5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

木村草太先生について語ろう [転載禁止]©2ch.net

1 :法の下の名無し:2015/05/14(木) 21:17:23.47 ID:gTOcrsQx
東大憲法学の正統な後継者、木村草太先生について語ろう

2 :法の下の名無し:2015/05/14(木) 22:21:06.44 ID:atLR5aDR
テレビでまくり

3 :法の下の名無し:2015/05/15(金) 01:10:37.96 ID:JpqtftAU
トンデモを同業者に突っ込まれる法学界の池田信夫的存在

4 :法の下の名無し:2015/05/15(金) 04:31:39.15 ID:/h/SjRuj
【ヤフオク検索ワード】MK.BUTI

名画キタ━━(:D)| ̄|_ ━!!

5 :法の下の名無し:2015/05/15(金) 08:14:10.76 ID:U73TnfHB
叩かれ癖がついてるかもな。実はMか?w

6 :法の下の名無し:2015/05/20(水) 21:28:12.11 ID:LnO+0zem
憲法9条原理主義者=木村草太「憲法9条は神聖にして侵さざるべき」憲法9条を打ち倒す奴は選挙や96条でなく正々堂々銃と革命で倒しに来い! [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plusd/1430894944/

【池田信夫】木村草太が後任の報ステのコメンテーターなんだから戦後リベラルの劣化は加速してるんじゃないかRT現行憲法を改憲したい奴は選挙出るな! [転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plusd/1430839122/

7 :法の下の名無し:2015/05/28(木) 08:39:01.68 ID:PjzmCoIy
週刊文春にでてる。

8 :法の下の名無し:2015/05/30(土) 11:03:51.22 ID:F8kaPNVx
頭はメチャクチャ良いな。

9 :法の下の名無し:2015/05/30(土) 11:25:58.84 ID:Krjbpk5R
95条のトンデモ解釈

10 :法の下の名無し:2015/05/30(土) 15:59:10.40 ID:NsMlyRDI
>>8
本人か?w
たまにこれに近い不遜なことを言うからな。

11 :法の下の名無し:2015/06/02(火) 16:52:02.19 ID:M6X497P/
木村様はいつ東大法学部に御帰りになりますか?

12 :法の下の名無し:2015/06/06(土) 20:14:22.57 ID:kqPWBuKP
>>11
本流から外れてるから無理だろう

13 :法の下の名無し:2015/06/07(日) 09:29:25.32 ID:xhOYqgCa
立憲デモクラシーの会に出ましたか?

14 :法の下の名無し:2015/06/07(日) 10:13:03.06 ID:RA4Lu8eW
>>6
リンク先(上)をみたが、木村先生が理路整然と自説を述べるのに対し、
木村先生を叩く各コメントはほとんど罵詈雑言レベル。

>首相が憲法に正統性がないと感じるなら、選挙に出るべきではない
 まさに「正論」だと思われる。
 これを「学生の理論だ」などと言っている奴がいるが、負け惜しみにしかみえない。

15 :法の下の名無し:2015/06/07(日) 10:41:15.64 ID:qb6INpN/
そりゃねえよwww 雑すぎる。まさに学生レベルの意見。
共産党でさえ国会を通じて政権とるのをさしあたりの目標にしてるわけでな。

16 :法の下の名無し:2015/06/07(日) 11:04:56.62 ID:qb6INpN/
安倍は九条改正手続によらず,破毀やクーデターに訴えろとでもいうのか?w

17 :法の下の名無し:2015/06/07(日) 12:33:47.81 ID:xhOYqgCa
本人乙

18 :法の下の名無し:2015/06/08(月) 01:11:26.00 ID:o0VAAExu
右翼を攻撃するためならトンデモ憲法論を振り回してもリベラルメディアで気鋭の学者扱いされる

19 :法の下の名無し:2015/06/08(月) 01:31:19.73 ID:wKM9tEsy
他方,>>6のリンク先でこんなことも言ってるわけだが…

> 日本の防衛という点では9条は何も拘束していません。
> 自衛隊や日米安保も9条の下でそれと矛盾なく存在できるわけですから、それを改正する必要性はありません。

20 :法の下の名無し:2015/06/09(火) 19:24:03.65 ID:AqKl4ukG
それは従来の政府解釈的な立場を採るってことなんじゃないの?おかしいとは思わないが。


石川さんとか長谷部さんとかナンノツモリダーさんとかに可愛がられてるし言うほどトンデモじゃないんじゃないの?
あ、私立のボンクラ若手連中には凄く嫉妬されてるのはなんとなく解るw

21 :法の下の名無し:2015/06/09(火) 21:51:31.51 ID:WF7yUdiy
なぜ、石川、長谷部と南野が並置されてるwww

22 :法の下の名無し:2015/06/10(水) 02:01:38.40 ID:nAYtQeTE
木村が「可愛がられてる」としたら
お偉いさん方は立場上、自分の感情論からトンデモ飛ばすことができないから
自分の代わりにその役目を果たす鉄砲玉として「可愛がられてる」んじゃねーの

23 :法の下の名無し:2015/06/10(水) 10:21:13.58 ID:tBq9tF69
今の社会や政治状況を鑑みれば、誰かが鉄砲玉にならなきゃいけない。
ここで重要なのは、狭い学会業界じゃなくて、一般社会に受け入れられる存在であること。
そこで、彼がその役目を引き受けてくれている。
(もちろん、主観面はわからない。憲法学再読本では共著者の西村が推察していたけど。)

かくして、一部の先生は彼を可愛がることになる。
一方、こういう「政治」がわかってないお気楽な非東大系とか若手とか、
わかってるからこそ木村をやっつける必要があると理解してる自民擁護派学者(誰とは言わんが、not憲法学には沢山いるよね)は彼を叩くんだろう。

24 :法の下の名無し:2015/06/10(水) 10:44:57.58 ID:qs/+PN8L
一般向けといってもデタラメ垂れ流していい理由にはならないよw

25 :法の下の名無し:2015/06/11(木) 17:29:28.67 ID:a1DPxm4Q
>>23
本人乙

26 :法の下の名無し:2015/06/12(金) 05:19:13.37 ID:ljqja6Xc
なんと。
私は木村草太だったのかw

27 :法の下の名無し:2015/06/12(金) 11:02:26.69 ID:b+SuNqaI
本人乙

28 :法の下の名無し:2015/06/15(月) 01:59:32.08 ID:yzwQKp5d
本人(並みのヤワな頭脳の持主)乙

29 :法の下の名無し:2015/06/15(月) 08:27:26.58 ID:leup54Ze
本人乙

30 :法の下の名無し:2015/06/25(木) 20:41:56.11 ID:tqZbmkg8
この人の授業受けてるけど、そんなに左とか右とかって感じはしないな
政治思想を憲法論の中に持ち込んではいないっつーか
安保法制への批判も、純粋に政府の法解釈のプロセスに無理があるのを指摘してるッて感じ。

31 :法の下の名無し:2015/07/04(土) 02:22:24.64 ID:ZMd2XBNn
変わった髪型

32 :法の下の名無し:2015/07/05(日) 12:01:31.41 ID:AQwQAx17
木村先生はリレートークに参加されましたか?

33 :法の下の名無し:2015/07/06(月) 00:23:48.61 ID:SMrXiW8A
木村草太先生の話しを聞いていると、社会党の議員が話しているみたいですね。

34 :法の下の名無し:2015/07/06(月) 01:31:41.04 ID:aKCMyfyu
社会党はネッシーとか言ったんですか?

35 :法の下の名無し:2015/07/06(月) 22:09:45.81 ID:aKCMyfyu
>>32
行ってない。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015070402000118.html

36 :法の下の名無し:2015/07/06(月) 22:20:26.70 ID:KK51vEuF
105 オリエンタルな名無しさん@転載は禁止 2015/07/01(水) 20:35:05.00 ID:L5srXGa3
憲法に不満なら選挙に出るなだって
じゃ憲法に不満な者の選挙権も否定するんだろうなあ
恐ろしいこと言うなあ

37 :法の下の名無し:2015/07/07(火) 00:28:02.91 ID:JQyOVdvC
木村草太は参院選に出ると良いと思う。

38 :法の下の名無し:2015/07/07(火) 17:00:51.25 ID:pW+/zSMy
>>33
皆気づいてないがツッコミどこはそこじゃない。

当時の社会党員の言動を覚えてて判断できてるような人間ってことはかなりのおっさんだろ?

そんなのが平日0時以降に2ちゃんねるやってんだぜ。
超きめえ。

39 :法の下の名無し:2015/07/07(火) 21:07:52.91 ID:GPJKJou2
ぼくちゃんは、全労働者が朝から夕までの仕事だと思ってるようだねw
三割以上が別の時間帯で働いているのだよ。
しかも、その多くが、無くなったら世の中が回らなくなる、重要な仕事なんだよ。

40 :法の下の名無し:2015/07/07(火) 21:52:57.13 ID:J2eh3mmF
印象操作のために社会党を持ち出してくるおっさんワロタ

41 :法の下の名無し:2015/07/07(火) 22:52:03.69 ID:JQyOVdvC
それよりなんでリレートーク行かなかったの?
直接行動はしないの?

42 :法の下の名無し:2015/07/07(火) 22:58:13.25 ID:pW+/zSMy
>>39
なんだ図星だったか。
まあ確かに、社会の歯車としてはあなたみたいなおっさんは必要だな。
壊れたらすぐ替えがきくけど。

ところで、自民党支持層の主体は上流の資産階級か底辺労働者ってのを前に見たが、
後者みたいなのが、木村草太を叩くのはまさに嫉妬以外の何者でもないな。

43 :法の下の名無し:2015/07/07(火) 23:52:23.78 ID:JQyOVdvC
リレートーク行かなかったので、話をそらすのに必死です。

44 :法の下の名無し:2015/07/08(水) 05:06:55.84 ID:ispPt0/B
リレートークは別にいいんじゃない。
木村は他の場で発言してるし。

今の状況に対して何か行動しろという空気には賛同しかねる。

45 :法の下の名無し:2015/07/08(水) 06:39:08.74 ID:MIfjIPhi
アンケートはとるくせにwww

46 :法の下の名無し:2015/07/08(水) 16:45:26.03 ID:AXevrwlY
リレートークってあれ何の意味・価値があるの?

47 :法の下の名無し:2015/07/08(水) 17:19:40.34 ID:ispPt0/B
> まあ冷笑とか逆張りの危険性というのもあるかもしれないのだが、
> とりあえず自分は汗をかいてるから偉いと思いたがるタイプのことを
> 昔から「無能な働き者」と言うような気はするね。

(某ツイート。この話題を指しているかは不明)

48 :法の下の名無し:2015/07/09(木) 14:17:45.36 ID:10k5u4lv
なにかと思ってググったら自民党や省庁に深ーくコミットしている大屋さんか

49 :法の下の名無し:2015/07/09(木) 15:50:38.62 ID:ZpZGqKtg
>>44
木村草太が出てる報道ステーションのアンケートは、発言を強要するものだろ。返事しなければしないで晒し者にしたし。

あれやっといて行動しない木村は信用できない。

50 :法の下の名無し:2015/07/09(木) 17:01:03.83 ID:ZpZGqKtg
もしかして、呼ばれてない?

51 :法の下の名無し:2015/07/09(木) 21:53:10.09 ID:M2g/lsRP
>>35
に並んでる面子見る限りではコミットする必要のない会合と思われても仕方ない気がするが

52 :法の下の名無し:2015/07/09(木) 22:32:28.70 ID:FhJnFaqU
だよねw
研究能力がアレなので有名な某とか、人間性がクズで知られるあの人とか。
こんなところにはすぐしゃしゃり出てくる。

53 :法の下の名無し:2015/07/09(木) 23:50:39.64 ID:ZpZGqKtg
でもアンケートは送ったんでしょ。

54 :法の下の名無し:2015/07/10(金) 02:10:43.69 ID:pWuCkyGS
アンケートの発案者は木村氏なのか?
誰に送ればいいかって聞かれて「百選の著者にすれば」
くらいのアドバイスはしてるかもしれないが

55 :法の下の名無し:2015/07/10(金) 02:41:59.25 ID:IFs2qNwE
ボンヤリ傍観してたってか?www

56 :法の下の名無し:2015/07/10(金) 10:19:47.89 ID:Foo4b/+E
もはや言いがかりだな。
リレートークの参加者はその程度の連中かと思われるだけだぞw

57 :法の下の名無し:2015/07/10(金) 11:15:55.09 ID:IFs2qNwE
「その程度」の人にも声かけた報道ステーションアンケートも質が低いってことだな。

58 :法の下の名無し:2015/07/10(金) 13:24:08.90 ID:U0y1k66Q
まああの「百選」の執筆陣が信頼できる憲法学者揃いかというと
そもそも憲法学者じゃない人もいるのにとか信頼性はとかゲフンゲフン

別にそうまともに受け取らなくていいんじゃね?という感じはする

59 :法の下の名無し:2015/07/10(金) 14:46:13.51 ID:U0y1k66Q
木村氏はフィールドを広げすぎて専門外のことにも発言するようになり
本来は議論の蓄積があるところを精査せずに
簡単な前提だけ置いて論理だけで答えをだすという
本人は渾身のつもりだが粗製乱造の思い付きを切り売りするようになってきた

「売れてる」学者にありがちな陥穽にはまりつつあるようにみえるよ

60 :法の下の名無し:2015/07/10(金) 15:40:43.30 ID:4zok5gYf
したくてもなかなかそういう経験できる訳じゃないし、
世間の風に触れて、また引っ込んで研究すればいい。プラスにできるはずだよ。
先生ご本人がどう考えるかだけど

61 :法の下の名無し:2015/07/10(金) 22:10:46.75 ID:TlibTCri
引っ込めたらいいけど

自分の無謬性を証明しようとますます明後日の方向に行かんといいね

62 :法の下の名無し:2015/07/10(金) 22:47:22.46 ID:IFs2qNwE
もともと明後日。

63 :法の下の名無し:2015/07/10(金) 22:55:59.18 ID:1oHKVnrf
>[自衛権問題] 若手憲法学者X氏と集団的自衛権問題について電話で話す。
>学生から色々質問されて大変だ、という話。
>「ともかく法解釈学における認識的部分と価値判断部分を分けること。
>仮に『違憲だ』と判断したとしても、その通りに実践すべきか否かは価値判断の問題で、
>それは学問の問題ではなく、それを個人的意見として語るか否かは個人の問題だ。
>通常は『解釈論』は複数あるもので、それを比較検討するまでが学問の問題だ」と言っておく。

出典
長尾龍一先生の日記(July 3, 2015)より

64 :法の下の名無し:2015/07/12(日) 01:44:04.57 ID:0q+QNWh8
中央公聴会でアホなこと言うなよ。

65 :法の下の名無し:2015/07/12(日) 02:01:42.08 ID:15ZRHHBk
ガチで心配だねw 
見せ所でもあるが、ヘタうったら業界生命絶たれる。

66 :法の下の名無し:2015/07/12(日) 08:44:10.51 ID:Oq8kjJQ8
東大助手ルートの人が学界から干されるわけないだろ。
長谷部先生の後釜として東大に戻るかもね。

67 :法の下の名無し:2015/07/12(日) 10:35:13.00 ID:OrKZpGgu
学士助手出身で干されてる例なんか
憲法に限らなければいくらでもあるわけだがw

甲子園優勝経験があるのにプロで活躍できないわけないだろ
というのと同じような勘違い

68 :法の下の名無し:2015/07/12(日) 11:40:35.95 ID:CKrosjGl
木村はいないね。
https://antianpo.wordpress.com/2015/07/12/%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%80%88%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%87%BA%E5%89%8D%E8%AC%9B%E5%B8%AB%E5%9B%A3%E3%80%89%E7%B5%90%E6%88%90%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

69 :法の下の名無し:2015/07/12(日) 12:31:45.55 ID:zS+x3bE6
むしろ山口二郎が呼ばれてることに戦慄した。
誰だか知らんがセンスなさすぎ。
勝つ気なくてただの敗北主義だわ。

70 :法の下の名無し:2015/07/12(日) 14:14:43.64 ID:0q+QNWh8
>>66
げらげら。

71 :法の下の名無し:2015/07/12(日) 21:47:26.84 ID:15ZRHHBk
佐藤幸治だって司法制度改革以後はA級戦犯扱いだからな。

まして若造が、強行採決寸前という今のタイミングで変な流れを作ったりしたら、……。

72 :法の下の名無し:2015/07/12(日) 21:57:03.58 ID:lF/aq/Nc
もう流れは決まってると思うけどね。

西原先生がツイッターでギャグっぽく言ってるけど、転び公暴されたら変わってたかも

73 :法の下の名無し:2015/07/12(日) 23:32:27.34 ID:15ZRHHBk
今のタイミングで呼ばれるとはババ引いたな。
先月の3人はある意味運がよかった。

74 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 00:52:37.10 ID:Agc4X4Nd
ネッシーとか言って不真面目な態度を露呈するか、呼んだ維新に媚びて維新案は合憲と言い出すか。

75 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 03:06:04.09 ID:kYHV5S3Y
維新案が合憲なのは特に自民も争ってないからそれを言っても媚びたことにはならんだろ。
維新が個別的自衛権だという内容は国際法上は集団的自衛権になるよ、と突っ込まれてるだけ。木村氏はそれに反論する能力はない。国際法の問題だから。

76 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 03:31:03.26 ID:+hrI9yPS
>>75
日本語でおk

77 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 05:41:33.55 ID:R0cBi4w4
>>76
いや普通に分かるが

78 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 06:17:50.46 ID:R0cBi4w4
中央公聴会の公述人

外交評論家の岡本行夫
東京慈恵会医科大教授の小沢隆一氏
首都大学東京准教授の木村草太氏
同志社大学長の村田晃嗣氏
法政大教授の山口二郎氏

民科や山口と比べたらまともじゃないかw

79 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 11:38:34.26 ID:/PhT9OfK
ちらっとみたけど無難にやってたんじゃね

村田が「多くの安全保障学者は恐らく政府案に肯定的。
憲法学者だけが学者なわけではない」つってて吹いたw

80 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 12:53:09.19 ID:nIUQOXcl
>>75
過去国連安保理には個別的もなく集団的もなく
単なる自衛権として報告されてるだけだろ
国際法上の集団的という突っ込みが成り立つするとしても
そもそも政府案には他国からの要請というICJが示した要件が入ってないから
それが違法になるだろ

81 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 13:39:49.26 ID:lcDiVR9K
>>77
74のレスに対する意図不明な上に、第一文と第二文が論理めちゃくちゃだということよ。

82 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 13:45:04.14 ID:pzcZ0OUb
>>80
ならんよ

国際法と国内法の関係が分かっていないからそういうことをいう
他国からの要請が必要なのは第一議的には国際法の次元の話

憲法上も「国際法上の集団的自衛権」の行使として正当化するなら
「他国からの要請」を法上の要件とする要請が憲法から出るかもしれない

しかし憲法上の処理はあくまで憲法13条にもとづく武力行使なら
憲法としては「他国からの要請」は法上の要件でなくていい

もちろん国際法遵守義務は憲法上あるから
集団的自衛権になりそうなときは他国からの要請を得るよう求められるが
それは国際法の次元で充足すればいいだけで法上の要件にする必要はない

83 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 14:15:19.36 ID:kYHV5S3Y
>>81
「維新に媚び」ているというためには
与党と見解が一致している点を再確認するだけじゃなくて
維新案に寄せられている批判に対して擁護することが必要なんじゃないの?
でもそれは木村さんじゃ無理だろうということなんだが

ここまで解説しないとつっかかってくるとは

84 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 14:20:01.51 ID:kYHV5S3Y
>>80
よその国の憲法なり安保法相当の法律調べたことある?
そこで国際法上の要件が逐一再度列挙されているかな?
その場合他国の要請だけでなく例えば安保理への報告といった義務も入ってくるはずだがそうなっているかな?
もしなってないとすればなぜだと思う?

85 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 15:10:11.67 ID:aqMDk8ed
維新に媚びててわロタ

86 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 15:29:39.28 ID:enbDXHAY
政府法案を読むと重要影響事態における措置では米軍への後方支援などに
関して援助要請がある場合、となっててそこはいいんだけど
問題はやはり存立危機事態で、事態認定から防衛出動〜武力行使までのプロセスで
援助要請を必要としていない。政府は自国への武力攻撃がない場合でも存立危機事態に
該当するとしているのだから危うい

87 :@:2015/07/13(月) 16:00:00.07 ID:lcDiVR9K
面倒だなあ。
文体からしてたぶん最近、俺はアメリカで国際法習ったとか自分語りしたり、
(もしかしたら森田果引いて法学批判を繰り返していた、)アホなんだろうが、相変わらず何を問われて何を話してるかわかってない。
これだから非法学者はバカだから困る。

88 :A:2015/07/13(月) 16:02:07.43 ID:lcDiVR9K
分析@
まず、>>74の内容【木村が、維新案が合憲であると主張して媚びる。】
●維新案が合憲なのは特に自民も争ってないからそれを言っても媚びたことにはならんだろ。
意味不明。
レス先のネッシー云々はさておき、「維新に対してあなたたちの対案は合憲ですよ」と言うお墨付き、または政治的アピールをすることが、
維新に対して媚びるということだろうが。
なぜ自民党云々が出てくるのか。
媚びる、を辞書で引いて調べると良い。

●維新が個別的自衛権だという内容は国際法上は集団的自衛権になるよ、と突っ込まれてるだけ。木村氏はそれに反論する能力はない。国際法の問題だから。
←三つとも主語がないうえに、前文との関連がさっぱりわからない。
木村が誰に何を反論するのだろうか?
木村が維新案は合憲だと言う。しかし、維新案はX(おそらく国際法できる人)に叩かれてる。木村は反論できない。
一応このように推察できるが、
@そもそも維新案を木村が合憲だと考えてるかどうかはわからない。勝手な思い込み。
Aそもそも、公聴会で木村が何を言うかが問題であって、Xに反論するかしないかは別次元。いきなり話をすり替えている。
B木村が反論できるかできないかもわからない。勝手な思い込み。
こうして、何を問われ、何が話題になり、何が論理なのかわからず、勝手な自説を並べたいだけなのがよくわかる。

89 :B:2015/07/13(月) 16:09:02.20 ID:lcDiVR9K
分析A

● 「維新に媚び」ているというためには
●与党と見解が一致している点を再確認するだけじゃなくて
●維新案に寄せられている批判に対して擁護することが必要なんじゃないの?
突っ込まれて色々再定義なおしているね。それ自体は○。言葉や命題はちゃんと定義しないと。
ただ、上のレスからこんな個人的な考えを読み取れない。
解説が必要なんじゃない、お前の頭の中にあることなんて他人は誰もわからないんだ。(これは一般論だけどね)

内容について。
つまり、これは、木村は媚びるためにXから維新案を擁護しなくてはいけないのだ、という主張だ。
いや何で…?としか言いようがないのだが。
こんなの必要条件ではない。
もちろん自民党から批判されたとき応えるべきだ、ってことならわかるが、公聴会はそういう制度じゃないし、本人の趣旨も明らかに異なる。
やはり、媚びるの日本語の意味がわからないんだろう。

●でもそれは木村さんじゃ無理だろうということなんだが
断定から推定に後退してる。
さらにまた、勝手な思い込みであることはすでに指摘した。せめて理由を述べなきゃ。
(いや個人的には木村さん国際法突っ込まれたらキツいだろうなあとは思うけどね)

こんなとこかな。
学生がこんな答案だしてきたら、まず不可かせめて可をつけるね俺なら。

90 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 16:16:31.23 ID:lcDiVR9K
まあ見直すと俺も誤字や助詞おかしいなあ。
こりゃ良がせいぜいだなw

91 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 16:20:31.26 ID:enbDXHAY
媚びてる媚びてないなんてどうでもいいっしょ
今日の公聴会で木村氏が維新案について言及している部分を書き起こしておく。

木村氏
「(略)さて、日本への武力攻撃の着手がない段階で武力行使を認めることが
憲法違反になるとの法理は、維新の党より提案のありましたいわゆる武力攻撃危機事態条項にも
そのまま当てはまります。もし維新の党が、日本への攻撃の着手がない段階での武力行使を認める条項である
との解釈を前提にしたものであるなら憲法違反であるとの誹りを免れないと思います。
したがって武力攻撃危機事態条項について、これまで認めてこなかった個別的自邸権の拡張である、
ないし集団的自衛権の行使容認であるといった説明を行うことは不適切であると思われます。
ただし維新案における武力攻撃危機事態条項は、他国への攻撃が同時に日本への武力攻撃の着手に
なる場合に武力行使を認めたものと解釈することもでき、またそう解釈する限りで合憲であると言えます(略)」

92 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 22:32:43.65 ID:+1ka0AoH
>>87-89
>>74の曖昧な一行レスへのレスを勝手に分析して
こいつはアメリカ帰りとか森田がどうとか
法学者が糖質だと思われてしまうからやめてほしいねw

非法学者が法学教員気取っただけだと言ってくれ

93 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 22:43:53.17 ID:+1ka0AoH
>>91
ネッシーも媚びも単なる74の妄想だったな。

大体自らの知見に基づいてある法案を「合憲」だと評価することが
「媚びる」ことになるという証明が全く>>87-89で為されていないわけだが。
一体どういう命題をどう正当化しているのかも不明なので俺なら不可付けるねw

94 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 23:12:19.02 ID:+1ka0AoH
まあ自称法学者はさておき。

木村の維新案・政府案の評価の前提の一部を構成しているのが
「外国を防衛する義務を政府に課す規定は日本国憲法には存在しませんから(中略)
集団的自衛権を行使することは憲法上許されない」という理解だが
ここが政府とも維新(の一部)ともずれている箇所だろうな。

法案出している側は自分たちのいう「集団的自衛権」を
「外国を防衛する義務(権利)」とは理解していないだろう。

それぞれ自分たちの法案の範囲なら
「自衛のための必要最小限度を超える武力行使」に収まると考えているわけで
それを「いやそれは『外国を防衛する』ことにあたる」と言っても話はかみ合わない。
この辺りもう少し議論を洗練させるかと思っていたが残念だ。

95 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 23:16:21.04 ID:+1ka0AoH
>「自衛のための必要最小限度を超える武力行使」に収まる
「自衛のための必要最小限度の武力行使」に収まる、に訂正

96 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 23:46:10.97 ID:lcDiVR9K
語るに落ちる。
>>93での主張は、まさに>>83に跳ね返ってるじゃん。
まず自分が「木村は○○をしなきゃ媚びるとはならない」と主張してるのを忘れたか。

内容について。
>>92の批判だが、ま、これはこっちのただの推定なんで、当たってなかろうが当たってなかろうが、レッテル張りだと騒ぐのは予測済みかな。
あとの分析についてはなーんも応答してないのは、まさに答えられないからでしょw

97 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 23:50:50.17 ID:nIUQOXcl
>>82
だから俺は国際法と憲法の問題は別だろうという事で話をしてんの
維新案が国際法上は集団的自衛権と突っ込まれても国内法上は
個別的自衛権と説明しても同じことじゃないか

政府案は国際法上の集団的自衛権の要件を満たしてないのだから
国際法上は違法になるよね?という突っ込みが成り立ちうる
しかし、集団的自衛権行使が国内法上は合憲と仮定した場合に
あなたの言うとおり国際法上の他国からの要請という要件が無くても
国内法上は何の問題もない

維新案が国際法上の集団的自衛権であるという突っ込みは
憲法上の集団的自衛権の解釈と
国際法上の集団的自衛権の解釈の平仄を合わせた場合だけに
成り立つものだろう

少なくとも日米安保における国内の米軍基地は
日本の国際法上の集団的自衛権行使であるにも関わらず
政府においては岸内閣の頃まではそういう風に認識されていたようだけれども
それ以降は憲法上も集団的自衛権の行使とは捉えられていない

そうであるならば、国際法上の集団的自衛権であっても
憲法上の個別的自衛権と説明できるものならばいいのだから
国際法の問題ですよと突っ込まれても、国内法、憲法の問題ですからと
言い返せばそれまでだろう

98 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 23:52:03.94 ID:Agc4X4Nd
維新に媚びたクサタ。臭い臭い。

