、ほんと天然なところがなんか憎めないんだよな。
>レスに必ず笑いが入る。

>まさに革命
これのことか?
非現実的で無視されることをお前の脳内では革命なんだ?
お前もすごい革命家だな

>官僚にまで血縁を求めたわけではないだろう
中国は今でもコネ社会だが?
結果的に無能が集まったから魯は弱小国だった

>科挙の競争率を考えれば、能力主義だろう。
暗記が得意な奴=優秀か?
実際、カンニングペーパーが多数出てきているし、科挙を受けるための塾みたいなのもあって結局は権力者しか通らない等の問題もあるんだが?

それとお得意の孔子の時代と違うってツッコミは無視か?
他人には孔子の時代と違うと言って逃げるくせに自分は良いんだなw

330 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 05:02:44.10 0
>>326>>327
だから、それは政権を簒奪した事の正当化でしかないんだが?

武力で制圧したのを天が与えた天命だと言い張っているだけ
中国の歴代王朝は必ず前王朝の最後の方を悪く書かないといけない
なぜならば、徳が衰えたから自分たちが天から認められて新たな徳を得たという大義名分=嘘が必要だからだ

いい加減、歴史の勉強とその裏を読めよ

331 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 05:03:55.02 0
>>328
>むしろ資本主義の躍進を後押しした面さえある。
どこが?
つうか、お前の言う流動性って金?人?

ガリガリ君の徳?

332 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 05:43:55.69 0
> 384 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2013/02/13(水) 21:41:06.46 0
> 思考が全部、中二病なんだよ
> 証明しろ、なって行っちゃダメ。
> なぜならこの世界に証明できることなんて一つもないから

            ↓ 僅か20分後

> 391 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2013/02/13(水) 22:01:29.49 0
> いまどき中二病的「この世界に証明できることなんて一つもない」じゃあ
> しょうがないだろう
> それじゃ、10年前の2ちゃんねるだよ

333 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 08:06:45.94 0
>>329
http://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/article/090205denshi.htm

もうちょっと専門的な話をしましょう(ここから先は大学入試レベルを超えます)。宋代の科挙の試験科目は、次の3つです。
1.経義・・・・儒学の経典を解釈。『論語』・『孟子』が必修。『五経』の一つを選択。
2.論・・・・・・歴史上の事件、人物を評価。
3.策・・・・・・政策を提言。
もうひとつ、詩(韻文)もありましたが、王安石改革で廃止されました。
(詩は、旧法党政権が選択科目として復活。のちに清の乾隆年間に必修科目として完全復活)

つまり殿試というのは、皇帝への献策(政策の提言)という形式で行われました。答案も、皇帝への上奏文という形式で書きます。
字数は1000字、日没までに仕上げます。

334 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 08:12:40.07 0
>>330
はあ????
殷に徳が失われたから武力をよって政権交代するんだろう。
それを天命と正当性で言い張るのが新しいんだろう。

335 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 08:16:47.57 0
>>333
それがどうした?
結局、士大夫だけが合格する、しかも身内を推薦して独占する試験だろう

336 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 08:19:39.62 0
>>334
あれ?
孔子は武の否定してんだが?
武、信、食

なんだ、お前散々儒教、儒教と言ってる割に儒教すら理解できてね〜じゃん

337 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 08:50:05.24 0
>>336
はあ????
殷に徳が失われたから武力をよって政権交代するんだろう。
それを天命と正当性で言い張るのが新しいんだろう。

338 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 08:55:13.70 0
>>336
wiki 六芸

六芸(りくげい)は、中国古代の儒教で使われた専門用語である。まれに「ろくげい」と読む場合がある。
礼 - 礼節(道徳教育)
楽 - 音楽
射 - 弓術(心身共に鍛えた)
御 - 馬車を操る技術
書 - 文学
数 - 数学

を言い、中国において身分あるものの基本教養とされていた。 周礼には士に必要なものと規定され、
周の礼を重んじた孔子によってそれが確立された。

339 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 09:05:19.15 0
これがまさに迷子の迷子たる所以だよな。

殷周革命の話をしてるところに、突然、孔子の話で否定しくる。
時間軸は殷周革命が先で、孔子があと。
孔子が死のうが生きようが、糞しようが、先に起こった殷周革命にはまったく関係がない。
時間軸の迷子(笑)


334 自分:第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. [sage] 投稿日:2015/07/25(土) 08:12:40.07 0
>>330
はあ????
殷に徳が失われたから武力をよって政権交代するんだろう。
それを天命と正当性で言い張るのが新しいんだろう。

336 返信:考える名無しさん[sage] 投稿日:2015/07/25(土) 08:19:39.62 0
>>334
あれ?
孔子は武の否定してんだが?
武、信、食

340 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 09:12:16.42 0
普通、ADHD(注意欠陥/多動性障害)であることは間違いないが、
それ以上に、論理だった認識力に欠陥がある
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-04-003.html

341 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 09:15:38.75 0
>>337
じゃあ孔子が理想とした周はクズだったって事だな

342 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 09:16:44.64 0
>>339
てめ〜が科挙を持ち出して儒教を肯定する事はおかしいよな?
孔子の時代とは違うはどこへいったw

343 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 09:21:08.35 0
>>339
まだ理解できなんだ?
殷周革命なんてないんだが?
周が殷を武力で制圧したってのが事実

その正当化=口実として徳が移ったから…

孔子はこの徳に民意を混ぜた
ここのどこに民意があるんだ?

孔子は民意によって周が殷を武力で制圧したさせたと言ってるんだよな?
お前の説では…

時間軸じゃなくて、徳=運と徳=民意の話なんだが?

お前は本当にバカだな

赤ん坊からやり直せ

344 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 09:24:40.55 0
>>341
>じゃあ孔子が理想とした周はクズだったって事だな

迷子すぎて意味不明(笑)

どういうこと?いろいろ混ざりすぎてる。整理しよう。

@殷周革命 武力による政権交代 天命、徳による正当性の主張 
A孔子の思想 周を理想として、徳治主義を目指す



345 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 09:24:59.28 0
科挙の問題点
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1135624411
当時の中国は科挙予備校に通うにも教科書や参考書を買うのにも、生活のために働く事もせずの学問は、半端な庶民には到底敷居が高くてできるもんじゃーなかった。
勢いハイソな家柄の者だけしか勉学が出来ず、合格して官僚になれば、特に清朝末期では、その特権をフルに行使して自分の懐を増やすことだけに終始していた。
だからトップが厳しい管理ができているうちはいいが、本来の優秀な人材登用の目的にはつながらなかった。実態は腐敗官僚の登竜門の様相だったのです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/科挙
生まれに関係なく学識のみを合否の基準とする科挙ではあるが、科挙に合格するためには、幼い頃より労働に従事せず学問に専念できる環境や、多数の書物の購入費や教師への月謝などの費用が必要とされた。
そのため、実際に科挙を受験できる者は大半が官僚の子息または富裕階級に限られ、士大夫の再生産の機構としての意味合いも強く持っていた。

中国社会では官僚となって任地や担当分野の許認可権を握れば、賄賂や付け届けによる多額の非公式な収入が得られるのが当然とされる。
すなわち官職の地位と収入は直結しているため、科挙に合格して官吏となるのは、貧しい者でも個人の才能で社会的地位と財産を築く、確実な手段であった。
「昇官發財(官吏になり、財産を築く)」の格言は辛亥革命時に旧思想として否定されたが、実際には現在でも中国社会にあまりにも根強く残り、中国が法治国家になる最大の問題点となっている


金持ってないと科挙って合格しないんだ…

346 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 09:26:41.78 0
>>344
>A孔子の思想 周を理想として、徳治主義を目指す
その理想の国家が嘘でしたって事が第一
徳治とは民意にあらずってのが第二

347 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 09:32:05.94 0
>>343
まてまて走り回るな。落ち着け(笑)

>殷周革命なんてないんだが?
>周が殷を武力で制圧したってのが事実

殷周革命が分かっていないと。
殷周革命は、周が殷を武力で制圧こと。そしてそれを天の思想で正当化した新しさ。

>孔子は民意によって周が殷を武力で制圧したさせたと言ってるんだよな?
>お前の説では…

そんなことはまったく言ってない。
孔子が周を理想とするのは、殷周革命後に、天の思想=徳治主義を重視した政治をしたこと。

たぶんまだ迷子だろうから言っておく。
何度も何度も言っているが、
徳治政治とは、徳だけで政治をすることではない。
徳を重視して政治をすること。
法、軍事力ゼロを理想として目指しているわけではない。

まずここでどうだ。

348 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 09:32:06.18 0
バカがいう徳治政治=民主主義が大間違いが第三
実際の徳治政治とは為政者が人気取りのために法をねじ曲げるというポピュリズム政治であるが第四

結局、読解能力もないバカ=波平
迷子は自分が迷子ではなく、ママが迷子になったと訴える

349 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 09:41:33.82 0
>>346
>その理想の国家が嘘でしたって事が第一

嘘というか、理想と現実はあるだろうな。
何度も言ってるが、そこは孔子のアイロニーを読まないといけない。

こういうこと、

子曰く、「述べて作らず、信じて古(いにしえ)を好む(笑)」

ここで、迷子の一番苦手なメタ認識がはいる。
迷子は、このメタ認識能力が病的に欠落している。
ようするに、相手がネタで言ったとマジで言ったことの認識できない。
空気が読めないといっていい。

>徳治とは民意にあらずってのが第二

これはまともなよい質問。
天の思想は民意への訴えかけか?
ボクは、民意の訴えであるという白川説をとる。←誰説?をはっきり言っている。


迷子の相手も暇つぶしになるんだが、8レス制限があるからな。
無駄にレスを消費できないんだよ(笑)

350 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 09:47:39.33 0
子曰く、「述べて作らず、信じて古(いにしえ)を好む」

この断言。
「全部、周時代のことを持ってきてるだけです。
私はいっさい、創作していません。」

孔子の博識と天才をもってすれば、
そんなことないのすぐに分かるだろう。
周にだった欠点はあった。
記録は完全ではない。
解釈だって立派な創作だ。
そんなこと、孔子がわからないわけがない。

すると、こう理解することが正しい。
子曰く、「述べて作らず、信じて古(いにしえ)を好む。テヘペロ(笑)」

歴史的にも、先人を「あえて」理想化して、自分の主張を強化する演出法はよくあることだ。
イエスとその弟子たち
ソクラテスとプラトン
釈迦とその弟子たち
フロイトとラカン

351 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 09:54:17.52 0
>>345
当時っていつだよ(笑)
迷子だな。

>生まれに関係なく学識のみを合否の基準とする科挙ではあるが、
>科挙に合格するためには、幼い頃より労働に従事せず学問に専念できる環境や、
>多数の書物の購入費や教師への月謝などの費用が必要とされた。
>そのため、実際に科挙を受験できる者は大半が官僚の子息または富裕階級に限られ、
>士大夫の再生産の機構としての意味合いも強く持っていた。
実際に科挙を受験できる者は大半が官僚の子息または富裕階級に限られ

科挙も時代によっていろいろ。
形骸化していることは多々ある。
一方で、能力主義がなかったことにはならない。
現代でも、金持ちの方が学歴が高い。

352 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 10:02:58.43 0
孔子はものすごく現実主義、実行主義だった。
考えるよりやれ。
単に、徳だけの桃源郷を夢みたわけではない。
現実的に、徳を生かす方法を試み続けた。
その意味で、語るのでなく、実行した周公は孔子の理想。


子曰く、
先進の礼楽(れいがく)に於けるや野人なり、
後進の礼楽に於けるや君子なり。
如し(もし)これを用うれば、則ち吾は先進に従わん。

[口語訳]先生がおっしゃった。
『弟子達の中の先輩は、礼制と音楽に対して野蛮人のようである。
後輩は、礼制と音楽に対して立派な君子のようである。
しかし、もし実際に活用するのであれば、私は先輩たちのほうに従うだろう。』

353 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 10:19:36.06 0
空間軸、時間軸の迷子は、知識量の問題だから、
勉強すればだけだが、

認識軸の迷子は、センスがないだけならよいが、脳欠陥のおそれがある。

1)ベタレベル 事実を語る。
2)メタレベル ベタレベルの多くの事実から自分なりに考察する。

この1)、2)がごちゃ混ぜで話すから、迷子になる。
だから誰説?と聴く。
1)どこかの本に載っていた。誰かが言っていた。
それとも2)自分で考察した。

だから、相手の話で、1)、2)の区別が付いてなく、反論するから、
さらに迷子になる。

1)は、誰の説を支持するかの議論。
2)は、好き勝手いえるから、言った物勝ちの世界。

354 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 10:37:59.20 0
1)ベタレベル 空間軸、時間軸。事実を語る。
2)メタレベル 認識軸。ベタレベルの多くの事実から自分なりに考察する。

迷子は、1)ベタレベルの空間軸、時間軸がなく、少ない点の知識しかない。
それだけ、子供のようにいきなり2)メタレベルで、好き勝手に語るから、
短絡的な妄想、単純な陰謀論になる。

355 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 11:17:22.57 0
>>347
>殷周革命は、周が殷を武力で制圧こと。そしてそれを天の思想で正当化した新しさ。
新しくもなんともないが?

>孔子が周を理想とするのは、殷周革命後に、天の思想=徳治主義を重視した政治をしたこと。
孔子がそれを言い張っているだけだろう

>徳を重視して政治をすること。
だから徳を重視してポピュリズム政治をやるという事

結果的に偽善者だけが生き残り、国家が腐敗した
孔子やお前の理想の国なんてない、それとも腐敗だらけの国がお前の理想か?

孔子が自分を大きく見せるために周という国の権威を嵩に着て、間抜けな正義を唱え
戦乱の世の中ではそれが通用せずに挫折したが正しい歴史

孔子は革命家でもなんでもない、ただの詐欺師だ

>>349
>嘘というか、理想と現実はあるだろうな。
ありもしない現実は嘘だが?

>子曰く、「述べて作らず、信じて古(いにしえ)を好む(笑)」
自分を正当化する為の誇張という名前の嘘だろがw
それ貼って意味があると思っているのが痛いな…
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2501S_W3A510C1000000/
 しかし孔子は貧しい環境に育ったとされる。白川静氏は「孔子伝」(中央公論新社)で巫女(みこ)の庶子だったろうとしている。
その孔子が下級役人などの仕事の合間にどのようにして君主や貴族の儀礼・作法を知り得たのか、その過程は明らかになっていない。「結局あれこれ聞きかじっただけの耳学問ではなかったか」(浅野名誉教授)。

勝手に作って、自分は作ってないとほざいていた詐欺師だという事
権威を傘に着た恥じるべき人間、お前そっくりのクズだな

356 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 11:24:05.91 0
>>351
>当時っていつだよ(笑)
お前お得意の孔子の時代とは違うはどこへ行った?
科挙はそれこそほぼ腐った官僚組織を作る原因だったのは明らかだろうw
科挙のどこに能力主義がある

>現代でも、金持ちの方が学歴が高い。
学歴=能力じゃないんだけどw
バカだろお前

>>352
>孔子はものすごく現実主義、実行主義だった。
そもそも、ありもしない周の徳治政治を唱えて実際に手腕を振るって失敗し
その後は士官もできずに放浪
現実主義でもなければ実行もできなかった

>空間軸、時間軸の迷子は、知識量の問題だから、
都合の良い様に空間軸、時間軸を捻じ曲げてもボロが出るおバカさんな迷子はお前だろう?
知識もない、社会経験もない
可哀想な孤児がお前だろうに…孔子の権威でありもしない自分に徳を唱え駄文を連ねても孔子にもなれないし、孔子すらお前と一緒のろくでなしじゃん

357 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 11:25:26.21 0
理解できないと誰説とくそみそ
自分が時間軸も、空間も飛躍するくせに、それを指摘されると時代によって違う

結果を無視してオナニー、結果を見て見ぬ振り
大変だな引きこもりは

358 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 11:39:42.54 0
アホに理解できるかは知らんが…
どんなに理念は素晴らしくても、それがきちんと運用されなければ制度や法は役に立たない
逆に言うならば、役に立たない制度や法の元になった理念は間違いという事

徳による人民の支配は正当性を唄う為の欺瞞
徳治政治は、支配者の善意の政治ではなく偽善の押し付け
礼の矯正は、バカを作る為の洗脳

その結果中国は数千年に渡って腐敗した権力が代替わりして今も続いている

お前の望む国家は中国か?

359 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 12:28:06.43 0
>新しくもなんともないが?

天の思想で正当化するのは新しいだろ。
嘘だけはやめろ(笑)

>孔子がそれを言い張っているだけだろう

そりゃ、思想だから当たり前。
なにいってんだ?(笑)

>だから徳を重視してポピュリズム政治をやるという事
>孔子は革命家でもなんでもない、ただの詐欺師だ

陰謀論乙(笑)

>しかし孔子は貧しい環境に育ったとされる。白川静氏は「孔子伝」(中央公論新社)で巫女(みこ)の庶子だったろうとしている。
>その孔子が下級役人などの仕事の合間にどのようにして君主や貴族の儀礼・作法を知り得たのか、その過程は明らかになっていない。
>「結局あれこれ聞きかじっただけの耳学問ではなかったか」(浅野名誉教授)。

誰説か書いてるのは進歩だぞ。
儀礼・作法を知り得たのか、その過程は書いてる。

360 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 12:32:24.09 0
>科挙はそれこそほぼ腐った官僚組織を作る原因だったのは明らかだろうw

陰謀論乙(笑)

>学歴=能力じゃないんだけど

じゃあ、能力はなんだ。低学歴。

>そもそも、ありもしない周の徳治政治を唱えて実際に手腕を振るって失敗し
その後は士官もできずに放浪
現実主義でもなければ実行もできなかった

>>326-327参照

>どんなに理念は素晴らしくても、それがきちんと運用されなければ制度や法は役に立たない
>逆に言うならば、役に立たない制度や法の元になった理念は間違いという事

この当たりの間抜けさがかわいいんだよな(笑)
理念が語られて、運用されて判定されるまでの時間はどうしましょ。
100年ぐらいは待ってもらえますか(笑)

>徳による人民の支配は正当性を唄う為の欺瞞
>徳治政治は、支配者の善意の政治ではなく偽善の押し付け
>礼の矯正は、バカを作る為の洗脳

やっと主題にたどり着いた(笑)
詳しく。

361 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 13:00:21.65 0
△四書五経入門―中国思想の形成と展開 竹内照夫 平凡社ライブラリー ISBN:4582763200
△中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122042402

○礼記 上 新釈漢文大系 竹内照夫 ISBN:4625570271
○孝経 全訳注 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4061598244
△史記〈1〉本紀 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082018

●沈黙の宗教――儒教 加地伸行 ちくま学芸文庫 ISBN:4480093656
●儒教とは何か 加地伸行 中公新書 ISBN:4121009894

362 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 16:08:24.04 0
>>359
>天の思想で正当化するのは新しいだろ。
殷の前の夏やその前は?

>そりゃ、思想だから当たり前。
>なにいってんだ?(笑)
お前こそ何言ってだ?
孔子は新しく作らないのは嘘なんだよな?
詐欺師じゃんw

>陰謀論乙(笑)
事実だろう?
徳という概念を民の声だと言い張り、君子は民のご機嫌を取れと言い出した
自分が認めたくない事は陰謀論
毎回頭が悪いと大変だな

>誰説か書いてるのは進歩だぞ。
前から貼ってるだろうが?
お前は脳みそだけでなく目も悪いんだな

363 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 16:10:36.13 0
>>360
>この当たりの間抜けさがかわいいんだよな(笑)
>理念が語られて、運用されて判定されるまでの時間はどうしましょ。
>100年ぐらいは待ってもらえますか(笑)
孔子の時代とは違う
で全て却下じゃん
お前のやり方ではw

つうか、科挙が制定されて何年続いた?

お前脳みそ腐ってるじゃん

>やっと主題にたどり着いた(笑
最初から入っている事を何回書き込ませる
マジで脳みそだけでなく、目も悪いんだな

364 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 16:15:21.73 0
せっかく読んだらしい本の中身もまともに理解できない
理解できないから話が明後日の方向へ飛躍する

それを指摘されるとシラを切りまくり、話を有耶無耶にして
最初に戻す

薄っぺらな哲学で…

365 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 20:02:44.50 O
中国の神話 白川静 中公文庫
小説十八史略(一) 陳舜臣 講談社文庫
新書漢文大系27 孔子家語 宇野精一
景行天皇と日本武尊 列島を制覇した大王 志村裕子 河村哲夫
葬式は、要らない 島田裕巳 幻冬舎新書

366 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 22:07:07.04 0
>>363
>徳による人民の支配は正当性を唄う為の欺瞞
>徳治政治は、支配者の善意の政治ではなく偽善の押し付け
>礼の矯正は、バカを作る為の洗脳

やっと主題にたどり着いた(笑)
詳しく

367 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 22:21:08.67 0
儒教
●大学 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585940
●大学・中庸 金谷治 岩波文庫  ISBN:4003322215
○中庸 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585959
○[新訳]大学・中庸 守屋洋 新書  ISBN:4569703178
●礼記 下見隆雄 中国古典新書 ISBN:4896192672
○礼記 上 新釈漢文大系 竹内照夫 ISBN:4625570271
●論語 増補版 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4062919621
○孝経 全訳注 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4061598244
△史記〈1〉本紀 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082018
△史記世家 上 司馬遷 岩波文庫 ISBN:4003321464
△史記〈4〉―世家〈下〉 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082042
○孔子家語 新書漢文大系 宇野精一 ISBN:4625663369
○小説十八史略(一) 陳舜臣 講談社文庫 ISBN:4061850776

加地伸行
●沈黙の宗教――儒教 加地伸行 ちくま学芸文庫 ISBN:4480093656
●儒教とは何か 加地伸行 中公新書 ISBN:4121009894

白川静
●孔子伝 白川静 中公文庫 ISBN:4122041600
△中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122042402
○中国の神話 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122041597

●中国思想史 上 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010962
●中国思想史 下 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010970
●孔子 金谷治 講談社学術文庫 ISBN:4061589350
△四書五経入門―中国思想の形成と展開 竹内照夫 平凡社ライブラリー ISBN:4582763200
△世界の歴史〈2〉 中華文明の誕生 尾形勇、平勢隆郎 中公文庫)文庫 ISBN:4122051851
△論語の新しい読み方 宮崎市定 岩波現代文庫 ISBN:4006000227
△朱子学と陽明学 小島毅 ちくま学芸文庫 ISBN:4480095691
●孔子 DVD-BOX1 ASIN:B00WFNECI6

368 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 22:21:56.10 0
○景行天皇と日本武尊 列島を制覇した大王 志村裕子 河村哲夫 ISBN:4562051809
○葬式は、要らない 島田裕巳 幻冬舎新書 ISBN:4344981588

369 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/25(土) 22:29:06.38 0
儒教
●大学 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585940
●大学・中庸 金谷治 岩波文庫  ISBN:4003322215
▲中庸 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585959
▲[新訳]大学・中庸 守屋洋 新書  ISBN:4569703178
●礼記 下見隆雄 中国古典新書 ISBN:4896192672
●論語 増補版 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4062919621
▲史記世家 上 司馬遷 岩波文庫 ISBN:4003321464
▲史記〈4〉―世家〈下〉 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082042
△史記〈1〉本紀 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082018
○孝経 全訳注 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4061598244
○礼記 上 新釈漢文大系 竹内照夫 ISBN:4625570271
○孔子家語 新書漢文大系 宇野精一 ISBN:4625663369
○小説十八史略(一) 陳舜臣 講談社文庫 ISBN:4061850776

加地伸行
●沈黙の宗教――儒教 加地伸行 ちくま学芸文庫 ISBN:4480093656
●儒教とは何か 加地伸行 中公新書 ISBN:4121009894

白川静
●孔子伝 白川静 中公文庫 ISBN:4122041600
△中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122042402
○中国の神話 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122041597

●中国思想史 上 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010962
●中国思想史 下 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010970
●孔子 金谷治 講談社学術文庫 ISBN:4061589350
●孔子 DVD-BOX1 ASIN:B00WFNECI6
▲論語の新しい読み方 宮崎市定 岩波現代文庫 ISBN:4006000227
△四書五経入門―中国思想の形成と展開 竹内照夫 平凡社ライブラリー ISBN:4582763200
△世界の歴史〈2〉 中華文明の誕生 尾形勇、平勢隆郎 中公文庫)文庫 ISBN:4122051851
△朱子学と陽明学 小島毅 ちくま学芸文庫 ISBN:4480095691

370 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 22:53:56.45 0
> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975

                       ↑
                    比べてみようw
                       ↓

> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

371 :考える名無しさん:2015/07/25(土) 22:55:54.12 0
白崎

372 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 00:38:56.77 0
一部の欧米ジャーナリストは"日本はロリコン大国"と本気で信じている!? AKB48運営を痛烈批判した過激記事の中身

http://news.nico video.jp/watch/nw1709730

373 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/26(日) 09:08:32.45 0
>>372
普通に、日本はロリコン大国だけど

374 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 09:28:18.14 0
>>366
自分の見解が散々否定されてるから逃げるのか?

375 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 09:28:53.28 0
>>373
>普通に、日本はロリコン大国だけど
お前がロリコンなだけだろw
お前の宮崎駿の見解はどうした?

376 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 09:40:57.94 0
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20140707
日本人的ロリコン、幼児の神聖化は、西洋にはない日本人的文化ですよね。
宮崎駿の魅力はスピード感、浮遊感と超人感だよね。
スポコン的になんか努力して身につけたものじゃなくて、コナンとかナウシカとか、もののけとか、その超人感が、幼児の純粋さと繋がってる。
幼児には最初から神聖で超人的な力がある。

恥ずかしくないか?
作品が対象としている年齢層に合わせているだけだろ
無知無能な上に無恥だな…

377 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/26(日) 10:02:14.23 0
>>374
>徳による人民の支配は正当性を唄う為の欺瞞
>徳治政治は、支配者の善意の政治ではなく偽善の押し付け
>礼の矯正は、バカを作る為の洗脳

くわしく

378 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 10:11:05.86 0
>>377
散々やってただろう?
大変ですね、頭が単純で猿以下の生物は

379 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 10:18:50.16 0
>>377
>>礼の矯正は、バカを作る為の洗脳
お前を見ればわかるじゃんw

380 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/26(日) 11:49:52.12 O
>>378
勝った

381 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 12:01:39.02 0
頭がカワイソーな波平さんが立てたスレはココですか?

382 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 12:06:53.17 0
大学で何の訓練も受けていない輩が文献を雑に列挙してるのは滑稽だな。
時間と金があるなら先ず、学部受けてこいや波平

383 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 12:11:32.72 0
>>382
>文献を雑に列挙してるのは滑稽だな
雑なだけならまだ良いが、本人が理解できてないのが致命的

384 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 12:17:22.81 0
>徳による人民の支配は正当性を唄う為の欺瞞
波平はバカだから頭の良い俺がぶん殴って当然
バカ=徳が衰えたに変換
頭の良い=徳があるに変換

波平は徳が衰えたから徳がある俺が俺がぶん殴って当然

徳って便利だな(白目

385 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 12:34:06.00 0
>徳による人民の支配は正当性を唄う為の欺瞞
ガリガリ君の徳について語ったお前の理論そのものじゃん

386 :123:2015/07/26(日) 16:26:36.38 0
徳だといわないで、嫉妬、ねたみである。
経済は道徳の問題ではない。

387 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/26(日) 20:01:41.12 0
かわいい

388 :考える名無しさん:2015/07/26(日) 22:01:27.92 0
43 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:18
ソフィア、マンコ舐めさせて。

70 :ぴかぁ〜 :03/02/18 00:36
ソフィアのおっぱい飲みたいからいったんわしの子をはらんで
乳だけ出したら堕胎しろ!わかったか!

370 名前:Sophia ◆8ADoZCl6.k 投稿日:03/04/07 02:45
ぴかぁ〜はもう病院行ったほうがいいよ。。。
あともう少し自分の考えを論理的に見つめ直した方がいいよ。

389 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/26(日) 23:13:01.34 0
まあ、面白いのは、ボクより迷子の方が考え方が儒教的ってことだな(笑)

390 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 04:49:31.54 0
>>389
>まあ、面白いのは、ボクより迷子の方が考え方が儒教的ってことだな(笑
自分が儒教を理解できてないってことじゃないのかw

391 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 05:04:21.74 0
経済の仕組みを大雑把に言えば流通の隙間、或いは需要と供給の隙間
その隙間を覆い隠して利益を吸い上げるのが経済の本質

392 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 05:21:19.87 0
もっと単純だよ搾取するだけ

393 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 06:29:33.40 0
>>392
なんでも単純にすれば言い訳じゃないよ
周りからバカに見られるからもっと頭を使ったほうが良い

394 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 06:31:01.17 0
儒教の本質を理解できてないクセに徳や礼を絶賛する
儒教に限らず全てにおいて理解が足らない半端者

教育の本質は洗脳だとも知らず、資本主義の本質は略奪(搾取)だとも知らず
徳を口にして全部解決

経済学(ゲーム理論)の囚人のジレンマや共有地の悲劇とか、理解できているんだろうか?

395 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 06:34:05.40 0
>>393
単純だよ
安く買って(仕入れて)、高く売る
これが基本

安く仕入れるという事は生産者から搾取している事だし
高く売るという事は購買者から搾取している事
中間マージンを安くすれば利益も増えるって事は彼らから搾取している事になる

言葉を難しくしてお利口さんに見せる奴ほどバカだという現実

396 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 07:42:41.48 O
倫理がない相手にどう議論するか。
孔子が悪い、儒教が悪い、資本主義は搾取だ、という単純な陰謀論の危険は、
じゃあ、おまえの正義はなに?
どこの位置から批判してるのか?

