5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【永遠のもっと果てまで】松田聖子82【10/28発売】©2ch.net

497 :名無しの歌姫:2015/10/01(木) 20:51:25.39 ID:AGBQGc/I0
箝口令が敷かれた 4月17・18日と3年ぶりに舞浜アンフィシアターで「芳恵のファンミーティング」が開催された。 
ファンクラブ会員限定で、チケット代金は3,900円。 
2012年に開催されたファンミは13,650円だったため、この大幅値下げにファンは戸惑った。 
一説によれば、ファン離れ対策ではないかと囁かれている。 
そして、ファンミ自体もいつもと違う異常な雰囲気だったそうだ。 
まず、入場に関して、本人確認のため、ファンクラブ会員証・身分証明書・当選ハガキ・ 
代金の振込受領書の提示が必ず必要となる厳重なセキュリティ。 
チケット裏には“内容をネット上に書き込む行為を禁止”と書かれ、箝口令が敷かれていた。 
箝口令について、「前回との比較を恐れたのではないか」と音楽関係者は語る。 
「前回のファンミは沙也加も参加し、何曲も歌っています。 
それが今回は、出演はおろか、芳恵が不自然なほど娘の話題に触れていない。 
ファンなら母娘の確執を疑うはず。それを広めたくなかったのでしょう」 
不仲説が確信に 
また、今年1月に出版された、沙也加のスタイルブック『Dollygirl』(宝島社)も話題になっている。 
「よくあるスタイルブックに加え、沙也加さんが半生を語るロングインタビューも掲載されています。 
しかし、父・神田正輝(64)さんとのツーショット写真は載っているのに、芳恵さんは、写真はおろか、名前すら出てこない。 
沙也加さんにとって芳恵さんは母親であり芸能界の先輩でもあるのに、名前すら出てこないのは異常事態です。 
母に対する決別宣言ともとれますね」 
そこにきて、今回のファンミでの出来事だ。 
「芳恵もイベントで沙也加の名前をいっさい口にしない。これは、互いに独立したといえば聞こえはいいのですが、もはや無視ですね。 
共演NG、今後一切かかわることのない冷えきった親子関係を確信しました」(同関係者談) 
紅白の涙から一転、お互いを無視する断絶。ファンや業界関係者が期待した再共演を見ることは、かなり難しそうだ。 

364 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)