99 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 23:54:11.94 ID:enbDXHAY
>>94
>集団的自衛権を行使することは憲法上許されない

木村氏がそのように述べる「決定的な証拠」に行政権が日本国外では
行使できないというのを挙げているが、これはやや疑問。
憲法73条の「外交関係を処理」は国会の承認の得るまでの処理は
当然外国に出向いて行うこともある性質のものだから
憲法は内閣の権限を国外で行使することを想定しているともいえる。

木村氏の解説
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2014102500005.html

100 :続き:2015/07/13(月) 23:57:20.58 ID:lcDiVR9K
しかも>>92では「勝手に分析して」と言っているが、
>>82で「解説しないとわからんか」と言う。
明らかに後者では、分析解釈理解なんでもいいがとにかく、能動的に読み込めよ、という主張としか考えられない。
矛盾してる。

ってやってて電波だがアスペだか底辺非常勤だかしらんが、こんなの相手にいちいち分析するの面倒になってきた。
上でレスしてる人がいるように、媚びる媚びないなんてどうでもいいものね。

101 :法の下の名無し:2015/07/13(月) 23:59:15.10 ID:+1ka0AoH
>>96
今度は俺がkYHV5S3Yだっていうレッテル張りかw
本当に糖質かよ。ごめんな病気を指摘して。頑張ってくれ。
君のいってる事は恐らく正しいのだろう、君の中ではなw

102 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 00:04:12.24 ID:Y/ZFUlDd
>>101
あ、なんだ別人なのか。
まさか部外者の争いに数レス連続書き込みしてまで割り込んでくるような人間がいるとは思わなかった。
この池沼のレスを引き継ぐ形でレス(94)してたからね。

いや、これは悪い。スマホとか別のPCとかの二刀流かと思った。

103 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 00:11:44.98 ID:7lnrCzL6
>>102
普段から目に見えない敵と戦っていると
二刀流とか色々と疑えてしまって大変だね(にっこり)

>>99
適示されている議論と表裏一体だが、木村に特徴的なのは「軍事権」の下りだな。
憲法典の中にない「軍事権」概念を解釈的に創出して
それによって個別的自衛権と集団的自衛権を一刀両断できるのかは以前から疑問だったのだが。

ただ自分で言っておいてなんだが、木村は一応>>94の疑問に応答している。
それは憲法13条は「具体的な危険」がないとだめだ、それは日本(の主権)への武力攻撃の存在だ
というところだが。ここも果たしてそこまでいえるのかという疑問はある。

104 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 00:22:11.80 ID:LiA5+ILj
>>103
かつての帝国憲法の統帥権や他国の憲法の軍事権のことを指して
現行憲法には無いってことを言ってるんだろう
実際、米仏独伊露などの国の憲法典には軍隊、指揮権などの軍事権の規定がある
確かに行政権と軍事権の話から自衛権の問題を捉えるというのは
俺の知る限りでは見たことないから新鮮な感じはしたけど
他の学者はどう評価するのかはわからない
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2014102500005.html

105 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 00:28:56.74 ID:4UsBx3qR
改憲を迫る木村。
ミンカ涙目。

106 :102:2015/07/14(火) 00:37:49.07 ID:F16QwAh6
>>103
嫌味が通じてないのか…。
まあいいや、別人だと主張するならそれでいい。確認する方法なんかないしな。

勝手にクビ突っ込んで発狂したレス繰り返して馬鹿晒して最後は逃亡するようなのはともかくとして、
もともとの相手:わざわざ分析してあげた昨日のID:kYHV5S3Yは出てこないようなので、
俺の批判にこたえられなかったということなのだろう。
それで俺としては満足ではある。

107 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 00:45:47.68 ID:7lnrCzL6
>>104
帝国憲法や他国の憲法典に軍隊についての規定があるというのはそうだろうね。
しかし13条で自衛権を基礎付けている日本の現行の特殊な憲法体制に照らして
それら他の憲法にある「軍事権」というところだけ引っ張ってきて
個別と集団の間に明確な線引きが引けるのかという疑問は消えない。
(上記の「軍事権」規定がある他国の憲法にいて
個別自衛権だけ行政権に含める解釈はとられていないだろう。)

個別自衛権のみ認めて集団的自衛権を認めないための解釈論として
捻りだしたのだろうと推察するがその試みが成功しているのか微妙だ。

108 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 00:46:52.52 ID:9V5aPlGN
>>103
>それによって個別的自衛権と集団的自衛権を一刀両断できるのかは以前から疑問だったのだが

仮に現憲法の73条に軍事権の記述があった場合、木村氏の読み方では
内閣の権限を国外では行使できないのだから、木村氏のいう集団的自衛権は使えないということになる。
となると73条に軍事権の記述があるかないかで集団的自衛権の行使できるできないが変わらないので、
73条に軍事権の記述がないことを理由に集団的自衛権の行使ができないとする木村氏の解釈はよく分からない。

109 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 00:51:57.73 ID:7lnrCzL6
>>106
まだ発症してたの(にっこり)

>勝手にクビ突っ込んで発狂したレス繰り返して馬鹿晒して最後は逃亡する

冒頭に「スレ違いの」を付けるとまんま自分のことを描写しているわけだが
まぁ俺はわざわざ基地外の勝利宣言を妨げるような無粋な真似はしないよw

ここは木村スレなのでスレの趣旨に合わない下手な分析を続けたいなら自分のスレ立てていこうやりなよ
誰か相手にしてくれるといいね

110 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 00:55:49.31 ID:7lnrCzL6
>>108
彼の解釈を代弁するわけじゃないが
多分その時は「軍事権は性質上当然に国外での行使を想定している」
とかなんとかいって例外扱いするんじゃないだろうかと推量

111 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 02:00:15.87 ID:LiA5+ILj
>>107
木村説を種々読んだ上での推察ってことになってしまうんだが
それを前提とした上で書くけれども

諸外国の憲法にあるように本来は
個別的&集団的自衛権の行使も含めた軍事活動は
軍事権の規定に拠ることになる

しかし現行憲法には軍事権の規定が無いため
禁止されてるかのように見える自衛権の発動であるけれども
個別的自衛権の発動だけに関しては、国内、国民の安全確保という政府の憲法13条の義務や
国内の主権維持という理由で消防行政、警察行政と同様の防衛行政として説明することで
行政権に含まれていると主張してるんじゃないかと

そしてなぜ木村説が
個別的自衛権のみが憲法13条などの義務履行であり内閣の行政権に含まれて
集団的自衛権が含まれないのかと言うと
木村説は集団的自衛権を他国防衛として捉えているから

恐らくニカラグア事件判決でICJが採用したと理解されてる
集団的自衛権の他国防衛説に立脚してるんだろう

そこから他国防衛ならば国内、国民の安全確保に関係ない
他国防衛ということに政府の憲法13条義務はない、行政権の範疇じゃないということになる

しかし、問題点として
集団的自衛権はICJとしては他国防衛と言われているけれども
他国防衛であっても自国の防衛や自国の利益に関わること
つまり国内、国民の安全確保に関係ないと言い切れるのかという問題がある

結局、政府の憲法13条の義務の履行として
集団的自衛権が必要ということが証明されれば
憲法に軍事権が無くても説明できてしまうことにもなるので
軍事権と行政権の違いから憲法13条を媒介にして両自衛権の行使の可否を
説明するのは苦しくなるんじゃなかろうか

112 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 02:36:19.18 ID:9V5aPlGN
集団的自衛権が必要かどうかは難しいな。
スレチだけどべき論なら木村氏もこだわっている「自国への武力攻撃の着手がない時点での
武力行使」を日本はやるべきではないと思う。

イラク原子炉爆撃事件など、自衛の為だと言って武力行使の基準を
先制的にすると碌なことにならない。

113 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 02:55:16.98 ID:7lnrCzL6
>>111
特段付け加えることなしで同意。
だから木村ほど違憲と断言するには
「13条はいついかなる場合も絶対に個別的自衛権の範囲でしか武力行使を正当化しない」
ということを立証する必要があるんだが果たしてそれは可能なのかね。
そこまで断じるには逆に明示的な文言が必要ではないかという疑問はあるだろうね。

>>112
「自国への武力攻撃の着手がない時点での武力行使」ならオシラク事件を持ち出すのは適切だが

ここで「必要」かどうかが問われているのは
「他国への武力攻撃があるが自国への武力攻撃の着手がない時点での武力行使」
だから事象の性質として同一視は出来ないのでは。もちろんそれでも「必要」かは問題だが。

114 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 03:41:24.55 ID:9V5aPlGN
>「他国への武力攻撃があるが自国への武力攻撃の着手がない時点での武力行使」
>事象の性質として同一視は出来ないのでは。

同一ではないけどさ、政府は
「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生」の部分が
前半がイランかオマーン、後半が機雷でも該当すると答弁している。
これじゃこの文言はほぼ歯止めにならないって政府が言ってるようなものだと思う。

115 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 08:42:19.31 ID:aFAG33pj
            
学者バカ 憲法守って 国滅ぶ

         (ココロの俳句)

       http://goo.gl/97rmou

 

116 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 22:34:05.20 ID:4OuhdIER
ノーニュークス権って、平和的生存権みたいだなhttp://www.bengo4.com/other/1146/1287/n_3387/

117 :法の下の名無し:2015/07/14(火) 22:41:43.25 ID:7bRYNsRH
『トンデモ学者によって生じた損害を適切に賠償してもらう権利』

『トンデモ学説に起因する損害を完全に賠償してもらう権利』

118 :法の下の名無し:2015/07/15(水) 00:09:16.63 ID:mA1D7rn3
だいたいそれ,憲法問題か?

119 :法の下の名無し:2015/07/15(水) 17:01:51.23 ID:ui+J4thB
木村が憲法を改正しろと述べた?

120 :法の下の名無し:2015/07/21(火) 00:48:39.64 ID:5DoYklbm
なんで木村は出前講師団にいないの?と言われる前に貼っておく。
https://antianpo.wordpress.com/2015/07/12/%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%80%85%E3%80%88%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%87%BA%E5%89%8D%E8%AC%9B%E5%B8%AB%E5%9B%A3%E3%80%89%E7%B5%90%E6%88%90%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

俺は木村の一般向けの発言はあまり評価してないが、黙ってても仕事がくるだけこいつらよりマシだろ。

121 :法の下の名無し:2015/07/21(火) 00:51:59.39 ID:pL87i/q5
司法書士の非弁について語るスレ【其の一】
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1434366865/

司法書士どもの非弁をもっと取り締まれよ。

簡裁代理権を有する司法書士が、140万円を超える和解契約書を作成する行為は、
弁護士法第72条(非弁行為)に違反するほか、業として権利義務に関する書類を作成したという観点からは、
行政書士法第19条(業務の制限)にも違反する。

(平成23年2月28日福岡法務局長懲戒処分)

122 :法の下の名無し:2015/07/21(火) 12:16:21.10 ID:qoHFvuOQ
>>120
黙っててもファッション誌から取材が来たり、恋愛について語る仕事が来るもんなw

123 :法の下の名無し:2015/07/22(水) 00:36:33.42 ID:dNKX3IOT
署名した?

124 :法の下の名無し:2015/07/22(水) 01:32:44.92 ID:IInuTcC9
長谷部>>>>>>>>>>>>>>>>>>>木村>>>>出前講師団>>署名・声明に名を貸した連中

125 :法の下の名無し:2015/07/24(金) 18:48:01.29 ID:+tvTOa43
13条でどこまでも行けるから、個別的自衛権にとどまらず、集団的自衛権もいける、という論があるけれど、

「陸海空軍その他の戦力」に「当たらない」ことの説明付けとして信用性を維持出来るかどうかが問題だろう。

逆にどこまでも行けるというのであれば、9条の趣旨が完全に没却される解釈となり、
自衛隊合憲論自体に説得力がなくなるだけだと思う。

126 :法の下の名無し:2015/07/27(月) 21:57:44.43 ID:0WL8+EjW
木村草太氏に聞く  安保法案はなぜ批判されるのか
http://diamond.jp/articles/-/75498

127 :法の下の名無し:2015/07/27(月) 22:27:10.47 ID:aZCPvuf5
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1393514224/35
  ↑ ↑  ↑ ↑  ↑ ↑ 

128 :法の下の名無し:2015/07/27(月) 22:39:50.75 ID:DT2c4JbP
誰かこの人の経歴教えてよ
最終学歴何なんだよ?
もしかして博士ですらないやつが公共の電波使って憲法のこと語ってるのかな?

129 :法の下の名無し:2015/07/27(月) 23:26:47.87 ID:1ppbINzw
おまえは長谷部や石川にも同じこと言えるのか?

130 :法の下の名無し:2015/07/28(火) 00:37:06.47 ID:vbp1SKF0
>>129
言えるよ。

131 :法の下の名無し:2015/07/28(火) 00:47:52.88 ID:LbLCgUOY
>>128
東大法学部出てすぐ助手になったから博士号はとってないな

132 :法の下の名無し:2015/07/28(火) 03:00:13.31 ID:hdp33PZi
憲法学者なら、時代に合った新憲法を提案するのかと思ったが、
脳内お花畑な連中ばかりw

朝日新聞、憲法学者アンケートの結果の一部を紙面に載せず 「自衛隊も違憲・9条改正必要なし」が多数 [転載禁止]©2ch.net
http://●hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1437576628/

【安保】朝日新聞、自衛隊の違憲性を問う憲法学者アンケートを紙面に掲載せず [転載禁止]©2ch.net
http://●daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1437563610/

133 :法の下の名無し:2015/07/30(木) 14:21:35.93 ID:vHC3GLYQ
そんな簡単な話じゃないことぐらい、大学の教養授業取ってりゃ習うだろう。

高卒(笑)とかなら別だが。

134 :法の下の名無し:2015/08/03(月) 22:08:07.24 ID:iUs7kSzx
イケメンだし頭いいよね

135 :法の下の名無し:2015/08/15(土) 15:35:57.84 ID:vORGfyD2
『集団的自衛権はなぜ違憲なのか』
http://www.shobunsha.co.jp/?p=3668

しかし「巨額の訴訟リスクの塊り」って?
ちょっとあやしい。

136 :法の下の名無し:2015/08/17(月) 22:46:11.75 ID:u3qBsMDg
>>134
そういうバカみたいな書き込みやめろ。

137 :法の下の名無し:2015/08/18(火) 10:54:27.39 ID:zhoQnonO
本来だともっと踏み込んでいって、厳しくするのかそうではないのかを問わず改正の為に動くのが筋なんだが、今回正反対の意見の学者がその改正の為に政府に入ってるからマスコミで訴えてる感じ(マスコミもそれを利用してる感じではある)

どうみても運動家のソレなんだよな、この人の振る舞いは

138 :法の下の名無し:2015/08/19(水) 03:06:31.44 ID:1R7iSLou
>>137
日本語でおk

139 :法の下の名無し:2015/08/19(水) 22:49:17.26 ID:NJz6sJT0
集団的自衛権の行使として他国防衛をするためには,被侵害国の宣言と援助要請が必要で、
それなしに「自国の利益のために」を理由に他国防衛をすることはできない。

これが国際法上の価値判断における利益調整の「線引き」だろう。

現行憲法はこういった国際法上の「線引き」を前提としていると思われ、
自国の利益のためとしては、武力行使が正当化されない場面で、
他国の行動に悪く言えば「便乗」することで自国の利益を図る、ということを現行憲法が認めているとは言えない気がする。


ところで、木村説は行政権の限界とか13条などで自衛隊を正当化するのだろうが、
9条は、国家の行政権とか13条と比べると、特別法と一般法のような関係に立つのであって、
行政権とか13条で一応の根拠付けができそうなことでも、それも「9条の範囲で」ということになる。

これはいくら「警察予備隊だ」といっても内実が「陸海空軍その他の戦力」と同じになれば9条の制限にかかることになる。

議論を見ていると「9条があっても特別の根拠により例外を認められる」かのような議論にみえなくもないのだが、
本当は逆で、「一般条項で認められそうでも、9条により制限される」が正解だろう。
その辺はどのように整理されているのか、良く確認したい。

140 :法の下の名無し:2015/08/25(火) 09:15:01.76 ID:r6ZTI2w8
木村がここまで政治運動にコミットする理由が分からない。
民科みたいな九条教徒ではないのだろ?

141 :法の下の名無し:2015/08/26(水) 17:50:20.69 ID:SSQgrQmi
>>140
どこでもいいが俺を拾ってくれっていう就活じゃないの?

マスコミも憲法学者も数行で独自説を使い煽ってくれる学者は有りがたいだろう
困ったら使い捨てにすれば良いのだし

142 :法の下の名無し:2015/08/26(水) 17:53:56.10 ID:fGAPOQP9
蟆ア豢サシ

143 :法の下の名無し:2015/08/27(木) 22:50:02.11 ID:KW0lfGEk
長谷部先生の後継って誰になるんだ?

144 :法の下の名無し:2015/08/27(木) 23:24:06.00 ID:HYeHpe3+
小島か西村

145 :法の下の名無し:2015/08/28(金) 07:30:38.10 ID:3uk9AOm/
その二人は業績は文句無しだが、だいぶ若いな。

40から50歳で東大に戻りそうな人っていないのか

146 :法の下の名無し:2015/08/28(金) 21:25:18.32 ID:+R1izO32
法律時報で軍事権云々の説がやんわり否定されてたな

147 :法の下の名無し:2015/08/28(金) 23:31:24.02 ID:1+w4S6in
井上武史先生が木村にキレかけてる
https://mobile.twitter.com/inotake77/status/637261824660893696

148 :法の下の名無し:2015/08/28(金) 23:38:57.65 ID:7ijrCe1l
ソータの勝ち
十分審議を尽くしましただの、なんのつもりw

149 :法の下の名無し:2015/08/29(土) 01:42:22.85 ID:iPIZ2mxG
国会審議時間なら議論を尽くしてる方じゃないの?

それとも学者の空中戦のみが議論になるのか?

150 :法の下の名無し:2015/08/29(土) 10:33:07.51 ID:YSJXgUDf
目の前の現象しか追わないダメな人だね井上。
裏口入学96条からの流れを等閑視しているし、何よりも佐藤・樋口・石川らが強調している
立憲―非立憲に対する問題意識が皆無。
憲法に明文で禁止されてないことは許されるなんて、憲法の制限規範性にまっこうから
反することを堂々と言ってのける。もっともこれは師匠?の大石譲りか。

151 :法の下の名無し:2015/08/29(土) 12:56:53.38 ID:oJXg1uA/
立憲/非立憲なんて理屈になってないやん
違憲とは言えないが非立憲なんて、ただの結論の先取り

152 :法の下の名無し:2015/08/29(土) 17:29:23.77 ID:I3oqAegb
井上先生が言ってる1954年政府見解って自衛隊違憲論ではなく自衛隊合憲論だよな
どういう意味なのかわからん

153 :法の下の名無し:2015/08/29(土) 19:39:26.12 ID:QWRJ1VpM
主に自衛隊違憲論の人たちに対するダブルスタンダード批判かな

154 :法の下の名無し:2015/08/31(月) 14:13:16.11 ID:2Fw/wtHl
もう新刊のamazonレビューが出てる。
悪い意味での「自説」がキーワード化しつつあるな…

155 :法の下の名無し:2015/08/31(月) 14:20:21.51 ID:Ei+Oc1pw
まあ学者だから独自説を唱えるのは悪いことじゃない

156 :法の下の名無し:2015/09/01(火) 18:19:13.10 ID:E5c+6GK6
井上さんのツイッターを眺めてみたんだが,

“左右を問わず、「政府や国会ではなく自分たちの主張こそが国民の意見なのだ!」というならなら、そのシンボルである国旗を掲げてほしいです。国旗が国民のシンボルにならないのは民主国家としては残念な気がします。”

と呟く系の人だったんだね。
解釈論の当否で、個人の趣味志向とか信念は問わないけれど、何となく納得してしまったよ。

157 :法の下の名無し:2015/09/01(火) 18:21:52.63 ID:ST5mV5W/
なんか変か?
フランス留学組なら特に自然やろ

158 :法の下の名無し:2015/09/01(火) 22:53:08.03 ID:E5c+6GK6
いや、変とは言わない。ただ納得しただけ。

ただ、日本の国旗は、フランスの国旗と成り立ちが違うので、
左派が日本国旗をありがたがらない現状はそれなりに自然だと思ってはいる。

159 :法の下の名無し:2015/09/01(火) 22:59:20.82 ID:+AdqooyW
憲法と同じで出自はともかく定着しているものを尊重するという考えもあると思うがね

160 :法の下の名無し:2015/09/01(火) 23:13:45.08 ID:sy+WOsia
>>147
井上先生tweet消してるね

161 :法の下の名無し:2015/09/11(金) 00:42:47.76 ID:eGD8Vreg
https://twitter.com/SotaKimura/status/641973411862835200
> (木村草太・絶賛自画自賛中)

世間の声が聞こえなくなってる模様(amazon星ひとつ増殖中)

162 :法の下の名無し:2015/09/11(金) 07:06:11.46 ID:a+F/DaLI
ピエロやね

163 :法の下の名無し:2015/09/11(金) 13:02:56.61 ID:7Nt9pW0I
東大に戻れなくなっちゃうよ。

そういえば、南野と同様に木村も最近論文書いてないな。
論ジュリのあれくらい?

164 :法の下の名無し:2015/09/11(金) 13:12:47.93 ID:vOHNqNd7
新書作家になりました

165 :法の下の名無し:2015/09/11(金) 14:32:27.79 ID:dilKL5sn
永倉

166 :法の下の名無し:2015/09/11(金) 23:31:01.54 ID:eGD8Vreg
【自賛】木村草太 amazon星2つ未満【自滅】

167 :法の下の名無し:2015/09/11(金) 23:36:45.22 ID:eGD8Vreg
【俺は】木村草太 青二才【天才】

168 :法の下の名無し:2015/09/11(金) 23:37:38.45 ID:eGD8Vreg
【俺は】木村草太 二物を与えず【イケメン】

169 :法の下の名無し:2015/09/11(金) 23:58:14.39 ID:IGno7R3C
ソータ先生の何よりも明晰な論理を重視する学風からすれば、端的に自衛隊は違憲となるはず。
なので、集団的自衛権違憲の論法は賛同できても、ちょっと異物が混入しているもどかしさが
あるんだよね。

170 :法の下の名無し:2015/09/12(土) 08:14:49.73 ID:4IOM9J5G
そこで軍事権()だよ

171 :法の下の名無し:2015/09/12(土) 20:30:46.73 ID:0LsIOTNE
キム ラソータ先生も。東大の大先生が唱えた、1945.8月革命説の信者ですか?w

172 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 10:02:38.56 ID:cXVCK8gZ
今NHKで見たが理路整然としてて思想偏ってない人見たら
この人の意見が一番正しいと思うだろうな
色んなとこに出て欲しい

173 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 10:25:32.47 ID:MHmZMGY+
なんつーか、良くこんなところ出てきたな、って思った

違憲なのかどうなのかにアンケートで多数だから!ってのは流石にわろた

174 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 10:36:21.72 ID:O8LGEp/b
むしろ出たがりだろ

175 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 10:57:01.94 ID:cXVCK8gZ
>>173
憲法のプロの多くが違憲とまず言ってるのに
相変わらず都合の良い耳してるね

176 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 11:27:22.04 ID:vgJRJv82
論理じゃなくて数?

177 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 13:58:59.72 ID:cXVCK8gZ
数による正当性の証明も一つの論理だが
ましてや憲法のプロという最も網目の細かいふるいにかけた結果
圧倒的に違憲とでている

178 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 14:59:32.82 ID:BXlayZbg
最も網目の細かいふるいって最高裁だろ

179 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 15:04:20.93 ID:vgJRJv82
クソ左翼の粗い目だろ

180 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 16:13:18.84 ID:J7ZiiaMg
木村先生も細谷先生も条文上、集団的自衛権を行使できる余地は小さいってことでは
見解が一致してたね
賛成派も反対派もこういう認識をベースにしないで
中国&南シナ海問題や地球の裏側論を語るからかみ合わないんだろう
まあ、時の政府と時の政権与党が多数派となった国会の判断次第だから
どっちも成立すると言えばするのかもしれないけど

181 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 16:52:38.55 ID:91eVBiIz
50年に一度の大雨のために堤防を用意するようなもんだよ
出番は滅多にないけど怠っちゃいかん、と

182 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 17:46:31.81 ID:hebGXDME
細谷は立法事実に欠くことを認めたようなもんだ
経済危機も重要影響事態となりうるとする岡本と食い違った
これだけでも一貫した説明がなされていないことがわかるし
木村が言うように明確性に欠く欠陥法案だ

183 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 22:22:04.82 ID:bP/Qth06
このスレ業界の人間ととにかく法案潰したい運動家崩れが混ざってるね
どれがどれとは言わないが

184 :法の下の名無し:2015/09/13(日) 23:18:54.21 ID:J7ZiiaMg
仮に反対派から見れば強行採決
賛成派から見れば問題ない通常の採決がなされて可決成立した場合でも
反対派は選挙で多数派となって再改正すれば解決なんだよ

運動も大事だけどそれが功を奏しなかった場合は、それこそ選挙で多数派となり
再改正することが現実的な選択だよ

185 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 00:55:53.19 ID:JuV4NjZm
東大は正直政治に関わる学問の府としては信用性が低いな
水俣病の時も地元の大学が有害だと言ってるのに政府や企業と癒着して隠蔽に加担したのは東大の医学部だし

186 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 03:24:55.22 ID:1GhLi4TD
安保に関わる法案で具体的な立法事実を求める方がおかしいだろ
目の前に危機が到来する前に準備をするという事柄の性質上、
おのずと立法事実は抽象的にならざるを得ない

187 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 14:34:06.53 ID:HjiHergf
シールズの若造よりこの人を呼ぶべき
田崎論破してほしい

188 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 18:29:10.90 ID:tvpuYzbV
とりあえず、憲法問題以外の出番は減らすべきだ。
若い時の時間は貴重だということを、この人は分かっていないらしい。
芸能ネタや事件ネタにコメントすることなんて、意味がない。

189 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 18:32:35.65 ID:5lCA6zWz
そんなことまでしてるんか
舛添要一路線かな

190 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 19:58:23.02 ID:FcfLg2Iy
>>186
>目の前に危機が到来する前に準備をするという事柄の性質上、
>おのずと立法事実は抽象的にならざるを得ない

その話もわからんではないが、戦前の失敗に鑑みて、
あえて(広範な)軍事オプションをごっそり捨てているのが現行憲法だからな。

全面的な戦争禁止原則の例外を基礎づけようとするなら、その立法事実も明確かつ限定されたものにならざるをえないだろう。

191 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 22:25:04.32 ID:fJFteDIZ
入江メモ決定的だったな。草太もGJ。
その上で、草太というとカミソリオッカムを思い浮かべる。
余計な説明原理を断固排する。だがしかし東大帰還はないだろう。
その点、西村の晦渋な文体で綴るドイツ観念論のような原理的思考は
魅力的だ。東大憲法の後継者は彼が相応しい。
頭はもちろん最高だが宍戸はこれまた難渋な蟻川の事故による棚ぼたっぽい。
何を言いたいかというと、オッカムのカミソリならば、憲法13条を持ち出して
自衛権を論ずるのはいかがなものかと。酒入ってますハイ。

192 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 22:33:32.35 ID:cgyKIt7g
個別の判事のメモが決定的w

本当に9条の話になると普段出てこない奇抜な方法論が唱えられるね

193 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 22:34:08.55 ID:cgyKIt7g
蟻川は事故というか事件だね

194 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 22:35:06.39 ID:fJFteDIZ
なんで?
法解釈の方法の一つ、歴史的解釈にとって当事者の証言は第一級の資料だよ。
笹倉教授の本にわかりやすくかいてある。

195 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 22:49:44.36 ID:cgyKIt7g
判決の意味は個別の判事の内心に則して理解すべきというならそうだろうね

196 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 22:57:48.61 ID:IFoFM38q
じゃあ自衛即他衛の田中メモが出てきたら相殺だね

197 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 22:58:40.80 ID:cgyKIt7g
>>196
シーッ

198 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 23:05:27.74 ID:fJFteDIZ
それはアメリカの意向を受けて露骨な政治介入をしたことがバレてしまった
田中長官のメモが出てきてから論ずればよいことだろ。

199 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 23:16:50.42 ID:cgyKIt7g
そういう事ではなく如何に解釈手法として奇妙かってことなんだがw
ま、頑張ってください

それにしても基地設置は駐留軍用地特別措置法ではだめで
住民投票を要する特別法が必要というのも
過去に反基地運動家が出してきた(そして否定された)論理の練り直しに過ぎないし
木村さんもどんどんおかしな方向にいってるようにしかみえんけど大丈夫なんかな

まあ東大に戻るより憲法評論家でメディアでる方が楽しいかもしれないが

200 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 23:19:28.20 ID:ET8m4AGn
合憲派の言う芦田修正の方が遥かに理屈として通ってる感じがするわ

201 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 23:21:07.21 ID:ET8m4AGn
後個人的に感じたんだが、この人の目付きこえぇよ
なんか荒むことでも逢ったのかね?