この隠された神学が危険なわけで、倫理があれば、話を単純にできない。
まさに中二病の無責任(笑)

397 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 07:45:30.74 O
>>390
逆、キミは儒教的に儒教を批判する間抜けということ(笑)

398 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 07:47:27.93 O
>>394
そろそろ、その儒教の本質とやらを、披露してくれよ。
まさか儒教はまた単なる陰謀論じゃないよな(笑)

399 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 07:55:37.94 0
>>396
>倫理がない相手にどう議論するか。
ないのはお前だが?
孔子がロクでもないのは事実だし、その教えである儒教がロクでもない事も事実
資本主義が搾取や略奪からなっているのも事実だが?

それを理解せずにさぞ難しい事のように解説し勿体ぶる事が悪=間違い
物事は全て単純、複雑に見える事をバラバラに因数分解して順序良く組み立てるだけ

400 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 07:57:20.27 0
>>397
>逆、キミは儒教的に儒教を批判する間抜けということ(笑)
お前の為に儒教的に批判しているんだが?
理解しないと批判はできないけど?

>まさか儒教はまた単なる陰謀論じゃないよな(笑)
お前だけだぞ儒教はまた単なる陰謀論って言ってるのは

バカだろうお前…、いやバカだったな

401 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 07:59:20.89 O
>>399
で、大人は汚いんだろ(笑)
では、キミ以外で、ロクでもあるのはだれたい?

402 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 07:59:34.01 0
儒教の本質は、欺瞞と偽善
親孝行を装い、忠義を装い、自分は良い人ですと見せかける事で社会的地位を得ようとするエゴイズムの塊

これのどこが陰謀論だ?

お前の腐った人間性そのものだろう?波平

403 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 08:03:25.09 0
>>401
>で、大人は汚いんだろ(笑)
どこのガキだ

お前は儒教の前に老荘思想を学べ、禅でも良い
ただし、上辺だけ真似る今までのやり方ではダメだがな

「人間は良いことをしながら悪いことをし、悪いことをしながら良いことをしている」

404 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 08:05:04.41 O
>>402
と、キミの読んだ子供向け中国小説には書いていたんだな。(笑)

405 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 08:07:10.96 O
>>403
なるほど、儒教に比べて、老荘思想はそんなにすばらしいんだ。
くわしく

406 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 08:10:45.82 O
>>403
ところで、キミのレスが老荘思想より、儒教的なのはなぜかな。

その話を単純化する陰謀論が、 「人間は良いことをしながら悪いことをし、悪いことをしながら良いことをしている」 ということなのかい?

407 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 08:15:18.80 O
儒教はベタ、老荘、禅はメタ

メタがないキミに、老荘、禅を理解できるととても思えないし、
キミの言動は老荘とは真逆な気がするのは気のせいかね。

408 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 12:18:45.52 O
■法、暴力、経済、慣習
>>121-123

■ガリガリ君の徳とピケティ格差
>>229-231

■慣習としてのキリスト教と儒教
>>310-313


話が佳境に入ってきたようだ。
慣習としてのキリスト教、儒教を考えたとき、
資本主義という流動性に対する非流動性という単純な対立構図にはないどころか、
むしろ資本主義の躍進を後押しした面さえある。
では、資本主義の慣習とはなにかから、リバースしてみよう。


すなわち資本主義統治の慣習とはなにか。

409 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 12:21:14.80 0
波平さんのブログと化しているw

410 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 12:38:53.15 O
よくある勘違いは、資本主義社会は、身分制社会に比べて、規律が緩くなったと考えだ。
フーコー的に言えば、規律が緩くなったのではなく、権力がミクロになったということだ。
資本主義社会が産業化による躍進するとき、労働者に求められたのは規律である。
それまで労働者=農民は、大きな権力により、身分と土地に縛られていた。
しかし一方で彼らの生活は自給自足であり、自らのペースで仕事をする自由があった。

資本主義ではこのようなマイペースな労働力では使いものにならない。
身体的には、機械や他の労働者たちと、秒単位で決まった動きをしつづけ連動するる従順な労働力が必要である。
また精神面では回りの状況を理解し判断する能力が必要である。
このような労働力を生産するために、義務教育はいつよう不可欠であった。
たとえば決まった時間に登校し、決まった席にすわり、決まった時間、席で学習する。
教師に従順で、同級生と力をあわせて課題をこなす。
いまは当たり前だろうが、資本主義化の当初は、自由奔放な農民労働力を、このような労働力を作り出すことが、富国強兵政策のひとつとして、重視されて、進められた。
このようなミクロに働く権力をフーコーは規律訓練権力と呼んだ。

411 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 12:48:42.69 O
たとえば日本なら、明治維新から昭和の高度成長期をへて、平成辺りまで、進められたのではないだろうか。
その間に戦争があるのは偶然ではなく、軍隊は規律訓練権力が働く最たるもので、
国の躍進は経済発展とともに、帝国主義的成功があった。

いまや日本は第二次、三次産業が主体で、また高度な貨幣社会となり、
学校だけでなく、社会全体が規律訓練を教育する装置になっているので、
改めて義務教育で教える前から、幼児たちは従順な身体として成長する。

たとえば並んで順番待ちをすることがすでに高度な規律訓練の賜物である。
そこには、あなたは社会という集合一粒でしかないという近代の基本思想が叩き込まれている。

412 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 12:56:07.73 O
フーコーは資本主義の権力として、もうひとつ生権力をあげている。
規律訓練が自動的に行われた高度な社会では、人々を強制する必要はなく、自由にして、ただ死なないよう管理することが大切である。
たとえば街の衛星環境を整備する。いま日本では野良犬をほとんど見なくなった。
このように国民を生かすことが資本主義の発展に繋がる。
これが資本主義の慣習である。

413 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 13:56:58.71 0
経済 すべての基本となるのは経済性

法 経済活動を補完する高度に専門化した法体系

暴力 国家に独占され、安定した治安
    特に日本は世界一の安全社会
    (歴史上もっとも安全な社会達成)

規律 高度な衛生環境、高度な人権保護
    経済性のための自主的で高度に規律訓練された倫理的な集団
    高度倫理=禁煙、ストーカー、セクハラ・パワハラなど

414 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 13:58:47.70 0
>>404
>と、キミの読んだ子供向け中国小説には書いていたんだな。(笑)

大変だな難しい本を読んでも理解できなんじゃ、童話でもパパに買ってもらえ
あ、プリキュアだっけ見ている番組はw


>>405
素晴らしくないよ
世の中で成功する秘訣は盗む事だと考える思想だからな

415 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 14:03:29.29 0
>>407
メタもベタも仏教には関係ないよ

そもそも、お前が儒教を理解できないのは老荘思想が理解できないから
日本では庶民のモノとして仏教があって、支配者(武士)層のモノ儒学があった様に
中国では庶民のモノとして道教があって、支配者(士大夫)層のモノ儒学があった

これを理解できないからお前の儒教論は薄っぺら

416 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 14:08:22.13 0
>>414
では、キミ以外で、ロクでもあるのはだれたい?

>>415
そもそも、道教ってなんの略か知ってるのか(笑)

417 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 14:13:45.95 0
>>410>>411
それ資本主義とは直接関係ないから

418 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 14:27:36.33 0
>>416
>では、キミ以外で、ロクでもあるのはだれたい?
俺はロクでなしだが?

>そもそも、道教ってなんの略か知ってるのか(笑)
道(タオ)とは宇宙であり、人が歩く道
前から言ってるじゃん、個は然にして然は個なり

419 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 16:04:38.48 O
>>418
それじゃ、なんにでもくだをまくただの酔っぱらいだな。(笑)

そうか、道教の正式名称知らないか。
道家と同じとお持ってんのかな。

420 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 16:08:49.28 0
少子化問題で個人の下半身の生活にまで介入してくるのがビオ権力?

421 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 16:16:24.32 O
すなわち資本主義は複雑で繊細なシステムであり、統治にはいままでにない繊細さが求められるということだ。

たとえば新しい倫理として、セクハラがある。
セクハラが倫理として語られて、数十年だろう。
女性の前で性的なことをいう、私生活について聞くなんてことが、禁止なんて、繊細な倫理はなかった。
それは単に倫理をつくるだけでは意味がなく、守られるだろう環境、そして繊細さを持った人がいることで成り立つ。
人はなぜそれほど高度で繊細な規律を持ちえたのか。

422 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 16:22:06.56 O
ここまでくると近代化において、なぜプロテスタントが、そして儒教が求められたかわかる。

423 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 16:51:00.58 O
子曰く、女性に私的なことを聞くは君子在らざるなり。

もし論語に書かれていれば…

424 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 17:56:12.81 0
>>419
>道家と同じとお持ってんのかな。
道家の教だろう?
老子と荘子を合わせて道家

元々ある神仙思想もいつの間にか混じっているがな

425 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 18:06:47.48 0
>>421
>すなわち資本主義は複雑で繊細なシステム
違うけど?
単純かつ明快、搾取するだけ
『列子』天瑞篇 第十六章「天地之徳」
http://d.hatena.ne.jp/izumino/20060312/p1
東郭先生「お前の全身こそ、盗んだものに違いないではないか。陰陽和合の力を盗んでお前の命が生まれ、肉体が形作られたのだ。
ましてその他の物で、盗んでいないものがあると言うのか。天地万物は全て一つのもので、一切の区別は無い。それを所有した気になるのは全てまやかしだ。
国氏の“盗”は公道を往くものであるが故に、罰せられることはない。お前の“盗”は私物を冒すものであるが故に、罪に問われた。
仮に公私の別があったとしても“盗”であるし、公私の別が無かったとしても“盗”は“盗”だ。公を公とし、私を私とするのも天地の徳である。天地の徳を知る者は、誰が盗んだだの、盗まなかっただのを問題としない」

つまり農作物は天から与えられたモノを搾取している事
搾取されたモノを売買して利益を出す事は所詮搾取と同じ

儒教は商業を否定しているから経済とは結びつかない

426 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 18:08:42.03 0
>>422
>近代化において、なぜプロテスタントが、そして儒教が求められたかわかる。
近代化の邪魔を今でもしているのが儒教だが?
能力主義を否定し、家や国に人を縛る、民主主義を否定し偽善を第一とする宗教のどこに近代化がある

427 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 18:09:14.36 0
>>423
>子曰く、女性に私的なことを聞くは君子在らざるなり。
面白いと思ってんの?

428 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 18:21:07.58 0
経済を徳という概念で語るのは痛いからやめてね
せめて共有地の悲劇とかで語ってくれ

429 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 18:41:43.07 O
>>424
ブー!

430 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 18:43:15.87 O
>>428
なにがせめてなのかわからん(笑)

431 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 18:44:52.09 0
>>430
だったら経済を語るな

432 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 18:47:23.32 0
天道とか人道とか言いたいわけ?

433 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 18:53:14.40 O
流動性をあげるためにはいかなる条件がよいか。
川の下流の砂のように、均質な粒子群により、摩擦係数が小さく、流れは早くなる。

資本主義社会が求めるのは規格化である。均質で代替可能な規格品。それは商品だけでなく、労働者=消費者にも求められる。
それは民主主義の一面でもある。
では、資本主義の初期において、なにが人を規格化したのか。
プロテスタンティズムであり、儒教である。

続く

434 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 18:54:34.42 O
>>431
それ経済じゃなく、経済学な(笑)

435 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 18:55:53.14 O
>>432
ヒント
天師道

436 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 18:58:49.33 O
くそみそ迷子は、儒教、儒教というが、
孔子
経学
朱子学
ぐらいは分けてほしいものだね
ったく(´∩`)

437 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 19:00:51.99 0
>>434
>それ経済じゃなく、経済学な(笑)
経済学は経済を語る為のもんだが?
共有地の悲劇がどんなモノか理解できないんだろう?

>>434
だからそれがどうした?
お前は文字にこだわるが中身は理解できないアホだからな

五斗米道がどうしたって?
そもそも、その前から一応は道教は存在してんだよ
五斗米道の事を鬼道ともいうが、邪馬台国の卑弥呼も鬼道を使ったという記述がある

438 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/27(月) 19:02:01.75 O
孔子は仁(孝)と礼
経学は忠
朱子は理

大切なものが違うんだよ。
迷子の儒教は経学に近いんだろうな

439 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 19:05:23.77 0
>>436
お前は都合が悪くなると孔子の時代と違うって逃げる癖にか?

440 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 19:59:16.40 0
> 168: 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY 2011/11/01(火) NY:AN:NY.AN 0 AAS
> 中国の歴史書に日本(倭国)が初めて登場するのは、初めて中国を統一した始皇帝の秦の次、漢時代である。
> 有名な双国が貢ぎ物を送り、正式な倭国の代表とみて認められて金印を授かる。

 ×双国
 ○奴国

> 176: パルメゾーン ◆JXLBbnYqTY 2011/11/01(火) NY:AN:NY.AN 0 AAS
> 次、漢時代である。有名な双国が貢ぎ物を送り、正式な倭国の代表とみて認められて金印を授
> かる。漢は初めて儒教を国学として認めたが、双国が認められるには、ある程度漢字を操り、

 ×双国
 ○奴国

441 :考える名無しさん:2015/07/27(月) 22:23:01.13 0
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1393514224/35
  ↑ ↑ ↑  ↑ ↑ ↑ 

442 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 07:36:11.70 O
ほんと8レス制限なんとかしてほしいよな。
こんな過疎板でそんなことして意味あるのか
誰がなんのために導入したのか

443 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 09:18:45.20 O
徳とはなにか?

444 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 11:29:32.99 0
西洋は速さとか加速とか力とか温度とか空気とか、かつては得体のしれなかったものの計量化に成功したが、
東洋の概念で何か計量化できたのものがあったかな〜
徳もさっぱりわからん。何か代用、近似できる、又は合成すればできる、そういった概念は存在するのかな?

445 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 12:28:47.38 O
>>444
鉄砲、高炉、羅針盤、造船、印刷など、中国の発明。
西洋が優れていたのは抽象化だろう。
算出と数学の違い。

徳といっても、それを西洋哲学のように抽象的概念、すなわちイデアのような形而上学に展開しなかった。
あくまで実践として徳のある行為を行った

446 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 12:33:10.74 O
世界標準ではむしろ実践を考えるのが普通。
数学でなく算術。

だから逆になんで西洋人が目先、役にたたない抽象に走ったのかの方が不思議。
役に立ったのはほんのつい最近。

447 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 14:16:03.19 O
その起源のひとつをたどればピタゴラス教団の数理神学に行き着くわけだけど。
そもそも正確な星の動きの計測、ピラミッドなど高度な構造物かなど、高度な算術はあったわけだが、
ピラミッドを世界が神による調和でできているという考えから、算術を抽象的な数学として発展させた。
ピタゴラスの定理の美しさは神の言葉。
実用じゃなく、神学だから抽象として数学は生まれた。
そしてそのピタゴラス教団員がプラトン。
プラトンのイデア論はピタゴラスの数理神学そのもの。
そしてそれがその後の西洋思想に影響を与え続けた。
いまの西洋思想が数理神学を継承してる。
ニュートン、アインシュタインなどいまの科学者たちも神の言葉を探求している。

448 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 14:19:20.13 O
ボクたちもまた数理神学のもとにいる。
だから孔子のような、実働主義をみると、違和感を覚える。
徳の実例の羅列では満足できない。だから徳とは、仁とはなんだと抽象化を求める。
そのとき、徳はすり抜けている。

449 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 15:18:37.97 0
> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975
                       ↑
                    比べてみようw
                       ↓
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

450 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 16:29:36.30 O
徳とはなにか?
書くことはできない。

ラカンは精神分析家として、治療法に講義を行ったが、あの意味不明な言説の一つの理由は、語りえないからだという。

ラカンが語ったのは具体的な治療方法より、治療に向き合う倫理である。
精神分析は、医学とは異なる。医学とは科学であり、人を皆同じ一つの機械として扱う。
しかし心を扱う精神分析は、人を機械としては扱えない。
一人一人異なる人として向き合うことが求められる。
それが精神分析の倫理の一つである。

一人の人と向き合うとき概念化されたパターン=定性的な説明は通用しない。
一人一人、向き合い経験を積んで腕を腕をみがくしかない。
語りえないからレトリカルになる。言葉の意味は自らの経験により補うしかない。
また補うよう意味は開かれる。

孔子はくそ真面目でそこにアイロニーはないとしても、その言葉はレトリカルである。

孔子が意図したかわからない。その言葉は短く、漢文独特の美しい韻を踏む。
伝承では、その言葉は美しく、弟子たちはその場で書き留めていったという。

451 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 16:38:29.33 O
現代、西洋思想によって論理的であることが正しいと考える。
しかし徳は論理的には語りえない。
それは心が論理的に語りえないと同じように。
しかしそれは曖昧でいいかげんだということでも、感情的ということではない。
定性的に語れることはごくわずかしかないというだけだ。

452 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 17:16:22.02 0
おまえは徳のないやつだ。

453 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 17:34:36.94 O
>>452
ソースがない

454 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 18:16:23.56 O
歩くこと
視ること
喋ること
書くこと
自転車に乗ること
愛すること

普通にやってるが、すべて語ることはできない。

455 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 18:17:24.90 O
ましてや徳など語れようか。

456 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 18:24:17.01 0
だからそれは徳ではなくウィトの言語ゲームである

457 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 19:02:44.66 0
役に立たないと言う事ね。

458 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 20:34:33.93 0
波平も分析哲学しか知らないなら素直にそう言えよw
わざわざ儒教に分析を偽装すんなw

459 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 20:47:38.67 0
徳って自己犠牲の精神だよな

460 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 21:05:07.89 0
自己犠牲って徳だけではないよね
徳の自己犠牲の特徴はなんだろうね

禁欲の本質って、自己コントロールなんだよね。
欲は自己コントロールを失い、他者との関係を崩し、
その浮遊感は不安を生む。
自己を律することで、欲を達つ。

儒教でははずせないのは、社会の配置制。
人は立てに、横に区画して配置する。
役割を全うする。

斉(せい)の景公(けいこう)、政(まつりごと)を孔子(こうし)に問(と)う。
孔子対(こうしこた)えて日(のたま)わく、
君(きみ)君(きみ)たり、
臣(しん)臣(しん)たり、
父(ちち)父(ちち)たり、
子(こ)子(こ)たり。
公(こう)日(いわ)く、善(よ)い哉(かな)。
信(まこと)に如(も)し
君(きみ)君(きみ)たらず、
臣(しん)臣(しん)たらず、
父(ちち)父(ちち)たらず、
子子(ここ)たらずんば、
粟(ぞく)有(あ)りと雖(いえど)も、
吾(われ)得(え)て諸(これ)を食(くら)わんや。

461 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 21:11:44.73 0
自己犠牲が単に人々のためではなく、
役割の全うするために、自らを殺す。

しかし自己を殺すというのもまた違う。
それは、本来人があるべき姿であるということ。
自己犠牲ではなく、あるべき姿であるということ。

たとえば礼はあるべき姿を表す。

462 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 21:20:34.62 0
キリスト教の禁欲主義ってなんだろうか。
人は、イエスに贖罪をおっている。
自らを律して、懺悔すべき存在である。
快楽は背徳である。

自己犠牲とはなんだろうか。
イエスも人類のために自己を犠牲にした。
人々が悔い改めて、天国へ導かれるように

自己犠牲は聖なる行為である。
人々を苦しみから救うとともに、自らが救われる行為でもある。
そこには神への信仰がある。
信じることがなければ、人は自己犠牲などしない。

463 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 21:23:43.42 0
日記は終わったか?じゃあ議論に戻るかw

464 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 21:25:55.68 0
中国は文化的に、個人の人権が小さい気がする。
個人の人権が重視されない。
人は多くの中の一粒、代替可能である。
人が自らも、自分を大切にしていない気がする。
社会が大切で、個人は社会を存続させるための役割。

徳は、小さな人権を補完する役割があるのかもしれない。
社会に対して、犠牲になることが多い状況で、
それを徳と呼ぶことで、救われるというような。

465 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 21:27:35.01 0
自己犠牲で失われるものに対する、賞賛。

466 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 21:39:23.64 0
徳治とは互いに思いやることを関係の基本とする。

467 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 21:57:13.03 0
しかし孝を基本と置くのはよくできている。
キリスト教、仏教、自由主義、民主主義と、確かに人類愛は美しい。
しかしそんなに隣人を愛そうとも、親への、子への愛に勝てるのか。
そこでリベラルは必ず挫かれる。
だから孔子が「仁」というときの、数百倍「孝」には威力がある。

葉公(しょうこう)、孔子に語りて曰く、吾が党に直・躬(ちょくきゅう)なる者あり。
その父、羊を攘みて(ぬすみて)、子これを証す。
孔子曰く、吾が党の直き者は是れに異なり。
父は子の為に隠し、子は父の為に隠す。
直きことその中(うち)に在り。

[口語訳]葉の君主が孔子に自信満々に語って言った。
『私の治める郷土に、正直者の躬という人物がいる。
躬の父が羊を盗んだときに、躬は正直に盗みの証人になったのである。』。
孔子は言われた。『私の郷土にいる正直者はそれとは違います。
父は子のために罪を隠し、子は父のために罪を隠す。
本当の正直さはそういった親子の忠孝の間にこそあるのです。』

468 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 22:04:17.90 0
孝経 聖治章 第九

父子の道は、天性なり、君臣の義なり。
父母之を生ず、継ぐこと焉これより大なるは莫し。
君親之に臨む、厚きこと焉これより重きは莫し。
故に其の親を愛せずして、他人を愛する、之を悖徳と謂ふ。
其の親を敬せずして、他人を敬する、之を悖禮と謂ふ。[1]
順を以もちふれば則のっとり、逆なれば民則のっとること無し。
善に在らず、而して皆な凶徳に在り、之を得ると雖も、君子は貴ばざるなり。
君子は則ち然らず、言は斯これ道いふ可く、行は斯これ楽しむ可し。
徳義尊ぶ可し、作事さくじ法のっとる可し、容止ようし観る可し、進退度どす可し。
以て其の民に臨む、是を以て其の民畏れて之を愛す、則のっとりて而して之に象かたどる。
故に能く其の徳教を成して、而して其の政令を行ふ。
詩に云ふ、
淑人しゅくじん君子、其の儀?たがはず、と。[2]

現代語訳・抄訳
父子の道は自然にして来たるところであり、その関わりは君臣の義に同じ。
父母ありて我れ生ず、その志を継いで子孫連綿に至らしめるや、これより大なるはなし。
敬親けいしんの道を以てこれに臨む、その厚恩たるや、これより重きはなし。
故にその親を愛せずして他人を愛する、これを悖徳といい、その親を敬せずして他人を敬する、これを悖礼という。
その行うところ順を以てすれば民は自然にしてこれに従い、逆を以てすれば民の従うこと自然ならず。
自然ならざれば善に在らず、たとえ治めるを得るも皆な凶徳にして、故に君子は貴ぶことなし。
君子は自ずから然るところを貴びて形迹生ぜず、言は道いうべくして道いい、行は行うべくして行い楽しむのみ。
その徳義を尊び、事を興すに違たがうことなく、その身を以て手本となし、その進退挙措の通ぜざるなし。
これを以て民に臨めば、人々畏敬して親愛し、その為すところに則りて習わざるはなし。
故に普くその徳教に感化され、その政令に従いて通ぜざるなし。
故に詩経の?鳩しきゅう篇にはこのように詠われている。
淑人しゅくじん君子、其の儀?たがはず、と。

469 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 22:11:46.58 0
おまえには孝はないだろw↓根本的に矛盾してるぞw

> 2 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:12
> 父親には早く死んでもらいたい。
> もがき苦しんだ挙句に死んでもらいたい。
> 手足を切り落として舌を抜き酒樽につけて半年かけて衰弱死させる
> 「人豚」という中国の拷問があるそうだが、それをやってみたい。
> それができればわしは大笑いするだろう。
>
> 3 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:14
> 父親ははやく遺産だけ残してもがき苦しんで死ねや。
>
> 20 :考える名無しさん:03/03/26 02:48
> 親に対する憎しみを克服できない人って
> つまらない人間が多いよね。同情するよ。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1048612014/2-20

470 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 22:19:58.96 0
まあ、しかし、波平が儒教の弱い日本に生まれて良かったな。

中国とか韓国とかのもっと儒教的要素が強い国に生まれていれば、
父親に逆らう↑のような言説は孝に反するとして殺されても文句は言えまい。

そういう日本の儒教の弱さにつけこんで生きてる波平の情けなさってもんがあるよねw

471 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 22:23:24.48 0
儒教の強さはここにあるじゃないだろうか。

キリスト教、仏教、イスラム教など世界宗教、
そして自由主義、民主主義と、
人類愛が世界を席巻する中で、

それでも、つまずく親子愛・・・

472 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 22:51:00.77 0
しかもおまえの場合、単にウィトの言語ゲーム論を
儒教に言い換えてるだけだしなw

これで父親に逆らってもオッケーになるって訳かw

473 :考える名無しさん:2015/07/28(火) 22:53:12.95 0
儒教を推すんならまずは親への孝を実践しろよw
基本中の基本だろw

> 2 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:12
> 父親には早く死んでもらいたい。
> もがき苦しんだ挙句に死んでもらいたい。
> 手足を切り落として舌を抜き酒樽につけて半年かけて衰弱死させる
> 「人豚」という中国の拷問があるそうだが、それをやってみたい。
> それができればわしは大笑いするだろう。
>
> 3 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:14
> 父親ははやく遺産だけ残してもがき苦しんで死ねや。
>
> 20 :考える名無しさん:03/03/26 02:48
> 親に対する憎しみを克服できない人って
> つまらない人間が多いよね。同情するよ。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1048612014/2-20

474 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 00:36:47.90 0
新たな時代に向かって過去の因習を乗り越えて進んでいく
儒教を乗り越えてこその革新

そろそろ儒教を越えろ

475 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 01:18:03.84 0
徳ある行為とやらをMRIを使って脳を調べたら、ある部位が皆共通に反応するのかね。
あれば、面白そうだ。何かがあるかもな。
でも、人によってバラバラなら、普遍性はないって事だろうな。

476 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 02:27:56.77 0
徳ってのはオーラとして纏う物だからね
江原啓之や織田無道に検査してもらわないと無理
北斗神拳伝承者ならみえるかも

477 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 05:38:20.17 0
親に逆らってる時点で全然儒教じゃねーしw
波平が言ってるのは儒教とは名ばかりの分析哲学だろ

> 2 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:12
> 父親には早く死んでもらいたい。
> もがき苦しんだ挙句に死んでもらいたい。
> 手足を切り落として舌を抜き酒樽につけて半年かけて衰弱死させる
> 「人豚」という中国の拷問があるそうだが、それをやってみたい。
> それができればわしは大笑いするだろう。
>
> 3 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:14
> 父親ははやく遺産だけ残してもがき苦しんで死ねや。
>
> 20 :考える名無しさん:03/03/26 02:48
> 親に対する憎しみを克服できない人って
> つまらない人間が多いよね。同情するよ。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1048612014/2-20

478 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 11:32:20.27 O
儒教ってほんとおもしれぇ

479 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 12:28:51.75 O
徳は人々の称賛であり、天の承認である。
人々の称賛は人々に媚びることではない。
ここに天の承認がある。
たとえばそのときは人々から避難されてもあとあと評価すればよかった。
未来の人々は称賛する。
天は時間軸を越えて、評価する。
だから天下を豊かに幸せにする行為が徳である。

さらにそれはいきなり天下を幸せにするのではなく、卑近なところから始まる。
卑近な行為は手本となり人々を教化して、天下が豊かになる。

480 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 12:37:56.87 O
では具体的に徳がある行為とはいかなるものだろうか。
仁義礼智信、忠孝悌

卑近で基本となるのが、孝である。
親を愛し感謝し敬い信じ礼儀正しくする。また親が間違えば忠告をする。

このような行為を人々は称賛する。

なぜか。
孝を基本とし、みなが見習い、親だけではなく、みなにこのような態度で接することができれば、天下はみなが幸せになる。

481 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 12:43:27.88 O
現代にも孝は通用するだろうか。
現代の特徴は進歩史観である。
天下の幸せという静的な状態ではなく、社会は成長することで豊かになる。
人は変化することでより良くなる。
徳は変化についていけるか、あるいは逆に変化を阻害しないか。

482 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 12:54:25.23 O
ボクは単に変化するだけならば徳はそれほど、危機ではないと思う。
変化するなかでも人の関係に変わらないものはある。
たとえば親への愛。

しかしそれでも問題はマクロ経済法則である。
これはマクロな人間関係とまったく異なる常識を持つ。
たとえばまったく意味がなくても金を使うことが世の中を豊かにする。

マクロ経済は、自然法則並みに意味なくただ進行する化け物である。

483 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 13:07:08.18 0
『孝』というのは儒教の基礎だ
それは、祖先崇拝、親に対する愛情、そして子孫を残し血統を守るという3つからなっている
ところが日本では、祖先崇拝は、位牌として仏教に取り入れられ、子孫繁栄は、神道が担い
残った親孝行は、単なる道徳になってしまっているのである

484 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 13:20:59.27 0
「孝」もよくわからん。
東アジアの歴史を見ると「孝」を利用して権力者が人や社会を操ってる様に思う。
あの操る言行が悪徳としてどうして指弾されないのだろうか。

485 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 15:08:27.64 O
原始社会では、集団家族であり、子供は集団の中で育てられる。
だから両親は必ずしも特別ではない。
孝という家庭中心の社会は都市化した文化の中で生まれる。

486 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 15:22:57.52 O
自立した主体を孝は挫く。主体である前に子でありという役割に当てはめられる。

子という役割に配置されることで、一族、仲間、組織など、全体の地図の中に、からめとられる。

疑似単一民族的な日本人は日本人であることで、出身地、親など、責任が生まれる仕組みを持つ。

487 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 18:17:45.71 O
儒教は、基本を忠に置くことで優秀な規律訓練機械になった。

孝におくことで、民族機械になる。

仁におくことで、リベラルな機械となる。

488 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 18:17:58.66 0
でも、親に逆らうんだろ?
まあ、結局全然儒教じゃなくて分析哲学ってことか

> 2 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:12
> 父親には早く死んでもらいたい。
> もがき苦しんだ挙句に死んでもらいたい。
> 手足を切り落として舌を抜き酒樽につけて半年かけて衰弱死させる
> 「人豚」という中国の拷問があるそうだが、それをやってみたい。
> それができればわしは大笑いするだろう。
>
> 3 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:14
> 父親ははやく遺産だけ残してもがき苦しんで死ねや。
>
> 20 :考える名無しさん:03/03/26 02:48
> 親に対する憎しみを克服できない人って
> つまらない人間が多いよね。同情するよ。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1048612014/2-20

489 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 20:55:36.28 0
哲学gaNMB48 須藤凜々花 [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1437888757/7

> 7 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 07:38:45.86 Oとうとうできたか。
> さすがっす!

