5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【さいたま】建都1300年、日韓友好願い式典=日高・高麗神社[04/24] [無断転載禁止]©2ch.net

55 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止:2016/04/24(日) 17:47:54.99 ID:sDuje8vA
>>53続き

321 :名無しさん@恐縮です:2009/08/02(日) 14:58:45 ID:hz4RcJ870
うらじゃとは?

“うらじゃ“は、岡山に伝わる「温羅伝承」をベースに、1994年に始まった岡山の
地域・文化・歴史に根差した、ボランティアが全てを運営する市民参加型の祭りです。

祭りのキーワードは「共生と融和」です。

http://uraja.jp/shinko/about.html


なにが「共生と融和」だ。おまえら在日鮮人と千数百年前の百済は無関係だろ、勝手に便乗するなよ。

330 :名無しさん@恐縮です:2009/08/02(日) 15:16:24 ID:EbgkXAvM0
>朝鮮半島からやってきた「温羅(うら)」という鬼のような姿をした王子が、鉄や塩の
>作り方を教えたとされる伝説が起源

温羅伝説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E3%83%8E%E5%9F%8E
「古代吉備地方には百済の王子と称する温羅(「うら」または「おんら」)という鬼が住んでおり、
鬼ノ城を拠点にこの地方を支配し悪行を行っていた。吉備の人々は都へ出向いて窮状を訴
えたため、これを救うべく崇神天皇は孝霊天皇の子で四道将軍(よつのみちのいくさのきみ)
の一人・吉備津彦命(きびつひこのみこと)を派遣した。」

伝説が摩り替わってるんですけど…

346 :名無しさん@恐縮です:2009/08/02(日) 15:51:26 ID:LktG6DiE0
「温羅」について
http://uraja.jp/shinko/about.html

遠い昔、大陸から吉備の国にやってきた渡来人がいた。「百済の王子」と
名乗るその渡来人は、戦に破れ、大陸から船に乗ってこの地に逃れてきた。
古くから朝鮮半島と深い交流関係にあった吉備の国の人々は事情をくみ、
その王子が率いる一団を快く受け入れることにした。
王子はその礼として、造船や製鉄、製塩などの百済の優れた技術を伝授した。
高い技術と集団を率いる英知を持ったその王子は、吉備の国の人々に慕われ、

>>>まもなく吉備の国の王となり「温羅」と呼ばれることになる。

その後、大和朝廷の五十狭芹彦命(いさせりひこのみこと)に破られるが、
千何百年たった今もこの地を護っているとされている。これが「温羅」の物語です。


吉備の国の王になってるwww

122 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)