202 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 23:28:11.77 ID:IFoFM38q
目つきは先天的なものもあるから関係ない

大体、言いたいことあるなら判決の補足意見に書けば良いわけで、
補足意見ですらない手元の書き込みを元にあれこれ言うのは意味がない

203 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 23:29:40.43 ID:FcfLg2Iy
入江メモ
http://togetter.com/li/873780?page=1

まあ、そうだよね。

204 :法の下の名無し:2015/09/14(月) 23:54:17.63 ID:8fjcOJgB
今や体制側にとってもっとも危険な人物、若きオピニオンリーダー木村草太
荒れ狂う反動の嵐から日本を救いだすスーパースターそれが木村草太だー

205 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 00:01:17.49 ID:/lfq832m
>>203
そのリンク先をとりあえずざっと読んでみたが、それ、なんの意味があるの?
単に「自衛のための戦力の保持をも禁じたものであるか否かは別として」
という部分に対応してるだけのように見えるんだが
いや、放送そのものは見てないので、もし放送ではメモの内容がもっと
詳しかったのならすまんが

いずれにしても、既出だけど、(そもそも内容の意味合いが分からないのは置くとしても)
判決内容どころか、補足意見として発表されてすらいない、単なる個人的メモが
発見されたからって、一体なんだというのか
まあマスコミが話題にするのは自由だけど、仮にも学者のみなさんが、しかも
政府の主張に対しては「そんな判断はされていない、争点にすらなっていない」
という批判をしていた人たち(だったと思うんだが、もし誤解だったらすまん)が、
そんなものを取り上げるのは、一体どういうことなのか
そんなら、田中長官が正式に発表した補足意見のほうが、まだよっぽど取り上げるに
値すると思うんですがw
いや、割とマジで、そのメモを取り上げるべき理由が何か説明されてるの?
俺にはちょっと理解できない

206 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 00:05:28.68 ID:St8U/6um
むしろ日米安保合憲論かつ自衛隊違憲論に親和的なんじゃないの、このメモって

207 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 00:16:05.24 ID:tcnXLU6H
解釈の真意はどこにあったのか?その射程範囲は?
砂川のそれについては、実は判例自体がかなり明確で争いようがないところを、
窮地の高村が縋ってきた、というのが実相。
専門家誰もが呆れたこの論法に、決定的なダメージを与えたのが今回の入江メモ。
大法廷判決が全員一致で下した判断の内容が、これによって改めて明確となった
(当然全員一致の合議内容を指し示すものだ)。
立法事実が各種社会的・経済的資料によって認定されるように、解釈の真意についても、
外からの推定によって明確になる場合もあるし、やらなければわからない場合がある。
初めから明確であった砂川の射程について、裁判官その人が「証言」したことは
ダメ押しといってよく、限りなく重い意味をもつ。

208 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 00:34:05.50 ID:St8U/6um
全然的外れ
政権は砂川判決を直接の根拠としていないし、自衛権が認められるという点だけで十分
1/15に過ぎない一判事の私的メモが公定解釈になるはずもない

209 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 02:24:52.18 ID:PeIIPJpa
>>208
何を言っているのかよくわからん。
砂川が自衛のための戦力保持やまして集団的自衛権に「何も積極的な判断していないこと」
を補強する資料だと思うが、何か異論があるのか?

210 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 02:49:00.96 ID:ykqYKJCI
異論はないよ
集団的自衛権を否定する根拠にならないというだけ

211 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 02:52:26.55 ID:NWxAQls+
これはもう田中メモを発掘するしかないな
自衛は他衛、他衛は自衛
でもフルスペックは他衛だから自衛ではない
限定的なら他衛じゃなくて自衛の自衛
という政府答弁の通りのわけのわからないメモが出てくるに違いない

212 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 02:58:32.35 ID:ykqYKJCI
メモはともかく、米国側にはもっと詳細な会談記録とかあるかもな

213 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 07:47:09.25 ID:PeIIPJpa
>>210
「集団的自衛権を肯定する根拠にならないという」ことは認めるのか?

214 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 09:13:37.64 ID:wrqubHeo
自衛権を認めているんだから当然その構成要素たる集団的自衛権も含まれるよ

215 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 10:43:00.22 ID:AiCABXMd
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」
という言葉を思いだした。
相手本位にきめ細やかに導いてあげないと人を説得することは難しいという意に理解する。

>自衛権を認めているんだから当然その構成要素たる集団的自衛権も含まれるよ

片言半句から誤った三段論法の適用をしているというしかないな。

砂川判決は、文理の構造上、一般論として「自衛の措置」を取りうるけれど、
その具体的な方途としてどのような手段でも可能である、という立場にたっていないよな。

他国に援助を求める方法はOKだが、自衛用に戦力を持って良いかどうかは別の話だ、という論旨になっている。

216 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 10:49:05.67 ID:1cNudr/E
集団的自衛権を積極的に否定しているということを論証しなければいけないのは違憲論の側だよ
自衛隊全般を否定するのならともかく、個別的自衛権だけ認めて集団的自衛権は否定していると読み込むのは至難の業だよ

217 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 11:17:41.63 ID:9yF7kCnB
>>216
戦力放棄をうたう中、自然権や自己保存からフルの集団的自衛権を認めるのはしんどい

218 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 11:57:47.29 ID:f3deRlS4
だからフルじゃなくて自国の存立に関わるものに限定する、って論理でしょ

219 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 12:14:27.03 ID:JThzKzGF
限定になっていない
提案側自体が混乱している

220 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 12:16:36.86 ID:f3deRlS4
限定になってるかなってないかは君の主観だろ
答弁者がフラフラしてるのはその通りだが

221 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 12:33:48.03 ID:8QhOLfso
とまぁ木村先生がいうほど木村論法は法学を学んだ人間を説得できているわけではないのでした

「既に決着がついている」とか断定調なのは自信のなさの表れか

222 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 12:45:43.26 ID:ydZHqz4K
つーか、しつこくて悪いが、そのメモを重視しなければならない理由が何か説明されてるの?
入江判事は補足意見も書いてるが、その中では統治行為論を詳しく説明してるだけで、
自衛のための戦力には何も触れてなかったと思うんだが
もし自衛権や戦力保持の可否・範囲について、何らかの考えがあったのなら、
補足意見に盛り込むこともできなくはなかっただろうけど、実際には補足意見に
その点を何も書かなかったわけだ
それを今になってから何か重大な意味があるかのように取り上げるなんて、
それこそ、誰が言ったか忘れたが「傍論ですらない暴論」というやつじゃないのかねw

223 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 12:55:51.65 ID:nCNtj3M9
同感だね。テレビを見ている一般の視聴者を「裁判官(の一人)は本当はそう考えていたんだ」
と誘導することは出来るかもしれんが解釈論としては的外れもいいところだろう
法学者ないし法律家で納得する奴はもう一度教育受け直した方がいい

木村草太も専門家としての矜持を捨ててなんにでも飛び付くようになったら
もはや世論誘導の憲法芸人にすぎなくなる

224 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 13:05:22.97 ID:tcnXLU6H
一人でご苦労なこった。
大多数の憲法学者、長官含む元最高裁裁判官、元内閣法制局長官がまるで素人みたいだ、ああ2ちゃんらしいw

225 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 13:12:11.72 ID:f3deRlS4
>>224
もし入江メモを根拠に論じるような人間がいたら、それは紛れもなく素人だよ

226 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 13:15:40.17 ID:nCNtj3M9
おお自演にされてしまっているこわやこわやw

227 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 13:17:46.65 ID:f3deRlS4
これからは法学入門の教科書も書き直さなくちゃいかん
法源の項目に最高裁判例に加えて判事の私的メモも書き足さないとな

228 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 13:19:55.65 ID:tcnXLU6H
法源?
アハハハハ。見えない敵と戦ってますね、さすが2ちゃんw

229 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 13:21:27.67 ID:nCNtj3M9
ある学者ないし判事の法思想研究ならメモも意味ある資料だがね

判決の解釈に影響するメモってのはまた破壊力抜群
合議で通らなかった意見もあとで判例集の隅に書いておけば
判決の射程を左右できるらしいw

230 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 13:23:30.15 ID:f3deRlS4
後で弁明的にメモを残すことも出来るしな

231 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 13:28:26.82 ID:nCNtj3M9
判例集へのメモにそれだけの意味があるなら
裁判官が事後的に発表した論文なんかそれこそ全て判決解釈に影響を与えないとね

裁判官が存命のうちはその判決の解釈は確定できないことになるw

232 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 13:35:18.12 ID:f3deRlS4
それこそゴールポストを事後的に動かすような話だよ

233 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 16:39:11.02 ID:otLqBg6f
メモを叩いている人は、
どうしても「砂川事件が集団的自衛権の根拠になる」説を捨てられないの?

判決本文だけみても根拠にするのは無理だし、メモをみてもやっぱりという感しかない。

多分、もとは高村さんの世論向けの思いつきでしょう(ご本人も信じているのやら?)
もう諦めればいいのに。

234 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 16:48:25.71 ID:hor+Qtku
根拠だなんて誰も言ってない
政府も「軌を一にする」という言葉遣いをしている
不勉強な書き込みはいい加減にしろ

235 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 18:03:29.41 ID:otLqBg6f
安倍晋三首相は26日、安全保障関連法案を審議する衆院特別委員会で、
「平和安全法制の考え方は砂川判決の考え方に沿ったもので、判決は自衛権の限定容認が合憲である根拠たりうる」と述べた。
http://www.asahi.com/articles/ASH6V3GBMH6VUTFK00D.html

236 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 18:58:26.01 ID:x9U1y0vR
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/189/0298/18906150298010.pdf

237 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 19:00:42.84 ID:x9U1y0vR
これが、昭和47年の政府見解の基本的論理、あるいは法理と申し上げている考え方だ。
またこれは、昭和34年の砂川判決の最高裁判決が言うところの、わが国が自国の平和と安全を維持し、
その存立を全うするために必要な自衛のための措置を取り得ることは、
国家固有の権能の行使として当然のことと言わなければならないという判示とも軌を一にするものだ。
https://www.komei.or.jp/news/detail/20150915_18002

238 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 20:02:11.09 ID:xSfuaOPl
判決は集団的自衛権行使を合憲と判示した→間違い

判決は集団的自衛権行使を禁止していない→正しい

ここまではいい。問題は、その中間をどう理解するかだ。

判決は集団的自衛権行使について何も言っていないが
そこで示される論理を敷衍すれば集団的自衛権の一部も含まれるとみることは可能

これが政府の見解。そうは読めないという意見と読めるという意見がある。
どちらも一定の論理があって破たんしているというほどでもない。
そしてこういう争いがあるのは判決の解釈として珍しい話ではない。
だからあり得ないと声高に叫ぶ人間が一層胡散臭く見える。

239 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 20:04:50.32 ID:xSfuaOPl
>>233
叩かれているのは「メモ」そのものではなくて
判決解釈において「メモが決定的」だという素人さんだろう。

240 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 20:07:29.10 ID:HB6m3YkO
もうここまでくると宗教的な信仰の世界なんだよ
だから異端派は存在すら黙殺される

241 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 20:10:10.72 ID:otLqBg6f
安倍氏は「根拠だ」と言っちゃってるけど(高村氏も討論番組でそれらしく言ってるぽいけど)
結局「砂川事件は集団的自衛権の根拠にならない」で良いかな。

しかし、この「軌を一にする」という言い方、「@9条1項だけのべて、A2項については触れない」式の議論に似ている気がする。
砂川は、@一般論で「自衛の措置」は取れても、A憲法の制約下でその具体的な方途として何が出来るかは別論だといっている。

@だけ取り出して「軌を一にする」と言われても、肝心のAでどうなのか、Aの問題に触れないで、@だけ強調するのは、
都合の悪いところの説明を避けて、都合の良いところだけアピールする偏頗さアンフェアさを禁じ得ない。

242 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 20:23:41.99 ID:lZSnNpzE
>>241
その命題を論ずるには「根拠」に込められている意味も問題になるんだが
>>238の意味も理解できてなさそうだし君には難しいか。

243 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 20:24:26.05 ID:HB6m3YkO
だから具体的な措置として自衛隊による限定的な集団的自衛権行使までを認めるんだろ

244 :法の下の名無し:2015/09/15(火) 23:32:34.45 ID:NWxAQls+
そもそも誰が半世紀前の砂川事件判決から限定的集団的自衛権という特殊日本的なものを発掘したんだろうな
まさにゴッドハンドですよ

245 :法の下の名無し:2015/09/16(水) 08:52:08.78 ID:4sA/7D4c
9条に関する最高裁判決なんだからその趣旨を踏まえるのは自然やん

246 :憲法に守られる在日スパイ・創価・ヤクザ:2015/09/16(水) 11:53:17.33 ID:SxxAekSW
最近良くメディアに顔を出す、木村草太とかいう、護憲派の憲法学者がヤバ過ぎる

NHK出版の著書で、
・最初の章でいきなり、日の丸/君が代に反対する(朝鮮人)教師の人権を擁護
・昭和天皇をヒトラーと同列に語って戦犯扱い。
・敗戦&日本国憲法発布のおかげで、国民は天皇支配から解放された
と、視点がまるで朝鮮民族。

こんな人が、日本の将来を決める改憲問題を語るとは世も末だなw
自民党はまさに、こういうスパイレベルの帰化人?を調査・摘発することも含めて
改憲しようとしてると思うんだが。

247 :法の下の名無し:2015/09/16(水) 16:08:48.27 ID:dzPMpBZe
大川隆法によれば「左翼の救世主」らしいからなw

248 :法の下の名無し:2015/09/16(水) 20:24:16.33 ID:d25m5Te9
>自民党はまさに、こういうスパイレベルの帰化人?を調査・摘発することも含めて
改憲しようとしてると思うんだが。

そういうことを支持するんですね。
私はそれこそ「ヤバ過ぎる」と思いますよ。

249 :法の下の名無し:2015/09/16(水) 23:12:04.23 ID:EPkgNQTA
しかし長谷部と石川と樋口が国会前で声張り上げる時代とはw

250 :法の下の名無し:2015/09/16(水) 23:27:03.37 ID:r2TWgaLE
かえって宍戸が光るな

251 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 00:00:38.86 ID:czrtBcBG
宍戸は別になにも言ってないじゃん。
国際法の森に賛同したわけ。
たしかに長谷部たちとはスタンスは微妙に違うのだろうけど、
今の政府のやり方でこの法案を成立させることに賛成してる
なんていえるのか。
東大シンポでは会場設営を手伝ってたよ。

252 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 00:08:02.35 ID:OqjbK2CL
誰も賛成しているなんて言ってないぞ
政治運動から距離を置いていることが光るというだけ

253 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 00:20:02.16 ID:czrtBcBG
でも縁の下の力持ちやってるじゃん
石川が引退したら前面にでてくるんだよ
というのは微妙で、学者のスタンス以前にどちらかというと
法哲井上に近いのではないかと邪推している。
師匠が集団的自衛権には反対と明言しているのに、
媚びへつらってるくせに、ツイで合憲論にばかり簡単に賛同している
みっともない弟子とはもちろん違うよw

254 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 00:22:58.26 ID:OqjbK2CL
くだらん
相手にして損した

255 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 00:24:25.80 ID:czrtBcBG
うよ爺さんお休みw

256 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 00:25:53.62 ID:icd9O/HP
憲法学者がデモに参加…してはいかんという理由は、別に何もないか
まあ平和なことはいいことですな、装甲車も催涙弾も出てこない
無論、民主主義国家である以上は言うまでもないほど当たり前のことだがw
このような平和は、ぜひとも守られてほしいものだ

257 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 01:58:35.29 ID:M0D0v5sB
相変わらず法学業界の人間と妙ちきりんな反対運動家が噛み合わない会話してるねw

258 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 05:24:09.80 ID://vHCkpr
われわれ法学業界の常識は安保法案合憲で決着がついてる!()

259 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 06:39:37.69 ID:cWS+RCuz
「合」を「違」に変えただけでまんま木村のセリフだなw

260 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 07:03:46.87 ID:8UeK2hQ5
>>253
師匠に盲従せず個で考えるのは、オークダーキちゃんの求めるところじゃんw

261 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 10:25:40.19 ID:FRK0KLZN
日曜討論でやり合った細谷雄一の反論来たぞー

武力行使の1形態としてのサイバー攻撃について
http://blog.livedoor.jp/hosoyayuichi/archives/1911783.html

木村草太は受けて立つのかね?

262 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 16:45:33.81 ID:Ii7tzZ1g
木村君って将棋の棋力はどのぐらいなの?
得意戦法は?

263 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 20:06:09.46 ID:+J9oNJFb
木村=中村太地だよ

264 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 22:17:57.12 ID:KP9+Ob+X
木村って司法試験受験歴ありそうだな。
落ちて大学に残ったクチ?

265 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 22:29:58.01 ID:+J9oNJFb
高校時代に教養試験受かってるとか言ってなかったっけ

266 :法の下の名無し:2015/09/17(木) 23:17:18.27 ID:5FMwxAvd
確か学者狙いで学士助手になったんだろ
25か26ぐらいで首大准教授になってたはず

267 :法の下の名無し:2015/09/23(水) 18:50:48.58 ID:JCcWdM92
木村先生、平和的生存権を主張しないかな。

268 :法の下の名無し:2015/09/23(水) 23:48:55.66 ID:zaCjIFo4
木村の憲法論の響かないのは
制度趣旨に照らせばそうだろうなという解釈ではなく
あらかじめ決めた(求められた)答えを小手先の論理操作で
導こうとしているのがみえみえになってしまっているところ

批判対象には完全な論理一貫性を求めながら
自分の論理的飛躍は比喩で埋めようとする

数年前まではそうでもなかったんだが
これじゃ東大には戻れんだろう 憲法芸人になってしまったのか

269 :法の下の名無し:2015/09/23(水) 23:55:07.46 ID:AeGnr/pg
言いたいことは分からんでもない
要するに「小賢しい」ということだろう

270 :法の下の名無し:2015/09/24(木) 00:50:09.01 ID:n6YZI+QM
木村草太氏は自衛隊まで否定してるの?
それとも個別自衛権はオッケー?

271 :法の下の名無し:2015/09/24(木) 01:28:10.71 ID:oaMNEP7K
個別的自衛権は防衛行政で集団的自衛権は軍事権らしいよ

272 :法の下の名無し:2015/09/24(木) 01:44:15.87 ID:sz25HNkt
完全に後付だよなw
そんなワケわからん立論しなくても、政府解釈にのっとれば済んだんじゃないのか。

273 :法の下の名無し:2015/09/24(木) 01:49:37.34 ID:sz25HNkt
補足

「従来の」政府解釈(それに対する批判はここではおいとく)

274 :法の下の名無し:2015/09/24(木) 01:49:51.43 ID:suycWjzV
後付けも後付け
軍事権という概念を説明なく持ち込んだ上
その出元での個別自衛権の位置付けを改変するっつうどうしようもない論法

275 :法の下の名無し:2015/09/24(木) 07:18:01.64 ID:g8j6wbb+
飛んでも解釈

276 :法の下の名無し:2015/09/24(木) 08:36:44.02 ID:n6YZI+QM
>>271
何だそれ(´・_・`)
どっかに記事とかあるかね

277 :法の下の名無し:2015/09/24(木) 08:50:14.05 ID:n6YZI+QM
なんかあった(´・_・`)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150616-00000008-wordleaf-pol&p=1

13条のあんな文言から個別自衛権は容認としてるのか。
憲法学者頭おかしいだろ。
これ誰もツッコミ入れないの?

278 :法の下の名無し:2015/09/24(木) 09:24:50.92 ID:FPCUc/Nf
>>276
君、2周くらい周回遅れだぞ

279 :法の下の名無し:2015/09/24(木) 10:38:41.00 ID:0rAsCiF4
木村先生、平和的生存権を主張しないかな。

280 :法の下の名無し:2015/09/27(日) 21:50:54.96 ID:BvpXsdg+
>>277
そもそも13条のあんな文言を自衛権行使の根拠にしてる政治家、官僚の頭がオカシイので
まとめるならば日本人が狂ってるんです

281 :法の下の名無し:2015/09/27(日) 21:52:48.54 ID:oKLdUYkQ
木村先生は学者の党に参画しますか?

282 :法の下の名無し:2015/09/28(月) 11:11:30.01 ID:0unmDgtB
何が学者の党なんだか

1945年で思考の停まった憲法学者の考える安保政策を推す党が学者を僭称しないで欲しいね

283 :法の下の名無し:2015/10/04(日) 02:59:22.34 ID:RlCNieAe
憲法学は理念をベースにしたあくまで学術 
政治活動とは別物

284 :法の下の名無し:2015/10/04(日) 07:47:51.60 ID:p9cPPA+Z
この人の喋り、ちょっとムカつく

285 :法の下の名無し:2015/10/04(日) 10:48:28.41 ID:1jdTySza
木村説

例えて言えば、大名が家老に「戦を起こしてはならないが、家中のことは任せた、どうしても戦を起こす場合は余の了解を取れ」という時に、
家老が、他の大名から攻められたときに防戦するのは良いが、自分から攻めにいったり、他家の防戦に出て行ったりするのはダメで、改めて主人の審議を得なければ
ならない、というもののように理解した。

286 :法の下の名無し:2015/10/04(日) 12:57:34.84 ID:O52Kz7W6
なんの意味がある例えなんだ?

287 :法の下の名無し:2015/10/04(日) 17:55:46.46 ID:pOdBdBsY
なんつーかこの人理解したうんぬんは勝手にやってくれと思うのだ、相手の話から本旨を抜き取って都合良く返すだけなんだよな

相手はいきなり聞くのでトンチキ過ぎてキョドってしまう

288 :法の下の名無し:2015/10/10(土) 00:14:41.70 ID:2TZkwpkc
「実質的勝利」とか往生際が悪いね

最高裁判例が出たわけでもないのに法解釈論で「決着がついている」、というのも言えば言うほど学問的誠実性に欠けているようにしか見えんし。

あそこまで吹き上がるとこうやって自己防衛に走るしかなくなる、という良い反面教師となったね。

289 :法の下の名無し:2015/10/10(土) 01:01:01.53 ID:1JIFkWGW
お互い勝ったと思ってるなら幸せでええやん

290 :法の下の名無し:2015/10/10(土) 02:22:28.90 ID:rn01BVa5
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015093000002.html

> この判決は、日本の「自衛の措置」として、アメリカ軍を日本に駐留させることは憲法違反でないと判断したに過ぎない。

砂川事件判決は,安保条約合憲判決だとでも言うのか!?

291 :法の下の名無し:2015/10/10(土) 09:13:17.91 ID:/i36cPxp
こんなホームページあったわ

司法書士の非弁行為
司法書士の弁護士法・行政書士法違反懲戒事例
http://shiho-syoshi.jimdo.com/

292 :法の下の名無し:2015/10/15(木) 00:00:48.82 ID:wgFVcrTF
9条に関する木村説は長谷部説じゃん

293 :法の下の名無し:2015/10/15(木) 02:05:47.76 ID:SPfTI71c
軍事権説()はオリジナルだから(震え声)

294 :法の下の名無し:2015/10/22(木) 22:22:03.56 ID:2cU1vCTt
小学校

295 :法の下の名無し:2015/10/22(木) 22:22:59.07 ID:C+FysErv
木村は中島青柳とは違うのかな

296 :法の下の名無し:2015/10/23(金) 23:56:17.86 ID:DzRnKDOG
東大で憲法学者と言えば、戦後に前世代の学者が公職追放でいなくなった後の敗戦利得者たちの巣窟でしょう。

297 :法の下の名無し:2015/10/25(日) 00:41:15.69 ID:wFBOuSdR
宮澤は戦前から帝大教授だぞ

298 :法の下の名無し:2015/10/25(日) 18:11:05.04 ID:YyxhkZts
変節漢として生き延びた人の方が地味に多かったような

299 :法の下の名無し:2015/11/02(月) 12:24:03.39 ID:u/opRW/L
土曜日に東京国際フォーラムで人権に関するシンポジウムがあって木村さんをはじめてみました
木村ファンの人が多いようですねマスコミが放っておかないでしょう
「平等権」と「差別されない権利」の違いについてムスリム情報収集事件、
(小学校の)組体操問題、同性婚問題など素人にわかりやすく説明してくれました
難民問題については、国家を海岸を担当エリアごとに監視するライフセーバーに例えて
ひとつの国家がどれくらい難民を受け入れるべきか(または拒否できるか)の論旨が印象的でした

300 :法の下の名無し:2015/11/03(火) 23:40:49.41 ID:DcyeZKxW
左翼の人や護憲派の人が矛盾してるのは
安全保障法案を解釈改憲で認めるのは憲法違反だとか言ってるくせに
自分達は同性婚とか難民問題とか夫婦別姓問題とか自分達のイデオロギーの為に
解釈改憲しまくってるのが凄い矛盾してるしおかしいしいい加減極まりない

301 :法の下の名無し:2015/11/04(水) 01:44:55.55 ID:kSNy1Emp
難民はわかるけど同性婚に反対する理由がいまいちわからない

302 :法の下の名無し:2015/11/06(金) 04:18:23.79 ID:TBAXIWKx
憲法の”統治”部分はいくら融通無碍に改憲してもそう問題はないと思うんだよな
立憲体制を守る上では”人権”部分のとりわけ自由権をきっちり保障できるかどうかが重要
そういう意味で人権の解釈改憲を連発するのは集団的自衛権を解釈改憲するよりも危険かもね

303 :法の下の名無し:2015/11/06(金) 09:30:50.06 ID:D+JP5ahC
ダメだろ

304 :法の下の名無し:2015/11/08(日) 18:49:53.65 ID:9jxkYFfG
>>300
難民問題は何かはわからんが
夫婦別姓問題で何を解釈改憲したんだ?

305 :法の下の名無し:2015/11/08(日) 18:54:23.39 ID:X3nZ0hqX
とりあえずトチ狂ってる頭の可哀想な社会の屑だってことはわかった

306 :法の下の名無し:2015/11/09(月) 04:31:11.27 ID:IBMmgD8N
前はもっと論理的だったけど、最近は古舘に影響されたのかイデオロギー、感情論増えたね
がっかり

307 :法の下の名無し:2015/11/13(金) 13:45:05.23 ID:wlGqyKj9
>国家を海岸を担当エリアごとに監視するライフセーバーに例えて
>ひとつの国家がどれくらい難民を受け入れるべきか(または拒否できるか)

ただの思い込みじゃねーか
勝手にライフセーバーのような職務を負わせる根拠0
憲法はこんなこと決めてないし
一般国際法も難民受け入れ義務なんて定めてない

なぜ憲法学者は政策問題に法的な衣を着せて
あたかも規範的要請があるかのように装うのだろう

308 :法の下の名無し:2015/11/16(月) 22:56:27.12 ID:p3GoIWxk
どうも木村は,自分の望む結論を性急な論理(だけ)で導いてしまうクセがあるようだ。

309 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 00:54:27.18 ID:PPbiopPM
ttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=141590

ぶったまげたなw木村は真面目に公法学やるのをあきらめたのか

力強い「公益性がない」という断言と裏腹に根拠が殆どない

平等原則に至ってはどこから突っ込めばいいのか
首都大では教員公募に複数の応募があっても同等の経歴と業績なら
「平等原則」で全員採用するのか?w

310 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 01:11:15.18 ID:PPbiopPM
「新手」だからあえてやっているのか
でもこれじゃあ珍手だよ

311 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 02:58:20.22 ID:P02UyBjN
木村って御用学者的な結論ありきのむりやりな論理展開はしないやつだと思ってた
幻滅したわ

312 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 06:49:48.18 ID:6ABBjv/g
軍事権説で定評のある先生だっけ?