490 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 20:59:18.88 0
↓のスレ自体、波平が立ててる可能性もあるなw

哲学gaNMB48 須藤凜々花 [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1437888757/7

> 7 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/28(火) 07:38:45.86 O
> とうとうできたか。
> さすがっす!

491 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 21:03:08.31 0
このように波平のようなB層というのはアイドルと哲学、
アイドルと儒教(中身は分析)を勝手に繋ぎあわせてしまうw

自分が思った事=世界の法則

と勝手に考えてしまうんですな

492 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 21:05:31.53 0
そして大体、こういうキチガイは分析哲学に多いw

493 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 21:19:05.76 O
ラカンの想像界と象徴界
儒教の愛と敬

494 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 21:19:57.71 0
このようにキチガイは他人の話を聞かない

何故かというと都合が悪いからである

495 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 21:23:18.38 0
儒教という立場と採ると親父を尊敬しなければならなくなる、が、
これは親に反抗したい36歳の波平にはできない相談であるw

そこで儒教から親への服従を抜く、そうするともはや儒教でも
なんでもないが、そこで親へ服従しなくても済む分析哲学の
言語ゲームを持ってくる訳。

すると、親に服従しなくても済むし、儒教を語る事もできる、
という分析哲学徒らしい実に卑怯な方法であるwww

496 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 21:36:59.50 O
ハイデガーの現存在の死
孔子の親の死

497 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 21:38:23.31 O
儒教の核心は親の死
これは一つの永遠である

498 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/29(水) 21:40:58.07 O
親の死を前に人はなにを語れるのだろうか
西洋思想になにができるのか
恐るべき儒教

499 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 21:41:01.73 0
純一とかいう奴のレスは
卑屈すぎてつらい

500 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 21:47:56.37 0
というか、波平の親死んだのかよwww

501 :考える名無しさん:2015/07/29(水) 21:50:09.33 0
まあでも↓見る限り波平は親死んで遺産キターヒャッホーって感じの
救えない屑である事は明白だけどなw

それのどこが儒教なのかw

> 3 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:14
> 父親ははやく遺産だけ残してもがき苦しんで死ねや。
>
> 20 :考える名無しさん:03/03/26 02:48
> 親に対する憎しみを克服できない人って
> つまらない人間が多いよね。同情するよ。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1048612014/2-20

502 :考える名無しさん:2015/07/30(木) 01:35:59.98 0
ピケティ「21世紀の資本」vs熊野純彦「マルクス資本論の思考」

503 :考える名無しさん:2015/07/30(木) 05:38:57.06 0
なるほどマルクスのスレがやたらと上がってると思ったら
波平が名無しで上げてた訳かw

504 :考える名無しさん:2015/07/30(木) 06:07:24.88 0
もう邪魔者扱いすらもされなくなってるな、純一君
そこら辺に転がってる小石みたいなものか

505 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/30(木) 11:55:04.66 O
儒教語れないな

506 :考える名無しさん:2015/07/30(木) 20:42:26.06 0
語れないもの → ウィト → 言語ゲーム

という流れか、安直だな

507 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 03:50:13.63 0
【論語】孔子の哲学【儒教】 http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1429441460/


こちらへどうぞ

508 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 11:49:31.01 O
儒教の基本は礼にある。
愛ではあるがそれは儀礼化された愛である。
感情的なものではなく節度あるもの。
もっとも熱い親への愛であっても、礼によってあえて距離を置く。
感情を礼により管理する。

509 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 12:06:01.54 O
感情は移ろいやすく転倒しやすい。愛情は簡単には憎しみや疑心にかわる。
また感情は一方的だ。自分が好きで良かれとしても、相手からは迷惑なことは多々ある。
他者を尊重し、感情を管理しつつ、愛を表現する方法が礼である。

510 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 12:24:28.54 O
しかしそれでは精神中心主義である。礼の本質は、感情という真実があり、その表現するとしての礼ではない。
礼という行為により精神がつくられる。
社会の様々なコンテクストの中で、他者への愛が正しく生まれる。

孔子の思想では、聖人が作った礼を学び、みずから作らないという。
孔子が重視した教化とは正しい礼を学ぶことで、正しい精神が作られる。
あるいは正しい感情の表現の仕方を知るということだ。

礼は形骸化しやすい。本心と関係なく、礼をしておけばよいというのは、正しい礼ではない、ということだ。

本心は礼に先だたない。

精神と行為(礼)は同時であることがよい。

511 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 12:34:01.29 O
子曰く、
質、文に勝るときは則ち野(や)、
文、質に勝るときは則ち史(し)、
文質彬彬(ひんぴん)として然して(しかして)後(のち)君子なり。

[口語訳]先生が言われた。質が文(礼)を上回ると野人となる、文(礼)が質を上回ると文士になる。
表現と内容が渾然一体となったところで初めて君子となるのである。

512 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 13:28:36.62 O
現代人には当たり前すぎてわからないが、精神中心主義は新しい考え方である。
精神は個人の中にあり、個人主義の中で生まれる。
古くは人はより社会と密接に生きており、生まれながらに身分や役割が重視される。
精神より、社会の中での振るまいを学ぶ。

儒教はこのような振るまいを精神性により洗練させたと言える。

513 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 13:36:33.39 O
かたや現代は個人主義、そして精神主義に傾きすぎている。
個人には、なににも変えがたい本心があり、その実現がなにより尊い。
原理的には、本心なるものは、理性主義はすでに破綻しているが、思想としては根深い。

このような状況の中で、礼と心(精神)の調和を図る孔子の思想は有効だろう。
心を礼により整えるということ。

514 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 13:43:13.79 O
問題は、礼とはなにか?
礼は社会により変化する。
さらに現代は文化の時代である。

このような時代において、他者を尊ぶ、尊ぶ気持ちを生み出す礼とはいかなるものか。

ただ日本人は孔子から二千年の時を越えて、礼を受け継いでいる稀有な存在である。
下地はある。

現代における礼を体系化して、世界へ発信し、礼による世界平和を実現する。

515 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 13:52:05.23 O
里仁13
子曰く、
能く礼譲(れいじょう)を以て国を為めん(おさめん)か、何かあらん。
能く礼譲を以て国を為めずんば、礼を如何(いかん)せん。


[口語訳]先生が言われた。『礼節と譲り合う精神で国を治めることができるだろうか?それは、難しいことではない(それが、どれほどのことがあろうか)。
礼節と譲り合う気持ちで国が治められないのであれば、礼が何の役に立つというのか?(いや、何の役にも立たない)。』

516 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 14:11:05.24 O
迷子は迷子になったな

517 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 18:17:12.25 0
まあ、お前の発言見てると↓礼も糞もないけどなw

> 2 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:12
> 父親には早く死んでもらいたい。
> もがき苦しんだ挙句に死んでもらいたい。
> 手足を切り落として舌を抜き酒樽につけて半年かけて衰弱死させる
> 「人豚」という中国の拷問があるそうだが、それをやってみたい。
> それができればわしは大笑いするだろう。
>
> 3 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:14
> 父親ははやく遺産だけ残してもがき苦しんで死ねや。
>
> 20 :考える名無しさん:03/03/26 02:48
> 親に対する憎しみを克服できない人って
> つまらない人間が多いよね。同情するよ。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1048612014/2-20

518 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 18:41:35.24 O
日本のAVでは、潮吹きに価値をあるけど、あれって世界的にもそうなのかね。
日本人には水は特別な意味がある。
水は真実
涙は真実。
潮吹きはリアル。

519 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 20:44:34.33 0
水に価値があるだってw
潮吹きとか。馬鹿じゃないの?

520 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 20:57:05.41 0
それって波平の価値観であって普遍的なものでないなぁ
その答えを求めるなら精神分析受けてこいよ
お前の行き場の無いリビドーが暴走しているだけだとおもう

521 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 22:15:04.62 0
まあ、分析哲学にはこういうキチガイが多いからな

波平も繰り返し『慣習』『慣習』って言ってるが、
根はウィトゲンシュタインの言語ゲーム論だからな

分析にはこういう具合に犯罪者につけこまれる隙があるって事だ。

522 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 22:23:34.67 0
分析哲学の欠点としては

 @NMBとかアイドルやAV等のくだらない話題を勝手に繋げる分析哲学徒が多い
 A個人の趣味・価値観を分析哲学を用いて正当化している場合が多い
 Bそれらを自分自身でおかしいと思える感性が無い

523 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 22:29:17.63 O
潮吹きは日本のAVが産み出した文化で、
必ずしも女性のエクスタシーとリンクしてないだろう。
水に対する日本人の特別な信仰があるんだろう。

水の民族が作り出した潮吹き信仰

水が流れるとはリアルである。

524 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 22:42:37.59 0
水信仰と潮吹きとかどんだけリンクしてねーんだよ。アホか

525 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 23:00:56.23 0
哲学的には生活保護は最悪で不公平だよな。

526 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 23:01:42.29 0
純一の欠点としては

@NMBとかアイドルやAV等のくだらない話題は分析哲学と繋げずにはおられない
A個人的な思い込みで分析哲学批判を正当化せずにはおられない
Bそれらを(・・

527 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 23:10:41.46 0
デジャブが見えたわ

528 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 23:13:47.30 0
繋げてるのは波平だがw

529 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 23:23:20.00 0
分析哲学ってのは哲学じゃないんだよ
イデオロギーの一種だな

だからこそ、勝手にアイドルに繋げてもそれがおかしいと思えないんだよな

530 :考える名無しさん:2015/07/31(金) 23:30:59.42 0
なんのことやら

531 :考える名無しさん:2015/08/01(土) 00:25:24.30 0
しあわせそうでなにより

532 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 01:12:09.27 O
儒教とは礼によって自らに向き合うこと

533 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 01:30:20.60 O
日本人がおもしろいのは職を通して礼を実現する。

534 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 01:34:01.67 O
礼とは、自分との、それは他者との、社会との節度ある向き合い方である。

535 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 01:41:01.11 O
過度に愛さない、過度に求めない。
それは後ろ向き、消極的なことではなく、
そこに求めるものがあると考えた時点ですてに過剰である。

それが中庸である。

536 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 01:49:56.30 O
「なんのために生きているのか」、「私はなにものか」、「夢をみつける」

すでに過剰である。
求めているのは私などではなく、過剰ゆえに言葉を発っさずにはおれないだけ。

537 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 03:07:56.50 O
喜怒哀楽の未だ発せざる、これを中と謂う。
発して皆節(せつ)に中る(あたる)、これを和(か)と謂う。
中は天下の大本(おおもと)なり。
和は天下の達道(たつどう)なり。
中和(ちゅうか)を致して、天地位(くらい)し、万物育つ。

[現代語訳]

喜怒哀楽の感情がまだ起こっていない精神状態はどちらにも偏っていないので、これを『中』と言っている。
喜怒哀楽の感情が起こってもそれがすべて節度に従っている時には、これを『和』と言う。
『中』は天下の摂理を支えている大本である。『和』は天下の正しい節度を支えている達道である。
『中和』を実践すれば、天地も安定して天災など起こることもなく、万物がすべて健全に生育するのである。

538 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 03:13:11.32 O
自由主義経済は、欲望という終わりない過剰により駆動している。
必要なもの以上の過剰を生み出す。

礼が節度ある本心を生み出すなら、市場は過剰な本心を生み出す。

539 :考える名無しさん:2015/08/01(土) 05:44:13.43 0
分析哲学の欠点としては

 @NMBとかアイドルやAV等のくだらない話題を勝手に繋げる分析哲学徒が多い
 A個人の趣味・価値観を分析哲学を用いて正当化している場合が多い
 Bそれらを自分自身でおかしいと思える感性が無い

540 :考える名無しさん:2015/08/01(土) 05:47:59.73 0
↓のようなアホな事を考えても、分析哲学の場合、
言語論的転回を前提とする為、己の趣味に過ぎないものを勝手に世界の法則として語ってしまう訳だw

> 518 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/31(金) 18:41:35.24 O
> 日本のAVでは、潮吹きに価値をあるけど、あれって世界的にもそうなのかね。
> 日本人には水は特別な意味がある。
> 水は真実
> 涙は真実。
> 潮吹きはリアル。
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1437270754/518

541 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 09:31:02.85 O
儒教といえば、忠や孝であり、親や上司などへの忠誠することだと思われているが、逆である。
礼をもって接するとは、距離感を保つことである。 ただ親、上司との権力圏に巻き込まれないように、距離感を保つことでもある。

542 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 09:40:42.65 O
たとえば他人行儀だ、という親密さを表す言葉があるが、
礼とは他人行儀を保つことでもある。
親密であればよいということではない。
日本ではこの距離感を職により保った。

543 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 11:23:52.19 O
禁欲主義は古くからある。
都市化して富の遍財が起これば、快楽が広まるとともに反動的に自己救済から禁欲主義を生まれる。
禁欲とは自己の管理であり、快楽により自らを見失う恐怖への救済である。

大きな流れでいえば、儒教もその一つではあるが、
多くにおいて禁欲への目覚めは、自己への目覚めであり精神革命であり、
優れた人の自覚として起こり、個人の問題である。

儒教の場合、社会全体として禁欲主義への覚醒を図るところが画期的である。
そのための装置が礼である。
互いに敬い、その関係に節度を持つことで、社会全体が禁欲主義へむかうことができる。

544 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 11:53:59.16 O
ラカン曰く、欲望することを欲望しろ

正しく欲望しろということだ。正しくとはなにか?
欲望とは他者への欲望であるとラカンは言ったか、
そこに起これ想像関係、すなわち取り合う関係、それは第三者の介入で回避され象徴関係になる。

545 :考える名無しさん:2015/08/01(土) 11:59:06.63 0
>そこに起これ想像関係、すなわち取り合う関係、それは第三者の介入で回避され象徴関係になる。

ラカンのことわかってるとは、とても思えんな

546 :考える名無しさん:2015/08/02(日) 00:20:35.42 0
【MV】ハロウィン・ナイト Short ver. / AKB48[公式] https://youtu.be/Xp9m9_WWUQI

547 :考える名無しさん:2015/08/02(日) 11:36:26.88 0
> 541 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/01(土) 09:31:02.85 O
> 儒教といえば、忠や孝であり、親や上司などへの忠誠することだと思われているが、逆である。

やっぱりなw
絶対捻じ曲げると思ってたわ

548 :考える名無しさん:2015/08/02(日) 11:41:17.40 0
普通は『自分が思った事』と『他人がどう思うか』には差がある。

だが、分析哲学は言語論的転回によってこの二つをイコールで結んでしまう。
したがって分析の頭の中では、自分が思った事=一般的な事に強制的に変えてしまう。

で、その結果潮吹きが水信仰とかいうアホな結論を分析が言語論的転回を盾にして
語ってしまう訳だ。

549 :考える名無しさん:2015/08/02(日) 11:45:58.65 0
分析は残念ながら大学教授レベルでも、言語論的転回が
『自分が思った事』と『他人がどう思うか』をイコールで繋げると思い込んでる。
以下↓は『すべからく』を誤用した大学教授の言い訳

> 【断】書評をダメにする書評家
> 2006.9.23   
> 8月25日付の本欄、呉智英さんによって拙著『日本語を叱る!』(ちくま新書)が取り上げられました。
> PRには大変ありがたいのですが、内容に関してはあまりにもバイアスがかかりすぎており、
> 文句の一つもつけておきたいと思った次第です。
> 私自身、書評を手がけておりますし、これまでの拙著にもさまざまな評価をいただきました。
> もちろん、評者によって主義主張がちがえば、
> 毀誉褒貶いろいろと生じてくるのも当然のことでありましょう。
> ですから、普段は、それらに一喜一憂しながらも、
> なるほどそんな見方もあるのかと納得することしきりです。
> ところが、今回の呉さんのものは、そうではない。
> 自己顕示欲と悪意に満ちた文章としか思えません。
> 当初より私の名に「センセ」をつけて揶揄し(呉さんの方が年配ですが)、
> 「すべからく」の「誤用」(私としては少々意図的なのですが)の揚げ足取りに終始する。
> 「叱る」という言葉の意味も、「厚化粧」という形容も、
> 見事にズラしてご自分の文脈で使っていらっしゃる。
> 私は拙著に、「翻訳」概念を用いて日本語を再構築する夢を託しています。
> そうした全体構想への評価はないままに、
> 導入の2章のみをあげつらいながら、こんなことをくどくどと書いているのは、まさしく、
> ご自身のおっしゃるように「雑文家」の手すさび以外の何物でもないでしょう。
> 批判をするのはいいが、そこに愛情のかけらもないのはいただけない。
> 書評をダメにする書評家は「すべからく口をつぐむべし」です。それにしても呉智英さん、
> どうして私ごときにこんなに毒づくのでしょうかねえ。
>(中央大学教授・加賀野井秀一)

550 :考える名無しさん:2015/08/02(日) 21:52:24.54 0
新潟)プライベートも「自覚を」 NGT48に新潟市長

アイドルグループAKB48の新潟版「NGT48」の第1期生オーディションの合格者決定を受け、新潟市の篠田昭市長は30日の定例会見で、メ
ンバーのプライバシーの保護と管理について今村悦朗・NGT48劇場支配人と情報交換を密にしていく考えを示した。

 合格者の氏名はまだ公表されていないが、ネット上ではすでにメンバーの個人情報を特定しようとする動きがある。また、一部メンバーが男性タレ
ントと一緒に写っているとされる写真が週刊誌に流出している。

 篠田市長は、人口約80万人の新潟市は、東京や大阪などの大都市と比べ、地域コミュニティーが狭いと指摘。メンバーはプライベートの時もグル
ープの一員との自覚を持って行動し、温かく見守る地域住民が大部分であることを期待した上で、「大変に熱心な方が特異な行動を取られる時にも対
応できるか、(運営側と)情報交換、意見交換をしていきたい」と話した。(永田篤史)
http://www.asahi.com/articles/ASH7Z3VXNH7ZUOHB005.html
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20150730003631_comm.jpg

NGT48
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1b/18/1fb897578ac659baba64ee86823302a1.jpg

551 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/03(月) 10:39:01.42 O
礼とはなにか。
相手に敬意をあらわすこと。
なぜ敬意を表すのか。
立場により敬意の表し方は様々だが、そこにあるのは人への愛に近づく。すなわち仁。
しかし人は時代によって変わる。
孔子の時代、奴隷は人ではない。異民族は人ではない。女性は人ではない。

552 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/03(月) 10:42:05.73 O
人類愛の境地にたつこと。
なんだかんだ言って、広い愛をもつこと。
そこに神聖なものが現れる。
現代では、人は人類全体である。

553 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/03(月) 18:55:44.29 O
儒教の知とは、人間の関係性に礼を導入したこと。

554 :考える名無しさん:2015/08/03(月) 19:35:58.17 0
まったくその通りである。
さて、ところで↓のように他人のサイトから無断で知識を盗んでくる事、
これは礼儀であろうか?否、非礼であるw

> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975
                       ↑
                    比べてみようw
                       ↓
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』

555 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 12:33:50.83 O
別に周公が儒家だったわけじゃなくて、その生きざま、政治手腕に感化された孔子が、
徳礼主義を考え出したわけで、

それを支えていたのが、また周が形なりに生き長らえていたこと、

「かの、周では…」という説得の背景にあるのは、天の思想

王たちに羞恥心があった。

556 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 12:36:21.40 O
それにしても、徳礼主義を産み出した孔子は天才だ。
徳礼によって国を納めるというのは、すごい発想だね。
よくまあ国が争う時代に考えたものだ。

557 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 12:42:17.00 O
しかしほぽ機能しなかったわけで、漢で国教になったのが大きい。
経学は経書の編集、解説を中心としたが、
国の儀礼は儒教式に行われて、様々な価値判断に使われた。
でももし孔子が生きていたらどう思ったか。
多分、権力に都合のよい活用を批判しただろう。
そこで失われたものはなにか?

558 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 12:45:54.43 O
孔子のリベラル。
権力者の修練、民衆の幸福までを見通した。

やはり民衆のための徳礼主義があったんだと思う。

559 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 13:09:21.47 O
美学

贈与論

560 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 14:49:52.96 O
孔子の哲学
儒教とは礼によって自らを見いだすこと

礼の役割論〜規律訓練権力としての礼


礼の贈与論
自己防衛としての礼
経学との違い、孔子のリベラル

禁欲主義
反精神主義、実働性
孔子の美学

561 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 16:38:55.96 0
>>507

562 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 17:29:04.31 0
ちなみに波平がパクった後ではパクリ元のサイトの文章から
ご丁寧に解説だけが削除されているw

これも非礼であるw

> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975
                       ↑
                    比べてみようw
                       ↓
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

563 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 18:22:22.92 O
なぜ孔子は失敗したのか

孔子が、発明した儒教はリベラルな理念をおいておいて、
権力者の体制維持のための管理技術として成功した。
なぜ孔子の夢見た徳治政治は働かなかったのか?

564 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 18:27:31.75 O
孔子の時代から徳知政治は認められず、登用されることがほぽなかった。
徳により国が収まるというのは理想論だった。
孔子は自分が発明したのではなく、周初期に成功した制度を繰り返そうとしているだけだと、
実績を訴えたが、実際遥か遠く数百年前のことなどわからない。
実際に国々がひしめく緊張状態の中で、あまりに理想論すぎる。

565 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 18:32:08.71 O
逆に、儒教は孔子の理念はおいておいて、民衆の統治術として優れていたということか。

礼とは差をつけることという。
礼により組織は強固になる。
さらにそこに孔子の発明した愛の理論である仁が加われば、単なる命令ではなく、自主性に作動する。

566 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 18:43:43.03 0
そして礼があるのなら、また仁があるのなら
他人のサイトから無断でパクってはならないのは当然であるw

> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975
                       ↑
                    比べてみようw
                       ↓
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

567 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 18:45:12.42 O
現代の倫理
無知の知ならぬ、

知らないことを知れ
多数の一人であることを知れ。
一個の知

規律訓練を越えた無関心の儀礼

すでに皆が一個の知を自覚して、沈黙を守る。

568 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 18:49:01.08 0
父を尊敬できず↓w

> 2 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:12
> 父親には早く死んでもらいたい。
> もがき苦しんだ挙句に死んでもらいたい。
> 手足を切り落として舌を抜き酒樽につけて半年かけて衰弱死させる
> 「人豚」という中国の拷問があるそうだが、それをやってみたい。
> それができればわしは大笑いするだろう。
>
> 3 :ぴかぁ〜:03/03/26 02:14
> 父親ははやく遺産だけ残してもがき苦しんで死ねや。
>
> 20 :考える名無しさん:03/03/26 02:48
> 親に対する憎しみを克服できない人って
> つまらない人間が多いよね。同情するよ。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1048612014/2-20

569 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 18:50:26.05 0
知識を教えてもらった人間に対しても無断で盗用するw↓
こんな人間が儒教的な訳ないだろ、目覚ませw

> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975
                       ↑
                    比べてみようw
                       ↓
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

570 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 18:52:14.59 O
>>566
弟子2号は早々と逃亡したが、
弟子1号は10年間いつもここで待ち続けて忠犬のようだな。
引きこもり無職だけでは説明がつかない。
忠か?

571 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 18:52:41.60 0
波平が言ってるのは分析哲学な、
ウィトの慣習論を礼であるかのように偽装してるだけ

そして分析哲学者は父を尊敬できず、知識を授けてくれた師に対する敬意を持たなくて済む。
だからお前のような下衆が分析哲学に群がるという構造があるわけ。

572 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 18:55:15.41 O
>>571
電波で意思の疎通ができないが、なついていることはわかる。
ういな(笑)

573 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 18:56:30.49 0
まあ、子弟関係ってのは知識を師から弟子に伝達する訳だろ?
↓の流れで考えると普通は@が師でAが弟子なんだけどねw

@
> 361 :純一 ◆QzuB1xeuck :2009/01/29(木) 21:19:02 0
> ほんで、東の郵便本が書かれた目的ですが、
> 私が邪推したところに拠ると、おそらくは、
> 岡斗世代のおたくと、
> 東、ぴかぁ〜、佃煮ポール世代のオタクとの
> ある種の断裂を示したい含意があると思われます。

           ↓ パクリ
A
> 248 名前:▲むささびん ◆JXLBbnYqTY :2009/02/02(月) 11:41:23 O
> 東の特徴は世代論にある。
> 先人たちとは徹底的に断絶を演出する。
> 僕たちが直面しているのは先人たちとは異なる新たな問題である。

574 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 19:00:12.95 0
ちなみに>>569の例でいくと、↓のようになり、
やはりお前の方が弟子ではないかw

@ 師 匠
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

                       ↓ パクる
A 弟 子
> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975

575 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 19:09:38.17 0
普通は知識を授けてくれた者は儒教的には師であり、
疑似的な父親である、そういう疑似的な父親に対しても、
また本物の父親に対して敬意を持てない者は儒家では無いw

おまえが言ってるのはウィトの慣習論、
すなわち分析哲学であり、

それ故親父を裏切り、師匠を裏切っても良しと考える訳だ。
何故なら元々分析はそういう下衆用の思想だからだよw

576 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/04(火) 20:48:57.88 O
孔子の哲学
儒教とは礼によって自らを見いだすこと

礼の役割論〜規律訓練権力としての礼

礼の贈与論
自己防衛としての礼
経学との違い、孔子のリベラル
禁欲主義
反精神主義、実働性
孔子の美学

577 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 22:31:06.77 0
43 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:18
ソフィア、マンコ舐めさせて。

70 :ぴかぁ〜 :03/02/18 00:36
ソフィアのおっぱい飲みたいからいったんわしの子をはらんで
乳だけ出したら堕胎しろ!わかったか!

370 名前:Sophia ◆8ADoZCl6.k 投稿日:03/04/07 02:45
ぴかぁ〜はもう病院行ったほうがいいよ。。。
あともう少し自分の考えを論理的に見つめ直した方がいいよ。

578 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 22:40:25.33 0
分析哲学者はどうしても性犯罪者になりやすい性質がある

579 :考える名無しさん:2015/08/04(火) 22:47:31.46 0
ピケティさんは最低賃金引き上げよりも勤労奨励手当(prime pour lemploi:PPE)を押しているね。

580 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 09:23:51.98 0
自ら選択できる身分制度の導入

軍役につかないものは2級市民として市井とする
彼らには参政権は無いかわりに軍務を拒否でき税率も低くする
政治家や大事業主となるには高い税率や軍への従軍が必要

大規模な公共物の建設や寄付は国を挙げて称える
そして建造物には建築者の名前を冠する

こうすれば富裕層もお金を盛大に吐き出すだろう

例えば球団なども渡辺ジャアインツや三木谷イーグルス
徹底的に人の名誉欲を満足させるようにする

国道や駅も田中角栄駅や安倍信三高速道路などにする

581 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/05(水) 10:43:06.99 O
■現実とはなにか
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080502#p1
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080503#p1

7年ぶりの続編
■孔子の思想 儒教とは礼によって自らに向き合うこと
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/

582 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/05(水) 12:47:19.99 O
>>581
第一期の集大成だな。
現実を作り出している亀裂をあぶり出している。
亀裂は、せき立てという止まらない時間と、慣習により埋められて、現実は作られている。

このあと第二期は、慣習とは権力により作られる統治であるとして、
まず近代の統治術であるフーコーの規律訓練権力、生権力、すなわち経済性による統治について思考。

さらに第三期は、歴史を遡る。特に近代前の統治術として、宗教について考える。
インド思想、プラトン主義、キリスト教、そして日本人の職の体系。
第四期は、ピケティの歴史経済学上の日本人の特殊性をきっかけに、
日本人を掘り下げるべく、江戸時代の朱子学を経て、源流の古代中国の儒教へ。
いざ来てみると、儒教はまさにTHE統治術だった。
孔子の発明した儒教は、近代以前では、もっとも完成された統治術だ。
中国が数千年間世界一であり続けた理由がわかる。←いまここ。

583 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 12:59:59.62 0
13-03
子路曰、衛君待子而爲政、子將奚先、
子曰、必也正名乎…

子路が曰わく、衛の君、子を待ちて政を為さば、子将に奚(なに)をか先にせん。
子の曰わく、必ずや名を正さんか。…

子路が言った、「衛の殿様が先生をお迎えして政治をなされることになれば、先生は何から先になさいますか。」
先生は言われた、「せめては名を正すことだね。」…


>>507

584 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 14:45:02.43 0
ヒキコモリーマンwwww

585 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 14:59:55.29 0
第一期
[まとめ]現実とはなにか その1 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080502
[まとめ]現実とはなにか その2 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080503
[まとめ]陶酔する人工知能たち http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080610

第二期
[まとめ]<環境-調和図式>(全体)http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20081025
コンベンションと統治技術(全体)http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20081204
生存様式としての資本主義(全体)http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20090210
[全体]非金銭経済の可能性 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20090616
[まとめ]マクドナルド型生権力 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20090624
[まとめ]セカイ系権力の誕生 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20090813
[まとめ] 「貨幣依存」から「他者回避」そして「信用格差」へ http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20091206

第三期
[まとめ]なぜ日本人は民主主義よりも資本主義に順応したのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20100625
[総まとめ]日本人のハイコンテクスト社会 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20100719
[まとめ]禅的なものと日本人の覚醒 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20110907
なぜ日本人は第三次産業が苦手なのか 奴隷とサービス業 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20120206
[まとめ]禁欲主義の系譜(作成中)http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20120301
なぜ日本のすばらしさはインフラレベルの高さにあるのか 日本人の「気遣い」と西洋人のセルフサービス http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20120702
自由競争の隣人との交換と、キリスト教の隣人愛  古代・中世西洋史観 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20121007
なぜ倫理は「進歩」するのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20130119
なぜマクロ思考は現代最強の倫理なのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20130227
なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか その2 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131103
なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか その1 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131102

第四期
孔子の思想 儒教とは礼によって自らに向き合うこと http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/

586 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 17:51:53.48 0
前からずっと思ってたんだけど、
波平の思想ってのは『第○○期』とかじゃなくてだな、

 @おニャン子倶楽部が流行った、ハマった(←第一期?)
 Aモーニング娘。が流行った、 ハマった(←第二期?)
 BAKBが流行った、     ハマった(←第三期?)