313 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 12:02:49.39 ID:J0O8h5ZK
「ある意味」定評な。
一般人や学生があんな議論を真に受けないよう祈る。

314 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 12:20:34.48 ID:pD/GZCG8
美濃部、宮澤、芦部等々、歴代の錚々たる学者が気づかなかったなんてスゴイよね
9条関係なく軍事権説で一発で解決出来ちゃうんだから

315 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 12:41:35.45 ID:Tg4Gu4DV
いかなる憲法においても武力行使は軍事権として定められなければならない
という命題を真空から生み出す面の皮の厚さがなかったのだろう

316 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 12:45:27.33 ID:J0O8h5ZK
今後ホメ殺しでいくか。

木村先生は憲法制定者に等しい。

317 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 13:05:04.16 ID:J0O8h5ZK
憲法制定権力をも超越する
万能の木村権

318 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 19:18:07.82 ID:I2PnWH2r
516 善意の第三者[sage] 投稿日:2015/11/16(月) 22:39:19
報道ステーションで木村草太先生なにもしゃべれなかった。
所詮憲法学者なんだろうか。
安全保障をどうするか、生きやすい社会をどうするか、そうしたことなど何も考えていない

517 名前:善意の第三者[sage] 投稿日:2015/11/16(月) 22:48:47
>>616
木村相太先生喋ったよ


「個人情報は大切です。データベース化したりするのは人権侵害
諜報機関がやってることはどの国も腐ってる。
データベース化できるのは、オウム真理教や山口組だけ。
とりあえず、過去の犯罪歴以外はデータベース化禁止だ」

↑うーん・・・・

319 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 19:30:40.41 ID:pVFHFDcd
ちょっと何言ってるか分からないですね

320 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 21:36:41.05 ID:T+JomzEk
首都大は学生の氏名住所成績をデータベース化してないんだろうね
それでよくまわるねすごいね(棒)

321 :法の下の名無し:2015/11/17(火) 22:09:54.76 ID:J0O8h5ZK
木村大先生の仰せに従い国勢調査を廃止しましょう。
そしたら選挙区割も出来なくなって一票の格差問題も消滅。
さすが大先生だ!

322 :法の下の名無し:2015/11/19(木) 07:53:31.32 ID:mA0bUBHx
臨時会を開かないことについて何か言ってる?
9条よりはっきり明文に反してると思うんだけど

323 :法の下の名無し:2015/11/19(木) 10:51:59.46 ID:66mIegz4
南野は10月21日に出された要求に1月開催で応えるのと
11月に出された要求に1月開催で応えるのでは
全く違う、という本気か冗談か分からないことを言っていたが。

木村はさすがにこんなトンチンカンなことは言わんだろ。
なんとか違憲という論理をひねり出すところと予想。

324 :法の下の名無し:2015/11/19(木) 11:20:41.49 ID:G7lv9K4/
木村は結論ありき

325 :法の下の名無し:2015/11/19(木) 13:30:48.48 ID:TZWkjubc
吉良までもが

326 :法の下の名無し:2015/11/19(木) 19:00:52.64 ID:0PP+qYfk
全方面に喧嘩売ってくスタイルなのか

327 :法の下の名無し:2015/11/19(木) 20:38:03.38 ID:aT76KMiW
>>322
どっちかと言うと、明文で定められないと軍事権が認められないのと合わせて、
明文で招集期限が定められてないと招集権限がない(あるとしても、いつ応じるかは
全くの任意)とでもいうことになるんじゃないの(適当)

328 :法の下の名無し:2015/11/19(木) 21:05:46.72 ID:bLoBM8Jj
もうこれ分かんねえな

329 :法の下の名無し:2015/11/19(木) 23:50:53.81 ID:G7lv9K4/
吉良は黙っとけ

330 :法の下の名無し:2015/11/20(金) 13:10:16.19 ID:H7yrsEpH
井上先生との対談はよ!

331 :法の下の名無し:2015/11/20(金) 23:57:39.94 ID:5MpHvQHh
木材草木

332 :法の下の名無し:2015/11/21(土) 00:49:14.52 ID:u0BBcvo5
木村先生は秘密保護法は指示してたり少し前まで政府批判ばかりする方じゃなかったんだが、最近はどうも左翼の道具にされてるきらいがある

333 :法の下の名無し:2015/11/22(日) 16:42:33.36 ID:+tYMjijI
居心地の良さを感じちゃってるんだろ

334 :大作 83:2015/11/22(日) 20:32:12.75 ID:9mUwy2Ng
屁理屈事件の横行。

335 :法の下の名無し:2015/11/24(火) 00:10:01.09 ID:CLGKJcJm
大阪経済大学はパワハラが原因で、
何度も裁判を起こされている。

http://akindofgolden.web.fc2.com/

336 :法の下の名無し:2015/11/24(火) 21:11:19.62 ID:OXt7pdrK
基本書まとめました。
http://shihousiken.wiki.fc2.com/

民法
辞書的にくわしいもの持つべし。

337 :法の下の名無し:2015/11/27(金) 20:08:20.98 ID:PbpFUSya
しばき隊が報道ステーションに出演していると話題に…
https://youtu.be/3lWi20ZAPA0

木村草太先生にそっくりだと話題です。
入れ墨紋々の人々と一緒に写っています。

338 :法の下の名無し:2015/11/28(土) 03:39:05.20 ID:fOmFIS/H
大阪経済大学はパワハラが原因で、
何度も裁判を起こされている。

http://akindofgolden.web.fc2.com/

339 :法の下の名無し:2015/11/28(土) 03:51:23.07 ID:uHsQSet4
司法試験考査委員・中島徹・早大憲法教授が破廉恥メール
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/11831/1445424755/


↑集団的自衛権反対の急先鋒

BPO理事として安倍政権を批判

340 :法の下の名無し:2015/11/29(日) 11:13:30.08 ID:Pln+cJvP
>>337
さすがに別人だろw

341 :法の下の名無し:2015/11/30(月) 13:24:56.22 ID:CK3juH4L
大阪経済大学はパワハラが原因で、
何度も裁判を起こされている。

http://akindofgolden.web.fc2.com/

342 :法の下の名無し:2015/12/03(木) 09:54:35.70 ID:sPOZvGiV
>辺野古の基地設置は法律により決定されるべきであり、法律を制定する場合は
>日本国憲法第95条により法的拘束力のある住民投票を行う必要がある、
>と木村は主張し、行政の判断により住民投票なく進められている
>辺野古基地移設については違憲の疑いがあるとしている

その為に国民の代表を国会に出しているけどね。

343 :法の下の名無し:2015/12/03(木) 21:20:54.23 ID:93X2WeVk
それは批判になってないぞ

344 :法の下の名無し:2015/12/05(土) 22:49:04.15 ID:ky2jnLBR
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1390119702/l50

345 :法の下の名無し:2015/12/07(月) 01:23:38.19 ID:KTQkEaCj
駐留軍用地特別措置法ではだめだという根拠を詳しく書くことなく、いきなり憲法95条に飛躍するからね

これまで基地を含む公共施設の建設において各地の住民投票を経た個別の立法が必要などという論理が認められた例を知らないし

米軍基地だけは例外だという論理をひねり出そうとされているのだろうが筋悪だ


346 :法の下の名無し:2015/12/07(月) 01:30:45.94 ID:KTQkEaCj
原発にせよ基地にせよ国家的に必要だが地元の住民には反対される施設というのはあるわけで
それら一つ一つについて住民投票を行い、結果的にどこにも建設できないことになっても仕方ない、ということが憲法95条の趣旨だと本気でこの人は考えているのかな

舞い込んだ依頼に頭の体操的に答えているうちに本気で信じ込んじゃっただけで その解釈の帰結まで真剣に考えているとは思えん

347 :法の下の名無し:2015/12/07(月) 04:32:21.16 ID:Dp2lf/DY
住民投票の結果が賛成でも文句はないんだよな?

348 :法の下の名無し:2015/12/07(月) 15:35:16.82 ID:Y3/52THn
そりゃそうだろ
「法律家共同体のコンセンサス」とやらを持ち出して否定するのかも知れんが

349 :法の下の名無し:2015/12/07(月) 21:59:51.66 ID:tQB6CIv7
東大憲法学の正統な後継者、という事は敗戦利得者の正統な、後継者という事でもある。

350 :法の下の名無し:2015/12/08(火) 17:23:33.84 ID:dneHq87Q
正統な、でも無さそうだからこまるんだよな

憲法芸人として花開きそう

351 :法の下の名無し:2015/12/08(火) 18:54:03.68 ID:k/aJjkH1
正統じゃない。

352 :法の下の名無し:2015/12/09(水) 04:56:16.31 ID:nHfWH/cO
長谷部の法律家共同体論は憲法学内部でどう評価されてるのかね。

353 :法の下の名無し:2015/12/09(水) 18:25:09.77 ID:zoUWKSNg
この人なんでこんな憲法芸人になっちゃったの?

354 :法の下の名無し:2015/12/09(水) 22:53:13.93 ID:YL16HZ65
>>352
まず自衛隊の合憲性についてコンセンサスが無い時点でね

355 :法の下の名無し:2015/12/10(木) 19:39:00.95 ID:+nLMlkQJ
>>354
あっ(察し)

356 :法の下の名無し:2015/12/21(月) 10:18:59.29 ID:LOsQ2WvU
【画像】本日のネトウヨファッションショーの様子がこちらwwwww
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1450609513/

357 :法の下の名無し:2015/12/23(水) 23:15:05.98 ID:SkNI1Rsm
最高裁は選択的夫婦別姓に理解を示している・憲法学者の木村草太氏が「同姓合憲」判決を解説
ttp://www.videonews.com/commentary/151219-02/

面白がって貼ってみる

358 :法の下の名無し:2015/12/26(土) 13:11:46.44 ID:nB507aIA
(オトコの別腹)木村草太さん 「近江屋洋菓子店」のレーズンビスクウィ
http://www.asahi.com/articles/DA3S12130069.html

359 :法の下の名無し:2016/01/04(月) 03:07:58.02 ID:wszJMYdt
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1364510719/17
        ↑ ↑  ↑ ↑  ↑ ↑ 

360 :法の下の名無し:2016/01/16(土) 16:05:57.13 ID:O+O9vFDj
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47347

> 政府・与党は、最後の最後まで「(1959年の)砂川判決で集団的自衛権の行使は認められている」と言い張った。
> しかし、この判決は、日本の「自衛の措置」として、アメリカ軍を日本に駐留させることは憲法違反でないと判断したに過ぎない。
                                                       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だーかーらー。砂川事件判決は合憲判決じゃないっての。


> そして、集団的自衛権の行使が武力行使の一種であることは明らかだ。
> 素直に読めば、憲法9条が集団的自衛権の行使を禁止していると解さざるを得ない。

…武力行使と自衛権は概念が違うんだけど。おまえ学部生(それも出来の悪い)か?

361 :法の下の名無し:2016/01/17(日) 15:16:13.21 ID:wo9FNHjT
切り取られた局部は、治療で再生可能なのか。
 千葉県我孫子市の「メンズあびこ駅前クリニ
ック」の石川勝也院長は、「女性が性転換する
ときに行うような再生手術になる」と話す。再
生手術では、本人の腕や肩、腹部や大腿の皮下組織を含めた皮膚を、失った部分の根本に血管
をつないで移植する。同様に神経もつなぐこと
ができれば、性交渉も可能だという。ただ、神
経をつなぐのはかなり困難で、成功例はごくわずかしかない。
また性交渉には、局部にある程度の硬度が必要
になるため、胸の中心にあって柔軟性が高い肋
軟骨などを移植することもあるという。見た目
を完全に再現することは難しいという。

362 :法の下の名無し:2016/01/17(日) 17:40:39.34 ID:JcPxnKyy
国際法では集団的自衛権によって正当化される武力の行使は違憲、というべきだろうな

この違いが判らないと合憲説の言っていることがいつまでも理解できず
藁人形をたたき続けることになる

363 :法の下の名無し:2016/01/26(火) 22:25:03.40 ID:TqD36BFb
最近の記事だったかな、「安保法制が違憲であることは明らかだがー」と、まだ結論の出ていないことを確定的に書いてて、
前から胡散臭い学者だとは思ってたが、はっきり信用できない学者だと確信したわ。
法学者であるなら、最裁の判決が出るまでは「そうかもしれない」という各々の感想でしかないことは知ってるはずだろうに。

364 :法の下の名無し:2016/01/26(火) 22:41:39.82 ID:qK75/Au+
首都大学東京:日本弱体化憲法に呪縛された、 木村くさっ太 准教授? ←(最低法規の殉教者)

365 :法の下の名無し:2016/01/26(火) 22:45:18.79 ID:qK75/Au+
首都大学東京:日本弱体化憲法に呪縛された、 木村くさっ太 准教授 ←(最低法規の殉教者)

366 :法の下の名無し:2016/01/27(水) 01:53:33.94 ID:VyEHVMZj
>>363
先輩達が同意見だから強気なのでは

最高裁判決は誤りだという主張は無論あり得るが
出る前から断定調というのは
法学者としての矩を踏み超えているという指摘はもっとも
軍事権のあたりからおかしくなったがもう運動家になったのかな

367 :法の下の名無し:2016/01/27(水) 07:14:13.63 ID:ksfy7h1U
学者だから断言するのは別にいいよ
(自分の立場からすれば)違憲ということに過ぎないんだから

368 :法の下の名無し:2016/01/27(水) 09:13:25.71 ID:H0bjV+3D
「違憲ということは明らかだ」
「自分の前提からすれば違憲だ」

両者はまるで違う

369 :法の下の名無し:2016/01/27(水) 09:22:40.40 ID:ksfy7h1U
「違憲ということは(自分の立場からすれば)明らかだ」

同じだよ

370 :法の下の名無し:2016/01/27(水) 14:13:14.59 ID:FuHnB+ty
警察云々の比喩はなりたつのか?

371 :法の下の名無し:2016/01/27(水) 17:54:54.08 ID:H0bjV+3D
>>369
前提が成り立つならという留保があるか無いかはまるで違う
他の解釈はあり得ないという点に主張の核があるのか
あくまで特定の前提から論理的に導かれる答えはこれだという点に核があるのか
勝手に括弧で付け足していいものではない

論文で書く際にこの差異を認識しない法学者がいるのか疑わしい
あなたが法律家でないならすまないがそれはわかっていないだけだ

372 :法の下の名無し:2016/01/27(水) 18:53:39.56 ID:rih6zJKw
「違憲であることはすでに論じ尽くしたとおりだが(拙稿○○を参照)」
みたいに書く方が穏当なのは確かだろうね

373 :法の下の名無し:2016/01/27(水) 21:01:24.91 ID:jnII4urt
>>371-372
法学の論文読んでりゃ「ーは明らか」式の表現は山ほど出てくるだろうが
シロウトは書き込むなよ

374 :法の下の名無し:2016/01/28(木) 07:28:59.87 ID:4hQjv0xg
と素人が吠える

375 :法の下の名無し:2016/01/28(木) 07:58:01.70 ID:dI/YNAqM
文脈無視して表現抜き出して云々しても仕方ない
問題にされてるのは山元説その他のような割合筋の通った違憲論への疑義が呈されているのに
軍事権のような珍説に依拠して「違憲なのは明らか」と断定する軽率さなんだから

376 :法の下の名無し:2016/01/28(木) 14:08:07.86 ID:yRFx7C1p
それはその通り
最高裁がまだ判断してないから断定するなとかそういう低い次元の話じゃない

377 :法の下の名無し:2016/01/28(木) 20:23:15.20 ID:ouHDUA5x
そこだよな
アンケートwでは違憲という回答が多数だったようではあるけど、
議論が尽くされた上での結論などと本当に言えるのか、という

378 :法の下の名無し:2016/01/30(土) 10:29:57.97 ID:0g+XR8L/
この世代の言論人の中では一番頭がいいと思うわ

379 :法の下の名無し:2016/01/30(土) 11:25:11.50 ID:BrkJqOY8
役人的な頭の良さはありそうだけど何かいざという時に信頼できない感じ@主観

380 :法の下の名無し:2016/01/30(土) 16:12:52.13 ID:3jFJdk3G
>>378
つーか、「言論人」にはトンデモが多すぎて、その中では比較的まともな部類だろう。
だが、言論人としての仕事が過ぎて、だんだんトンデモなりつつあるな>木村君
もう研究はやめちゃったのかねえ。平等論だけで研究は店じまいかね。

381 :法の下の名無し:2016/01/30(土) 22:11:29.72 ID:ebc+I0KA
つーかすでに「憲法学者」ではなく「言論人」というくくりになってるのかよw

382 :法の下の名無し:2016/01/30(土) 22:15:28.42 ID:ouXGwaM/
文化人様やぞ

383 :法の下の名無し:2016/01/30(土) 22:16:35.32 ID:kgZS3EJt
法学教室今月号の某連載が憲法学に火を放ちに行っている件についてw

384 :法の下の名無し:2016/01/30(土) 22:23:22.10 ID:ouXGwaM/
今月号って1月か2月か

385 :法の下の名無し:2016/01/30(土) 22:32:29.71 ID:kgZS3EJt
>>384
2月号

386 :法の下の名無し:2016/01/30(土) 23:26:52.34 ID:ouXGwaM/
どうせトムとジェリーやろ

387 :法の下の名無し:2016/01/31(日) 09:21:53.30 ID:8KSBbOmW
安藤馨はガチ

388 :法の下の名無し:2016/01/31(日) 17:29:34.48 ID:8KSBbOmW
安藤連載読んで爆笑。
憲法学者憤死。
木村や南野には反論不可能www

389 :法の下の名無し:2016/01/31(日) 18:31:38.66 ID:zIqi2wv4
具体的にどういう主旨なの?

390 :法の下の名無し:2016/01/31(日) 18:47:35.75 ID:gEQF5PP6
主旨?

憲法学者「サーイコーでぇすか〜?」
法学部生「サーイコーでぇす!」

391 :法の下の名無し:2016/01/31(日) 22:52:18.73 ID:AVZ21Y5H
井上達夫及びその門下は憲法学つぶす気かwww

392 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 00:03:58.42 ID:Ya78VNVl
読 ん だ w w
大 草 原 不 可 避 w w w w w

393 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 00:17:06.24 ID:TfgJYFWF
本屋で読まないと無理?

394 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 00:21:41.63 ID:Ya78VNVl
>>393
数えたら11頁あるから、きちんと読まないと無理
なんというか要約しにくい論文

でもこれ憲法学者どうすんだろwww

395 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 00:31:36.77 ID:NUBHQdra
安保法制関係?

396 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 00:35:08.00 ID:Ya78VNVl
>>395
最後に触れてるけどメインはそれじゃない
要するにタイトル通りの話

397 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 00:38:22.08 ID:NUBHQdra
むむむ…立ち読みしてくるか
憲法学者は具体的に名指しされてるのかな

398 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 00:42:28.44 ID:Ya78VNVl
そもそも憲法学者は批判されてないw
でも憲法学者全員憤激すると思うw

399 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 01:21:28.78 ID:9cEEB0iB
冷笑とかゆってないでまともに反論せえよ>憲法学者

400 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 05:47:06.56 ID:0tYbAvjF
反論なんて無理だろうな
日本の憲法学は日本国憲法への批判的視点をほとんど有してないから

401 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 09:03:26.94 ID:n/AQJEtJ
安藤論文読んだ。
最後の方の憲法学への皮肉ワロタ

402 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 09:07:10.73 ID:qGMHa6I6
未見だけどタイトルから察するに
教義護持に固執してカルト宗教と変わらんという皮肉か

403 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 13:14:06.63 ID:K3Mfxn4f
立ち読みしてきた
論理記号の部分の細かい説明を省いて超ざっくりまとめると…

いわゆる三段論法は実は法的判断のモデルたり得ておらず
事情判決の存在に示されるように、憲法98条→違憲な法律→当該法律無効
ということには必ずしもならない
憲法が法的に妥当する根拠は議会による制定という事実にありそれは法律も同じ
最高法規とかいうのは虚構にすぎない

平安法については今こそ自衛隊違憲合法論を再評価すべき
でも憲法学者はまたそのうち平安法はやっぱ合憲と言いだすかもね
そしたら違憲合法論はいらんな

その他にも自衛隊法は憲法の一部とか色々
面白いこと書いてあったけどよんでみてくだしあ

404 :法の下の名無し:2016/02/01(月) 13:30:39.29 ID:K3Mfxn4f
もちろん憲法学者は直接批判されていないけれど
憲法論を自称する主義主張が98条の威を借りて個々の法律論に優越するかのような認識への強烈な皮肉にはなっているね

405 :法の下の名無し:2016/02/02(火) 01:18:03.10 ID:vh70qQvj
注を読むと名指しこそしてないが長谷部に対する痛烈な皮肉がw

406 :法の下の名無し:2016/02/02(火) 01:22:31.90 ID:DOk+0XUF
いいぞもっとやれ

407 :法の下の名無し:2016/02/03(水) 20:19:06.70 ID:1KXhT4+o
要約:小林直樹は自衛隊違憲合法論のせいでバカにされてるけど
   実は昨今の騒ぎを見ても憲法学者はみんな小林直樹の掌の上で踊ってるだけw

痛快過ぎる

408 :法の下の名無し:2016/02/03(水) 20:20:39.03 ID:1KXhT4+o
このスレのお蔭でおもしろいもん読めたわ
草太もたまには役に立つんだな

409 :法の下の名無し:2016/02/03(水) 20:29:26.27 ID:YOmmNEiF
蘇る小林直樹

410 :法の下の名無し:2016/02/03(水) 20:51:48.32 ID:t5wP4qdX
同姓同名の現役教員がいるよね

411 :法の下の名無し:2016/02/03(水) 20:57:03.35 ID:AAEF1Nk/
>>409
まだご存命定期

412 :法の下の名無し:2016/02/04(木) 00:20:23.45 ID:HEFfJ51w
安藤論文は何が言いたいのかさっぱりわからん、法段階論は無視か。
それより自治研究92巻2号(平成28年2月号)の
藤田宙靖論文が面白いぞ、これから話題ふっとうなること間違いなし。

413 :法の下の名無し:2016/02/04(木) 00:51:59.22 ID:BTnGYwzo
あんなわかりやすいのにねえ

それはともかくケルゼン的な法段階の問題と形式的効力の問題は関係がない、
って菅野喜八郎がいってたはず。たしか『国権の限界問題』。

414 :法の下の名無し:2016/02/04(木) 22:32:02.62 ID:C7SbDzgd
藤田論文の主旨は?

415 :法の下の名無し:2016/02/05(金) 13:28:22.17 ID:z+1u3BZp
おまいら論文自分で読めw

416 :法の下の名無し:2016/02/05(金) 16:10:50.72 ID:zfUynFe5
藤田論文がどういう内容なのかにも興味は無論あるが
同時に安藤論文を読み解く力のない人が
藤田論文についてはどう理解したうえで勧めているのかにも興味があるもんで

417 :法の下の名無し:2016/02/05(金) 22:36:33.03 ID:29Vu6vKg
そうやって板垣くんをいじめるのよくないw

418 :法の下の名無し:2016/02/05(金) 23:58:29.78 ID:e7XbO5y1
福永「法源」にもかけてほしかった

419 :法の下の名無し:2016/02/06(土) 05:36:01.65 ID:aUeHpyk6
板垣君ってだれだ

420 :法の下の名無し:2016/02/06(土) 10:49:27.92 ID:bWjEFENs
勝彦

421 :法の下の名無し:2016/02/06(土) 12:34:33.94 ID:1KoEYrxd
しらんw

上で安藤論文はよくわからんだの藤田論文は話題ふっとうなるだの言ってるのは彼なんか

422 :法の下の名無し:2016/02/06(土) 12:54:11.42 ID:YDfm+zc4
尾高の曾孫弟子になるundoが、尾高門下の小林直樹の再評価を行い、
宮沢系統の連中をぶった切った。

423 :法の下の名無し:2016/02/06(土) 13:02:48.59 ID:faLkFA7D
そもそも宮澤門下をぶったぎるのは小林直樹弟子の安念大先生がいつもやってるではないかw

424 :法の下の名無し:2016/02/06(土) 20:11:27.62 ID:YDfm+zc4
尾高・宮沢の戦いが今も続いてるのだよw

425 :法の下の名無し:2016/02/06(土) 20:17:04.84 ID:1KoEYrxd
教条主義者は所詮いいオモチャでしかないってこと

426 :法の下の名無し:2016/02/06(土) 20:52:11.84 ID:faLkFA7D
素人が紛れ込んどるの…
ま、好きにしたらええよw

427 :法の下の名無し:2016/02/06(土) 21:33:50.20 ID:+OdrIQX0
なにを以てすれば玄人になるのか?

428 :法の下の名無し:2016/02/07(日) 12:14:26.15 ID:rOCPYn7V
訳のわかること書いてもらえませんか

429 :法の下の名無し:2016/02/08(月) 20:24:35.98 ID:ZLVUSAFY
話題の安藤馨論文を立ち読みしてみたが、爆笑したので雑誌ごと買ったったw
まあでも俺程度だと、前半の論理的な議論と後半の最高法規性に関する議論とが
どの程度つながるのかは、ちょっと一読しただけではよく分からなかったけど
(注も含めて熟読すれば分かることだったらすいません)

430 :法の下の名無し:2016/02/08(月) 20:45:08.75 ID:CqVhvvsG
1.法的三段論法使えない
2.法的判断のルールは前件肯定ルールだけでなく特別法優先ルールみたいなのもそう
3.つまり有効な法規範を適用から除外するルールがある(特別法の優先、後法の優先、etc)
4.したがって、憲法98条を除外するルールも論理的にはあり得る
5.実際にも事情判決の法理がまさにそういうルールである
6.違憲な法律が憲法98条に優越するという事態は可能であり、現実に生じてもいるので、
小林直樹の自衛隊違憲合法論は論理的にはなんら問題がない

前半と後半はわりとわかりやすくつながってると思うよ

431 :法の下の名無し:2016/02/08(月) 23:24:09.55 ID:rKr6Xhby
憲法おかまは反論すれ

432 :法の下の名無し:2016/02/08(月) 23:44:41.46 ID:ZLVUSAFY
注を含めて再読したら、なんぼか頭に入った
裁判官が現に採用してる法的推論規則に比べれば、条文上定められたにすぎない
最高法規性などは無力だ、ということなら、なんだかえらい論文のようでもあり、
しかしそこまで突飛な発想というわけでもないようであり

しかしあれですな、自衛隊法や公職選挙法がそのまま憲法と同等だという説明は
笑えるので、ここはぜひクーデター説と戦っていただきたいw
いや戦うんじゃなくて、クーデターで別にいいだろ、という説明だと
理解すればいいのか?

433 :法の下の名無し:2016/02/09(火) 00:24:11.47 ID:vrhgG3NM
おかまはおかまにやり返せ

434 :法の下の名無し:2016/02/09(火) 00:46:06.47 ID:4AKetcrU
つうか草太の話しろよ

435 :法の下の名無し:2016/02/09(火) 07:34:40.23 ID:c7W+RCjv
おまえがしろ

436 :法の下の名無し:2016/02/09(火) 07:49:01.31 ID:NcJzj0od
井上先生との対談が見たい

437 :法の下の名無し:2016/02/09(火) 13:58:39.37 ID:4AKetcrU
井上武史?