っていう感じで、『第○○期』とかじゃなくて、
ただ単に『テレビに流されている電波に思考を操られているだけ』って
状態を自分で『第○○期』だと勘違いしてるってのが正確なところなんだよねw

587 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 18:31:41.47 0
孔子の思想 儒教とは礼によって自らに向き合うこと

>天の思想と民意
民主主義はないって何度言えばわかる?
>殷周革命が行われたのは、おそらく紀元前千百年前後のことであろうと思われる。それは内からの革命でなく、外からの革命であった。
だから、革命じゃなくて征服だろう?

>天はみずからその意志を示すことはないが、天意は民意を媒介として表現される。為政者が天の徳を身に修めていれば、民意の指示を受けることができる
それが偽善の元になった現実は無視か?

禁欲主義、ヒューマニズムとしての礼
>社会全体が禁欲主義へむかうことができる。
身分によって持てる愛人の数まで決まっているのに禁欲主義?


>別に周公が儒家だったわけじゃなく、その生きざま、政治手腕に感化された孔子が、徳礼主義を考え出した
孔子が自分の理想は周公旦ですって言い張っているだけだろう
本当に周公旦がやってた礼かどうかも怪しい

>孔子が、発明した儒教はヒューマニズムな理念
ヒューマニズムなんてもんはないって、親が死ねば親のために衰弱して弱る事がヒューマニズムなのか?

>仁の贈与論
お前、仁ってのが支配者側の愛=偽善だってのがマジで理解できてないだろう

いい加減、理解もできてない儒教を語るのはやめろ

588 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 18:33:11.29 0
>だから仁は、忠、孝、梯そして礼という現世を生きるテクニカルなものとなる。
孝=親を敬い、先祖を祀る事第一のどこに現世がある?

589 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 18:36:11.34 0
礼により精神がつくられる
マトモな心すらない奴が礼によって精神がつくられるとでも?

お前みたいな見てくれ、表面だけをなぞったのが中国の礼だろう?
戦乱期のような競争の時代に礼は非現実的だったから採用されなかった

引きこもりは競争しないでいいから薄っぺらだな波平

哲学ごっこする前に現実社会へ出ろよ
何が現世主義だ

590 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 20:08:27.94 0
■日本人と統治技術の歴史


第一章 慣習と現実
 現実とはなにか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080502/


第二章 近代の慣習をつくる生権力
 マクドナルド型生権力 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20090624/
 セカイ系権力の誕生 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20090813/

第三章 ハイコンテクストな日本人
 日本人のハイコンテクスト社会 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20100719/
 禅的なものと日本人の覚醒 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20110907/

第四章 禁欲主義と統治技術の歴史
 禁欲主義の系譜(作成中)http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20120301/
 自由競争の隣人との交換と、キリスト教の隣人愛  古代・中世西洋史観 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20121007/
 なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131102/
 なぜ日本は中国周辺として生きてきたのか 中国史としての日本(試論)http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131124/
 なぜマクロ思考は現代最強の倫理なのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20130227/

第五章 世界最強の統治技術 儒教
 孔子の思想 儒教とは礼によって自らに向き合うこと http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150804/
 つづく

591 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 20:20:41.45 0
まあ、東とか宮台周辺をベースに考えると、
結局は根が分析なのに気が付かないんだよね

東もアメリカ、宮台もアメリカで結局英米系に落ち着く。
もっと西洋哲学を真面目にやれってのw

592 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 20:27:48.50 0
■日本人と統治技術の歴史

はじめに
 第一章は、現実を作り出している亀裂をあぶり出している。亀裂はせき立てという
 止まらない時間と、慣習により埋められて、現実は作られている。
 第二章は、慣習とは権力により作られる統治であるとして、まず近代の統治術であ
 るフーコーの規律訓練権力、生権力、すなわち経済性による統治について思考。
 第三章は、日本人というハイコンテクスな社会を考える
 第四章は、歴史を遡る。特に近代前の統治術として、宗教について考える。インド
 思想、プラトン主義、キリスト教、そして日本人の職の体系。
 第五章は、日本人を掘り下げるべく、江戸時代の朱子学を経て、源流の古代中国の儒教へ。
 孔子の発明した儒教は、近代以前では、もっとも完成された統治術だ。
 中国が数千年間世界一であり続けた理由がわかる。←いまここ。

第一章 慣習と現実
 現実とはなにか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080502/
第二章 近代の慣習をつくる生権力
 マクドナルド型生権力 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20090624/
 セカイ系権力の誕生 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20090813/
第三章 ハイコンテクストな日本人
 日本人のハイコンテクスト社会 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20100719/
 禅的なものと日本人の覚醒 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20110907/
第四章 禁欲主義と統治技術の歴史
 禁欲主義の系譜(作成中)http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20120301/
 自由競争の隣人との交換と、キリスト教の隣人愛  古代・中世西洋史観 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20121007/
 なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131102/
 なぜ日本は中国周辺として生きてきたのか 中国史としての日本(試論)http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131124/
 なぜマクロ思考は現代最強の倫理なのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20130227/
第五章 世界最強の統治技術 儒教
 孔子の思想 儒教とは礼によって自らに向き合うこと http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150804/
 つづく

593 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 20:34:11.58 0
結局はウィトの慣習論マンセーという結論で終わってるなw

それは英米系の範疇で終わってるだろ
分析哲学さえ読めば良い、それは儒教を含んでいる、と
こういう思い上がりが結局は西洋主義なんだよねw

594 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 21:21:20.41 0
■[まとめ]日本人と統治技術の歴史
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150805#p1

595 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 21:32:29.04 0
日本は敗戦以後は統治する側では無く、
アメリカ=イギリス、即ち英米下の植民地となった

それに伴い、波平のようにアメリカ=イギリス、即ち英米の言語・文化
そして哲学にまで媚びる者が現れた、それが分析哲学。

つまり、分析哲学に惹かれる事自体、
実際には敗戦後の日本人の歪んだスノビズムの現れなのだw

596 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/05(水) 21:47:58.94 O
>>587
迷子が迷子から帰ってきた(笑)

>民主主義はないって何度言えばわかる?
民主主義はないって何度言えばわかる?

>だから、革命じゃなくて征服だろう?
>それが偽善の元になった現実は無視か?

>身分によって持てる愛人の数まで決まっているのに禁欲主義?
禁欲主義に性に厳しいのはキリスト教だけ

>本当に周公旦がやってた礼かどうかも怪しい

ヒント周礼本

>ヒューマニズムなんてもんはないって、親が死ねば親のために衰弱して弱る事がヒューマニズムなのか?
論語読んでこい


>お前、仁ってのが支配者側の愛=偽善だってのがマジで理解できてないだろう
くわしく(笑)


陰謀論バカはなおらないな

597 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/05(水) 21:51:54.54 O
>マトモな心すらない奴が礼によって精神がつくられるとでも?

マトモな心(笑)
精神至上主義ね。


>戦乱期のような競争の時代に礼は非現実的だったから採用されなかった

儀礼はいつの時代も行われていたが?

>引きこもりは競争しない
だからリーマンだってなんどいえば(笑)

598 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/05(水) 21:53:47.75 O
もう迷子にはついてくるの無理だよ(笑)

599 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 22:00:27.55 0
> 597 名前:第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/05(水) 21:51:54.54 O
> だからリーマンだってなんどいえば(笑)
           ↑
        比べてみようw
           ↓
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

600 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 22:02:52.26 0
今、波平は36歳だから12年前は24歳だな
つまり24歳当時の時点で既に無職だった事が分かる

> 47 名前:ぴかぁ〜: :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

601 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 22:03:16.57 0
Slavoj Zizek (2014) "Piketty is a Utopian!"
http://youtu.be/GgOVVCHp0lM

同ジジェク論考より 3:30〜
《…私の主張はこうです。ピケティの提唱する措置が効果的に確立
された世界組織を想像してください。すでに問題は解決されています。
あなたはすでに全面的な政治的再組織化を手にしています。あなたは資
本を効果的に統制できる地球規模の力を手にしているのですから、私た
ちはすでに勝利しているわけです。

 ですから私はその意味で、彼は虚偽を行っていると思います。真の問
題は、一見したところ慎ましやかな彼の措置が実現されるための諸条件
をつくりだすことです。ですから、くり返します、私は彼に反対してい
るのではありません。すばらしい案です。彼らに八〇パーセント課税し
ようではありませんか。あなたがこれを実行したら、すぐお気づきにな
るでしょう。この措置はさらに多くの変化をもたらすことを要請するだ
ろうと。これが私の主張です。ーつの措置を取るだけで、その他のこと
は何も変えなくてよいと想像するだけなら、これは文字通りの空想であ
って、へーゲルが抽象的思考という言葉で意味していたものです。もち
ろん今日の資本主義をそのあらゆる力動とともに捉えたのは偉業です。
〔ですが、〕たんに再配分の水準でのみ、あなたがそれを変えるという
のなら、それは空想主義でしょう。あなたにそれはできません。なぜな
ら再配分における変化ーつを取ってみても、この変化は生産様式に、資
本主義経済そのものに作用をおよぼすでしょうから。…》

602 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 22:05:54.18 0
普通は大学出て22歳で現役就職だから、
24歳で無職という事は波平は現役ではないな

まあ、そもそも高校を出てるかどうかすら怪しい
俺は個人的には波平はおそらく中卒だと思ってるけどねw

603 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 22:09:50.97 0
まあ、波平のことだ、
おそらくは教室でウンコ漏らしたとか下らないトラウマで
小学校高学年か中学校初期あたりから既に引き籠ってたんだろう。

一応中学卒業までは義務教育から卒業証書はもらったが、
何の学歴も無く、20歳前後でネットインフラが普及して更に
引き篭りをこじらせたんじゃないかね?w

604 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 22:14:01.40 0
文藝春秋SPECIAL 2014年秋号 eBook: 文藝春秋
http://www.amazon.co.jp/dp/B00N0J2ACE
▼緊急寄稿 世界的な歴史人口学者が絶賛 ピケティ 鮮やかな「歴史家」の誕生
エマニュエル・トッド
《…ピケティは、20世紀の危機が資本を制御したことを解き明かしたが、なぜナショナリズムが
昂揚したのか、なぜ戦争が起きたのか、なぜ年金生活者は自殺に追い込まれたのか、といっ
た問題は提起しなかった。心性(マンタリテ)の力学はブラックボックスのままだ。それによって
偶然にしか見えない出来事や、ピケティが提案した改革の非現実的な性格がおそらく持っ
ている道理が解き明かされるだろう。とはいえ、ピケティが比較に基づく厳密な社会経済的な
枠組みを通じて、現代史を描き出したことは確かである。そして、歴史家たちにこの枠組みを
わがものとし、残された疑問を解明してみろと挑発している。この傑作を読み終えると、まだ
解かれていない問いや謎で頭が一杯になり、マルク・ブロックが『歴史のための弁明』に記し
た一節を想起せずにはいられない。〈それぞれの学問分野は分割されてしまっているが、
往々にして隣の分野からの脱走者が、学問に成功をもたらす最高の立役者となる。生物学
を刷新したパストゥールは生物学者ではなかった。デュルケームとヴィダル・ド・ラ・ブラーシュ
は20世紀初頭の歴史研究にどんな専門家も及ばない比類のない足跡を残したが、デュルケ
ームは社会学に移行した哲学者であり、ド・ラ・ブラーシュは地理学者であった。二人とも、い
わゆる歴史学者とはみなされていなかった〉》 (翻訳・西泰志) Emmanuel Todd

605 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 22:18:33.61 0
Amazon.co.jp: トマ・ピケティの新・資本論: トマ・ピケティ, 村井 章子: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4822250725/

《日本の話に戻ろう。政府債務を論じる時にまず注目するべきは、個人資産は常に一国の
負債(政府部門+民間部門)を大幅に上回ることだ。日本も、ヨーロッパもアメリカも、家計部
門の固定資産と金融資産の合計(負債差し引き後)は、おおむねGDPの500から600%に
なる。富裕国では、大雑把に言って国民一人当たりの所得が3万ユーロだとすれば、平均的
な資産は一人当たり18万ユーロになる。つまり年収6年分である。

次に、日本政府はたしかにGDPの200%を上回る債務を抱えてはいるが、同時にGDPの
およそ100%相当の非金融資産(国有地、公共用資産)と、やはりGDP100%相当の金融
資産(国営・公営企業の持ち分、郵便貯金など公的金融機関の資産等)を持っている。従っ
て、資産と負債はほぼ釣り合っている。

ところが日本の政府部門の資産ポジションは、此処数年ややマイナスになっている。これはき
わめて異常な事だ。しかも政府は、所有しているものを全て売るということはできないのであ
る。比較の為に、フランスとドイツの政府部門を見てみよう。どちらも、グローバル金融資産
危機の後でさえ、大幅にプラスになっている。例えば、フランスの場合、政府債務残高はGD
Pの100%に達しているが、政府の保有資産(非金融資産+金融資産)は同150%である。

この日本特有の状況は、同国(政府部門+民間部門)の保有する対外純資産が巨額に達し
ていることを考えると、一段と衝撃的である。過去20年の間に、日本は国民所得1年分に相
当する対外純資産を積み上げてきた。民間部門が金持ちで政府部門は借金まみれという不
均衡は、東日本大震災の前から顕著だった。

この不均衡を解消するためには、民間部門(GDPに占める割合は30%程度)に重く課税する
以外にない。》
(本書、PP.251-254)

606 :考える名無しさん:2015/08/05(水) 22:24:31.70 0
RT @mihatsuikutoshi: 最後に、日本の若者にメッセージを。

ピケティ「闘って下さい。民主主義は闘いです。社会や財政制度を若者にとってどう
するのか、待遇改善のための闘争をやらなければならない。民主主義には誰もが
かかわらなければならない。」

#ピケティ

607 :考える名無しさん:2015/08/06(木) 00:23:06.64 0
スーパーヒキコモリーマンナミヘーwwwww

608 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/06(木) 08:46:21.76 O
■日本人の正しい作り方
はじめに
 第一章は、現実を作り出している亀裂をあぶり出している。亀裂はせき立てという
 止まらない時間と、慣習により埋められて、現実は作られている。
 第二章は、慣習とは権力により作られる統治であるとして、まず近代の統治術であ
 るフーコーの規律訓練権力、生権力、すなわち経済性による統治について思考。
 第三章は、日本人というハイコンテクスな社会を考える
 第四章は、歴史を遡る。特に近代前の統治術として、宗教について考える。インド
 思想、プラトン主義、キリスト教、そして日本人の職の体系。
 第五章は、日本人を掘り下げるべく、江戸時代の朱子学を経て、源流の古代中国の儒教へ。
 孔子の発明した儒教は、近代以前では、もっとも完成された統治術だ。
 中国が数千年間世界一であり続けた理由がわかる。←いまここ。

第一章 現実のつくり方
 現実とはなにか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080502/
第二章 生権力
 マクドナルド型生権力 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20090624/
 セカイ系権力の誕生 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20090813/
第三章 ハイコンテクストな日本人
 日本人のハイコンテクスト社会 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20100719/
 禅的なものと日本人の覚醒 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20110907/
第四章 禁欲の世界史と日本人
 禁欲主義の系譜(作成中)http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20120301/
 自由競争の隣人との交換と、キリスト教の隣人愛  古代・中世西洋史観 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20121007/
 なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131102/
 なぜ日本は中国周辺として生きてきたのか 中国史としての日本(試論)http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131124/
 なぜマクロ思考は現代最強の倫理なのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20130227/
第五章 世界最強の統治技術 儒教
 孔子の思想 儒教とは礼によって自らに向き合うこと http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150804/
 つづく

609 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/06(木) 08:50:34.49 O
2013-02-23 なぜアメリカは科学主義国家なのか
なぜアメリカは科学主義国家なのか
2013-02-10 なぜ社会科学の黎明期は語られないのか(未完)
なぜ社会科学の黎明期は語られないのか(未完)

610 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/06(木) 09:03:51.76 O
2015-01-18 なぜ格差は広がっているのにアベノミクスが支持されるのか
なぜ格差は広がっているのにアベノミクスが支持されるのか ピケティ「21世紀の資本」
2013-01-19 なぜ倫理は「進歩」するのか
なぜ倫理は「進歩」するのか
2012-11-18 日本人の心性の起源としての「太平記読み」
日本人の心性の起源としての「太平記読み」

2012-04-01 [★★]なぜ現代日本人は童貞を大切にするのか キリスト教の「強さ」

611 :考える名無しさん:2015/08/06(木) 17:43:51.00 0
まあ、そもそも『正しい作り方』って『正しい』っていう時点で
イデアを前提としてるだろ

ウィトの慣習論を全面的に支持するなら『なるようになる』だろ
これが慣習論の帰結w

612 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/06(木) 19:25:24.24 O
>>611
くわしく

613 :考える名無しさん:2015/08/06(木) 19:29:40.02 0
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20130227/
マクロ思考の経済合理性という倫理

最近の経済学じゃ合理的経済人は否定されてんだが?

頭悪いんだから虚勢を張るのをやめろよ

614 :考える名無しさん:2015/08/06(木) 20:35:18.21 0
>>612
エリサ・ラムって知ってるか?
経済学用語なんだけどな、ウィトゲンシュタインの慣習論を
マクロ経済に導入したアメリカのシステム経済学者だ。

https://youtu.be/_uwECaZ0mSs

615 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/06(木) 23:28:21.88 O
誰が日本人を造ったのか

616 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 00:00:54.21 0
それは難しすぎる質問でしょうね。
日本文化という意味ならば、地形的、位置的、大陸文化の流入、個別文化の発展など
様々な要因が有機的に絡み合ってできたのでしょう。

617 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 00:20:31.13 0
日刊ゲンダイ|「21世紀の資本」著者ピケティ氏がアベノミクスに“ダメ出し”
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156823/2
《日本がゼロに近い低成長なのに、上位の所得が増えているということは、裏を返せば、
実質的に購買力を減らしている人がいるということです。》

618 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 00:24:44.41 0
ピケティのいいところは「庶民には当たり前のことを経済学者にもわかるように書いたことです。」
といって見る。 RT @moriteppei ピケティなんぞ読むまでもなく、元手がないと一生クソ貧乏です。
苦しみ続けます。格差。すごいです。
morita0

619 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 00:29:01.88 0
http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20150122/1421904444
クズネッツは農業から工業への移行を統計上重視していたのに
ピケティはこの課題を捨象するのが早すぎた
だから上記サイトで伝えられるマンキューの言葉通り、r>gのテーゼに意味がなくなった

ピケティは農業からの離脱がrを高めたと考えているらしいが(邦訳『21世紀の資本』124~5頁)、
クズネッツは先進国は自国農業のrを高めたがゆえに先進国なのだと考えている(邦訳『戦後の
経済成長』8~9頁)。

620 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 00:31:00.52 0
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20150204/277158/?P=4&mds 4/8 (日経、要登録)
《吉川:なるほど。では、ここで少し経済学の議論をしてもいいですか。あなたは基本的に「ソロー
モデル」に依拠しています。資本の中身を分けずひとくくりにして経済成長を分析している「ワンセ
クターモデル」よりも、私は19世紀を理解するうえでは、アーサー・ルイスの提唱した「二重経済モデ
ル」(ルイス・モデル)の方が良いと思います。

 これは途上国経済を分析するモデルで、経済を分析する時に経済を都市工業部門と農業部門に分け、
農業部門にある余剰労働力を使いながら工業部門が経済成長していくモデルです。ポイントは、実質
賃金が労働の限界生産に等しくないことです。…

ピケティ:まず、ソローのワンセクターモデルはあまりいいモデルではないと思います。私のアプローチ
は、(農地、住宅など)複数のセクターに分けて資本をとらえています。それは『21世紀の資本』の113
ページ(注:英訳版、邦訳版では119ページの第3章「資本の変化」)から書いたのですが、重要なのは、
資本の中身の変化をとらえることです。》

621 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 00:32:12.11 0
ルイスの「二重経済モデル」
労働の限界生産物[の価値](一人当たり)
  ↑
  | 
N |___    
  |   \__
N1|__    \__
  |  \__    \_
生 |     \_    \
産 |       \    \
物 |        \    \
  |         \P   \P
W |__________\____\_______ 工業部門賃金
  |          |\   |\      
  |          | \  | \
  |          |  \ |  \
W1|__________|___\|___\___ 生存維持部門賃金
  |          |    |    \
  |          |    |\    \
  |          |    | \    \
  |          |    |  \    \
  |          |    |   \    \
  |__________|____|____|____\___→
 0  労働投入量(人数)M    M1          労働
Dual-sector model - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Dual-sector_model

622 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 00:36:35.76 0
https://en.m.wikipedia.org/wiki/File:Lewisgraph.jpg

二重経済に関して以下のような図解もある。

ルイス転換点
      賃金
       |  工業部門の   農業部門の
       |  限界生産性   限界生産性
       |    \      /
生存水準の賃金|_____\____○______
       |     |\→ /|転換点
       |     | \/ |
       |     | /\ |
       |_____|/__\|______ 労働力
      工業部門の雇用 過剰労働力 農業部門の雇用

http://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/ssqs/070911ssqs.htm

小野旭『労働経済学』168頁参照

623 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 00:39:32.35 0
http://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/ssqs/070911ssqs.htm
付録:「ルイス転換点」とは
中国のような農業という伝統部門と工業といった現代部門からなる二元経済における経済発
展を分析する際、経済学者W. A.ルイス(1915-1990)が発案したモデル(彼の業績に因んで
「ルイスモデル」と呼ばれている)が有効である。これによると、多くの発展途上国においては、
農村部における大量の余剰労働力が存在するため、工業部門にとって、労働力の供給が実
質上、無限大である。賃金が労働者の生存のために必要である最低水準に据え置かれること
になるが、工業部門と農業部門における雇用は、それぞれの限界生産性と賃金水準が一致
するレベルで決められる(図)。外資導入などによる工業部門での生産性の上昇は賃金上昇
を招くことなく、農業部門の余剰労働力を吸収する形で(工業部門、ひいては経済全体の)雇
用の拡大をもたらす。これに対して、完全雇用が達成される「ルイス転換点」を超えると、
工業部門において農業部門での雇用を減らす形で労働力を確保するために、賃金水準を上
げなければならないが、全体の雇用は増えない。

624 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 05:47:20.57 0
>>616が不気味だよな

潮吹きが水信仰とかいう池沼に真面目に学問を話題を振る人間なんて
居る筈無いのにな

625 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/07(金) 08:34:27.35 O
周が中原の支配者としての正当性のために徳を持ち出したのは、
逆賊でないことを示すために考え出された理屈だろう。
いまさら神話は語れない。
かといって、中原を支配している訳ではなく、一諸侯でしかない。

だからその後も、徳をパフォーマンスしなければならなかった。
それは礼楽として慣習となっていった。

数百年後、孔子はそこから徳知政治を思い付いた。
彼はほんとに周のレトリックをしらなかったのだろうか。
それはほぼないだろう。
それでも周を手本とした。

626 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 08:43:21.09 0
>>625
>徳をパフォーマンスしなければならなかった。
>それは礼楽として慣習となっていった。
全部孔子が勝手に言い出したことだろう

>数百年後、孔子はそこから徳知政治を思い付いた。
自分でもそう書いているじゃん

>いまさら神話は語れない。
殷よりも前に夏王朝があり、その前からの歴史=神話が残ってるが?

礼の実践すらできず、儒教が何かをも理解できない引きこもりはまず社会に出ろ

627 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/07(金) 09:53:19.79 O
述べて作らずは、孔子の最大のジョークである。

子曰わく、述べて作らず、信じて古を好む。
ひそかに我が老彭に比す。

628 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/07(金) 09:54:42.99 O
述べて作らず、信じて古を好む。ひそかに我が孔子に比す。(笑)

629 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 10:02:38.30 0
欺瞞と偽善で表面を取り繕う事だけは孔子並
クズが目指すのはクズ

630 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 18:46:04.66 0
安倍は許した
http://live.fc2.com/79752690/

631 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 19:00:41.63 0
>>627
> 述べて作らずは、孔子の最大のジョークである。

だよなw
俺も波平が俺等をストーカー扱いする時なんか、
おまえの方がストーカーだろうがwって思うしw↓

> 43 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:18
> ソフィア、マンコ舐めさせて。
>
> 70 :ぴかぁ〜 :03/02/18 00:36
> ソフィアのおっぱい飲みたいからいったんわしの子をはらんで
> 乳だけ出したら堕胎しろ!わかったか!
>
> 370 名前:Sophia ◆8ADoZCl6.k 投稿日:03/04/07 02:45
> ぴかぁ〜はもう病院行ったほうがいいよ。。。
> あともう少し自分の考えを論理的に見つめ直した方がいいよ。

632 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/07(金) 21:34:19.92 0
なに

633 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 22:06:36.83 0
波平の定義でいくと、
泥棒を逮捕しようとする警察は全部、
犯人をストーキングしていることになるが実際そんな事はないしなw

むしろ、警察をストーカー呼ばわりする側は常に
犯人側の立場で発言していると考えて良いw

634 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 22:50:30.65 0
頭のオカシイ女ゴリラみたいなのに追われているんデス!!

635 :考える名無しさん:2015/08/07(金) 22:59:13.14 0
普通は↓のような状態を『ストーカー』と言う。
だが、波平にとってはこの一般的な定義は不都合なので勝手に中身を変える。

> 43 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:18
> ソフィア、マンコ舐めさせて。
>
> 70 :ぴかぁ〜 :03/02/18 00:36
> ソフィアのおっぱい飲みたいからいったんわしの子をはらんで
> 乳だけ出したら堕胎しろ!わかったか!
>
> 370 名前:Sophia ◆8ADoZCl6.k 投稿日:03/04/07 02:45
> ぴかぁ〜はもう病院行ったほうがいいよ。。。
> あともう少し自分の考えを論理的に見つめ直した方がいいよ。

636 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/08(土) 12:02:24.70 O
日本人の解体のしかた

637 :考える名無しさん:2015/08/08(土) 12:17:53.94 0
儒教をあんだけ褒めといてもう解体ですかw

638 :考える名無しさん:2015/08/08(土) 12:33:24.41 0
しかし、波平はハイデガースレ立てまくってるよな?

一般人にはわからんだろうがある程度慣れた人から見ると
あの一群のスレを波平が立ててるのはすぐわかるけどな

639 :考える名無しさん:2015/08/08(土) 12:39:34.37 0
読んでみたら大体ネオアカから丸々パクったようなネタだしなw

自分の頭で考えられんのかw

640 :考える名無しさん:2015/08/08(土) 12:41:35.22 0
やはりどう考えても儒教というのは官僚主義・社会主義を促進するな
そして一歩進めば極端な軍国主義や官僚天国となる

絶対的な上層部と役人が支配者となり一般市民を方と武力でがんじがらめ
おぞましい世界だな

641 :考える名無しさん:2015/08/08(土) 13:15:48.60 0
>>640
でも波平によると民主主義らしいからな…

642 :考える名無しさん:2015/08/08(土) 14:05:33.10 0
■孔子の思想 儒教とは礼によって自らに向き合うこと
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150804

禁欲主義、ヒューマニズムこれらって精神主義じゃないのか?
儒教とは礼によって自らに向き合うことって自らの何と向き合うのか?

な〜んにも理解できてないって事だよなね

643 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/08(土) 17:01:38.63 0
>>640
まるで儒教徒じゃないみたいな口振りだな

644 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/08(土) 17:03:12.30 0
>>642
>禁欲主義、ヒューマニズムこれらって精神主義じゃないのか?

ちがうよ

645 :考える名無しさん:2015/08/08(土) 17:28:13.27 0
>>644
へ〜じゃあ自らの何に向き合うの?

646 :考える名無しさん:2015/08/08(土) 17:28:49.39 0
>>644
欲って何?どこからでてくるん?

647 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/08(土) 21:22:33.05 0
>>645
何が向き合うかも込みで、自らに向き合うだろう

>>646
欲って何?どこからでてくるか込みで、禁欲主義だろう

648 :考える名無しさん:2015/08/08(土) 21:32:10.77 0
だから、自らの何に向き合うんで?
欲とは自分の何から湧くんで?

さすが、迷子はry

649 :考える名無しさん:2015/08/08(土) 23:42:45.86 0
マジレスすると自分に向き合ってる奴は20分で意見が変わったりはしないw

> 384 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2013/02/13(水) 21:41:06.46 0
> 思考が全部、中二病なんだよ
> 証明しろ、なって行っちゃダメ。
> なぜならこの世界に証明できることなんて一つもないから

            ↓ 僅か20分後

> 391 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2013/02/13(水) 22:01:29.49 0
> いまどき中二病的「この世界に証明できることなんて一つもない」じゃあ
> しょうがないだろう
> それじゃ、10年前の2ちゃんねるだよ

650 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 00:36:16.69 0
Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: ドラッカーと論語
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4492045384/
本書の前半ではドラッカー思想の本質を分かり易く要約している。ドラッカーは意思決定に
おけるフィードバックを重視するするが、このことは、論語において学習回路を開いている
状態を重視し、それを「仁」と名付けることと照応する。経営の二大要素の一つ、マーケテ
ィングとは己を知ること、もう一つの要素イノベーションは、技術革新に留まらず、社会的
影響の大きい革新すべてであること、という読み解きは参考になった。組織運営(マネジ
メント)においては、現実を直視する姿勢、過ちを認める謙虚さ、勇気が重要であるとす
るドラッカーおよび論語の教えは、古今を通じての組織運営への叡智といえる。

651 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 00:55:42.32 0
なるほど、ここからパクったのか

652 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 00:58:53.36 0
 《子曰、由、誨女知之乎。知之爲知之、不知爲不知、是知也。(爲政第二、一七)

 子曰く。子路よ。お前に「知る」ということを教えよう。「知っている」ことを「知っている」とし、
「知らない」ことを「知らない」とする。これが「知る」ということだ。

これは「知ったかぶりをしてはいけない」などという単純な教訓ではない。この章で孔子は、「知」を
「知」と「不知」とを自らの感覚に従って区別すること、と循環的に定義してみせたのだ。この区別を
( / )という記号を用いて無理に書き下せば、

 知=(知/不知)

となるが、これは「知」を「知」で定義しているので、この定義式の右辺に、この式自身を代入できて
しまう。するとそこにもまたこの式自身を代入できて、果てしなく続けることができる。こういう循環
論法は、普通はやってはいけない、とされていることである。  実のところこれは、[図]のような
循環的な運動、すなわちフィードバック回路を意味しているのである。これが『論語』を支える最も重
要な論理構造である。そしてそれは、そのままドラッカーの経営思想の根幹をも成している。》


   知→知/不知
   ↑___l

安冨歩『ドラッカーと論語』より

653 :同上。文字ズレごめん:2015/08/09(日) 01:28:37.61 0
《マネジメントは、マーケティングとイノベーションとからなっている。マネジメントは、それ
以外の何者でもない。この全体の過程がよどみなく、調和をもって作動しているとき、それを
「仁」と言う。仁を実現するのは、制度でも、仕組みでも、なんでもない。仁を実現しうるの
は、人間だけである。その責任はひとえに、「君子」たるべき経営者に掛かっている。》

                __
            外界→|  |→
     コミニケーション↑  |組織| ↓ フィードバックを
              ←|__|←  通じた学習

        \_____/   \___________/
          マーケティング     イノベーション
          「己を知る」        「改める」

            \__________/
               マネジメント
                「仁」

マーケティング+イノベーション=マネジメント

654 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 06:00:23.70 0
経営学を、経済学として語っているからおかしい事になっているのに気付いてないんだな

655 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/09(日) 09:55:42.92 O
>>648
それはキミ自身の問題なんだからキミが考えることだろ(笑)

656 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 10:02:57.43 0
それはともかく、おまえの場合、
自分と向き合うという事は自分の36歳無職という不甲斐無い人生と向き合う事だろw

いい加減自分と向き合えよw

657 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 10:05:48.02 0
>>655
お前は自分が自分のブログに書き込んだ事に対してまともに答えられないのか?
哲学者ごっこもブログもやめちまえ

それともお前は精神とか心とか存在しないクズだという事か?

658 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 10:10:44.87 0
結局、表面をなぞる、誰かの説をパクるだけの哲学者ごっこじゃ
何も得られませんでしたね、波平くん、小学生からやり直せ

659 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/09(日) 10:20:24.25 O
夏休みだ
ブログの整理をしているが、孔子と同期することが多いなあ。

660 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 10:24:03.83 0
社会人に夏休みは無いわな

まあ、おまえは働いた経験すらないから夏休みなんだろうけどな

661 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 10:26:10.45 0
>>659
>ブログの整理をしているが、孔子と同期することが多いなあ。
言い訳と、捏造、そしてパクリが得意な事か?

662 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 10:28:10.83 0
孔子には弟子がいたが、同じ無職な波平には弟子がいない

663 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 10:42:12.66 0
第五章 世界最強の統治技術 儒教
これって笑う所か?

2015年8月7日放送内容(第856回)中国スペシャル [番組紹介]
ttp://www.radionikkei.jp/roundup/post_134.html
ttp://www.radionikkei.jp/podcasting/roundup/2015/08/player-round-up-world-now201587.html

この放送で、中国が崩壊すると言われ続けているのに、崩壊しない理由は情報を統制して、ツケは全部下に押し付けるからだと言っている
誰かさんが言う民意もなければ、仁なんてものが存在しないのが中国
正確には仁と称して腐敗撲滅を唱い、支配者にとって邪魔な奴を悪に仕立て上げて処分する事を、中国は古代からやっているという事だ

徳治ってすばらしい(白目

664 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 11:17:09.69 0
>>650
>>652
>>653

一方、ピケティは、人口構成の変化こそイノベーションだと言う。
《世襲型中流階級の出現は、脆弱なものかもしれないが、重要な歴史的イノベーションであり、
これを決して過小評価してはならない。もちろん、現在も富が極度に集中しているという事実
を強調したくなる気持ちはよくわかる…数千万人もの人々──人口の40パーセントを占め、金
持ちと貧乏人の間に存在する大きなグループ──は、数十万ユーロの財産を所有し、集団全体
では国富の4分の1から3分の1の所有権を持つ。これはかなりの変化だ。歴史的にはそれは
大転換であり、社会風景と社会の政治構造を一新し、分配をめぐる対立という言葉の再定義に
一役買った。だから、なぜそれが起こったのか理解するのが不可欠となる。》21世紀の資本#7

その流れで言えば、
統計を取ることがマーケティング(己を知る)ことで、
資本税がマネジメント(仁)、ということか?

665 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 11:20:37.94 0
経済学と経営学を一緒にするな

666 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 11:25:19.45 0
>>664
>世襲型中流階級の出現は、脆弱なものかもしれないが、重要な歴史的イノベーションであり、これを決して過小評価してはならない。
国家による課税や、それこそ戦争での借金の返済で潰される、潰されたのが世襲型中流階級じゃん

667 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 11:32:51.16 0
>>665
ピケティは統計学

668 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 11:45:09.99 0
>>667
>ピケティは統計学
自分の都合がいいようにデータを捻じ曲げて発表するクズじゃん

669 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/09(日) 13:10:15.32 O
>>662
最近、弟子1号と弟子2号の似てきて区別ができなくなった。

670 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 13:46:51.39 0
>>669
相手はお前の事をバカとしか思ってないだろうがな

671 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 14:07:29.70 0
>>669
>弟子1号と弟子2号
元々一人じゃないの?
もしかすると二人どころか三人、いや四人だったりして…
どっちにしろお前はバカとしか思われてないだろうぜ

672 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/09(日) 14:25:23.88 O
>>670
バカとしか思ってなくて、10年間近くストーカーするか
よっぽと暇なんだな(笑)

673 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 14:40:11.45 0
俺は、3つ前のスレから書き込んでいるけど、10年前の話なんて知らん
お前は無職らしいから、俺よりはかなり暇そうだが?

674 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 17:56:52.46 0
クスネッツは農工の割合に着目していて、その楽天的世界観が非難されるにせよ参考になる。
(ピケティは一応農工サービス、三部門に着目しているが十分ではない。)
クズネッツはその世界観とは別に賞賛され得るのだ。

《実は、所得分配統計の時系列データが初めて整備されたのは、1953年にクズネッツが記念碑的な
『所得と貯蓄における高所得グループの比率』を刊行したときなのだ。クズネッツの時系列データは、
ひとつの国(米国)だけについてのものだし、35年間(1913─1948年)しか扱っていない。
それでもこれは巨大な貢献だし、19世紀の著者たちがまったく使えなかった二つの情報源を基にして
いる。米国連邦所得税申告(これは1913年に所得税が導入されるまで存在しなかった)と、クズ
ネッツ自身が数年前に行った米国国民所得推計だ。これは社会の格差をここまで野心的な規模で測ろ
うという初の試みだったのだ(11)。》「はじめに」ピケティ

ちなみに、ピケティ個人にとってのイノベーションはPC技術だ。本人も誇張してはいないが自覚はしている。

《思想史での技術の役割を誇張する気はないが、純粋に技術的な問題は、ちょっと振り返ってみるに値する。
客観的に見て、大量の歴史データを扱う作業は、クズネッツの時代には現在よりずっとむずかしかった。…
今日では、富の分配の歴史を研究するのは以前よりずっと易しい。本書は近年の研究技術改善に大きく負って
いる(35)。》同上

675 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 18:25:08.08 0
新自由主義に誰か根源的に反論できないのかね?
中谷巌は転向したのでなく、懺悔したんだろ?
どうしてなの? 人が死んだからだろ? 自分のせいで。

だいたい、人を素粒子扱い(確率支配)するのは
狂人である。われわれは確率ではない相対論(必然)の世界
の住人だ。そんなこともわからん低脳は、もの言うな。

676 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/09(日) 19:55:15.39 0
日本人の正しい作り方(仮)  第三の波平ブログ 

目次
 第一章 現実の作り方
   ■現実とはなにか (2008)

 第二章 現代最強の倫理 マクロ思考
   ■現代最強の倫理 マクロ思考 (2013) 
   ■マクドナルド型生権力 (2009)  
 
 第三章 ハイコンテクストな日本人
   ■日本人のハイコンテクスト社会 (2010)
   ■禅的なものと日本人の覚醒 (2011)

 第4章 禁欲主義の系譜
   ■禁欲主義の系譜 (2012)
   ■なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか (2013)
   ■現代日本人とキリスト教の倫理(2012,2013)
   ■日本人とピケティ格差論 (2015)

  第五章 中華文化圏を生きる日本人
   ■中国史としての日本  (2013)
   ■日本人の心性の起源としての「太平記読み」 (2012)
   ■日本人の中の儒教  (2015)
   ■儒教とは礼によって自らに向き合うこと  (2015)

677 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 20:12:05.25 0
無能が中華圏に勝手にするな

そもそも、現実を知らん引きこもりが哲学ごっこはやめろ

678 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 20:17:46.23 0
>>676
>■日本人とピケティ格差論
お前のこの説は間違ってるだろうって散々指摘されたのにまだやんの?

おもてなしもバカじゃね?って散々元ネタの方が叩かれてんのに…

それと禁欲主義は儒教じゃなくてキリスト教だから

679 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 20:18:56.68 0
引きこもりに正しい日本人の作り方とか語られたくもないし実践すらできんだろう

しかも儒教の実践じゃクズが出来上がるだけ

680 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/09(日) 20:28:41.13 0
最近、弟子1号と弟子2号が似てきて区別ができなくなった。

681 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 20:31:53.24 0
そもそも、お前に弟子なんざいない、出来るはずもない

682 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/09(日) 20:34:29.46 0
>>676
近日公開。お楽しみに!

683 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 20:42:34.46 0
で、コケにされると…

684 :考える名無しさん:2015/08/09(日) 22:58:28.10 0
波平は今んとこ36歳だけど、40歳無職はこの調子だと確実だろうなw
40歳になってこれじゃいかんと思って働くか、あるいは50歳まで無職を貫き通すのか

波平の発言を見る限り親父さんが死んで遺産が入ったようだし、
しばらくはこの遺産で生きていく、という事なんじゃないか?w

685 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/10(月) 11:17:04.02 O
なんか古代中国の春秋戦国時代って、日本的じゃない?
みんな熱いよね。

その後の中国人はもっと合理的、打算的でドライた。
あの時代、天下というひとつの閉鎖空間があったんだろう。
その後、異民族に侵略されるなど、混沌として、なんでもありになる。
結局、古きよき儒教的精神を継承してるのは日本人じゃないのかね。

686 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/10(月) 11:17:50.21 O
古いブログを編集しなおしてるが、良いこと書いてるなあ

687 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 13:04:14.34 0
>>685
>その後の中国人はもっと合理的、打算的でドライた。
はぁ?最も合理的なのは春秋戦国の方だが?

>その後、異民族に侵略されるなど
異民族=秦とも言えるし、中原にも異民族はたくさんいた

マジで歴史の勉強をやり直せ!!

688 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 13:05:08.80 0
>>686
>古いブログを編集しなおしてるが、良いこと書いてるなあ
恥ずかしい自画自賛乙

無能はなぜ、自分が無能扱いされるのかを理解できない

689 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 14:18:09.73 0
だれもおしえないことにそれほど苦痛をかんじてない状態であるの??

690 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 15:29:13.01 0
真の無能は自分が有能だと信じて疑わない
ダニング・クルーガー効果
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/ダニング=クルーガー効果
ttp://news.mynavi.jp/articles/2015/05/20/kara022/
能力の低い人は、自分の無能さを認識できず、自己を実際よりも高く評価する(ひいては自信に満ちて見える)

691 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 18:30:52.49 0
ところで波平が名無しで投稿してる↓の意味がわからんw

ジゼル・ブンチェンはお風呂でオシッコするんだってな
 
 . l,‐、i三三三'  ,. -"二三,、: : : : : . -"二三-   
.i lll三三三  ´;ィ彡'",ニ、`ヾ、、:  : : ;彳"ニ、ヾミ、、:
!三三三 .::メ《″(::о::) ,l:ヾ、: : ,イ'ヘ,.(::о::) ゞヘ、:   
 三三  : : : ::``ーゞ='-‐'"ンソ、 ´``'-`''‐="‐'"´:: :
  ヾ三ミ  : ::`ー---‐'''"´: :ノ   :    :    ヾ、
  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i′: : : :/ /  - ― ′   ',   l
  l:;:;:l゙リ:;:;:;:;:;l : : : : : :       ,,r'" ヽ     },   l
.  l:;:;l l゛'r、:;:l: : : : : :     /  `ー‐、_  ハ  ,'
   ヾヽニンl;;l : : : : :    .;';';';';';';';';';';';';';';';';';.,. l. ,'
    l:;:;|: : : : : : : : :   ',   ヾ〒〒〒〒〒ァ:;' /
    "l:: : : : : : : : :   ',    ヽ±±±ン ;' ,/
.    / `丶、:: : :\   ヽ    丶、_ ノ/ /
 
ドンドンドンドン! 苧疾壺玖嵯夷於饅壺雅簾喜軟蛇絽?

692 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 18:32:10.42 0
調べた感じモデルのようだなw

ジゼル・ブンチェン(Gisele Bündchen、本名:Gisele Caroline Bündchen[1]、1980年7月20日 - )は、ブラジル出身のファッションモデル。米国を中心に活動。米国では最も有名で、最も高給取りなスーパーモデルとして知られている。

14歳でモデル業を始動して以降、無数のビルボードやテレビに出演。現在、20を越える諸国のブランド広告に登場している。

2009年にNFL選手のトム・ブレイディと極秘挙式した[2]。

693 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 18:57:27.52 0
↓こんなのもあったw

ジゼル・ブンチェンはお風呂でオシッコするでござる絶対にお風呂でするでござる
 
          _,,,、-──'''"`ヽ、_
        ,、-':.:.:,,:.:.:.:.:.:.:.:,,,,,:.:._:.:.:ヽ-''""`\
      ./:::.. . .,,.:.:::,ィ'.        \:.:.:. : \
      /:.:.: . . ,,/''          . \:.:.:.:..ヘ
    /:.:.:.:.:.:/ . . . .          .ヽ:.:.:. .ヽ
    ィヘ:.:.:.:.:./       . : . : .  .........   ヽ,;,;.:.:.ヽ
   /:.:.:ヽ:.:.:/   ,,ィ,,,==、:::::::    ...::::....:.:.   ',:.:.:.:.:.ヽ
  /:.:.:.:.:.:ヘ:,'  .:.:.:/(:💩💩)ヘ::   :::,ィ===、:::::   ',: : : : :ヽ
..イ:.:.:.:.:.:.:.:.:/ : : : : `ヾ─'''`´ ....  〈:.(:💩💩:)ヽ: : : |::::: : : : :
,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:l : : : :        ..::::::..  ヽ:::::::::::.:}:.:.:.:.:.|::::: : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..} . ..::::::....    ....::::::::::::::..   ̄゛ヾ : : :...|:::.: : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:::::::::::.....:.   :::ゝ:::::::r :::::     : : :::,'::::: : : : :
:.:.:.:.::::::::::|:.:.::::::::::::::::.:.   ...........     . : . : . : ..|:::::.:.:.:.:.:
::::::::.:.:.:.:/:::::::::::::::::::.  ..:.:.:::::::::::::::....  . : . : : : : . :/::::::. : : :
:::::.:.:.:.ノ ::ヽ:::::::::::::.:.    ̄::::::::: ̄\: : : : : : : :.:.:/:::::::: : : : :
::.:.:.:Y....:::.::ヘ::::::::::::.:  . .       . : : : : : : ./:::::::::::.:.:.:.:.:
:::..  :.:.-、:::::ヘ::::::::  : : : : :     . : : : : : : ..,' .::.:.::.: : : :
 
ドンドンドンドン! 苧疾壺玖嵯夷於饅壺雅簾喜軟蛇絽?

694 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 18:59:07.75 0
たま〜にミスる事もある↓w

http://mimizun.com/log/2ch/philo/1245333708/797-798
> コテを外し忘れたままキモAA荒らしを装う波平の雄姿wwwwwww
>
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>           .`ニニ´ 
>       γ´⌒\___/⌒ヽ  
>      /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ  
>      /    ノ^ 、___¥__人  |   
>      !  ,,,ノ爻\_ _人 ノr;^ >  )  
>     (   <_ \ヘ、,, __,+、__rノ/  /      
>      ヽ_  \ )ゝ、__,+、_ア〃 /
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
>>>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

695 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 19:14:08.88 0
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080502/

きもいドーテーのオ◯ニーかこれ?

696 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 19:17:38.29 0
一見関係なさそうなスレッドも実際は波平の仕業であるものも多い↓

> 745 名前:第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2013/02/24(日) 18:53:54.46 0
> 結局、またここも純一の糞レスまみれにまったな。
> しばらく様子を見ていたがさっそくエセ博士へのコテ粘着が始まったか
> 中傷レスで追いかけ回して、コテスレ立てておびき寄せて中傷レスか
> ここ何年もかわらない哲学板の風景だな
> 純一早く死なないかな
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1359795032/745
             ↓
> 純一早く死なないかな
>
> 1 :考える名無しさん:2013/02/24(日) 19:00:49.14 0
> 結局、またここも純一の糞レスまみれにまったな。
> しばらく様子を見ていたがさっそくエセ博士へのコテ粘着が始まったか
> 中傷レスで追いかけ回して、コテスレ立てておびき寄せて中傷レスか
> ここ何年もかわらない哲学板の風景だな
> 純一早く死なないかな
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1361700049

697 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 19:19:22.98 0
↑と見比べると↓の手法が全く同じなので
『し』ってコテは波平なんじゃないか?って思うんだけどねw

> 261 :し:2014/03/16(日) 18:54:51.13 0
> 自己は常に自己が何者であるかという自我同一性を失っている。
> 自己は他者の目に映った自分を常に探り、「私の存在を、存在すべき
> 必然性をもったものとして構成できる」かを他者の言語から見いだそう
> としているのである。
【大文字の】ラカン【他者】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1381829444/261
               ↓
> 8 :1:2014/03/17(月) 21:55:30.10 0
> 自己は常に自己が何者であるかという自我同一性を失っている。
> 自己は他者の目に映った自分を常に探り、「私の存在を、存在すべき
> 必然性をもったものとして構成できる」かを他者の言語から見いだそう
> としているのである。
精神分析学と臨床 in哲学板
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1395056419/8

698 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 19:24:11.76 0
こういう統計もある↓どう思うかは各々に任せるが

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1347759321/
9/17
http://hissi.org/read.php/akb/20120917/bzNWcWwzbG4w.html
9/16
http://hissi.org/read.php/akb/20120916/U3JKcTd1dnIw.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120916/QWgrQkducjMw.html

データ検証の結果報告↓

1 :珍宝二郎:2012/09/16(日) 10:35:21.72 0
3 :珍宝二郎:2012/09/16(日) 10:55:24.00 0
995 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:03:31.19 ID:SrJq7uvr0
22 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:05:23.25 ID:SrJq7uvr0
25 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:06:48.63 ID:SrJq7uvr0
43 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:13:07.55 ID:SrJq7uvr0
78 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:26:00.40 ID:SrJq7uvr0
81 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:26:28.38 ID:SrJq7uvr0
7 :珍宝二郎:2012/09/16(日) 11:31:56.76 0
8 :珍宝二郎:2012/09/16(日) 11:46:13.98 0
9 :珍宝二郎:2012/09/16(日) 11:47:16.35 0
10:珍宝二郎:2012/09/16(日) 11:51:47.22 0 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:9368c25c0e1fcb4c3420acd807713d27)


699 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 19:28:59.69 0
こっちは↑とは逆に波平側からのレスの空白時間の統計↓

http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1414728711/3

700 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 19:34:08.40 0
何故か波平が疑問に思った事が次々に質問スレとして
匿名で立てられる↓w

> 528 :リーマン小太郎 ◆JXLBbnYqTY :2012/05/26(土) 19:10:30.49 0
> ネットウヨという思考停止に勝つ方法
          ↓
 ネットウヨという思考停止に勝つ方法
 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1338031313/

> 525 :リーマン小太郎 ◆JXLBbnYqTY :2012/05/26(土) 19:06:45.93 0
> 橋下のなにが間違っているのか?
          ↓
 橋下のなにが間違っているのか?
 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1338031269/

701 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 19:38:00.67 0
波平の連続スレ立て能力を示す資料↓
三日で8スレ立てている、これを↑の資料と組み合わせると・・・

歴史を知らずに哲学は語れない 6
1 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/30(月) 21:49:22.68 0
歴史を知らずに哲学は語れない 5.1           ↓翌  日
1 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/31(火) 14:11:03.42 0
歴史を知らずに哲学は語れない 5.2           ↓6時間後
1 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/31(火) 20:56:38.28 0
歴史を知らずに哲学は語れない 5.3           ↓1時間後
1 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/31(火) 21:54:29.93 0
歴史を知らずに哲学は語れない 5.3           ↓3時間後
1 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/02/01(水) 01:17:05.95 0
歴史を知らずに哲学は語れない 5.4           ↓2分後
1 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/02/01(水) 01:19:44.03 0
歴史を知らずに哲学は語れない 5.5           ↓3分後
1 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/02/01(水) 01:22:25.57 0
歴史を知らずに哲学は語れない 5.5           ↓2分後
1 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/02/01(水) 01:24:08.62 0 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:9368c25c0e1fcb4c3420acd807713d27)


702 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 19:51:26.02 0
まあ、時間もあるし、1個1個ソースを見ながら検証していこう。

703 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/10(月) 19:51:36.68 0
儒教
●大学 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585940
●大学・中庸 金谷治 岩波文庫  ISBN:4003322215
▲中庸 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585959
▲[新訳]大学・中庸 守屋洋 新書  ISBN:4569703178
●礼記 下見隆雄 中国古典新書 ISBN:4896192672
●論語 増補版 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4062919621
▲史記世家 上 司馬遷 岩波文庫 ISBN:4003321464
▲史記〈4〉―世家〈下〉 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082042
●孔子家語 新書漢文大系 宇野精一 ISBN:4625663369
△史記〈1〉本紀 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082018
△孝経 全訳注 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4061598244
△礼記 上 新釈漢文大系 竹内照夫 ISBN:4625570271
△小説十八史略(一) 陳舜臣 講談社文庫 ISBN:4061850776
加地伸行
●沈黙の宗教――儒教 加地伸行 ちくま学芸文庫 ISBN:4480093656
●儒教とは何か 加地伸行 中公新書 ISBN:4121009894
白川静
●孔子伝 白川静 中公文庫 ISBN:4122041600
△中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122042402
△中国古代の文化 白川静 講談社学術文庫 ISBN:4061584413
○中国の神話 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122041597

●中国思想史 上 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010962
●中国思想史 下 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010970
●孔子 金谷治 講談社学術文庫 ISBN:4061589350
●孔子 DVD-BOX1 ASIN:B00WFNECI6
▲論語の新しい読み方 宮崎市定 岩波現代文庫 ISBN:4006000227
●四書五経入門―中国思想の形成と展開 竹内照夫 平凡社ライブラリー ISBN:4582763200
△世界の歴史〈2〉 中華文明の誕生 尾形勇、平勢隆郎 中公文庫)文庫 ISBN:4122051851
△朱子学と陽明学 小島毅 ちくま学芸文庫 ISBN:4480095691

704 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 19:54:00.07 0
まず、波平が無職であるという事の証明から↓

ソースはこちら↓

> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

705 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 19:56:51.82 0
どのスレッドかは知らんがどっかに埋もれてるだろうね
興味あったらみみずんとかで調べてみて

とりあえず、↓のソースでは2003年の9月に無職だと自白している。
今は2015年だから2015引く2003=12年なので12年前は
とりあえず無職だったという事が分かるよね?

706 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:00:19.63 0
あ、ごめん↑だったねw

で、波平の年齢なんだけど、これもどっかに埋もれているが
2001年の11月当時22歳だと自白している。

だから計算上今現在波平は35際〜36歳だという事が分かる。

707 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:05:05.55 0
ここで疑問なのが、こいつ波平は一体いつから
ここに寄生しているのだろうか?

という疑問だろうw

哲学板住人の話に拠ると一番古い書き込みで98年のものが確認できるらしいw
つまり、ネット黎明期から既に居たのだw

708 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:07:09.71 0
98年当時、波平の年齢を計算してみると、
現在36歳と見て、36−17=19、
より厳密に考えると18歳〜19歳となる。

すごいリアルな数字だろ?w

709 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:08:38.45 0
本人談の話として、二十歳くらいからネットに入り浸った、
と言っていたからこの数字↑には妙にリアリティがあるw

と、考えるとこの計算はほぼ妥当なものと見て良いだろうw

710 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:12:20.46 0
一方、この数字から波平の学歴を推測すると、
丁度高校卒業と同時に引き篭もったと考えると自然だがどうか?