438 :法の下の名無し:2016/02/09(火) 14:50:56.64 ID:fVZXiUof
一般の支持を得られてない者同士の対談か。

439 :法の下の名無し:2016/02/09(火) 21:21:34.57 ID:LXAupghn
井上先生が藤田論文に注目しているな

440 :法の下の名無し:2016/02/09(火) 21:44:29.52 ID:4AKetcrU
藤田論文、憲法学者以外の法学研究者がみんな思ってたことを率直に言った、ってとこだな

441 :法の下の名無し:2016/02/09(火) 22:00:48.91 ID:Bxg2GWPd
普通の書店においてないから大学図書館で見てくるか

442 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 01:08:50.84 ID:hlvsWMnb
伊藤正次の法律時報論文もあったし、憲法学者のお祭り騒ぎが一段落したんで、
行政学・法哲学・行政法と、これまで冷ややかに経過を眺めていた周辺領域の
研究者による批判が続出したんだろうな

次はどの分野からだろうな

443 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 02:25:20.23 ID:vH3cBoP8
外国法研究者なんかいいんじゃないか

444 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 05:32:23.22 ID:B3bCnJAC
国際法頼む。

445 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 06:07:55.65 ID:PPYobyAZ
国際法はもう森先生とかが書いてるからな

446 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 07:02:38.24 ID:Glu0ZYtj
憲法学者は反論するのかね?
井上達夫の九条削除論もほぼ黙殺してるから今回も黙殺か?

447 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 07:29:53.44 ID:sATY54vk
テレ朝のアンケートで噴き上がってた面々とりわけ嬉々として長文書いてた若手の憲法学者は藤田先生に叱られた今なにを想うのかねぇ

448 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 08:17:10.31 ID:Glu0ZYtj
「安倍政権に味方する藤田先生けしからん!!!」とでも思ってそう。マジで。

449 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 08:30:14.24 ID:TqDmGzuW
最高裁ですか!

450 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 09:24:56.77 ID:WKzzHQal
(元)最高裁(判事)です

451 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 11:25:47.94 ID:hlvsWMnb
>>446
ようクロリ、修論は書けたのか? w
お前はまず自分の指導教員を問い詰めに行くところから始めたらいいんじゃないのかw

452 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 13:19:04.10 ID:6qtku7x/
>>451
www

453 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 19:37:41.13 ID:3q2HmRE9
まだ読んでないんだが、元最高裁判事かつ学者としても大変高名な方が、
しかるべき雑誌に載せた正式な論文となれば、まさに「法の番人」の意思として
第一に尊重されるべき内容なんだろな楽しみだな(適当)

454 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 21:22:53.93 ID:WOzI5YMc
最高裁判事のご意見ですからね。

455 :法の下の名無し:2016/02/10(水) 23:29:50.58 ID:2pyaeNR+
自治研究は然るべき雑誌?

456 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 01:07:51.83 ID:IkFrnrqI
最初別な雑誌で掲載拒否されたそうだね。
日本の「立憲主義」につきまとう別な何かの力。

457 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 01:19:14.25 ID:9txBoXAt
法律学がイデオロギーと無縁でいられるというのは幻想だが
現実の政治に直接影響を与えたいという集団意識が芽生えた瞬間に学問としては死んだ
一部の憲法学者は自分達が壊死しかかっていることにも気付いてないんだろう

某法曹団体誌は自らが論評に値しないことをあかしてしまったね

458 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 01:21:29.85 ID:DBgLMHRZ
やっぱり研究者の本分を外れてはいかんよ
藤田の爺さんのように論文で示すべきなんだよ
しょーもないコメンテーターになってはいかんよ

459 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 01:21:58.30 ID:6w/SZywu
石川は論理が倒錯しているとか結構厳しい内容だったわ

460 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 05:39:35.20 ID:+bruB9Fk
石川健治批判が強かったね。
木村草太を評価してたのが意外だったわ。

461 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 06:36:03.36 ID:6w/SZywu
山「本」一教授とか、木村草太「教授」とかのイージーミスがあるのが惜しい

462 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 11:19:34.94 ID:wCBTOgGg
准教授でも呼称は教授、学士でも呼称は博士、という時代の人なのよ

463 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 12:00:39.21 ID:Dneohia6
学士でも呼称は博士とは?

464 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 12:42:21.75 ID:wCBTOgGg
>>460
そこは石川・長谷部に対する「お前ら木村以下なんじゃねえの(プゲラ」と読まないといけない

465 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 14:28:30.37 ID:ZSLB2+t4
軍事権()説は言及すらされてないけどな
藤田先生、75歳にもなって山元先生のネット記事もチェックしてるのは感心した

466 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 14:33:25.94 ID:IkFrnrqI
ここも見てるかな?w

467 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 14:36:35.59 ID:AHnImMsK
たまに書き込んでるよ

468 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 19:09:58.92 ID:+bruB9Fk
シノドス引用されているのは驚いたわ。
ネットメディアって法学の世界では低くみなされていると思ってた。

469 :法の下の名無し:2016/02/11(木) 20:04:10.48 ID:IkFrnrqI
            _,,..r'''""~~`''ー-.、
            ,,.r,:-‐'''"""~~`ヽ、:;:;:\
           r"r          ゝ、:;:ヽ
   r‐-、   ,...,, |;;;;|       ,,.-‐-:、 ヾ;:;ゝ
   :i!  i!  |: : i! ヾ| r'"~~` :;: ::;",,-‐‐-  `r'^!
    !  i!.  |  ;| l|  ''"~~   、      i' |
     i! ヽ |  | |    ,.:'"   、ヽ、   !,ノ
    ゝ  `-!  :| i!  .:;: '~~ー~~'" ゛ヾ : : ::|          イェーイ、藤田先生みてるぅ〜?
   r'"~`ヾ、   i! i!   ,,-ェェI二エフフ : : :::ノ~|`T
  ,.ゝ、  r'""`ヽ、i! `:、   ー - '" :: : :/ ,/
  !、  `ヽ、ー、   ヽ‐''"`ヾ、.....,,,,_,,,,.-‐'",..-'"
   | \ i:" )     |   ~`'''ー---―''"~
   ヽ `'"     ノ

470 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 01:20:28.41 ID:KKip1E14
草太は早い段階から政府見解に矛盾はないことを言ってたよな、黙殺されたようだが。
草太は規範論理の立場の藤田先生のお眼鏡にかなっているのだろう。
憲法学は洋の東西を問わず、昔から政治論と法律論の対立があり、
石川・長谷部の運動論に藤田が規範論理の立場から批判したわけだが
小林菅野の争いも同じようなもんだ。
世界1月号の長谷部・緊急事態条項不要論も面白いよ、
議論の具体性があって柔軟なところが長谷部の真骨頂。

471 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 02:12:04.06 ID:z0j+K4LN
緊急事態条項不要論って、
法律一本で現行憲法上も大幅な私権制限が可能っていう主張だろ?
本当にそれでいいの?
なんでそこまで頑なに改憲を嫌がるの?
って感じ

472 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 02:22:24.75 ID:WWri7NRx
緊急事態条項は、テロリストに目をつけられないように野党に投票すれば必要なくなるよ!

具体的で柔軟ねぇw

473 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 05:48:51.98 ID:oNajAi9q
そもそも具体的な条文すら出てないのに非常事態制度批判できるんかね。
藁人形論法な感が否めない

474 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 10:04:09.42 ID:S6rQpWpj
>>470

> 小林菅野の争いも同じようなもんだ

小林の自衛隊違憲合法論には規範論理的に何の問題もない、という安藤論文の大勝利w

475 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 12:45:15.23 ID:nB1nh+tp
安藤大明神が最強だな。

476 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 12:48:06.79 ID:WWri7NRx
>>473
条文の内容云々ではなく否定ありきってことでしょ
なぜなら参院選は与党に勝たせたくないから

長谷部センセも地に堕ちたねほんとうに

477 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 12:59:45.77 ID:POrWPbM5
革命だとかクーデターだとか大仰なことを言ったって
国民の過半数はその「クーデター」政権を支持しているという皮肉
憲法学者のセンセイ方はどう思うてはるんやろ

478 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 13:07:37.88 ID:7yFntxFS
憲法学がこれは革命だのこれはクーデターだの空想的なことを言えば言うほど 周囲は引いていってる

479 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 13:43:13.92 ID:ja4pzKWf
今回の騒動で憲法学者を明確に批判した法律家達

山元一
井上達夫
井上武史
藤田宙靖

追記よろ。

480 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 14:25:28.56 ID:POrWPbM5
西修
百地章
浅野善治

481 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 14:25:53.09 ID:ja4pzKWf
まともな研究者に限定www

482 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 14:54:49.54 ID:nB1nh+tp
玉井克哉

483 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 14:59:34.76 ID:MvEK4ZND
谷口功一

484 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 15:49:57.38 ID:7UPfhH9p
Twitterでコソコソつぶやいてるだけの連中はカウントしたくないな

485 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 16:00:52.35 ID:ksH3iXO3
谷口論文知らないのか。

486 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 16:41:41.51 ID:/6c2Iiax
大石眞追加

487 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 16:42:41.07 ID:9sv4CHkE
批判というのは違うが、金沢大の先生も憲法学者の政治運動に違和感を表明していたような
あと大御所クラスだと大石眞

488 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 16:53:29.81 ID:tdFCFVHl
>>456
法の支配だってさ

489 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 17:32:06.18 ID:OEOOkkKU
実態は空気の支配だったってわけだ

490 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 18:14:52.29 ID:nB1nh+tp
高橋和之先生はどう思ってるのだろうか。

491 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 18:32:31.62 ID:DCZoEgqh
コバセツと組むという無節操さ。
憲法学者連中のお里が知れた。

492 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 18:37:17.69 ID:dGwa5fvz
>>490
違憲説かも知れないが、同時に政治運動にも批判的な気がするな

493 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 19:19:52.65 ID:Zv2tgALw
コバセツなんて少し前まで百地や西と同じトンデモ憲法学者枠だったのにね

494 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 19:20:53.80 ID:C3gj7z4F
西や百地の方が一貫してる点で立派だろ

495 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 19:39:46.84 ID:w4XwhdA+
昨日の報道ステーションでの、「日銀の独立性が軽んじられている」みたいな話は酷かった
気象学者に「ちょっと明日、晴れにしてくれ」と言うのはダメだとか言ってて、そりゃそうだが、
気象予報と経済の問題を同じ土俵で無理やり語ろうとしてて、馬鹿かと思ったわ・・・

気象予報に首相が「晴れにしろ」と言うのはダメだと思うが、日銀とか金融当局に
適切な金融政策をするように求めることは、社会、経済、政治の問題だし、気象予報と同列に語れないと思う

496 :法の下の名無し:2016/02/12(金) 23:29:18.82 ID:KtW6x+c3
あっそ

497 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 05:07:59.82 ID:9e4bRjkz
八木さんのことを忘れないでください

498 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 05:21:07.42 ID:LjwCFv/a
さすがにアレは…

499 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 07:29:05.94 ID:9e4bRjkz
西さんと百地さんは研究書あるけど、
八木はアジテーションの新書くらいしかないよね。

500 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 07:41:26.40 ID:8NarN+BW
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/八木秀次
たくさん業績はあるぞ、よく見てごらんなさい

501 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 08:18:49.87 ID:9e4bRjkz
それ全部アジテーションの本でしょ

502 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 08:38:46.57 ID:8NarN+BW
見てから言え

503 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 08:45:13.78 ID:9e4bRjkz
いくつか読んだことあるけど
夫婦同姓は家族の崩壊だのでしょ。

504 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 08:53:43.21 ID:8NarN+BW
日本学士院会員だぞ。

505 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 08:58:21.54 ID:9e4bRjkz
八木アンテナの八木秀次じゃねーよwww

506 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 10:18:02.21 ID:/wwMmGrB
最高ですか論文は再読するとなかなか面白いので(素人の勝手な感想だが)、
憲法学者の方々にはぜひ反論していただきたい

507 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 20:07:29.87 ID:VTDUtsLa
南野スレ盛り上がってる(≧∇≦)

508 :法の下の名無し:2016/02/13(土) 21:14:15.69 ID:9e4bRjkz
>>507
助手採用の木村先制スレを伸ばすんだ!

509 :法の下の名無し:2016/02/14(日) 00:26:31.08 ID:XAfSSaH7
https://twitter.com/sspmi/status/698135647521869825

510 :法の下の名無し:2016/02/14(日) 00:32:35.48 ID:60VBDCXJ
すがすがしいな

511 :法の下の名無し:2016/02/14(日) 20:24:09.86 ID:TiY2YtrK
噂の藤田論文をようやく読めた
内容的には、(俺自身に行政法の素養がほとんどないので誤解があるかもしれないが)
すごく突っ込んだものがあるというわけではなく、むしろ基本的なことを改めて
まとめ直したというように見えた
しかし、その基本的な内容について、あんな偉い方かつ結構なご高齢の方なのに、
法律雑誌掲載でも何でもないよく分からん記事だの座談会だの、果ては
ネット上の文章だのというしょうもないもの(失礼)まで細かく読み込んで拾い出して、
理論的に意味があり得る部分を選び出してまとめ直して…なんていう作業を
実行されてるということに感銘を受けた
俺みたいなもんがこう言うこと自体が失礼にあたるとは思うけど(そもそも
面識も関係も全くないし)、藤田先生って本当に学者として誠実で偉い方なんだなあ、
と思いましたまる
どなたか真面目に応答していただきたいと思いましたまる

512 :法の下の名無し:2016/02/15(月) 00:56:28.08 ID:g0Kd1nGv
はい

513 :法の下の名無し:2016/02/15(月) 01:46:01.46 ID:f6qFxizb
論文書くならそれぐらいは当然じゃないかな。
でも、短期間(いったん没にされたことによるタイムラグも考慮)であの論文を仕上げ、世に問うたことは尊敬する。
研究ではなく安易な運動に身を投じた「憲法研究者」どもは見習え。

そういや出前講師団って恥ずかしい連中がいたな。今何してるんだ?w

514 :法の下の名無し:2016/02/15(月) 02:36:32.79 ID:PZMzrdsF
>すごく突っ込んだものがあるというわけではなく、
>むしろ基本的なことを改めてまとめ直したというように見えた

おっしゃるとおり、とおもいます。その点が大事なのです。
裁判でも当事者があげてくる様々な資料と主張を丁寧に吟味するし
学者の論文でも同じことで、奇を衒ったことを言ってもだれも相手にしません。

では藤田論文のどこが「話題ふっとう」なのか。
藤田先生の過去の業績は普通の公法関係者なら皆知っており
その藤田先生が、違憲論議をリ-ドしている著名学者等の言説に冷静な分析をして、
「結び」として「政治的思いをそのまま違憲の結論に直結させることは、むしろ
その足元を危うくさせるものであり、法律学のル-ルとマナ-とを正確に踏まえた
議論がなされなければならない。」(藤田論文25頁)と、まさしく規範論理の立場
から御意見を述べられた。さて石川・長谷部がどういうコメントするのかが注目の的。

515 :法の下の名無し:2016/02/15(月) 06:58:49.83 ID:oOVIUEOp
俺は報ステ新規の経済畑だけどこの人中身が薄くて頭悪いなって思った
ところで話題の藤田って誰よ?

516 :法の下の名無し:2016/02/15(月) 07:57:37.48 ID:a3kD/U9S
長嶋の前の巨人の監督だろ。

517 :法の下の名無し:2016/02/15(月) 08:42:21.15 ID:X1GbASrS
>>407
小林直樹の再評価の主張は、内容は違えど、すでに木村の同期の西村が一昨年やってまっせ

518 :法の下の名無し:2016/02/15(月) 12:41:56.76 ID:hc+/Jgx0
>>517
安藤論文は一番評判の悪い自衛隊違憲合法論を敢えて擁護してみせる辺りが面白いのだよ
あと、彼は木村くんの同期ではなくひとつ下のはず

が、それはともかく西村くんのそれの詳細を教えてくれると嬉しい

519 :法の下の名無し:2016/02/15(月) 13:41:11.13 ID:X1GbASrS
去年(だから一昨年か)の憲理研のやつ。
今見たら、短いが井上についても言及してるね。

520 :法の下の名無し:2016/02/15(月) 17:56:42.11 ID:i32ua0lx
井上は複数いるぞ

521 :法の下の名無し:2016/02/15(月) 21:23:40.43 ID:hc+/Jgx0
読んできた。

九条を信仰してなかった長谷川正安はかなり偉い
昨今では国民にとって自由以前に生存が問題なので
人格的自律とかに懐疑的で社会権寄りの小林直樹の立場は
学問的評価はともかくわりとありのでは

前半と後半のつながりも謎でモティーフがよくわからんが
護憲運動に実はわりと懐疑的だった長谷川&小林、みたいな話?

522 :法の下の名無し:2016/02/16(火) 06:58:29.54 ID:xABUVXAd
落ち着いて流れを整理してみよう
一連の動きは完全に運動でプロタゴラスだよね
戦力を拡大したい総理は9条は違憲の可能性があり変える必要があるという
拡大されては困る平和主義者は自衛隊の存在を合憲と認め9条は変える必要はないという

単に政治信条から戦争に反対、9条は違憲としてるバカはほうっておこう

523 :法の下の名無し:2016/02/20(土) 00:27:58.74 ID:dHB4qawc
そんな単純か?

524 :法の下の名無し:2016/02/21(日) 04:22:33.50 ID:Dw93KAc1
>9条は違憲の可能性があり

これ新しいな

525 :法の下の名無し:2016/02/21(日) 09:56:40.42 ID:tpjzwqD8
無差別戦争観を取って、かつ草太が言うように13条で自衛権を基礎付けるならば
自衛権に限らず交戦権自体が13条によって基礎づけられるはずで、それを制約
しようとする9条が13条違反で違憲なのは自明の理

幸福追求権って便利ですね!

526 :法の下の名無し:2016/02/21(日) 09:59:03.64 ID:diLvXQKV
9条は憲法の基本的体系から逸脱しているからその趣旨は限定的に
解されるべきであるというはなしじゃろうか

527 :法の下の名無し:2016/02/21(日) 14:03:24.95 ID:hgfFLyaJ
>無差別戦争観を取って、かつ草太が言うように13条で自衛権を基礎付けるならば

無差別戦争観を取れば自衛戦争と侵略戦争の区別はなくなるので
前段と後段で言ってることが矛盾してる

528 :法の下の名無し:2016/02/21(日) 15:45:42.88 ID:tpjzwqD8
それは国際法の話と憲法の話を混同してる

529 :法の下の名無し:2016/02/21(日) 16:46:38.24 ID:MjROnDqv
意味不明
明らかな認識違いなんだから諦めて勉強し直してこい

530 :法の下の名無し:2016/02/22(月) 09:13:03.68 ID:CsgT9uF4
自衛権はいわゆる無差別戦争観の時代からあったのでそういうわけでもないんだがね

当時の自衛権は戦争ではなくて戦争未満の武力行使を正当化するものだった
自衛戦争を正当化するものとして考えられるようになったのは
戦争違法化が始まる戦間期以降のことでね

戦争はだめだが自衛はいい、という現代日本の憲法解釈はこの時代遅れの
国際法の用語法に従っているので現在の国際法と議論が噛み合わずちぐはぐなの
交戦権というわけのわからない概念もさっさと放逐した方がいいよ

531 :法の下の名無し:2016/02/22(月) 17:30:09.28 ID:Eqjc/VSW
全くの門外漢なので聞きたいんだけど
・国際法の現在の理解はどう変わったの?
・国際法のディシプリンで議論するべきか。憲法のそれでするべきか。
 はたまた両者を統合してから議論するべきか。どれがいいのかな。

532 :法の下の名無し:2016/02/22(月) 17:50:09.99 ID:M4jnAaeq
君は最新の戦略的自衛権というものを何も理解していないね

533 :法の下の名無し:2016/02/22(月) 18:13:41.78 ID:rtquuvwH
戦略的自衛権!

534 :法の下の名無し:2016/02/22(月) 21:46:30.52 ID:SCxyDpM/
国際協調主義なんだし、国連憲章で違法とされている範囲のものを
日本国憲法でも禁止している、と解せばいいんじゃないの?(適当)

535 :法の下の名無し:2016/02/22(月) 22:24:18.44 ID:4TkMkl4Z
中学生かな

536 :法の下の名無し:2016/02/23(火) 01:44:01.52 ID:NuUhYKu2
>>531
まず戦争という言葉は法的にはもう使わないし
概念としてなくなった

別に憲法のディシプリン(?)でやってもいいけど
国際法の意味とちがうし前提も共有してないってことは自覚した方がいいよね

537 :法の下の名無し:2016/02/23(火) 02:17:36.38 ID:+7sEzWM1
そこは憲法九条論でなぜか全然取り上げられないんだよな〜。
戦争とか宣戦布告とかって今の国際法には存在しないのに。

538 :法の下の名無し:2016/02/23(火) 11:06:13.94 ID:j7JEaO3Q
君は自然権的に考えてみるといいかもしれないよ

539 :法の下の名無し:2016/02/23(火) 12:22:08.42 ID:iWHVXG6j
自然権は幻想

540 :法の下の名無し:2016/02/23(火) 14:59:26.72 ID:j7JEaO3Q
左翼は市ね

541 :法の下の名無し:2016/02/23(火) 20:07:38.15 ID:/rInvmKv
ttp://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/politics/article/226071
野党が廃止法案を提出した安全保障関連法は「廃止するべきでない」が47・0%で、「廃止するべきだ」の38・1%を上回った。

ちょっと面白かったので貼ってみた
特に意味はない

542 :法の下の名無し:2016/02/26(金) 01:52:01.23 ID:Z6YVMQ+S
◯◯と主張することは誰々を侮辱することだ

という論法は感情的だし不誠実だね
木村の議論もいくらでも◯◯の侮辱にあたる、と言えそう

543 :法の下の名無し:2016/02/26(金) 02:54:59.67 ID:MLM+gml4
安保法制を違憲と主張することは立案に苦心した法制局を侮辱することだ

544 :法の下の名無し:2016/02/26(金) 10:55:36.89 ID:GgIV8yDi
意味不明なコメントの多すぎるスレ

545 :法の下の名無し:2016/02/26(金) 11:25:07.20 ID:rQoLDkNT
特定の文脈を理解できていないと意味が把握できないことは
過去の論文しかり珍しいことではない
しかし分からないことは恥じることではあれ誇ることではない

546 :法の下の名無し:2016/02/26(金) 14:20:32.60 ID:BW7yPdRQ
>>542

547 :法の下の名無し:2016/02/26(金) 14:33:37.61 ID:wvl0aUXp
木村がテレビで発言したらしい。
日本国憲法は日本人が自主的に制定した憲法、押し付けという批判は憲法制定に携わった国民や議員に対する侮辱、と、

548 :法の下の名無し:2016/02/26(金) 15:30:54.78 ID:0HYNSzPD
今朝の井上ツイートはそれに対するものか

549 :法の下の名無し:2016/02/26(金) 15:32:15.03 ID:0HYNSzPD
今朝じゃなくて昨夜のようだな

550 :法の下の名無し:2016/02/26(金) 20:57:34.84 ID:lCE794rQ
>>547
古舘が改憲派はなんだかんだ言ってるけど
怨念が背景にあって感情的だ〜と言って
木村がそれを受けて侮辱云々と述べるという薄ら寒い場面だった

つまりは憲法学者の怨念が滲み出ていた

551 :法の下の名無し:2016/02/27(土) 03:52:31.44 ID:JuGRhYTY
>平和安全法制は日本人が自主的に制定した法律、違憲という批判は法律制定に携わった国民や議員に対する侮辱

552 :法の下の名無し:2016/02/27(土) 17:34:17.43 ID:TBScvsPi
ところで安藤馨先生の「最高ですか?」に対する大屋雄裕先生の応答を読んだら、
「ゴリゴリの法実証主義vs根元的規約主義 地獄ファイト」
というよく分からない単語の羅列が頭に浮かびました
しかし「自衛隊法は国会の議決によりすでに憲法だよね」「いやいや
それだけじゃ駄目で、人民が支持し続けてるからね」って、個人的には
大変面白く読んだんだが、しかしひでえ話だよなw
憲法学者のみなさんは、こういうのを見てどう思うんだろうか

553 :法の下の名無し:2016/02/27(土) 18:27:50.91 ID:8hUtIEfK
健ちゃんさすがやねぇ、ほんまほれぼれするなぁ。
最後の横文字の翻訳がないところがいけすかんわ。

554 :法の下の名無し:2016/02/27(土) 18:36:29.09 ID:oshrgady
>>552
そのふたりのやり取りは各回とも地獄ファイト感漂ってたな

555 :法の下の名無し:2016/02/27(土) 18:56:43.15 ID:8hUtIEfK
新たに生まれた名文句
「「論理的なるもの」のメンテナンス」

556 :法の下の名無し:2016/02/27(土) 23:19:38.13 ID:TSaZW44Q
けんちゃんの思わせぶり。
中身なし。

557 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 00:42:18.84 ID:QUGsixNR
「憲法学」なるもののメンテナンス

558 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 01:31:49.37 ID:xIOoeNin
>>557
感動した!

559 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 02:13:24.88 ID:4dgicNfh
>>557
けんちゃんは安保騒動に関わったせいで一番評価落としたんじゃないか。
論文に比して主張の質が、、、

560 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 02:53:52.17 ID:xIOoeNin
むしろこれまでの論文の質に疑問がでてきたよな

561 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 03:05:17.82 ID:NK0RS0Bc
衒学的なこと言ってるだけだろ

562 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 03:10:48.33 ID:xIOoeNin
健ちゃんは法哲学者を見習ってあの思わせぶりをやめないと学者生命が終わるよ

563 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 06:14:50.22 ID:U+c2DL9r
誰や県ちゃんて

564 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 06:33:24.70 ID:NK0RS0Bc
法哲学者も十分思わせぶりだけどな
ディレッタントというか

565 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 08:14:14.49 ID:4dgicNfh
>>563
集団的自衛権容認の閣議決定はクーデタと述べたお方

566 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 10:23:28.96 ID:PJ9CFYZ8
エクセルシオールカフェ赤羽東口店では店員が自分の事、好きだと言い始めたので
優しくしたら他の店員のやっかみ、最低の接客だ

567 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 10:32:49.65 ID:PS5UspVS
お、そうだな

568 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 10:50:11.26 ID:xIOoeNin
ディレッタントという語の意味も知らん奴がいるのか
もしかしてペダンティックとかと間違えてんのかしら
それだってまったくあたってないと思うが

むしろ今回ので判明したのは憲法学全体がディレッタンティズムに過ぎないということ
藤田宙靖の批判てのはまさにそういうことだ

「「憲法学」なるもののメンテナンス」をお待ちしております

569 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 10:58:02.24 ID:PS5UspVS
別にディレッタンティズムでおかしくないが

570 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 11:14:42.93 ID:gyDXQIEJ
まさか健ちゃん

公理とかいってるけど立憲主義の危機に気付かないと
いつかの廃刊のようにどんどん学問の場を奪われるよ?

と言いたいわけじゃないよね
ないよね?