ここはあくまで推理だが、その割に知能が残念ながら
高卒に見合った知能ではない事を説明していないと思われる。

高校中退あたりで中卒、というのが妥当ではないか?と思う。
俺個人の意見だが、そうすると計算上無理が無い、
つまり、最終学歴は中卒と考えておけばほぼ間違いは無いだろう。

711 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:16:57.53 0
98年以前はまずネットインフラが無い、
つまり、その時期に書き込んでいたという事は
まず引き篭もっているのは間違いないだろうが、
実際の引き篭もり期間はネットインフラの整備された年度よりも
更に遡っている可能性が高い、という事だ。

少なくとも書き込みを見る限り、波平が初期から働いている
痕跡は全くと言って良いほど見当たらない、つまり、社会生活に
参加していたのは98よりも前、もう少し言えばそれ以前には
既に引き篭もっていたと考えるのが自然だろうねw

712 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:19:01.61 0
ちなみにこのソースの年度では、
2003年なので12年前、つまり36−12=24なので、
波平が23〜24歳の当時、無職であったというソースになるw

> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

713 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:22:04.05 0
98年度の書き込みで既に働いている形跡が無いという事は、
その後無職であるソースが出てくる↑の2003年度の24歳の時まで
おそらくはずっと無職だった、と考えるが普通だろう。

もし、仮に働いたとすればそれを臭わす書き込みをする筈だw
という事で、少なくとも19〜24歳まではとりあえず無職と考えて良い。

だが、ネットインフラ登場の後の計算なので本当はもっと遡る筈だがw

714 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/10(月) 20:22:41.46 0
発作か

694 名前:あぼ〜ん[NGWord:ぴかぁ〜] 投稿日:あぼ〜ん
696 名前:あぼ〜ん[NGWord:純一] 投稿日:あぼ〜ん
697 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
698 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
699 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
700 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
701 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
704 名前:あぼ〜ん[NGWord:ぴかぁ〜] 投稿日:あぼ〜ん
706 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
707 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
708 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
710 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
711 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
712 名前:あぼ〜ん[NGWord:ぴかぁ〜] 投稿日:あぼ〜ん

715 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:26:46.90 0
これでとりあえず19〜24歳くらいまで無職であった事は
ほぼ確定的だと思われる。判断は各自に任せるw

さて、気になるのは現在どうか?という事だと思う。
これもソースがあるので見ていこう↓

http://hissi.org/read.php/dancesite/20120827/Q2g1Y1JtajQ.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120827/R29IdTkvaysw.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120827/eGtaU2RqRWUw.html

716 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:30:16.16 0
まあ、↓のソースを見れば一目瞭然だとは思うが、
2012年の8月27日では午前1時〜午前8時まで以外は
すべてAKBのさしこスレに書き込んでいるのが分かると思うw

では午前1時〜午前8時までは何をしていたのか?
それは『睡眠時間』であったと思われる訳だw

http://hissi.org/read.php/dancesite/20120827/Q2g1Y1JtajQ.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120827/R29IdTkvaysw.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120827/eGtaU2RqRWUw.html

717 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:32:13.14 0
これが所謂『波平の一日のスケジュール』となっている訳だw
昼夜逆転はしていないようだが、普通の人間は睡眠時間以外すべて
アイドルスレに書き込むような時間は無いw

http://hissi.org/read.php/dancesite/20120827/Q2g1Y1JtajQ.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120827/R29IdTkvaysw.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120827/eGtaU2RqRWUw.html

718 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:36:55.22 0
だから逆に言えば、↑の時間的スケジュールで考えると、
今なんかサラリーマンのフリをしてるから、夜にならなければ
設定として書き込めない訳だが、それでは時間が余ってしまう。

ではどうする?
答えはおそらく自演で埋めてるのではないか?と思われるw↓

http://mimizun.com/log/2ch/philo/1245333708/797-798
> コテを外し忘れたままキモAA荒らしを装う波平の雄姿wwwwwww
>
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>           .`ニニ´ 
>       γ´⌒\___/⌒ヽ  
>      /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ  
>      /    ノ^ 、___¥__人  |   
>      !  ,,,ノ爻\_ _人 ノr;^ >  )  
>     (   <_ \ヘ、,, __,+、__rノ/  /      
>      ヽ_  \ )ゝ、__,+、_ア〃 /
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
>>>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

719 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:38:44.05 0
一応、サラリーマンのフリしてるから昼は書き込めんだろ?
だから昼は別のコテ使ったり、名無しで書き込んでるんじゃないか?
って思うんだけどね↓

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1347759321/
9/17
http://hissi.org/read.php/akb/20120917/bzNWcWwzbG4w.html
9/16
http://hissi.org/read.php/akb/20120916/U3JKcTd1dnIw.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120916/QWgrQkducjMw.html

データ検証の結果報告↓

1 :珍宝二郎:2012/09/16(日) 10:35:21.72 0
3 :珍宝二郎:2012/09/16(日) 10:55:24.00 0
995 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:03:31.19 ID:SrJq7uvr0
22 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:05:23.25 ID:SrJq7uvr0
25 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:06:48.63 ID:SrJq7uvr0
43 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:13:07.55 ID:SrJq7uvr0
78 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:26:00.40 ID:SrJq7uvr0
81 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY []:2012/09/16(日) 11:26:28.38 ID:SrJq7uvr0
7 :珍宝二郎:2012/09/16(日) 11:31:56.76 0
8 :珍宝二郎:2012/09/16(日) 11:46:13.98 0
9 :珍宝二郎:2012/09/16(日) 11:47:16.35 0
10:珍宝二郎:2012/09/16(日) 11:51:47.22 0 👀 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:9368c25c0e1fcb4c3420acd807713d27)


720 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:43:56.79 0
今なんかだと、ハイデガー関連スレッドが
同じようなタイトルだけで5スレくらいはある筈だ。

これはたぶん波平だな、↓のソースから考えるに昼も普通に暇だから
哲学板に居ないと考える事のほうが不自然だw

http://hissi.org/read.php/dancesite/20120827/Q2g1Y1JtajQ.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120827/R29IdTkvaysw.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120827/eGtaU2RqRWUw.html

721 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:49:06.28 0
↑のソースから午前1時〜午前8時が睡眠時間と仮定して、
サラリーマンの就業が終わるのが早くて午後5時と仮定しても
出勤時間が遅く9時くらいからと考えても、
10時〜16時くらいの6時間くらいはどうしても
波平のサラリーマンの設定では空時間になってしまうw

だが、波平は幼児ような堪え性の無い人間であるから
絶対に書き込む筈であるw

722 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:50:42.52 0
まあ、12時から13時くらいを昼休みの設定として
仮定しても良いだろうね

まあ、↓のソースを見る限りその前後も暇そうだがw
http://hissi.org/read.php/dancesite/20120827/Q2g1Y1JtajQ.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120827/R29IdTkvaysw.html
http://hissi.org/read.php/akb/20120827/eGtaU2RqRWUw.html

723 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:56:56.85 0
で、まあ、どれだけ控えめに見ても
平日の10時〜11時、13時〜16時くらいに書き込むと
波平が無職である事がバレてしまうのでコテを付けては書き込めないw

そこでその暇な時間を埋める為にやってるのが↓のようなスレッドでの
書き込みである

> 528 :リーマン小太郎 ◆JXLBbnYqTY :2012/05/26(土) 19:10:30.49 0
> ネットウヨという思考停止に勝つ方法
          ↓
 ネットウヨという思考停止に勝つ方法
 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1338031313/

> 525 :リーマン小太郎 ◆JXLBbnYqTY :2012/05/26(土) 19:06:45.93 0
> 橋下のなにが間違っているのか?
          ↓
 橋下のなにが間違っているのか?
 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1338031269/

724 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 20:58:58.10 0
> 745 名前:第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2013/02/24(日) 18:53:54.46 0
> 結局、またここも純一の糞レスまみれにまったな。
> しばらく様子を見ていたがさっそくエセ博士へのコテ粘着が始まったか
> 中傷レスで追いかけ回して、コテスレ立てておびき寄せて中傷レスか
> ここ何年もかわらない哲学板の風景だな
> 純一早く死なないかな
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1359795032/745
             ↓
> 純一早く死なないかな
>
> 1 :考える名無しさん:2013/02/24(日) 19:00:49.14 0
> 結局、またここも純一の糞レスまみれにまったな。
> しばらく様子を見ていたがさっそくエセ博士へのコテ粘着が始まったか
> 中傷レスで追いかけ回して、コテスレ立てておびき寄せて中傷レスか
> ここ何年もかわらない哲学板の風景だな
> 純一早く死なないかな
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1361700049

725 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 21:02:34.97 0
ほぼ100パーセント波平とわかるものだけでも
三つでてくる訳だから、実際は×10倍くらいはあると見て良いw

俺が見た感じではハイデガースレはほぼ波平が立てたスレだな
他にも『時間とは何か』系スレや『在る事はある』等のスレは
ハイデガーを理解できなかった波平が時間というテーマと存在という
テーマの二つに分けてパクろうとした結果とも見れるw

726 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 21:10:29.68 0
たとえば時間をテーマとしたスレッドは
明らかに違うものを除いても5つもあり、何故か内容が非常に似ているw
まあ、波平が立ててるからだと思うのだがw

時間とは何か 8
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1428686942/
時間ってじつは存在しないのかな
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436798324/
時間が勝手に進む以上、停滞は後退だ
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1386333647/
可逆的時間世界についての論考
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1425055043/
あたかも存在しているような時間という概念について
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1429510552/

727 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 21:11:54.78 0
要は↓のような勢いだけで立てたんじゃないか?と
俺は思っているのだが、皆さんはどう思われるだろうか?w

> 528 :リーマン小太郎 ◆JXLBbnYqTY :2012/05/26(土) 19:10:30.49 0
> ネットウヨという思考停止に勝つ方法
          ↓
 ネットウヨという思考停止に勝つ方法
 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1338031313/

> 525 :リーマン小太郎 ◆JXLBbnYqTY :2012/05/26(土) 19:06:45.93 0
> 橋下のなにが間違っているのか?
          ↓
 橋下のなにが間違っているのか?
 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1338031269/

728 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/10(月) 21:19:03.59 0
自己コントロールできないと社会生活は難しいだろうな

715 名前:あぼ〜ん[レスあぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
716 名前:あぼ〜ん[レスあぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
717 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
718 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
719 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
720 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
721 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
722 名前:あぼ〜ん[レスあぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
723 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
724 名前:あぼ〜ん[NGWord:純一] 投稿日:あぼ〜ん
725 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
726 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん
727 名前:あぼ〜ん[レスあぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん

729 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/10(月) 21:27:19.97 0
漢文の美学というのがある
見た目、音、意味
日本の短歌ももともと漢字で書かれていた。

730 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 21:35:28.33 0
>>728
>自己コントロールできないと社会生活は難しいだろうな
自己紹介乙

731 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 21:41:32.87 0
>>729
漢文語る以前に漢字が読めてないじゃんw

> 168: 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY 2011/11/01(火) NY:AN:NY.AN 0 AAS
> 中国の歴史書に日本(倭国)が初めて登場するのは、初めて中国を統一した始皇帝の秦の次、漢時代である。
> 有名な双国が貢ぎ物を送り、正式な倭国の代表とみて認められて金印を授かる。

 ×双国
 ○奴国

> 176: パルメゾーン ◆JXLBbnYqTY 2011/11/01(火) NY:AN:NY.AN 0 AAS
> 次、漢時代である。有名な双国が貢ぎ物を送り、正式な倭国の代表とみて認められて金印を授
> かる。漢は初めて儒教を国学として認めたが、双国が認められるには、ある程度漢字を操り、

 ×双国
 ○奴国

732 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 21:43:50.80 0
まあ、確かに『奴』と『双』の字は似てるかもしれない。

だけどな、それは漢文なんか興味ないよってタイプの人が間違える間違え方であって、
仮にも漢文読めると豪語する人間がやって良い間違え方じゃないわなw

733 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 21:49:13.53 0
これも酷いわな↓計算上32〜33歳まで『辟易』の読みを
『ヘキヘキ』だと思い込んでいた、という事なので、これも仮にも
漢文読める、漢文を語る人間が間違えて許されるレベルではないわな

> 414 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY [] : 投稿日:2012/02/13 23:30:15 0
> しかたがないことなんだろうが、
> なにを読んでも、近代西洋に毒されていて
> ヘキヘキする。
> 西洋哲学なって、もうその総本山みたいなもので、
> 外人のきつい体臭ぐらいに、えずく。
> それでも日本人はまだマシな方なんだろう。
>
> 415 : 考える名無しさん[sage] : 投稿日:2012/02/13 23:32:03 0
> × ヘキヘキ
> ○ 辟易
>
> 416 : 考える名無しさん[] : 投稿日:2012/02/13 23:32:49 0
> ヘキヘキしてきたのかね〜?
>
> 417 : 考える名無しさん[] : 投稿日:2012/02/13 23:33:19 0
> >>414
> > 西洋哲学なって
> ・・・?

734 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 22:23:32.41 0
だから普通、

 @ 漢字が読めるレベル
       ↓
 A 漢文が読めるレベル

に以降するんだろ、

おまえの場合、そもそも漢字が読めるレベルじゃねーだろ
どうやって漢文読むんだよw 

735 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/10(月) 22:56:11.85 0
制作中

日本人の黙約(コンベンション)の系譜(仮)
第三の波平ブログ http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/

 第一章 現実の作り方
   ■現実とはなにか (2008)
 第二章 現代最強の倫理 マクロ思考
   ■現代最強の倫理 マクロ思考 (2013) 
   ■マクドナルド型生権力 (2009)  
 第三章 ハイコンテクストな日本人
   ■日本人のハイコンテクスト社会 (2010)
   ■日本人の覚醒と禅 (2011)
   ■なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか (2013)
 第四章 禁欲主義の系譜
   ■禁欲主義の系譜 (2012)
   ■現代日本人とキリスト教の倫理(2012,2013)
   ■日本人とピケティ格差論 (2015)
  第五章 中華圏の中の日本人
   ■中国史としての日本  (2013)
   ■日本人の心性の起源としての「太平記読み」 (2012)
   ■日本人の中の儒教  (2015)
   ■儒教とは礼によって自らに向き合うこと  (2015)

736 :考える名無しさん:2015/08/10(月) 23:57:15.16 0
>>735
コピペと盗作だけでよく書いてきたな。
しかし虚しい行為だ。

737 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 00:15:02.66 0
まあ、そもそも黙約がコンベンションだと仮定しても、
ここでこうやって語ってしまったら黙約じゃなくなっちゃうだろ

アホか

738 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 09:27:14.08 0
結局ナミヘイは中華系の在日だったのか?

739 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 09:36:50.87 0
寧ろ、人間でもないじゃね?

740 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 09:56:40.15 0
つまり神だと言うのか?

741 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 10:00:54.00 0
日本では人間以外の物は神として祀るから、神かもな…
貧乏神か疫病神の部類に入る最低の神
ま、自ら神と名乗る奴は狂人と相場が決まってるぞ…波平

742 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 10:07:33.70 0
現神様かもしれないぞ

743 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 10:09:29.22 0
アホ神って読むん?

744 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 16:20:18.96 0
夏休み特別企画 制作中

日本人の黙約(コンベンション)の系譜(仮)
 第三の波平ブログ http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/

目次

 第一章 現実の作り方
   ■現実とはなにか (2008)
     1 アブダクション(仮定)とレトリックと真理
     2 情報化社会は脱構築する、とはどういうことか
     3 快感を訓練するとはどういうことか
     4 「成功した性関係」とはどういうことか 
     5 「女は存在しない」とはどういうことか 
     6 貨幣の魔法とはどういうことか
     7 なぜ人工知能は笑わないのか
     8 なぜレトリックは人へ訴えかけるのか  
     9 なぜ金玉は「フレーム問題」に陥らないのか
     10 なぜ科学技術は成功したのか

 第二章 現代最強の倫理 マクロ思考
   ■現代最強の倫理 マクロ思考 (2013) 
     1 マクロ思考は現代最強の倫理
     2 マクロ思考としての国民の誕生
     3 なぜ社会科学の黎明期は語られないのか
     4 なぜアメリカはマッドサイエンスの国なのか
   ■マクドナルド型生権力 (2009)  
     1 なぜマクドナルドはくつろげるのか マクドナルド型規律訓練権力
     2 なぜマクドナルド型生権力が社会を全包囲するのか
       マクドナルド型生権力の見取り図

745 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 16:20:54.00 0
 第三章 ハイコンテクストな日本人
   ■日本人のハイコンテクスト社会 (2010)
     1 文化のリズム
     2 日本人の民主主義と資本主義
     3 日本人の「和」と「他者回避」
     4 ハイコンテクスト社会の甘えと礼儀
     5 超ハイウェイ社会
   ■日本人の覚醒と禅 (2011)
     1 日本人の原型1 「ただあること」
     2 日本人の原型2 系譜の連続性
     3 西洋人の基点、日本人の基底
     4 禅的転倒と日本人の覚醒
     5 禅的自己産出機械による過剰性の産出
     6 武士道と死のパフォーマンス
   ■なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか (2013) 
     1 日本人の水平思考  意家業主義(職の体系)
     2 日本人の創造思考  世代間かぶれ闘争による新陳代謝システム

 第四章 禁欲主義の系譜
   ■禁欲主義の系譜 (2012)
     1 環境と欲望
     2 「個の純粋性」の誕生
     3 西洋禁欲主義の起源
     4 西洋の台頭
   ■日本人とキリスト教の性倫理 (2011-2014)
     1 なぜ倫理は「進歩」するのか
     2 なぜ日本人の根性論は西洋人から非難されるのか
     3 なぜ日本人は裸を見せることが恥ずかしくなったのか
     4 なぜ現代日本女性は魅力的なのか 恋愛と性欲の誕生
     5 なぜ現代日本人は童貞を大切にするのか
     6 なぜロリ萌えは性的欲求不満ではないのか  

746 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 16:21:19.93 0
第五章 中華圏の中の日本人
   ■中国史としての日本  (2013)

   ■日本人の心性の起源としての「太平記読み」 (2012)

   ■日本人の中の儒教  (2015)

   ■儒教とは礼によって自らに向き合うこと  (2015)

747 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 16:23:40.04 0
すでにA4250ページ近くになってるからな
問題はこの長文をいかにネットで見せるか
電子データは読むの大変だよね。

748 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 16:28:49.72 0
みんなからバカにされるために公開するとかマゾだよな

749 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 16:40:08.30 O
本にすると五百ページぐらいになりそうだなあ

弟子1は前にネット販売してなかった?

750 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 16:41:41.36 O
電子データで読みやすいのってなにかな
ガラケーしかないからわからん

751 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 16:47:24.71 O
自分でも、忘れるから暇なとき読めるようにしたいんだよね。
できれば、スマホで読みやすい感じがよい。

なんかよい公開方法頼む。

752 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 17:14:55.85 0
てめ〜でぐぐれよ能無し

753 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 17:21:09.05 O
おもしろいんだけど、難解すぎるな
弟子は感想をまとめるように

754 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 17:33:28.45 0
プロレゴメナみたいな要約書をまず作ったら?
編集もいれずに1人で書いたなら間違い無くくどくて無駄の多い内容になってると思うから1/10以下にしてみて
その要約書を推敲してみれば間違いや意味の無い内容が明らかになると思う

755 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 17:33:59.98 0
http://www.bloglifer.net/entry/2014/12/11/210711

756 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 17:39:08.11 0
本なんぞにしてさらに有料なんてことやったら著作権に引っかかて訴訟沙汰だな
元々中身なんてないし…w

757 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 17:41:42.64 O
ブログに書いてきたものです。
その中でも、自分の中になんとなく主題があって、
時々に思ったことを書き続けて、それを主題ごとにまとめてみました。
思考の変遷が見えてきます。

最大の主題は、ボクはどのようにできているんだろうということです。
その中で、ブログには現代日本人としての自分ということになります。
例えばほんの些細なことから始まります。
「なんで(ボクは)上から二冊目の本を買うのか」とか、
「なんで商店街の道は綺麗なんだろうとか」、「なんで朝あいさつするんだろう」とか
それはイデオロギー以前のものです。
これは哲学では、ヒュームは黙約(コンベンション)、ウィトゲンシュタインは「規則に従う」、フーコーは統治と呼びました。

だから多くにおいて、フーコーの思想の変遷をたどっています。
でもフーコーは日本人では要りません。
日本人はほんと特殊な位置にいると思います。
この最果ての小さな島国はたえず世界最先端の知を享受してきた。
世界文化の激戦区。日本を知れば世界の歴史がわかる?

758 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 17:48:57.56 O
第一章は、認識の原理論で、現代思想の入門みたいになっています。
第二章は、現代の慣習、生権力です。フーコーに多くをおっています。
第三章は、歴史を背景にした日本人論です。
日本人には思想の連続性がなく、語ることは難しいと言われていますか、ボクが気づいた点を羅列して書いています。

759 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 17:50:46.27 0
誰かさんが嫌うネットウヨそっくりの論理だな…
>この最果ての小さな島国はたえず世界最先端の知を享受してきた。
>世界文化の激戦区。日本を知れば世界の歴史がわかる?

コリアン起源説とも同じ匂いがする…所詮引きこもりの脳みそは同程度

760 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 17:51:18.11 0
>>758
>第一章は、認識の原理論で、現代思想の入門みたいになっています。
お前並のバカを量産したいのか?

761 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 17:51:21.85 0
歴史はワカランだろ
井の中の蛙、大海を知らずって奴の典型だな
全くの見当違いとは言わない
しかし詳細なでティールをかたれば常に間違う
語った本人は些細な違いというが語られたほうからすればアイデンティティを貶されたと認識する

海外で東洋人はみな中国人といわれるのと一緒
日本人が日本人以外を外人と一括りにしがちなのとも一緒

762 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 17:54:21.04 0
歴史も理解できない、儒教も表面だけをなぞって理解したつもり…
これが良くもま〜入門書気取りで本にできるな…

763 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 18:08:12.40 O
盆休みが、新刊ラッシュだな。

ジジェクのイデ崇が文庫本になっとる。めでたい。
春秋左氏伝の上巻はどこにいっても売り切れてる不思議

764 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 18:28:53.48 0
上巻だけでお腹一杯ってことでしょ
固い本にはよくあるよ
興味本位に手に取ったはいいけど重すぎて読めない
悪いとも良いとも評価できずただそこで終了

765 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 18:38:14.58 0
文庫じゃなくて高い本を買えよ

766 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 18:39:47.53 O
金は取らないよ
とる方が面倒そう
金は腐るほどあるから
取るならカンパ制とか

それより、電子機器で読みやすくしたい
自分でもたまに読んで復習したいし

電子機器で本を読むことがまだ信じられない
読みにくいだろう
まともに長文読むにたえる方法とかあんのかね

767 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 18:46:21.86 0
>>766
金が腐るほどあるならば文庫じゃなくて高い本を買えよw

768 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 19:51:40.77 0
>>766
先生の過去のブログ文章が日本語になっていないくらいに酷いんですけれども
そこは書きなおして再構成できないんですか?

769 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 20:06:01.39 O
>>768
今回それを全面改定中です。
改めて読むとひどい日本語ですね。ほんと解読レベルです。

770 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 20:06:26.33 0
>>766
>自分でもたまに読んで復習したい
流石、他人の知識をコピーするだけだから頭に残んないんだw

771 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 20:07:15.31 0
>>769
>今回それを全面改定中です。
文章だけでなく中身も全面改訂しろよ

772 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 20:10:08.40 0
>>769
それから先生に質問
自分で書いた文章なのに
なんで後々に読み返すとけっこう勉強になったりするんですかねえ
だれでもそういう経験ってあると思うんですよ

773 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 20:19:37.38 O
>>767
買っちゃいました。
たぶん最大の本の大人買いじゃないかな

マネー戦争としての第二次世界対戦 なぜヒトラーはノーベル平和賞候補になったのか 武田知弘
朱子学的普遍と東アジア 日本・朝鮮・現代 下川玲子
人間本性論 第3巻 道徳について デイヴィッド・ヒューム
北京大学版 中国の文明3 文明の確立と変容(上)
大日本帝国の興亡1 暁のZ作戦 ジョン・トーランド ハヤカワ文庫
孟子 上 岩波文庫
中国文明の歴史1 中国文化の成立 水野清一 中公文庫

774 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 20:22:26.04 O
>>772
ニーチェ曰く、忘却は創造の源なり

775 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 20:33:42.21 O
研究者なら本代は経費でおちるんだろうな
本代の税金免除とかないのかね

776 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 20:36:28.30 0
>>775
>本代の税金免除とかないのかね
これが金が腐るほどある人物の言葉か?

777 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 20:37:10.69 0
>>774
パクることしか能がないから記憶力も思考能力もないからだろ

778 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 20:54:19.99 0
>>774
先生も歴史研究家としてなんか新書程度でも書いて
出版社に持ち込めばいいじゃないですか
そうやって持ち込みで出版してライターなんかになっている人って
今もけっこうな数いるって文藝春秋かなんかに書いてあったけれど
しかも還暦超えの人も多いそうですから
問題なしでしょう

779 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 21:00:10.99 O
>>776
金があるのと、節税はべつだよね

780 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 21:01:02.28 O
>>778
なんのために?

781 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 21:04:30.31 0
>>780
歴史好きの沢山の読者のためにですよ
彼らは日々そういうユニークな歴史系本をさがしているから

782 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 21:06:06.22 0
>>779
>金があるのと、節税はべつだよね
本を購入する事は物欲だろう?節税は関係ないが?
しかも経費で落ちる…?
貧乏人だから文庫本しか買えず、本にかかる費用をケチろうとするんだろう?

見栄と欺瞞のクズそれがお前の正体

783 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 21:06:40.50 0
>>781
>彼らは日々そういうユニークな歴史系本をさがしているから
で、中身がひどい本は酷評される

784 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 21:10:36.03 0
まあ、電子書籍で公開しても良いけど、問題は著作権だな
波平は他人のサイトから無断でパクってるが普通はそれ犯罪だからな↓

@ 師 匠
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

                       ↓ パクる
A 弟 子
> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975

785 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 21:12:09.81 0
ちゃんとパクったサイトの主の許可とってから
電子書籍なりにしろよw

何百か所からパクってるのか知らんがw

786 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 21:13:12.11 0
>>784
引用関係の表示ならば「(1)2ちゃんねる・考える名無しさん◯年◯月レスより」とすればええやん

787 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 21:14:14.19 O
じゃあ、秘伝書にしよう。
弟子の二人のみに読むのを許す。

788 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 21:16:35.00 0
>>787
ブログも閉鎖しなきゃいけないな

789 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 21:21:41.68 O
引用して利用する場合には、いろいろな条件を守る必要があります

 著作権法第32条は「公表された著作物は、引用して利用することができる」としています。
この規定に基づく引用は広く行われていますが、中には、記事をまるごと転載したあと、「○年○月○日の□□新聞朝刊社会面から引用」などとして、これに対する自分の意見を付けているケースも見受けられます。
また、記事全文を使えば「転載」(複製)だが一部だけなら「引用」だ、と考えている人も多いように思われます。

 しかし、著作権法第32条は、「この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ
、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という枠をはめています。

 この規定に当てはめると、引用には、報道、批評、研究その他の目的に照らして、対象となった著作物を引用する必然性があり、引用の範囲にも合理性や必然性があることが必要で、
必要最低限の範囲を超えて引用することは認められません。また、通常は質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という主従の関係にあるという条件を満たしていなければいけないとされています。
つまり、まず自らの創作性をもった著作物があることが前提条件であり、そこに補強材料として原典を引用してきている、
という質的な問題の主従関係と、分量としても引用部分の方が地の文より少ないという関係にないといけません。

 表記の方法としては、引用部分を「」(カギかっこ)でくくるなど、本文と引用部分が区別できるようにすることが必要です。
引用に際しては、原文のまま取り込むことが必要であり、書き換えたり、削ったりすると同一性保持権を侵害する可能性があります。
また著作権法第48条は「著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない」と定めています。
新聞記事の場合、「○年○月○日の□□新聞朝刊」などの記載が必要です。

790 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 21:27:09.43 0
>>787

・本能寺の変431年目の真実 (文芸社文庫) 明智 憲三郎 (著

・日本古代貨幣の創出 無文銀銭・富本銭・和銅銭 (講談社学術文庫) 今村 啓爾 (著


ここらへん、けっこう面白いですよ

791 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 21:41:15.39 0
>>786
その2chのカキコミがどっかからの引用だったらどうするねん

792 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 22:03:16.06 0
>>791
そんときは そんとき wwww 新書だったらわからへんがなwwwwwww

793 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 22:08:41.24 0
万が一注目集めると示談金目当てで著作権者に自分から連絡とって訴訟起す弁護士がいるけどな
どうせナミヘイのはエロ同人誌と同レベルだから心配する必要も無いけど

794 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 22:20:32.52 0
だよな、まあ、波平が盗用でもマイナー過ぎて誰も読まんだろ
しかし、一旦読まれると盗用がバレる可能性はゼロではない

795 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 22:27:30.88 0
ペンネーム考えてやろうよ

「又草新人(マタクサ ニイト)」  いいペンネームだろ?

796 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 22:31:03.12 0
>>795
いいねえ、又吉みたいで文学の香りがする
それでいこうか

797 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/11(火) 22:53:53.47 0
テストアップ開始しました。

■[test]日本人の黙約(コンベンション)の系譜(仮)
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150811#p1

798 :考える名無しさん:2015/08/11(火) 23:33:35.86 0
>>797
又草先生の
今後のご活躍を
大いに期待しております

799 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 05:52:03.59 0
バカを誉め殺して高い所から落とすって…

800 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 09:17:38.68 0
主体性もない独自性もないパクリをまるで自分の論として語るヌートリア

801 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/12(水) 10:51:53.21 O
だから難解だっていったじゃん(笑)

802 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 11:56:27.19 0
>>801
>だから難解だっていったじゃん(笑)
簡単な事を難しく語るどうしようもない無能=波平

803 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/12(水) 12:18:47.67 O
読み返したけと、おもしろいよ

804 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 12:33:31.53 0
自画自賛するみっともないバカ

805 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/12(水) 13:04:18.22 O
ブログの見直し大変だ。自分でも日本語的になにをいってるかわからん(笑)

806 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 13:07:20.08 0
中身がないし、所詮パクリだから記憶に残らないんだろう
読んだ本も理解できないアホだし、これはもうダメかもしれんね

807 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/12(水) 17:21:57.57 O
まあ読んでよ

808 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 18:01:46.77 0
1万円くれたら読んであげる
更に1万円で感想を書き込んであげる
500ページあるんでしょ?
時給1,000円で10時間なら妥当かな

809 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 18:14:17.06 0
>>807
宮崎駿はロリコンか?
まずこれを全部書き直し

孔子の思想 儒教とは礼によって自らに向き合うこと
行ったに自らの何に向き合う事か考え直して、全て書き直し

儒教関連は全てやり直し

これを全て終わってからな

810 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/12(水) 18:21:43.29 0
>>808
読まないのか(笑)
ここにいるのは冷やかしか

811 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 18:22:45.21 0
>>810
多分ネタを提供したと思うから原稿料が貰いたくて

812 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/12(水) 18:24:17.00 0
>>811
もうここに来ない方がよいよ
時間の無駄だよ

813 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 18:31:54.25 0
>>810
>ここにいるのは冷やかしか
お前の存在自体が冷やかしだろう

814 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 18:33:38.75 0
無駄かどうかは自分で決める
俺はナミヘイと約束したつもりでネタを提供してたんだが裏切られて気持ち
ショックだわ〜

815 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/12(水) 18:34:04.06 0
>>813
時間を無駄にするな
弟子1みたいに廃人になるぞ

816 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/12(水) 18:35:19.77 0
>>814
決めなくも無駄だろう
ストーカーになるな
いまなら間に合う。
かまってほしいだけでもうここにくるな

817 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 18:38:46.39 0
悲しい
ネタだけ盗んで用済みになったら捨てるんだね
でも構ってほしいのはお互い様でしょ?
ストーカーにはなって無いから安心して
ブログやってた事すら昨日まで知らなかったし

818 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 18:39:17.92 0
>>815
>時間を無駄にするな
>弟子1みたいに廃人になるぞ
お前が廃人だろうが

とにかくブログは全部書き直し
来月までの宿題

819 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/12(水) 18:41:02.06 0
>>818
読んでからいえ
というか、おまえには理解するには無理だろう
なに調子のってるんだ(笑)

820 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/12(水) 18:42:37.64 0
もう来るなと言われても来る
ここからストーカー人生の始まりだからな
最後の一線越えるなよ

821 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 18:44:04.81 0
流石に自意識過剰かも
人はそれほど他人に興味を持た無いので

822 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 19:41:57.62 0
>>819
>読んでからいえ
「なぜ宮崎駿はロリコンなのか」は書き直せよ
西洋的ロリコン基準は浅くて、ようは幼児を性的に扱うことなんだけど、日本人的ロリコンはもっと奥が深くて、幼児の純粋さに神的な魅力を感じて神聖化するみたいな。
当然、オタクはその上で純粋さの性的な魅力を強調するわけで、そこにいくと西洋的にはアウト。でも宮崎駿は倫理的にそこには一線引いてるよね。

そもそもコナンにしろナウシカにしろその作品の対象年齢に合わせて主人公の年齢を上げ下げしているだけだろう?

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/未来少年コナン
中島は折からのアニメブームを考慮して「小学校5、6年生に向けた冒険活劇にしよう」

ガンダムにしろその他のアニメにしろ視聴者に合わせて主人公が少年になっているだけだろうが…

書き直しずるか、削除するか早くやれ

823 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 20:02:44.51 0
なぜ格差は広がっているのにアベノミクスが支持されるのか

現在の経済学がこのような間違いを犯したか、説明する。それは戦争である。世界大戦で、金持ちの資産は解体した。
そのために戦後は、一からのスタートし経済が急成長した。このために自由競争の機会が生まれ、機会の平等が広がった。
経済学者たちはこれが資本主義の当たり前だと勘違いした。

これがそもそも大間違いだしピケティの嘘なんだが?

そして預金は切り捨てられた 戦後日本の債務調整の悲惨な現実
http://diamond.jp/articles/-/40167
国内債務調整における事態の展開を詳細に追うことができる稀有な事例は、われわれの意外な身近にある。
それは、第二次世界大戦直後に実施されたわが国の債務調整(国内デフォルト)だ。

「取るものは取る、返すものは返す」
一度限り、いわば空前絶後の大規模課税として、動産、不動産、現預金等を対象に、高率の「財産税」(税率は25〜90%)が課税された(=「取るものは取る」)。
それを主な原資に、内国債の可能な限りの償還が行われ、内国債の債務不履行そのものの事態は回避された(=「返すものは返す」)。
他方、戦時補償債務については、これを切り捨てる決断を下し、国民に対して政府の負っている債務と同額での「戦時補償特別税」の課税も断行した。
そして、これらの課税に先立ち、順番としては一番先に(1946<昭和21>年2月)預金封鎖および新円切り替えが行われている。

貧富の差なく国民の資産を吸い上げる
保有財産額の多い富裕層が突出して多いが、政府による税揚げ総額の観点からみると、いわば中間層が最も多い。
このように、財産税の語感からは、ともすれば富裕層課税を連想しがちではあるが、実際にはそうではなく、貧富の差を問わず、国民からその資産を課税の形で吸い上げるものであったといえよう。


つまり戦争そのものが、金持ちの資産を解体したのではなく政府が国民の財産を奪ったが正しい

ピケティは間違っっているというよりも嘘を吐いているが正しいだろうな

824 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 20:13:28.41 0
このように考えると、自由主義を進めるアベノミクスの経済成長戦略は逆方向だ。本来は先の民主党政権の社会福祉制度の充実、富の分配が正しいと思われる。

所得格差と株価の不都合な真実
http://www.capital-tribune.com/archives/11
民主主義が発達すると所得格差が拡大する皮肉
戦争中には官僚による威圧的な統制経済が実施されやすい。不況期についても同様で、各種の景気対策や規制強化が実施され、市場原理とは反する形で強制的に富の再分配が行われる。
かつて丸山眞男は軍隊での体験を批判的に「擬似デモクラティック」と呼んだが、まさに戦争期や不況期は、非民主的な社会平等が実現されやすい。

逆に平和な時代には、自由な競争が行われ、その結果、民主主義が発達する一方、勝者と敗者の区別が明確になり、所得格差が拡大してしまうのだ。
しかし経済規模の絶対値は拡大しているため、多くの国民が相対的に貧しくなっていることに気が付かない

825 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 20:18:32.24 0
他にも探せばピケティが如何にずる賢く、資本家による富の搾取だけを叩き、国家による富の搾取を奨励しているかがわかるだろう

政治家は国民から奪った金を弱者にばら撒いて人気を取るどこが民主主義だ
これはポピュリズムだろうが

826 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 20:23:00.94 0
米国の格差問題と日本の格差問題
http://k-kaya.com/archives/1184
日本と米国は先進国ではトップの格差大国
確かに日本には、米国にいるような資産何兆円という大富豪はほとんどいません。その点では、日本と米国は大きく異なっています。
しかし逆にいうと、米国の格差は、こうした突出した大富豪が平均値を引き上げている側面が強いと解釈することもできます。

米国は解決が容易だが、日本は解決のための原資がない
 重要なのは、こうした格差をどのようにして是正するのかという具体策になりますが、この点で米国は非常に楽観的状況にあります。その理由は、米国の格差は基本的に富裕層への優遇から生じているからです。

 米国は富裕層に対して優しい国です。オバマ大統領はブッシュ政権が導入した富裕層向けの減税の打ち切りを何度も主張してきましたが、共和党の抵抗でなかなか実現できませんでした。
 逆にいえば、政治的に決断さえできれば、増税はすぐにでも可能であり、富裕層から低所得層への所得移転は簡単に実現することができます。

これに対しては日本はまったく正反対の状態にあります。

 よく知られているように、日本は累進課税制度を導入しており、すでに富裕層から多額の税金を徴収しています。年収2000万円の人は、状況によって異なるものの、おおよそ十数%の所得税がかかっていますが、年収300万円の人は2%程度しか課税されていません。
 年収600万円でも状況は大きく変わっておらず、日本では中間層以下は実質的に所得税が無税の状態にあるといってよいのです。さらに年金や医療といった社会保障を考えれば、富裕層の負担はさらに重くなります。

 一方、源泉徴収の対象となる給与所得者のうち年収が1000万円を超える人は全体のわずか約4%ですが、その人達が支払う所得税は全体の50%近くを占めています。
つまり、全体の4%に過ぎない高額所得者が、全体の半分の税金を支払っているわけです。

米国はお金はたくさんあるものの、一部の富裕層が独占しています。一方日本は、そもそもお金がないので、富裕層から徴収しても低所得者層に十分に再配分できない状態が続いています。
この問題の解決はそう容易なことではありません。

827 :考える名無しさん:2015/08/12(水) 20:24:56.68 0
日本に格差がない(と言い張っている)のは累進課税ガチガチで上が伸びず
社会保障を充実させる事すら不可能
つまり国家の所為でみんな貧乏になるというオチだ

ピケティの項目は全部書き直しな

828 :考える名無しさん:2015/08/13(木) 02:57:31.47 0
日本の場合、法人だけが豊かになり
個人は貧しくなる一方

829 :考える名無しさん:2015/08/13(木) 04:50:31.40 0
>>828
法人が豊かにならないと個人も豊かになれないが?
そもそも、個人=労働者が豊かになれないのは労働組合の所為

830 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/13(木) 09:41:15.90 0
>>822
絶賛作成中!

日本人はどのように作られてきたのか(仮)
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150811#p1

■日本人とキリスト教の性倫理 (2011-2014)

831 :考える名無しさん:2015/08/13(木) 10:08:22.19 0
江戸時代に流行った太平記なんて所詮講談じゃん

832 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/13(木) 13:38:09.56 0
>>831
絶賛作成中!

日本人はどのように作られてきたのか(仮)
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150811#p1

■日本人の心性の起源としての「太平記読み」 (2012)

833 :考える名無しさん:2015/08/13(木) 13:43:28.56 0
無能が自画自賛、解釈もまともにできずパクってもパクった内容すら理解できない低レベルのブログを紹介するニート

834 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/13(木) 23:32:51.32 0
てす

835 :考える名無しさん:2015/08/14(金) 05:31:55.71 0
『21世紀の資本』第五章(185頁)の表を見ると、日本は企業の内部留保が多いことがわかる。
https://lh3.googleusercontent.com/-SCUP6Mpwrh4/VY7XGf6H6GI/AAAAAAAAvqM/PJQUGvfWjjU/s640/blogger-image-1760427857.jpg
 《 民間貯蓄の構成要素二つ
 ついでなので、民間貯蓄に構成要素が二つあることも明らかにしておこう。民間個人が直接行った貯蓄
(世帯可処分所得のうち、ただちには消費されない部分)、そして企業がその所有者である民間個人にか
わり、直接的あるいは金融投資を通じて間接的に行う貯蓄だ。この二番目の構成要素は、企業が再投資す
る利益(「内部留保」とも呼ばれる)が占めており、国によっては民間貯蓄総額の半分にも達する(表5−2参照)。》

ちなみに法人税に累進性はない。

836 :123:2015/08/14(金) 07:52:06.90 0
法人税に累進性はない。
個人もそうすべきである。
その率は一割が妥当である。これは上智大学の渡部先生の提案である。書籍となっている。

837 :考える名無しさん:2015/08/14(金) 08:32:39.45 0
起業を促してるんだな。高学歴を促してるのと同じだ。

838 :考える名無しさん:2015/08/14(金) 08:56:11.77 0
>>835
>日本は企業の内部留保が多い
肝心のその中身は?

839 :考える名無しさん:2015/08/14(金) 11:17:42.58 0
大企業は大きくなると物作りから金融業へシフトする
ソニーもその一つだろう

これはオランダ、英国を想起すればわかるように
歴代覇権国家にも当てはまる

840 :考える名無しさん:2015/08/14(金) 11:41:01.84 0
ちなみに、ピケティはタックス・ヘイブンの存在を指摘している。

《ガブリエル・ズックマンは、あらゆる情報源を比較し、これまで用いられていなかった
スイス銀行のデータを利用することによって、この相違の説明として最も説得力のある
理由は、報告されていない巨額の金融資産がタックス・ヘイブンに存在することだと示した。
かれの慎重な推計によると、この金額は世界GDPのおよそ10パーセントに相当する(55)。
これを上回る(最大で2、3倍の)推計を出したNGOもある。手元の情報源の現在の状況を
考えると、筆者はズックマンの推計のほうがやや現実的だと考えるが、この種の推計はもともと
不確かだし、ズックマンが下限である可能性もある(56)。

タックス・ヘイブンの金融資産の大部分(少なくとも4分の3)が富裕国の住民のものである
ことは、あらゆる証拠が示す通り。結論は明白だ。富裕国の、他の地域に対する純資産ポジシ
ョンは、実際はプラスなのだ(富裕国は平均して貧困国より多くを所有していて、その反対で
はない。結局のところ、何ら驚くことではない)。それなのに、富裕国の最も裕福な住民たち
が資産の一部をタックス・ヘイブンに隠しているため、この事実は覆い隠されているわけだ。》
『21世紀の資本』第12章より

841 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/14(金) 11:43:54.70 0
■日本人と禁欲主義の系譜

842 :考える名無しさん:2015/08/14(金) 11:52:48.82 0
>>840
ピケティがホザいている程の金がタックス・ヘイブンにあるのか?
問題はそこだろう
どこぞの政党が埋蔵金、埋蔵金とほざいて金をばら撒こうとしたが蓋を開けてみれば空箱だった…
金融はレバレッジや信用取引で数倍の取引が出来る
現物は何もないというオチ

843 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/14(金) 12:48:49.51 0
■[test]日本人と統治技術の系譜(仮)
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150811#p1

844 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/14(金) 13:50:10.23 0
<夏休み特別企画>
日本人と統治技術の系譜(仮) http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150811#p1

 第一章 現実の作り方
   ■現実とはなにか (2008) UP

 第二章 現代最強の倫理 マクロ思考
   ■現代最強の倫理 マクロ思考 (2013) UP
   ■マクドナルド型生権力 (2009) UP 

 第三章 ハイコンテクストな日本人
   ■日本人のハイコンテクスト社会 (2010) UP
   ■日本人の覚醒と禅 (2011) UP
   ■なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか (2013) UP

 第四章 禁欲主義の系譜
   ■禁欲主義の系譜 (2012) UP
   ■日本人とキリスト教の性倫理 (2011-2014) 未

 第五章 中華圏の中の日本人
   ■中国史としての日本  (2013) 未
   ■日本人の心性の起源としての「太平記読み」 (2012) 未
   ■日本人の中の儒教  (2015) 未
   ■儒教とは礼によって自らに向き合うこと  (2015)  未

845 :考える名無しさん:2015/08/14(金) 18:08:36.58 0
>>839
米GE、医療向け金融事業を1兆円で売却 キャピタル・ワンに
ttp://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H0I_S5A810C1EAF000/
米ゴールドマン、GEオンライン銀の預金2兆円分取得
ttp://www.nikkei.com/article/DGXLASGM14H19_U5A810C1EAF000/
米GE、ものづくりに回帰 金融は撤退、新技術に活路
ttp://www.asahi.com/articles/ASH7C10GLH7BUHBI048.html

846 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/16(日) 10:59:05.13 0
儒教
●大学 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585940
●大学・中庸 金谷治 岩波文庫  ISBN:4003322215
▲中庸 宇野哲人 講談社学術文庫 ISBN:4061585959
▲[新訳]大学・中庸 守屋洋 新書  ISBN:4569703178
●礼記 下見隆雄 中国古典新書 ISBN:4896192672
●論語 増補版 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4062919621
▲史記世家 上 司馬遷 岩波文庫 ISBN:4003321464
▲史記〈4〉―世家〈下〉 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082042
●孔子家語 新書漢文大系 宇野精一 ISBN:4625663369
△史記〈1〉本紀 司馬遷 ちくま学芸文庫 ISBN:4480082018
△孝経 全訳注 加地伸行 講談社学術文庫 ISBN:4061598244
△礼記 上 新釈漢文大系 竹内照夫 ISBN:4625570271
△小説十八史略(一) 陳舜臣 講談社文庫 ISBN:4061850776
○孟子 上 岩波文庫 ISBN:4003320417

加地伸行
●沈黙の宗教――儒教 加地伸行 ちくま学芸文庫 ISBN:4480093656
●儒教とは何か 加地伸行 中公新書 ISBN:4121009894

白川静
●孔子伝 白川静 中公文庫 ISBN:4122041600
△中国の古代文学〈1〉神話から楚辞へ 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122042402
△中国古代の文化 白川静 講談社学術文庫 ISBN:4061584413
○中国の神話 白川静 中公文庫BIBLIO ISBN:4122041597

847 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/16(日) 11:00:36.42 0
歴史
●中国思想史 上 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010962
●中国思想史 下 森三樹三郎 レグルス文庫 ISBN:4476010970
△世界の歴史〈2〉 中華文明の誕生 尾形勇、平勢隆郎 中公文庫)文庫 ISBN:4122051851
○中国文明の歴史1 中国文化の成立 水野清一 中公文庫 ISBN:412203776X
○中国文明の歴史2 春秋戦国 貝塚茂樹 中公文庫 ISBN:4122036216
○北京大学版 中国の文明3 文明の確立と変容(上) ISBN:426702023X

●孔子 金谷治 講談社学術文庫 ISBN:4061589350
▲論語の新しい読み方 宮崎市定 岩波現代文庫 ISBN:4006000227
●四書五経入門―中国思想の形成と展開 竹内照夫 平凡社ライブラリー ISBN:4582763200
△朱子学と陽明学 小島毅 ちくま学芸文庫 ISBN:4480095691
○朱子学的普遍と東アジア 日本・朝鮮・現代 下川玲子 ISBN:4831513032
○景行天皇と日本武尊 列島を制覇した大王 志村裕子 河村哲夫 ISBN:4562051809

その他
○葬式は、要らない 島田裕巳 幻冬舎新書 ISBN:4344981588
○マネー戦争としての第二次世界対戦 なぜヒトラーはノーベル平和賞候補になったのか 武田知弘 ISBN:4828418326
○人間本性論 第3巻 道徳について デイヴィッド・ヒューム ISBN:4588120832
○大日本帝国の興亡1 暁のZ作戦 ジョン・トーランド ハヤカワ文庫 ISBN:4150504342

848 :考える名無しさん:2015/08/16(日) 11:48:04.45 0
>>847
ナミヘイ
この前指導してあげたように50ページ程度のダイジェスト版をつくったかな?

849 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/16(日) 12:22:51.69 0
>>848
また来たのか(笑)

850 :考える名無しさん:2015/08/16(日) 12:53:34.98 0
全面書き直しはどうした?
封建時代に民意とかバカだろ

851 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/16(日) 17:32:04.46 O
>>850
なにを勘違いしたか。
単なる歴史好きのキミには理解できないよ(笑)

852 :考える名無しさん:2015/08/16(日) 18:04:05.78 0
>>851
>単なる歴史好きのキミには理解できないよ(笑)
単なるバカが歴史も哲学も理解できてないのを世の中に晒してバカにされてるのがこのスレとお前のブログだろうがw

853 :考える名無しさん:2015/08/16(日) 18:28:31.20 0
宿題はまだ終わってないようだね
それとも今の自分の限界を見つめることから逃げてる?

854 :考える名無しさん:2015/08/16(日) 18:30:07.36 0
僕が言ってる事は至極真っ当で本を出すに当たっての常識的なアドヴァイス
やる気が無いならいいけど

855 :考える名無しさん:2015/08/16(日) 18:43:52.51 0
真っ当な主張もないのにry

856 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/16(日) 21:17:18.03 0
>>854
だからついてこれないのに無理に絡んでこなくていいって
もうストーカーレスしかしてないだろう
ごくろうさまでした(笑)

857 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/16(日) 21:18:13.02 0
とりあえず、これから放置するから
馬鹿の相手してる暇ない(笑)

858 :考える名無しさん:2015/08/16(日) 21:27:41.52 0
ついてこれないというより付いていく気が無い
その証拠にこのスレしか読んでない

しかし君は僕を無視できないだろう
何故なら君が学ばなかったことを僕が学んでいる可能性が多分にあるからだ

出来ない事を無理に宣言してはいけない

859 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/16(日) 23:44:34.35 0
>>858
一番はコテにしてくれると、あぼーんできて一番うれしいんだけど、
名無しだと誰かわからないからなあ
レスする場合もあるよな
屑レスは放置するよ
ストーカー2匹はつらいね(笑)

860 :考える名無しさん:2015/08/17(月) 05:08:09.48 0
自己顕示欲は強いけど中身がともなってないバカは惨めだな

861 :考える名無しさん:2015/08/17(月) 05:55:40.18 0
屑レス放置ならお前の書き込みは全て屑以下のカスだろ

862 :考える名無しさん:2015/08/17(月) 14:32:46.84 0
>>859
寧ろコテハン以外無視するという選択肢
と言うか話し相手を選ぶならそもそも2chに書き込む意味が無い
人との付き合い方や話し方がわから無いから2chに縋っているんだろう
出なけりゃSNSでやってるんだから

先ずは自分を知るところから始めよう
ナミヘイ君

863 :考える名無しさん:2015/08/17(月) 15:40:13.70 0
日本人の作り方より自伝を書いたら?
そこから自分ルーツを探してみるのが一番いいと思うの
ミクロはマクロを表しているよ
自分の事を詳細に晒せないで読んでくれって言われても誰も読まないよ
作家の多くは自分をさらけ出すことから始めるものだ

864 :考える名無しさん:2015/08/17(月) 16:30:28.17 0
昔波平て「パロリチュール」とかいう恥ずかしい造語つくって、ここで遊んでなかったっけ

865 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/17(月) 16:56:15.03 0
波平の話題は波平スレで

862 名前:あぼ〜ん[NGWord:ナミヘイ] 投稿日:あぼ〜ん
864 名前:あぼ〜ん[NGWord:波平] 投稿日:あぼ〜ん

866 :考える名無しさん:2015/08/17(月) 17:14:50.48 0
屑レスの>>865はあぼ〜んしないのか?

867 :考える名無しさん:2015/08/17(月) 21:05:26.92 0
                スッ
            i⌒i スッ
名無し  ./ ̄\  | 〈|
      | ^o^ | / .ノ||
      ,\_// ii|||| ジャップ!
    / ̄    / iii||||||  ジャップ!
   / /\   / ̄\ii||||      .'  , ..
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \从// ・;`.∴ '
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__) < ,:;・,‘
  ||\        / ̄\.' , ..
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ | ^o^ | やめてください しんでしまいますぅ〜w
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄, \_/ pikarrr氏
    .||      / ̄   ̄\
         / /\   / ̄\
       _| ̄ ̄ \ /  ヽ \_
       \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__)
        ||\          \
        ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
        ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
           .||              ||

868 :考える名無しさん:2015/08/17(月) 21:10:03.20 0
「パロリチュール」とか言ってなかった?

869 :考える名無しさん:2015/08/17(月) 21:56:01.59 0
>>868
最近は「パクリチュール」ですw

870 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 05:11:06.16 0
経済理論と経済データって色んな人が色んなことを言うけど
どれが正しいんだ?

871 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 06:17:02.24 0
収入より支出の多い家(日本)は、いずれ潰れる。

子どもでもわかる。
国有資産が多いから「安全」と言う専門家。
屁理屈で、安全を売り、生活の糧にしている。

872 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 08:26:57.11 0
>>870
どれも正しいし、どれも間違っているよw
経済学ってのは過去を語る歴史みたいなもんだからある時期、時代のことを語るならば正しい、それを今現在に持ってくると違うよ…って話になる
似た事例を持ってきてどれが現実に近いかを語るだけ

過去のデータによって今を語るってことがいかに難しいかってことさ

873 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 12:45:26.25 0
http://alltitle.g.hatena.ne.jp/pikarrr/20170201

874 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 12:52:49.87 0
>>870
勘違いがあるのが、経済学は人間学ということ。
合理的な主体を単位とするマクロ思考で科学のように見せているけど
心理学と同じで、最初から目安の学問

だから経済学者は言いたいことが言えて、
はずれても、問題にならない

875 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 13:00:35.90 0
>>874
お前はいつの時代の経済学を語っている?
つうか、経済学自体習ったこともないだろう?引きこもり

876 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 13:57:56.96 0
>>874
具体的な経済学のなんて分野?
抽象的過ぎて何をさして言ってるのか分からない

877 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 14:12:25.43 0
■ボクの神本リスト(分類別)

 哲学 http://alltitle.g.hatena.ne.jp/pikarrr/20170204
 歴史 http://alltitle.g.hatena.ne.jp/pikarrr/20170206

878 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 14:18:06.02 0
>>876
合理的な主体は経済学全般の基本単位。
最近は、行動経済学など、合理的主体に人間性を持たせるよう心理学を
導入する、あるいはゲーム理論を取り入れるなどあるが、
あくまで補足項でしかない。
経済学がマクロ思考を基本にしている限り、
その基本に合理的主体があることに代わりがない。

詳細は、以下参照。
第二章 現代最強の倫理 マクロ思考
■現代最強の倫理 マクロ思考
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20150811

879 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 14:19:37.27 0
で、その合理的主体って何?

880 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 14:21:35.69 0
>>879
ヒント 功利主義

881 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 14:22:27.42 0
>>880
>功利主義
誰の?

882 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 14:23:38.88 0
経済学全般といいつつ行動心理学の事を言ってるわけね
それを持って経済学がっていうのは飛躍しすぎ

883 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 14:24:57.20 0
結局マクロ経済とミクロ経済の違いも分かってないって事さw

884 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 14:30:07.13 0
>>882
そんな風に読めるか???(笑)

885 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 18:25:35.68 0
うん
ミクロな知識でマクロを知った気になって語ろうとしてるのでは?

あとやっぱり俺を無視できてないジャーン

886 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 18:27:51.07 0
ナミヘイは俺に心をかき乱される定めにあるんだよ
今までの書き込みで本当は何を求めているのかわかるしね

887 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 18:42:35.87 0
ここで私は、お金について哲学する。
物に対して、それが物の価値に見合った、又は、割安感があると感じたときに、
物の対価としてお金を払う。
需要と供給、今の時代は、需要が全般的に不足しているのでは、
無いかと思われる。
家にしろ車にしろ、空き家が余っていたり、今の若者は、車にお金をつぎ込まなく
なったり、需要がないのである。
そこで量的緩和でお金を大量に刷って金余りにしても、
そのお金の向かう先は、物ではなく、金余りで投資に向かう。
それが正に株バブルや資産インフレでは、ないかと思う。
この少子化の日本では、ますます需要は、少なくなっている。
人生モデルでは、大学を出た後、結婚し、家を買い車を買い子供が産まれ、
教育費が掛かり、それに見合ったお金を払うというのが人生モデルである。
では、何故結婚して子供を産まなくなったか考える。
一部には、経済的に結婚できないという話もあるが、
SMAPのメンバーで結婚しているのが一人で、
あとのメンバーは40になっても結婚していないというのが象徴するように、
結婚は、経済的に恵まれていても魅力が無くなってしまったのでは、
ないか?
学校出て結婚して家を買って子供を産んでという人生モデルは、
もはや現代の若者にとって、魅力がないのかもしれない。
話は、変わるが金持ちの金の使い道は、物ではなく、株や金融商品への投資に向かい、
金の使い道の無くなった金持ちは、ホリエモンを代表するように、
未知の世界、宇宙旅行に需要を見出している。
美味しいものを食べつくし、高級車や豪邸に住んで次のお金の使い道は、
投資か宇宙旅行ぐらいである。
新たなる投資先として期待できるのは、まだまだ需要と成長の見込める海外であり、
日本は、アベノミクスの第三の矢、新たなるイノベーションが無い限り、
これ以上成長は、見込めないのである。

888 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 18:51:49.83 0
>>887
>金持ちの金の使い道は、物ではなく、株や金融商品への投資に向かい
株や金融商品も物だし、投資があるから経済は回ってるんだけど?
サービスも物

889 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 18:54:11.94 0
佐野並w

> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

                       ↓ パクる

> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975 &amp;#128064;

890 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 19:08:35.30 O
>>885
完全にストーカーの言いぐさ(笑)
ボクがいないとキミはダメ
名無しなんだから、誰のレスかわからない

コテつけたらあぼーんして、金輪際関わらなくできるって言ってるだろ!


キミみたいな子が多くて困るよ
名無しはいくら自己顕示しても名無しなんだよ
誰が誰かわからん
ってか、キミ誰?

891 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:12:52.88 0
>>890
自己顕示欲が強いだけのパクリマンがお前だろうw
お前もコテ付けただけで誰だかわからないじゃん?
本名でブログを書けば?

892 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:13:00.01 0
個人ブログでは無く公共の掲示板なのにこの言い草w

哲学板はおまえの家ではないぞw

893 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 19:20:51.79 O
AKBの握手会でも認知坊というのがいてだな。
メンバーに認知されるのに必死で
キミ同じだな(笑)

894 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:21:29.64 0
AKBなんてどうでも?
つうか、それおいしいの?

895 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:23:04.99 0
で、合理的主体って何?
キモ平

896 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 19:25:23.67 O
はーブログのまとめ仕上げないと
やっぱあの面白さがわかるのはボクだけなんだろうな
ブログはハイコンテクストだからな
そのときの空気を前提に書く日記だからな
あとから読んでも空気は失われてわからないよな
読ませるには前提の説明がないと
でもいまさらそこから書く気はないし

まあ、ボクが面白ければそれでよい
頭の整理になるし

897 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:30:29.17 0
自画自賛で、逃げるんだw

>読ませるには前提の説明がないと
お前のオナニー見せつけられて喜ぶ変態がいるとでも?
貧相で間抜けなチン◯ですねってバカにされてるのも気付かないバカがお前

ダニング・クルーガー効果
能力の低い人は、自分の無能さを認識できず、自己を実際よりも高く評価する(ひいては自信に満ちて見える)

898 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 19:31:49.19 O
>>895
では、簡単な問いから
経済学は科学か?

899 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:34:16.44 0
>>898
お前さ〜経済学部を出た人間に聞くのか?
俺の質問から逃げるな
合理的主体って何?
功利主義って誰の?

900 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 19:36:05.75 O
>>897
>>897
ほんと全部1からだな
ネットで貨幣の代わりに価値を持つのは関心
それをサーチする技術なくブログがなりたつか
自己満足でブログが成立するか、あほ(笑)

901 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 19:36:58.06 O
>>899
ヒント ヒューム

902 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:37:33.32 0
>>901
>ヒント ヒューム
お前の言葉で聞きたんだが?