571 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 11:25:44.78 ID:PS5UspVS
反論があるなら巻頭言で煙に巻いたようなこと言うんじゃなくて
正面からやるべきだな

572 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 11:55:45.86 ID:U+c2DL9r
ケンちゃんの苗字ぷりず

573 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 12:12:49.77 ID:xIOoeNin
健ちゃん知らないなら幸いにして法学とは無関係な人生送ってるんだから別にいまさら知る必要ないだろ

574 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 13:02:56.99 ID:L6wmJLem
>>572
ケーキ屋ケンちゃんでググれよ

575 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 13:24:27.88 ID:uOs84N/b
ドトール傘下のエクセルシオールカフェ赤羽東口店では店員が自分の事、好きだと言い始めたので
優しくしたら他の店員のやっかみ、最低の接客だ

576 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 13:35:18.26 ID:U+c2DL9r
法学には詳しいが誰がどんな運動してるかなんて知らんのじゃ

577 :法の下の名無し:2016/02/28(日) 13:37:53.47 ID:xIOoeNin
>>576
>法学には詳しいが

恥ずかしいやつだな

578 :法の下の名無し:2016/02/29(月) 23:30:14.62 ID:VcA9YDOz
石川・長谷部の立憲主義擁護の運動は
「政治的なるもの」のメンテナンスである。
これと藤田「論理的なるもの」のメンテナンスとが
合体したのが、「憲法学」のメンテナンスである。


これは小林直樹「憲法の構成原理」にさかのぼる。

579 :法の下の名無し:2016/03/01(火) 07:15:48.57 ID:+lwg365D
健ちゃんの巻頭言は藤田宙靖へのかなり強烈な嫌味だな。

「法論理」とかいってるけど、そういえばアンタのその「法論理」の産物だった
「流動的実体法論」はどうなったんですかねえww

だってさ。最後の「良い仕事が成るには時が必要である」の趣旨はわからん。
あと安藤「最高ですか」を意識したと思しき箇所が何箇所かあるがこれも趣旨はわからん。

580 :法の下の名無し:2016/03/01(火) 07:37:03.92 ID:+zDy7wWz
安心してください、書いた本人も分かってないですから

581 :法の下の名無し:2016/03/02(水) 19:04:15.24 ID:5GBLB4hT
>>579
あらまぁこんなこと言ってるようじゃ凋落一直線だよ大丈夫?
民主党の時はどうだった、とかいう安倍と応答の作法が変わらん
お前の法論理は支持されなかった、は自分の議論の正しさを些かも意味しないし

582 :法の下の名無し:2016/03/02(水) 19:40:01.26 ID:yjTcTNay
元の論文に当たらずに言うのはナンセンスだと承知してはおりますが、
そもそもあの巻頭言で紹介されてる限りでの「流動的実体法論」と、
自治研究論文で言われてる「公理」って、内容に関連があるの?
そこがよく分からない
自治研究論文では、それぞれの機関はそれぞれの立場で憲法解釈をすることができ、
そして最終的判断権者は最高裁だ、という(そこだけ見れば当たり前の)ことを
指摘してるだけで、何か特殊な流動的実体法論なるものを前提にしてるようには
見えないのだけど(少なくとも俺には)

あるいは、そのように判断権者の解釈を重視するのは、「手続法」寄りの発想であり、
それは不適切だ(「手続法」と切り離して「実体法」を論じるべき)、というような
ことなんだろうか
しかしだとすると、「従来の政府解釈」「元内閣法制局長官の解釈」を
やたらと強調していたのは何だったんだろうか
そのほうがより「手続法」重視のようにも感じるんだけど
分からん…

583 :法の下の名無し:2016/03/02(水) 19:40:50.59 ID:/uuLU4gl
巻頭言で煙に巻いたこと言ってるだけだから深読みするだけ無駄

584 :法の下の名無し:2016/03/02(水) 19:51:50.54 ID:FVfe0cEL
中身は意味不明でも藤田へのヘイトは明瞭な文章だったな

585 :法の下の名無し:2016/03/02(水) 23:01:50.87 ID:nUBPlxPE
言語明瞭意味不明

586 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 00:20:26.47 ID:WeDft73t
健ちゃんは不思議ちゃん。

587 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 07:22:44.80 ID:MGZg6dbk
>582
関連はないよ
公理というけど、失敗例もあるでしょ、といってるだけ
標題が「公理のゆくえ」となってるでしょ

588 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 18:19:44.16 ID:URwFfqqC
健ちゃん自身は自治研究論文を名指しして、再興の試みといってるんだから関連するとみてるんでしょ

つまり、我々の議論を粗雑とかいわれてもね、あなたの議論も同レベルだし、まあ何が正しいかを知るのは大変だよね

という釈明と反論と皮肉だよ

なお彼自身の違憲論こそが「筋の通らぬ議論」である可能性は排除されてる模様

589 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 18:43:29.05 ID:H4OVQEI3
関連するだったら、どう関連するのかを具体的、論理的に指摘してから、
批判なりなんなりすべきだと思うけどね
巻頭言だけ読むと、「藤田論文の言う「公理」なるものはすでに学会で否定された」
というような何となくのイメージだけを植え付けようとしてるようにすら見えるからね
いや、もしも本当にそんなイメージだけが狙いだとしたら、それはひどい話で
由々しき事態じゃないかと思うので、むしろそうあって欲しくない(きちんと
議論がなされるべきだ)と思うんだけど

590 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 18:44:24.77 ID:iwYAdEuF
だから>>583が言うように深読みすんな

591 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 18:51:45.33 ID:URwFfqqC
なにをもって「深読み」といってるのか分からんが
正面から反論するんでなく釈明と皮肉で誤魔化してるってのはそのまんまだよ

592 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 18:54:02.00 ID:URwFfqqC
真面目に取り上げる価値はないってのはその通りだろうね
しかしまぁどうせこの巻頭欄に小文書くと思ってたら案の定すぎて笑った

593 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 18:56:32.89 ID:iwYAdEuF
「法の支配」誌に長大な反論文を載せるから待ってろ

594 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 19:52:36.45 ID:QZkqyqnx
誰かどこかの巻頭言で「法の支配」がいかに困難で恣意的な人の支配に堕するかという話を
そういえば『法の支配』という雑誌があってな…というトーンで書いてもらえないだろうか

595 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 20:21:21.32 ID:pUhhaOLo
深読みは抜きにしても、結局勝った負けたなんだな
去年ぼくだけじゃなくみんな国内政治で負けたけど、おっちゃんは学界で負けたやろ
って、そういうこと言って何の意味があるのか

596 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 20:28:53.78 ID:H4OVQEI3
その雑誌に法的・論理的思考に基づいた丁寧な論文が投稿されようとしたが、
「執筆者の影響力」だとかいうよく分からない理由で拒否されたそうじゃ 
法的思考、人治でなく法治の発想を、真に根付かせることがいかに困難か、
考え込むこと頻りである

ってかw

597 :法の下の名無し:2016/03/03(木) 20:32:20.31 ID:iwYAdEuF
ギルド社会でそんな空気読まないこと書くわけないだろ

598 :法の下の名無し:2016/03/04(金) 01:40:48.10 ID:jQ5gz990
流動的実体法論とは、「実体法の正しい意味なるものの実体的内容は、
その後の有権的認定・解釈機関の決定により流動する」というならば、
結局は「最高裁の決定で流動する」ということなんだから、
法制局の解釈変更も内閣の政策変更も自由でしょ、
それを濫用だ、なんだと批判するのは粗雑でしょ、と、
藤田論文は言ってるように、健ちゃんはとらえたのかな。
それなら「再興の意欲」につながるな。

599 :法の下の名無し:2016/03/04(金) 05:40:12.36 ID:EokYVQaT
仮にそうだとして論理で定まる(らしい)実体法の内容を
法制局のこれまでの解釈と違うからと批判する側の基盤は一体という
論理的なるものの「メンテナンス」が聞いて呆れる

600 :法の下の名無し:2016/03/04(金) 11:45:04.18 ID:LbDs3vVS
健ちゃんがバカで間抜けってことでFA

601 :法の下の名無し:2016/03/04(金) 21:15:15.10 ID:WBR6JPl2
そこはかとなく電波を受信した
・論理で決まる「実体法」と、現実の力で決まる「手続法」は、あくまで峻別されるべき
→よって、実際に行われようとしている立法(手続法)に対して、論理的な批判、検討は無意味
→まして、有権解釈者の判断である手続法を、実体法の内容と一致させてしまう
かのような「流動的実体法論」は、危険で不適切
→では立法(手続法)の内容がおかしい時はどうするか
→手続法の限りでは、論理なんかどうでもいいから、とにかくこっちも力で
立法をやめさせるしかない
→よって、政権批判のためなら、厳密に論理的かどうかなんてどうでもいいから、
とにかく役に立ちそうなことは何でも言う
それで立法を止めれば(あるいは仮に立法されても司法の違憲判決を引き出せば)、
とにかくそれが勝利
→よって自治研究論文も、論理的な検討などはしないで、とにかく「あれ、この「公理」って
ダメなの?」というイメージさえ流布されればいい
→だから「でもそれ学会でウケなかったですよねー雑誌も休刊ですよねー笑」
と言ったった
→でも翻って、実体法の限りでは、論理的な検討の価値自体を否定したいわけじゃない
だから藤田先生の研究も最後にちょっとフォローしといたから許してねテヘペロ

という電波を照射すると、どうでしょう、巻頭言の文章の展開も、何となく
理解できないわけでもない気がしてしましたw
いやこれ、あくまで出来の悪いジョークですからね
今後必ずや、自治研究論文の本格的な論理的検討がなされるのであろう、と
期待してますからね
してますからね…

602 :法の下の名無し:2016/03/05(土) 08:02:01.85 ID:5uOljTKR
健ちゃんの「論理的なるもの」のメンテナンスは、
規範論理の立場一般を指称したものでしょ。
599の意味不明。

603 :法の下の名無し:2016/03/05(土) 08:08:49.93 ID:RZzsWFv2
石川健二でおk?

604 :法の下の名無し:2016/03/05(土) 08:09:23.16 ID:s0LSmpi9
>>602
意味不明はときに単なる本人の理解力不足
「権威や力ではなく論理のみを頼りにした」方法が論理的なるもののメンテナンスにつながってきたといいつつ
法制局という「権威や力」に依拠した批判が横行してることの滑稽さを皮肉ってるんだろ

605 :法の下の名無し:2016/03/05(土) 08:18:58.34 ID:s0LSmpi9
>>601
見事な(笑)解釈だと納得しつつ
ところで「立法(手続法)の内容がおかしい」のはいつどうやって判断したんだろうという

それは結局藤田先生の用意した舞台なんだけど
そうかだから今後本格的な反論が出てくるんですね

606 :法の下の名無し:2016/03/05(土) 09:17:01.15 ID:5uOljTKR
>>604
う-ん、やっぱり不明だが、まぁどうでもいいや、気悪せんといて。
それより、藤田論文のインパクトはやはり凄かったんだ、
安倍政権スタッフに自信を与え、近時の安倍改憲発言を後押ししている。
気にしなきゃいけないのは最高裁のみ、でも人事は握ってるけどね、とも。

がしかし、藤田先生は政治利用されたくないので明記しなかったけど
その尻尾をつかんで白日下にさらけ出した健ちゃんはやっぱりえらいのだ。

607 :法の下の名無し:2016/03/05(土) 10:24:48.72 ID:iKi4ct1C
私には606のが意味不明・・・

608 :法の下の名無し:2016/03/16(水) 22:48:20.51 ID:ncKyKwpA
ノーベル経済学賞という権威に人は弱いですから


とスティグリッツ、クルーグマンに比べて
チリのような存在感の憲法学者の権威にもたれかかっていた古舘さんが

609 :法の下の名無し:2016/03/21(月) 13:28:55.47 ID:DoKH/psX
存在感より言ってることが妥当かどうかだね

610 :法の下の名無し:2016/03/29(火) 00:32:45.78 ID:bVPgo10a
健ちゃん、「トロイの木馬」とは、いいえて妙だな。
(日経27日付朝刊11面)

611 :法の下の名無し:2016/03/29(火) 18:34:56.31 ID:J2SSxowy
緊急事態の際の「統治行為論」については石川先生が現実論を言ってるのに
井上さんは形式論にしか思えない。自分でもそう思ってるんだろうか。

612 :法の下の名無し:2016/03/29(火) 19:58:38.47 ID:IxxXKEtC
石川先生のそこの議論は俺にはよく分からない
(そもそも石川先生のインタビューでは「統治行為論」という用語は
直接出てきてはいないけど)
どういう条項が置かれること、また政府がどういう行為をすることを想定してるの?

613 :法の下の名無し:2016/03/29(火) 22:56:28.05 ID:bBJ+o30H
あれのどこが現実論なんだよ
井上先生の方がよっぽど理解できるわ

614 :法の下の名無し:2016/03/30(水) 01:57:55.38 ID:TBBFZaSB
緊急事態下の政府行為に法的評価を下す第三者的な審査機関が必要だが、
石川氏・長谷部氏共に、日本の最高裁は「統治行為論」をとっているから
最高裁はアテにならず駄目だ、という論調なのだが、
そもそも緊急事態条項を憲法にいれると同時に、
最高裁が政府行為を審査する(つまり統治行為論の適用なし)との
条項を入れればよろしいのではないでしょうかネ。

615 :法の下の名無し:2016/03/30(水) 02:07:36.31 ID:03kSwzph
そのような条項それ自体を統治行為論によって適用回避することができてしまうので無駄

616 :法の下の名無し:2016/03/30(水) 02:45:09.67 ID:bouImqLZ
>>614
実際、長谷部説はそういう主張だろ
それに対して、井上説は具体的個人の人権が絡む場合に最高裁は統治行為論を採っていないし採るとも思えないというもの

617 :法の下の名無し:2016/03/30(水) 03:49:01.74 ID:sFMeTiXc
ま、とにかく議論はどんどんするべきだしそれが健全

危機に備えた議論こそが危ういというのは
学界として腐りかけの証左

618 :法の下の名無し:2016/03/30(水) 13:38:13.72 ID:MMMpVdk9
石川は緊急集会が出来た経緯に触れて「憲法は緊急事態を知っている」と指摘してるし
外寇・内乱・災害のそれぞれについて個別条規の存在を言ってるのだよね
緊急事態においての統制主体の問題に触れてるけど非立憲をフラットに戻すことが先決と言ってるし

井上は言ってることが分からん。無令状捜索が何千件も起きてる半世紀前の非常事態法で憲法院が合憲判断下したなら
結局緊急事態で統制主体なんて無意味と自分で言ってるようなもの
緊急事態の改憲案なんて最初は国籍剥奪とかめちゃくちゃで党内からも非難上がってたじゃん

619 :法の下の名無し:2016/03/30(水) 16:21:22.86 ID:dsRhOnT1
誰に向けて話しているかが一目瞭然だな。
石川:憲法カルト教団信者
井上:一般国民(日本語を理解できないものを除く)

620 :法の下の名無し:2016/03/30(水) 16:39:11.28 ID:sgdAtNQp
「国の最高責任者」云々でもめてる様子。
Twitter見るとまあどっちも失笑な議論展開してて笑える。

621 :法の下の名無し:2016/03/30(水) 16:40:51.34 ID:sgdAtNQp
政治的責任・一般的な意味での責任・法学上の責任の区別されてないからもう滅茶苦茶

622 :法の下の名無し:2016/03/30(水) 21:24:12.73 ID:FshSKt6Y
「尊皇精神の現れ」とかいう秀逸な返しには草不可避w
まあ多少マジレスを試みると、他の権限はともかく行政権について(ということは
つまり国家の活動の相当広範囲について)、内閣総理大臣ではなく別の「最高責任者」
なんてものがもし存在したら、それこそ立憲主義とか責任政治の原理とか、
憲法の重要な原則との関係で疑問が生じてくるわけで、由々しき事態なわけですな

623 :法の下の名無し:2016/03/30(水) 21:47:10.01 ID:URrz62mo
非立憲なんてタダの好き嫌いでしょ、と今朝の読売にあったぞ

624 :法の下の名無し:2016/03/31(木) 00:01:05.13 ID:VUn8oG3p
大石眞先生も山元一先生も大変ごもっともな話をしてると思う
比較すると、石川健治先生は、良かれ悪しかれ異彩を放ってると感じたな
世の中で発言する以上、学問的議論とは別に、政治的状況に合わせた(とでも
言えばいいのか?)発言をすべきだと断言してるもんな

625 :法の下の名無し:2016/03/31(木) 00:39:08.54 ID:0mhRbNZz
学者の自己否定だよ
餅屋が餅売らなくてどうすんの

626 :法の下の名無し:2016/03/31(木) 02:22:47.04 ID:Xt5Hf9mT
>>622
シールズの人は徹頭徹尾「国(家)」と言ってるのでその批判は不適かと。

国内法上の刑罰についての帰責性や私法・行政法上の賠償責任を想定してるとはさすがに思えないので、
問われてるのは政治的責任であり、
つまるところ政治システムにおいて、批判される「債務」を誰が引き受けるかになるはず。
ところが、これは国民も首相も議会も官僚もその対象になりうる。
つまり逆説的だがまず批判する側を確定することが必要になる。

627 :法の下の名無し:2016/03/31(木) 06:55:55.59 ID:3Igeq49n
なんかショーンKみたい
シンプルなことを小難しく言うな

628 :法の下の名無し:2016/03/31(木) 07:50:23.42 ID:xztafvOU
>>626
問われているのが政治的責任だというのは別に異論ないけど、それは考えたつもりだけど
司法や立法そのものは明確に除かれるし、個別に独立性や専門性の高い分野なども
当然あるだろうけど、大まかに言って、国家の活動の相当広範囲で「最高責任者連れてこい、
最高責任者を批判したい」と言ったら、そりゃ対象になるのは内閣総理大臣だろう、と
国会(衆議院)の多数派の代表者がおおむね内閣総理大臣になる、という点も考えれば、
あるいは実質的に立法まで含めた最高責任者とも言えるかもしれない
こんな記事も参照
ttp://www.kyoto-up.org/archives/2316

629 :法の下の名無し:2016/03/31(木) 12:28:57.97 ID:L88pfjee
今日は安倍を木村先生が打破してくれるに違いないと思ってる馬鹿(笑)の集まりが
沖縄タイムスでありますよ(笑)
どうせ聴いても理解せずに、勝手な解釈で聴く馬鹿達の集まり(笑)

630 :法の下の名無し:2016/03/31(木) 22:07:40.39 ID:w18bLUar
井上武史によるツイート

>憲法で禁止されていること以外は法律で決められる。こんなの憲法学の常識。
>集団的自衛権を憲法で根拠づけている国があるのでしょうか。個別的自衛権を
>13条で根拠づける必要などそもそもない。「集団的自衛権=軍事権」説なんて
>論外。本当に憲法学者なのかというレベルの言説。

631 :法の下の名無し:2016/03/31(木) 22:11:02.18 ID:HP6HDpfy
また化け物呼ばわりされたいのか

632 :法の下の名無し:2016/03/31(木) 23:03:39.32 ID:rFG5rBPo
>>631
ミンカ乙

633 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 00:50:24.87 ID:FkFJXGMi
大体平時に「緊急事態」を全て想定して完璧な対処なんてできないでしょ
だからフランスでも緊急事態法を去年のテロ後に改正してるんだから
平時に民衆暴動を経験して緊急事態法制持ってる国だって
たった数人のテロで大騒ぎして泥縄式の改正やることになるんだよ
この辺りは理論じゃなくて常識の領域

634 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 00:55:23.42 ID:FkFJXGMi
>憲法で禁止されていること以外は法律で決められる。こんなの憲法学の常識。

いやぁこんなこと言っちゃっていいのかなあって感じ
Twitterって気を付けないとだんだんおかしくなってくね、憲法じゃないけどT先生とか…

635 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 01:11:39.41 ID:FkFJXGMi
>>612
>(そもそも石川先生のインタビューでは「統治行為論」という用語は
直接出てきてはいないけど

出てくるよ。トロイの木馬のすぐ前ではっきり言ってるじゃん。
統治行為論を採用したままで緊急時に政治部門に権限を集中する憲法条項を置けば完全な無統制状態だと

636 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 01:22:49.62 ID:Mcg8L0oJ
>>634
いいのかなもなにも普通の説だと思うがねえ

637 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 02:28:05.85 ID:YJ7WM5kU
「憲法に定められてる」の解釈次第では?
井上ツイートはかなり勇み足に見える。

638 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 03:23:59.28 ID:F1JgDxB1
T先生はもともとおかしいだろ

639 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 05:35:35.36 ID:Gbw6cyu7
tamaiかtaniguchiのどっちなのか

640 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 07:46:42.41 ID:FE4oPl+E
>>635
ちょっと書き方が不十分だったが、細かい話になるが、
>例外状況を法はもともと想定している。
>ただし、その際、法的な評価を下す裁判所という第三者的な審査機関が用意されている。ここが大事だ。
>これに対して緊急事態条項は、緊急事態での国家の政治部門の行為については、そうした審査を外す効果を持つ
という部分を見ると、「緊急事態条項に基づいてなされた国家の行為が、
人権侵害であるとして裁判で問題になった場合、裁判所は統治行為論を
適用して判断を避ける」と直接言っているわけではないのでは、という意味ね

ついでに言うと、この段落と次の段落は、細かく読むと、俺には文章の趣旨自体が
よく分からなかった
そもそも現行憲法のもとで最高裁は統治行為論を採用してるんだから、もともと
政治部門の一定の行為については裁判所は判断していない
一方で、もし緊急事態条項を設ければ、別に一定の範囲で内閣(あるいは首相?)に
権限を集中して、その範囲では権力行使の制約が緩くなるのだろうが、それは
そういう条項の効果であって、裁判所が判断しなくなるからではない
(まさか条項の中に「これこれについては裁判所も審査できない」などと定める
わけでもないだろうし、いや詳しく知らんけど)
だから、緊急事態条項を設けることと、裁判所の統治行為論との関係が、
結局どういうものだと言ってるのか(別に条項がなくたって、もともと政治性の高い問題は
判断されないのじゃないか)、俺にはよく分からんのだよね
あえて解釈しようとすると、「もし条項を設けるのであれば、政治性の高い問題についても、
裁判所が判断するようにすべきだ」という趣旨だとすると、多少は意味が通るようには
思うんだが、そんなことを言ってるの?
そうだとすると、具体的にどういう問題について裁判所が判断すべきと言うのか、
裁判所がそれを適切に判断できるものなのか、あたりが説明されるべきだと
思うんだけど
(あるいは発言そのものでなく、記事のまとめかたが良くないのかもしれないが)

641 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 10:17:01.84 ID:3i8j5XGE
>>640
長いわ

642 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 10:17:29.73 ID:aYyXYeQc
統治行為論を捨てるべきだと言ってるんだよ
例えば、裁判所の条文に細工をするとかで

643 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 10:54:30.98 ID:JvSWXafM
井上先生も明らかなシロウトさん(というかアタマが出来ちゃってる人)を相手にするのはあんまり良くない癖だな

644 :法の下の名無し:2016/04/01(金) 12:16:45.75 ID:tQuzCTiJ
最近は喋りまくる坊さんも多いけどな
ローマ法王もツイッターやってるんだろ?
井上は井上で布教してるつもりなのかもしれん

645 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 04:28:32.81 ID:l32sDxrh
素朴な質問です。
憲法学って、意味あるの?
70年間も経って、未だに研究する事あるのですか?
憲法に関する国際会議ってあるのですか?
日本の憲法学に対する国際的な評価は実際どうなんでしょうか?

646 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 08:08:06.22 ID:39Qhu48z
>憲法学って、意味あるの?
「意味あるの?」の意味による。現在の実務に与えている影響は非常に少ない。
しかし、将来の実務に役立つようになるかもしれない。
(そもそも「研究」とは役に立たないとみなされていたものを役に立つレベルに
まで引き上げることである)

>70年間も経って、未だに研究する事あるのですか?
いくらでも。法の中では「高々」70年である。だからこそ大して洗練されていない
主張がまかり通ったりする。

>憲法に関する国際会議ってあるのですか?
教授が海外の学会に出るために出張するのを見たことがあるからおそらく
あるんじゃないか

>日本の憲法学に対する国際的な評価は実際どうなんでしょうか?
聞いたこともないからわからん

647 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 08:25:19.09 ID:MxMr4fie
>>645
>日本の憲法学に対する国際的な評価は実際どうなんでしょうか?

そもそも日本の憲法学というのは、主にアメリカとか外国の理論を輸入してくるいわゆる<輸入法学>に依る部分が大半で、
日本の憲法学者というのは結局、横のものを縦にして、申し訳程度に自分の見解を述べているような感じだから、
所詮は外国の真似事でしかなくて、オリジナリティというのはあって無いようなものだし、日本の憲法学に対する国際的な評価とか以前の問題

648 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 08:28:10.53 ID:WjNHBm1z
>>646
あるんじゃないかって、樋口陽一は国際憲法学会の会長じゃなかったか

649 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 08:29:14.29 ID:MxMr4fie
日本の憲法学が輸入法学ではない独自の発展を遂げて、海外に理論を輸出するようにまでなってはじめて<日本の憲法学>というアイデンティティが確立されて国際的な評価とかそういう話になってくるってわけよ

650 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 08:39:42.33 ID:MxMr4fie
未だに研究することがあるのかということについてはそらあるに決まってるし、これからもなくなることはないよ
社会が発展し、絶えず変化を遂げていく中で新たな論点が生起してくるわけだし
それこそヘイトスピーチ問題とかね

651 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 08:48:56.95 ID:WjNHBm1z
大体、古ければ研究対象にならないと言うのなら、
未だにプラトンやアリストテレスをやってる人間がいることの説明がつかない

652 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 11:23:56.04 ID:15vBPKq+
>>645
芦部を読め
話はそれからだ

653 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 13:15:31.56 ID:SJ7jBRC1
護憲の磁場に縛られている憲法学界と井上武史先生は相性悪いな。

654 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 13:31:58.78 ID:SJ7jBRC1
あと、憲法学には価値あるだろうけど、海外の学者の輸入と政治運動にエネルギーを割いている日本の憲法学に独自の価値があるかは怪しい。

655 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 13:59:03.30 ID:tM1zU85q
中韓台など、日本の法学(憲法含め)に学んできた国もあるがな。

656 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 14:14:03.65 ID:tM1zU85q
それらの国々では、日本の憲法学の文献が翻訳刊行されてベストセラーになったりもしている。

657 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 15:14:08.49 ID:MRXJ27yd
>>655
まじ?
中国で日本の憲法学広めたら国に弾圧されそう。

658 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 15:47:57.46 ID:tM1zU85q
大須賀明『生存権論』は中国で有名らしい。

659 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 17:08:29.29 ID:39Qhu48z
普通にアメリカ憲法教えてるわけだし弾圧はされんだろう

660 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 17:47:58.26 ID:Rw5wbeUn
>>659
中獄でもアメリカ憲法教えてるの?ソースどこ?

661 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 19:33:15.73 ID:39Qhu48z
ソースは俺の留学経験からだが、ネット上では例えばここの"Courses Taught"
にそれ関連の科目があるな。

http://ruc.zuolang.com/eng/ShowArticle.asp?ArticleID=38503

といっても授業が英語で行われるためか参加する中国人学生は少なかったが。

662 :法の下の名無し:2016/04/02(土) 23:05:35.41 ID:gRntNGgi
他国との関わりついてだけど、ちょっと、というかかなり古い認識のかたも多いので補足。

日本とは違いアメリカやドイツやフランスは他の国の学問なんてほぼほぼいれず、自国のみで発展してきた。
ところが、今の時代はそれじゃアカンということで日本でいう比較憲法やヨーロッパ法が盛んになり、
日本的な外国法勉強しました論文が増えてるし、
日本法学の発展の仕方が良くも悪くも興味深く見られたりしてる。

663 :法の下の名無し:2016/04/03(日) 01:10:36.09 ID:kmudwSw4
なに言ってんだ
オットーマイヤーはフランス法勉強して行政法の体系を作ったんだろうが

664 :法の下の名無し:2016/04/03(日) 02:07:34.02 ID:Fx0DCxBE
逆に20世紀初頭のフランス法学は同時代のドイツ法学をしばしば参照してたぞ

665 :法の下の名無し:2016/04/03(日) 09:37:52.12 ID:tJz3xFN8
フランス人から見た日本国憲法

シモン・サルブラン(Simon Serverin)「日本国憲法のカリスマ的性質」 『慶應法学』,慶感義塾大学大学院法務研究科,4月29号,295-324頁
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/AA1203413X-20140423-0295.pdf?file_id=91491

666 :法の下の名無し:2016/04/03(日) 11:30:19.54 ID:R/ssuwdm
>>663
なぜいきなり行政法の話?(苦笑)

>>664
特定の時期の特定のケースを指摘しても反論になってない。
「フランス憲法学は常に或いはしばしばドイツ法を取り入れて議論展開してきた」っていうならわかるが。

667 :法の下の名無し:2016/04/03(日) 11:39:24.23 ID:Fx0DCxBE
全称命題を反駁するには特定の時期の特定の分野の特定のケースだけで十分なのだが

668 :法の下の名無し:2016/04/03(日) 11:41:28.42 ID:2jj9HGFA
>日本とは違いアメリカやドイツやフランスは他の国の学問なんてほぼほぼいれず、自国のみで発展してきた。

行政法の事例だけで反証には十分だろ

669 :法の下の名無し:2016/04/03(日) 23:31:28.50 ID:R/ssuwdm
>>667
俺、全称してないよね
>>668
理解できなかったのか
憲法について話されてんのに、何故いきなり行政法持ち出してどや顔してんの、って話だ

670 :法の下の名無し:2016/04/03(日) 23:39:19.42 ID:R/ssuwdm
研究会でもたまにいるなあと思った
「○○の傾向がありまして…」ってのに「××の事例があるじゃないか」って批判する万年博士課程
議論になっても特にその批判に意味はないという

671 :法の下の名無し:2016/04/04(月) 02:01:17.74 ID:N2hgOP2C
>日本法学の発展の仕方が良くも悪くも興味深く見られたりしてる。

はっきりと全称命題じゃねえか

672 :法の下の名無し:2016/04/04(月) 02:42:36.18 ID:5lrv/bsZ
>日本とは違いアメリカやドイツやフランスは他の国の学問なんてほぼほぼいれず、自国のみで発展してきた。

どうみても「○○の傾向がありまして…」じゃないね
そもそも「ほぼ」というには例外事例がありすぎてはっきり偽

673 :法の下の名無し:2016/04/04(月) 02:58:07.45 ID:7hdmzurf
研究会でもたまにいるなあと思った
「自分はそんなこと言ってません」と言いながら論文見たらちゃんとそう書いてあるってパターン
じゃあ最初から限定して書けよという

674 :法の下の名無し:2016/04/04(月) 03:24:49.89 ID:Ivz1am5f
万年博士課程のカスどもが調子に乗ってくだらねー揚げ足取りしてんじゃねーよカスが

675 :法の下の名無し:2016/04/04(月) 03:25:24.07 ID:Ivz1am5f
オラオラオラオラァ!