903 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:38:28.03 0
>>900
>自己満足でブログが成立するか、あほ(笑)
現にお前のブログが成立してるじゃないか?

904 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 19:41:39.20 O
経済学部でても経済学とはなにか知らないやつはほとんどだろう
哲学の範囲だから

現に怯えた子犬のように探り探りレスしてるキミをみれば、わかってないのはバレバレ

あのさ、哲学板には八レス制限というのがあってだな
キミみたいに、保身ばかりで子犬レスされると大切なレスがなくなるんだよ
ほんと金玉ちっこいやつだな(笑)

905 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 19:43:24.60 O
なんでこんなに好かれちゃったかな
ストーカー1号が出るまくなくなって泣いてる(笑)

906 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:47:36.15 0
まあ、波平は『ストーカー』って用語の使い方が一般論を無視した
極論になってるからな

ストーカーってのは普通、『主として異性を恋愛の感情を伴って
付きまとう事』だろ?↓なんか正に一般的な意味での『ストーカー』じゃないかw

> 43 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:18
> ソフィア、マンコ舐めさせて。
>
> 70 :ぴかぁ〜 :03/02/18 00:36
> ソフィアのおっぱい飲みたいからいったんわしの子をはらんで
> 乳だけ出したら堕胎しろ!わかったか!
>
> 370 名前:Sophia ◆8ADoZCl6.k 投稿日:03/04/07 02:45
> ぴかぁ〜はもう病院行ったほうがいいよ。。。
> あともう少し自分の考えを論理的に見つめ直した方がいいよ。

907 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:51:23.98 0
対して、佐野研二郎が付きまとわれるのは
警察や報道が『ストーカー』なのではなく『佐野がパクったから』だろ?

おまえはこのパターンだろw

http://netgeek.biz/archives/46054

908 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 19:53:01.49 0
佐野並w

> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

                       ↓ パクる

> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975

909 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:11:18.13 0
>>904
>現に怯えた子犬のように探り探りレスしてるキミをみれば、わかってないのはバレバレ
お前の自己紹介はイラン

合理的主体って何?
功利主義って誰の?
お前の言葉で書き込めば良いのになぜそれが出来ない?

910 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:17:33.73 O
>>909
勝った

911 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:19:12.35 0
第二の佐野さん、トートバッグでもデザインしたらどうですかw

912 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:19:35.60 0
>>910
合理的主体って何?
功利主義って誰の?
お前の言葉で書き込めば良いのになぜそれが出来ない?

913 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:20:30.20 0
>>890
一つ勘違いしないでいただきたい
おれはネットで人間観察をしているだけだ
断じてストーカではない
その証拠に此処以外でナミヘイと関りたいなどと微塵も思わない

でも儒教編に入ってからなんかつまらない
読んでても思考を磨く肥やしになると思えないし哲学じゃないよね
少なくとも俺が考えてる哲学のイメージとは合致しない

914 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:24:21.16 0
そもそも可愛い女性を追っかけるなら分かるが、
おまえのように36歳の中年ニートに恋愛感情持って追っかける男なんていないわな

おまえが追っかけられるのは専ら『窃盗(パクリ)』という罪においてのみだろw

警察はストーカーちゃうぞw

915 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:25:44.93 0
>>914
パクリならば良いけどやっているのは唯のコピペだからな

916 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:28:42.00 0
佐野といい小保方といい、波平に近い年齢層のパクリが激しいなw

波平も人のものパクってる暇があるなら、
少しは自分の頭使って考えろよw

元々頭悪いんだから

917 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:37:55.82 O
>>913
人間観察(笑)
ストーカーってみな同じこと言うんのが面白い。

918 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:41:54.39 O
>>916
佐野ちゃんはかわいそうだな
世の中には暇なやつが多くて、社会の隅っこでじっとしてればいいのに

919 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:44:57.91 0
と、佐野研二郎も小保方も心の底では思ってるんだろうな

しかし、普通に考えればバレるのに小保方も佐野も波平もやってしまう
この世代のボケさというか、パクリ癖というか池沼さが特徴だな

920 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:45:16.10 O
>>909
なんで、弱い人間は、どーでもいい勝ち負けにこだわるのかね
わからないなら調べる、教えてもらう
言いたいことあるなら、はっきり言う
なんでこういうことができないのかね
こんな人生の無駄レスする意味は、ボクにはわからんね

921 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:46:17.42 0
>>918
ナミヘイのゴールは儒教なの?

922 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:47:29.80 0
まあ、わからない事を調べもせず、パクってくるのが佐野、小保方、波平世代なんだろ?
↓が如実に証明してるよw

> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
> 君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/classic/rongo006_3.html

                       ↓ パクる

> 975 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/07/18(土) 20:35:59.89 0
> [口語訳]宰我(さいが)がお尋ねして言った。
> 『仁者は、(嘘であっても)井戸の中に人が落ちたと聞けば、即座に井戸に飛び込むでしょうか。』。
> 孔子がお答えして言われた。
> 『どうしてそんなことをするだろうか。君子であればそこまで行かせることはできるが、井戸の中にまで落とすことは出来ない。
>  君子を騙すことはできるが、状況を確認しないままに飛び込むような無知には出来ない。』
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1436179158/975

923 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:48:16.72 0
>>920
>なんで、弱い人間は、どーでもいい勝ち負けにこだわるのかね
910 1 名前: 第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. Mail: 投稿日: 2015/08/18(火) 20:17:33.73 [ O ]
>>909
勝った


お前がこだわってんだろうが?

合理的主体って何?
功利主義って誰の?
お前の言葉で書き込めば良いのになぜそれが出来ない?

924 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:49:33.58 0
たしかに『勝った』ってハッキリ言ってるねw

これは自己矛盾だwww

925 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:49:56.20 O
>>919のように精神病んだ廃人ならいざ知らず、
そこまで頭おかしいわけでもないだろうに
名無しが小さなプライド守る意味あるのかね

926 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:51:23.97 0
>>925
コピペしかできない人間がコテ付けたくらいでプライドとか…

927 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:52:13.86 O
>>923
勝ったと言ってあげないと、
いつまでも愚かさを認めないだろ
やさしさだよ

928 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:54:19.69 0
>>927
やさしさじゃなくて自己紹介しているだけだろ?
生きてて恥ずかしくないのか
能力は最低のくせにプライドだけは高い(でも薄っぺら)

929 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:55:16.03 0
で、キモ平
合理的主体って何?
功利主義って誰の?
お前の言葉で書き込めば良いのになぜそれが出来ない

930 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:56:27.53 0
まあ、今回は波平の負けだなw
↓の通り、完全に矛盾している

> 910 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:17:33.73 O
> 勝った
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1437270754/910

              ↓ 30分後

> 920 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:45:16.10 O
> なんで、弱い人間は、どーでもいい勝ち負けにこだわるのかね
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1437270754/920

931 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:57:34.26 O
>>921
まだ先は長いな
いまは江戸時代を知るために、儒教を学んで、あと道家やって、また江戸時代にもどって
さらに遡って、神道、さらに聖徳太子の頃の仏教、儒教受容を考えて、
からピケティにもどって

932 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:57:35.68 0
>>930
>まあ、今回は波平の負けだなw
今回もだよ

933 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:59:27.81 0
>>931
つまり明治維新を否定したいんだね

934 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 20:59:45.59 0
しかし、佐野といい小保方といい波平といい、
ちょっと調べれば分かるパクリをあれだけ堂々と披露する意味がわからんw

よほど頭が悪いのか、世代的な池沼さなのか、
まあ、波平見てるとどうも世代的な病気っぽいがw

935 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:59:46.75 O
>>928
勝った

2ちゃんねるの伝統的判定があってだな。
議論で負けたら人格攻撃

936 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 21:03:34.92 0
>>935
>なんで、弱い人間は、どーでもいい勝ち負けにこだわるのかね
>
勝ったと言ってあげないと、
>いつまでも愚かさを認めないだろ
>やさしさだよ

勝ち負けにこだわるのも人格攻撃もお前の専売特許だな
弱くて愚かさを認められない人間、それがお前だな

937 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 21:05:15.79 0
で、キモ平
合理的主体って何?
功利主義って誰の?
お前の言葉で書き込めば良いのになぜそれが出来ない

938 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 21:06:22.58 0
>>935
でもでもナミヘイって負けると黙って次の話題にいくよね
揚句の果てに負けた内容を自分が探してきたように後で語りだすし

だから原稿料払えっていったんだけれども

939 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 21:53:10.31 O
>>933
なにも否定する必要はない
大企業のリーマンで金はあるし、アベノミクス支持者だし

940 :考える名無しさん:2015/08/18(火) 22:00:50.05 0
>>939
引き篭もり・ど中年・完全ニート・運転免許無し・廃人 だろwww

941 :考える名無しさん:2015/08/19(水) 06:33:44.49 0
で、並丙
合理的主体って何?
功利主義って誰の?
お前の言葉で書き込めば良いのになぜそれが出来ない?

942 :考える名無しさん:2015/08/19(水) 09:31:13.98 0
>>939
>大企業のリーマンで金はあるし、アベノミクス支持者だし
金があるならば相続は要らんだろうし、安部自民党は相続税を上げたけど?

943 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/19(水) 17:04:38.45 0
【芸能】爆笑・太田光、佐野研二郎氏の盗作疑惑続出に 「みんな必死に見つけ過ぎ」 [転載禁止]c2ch.net

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1439955993/

944 :考える名無しさん:2015/08/19(水) 17:26:44.92 0
合理的主体って何?
功利主義って誰の?
お前の言葉で書き込めば良いのになぜそれが出来ない?

945 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/19(水) 17:33:51.68 0
安定して発狂してるな(笑)

937 名前:あぼ〜ん[レスあぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
938 名前:あぼ〜ん[NGWord:ナミヘイ] 投稿日:あぼ〜ん
940 名前:あぼ〜ん[NGWord:ニート] 投稿日:あぼ〜ん
941 名前:あぼ〜ん[レスあぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
944 名前:あぼ〜ん[レスあぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん

946 :考える名無しさん:2015/08/19(水) 17:42:55.44 0
NGWordはまだ分かるとしても、『レスあぼ〜ん』って何よ?
おまえが都合の悪いレスを手動で消したって事か

ご苦労なこった

947 :考える名無しさん:2015/08/19(水) 17:46:52.39 0
答えられないと「あぼ〜ん」と恥ずかしい勝利宣言

合理的主体って何?
功利主義って誰の?
お前の言葉で書き込めば良いのになぜそれが出来ない?

お前が答えるまで続くだけ

948 :考える名無しさん:2015/08/19(水) 17:47:07.80 0
やっぱネットでパクリか、波平と同じ手法だなw

> 2020年東京五輪のエンブレムを手がけたデザイナーの佐野研二郎氏(43)が
> 画像共有サービス「Pinterest(ピンタレスト)」を使用していた可能性が高まったとして、
> インターネット上で騒ぎになっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000002-jct-soci&p=1

949 :考える名無しさん:2015/08/19(水) 20:22:51.37 0
>>945
>940 名前:あぼ〜ん[NGWord:ニ◯ト] 投稿日:あぼ〜ん
気にしてんだwwwwww

950 :考える名無しさん:2015/08/19(水) 20:39:39.39 0
合 理 的 主 体 っ て 何 ?
功 利 主 義 っ て 誰 の ?
お 前 の 言 葉 で 書 き 込 め ば 良 い の に な ぜ そ れ が 出 来 な い ?

951 :考える名無しさん:2015/08/20(木) 07:38:08.77 0
ここから逃亡してAKBスレに逃げました

952 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/21(金) 15:17:51.68 O
民主主義以前の命の価値ってどうだったんだろう
自らをどのように考えていたんだろう
それは死生観にもにも関わる。
天国を信じていれば死は終わりではない。
現代のイスラムジハードなど

953 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 15:25:18.14 0
>>952
民主主義だろうが、封建主義だろうが人命は軽いよ
経済力(国力も含む)で価値が変わるだけ

で、
合 理 的 主 体 っ て 何 ?
功 利 主 義 っ て 誰 の ?
お 前 の 言 葉 で 書 き 込 め ば 良 い の に な ぜ そ れ が 出 来 な い の ?

954 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 15:30:43.85 0
3世紀頃までの西洋では死後の世界は余り信じられていなかったね
哲学が盛んだったから
また古代は良くも悪くも民主主義
奴隷制度はあっても血統や宗教に懐疑的で王や皇帝は実力主義
簡単に暗殺されて血縁とは関係なく選び出されている

天国とかは中世に盛んに育まれた思想
ユダヤ・キリスト・イスラムは民衆は考えるな
王と教会を信じろって宗教
所謂政教一体

955 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 15:35:49.03 0
子供は9歳位までの死亡率が高くその年まで生きなければ後継として考えられていなかったくらい
また病気や怪我で簡単に死ぬし、戦争で負ければ町ごと奴隷にされるか皆殺し
王政が西洋で血統で確立されるのは5世以降
そういった世界で育っていない人間に想像はできないだろう

956 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 15:42:22.98 0
>>955
>子供は9歳位までの死亡率が高くその年まで生きなければ後継として考えられていなかったくらい
日本だって似た様なもんだろう?
七五三で祝うって事は子供の死亡率が高かったからだ…
三歳くらいまで人間扱いしてないから三つ子の魂百までっていう位だし…

医療技術が今ほどないから死亡率は高い
戦争でも、戦死する人間よりも病死する人間の方が多かったくらいだからな…

957 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 15:43:08.93 0
少なくとも古代では街の住人が一丸となって防衛しなければ山賊に襲われておしまい
今の日本人のように戦いを避け呑気生きていけない時代だ

イスラム教も野蛮なのは貧民国で豊かなイスラム教徒はテロなんぞ起こさない
報道でしか世の中をみないなみへいの悪いところだな
取引先の担当者はイスラム圏によく入ってるが貧民街にかなきゃ普通だそうだ
それより怖いのがアフリカだそうだ

958 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 15:44:19.62 0
>>956
当然そうだよ
当たり前のことに噛み付かれても…

959 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 15:48:00.00 0
そうだった
言い忘れてたけどこのレスパクったら原稿料払えよ

960 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 16:12:36.53 0
>>957
>イスラム教も野蛮なのは貧民国で豊かなイスラム教徒はテロなんぞ起こさない
ビンラディンは金持ちだけど?
イスラムに限ったことじゃないがテロを起こすにも金入るからパトロン(資金源)は必要

それにイスラム教徒はテロ容認だろう?
フランスの新聞社を襲った奴らを肯定してたぞ

961 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 16:21:01.03 0
>>960
それをいったら破壊工作なんてアメリカもロシアもイギリスもやってる
アメリカがテロといえば抵抗運動もテロになる
テロなのかレジスタンスなのか線引きは誰が引くのか

ビンラディンみたいな変わり者はどこにでもいるからね
しかしそういった人間は極少数の例外だね

962 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 16:26:38.39 0
といってみたけど
実際のところビンラディンが現地の人間にとってどういった人物だったのか
一部の人間だけの英雄・指導者だったのか
広く認められた指導者だったのか
若者をたぶらかす物騒な扇動者と思われていたのか

これは日本からじゃ分からない

963 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 16:34:42.14 0
>>961
>しかしそういった人間は極少数の例外だね
所謂イスラム国ISISに金出している連中もいるが?
http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/30/this-is-how-isis-makes-3-million-a-day_n_5905158.html

貧困層=テロリストじゃない、国家を含んだ権力者がテロを起こすんだ

964 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 16:37:09.32 0
それはテロなのか?w
国が起せば軍事行動だろ
ただそれだと角が立って戦争になるからテロといってる
詭弁じゃないのかな?

965 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 16:47:40.47 0
>>964
>国が起せば軍事行動だろ
そもそもISISて国レベルじゃないのか?
周りが認めてないから国じゃないだけで…

詭弁、欺瞞、偽善を平然とやるのが権力者

966 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 17:14:22.97 0
https://ja.wikipedia.org/wiki/非対称戦争
非対称戦争(ひたいしょうせんそう、英語: asymmetric war)とは、戦争の形態のひとつで、両交戦者間の軍事力、あるいは戦略または戦術が大幅に異なる戦争。

967 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 17:43:26.73 0
権力者というと何か別の生き物のようだ
力を持てば他者を自由に操れる
世の摂理がそういったものなんだろう

だから戦争は世の摂理
真理に等しいんだよ

968 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/21(金) 18:54:52.29 0
徳の思想って、裏面として死の思想が隠されてるなと
実は、命の価値が低いことが前提にされている。
価値が低いというか、命も一つの道具になっている。
古くは、命の価値が低くて、一つの道具になることは普通かもしれないが、
みずからの命を道具にして使うという新しさ、高等さ。
儒教は合理的と言われながら、刹那的が隠されている。
それが日本の武士道にもつながっている。

969 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 19:26:07.94 0
日本の武士道は官僚や公務員の精神だろ
キリスト教で言えば信仰心
現代で言えば忠誠心だ

経営者に都合のいい言葉

970 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 19:28:16.51 0
>>967
>権力者というと何か別の生き物のようだ
権力者ってのは能力なり、武力なり、資産等で他者からある程度の権限を認められただけだろう?

>だから戦争は世の摂理
>真理に等しいんだよ
欲深い奴が、他者の資産等を奪う為に武力を行使するから起こるだけで真理とか摂理とかあるか

971 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 19:53:28.17 0
日本の経営者って、経営体の一体性だとか有機性は重視していても、
構成員の忠誠心などのような主体性に必要な要素をそこまで大事にしてないような気が。

972 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 20:11:51.55 0
>>970
自分で何を言ってるのかわかっていないようだなw
権限のある人間、つまりお前と同じ人間の1人なんだよ
だからお前も同じように戦争もすれば欲に駆られて悪事も働く

そういうのが許されるのが世界なんだよ

そういったものに名称をつけて話すと別個のもののようになってしまう
だからお前は自分で権力を持っているだけの人間だといいながら
欲深い奴が罪を犯すと、まるで自分はそうじゃないかのように話してしまう

973 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 20:16:28.41 0
>>971
元々忠誠心なんて殆んど存在しない
逸話の中だけの言葉
だけれども部下や広報などではコイツは忠誠心があり信頼できると持ち上げるわけだ
そうして従順でない部下を牽制し、時に懲罰を与える
しかし過去も昔も企業は一部の有能な部下を重用して幹部にする
当然有能な人間はヘッドハンティングもされるし、ノウハウや客・部下を引き抜いて起業もする

儒教ってのはそういった組織を揺るがす人間を牽制するための教え

974 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 20:33:12.51 0
王政ってのはチンコ引き抜いた宦官を官僚にしたり
宗教とかで王位継承時の混乱を少しでも抑えようとするんだよ

だから民主主義と儒教の相性は悪い
民主主義には哲学が合う
そのかわりバカな人間まで己の考えを主張するようになって纏まりを欠く傾向がある

975 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 20:35:49.97 0
現代において軍事における強い主導力と政治における民主主義の妥協点として
大統領制があるわけですな

だから日本が本当に戦争する気なら次は大統領制導入を叫び出すだろうね

976 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 21:19:15.05 0
>>972
突っ込むのは俺じゃなくて>>969だろう?
権力者は特別な人間じゃ無い、ただ権限を持っているだけ

>だからお前も同じように戦争もすれば欲に駆られて悪事も働く
戦争ってのは国や権力を持った人間がそれこそ欲に駆られてやる事であって個人じゃ出来ないけどな?
個人の場合戦争じゃなくて犯罪になるだけだ

>欲深い奴が罪を犯すと、まるで自分はそうじゃないかのように話してしまう
残念ながら俺は欲深いし、欲深く無い奴でも犯罪は犯す
権力は必ず腐敗する、善人であっても正しい政治をできるとは限らない

何が「そういうのが許されるのが世界なんだよ」だ、真理でも見つけたつもりかw

977 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 21:23:19.22 0
>>968
>徳の思想って、裏面として死の思想が隠されてるなと
隠されてね〜よ
徳ってのは運
命の価値が低いならば単純に早死にするだけだ
>儒教は合理的と言われながら、刹那的が隠されている。
合理的だと思っているのはお前だけだって何度言えばわかる
命の価値ってのは財産なり、権力なりを持っている奴だけが高い
それとほとんどの場合、他人よりも自分の命の方が高いだろう

>それが日本の武士道にもつながっている。
葉隠の一文だけで判断するな…コピペ職人

978 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/21(金) 21:35:14.86 0
>>973
現代の日本人には忠誠というのは理解できないんだろうな。
忠誠はきちんとしたエコノミー。
法なき、慣習なき、貨幣なき、当然治安なき極限状態で働くエコノミーが忠誠。
現代ならわかりやすのがヤクザ、マフィアの世界。

なにも頼るべきものがないとき、優位になるのが命を賭けた強い信頼関係。
武士に忠誠が機能したのは鎌倉時代と言われる。「いざ鎌倉」
武士の黎明期、地方治安が不安定な時代。
あとは打算的になっていく。

忠誠は例外状態で機能する、というところかな。

979 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 21:38:29.60 0
>>976
真理じゃない
事実を語っただけだ
落ち着け

980 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 21:40:13.36 0
>>978
鎌倉時代になんでとぶの?w
今まで江戸の徳や水戸学を語っていたようだったけど違ったの?

981 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 21:41:20.66 0
>>978
>武士に忠誠が機能したのは鎌倉時代と言われる。「いざ鎌倉」
機能して無いからわざわざあの逸話があるんだろうが…阿保か

>忠誠はきちんとしたエコノミー。
経済も理解できて無い奴が何がエコノミーだ
鎌倉時代にですら恩賞等で揉めたのを知らないと言わないよな?
きちんとした誰でも納得いく賞罰によって忠誠は出来上がる

働いた事も無い引き篭もりには理解でき無いだろうが

982 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/21(金) 21:47:59.60 0
徳、特に孔子によって局限化された仁に潜む狂気。
そもそもにおいて、概念化することは狂気をはらむだけだけど、

春秋は、混沌がし始めた世界。
そこに信頼関係を重視する。

信頼というのは究極的には自らの死を賭けるところまでいくの。
というのか、逆で死が尊いというよりも、
死よりも徳という考えがどうしても見え隠れする。

でもむしろ、それは儒教というよりも、
中華世界で、日本で言う武士道に近い忠誠心が重視された仁侠世界があった。
それに比べれば、儒教は抑止的なのかもしれない。

983 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 21:50:31.72 0
>>979
>事実を語っただけだ
事実すら語れて無いだろう?
もう一度言うぞ
権力とは、能力、武力、資産=金&家柄等を持つ人間が選挙やテスト、場合によっては世襲によって周りから認められた事で持つモノ
そしてその権限を使って法律を作ったり、それを行使して他者を統制する

それだけ、当然その権限を逸脱すれば彼らも裁かれる
裁くのは国民とは限らない、自分以外の権力者であるのがほとんど
それが事実だ

984 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 21:54:20.67 0
>>982
>日本で言う武士道に近い忠誠心が重視された仁侠世界
武士道は主従関係、仁侠世界は信頼関係
別物

985 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/21(金) 22:17:45.88 0
>>983
いまどき、その古い権力観では、誰もがつっこむだろう
世界はもっと複雑に考えろ
自分の世界の一部であることをしれ

986 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 22:30:09.69 0
と、佐野や小保方も世間をうまく騙し続けていれば
波平と同じことを言ったのかもしれないなw

しかし、片やパクリがバレ、片やスタップ細胞の嘘がバレ、
それでも我慢できないのか今度はBPOにNHKの追及番組を審査入りさせ、か。

まあ、波平と同種のものを感じるな

987 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 22:36:39.78 0
>>983
かんべんしてくれw
流石にお前はバカ過ぎる

988 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 22:42:51.13 0
個人的に波平と容姿やパーソナリティーが最も似てるのは、
森口尚史だと思うねw

おそらく性格のみならず顔や言動まで殆ど一緒だと思うわw

989 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 22:47:55.16 0
忠誠心や任侠は見返りが前提の主従関係
仁義戦いなんて映画があるように利益が伴わなかったり力関係が逆転すれば裏切りや暗殺が常にある
戦国時代でいえば下克上
社会が安定していると既得権益が多数の人間に発生するため下克上などが行い難い
かりにクーデターを起しても既得権益を侵された人間が反対勢力として台頭して政権を奪いにくいから
だから忠誠心や任侠は現状の権益維持を願う保守的な思想

一般社会においては不景気だったり夜中に物騒な気配が漂う時代。または高度成長期で新たな中産階級が台頭する時代には合わない
安定成長期においてこのまれる思想が儒教とかだろう

990 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 22:50:27.84 0
でもこれだけ個人の権利が叫ばれる現代の民主主義
儒教をそのまま受け入れる人間はいないだろう

991 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 22:53:52.92 0
とは言え、このスレで波平が語ってる儒教ってのは、
要するに血縁関係(=儒教)で死んだ親父の遺産が入ってきたぜ、ヒャッホー

→儒教(=血縁)で遺産相続マンセー

というのを限りなく難しく学問用語で言い換えただけだからな

992 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 22:56:20.05 0
まあ、そもそも波平の親父が死んで、
遺産が入ってきて喜んでいる時点で

祖先崇拝を基礎とする儒教の教えには反している訳だが、
残念ながら波平は頭が足りない為、そういう矛盾は認識されないのだw

993 :考える名無しさん:2015/08/21(金) 23:20:12.42 0
そんなことないよ
儒教というのがそういうものだから
中国人を見て分かるように既得権益を享受する事が儒教の本質
儒教の序列さえ守れば理不尽が許される社会

994 :考える名無しさん:2015/08/22(土) 00:42:19.40 0
しかし、高槻の事件もおかしな展開だな

まさかの第三者の犯行とは

995 :考える名無しさん:2015/08/22(土) 01:56:28.98 0
273 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] :2015/04/06(月) 10:07:57.70 ID:p1bmXmI7
ピケティが解説、中国が「新常態」に突き進む必然 (4ページ目):日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150403/279549/?P=4
 「中国政府は財産を再分配できる制度を速やかに取り入れるべきです。驚くべき
ことに、中国には相続税がありません。それは、格差を助長させる要因にもなっ
ています。資産を持つ者に対しては相続税を課すべきです。加えて中国政府は、
所得税の納付状況を透明化した方が良いでしょう。それは、政府に対する国民の
信頼を高めることにつながるはずです」

 「人口の減少は、中国のGDPに確実に影響を与えます。2030年以降、中国の
人口は減り始めます。同じ人口が多い国でも、生産人口を依然多く抱えるインド
と高齢化が既に始まっている中国とでは、中身が全然違います。これから人口
ボーナスが期待できるインドと、それが消失しつつある中国では、今後たどる道
は明らかに違ってくるでしょう」

996 :考える名無しさん:2015/08/22(土) 01:59:36.15 0
ピケティ本『21世紀の資本』は、この図11枚で理解できる  | 高橋洋一「ニュースの深層」 |
現代ビジネス [講談社]
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41619?page=5
<所得税の最高限界相続税率(最高の相続財産に適用されるもの)は、米国では1980年に
70%だったのが、1988 年には35 %まで下がった。>

997 :考える名無しさん:2015/08/22(土) 02:03:01.91 0
ピケティ『21世紀の資本』は全四部(16章)に分かれており、それらは柄谷の交換図で言えば、
1キャピタル、2ステート、3ネーション、4アソシエーションの順に構成されている。
ずっと同じ内容の繰り返しと言われているのは少し違う。確かに忘れた頃にバルザックが
引用されるが(アタリが最近書いた伝記によるとマルクスもバルザックが好きだったという)。

第 II 部 資本/所得比率の動学3~6  第 III 部 格差の構造7~12 
−−−−−−−−−−−−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第 I 部 所得と資本1~2 はじめに   第 IV 部 21世紀の資本規制13~16 おわりに

1でr>g ,α=r×β という原理を示し、2で各国のデータ及びβ=s/gを示し、3で各国の個別事情と
相続税を検証し(互酬制、世襲制に対して批判的にだが)、4で来るべき累進課税を提示している。
 (資本/所得比率β、所得の中の資本シェアα、資本収益率r、貯蓄率s、成長率g)

相続税関連(398頁)、by=π×m×β
 (byは相続の年間フローの国民所得比、βは資本/所得比率、mは死亡率、
πは一人当たりの平均財産に対する死亡時の平均財産の比率。)

「πが富の年齢分布に左右されるのは明らかだ。年齢とともに資産が増加する割合が大きいと、
πは高くなり、その結果相続フローも大きくなる。」(399頁)

998 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/22(土) 02:39:13.60 0
>>989
だから忠誠はエコノミーだと言ってる。
単なる精神的なものではなく、利害関係で考えないといけない。
>>978参考

999 :考える名無しさん:2015/08/22(土) 08:07:18.52 0
固定化された社会においての主従関係は上の人間が得をする仕組みだ
儒教はそれを強める力があるから嫌われる
社会に隙間がある時代はいいかもしれないが固まった時代では民衆の不満が高まる
いわば官僚の汚職や優遇が目につく
一般会社では経営陣が強くなる思想

だから現代の民主主義では馴染まないんだよ

ピケティも現代は上の人間が強くなっているっていってるだろ
そうなると儒教は正答じゃない

1000 :考える名無しさん:2015/08/22(土) 08:31:40.81 0
> 910 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:17:33.73 O
> 勝った
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1437270754/910

              ↓ 30分後

> 920 :第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. :2015/08/18(火) 20:45:16.10 O
> なんで、弱い人間は、どーでもいい勝ち負けにこだわるのかね
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1437270754/920

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

406 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)