676 :法の下の名無し:2016/04/04(月) 03:25:47.24 ID:7hdmzurf
万年博士課程だろうが修士課程だろうがダメなものはダメだよね

677 :法の下の名無し:2016/04/04(月) 03:39:25.84 ID:5lrv/bsZ
まあ万年博士課程じゃなくて旧帝教員ですけどね

678 :法の下の名無し:2016/04/04(月) 04:07:25.19 ID:Ivz1am5f
ホラ吹き死ねやカスが

679 :法の下の名無し:2016/04/04(月) 06:22:09.26 ID:at2F8Yao
日本の法学が輸入超過なことは事実だろうな。

680 :法の下の名無し:2016/04/04(月) 12:30:28.64 ID:zzsT1FUc
自由と特権の距離読み直してたら
木村先生が助手時代、第二刷のとき手伝ってたのね

681 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 01:47:03.56 ID:xOslGPwf
木村く〜ん。井上がまた挑発してるぞ。
しかも本が「いいね」。

682 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 08:50:59.33 ID:i+cq4DWU
木村先生、教授就任おめでとうございます(´・_・`)

683 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 09:17:15.72 ID:GRpuTMJc
>>682
東大教授?

684 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 09:28:46.55 ID:vi2qvUmn
せたがや市民大学かな?

685 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 10:07:31.45 ID:GRpuTMJc
長谷部の後任の東大教授って未だ決まらないの?
二年も空白じゃん。

686 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 10:12:04.70 ID:k8+wXWlB
この4月から小島くんが戻っただろ

687 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 11:58:48.69 ID:GRpuTMJc
>>686
ソースどこ?
まだ上智のホームページに載ってる
http://www.sophialaw.jp/faculty/teacher/kojima_s.html

688 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 12:07:38.65 ID:YB9d0vai
 また、4月1日付けで次の方々が着任されました。

  今井 耕介 教授(プリンストン大学:計量政治学方法論)
  小島 慎司 准教授(憲法)
  淵邊 善彦 教授(法科大学院専任実務家教員)
  水野 大 准教授(法科大学院専任実務家教員)
http://www.j.u-tokyo.ac.jp/about/news/list/news_079.html

689 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 12:12:40.01 ID:GRpuTMJc
>>688
サンキュ、すがすがしい程に純血主義やな。

690 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 12:17:04.68 ID:uJvTTp3q
今井耕介と今井亮佑は親類?

691 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 14:44:33.40 ID:32SjXnty
http://www.asahi.com/sp/articles/ASH790DD1H78ULZU00R.html

小島も井上達夫の区分によると解釈改憲派か。
長谷部に気に入られるための選択かな。

692 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 15:14:01.56 ID:LGB9LiyQ
何か小島はめちゃくちゃな電波だな

693 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 15:30:10.86 ID:32SjXnty
>>692
とは?

694 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 18:21:50.86 ID:NeR2YOwg
情報法の専門だってこと

695 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 23:43:28.41 ID:szRvUa/6
不戦条約の水準じゃ平和主義とは言えないから改憲は不要って滅茶苦茶だろw

696 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 23:47:03.51 ID:szRvUa/6
他国と比較してヨリ平和主義でないと憲法の特徴にならないっていうのも意味不明だし

697 :法の下の名無し:2016/04/05(火) 23:56:56.52 ID:Qcf0o2Tj
ただの信仰の告白だろ

698 :法の下の名無し:2016/04/06(水) 00:03:40.55 ID:z6HvkzhT
確かに理解しにくい話だな
いや、逆に、単純にこう理解すればいいのかな

・9条1項のレベルの平和主義(つまり不戦条約から始まったいわゆる侵略戦争の禁止)
だけでは、今日では別に珍しくない
国民は、「日本国憲法はもっと特長ある平和主義を唱えてるはずだ」と期待している
・一方、国民は「自衛隊は憲法違反ではない」と思っている(9条2項にもかかわらず)
→つまり国民の考えは矛盾あるいは混乱してるはずなのだが、国民はどうせ
1項・2項それぞれの専門的意味合いなどよく知らないんだから、仕方ないじゃん

と、国民の意識を単に解説してるだけなのかなw
んなこと聞きたいわけじゃなくて、専門的知見を示してほしいのだがw

699 :法の下の名無し:2016/04/06(水) 01:27:53.39 ID:m3CRXxiM
憲法学バカにされまくり
https://twitter.com/takehiroohya/status/717221605643063296

700 :法の下の名無し:2016/04/06(水) 05:25:53.87 ID:k2chkR41
自衛権=自衛力ではないからな
小島さんの言うことはむしろ防衛政策の専門的知見を持ってる人間にこそ耳が痛いだろうよ
正直これ以上どうしろと言うのかと…

701 :法の下の名無し:2016/04/06(水) 11:26:36.24 ID:CYSQNbSq
しかし自衛権はあるけど自衛力がないのはおかしいわけで

702 :法の下の名無し:2016/04/06(水) 12:28:40.97 ID:p1z+T3Mw
群民蜂起やぞ

703 :法の下の名無し:2016/04/06(水) 15:16:06.25 ID:ABZHOwJx
>>701
固有の自衛権が認められても2項で憲法上保持を許される自衛力はおのずから規制を受ける
それによって自衛権の行使に線が引かれてきたんだから
自衛隊合憲の回答した人が1項だけじゃ不戦条約にしかならんけどそれ国民が望んでること?
っていうのは別に変でも何でもないと思うけどね 自衛権行使のための有形的無形的資源だって無限じゃないんだし

704 :法の下の名無し:2016/04/06(水) 15:21:34.22 ID:ZxpFXsjv
無形的資源ってなんぞや

705 :法の下の名無し:2016/04/06(水) 22:45:06.68 ID:z6HvkzhT
>>703
2項の文言によって、自衛力あるいは自衛権行使の範囲に、どうやって線を引くという話なの?
全面禁止か、あるいは「前項の目的を達するため」の文言によって侵略に当たらない範囲で、
という以外に、文言上うまく線を引けるの?
それが問題だからこそ、2項の改正という意見も出てくるんじゃないかと

706 :法の下の名無し:2016/04/07(木) 08:48:59.09 ID:Y65vZMrW
>>704
端的に言えば世論の支持。財政的負担や海外派遣に伴う犠牲者の増加、敵対勢力の発生
あるいは法制の改正などアイデンティティに関わる問題に国民が耐えられるかと言うこと。
>>705
まず2項で戦力が持てないし交戦権も否認されるから、
保持できるのは自衛のための最小限度の実力と自衛行動権(高辻答弁)に押し込められる
占領行政は禁止されるし「攻撃型空母」とやらも持てないし海外派兵は禁止される
80年代まで全面戦争メインで論争してる時は「自衛行動権も交戦権も同じだろ」と責めてた先生方も、
治安維持型もしくは国境紛争型、後方支援と言った古典的な戦争と違う類型の出現で
やはり2項それなりに実益あったなと思うのはアタリマエ。想定してないから膨大な言質与えちゃってるのだから

707 :法の下の名無し:2016/04/07(木) 09:33:26.91 ID:zrbia57U
>>706
財源や人的資源は有形だろ
いい加減なことばっかり言って

708 :法の下の名無し:2016/04/07(木) 09:44:15.35 ID:ThyNMyga
小島先生が自衛隊合憲説に立ったから、これで東大憲法学も自衛隊合憲が支配的になるのかな。
宍戸と石川は巧みに自衛隊と日米安保の合憲性を回避してるからね。

709 :法の下の名無し:2016/04/07(木) 23:26:15.52 ID:ItZ8enOJ
>>706
2項の文言をどう解釈したら、そのような帰結が出てくるの?
例えば2項を「必要最小限度の自衛力保持は妨げない」とか(あるいはもっといい文言が
あるなら別に何もこだわらないが)改正すれば、同じような帰結を帰結を導くことも可能で、
しかも文言上も無理がなくなって、より良いんじゃないの?
今の文言では、全面禁止がおそらく文言上は自然ではあって、それ以外なら、
侵略は禁止する(不戦条約あるいは事後的ではあるが国連憲章あたりに合わせて)
というのも一応可能ではあるかと思うけど、それ以外にどういう根拠でどういう範囲が
認められるのか、国民一般にはまるで分からないことになっちゃってるんじゃないの?
実際、改めて考えると、最高指揮官は文民のトップ(例えばアメリカなら大統領)であって
軍人ではない、ということすら明文では定められてないわけで(解釈できなくはないだろうが)、
それでええんかと感じなくはない

710 :法の下の名無し:2016/04/07(木) 23:30:07.44 ID:/zpw9kER
コンメンタールでも読んでこい

711 :法の下の名無し:2016/04/08(金) 06:01:52.85 ID:GlJ1V14D
草太!!!!!!!!!

712 :法の下の名無し:2016/04/08(金) 09:31:07.13 ID:bGWMdkjF
私立高校や私立大学への助成金も憲法の明文に反しているから明らかに違憲。
私立学校への助成を全面的に禁止しましょう。

憲法89条(抜粋)

 「公金その他の公の財産は、公の支配に属しない教育の事業に対し、
  これを支出し、又はその利用に供してはならない。」
  

713 :法の下の名無し:2016/04/09(土) 16:16:33.64 ID:k/Q3H0gu
>>709
去年の憲法審査会の議事録読んでたら長谷部さんも

「国民の生命、財産、安全を保持するというのは、これは政府としての最低限の任務でございますから、
…個別的な自衛権だけは、それもまた必要最小限度、比例性原則の範囲内においてのみ行使できるということになっております。
このような憲法原則をとっている国、これはやはり類を見ないものでございまして、日本固有のものであろうか」

と言ってるので、やはり1項の自衛権行使は2項によっても制約を受けていると見るべきじゃないの。
過去の政府答弁でも1項の国際紛争云々だけが意識されてるわけではないんだよね。

>>707
別にいい加減なことは言ってない。何を誤解してるのか?人的資源や財源は有形だが、世論の支持・調達は有形?違うでしょ。
たとえば軍事分析における「士気」は有形の資源?これも違うよね。

714 :法の下の名無し:2016/04/09(土) 16:22:53.14 ID:BbedQLoR
>>708
東大って90年代頃から議論すると若手の人そんな感じだった記憶がある
小島さんも世代的に見たら急に合憲とか言い出したわけではないのでは?

715 :法の下の名無し:2016/04/09(土) 17:21:07.35 ID:sg1B7WYp
>>713
いや別に、2項が実際上そういう効果を発揮してきたであろうこと自体は、否定してないよ
そのような比例原則なり何なりが、日本国憲法の持つべき特色であると考えるのなら、
それが文言上より正確に現れるような改正をすることがなぜいけないのか、と言ってるだけ

716 :法の下の名無し:2016/04/09(土) 18:32:28.19 ID:y0EXvoE7
>>713
いい加減しつこいよ

717 :法の下の名無し:2016/04/09(土) 18:52:15.40 ID:v2qPyfHn
>>714
東大も世論に受けるために学説を選ぶんだね。

718 :法の下の名無し:2016/04/11(月) 05:13:34.46 ID:tLyHMzij
【大学教授】同志社・法学部・冨沢克、飲酒運転・逃走で逮捕
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/11831/1460317926/

719 :法の下の名無し:2016/04/11(月) 19:33:12.55 ID:rWx/fi1W
>>705
2項で交戦権がないから、売られたケンカの自衛戦争で国際法上通常許されることが、
自衛隊にはできない。

逃げる相手を追撃すると、自衛のための最小限度を越えて過剰防衛となるおそれがあり、
殺人で起訴されたり器物損壊で賠償義務が発生しうる。賠償は国賠で国が負担するが。
逃げる犯人を日本の警官が射殺しないのと同じ。

GATEの自衛隊は2項を忘れちゃったようで違和感ある。

720 :法の下の名無し:2016/04/11(月) 23:52:20.41 ID:vitTZFDF
>>719
「交戦権」なる珍妙な概念はそもそも現代国際法にもないし
それがないからといって「自衛権」が警察権にまで縮減されることはない。

また「必要最小限」の解釈も、組織的且つ継続的な武力紛争の文脈で警察の類推を働かせようとしている時点でお察し。

戦間期かせいぜい戦後直後の議論水準で時間が止まっている日本法の学界の議論に惑わされない方がいいよ。
この水準で安全保障法制を語ろうとする専門家が跋扈していることが日本の不幸。

721 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 00:10:54.71 ID:YplIDosZ
大体憲章体制下ではもう世界中の国は「戦争」の権利なんか持ってないわけでね

第二次大戦までの規範状況を前提とした文言を用いる日本国憲法が
憲章体制下で許容される武力行使をさらに制限するような効果を本当にそこまでもつのか
本来そのあたりの規範論理の検討が徹底的に行われるべきなんだろうが

国際法学者は「自衛戦争」とかいうわけのわからない概念を
いまだに使っている人間とは話しても無駄だと思っているし
憲法学者は「世界に冠たる平和主義のわが日本国憲法」を不可侵領域としているし

722 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 00:34:39.01 ID:9j5R/Psa
ブログかツイッターでやったらどうですか?

723 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 07:38:32.49 ID:hwF1aZCP
要するに9条は無効に近いってこと
きちんと改正しなければなりませんね

724 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 10:04:57.04 ID:SBQFidTm
今回の議論で憲法学者は隣接分野にケンカ売りまくってたよね
安全保障や軍事学の領分に平気で踏み込んで
各専門家の意見は無視だったし

725 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 10:19:55.92 ID:WiSnxZgG
>>724
hsb「私は安全保障の専門家!」

726 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 11:26:38.34 ID:3VgDlPIF
>>725
hsbは、私はオックスフォード大学の辞典に安全保障で書いたから専門家と言っていた。

727 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 11:28:16.44 ID:WiSnxZgG
>>726
あれって本気で言ったんかな。
狂気にとりつかれたとしか思わなかったわ

728 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 15:05:11.61 ID:hwF1aZCP
長谷部は素人だろ

729 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 16:41:57.23 ID:WAR4C+Q/
>>728
それはみんなわかってるよ。

730 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 17:03:51.76 ID:vxxad5bj
木村大先生の足元にも及ばん。

731 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 17:17:47.27 ID:WAR4C+Q/
>>730
木村先生は万学に長けている。

732 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 17:25:08.20 ID:WAR4C+Q/
https://twitter.com/SotaKimura/status/719678418900504576
SLAP訴訟を進める木村先生

733 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 17:33:00.06 ID:vxxad5bj
木村大先生は、凡百の憲法研究者が考えもしなかった軍事権説をあみ出した。
サイババの如き自由自在の力をお持ちである。
大先生の手にかかれば、どんな社会問題も一発で解決するであろう。

734 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 17:35:52.10 ID:7XVONMSi
>>720
交戦権は考えなしに追加された文言で、解釈は日本の学者がやるしかない。

交戦権を自主的に戦争を始める権利、すなわち≒侵略戦争する権利と読むなら1項の確認に過ぎなくなる。
集団的自衛権行使は、国際法上の侵略ではないが、交戦権否認との関係では、自主的に戦争に加入してるのでこのがばがば解釈の下でも違反となりうる気がする。

なお、国連憲章下で許される武力行使について、憲法が上乗せで制限することは可能。

735 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 19:53:49.63 ID:YplIDosZ
>集団的自衛権行使は、国際法上の侵略ではないが、交戦権否認との関係では、自主的に戦争に加入してるのでこのがばがば解釈の下でも違反となりうる気がする。

「戦争」という概念を使ってる時点でダメだっての。


>なお、国連憲章下で許される武力行使について、憲法が上乗せで制限することは可能。

そんなことは法学部3年生でも知っているよ。
現に上乗せで制限しているという根拠を疑問視しているだけでね。

736 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 20:12:23.50 ID:8mur2LVN
憲法学者を庇いたいわけではないが別に「戦争」という語を
憲法学が国際法上の意味で(いまや消滅したその意味で)使わなきゃいかん義理もないのよ

737 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 22:29:07.99 ID:XOg0oWIh
>>725-727
ちなみに長谷部が書いた項目、湾岸戦争とイラク戦争を取り違えて記述している模様

738 :法の下の名無し:2016/04/12(火) 22:54:59.48 ID:8DIIEW0T
>>736
政府解釈が憲法学に乗っ取る必要もなくなる

739 :法の下の名無し:2016/04/13(水) 10:27:04.22 ID:JCNhekmz
けんぽーがく(笑)という宗教ですね

740 :法の下の名無し:2016/04/13(水) 13:28:03.64 ID:n3fe6Zwu
>>738
違う
そもそもマッカーサーの落書きを政府が「解釈」する必要などない
「憲法学」などという学問領域もない
カール・シュミットが勝手に作ったんでしょ

741 :法の下の名無し:2016/04/13(水) 15:36:25.14 ID:1P4iHRG6
お、おう…

742 :法の下の名無し:2016/04/13(水) 16:53:15.06 ID:bKmbBjxF
木村先生は社民党の候補として出馬しませんか。
コバセツも出るらしいじゃん

743 :法の下の名無し:2016/04/13(水) 21:39:06.00 ID:pm4EKL82
>>736
もちろんそうだが、憲法学は日本国憲法に固有の「戦争」概念を何を根拠にどう打ち立てるのだろう

そしてそこまでいうなら集団的自衛権とかいう国際法の概念にこだわる必要もなさそうだな

744 :法の下の名無し:2016/04/14(木) 16:41:08.72 ID:UhK4xF5j
>>743
戦争概念はなく、紛争状態、武力行使と自衛権行使だけ?
まあいいけど、捕虜の扱いなど戦時国際法は有効だよね。
戦争犯罪もあるでしょ。武力行使犯罪といいかえてる?

戦争ってタームにアレルギーでもあんのでなければ分かりやすいタームでいいと思うけど。

745 :法の下の名無し:2016/04/14(木) 17:52:08.83 ID:KMj6LOo+
木村大先生が来月、全国憲で講演をされる。
その演題たるや「集団的自衛権の三国志演義」。

大先生は法学・文学・歴史から将棋にいたるまで森羅万象に通暁しておられる。
かつて不世出の柔道家、木村政彦は「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」と讃えられたが
同じ言葉を木村草太大先生に贈ろうではないか。

746 :法の下の名無し:2016/04/14(木) 20:02:18.73 ID:0pCFUp6U
>>744
>戦争概念はなく、紛争状態、武力行使と自衛権行使だけ?
何について「だけ」なのか不明。なお「紛争状態」は使わない。

>捕虜の扱いなど戦時国際法は有効
「戦時国際法」ではなく「武力紛争法」。
なぜなら「戦時」に限られないから。

>戦争犯罪もあるでしょ。武力行使犯罪といいかえてる?
「戦争犯罪」は慣例上使われているが
その成立要件に「戦争」の存在は問われないので法的には意味がない。
ただの名称。

>戦争ってタームにアレルギーでもあんのでなければ分かりやすいターム
「ターム」という言葉で誤魔化しているから理解ができない。
憲法解釈を行う上で法概念として用いることと
単にその名称を使うということは全く次元が異なる。

ある武力紛争を「戦争」と呼ぶのは自由だが(「イラク戦争」、「対テロ戦争」)
「『戦争』を行うことは違憲」という命題を打ち立てるためには「戦争」概念が存在することが必要。
わかりやすくいえば「交通戦争」は違憲かい?ということ。
そうでないなら法的な意味の「戦争」を憲法で打ち立てないといけない。でもどうやって?

747 :法の下の名無し:2016/04/14(木) 20:53:48.86 ID:ZIq1VMX8
https://mobile.twitter.com/SotaKimura/status/720571228713431040

ここまで東大法で固めて違和感持たないのかね

748 :法の下の名無し:2016/04/15(金) 21:18:39.16 ID:Ovw83vbd
>>746
仮に国際法上つかわれなくなってるにしたって、戦争概念が定義不能になるとは思えんが。現に戦争は有るのだし。

まあ、法解釈でよくある、○○法にいう××はこれこれだ、と憲法学者でも最高裁にでも定義させりゃいいよ。

俺定義でいえば、「国際法上の適法違法を問わず、国家又はそれに準じる主体の意思による武力行使が成されている状態」とするかな。
サイバー攻撃は判断難しいが。

749 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 01:32:48.53 ID:uvgiCAKB
素人談義はその辺にしておけ
意味がない

750 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 02:53:11.49 ID:CNb8oIlz
国際法では〜の素人さん

751 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 03:24:12.41 ID:oNqYjr3p
>>748
>戦争概念が定義不能
現行憲法になんの根拠もないからね

>>750
国際法も知らない素人さん、の間違いだろ

752 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 03:25:46.04 ID:1NUX9ecH
憲法学かじると隣接分野への敬意が失われるのかな?
先行研究があるならその成果を借りればいいだろうに

753 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 03:30:50.96 ID:PgM6aFUb
国内では最高法規の地位にあるからな
国際法の話を嫌がるのはオラが村の常識が通じないからだろう

754 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 08:12:59.25 ID:mEKevqg0
けんぽうがく自体が素人の集まりですから

755 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 08:14:52.81 ID:mEKevqg0
>>748
武力行使すなわち戦争とするのはおつむが弱すぎんぞと一応突っ込んでおく

756 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 08:29:42.68 ID:6Cpte1xH
国際法も知らずに時代遅れのマッカーサーの落書きをありがたがってる馬鹿が憲法の自称専門家たち

757 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 12:48:36.76 ID:cSHwPMKk
>>752
そこがカルトのカルトたる所以
教義に反する「先行研究」はヒステリックに排撃されるか無視されます
「隣接分野」があるとしたらキリスト教なかんずくプロテスタンティズムでしょうね

758 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 12:48:39.13 ID:40Db+t6a
欧州の公法学者は憲法とEU規則は当然として
関連する国際法もきちんと押さえているが
それと比べると日本は見劣りしまくりなのは仕方ない

ガラパゴスであることを「特長」と誇る憲法学だから

その割に人権関連のただの勧告には妙にこだわったりするのも笑いどころ

759 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 23:05:25.49 ID:RJYuKX/m
>>751
憲法2条に定義規定がないとお手上げか?
んなことはない。
最高裁は最悪、条理、社会通念を持ってくる。

>>755
日本国憲法が想定する戦争についての説明なんだがね。

武力行使だが戦争でない場合、
武力行使のない戦争
のどちらかがあるということ?
前者については手当てしてるつもりだがね。

760 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 23:52:08.84 ID:STOB7NQk
「条理」と「社会通念」で「戦争」を定義w
妄想は自由でいいね

あと手当できてないからね
ネット検索で付け焼刃で頑張るんじゃなく地道に勉強してね

761 :法の下の名無し:2016/04/16(土) 23:59:58.02 ID:PgM6aFUb
>>759
憲法2条ってなんだ?
根拠がないのと定義規定がないのは違うし
わけわからん

762 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 01:05:50.59 ID:tMY1vQzX
2条は、皇位は世襲のものであって云々の条文だな

763 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 01:07:17.18 ID:ewhhLU0E
>>760
地道な勉強はすませたつもりだがなあ。
この分野を正面からやるのは難しい。

>>761
最近の法律はサービスよくて、1条が趣旨目的、2条が定義規定になってることが多いだろ。

まあつまり2条と言うのは冗談な訳だが。

764 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 01:13:28.98 ID:ewhhLU0E
>>760
いやいや、仮に昭和23年に9条が訴訟で解釈必要になったとして、
裁判所が、憲法のいう「戦争」がわかりませんとは言えないだろ。
みんなでついこないだまでやってたアレだよ、ふざけんなって話になる。

まあ現代では別の精緻な定義が求められるにせよ、わかりませんとは言えんだろ。

765 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 02:15:58.19 ID:9rzj5Vmf
>>764
そもそも裁判所が「戦争」という語をどう解釈するかが
日本法に於ける戦争概念を固定するのでな
国際法とかなんの関係もない

766 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 03:46:15.19 ID:261eJIsF
官房長官「被災者助け合って」 憲法学者「それは違憲である」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/11831/1460639797/


司法試験終わったら、暇だしボランティア行こうぜ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/11831/1460743745/



早稲田大学(高度特定危険破廉恥指定)法科大学院 第44条
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/11831/1460484936/209

209 名前:善意の第三者[sage] 投稿日:2016/04/16(土) 19:30:12
なんか安保反対叫んでる憲法学者に呆れた
てめーらもボランティアいけよ。口だけかよ。おい長谷部木村お前らだよ。
中島はシシィとSEXしてろ

767 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 11:30:33.17 ID:qAthmNW0
>>765
国際法上の解釈と一致する方が望ましいけどね。
国際法がそれを放棄するなら憲法側で何とかきめるしかない。

>>746
というわけで、どうやってもクソも、裁判所は戦争を定義するしかないし、定義できない理由はない。
全くわからん宗教上の観念というわけでは無いのだから。

その定義解釈が現代の国際法学者には失笑もんで説得力を欠くかもしれんが、それはいちおう別論。

768 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 13:01:26.15 ID:HWQ1QSpd
だから戦争なんて概念は法的にはないの。決めなくていいの

769 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 14:12:09.74 ID:0N+/RAim
9条をよく読んで具体的にどういう場面で独自の「戦争」概念を考案する必要があるのかよく考えてみたら

770 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 14:25:12.09 ID:0N+/RAim
戦争と武力行使は紛争解決手段としては禁じられている

という命題で「戦争」が意義を持つのは武力行使でない戦争というものがある限りにおいてだね

この文言は明らかに国際法を前提としているので
「武力行使」は「戦争」を包摂する概念だという国際法の一般理解にしたがえば後者に独自の意味はない

昭和29年ならともかく現代では存在しない「戦争」概念を憲法でだけは独自に観念しないといけないという立場はそれほど自明ではない

「紛争解決の手段」と「武力行使」の解釈ができれば9条の解釈は可能であるという立場を最高裁がとれない理由はない

771 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 14:28:38.23 ID:0N+/RAim
訂正。29年じゃなく23年だったか
まあどちらでも当時はまだ「戦争」もたまに使っていたが

772 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 14:43:03.90 ID:tN4s5MSl
武力行使の概念自体が、戦争では不足だという理由で用いられるようになったという
常識を知っていれば両者を明文化する憲法の解釈は「武力行使」では不足で「戦争」概念も必要だ
というあべこべなことは言わないはずなのだがまあやれやれ

773 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 14:49:47.84 ID:HWQ1QSpd
これだから素人はw

774 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 14:56:21.80 ID:tN4s5MSl
って流れ追うと734の
「交戦権」=「自主的に戦争を始める権利」
という勝手な定義が発端かよ

そらおかしな議論になるわけだ

775 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 16:16:57.87 ID:IPCPaahv
ところで長谷部先生の『憲法の理性 増補版』の藤田論文に対する応答を
立ち読みしてみた
該当箇所をざっと眺めただけで、趣旨を理解できたわけでは全くないが、
あえて目についた文言を取り上げると、最高裁が憲法の最終的有権解釈者である
(公理3)と言えるのは、憲法の条文にそう書いてあるからではなく、法律家共同体が
そう認めているから、だそうな
なので、公理3は「公理」と言えるようなものではなく、経験的に正しい命題に
すぎない、とか

正直言って該当箇所をパラッと眺めただけでは全く分からないのだけど、
とりあえず、それに同意する「法律家共同体」ってどこにいるんだろう、と
感じたところではあります

776 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 16:36:59.78 ID:HWQ1QSpd
長谷部は素人だからどうでもええわ

777 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 16:54:04.82 ID:GIOK1K2H
法律家共同体の頂点にまします木村大先生

778 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 17:32:36.30 ID:BoQ0kzCZ
「公理」という語の使い方を巡る闘争

779 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 17:37:03.59 ID:qAthmNW0
>>774
それは一つの仮定、提案だったんだけど。

内閣法政局や防衛省の旧解釈、すなわち警察力比例原則を国家間の武力行使の局面に持ち込む珍妙で軍事的合理性を欠く解釈のことだが(しかし非常に謙抑的でこれまで有効に働いて来た)、それでも別に構わんよ。
しかしその場合でも集団的自衛権行使は事実上不可能だろうと。
自分が撃たれてないし撃つ必要無いのに撃つことになるから。
(もっとも、丸腰のアメリカ人と武装した自衛隊が行き合わせた場所で、第三者の攻撃が専らアメリカ人に対してされた場合は、自衛隊の集団的自衛権行使が必要かもしれん。)

すると、集団的自衛権行使と交戦権否認を両立させる解釈はどういうものなんだという最初のとこに戻ってくる。

780 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 19:56:47.52 ID:0N+/RAim
交戦権は元々憲法制定当時は存在した、戦争制度を前提とした
戦争の存在自体から生じる権利の総体だという国際法一般の理解を前提とすると大した問題じゃない

現代では集団的自衛権の具体化としての武力行使は戦争の存在から導かれる権利ではないから
交戦権を否認したところで両者の間にはなんの觝触もない

781 :法の下の名無し:2016/04/17(日) 21:39:29.81 ID:7ZNKjN+P
>>779
>撃つ必要無い

これには一定の立場を前提とした価値判断があるよ

782 :法の下の名無し:2016/04/18(月) 02:05:59.89 ID:09zOBXiF
こんなところで素人談義しててなにが楽しいのかね?
論文を発表するとか、政府に入ってやるとか、そっちの方が生産的じゃないかね?

783 :法の下の名無し:2016/04/18(月) 11:21:49.49 ID:60A8HwHh
というか宗教法人憲法学会でやれ
新宿区西早稲田にあるんだろ

784 :法の下の名無し:2016/04/18(月) 12:54:42.19 ID:PR4TYFNJ
>>783
どういうことよ?

785 :法の下の名無し:2016/04/18(月) 16:19:56.06 ID:+UcUbggC
>>780
戦争に伴う諸権利は放棄したが、適法な武力行使に伴う諸権利は一切放棄してない、と言えるならね。
ちょっと無理があるような。
武力行使に伴う諸権利についても、交戦権放棄の趣旨から当然に放棄された部分があるのでは?

名前が違うから大丈夫というのは、軍じゃなくて隊だからOKという詭弁と同じ。おっとこれはブーメラン。

>>782
専門家のふりした素人と、素人のふりした専門家が、素人談義する便所の落書きだろ。
俺には十分勉強になってるというか、考えの整理に役立ってるよ。

>>781
ごもっとも。しかし憲法の趣旨は、可能な限り、一定のリスクを甘受しても、日本国政府権力による他国への武力行使を禁止または抑制しようとするものであることは明らかで、
必要性の判断についても、その趣旨に沿って厳格に判断されるべきだろう。

なんか情報量薄い規範的表現で逃げてるようだが。

786 :法の下の名無し:2016/04/18(月) 16:26:22.82 ID:gthf2bWJ
駄目だこいつバカすぎる

787 :法の下の名無し:2016/04/18(月) 23:04:43.96 ID:7j4HXCOg
憲法の趣旨は○○であると明らかっていいきれるなら苦労せんわなあ

788 :法の下の名無し:2016/04/18(月) 23:36:15.09 ID:Dpmc1GAR
>>785
指摘の主旨については、その論証責任は制約があるという側にあるとしかいえん

名称が違うのではなくて概念が違うのだがね
戦争から生じる権利には必要性と均衡性という制限はかからんよ
死刑執行も殺人だから殺人罪により罰せられる余地があるはず、というのならまぁ止めないが

789 :法の下の名無し:2016/04/18(月) 23:48:00.04 ID:Dpmc1GAR
軍と隊の違いは概念の違いなのか単なる名称の違いを利用した詭弁なのかわからんけどね

戦争から生じる権利と自衛権(の行使としての個別の武力行使)の違いは名称に過ぎないとかいうと
戦後直後の人はともかく現在の専門家には相手にされないから気をつけなされ

790 :法の下の名無し:2016/04/19(火) 05:22:21.25 ID:NJ2JuNd+
>>785
>しかし憲法の趣旨は、可能な限り、一定のリスクを甘受しても、日本国政府権力による他国への武力行使を禁止または抑制しようとするものであることは明らかで、

誰が決めたんや?

791 :法の下の名無し:2016/04/19(火) 11:22:49.44 ID:MuDzUvXA
これが安保理制裁も個別自衛権も集団自衛権も侵略も
全て戦争と一括りにしちゃって規範的区別を放棄する人か
シーラカンスの憲法学やね

792 :法の下の名無し:2016/04/19(火) 12:09:09.39 ID:8vaHQJp8
ここは木村大先生にビシッと裁定してもらいましょう

793 :法の下の名無し:2016/04/20(水) 08:20:38.03 ID:LWxzF8mo
長谷部は井上達夫に対して反論してない?

794 :法の下の名無し:2016/04/20(水) 09:44:47.04 ID:pl88urCd
長谷部は井上さんについて嫌味はいろいろなところで
いってるけど(特にメディアでは絶対に)名前を出さない

795 :法の下の名無し:2016/04/20(水) 09:58:45.20 ID:fcrAhP4q
>>794
なんでなんだろうね?
元同僚への配慮?

796 :法の下の名無し:2016/04/20(水) 13:51:53.77 ID:Zj0Yvhyf
メディアや一般人に井上とか名前出しても誰それだろ
わざわざ有名にしてやることもないし
メディアの阿呆に言っても仕方ないことである

797 :法の下の名無し:2016/04/20(水) 15:01:59.28 ID:TFAN6sdj
反論できないんだろ。

798 :法の下の名無し:2016/04/20(水) 21:07:17.44 ID:8NSzB9Mc
木村は大屋&安藤に反論しないのか?
安倍政権を擁護する気なんてさらさらないし、、最高裁・法制局・実定法学者は絶対に言わない憲法の最高法規性への疑問を口にする法哲学者は相手にしないのか?

799 :法の下の名無し:2016/04/20(水) 21:18:06.88 ID:8NSzB9Mc
個人的には、憲法は最高法規だということで動いてるゲームに外から小便ひっかけるような感じしかしなかったんだよな、安藤も大屋も。
大屋なら以前書いていた「憲法が最高法規だ」という信頼(信仰)の重要性に軸足置いても良かったんじゃないかと思った。

800 :法の下の名無し:2016/04/20(水) 21:40:36.93 ID:vP0Yqkhj
憲法なんて宗教やから

801 :法の下の名無し:2016/04/20(水) 21:59:22.48 ID:GgO1an5A
自衛隊は憲法9条との関係ではおかしいと思いつつ、自衛隊を肯定する日本国民にフィットした論理なんだよな。

精読してないので、大屋の解釈改憲批判についてはあまりよく分からない。
法律家共同体の外にいる日本国民に憲法の最高法規性への信仰なんてあるのかしら?

浅羽通明みたいなベタな議論だけど、本音と建前の二重構造で、理屈はともかく、憲法も自衛隊も今のままでよしとしちゃてるんで、憲法9条違反!ってのが切札にならないいんだよなーw

802 :法の下の名無し:2016/04/20(水) 22:04:27.83 ID:BvcD1Dcp
>>788
そうかな?
仮に日中戦争が国民党の先制攻撃で始まった自衛戦争だとしても、
日本軍による南京占領や汪兆銘政府樹立は必要性相当性を欠くという議論は有りうる。

>>789
自衛権行使としての武力行使、
いや、その武力行使に伴う権利
とを比較しているような。
自衛権行使としての武力行使だから制限ないぜヒャッハー?
国際法上は許されても憲法がそれを許すと読めるのか?
旧来の解釈とそれに基づく自衛隊はそういう組織じゃないだろ。
ライフルとミサイル持った警察だったよ。
勿論、今後もそれで良いのかという問題はある。

>>790
最高裁はまだ前文と9条を正面から解釈してないね。
しかしまあ、85点くらいの解釈じゃないの?普通に条文と制定経緯をみれば。
そのくらいの趣旨を汲まなきゃ9条は空文だろ。

いや、前文と9条は、あたかも日本が武装解除されて安全になったと極東委員会と米国世論に見せ掛けることで、
皇室を存続させGHQ統治に利用し日本を親米的にするための詐欺条項だ、というなら別だが。
まあ歴史マニアとしてはその解釈にも相当の真実が含まれていることは否定できんが、法解釈としてはとりえん。
マニフェスト、努力目標が限界。

>>791
自衛戦争または自衛権行使と、侵略戦争または違法な武力行使は区別できる。
できるとするのが国際標準だろう。
これを区別しないとする憲法学者は日本の国際的信用を損なっている。
安倍首相もそうだけど。あと小林よしのりも。

803 :法の下の名無し:2016/04/21(木) 02:03:31.84 ID:04tsoKWS
>>802
概念が違う、ということへの反論が見出せない。
自衛として正当化している時点でそれは正しい戦争と正しくない戦争を区別する文法に従っているので、
制約はかかるだろといわれても、だからそうだと言ってますよねと。
正しい戦争と正しくない戦争を区別しないのが戦争制度であり、南京占領は勝つために必要ならよいということになる。
非人道的行為がだめなのは別の理由。
汪兆銘政権樹立のくだりは意味がよくわからない。

804 :法の下の名無し:2016/04/21(木) 02:12:39.34 ID:04tsoKWS
続き

>自衛権行使としての武力行使だから制限ないぜヒャッハー?

意味不明。自衛権行使だから制約があるといっている。
交戦権にもあると考えられるが、自衛権とは制約の性質が違う。
こちらは、「一見同じような暴力行為を正当化する権利だが、概念が違う=根拠も制約も違うから、名称が違うだけという議論は誤り」と言っている。

それに対するあなたの答えはどうやら
「交戦権として許されていたものが、名称が自衛権なら許されるのはおかしい」
というもののようだが、まずかつての戦争法と現在の自衛権の勉強からしてきてもらわないと議論にならない以上のことは言えない。

805 :法の下の名無し:2016/04/21(木) 02:28:30.63 ID:04tsoKWS
最後

>安倍首相もそうだけど。あと小林よしのりも。

横レスだが、これはその規範的区別が存在しないという話ではなくて、
現実の戦争の評価は難しいという話ではないかな。
あと違法な武力行使と侵略を「または」でつなぐ意図が不明だが、両者を同視しているならこれは非常に疑問。

なお侵略の定義はないという日本政府の立場は、評判も聞こえも悪いが、専門的には当たらずとも遠からず。
侵略の定義決議を見ればいいが、色々詳細を定めた上で、結局は安保理が決める、と書いてある。
経緯を調べれば、そうだからこそ成立した背景もある。
それをどう評価するかは別論だが、自衛と侵略の区別がないという話ではない。

806 :法の下の名無し:2016/04/21(木) 02:52:13.90 ID:04tsoKWS
>>804
訂正。

「交戦権として許されていたものが(禁止されたのに)、名称が自衛権なら許されるのはおかしい」

807 :法の下の名無し:2016/04/21(木) 18:45:36.18 ID:TYXZgfNI
>>803
ちょっとわかりにくいんだが、パリ不戦条約以降、正しい戦争と正しくない戦争を区別するようになったとして、二次大戦では戦争制度はまだあったと考えるよね。
戦争制度がなくなって武力行使概念に統合されたのは国連憲章、東京裁判後の1950年ごろのイメージ?

南京攻略について虐殺の有無は問題にしていない。が、誤解させる例だったので、内陸の武漢攻略と言うべきだったか。
汪兆銘政権樹立については、中国人の自主的な行為であれば問題ないが、日本の戦争遂行手段として行われたのであれば、自衛戦争の濫用を疑わせる事実となりうる。

808 :法の下の名無し:2016/04/21(木) 19:15:35.59 ID:TYXZgfNI
>>804
言ってることは分かってきたが、なぜそう主張しうるのかが理解できないな。
具体例で考える。

仮に尖閣に中国陸海軍が上陸を試みたとする。
自衛隊は防衛出動してそれを阻止するために必要最小限の実力を行使する。
護衛艦を攻撃する中国海軍の敵機とミサイルを撃墜する。
ここではそれが上手くいったとして、中国艦隊は全弾射耗し敗北を認めて母港に向かって退去を始めたとする。

戦争概念を前提にした旧内閣法制局と防衛省の解釈では、この中国艦隊への追撃は、我が国への攻撃意思が無いことが明らかなら、憲法上許されないとも考えうる。
実際はそこまで相手の意図を認識できないので追撃しちゃうだろうし、政府の考えでは、公海上は追撃できて、中国領海や母港に入られると攻撃できんという線引きだったようだが。

さて、自衛権行使としての武力行使として自衛隊が出動して、まあそうなんだけど、逃げる侵略艦隊を自衛側が追撃できないなんてアホな国際法はないだろうから、国際法上は敵母港まで追撃できることになるだろう。停船降伏したなら別。

しかし、憲法上禁じられた行為と同じ行為をやることになるなら、やはり追撃はできないと考えないと9条2項が空文化するのではないか?

809 :法の下の名無し:2016/04/21(木) 19:35:08.64 ID:KT5vPMyH
相変わらずこいつはバカすぎる

810 :法の下の名無し:2016/04/21(木) 19:35:36.65 ID:avHyDXPw
>>808
三段論法がなっちゃいないなぁ(絶句)

法律扱うのは向いてないと思うで

811 :法の下の名無し:2016/04/21(木) 19:38:40.36 ID:TYXZgfNI
>>805
aまたはbとcまたはdではなく、aとcまたはbとdというべきだったか。失礼。

以下は本題ではないが、、、

小林よしのりは区別自体の有効性を否定していた。無差別戦争観。
安倍首相については、日本の対英米戦も含めて侵略かどうかわからんと言ったので、やはり区別自体を否定していたに等しいだろう。70年談話では認めたが、納得してなさそう。

侵略認定の安保理決議は実体要件ではなく、手続き要件と見るべきだろう。
実際問題、安保理に教えてもらわなくとも区別難しいとは思えない。
もっとも、日中戦争は、例外的にかなり難しい。

812 :法の下の名無し:2016/04/21(木) 20:02:54.40 ID:TYXZgfNI
軸足が憲法にあるのか国際法にあるのかの違いのような気がしてきた。

>>808の最終文はこのままだとトートロジーですな。
流れで趣旨はわかると思うが、、、戦争概念前提で許されないと解された行為を、、、。
結局804の後段の疑問の繰り返しにしかなってないが、つまり対立点はそこなので。適切なまとめには感謝。

>>809-810
我が国には優秀な人が多くて素晴らしい!

813 :法の下の名無し:2016/04/22(金) 02:28:22.35 ID:wtYlhT3F
>>807
不戦条約以後が念頭にあったのか。
不戦条約が戦争制度にどんなインパクトをもたらしたかはよくわかってないし整理もされてない。
正しい戦争とそうでない戦争の区別は戦争制度の否定であり概念破綻というのは例えばカールシュミット。
自衛戦争というのは政治的な用語に過ぎず制度としてあったのか疑わしい。

短期間でよくわからないままに太平洋戦争が始まり、連合国が大勝したから枢軸側を侵略者ということにしつつ
戦争法上適法な敵対行為についてまでは批判しないという「合法的な敵」の側面を残す一貫しない処理。
真珠湾攻撃は、宣戦布告がないという開戦法規違反を批判されても、侵略だとは批判されない。

>この中国艦隊への追撃は、我が国への攻撃意思が無いことが明らかなら、憲法上許されないとも考えうる。
実際はそこまで相手の意図を認識できないので追撃しちゃう

別にこれは国際法でもあり得る解釈だが。軽微な自衛権行使事例はこんなもんだ。
交戦意思がないのに後を追っていって壊滅させるのは必要性と均衡性を超えると国際法でも言い得る。

小林よしのりにせよ、安倍にせよ、時代を特定しないと意味がない。
太平洋戦争終結後とその前ではだいぶ意味が違う。

>侵略認定の安保理決議は実体要件ではなく、手続き要件と見るべき

もちろんこのような理解をしたがる人はいる。
しかし、実体要件=定義があり、誰がどういう手続でそれを判断するのか=手続要件ということと
安保理は定まった要素の他にその他関連事情を考慮して決める、ということは同視できないだろう。
後者だってガバガバなその他事情含めて実体定義は確かにあるのだと強弁するならそれでもいいが
そういう人はまさか「存立危機事態」が曖昧だとは批判しないだろう。

最後に。
交戦権は自衛戦争だから行使できるのではないし、自衛だろうがなんだろうが戦争になれば行使できるもの。
自衛権との違いは量的なものではなく質的なものである。
憲法はそれと違う意味で用いているのだというのは自由だが、憲法典にはその根拠となる要素も文言も見当たらない。

814 :法の下の名無し:2016/04/22(金) 18:34:32.82 ID:Ljl3px0N
>>813
> >>807

繰り返しになって煮詰まったのでこの辺で。
ご意見参考に調査を続けるよ。

1点、この文章は解せん。

> 真珠湾攻撃は、宣戦布告がないという開戦法規違反を批判されても、侵略だとは批判されない。

これが国際法の世界での通説、有力説とは到底信じがたい。
ニュルンベルク裁判、東京裁判の平和に対する罪は?
ま、他の部分とは切り離して承っておくよ。

815 :法の下の名無し:2016/04/22(金) 18:53:14.49 ID:Tqo8g68X
よ そ で や れ

816 :法の下の名無し:2016/04/22(金) 23:01:25.85 ID:RReBz8lS
>これが国際法の世界での通説、有力説とは到底信じがたい。
ニュルンベルク裁判、東京裁判の平和に対する罪は?

表現がよくなかったか。太平洋戦争が全体として侵略だという議論は無論あるしそれは上でも書いてある。
しかしそれが一貫していない例として、真珠湾のように宣戦の法的意義を認めている点を挙げている。

侵略なら宣戦布告の有無など本来問題にならない。宣戦布告というのは、無差別戦争制度において、戦争の形式的要件であるというのがミソ。
当時、各国は宣戦をし合っているわけだが、それは正しい戦争と正しくない戦争の区別のない戦争制度を前提とした手続き。

このあたりに、当時戦争制度がどう受け止められていたかについての混乱があったという話。

817 :法の下の名無し:2016/04/23(土) 22:32:09.16 ID:6/dOqSxi
無差別戦争観に二元的国際法の構造転換とはまた懐かしい話をしとるね

国際法学者だって詳しく分かってるのはいまじゃ30人くらいじゃろ

憲法学者に至ってはそもそも太刀打ちできないんだから
反論なんぞ試みず黙って拝聴する態度で丁度いい

818 :法の下の名無し:2016/04/24(日) 00:44:07.99 ID:VijQ1m91
日本の立憲主義は鎌倉時代からあったらしいよ。

819 :法の下の名無し:2016/04/25(月) 12:54:24.70 ID:cBnP13x1
木村大先生、将棋の観戦記をもお書きになる。
http://www.asahi.com/articles/ASJ4S2SDDJ4SUCVL002.html

820 :法の下の名無し:2016/04/26(火) 02:49:26.33 ID:fCIOqoea
司法試験考査委員・中島徹・早大憲法教授が破廉恥メール
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/11831/1445424755/

中島総合スレッドです。
1000超えに向けて結集しましょう。青柳事件、小番事件に続いて至上三例目
※金睾についての話題もあり。なお当方、この命名者です。

821 :法の下の名無し:2016/04/27(水) 04:32:15.70 ID:93asAl7J
>>799
そのゲームに参加するとしても、
何を憲法と呼ぶかは調整問題ですから〜
ついでに主権者が誰かも調整問題ですから〜
「やすお」でも「やすお以外の全員」でもOKよ♪

822 :法の下の名無し:2016/04/28(木) 00:57:14.14 ID:rofdKDKW
木村草太とかいうハゲ死ね>>1

823 :法の下の名無し:2016/04/28(木) 19:59:45.14 ID:JVRXJbMd
【悲報】「芦部」を書き間違える。
https://twitter.com/sotakimura/status/725629323160354816

824 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 05:15:54.24 ID:ou3WY4J8
遠藤先生って九条信者なんだね。
ショックだわ

825 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 13:39:59.04 ID:Ssfkemmz
市民からの問いかけが憲法学の本質って、法律家共同体のコンセンサスとどっちが
優先なの?

826 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 14:09:30.27 ID:ou3WY4J8
>>825
どちらが優先するかは法律家共同体が決めるんだよ。

827 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 16:04:20.96 ID:z3V6mJSR
解釈共同体としての実質的正当性を十分に備えない集団が
「私たちが解釈共同体ですから〜」と主張しても、解釈共同体になることは考えられない。
自己授権の筋の通らなさ(incoherence)である。

828 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 16:26:09.56 ID:q0ByAyKc
解釈は最高裁判所が決めるんだよ。法律家はそれに従うだけ

829 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 17:08:34.09 ID:scEAqftX
>>828
長谷部「最高裁は法律家共同体のコンセンサスにしたがって判決を下しているに過ぎない」

830 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 20:00:57.34 ID:g3e9T/jL
憲法の明文で定められてるわけでもない「法律家共同体」に、それほどの
権威・権限が認められるものなのかなあ…

831 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 20:29:33.73 ID:Ssfkemmz
菅野喜八郎先生がご存命だったらどんなことになっていたやら・・・

832 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 20:47:32.78 ID:ymryZl6C
「民主主義ってなんだ?」
「法律家共同体です」

833 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 20:48:51.24 ID:ou3WY4J8
>>831
小嶋、尾吹、菅野の東北保守派憲法学の命脈は大石眞先生で途絶えてしまうのか。

834 :法の下の名無し:2016/04/29(金) 21:45:36.90 ID:Ssfkemmz
及第の井上先生ががんばっておられる。これは石川木村対大石井上の図式だけど、
構成原理、違憲合法論、批判的峻別論につづく第四次論争だ。

835 :法の下の名無し:2016/04/30(土) 00:07:25.30 ID:5IsSjfWQ
石川木村にまとめて語れるような理論があるとは思わないけど。笑

様々な事情や本人のイデオロギーで定められた結論に向かって手許の材料を操作しているだけじゃないですか。

石川と木村では見せ方は大分違うけどメディアの陥穽にはまってきている図は同じ。
皆分かってきているけど本人には伝えないだけ。

836 :法の下の名無し:2016/04/30(土) 00:12:26.92 ID:CtrE8JEW
九大の赤坂准教授って大石、佐藤どっちの弟子?

837 :法の下の名無し:2016/04/30(土) 06:03:41.26 ID:gCbezm1o
>>836
憲法史つながりで大石先生なんじゃね?

838 :法の下の名無し:2016/05/01(日) 00:15:22.12 ID:yA1q91PO
こういう結論をとると理路整然としなくなるとか、
マッカーサーは違うことを言っているからなどという理由で、
現下の問題に到底適切とは思われない答を与えるのでは、主客が転倒する。
とっくの昔に死んでしまった人の言葉に忠誠を尽くすあまりに、
現に生きているわれわれが不便をこうむる必要はない。

839 :法の下の名無し:2016/05/01(日) 09:42:05.23 ID:u39ynRe4
>>838
現在の我々が賢いとは信じられない。
一時の熱狂を抑制するのも憲法の役割。

840 :法の下の名無し:2016/05/01(日) 23:37:10.57 ID:yA1q91PO
熱狂を抑制するのはマッカーサーの落書きでなくともよろしい。
国家財政逼迫のおり、ネットオークションにかけるのがよいだろう。
ピカソやモネの絵のように珍重するマニアがいるらしいから、
100億円で落札されるかもしれない。

841 :法の下の名無し:2016/05/03(火) 01:13:03.20 ID:r8e8SdFS
>>840
自民党案は尻も拭けないよ。
GHQ が二週間で作った憲法の方が、
自民党が識者と練ったものより優れてるのが恥ずかしい限り。
みんなで話し合うとロクなもんにならんということは分かった。

842 :法の下の名無し:2016/05/03(火) 02:00:04.27 ID:EGpKDpEK
スレの空気読んでちょうだい
誰も自民党案の話なんかしてないと思うけど?
マッカーサーの落書きと自民党案が二者択一の関係にあるとか思い込んじゃう不思議なお人?

843 :法の下の名無し:2016/05/03(火) 08:53:09.82 ID:r8e8SdFS
落書きってことは無効主張か全面改正でしょ。
今さら帝国憲法にお出ましいただくわけにもいかんから、現実的には自民党案ベースになっちまうだろ。

そもそも立憲主義否定なら別だが。

844 :法の下の名無し:2016/05/03(火) 16:34:41.20 ID:EGpKDpEK
無効も全面改正も主張してませんから〜
売れるものは売ってしまえと言ってるだけですから〜
これを占領憲法売却論というw

845 :法の下の名無し:2016/05/03(火) 16:42:08.26 ID:+P2nEcRK
立憲主義を馬鹿の一つ覚えみたいに叫ぶのはもうやめたらどうか

846 :法の下の名無し:2016/05/03(火) 18:59:59.24 ID:ja+CkML4
961 ラジオネーム名無しさん 2016/05/02(月) 23:00:31.93 ID:TDi/3ksX
荻上チキ大先生!
人間ピラミッド&PTAを異常に嫌っている、キム ラソータ大先生は、某宗教団体に凄く批判的だ。というのは、本当でしょうか?!

また、某宗教団体は、東京ドームを借りきって組体操イベントを行ったり、PTAの役員を多く排出してるという、ハナシは本当でしょうか?!

847 :法の下の名無し:2016/05/03(火) 20:57:39.26 ID:/v5FCl6j
全国憲の講演の内容どんなもん?

848 :法の下の名無し:2016/05/03(火) 22:32:53.53 ID:VdGVR8MO
井上達夫と対談見たけど、憲法13条使った解釈とか、護憲派ってめちゃくちゃだね

あと共産党批判してたね

849 :法の下の名無し:2016/05/03(火) 22:36:26.06 ID:FOs+dB1I
そりゃそうなんだけど

>憲法13条使った解釈とか、

これは、「え、今さら?」って感じなんだが

850 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 00:42:12.38 ID:2AiccRKN
問題は13条と無関係に存在し、
かつ13条とは無関係に解決されるw

851 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 03:03:53.57 ID:0xKtTOjg
>>845
俺もそう思うんだが、9条の実体的な解釈はさまざまで、
法律家共同体wの合意がとれんのだわ。

852 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 05:08:37.53 ID:RiZ+mk6R
日本国憲法は幣原首相から提案したと言ったそうだが
じゃあ何で安倍が改憲するのに文句言ってるんだ?w
どちらも国民投票をやってないよね?

853 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 05:25:06.76 ID:pDm1gJFx
日本国憲法じゃなくて9条だろ
筋違いな批判はヤメロ

854 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 05:36:43.40 ID:RiZ+mk6R
そもそも必要最小限度の実力しか使えないというのなら
当然相手は必要最大限の実力で攻撃してくるのをわかってるのに
9条をかえるべきじゃないって頭おかしいとしか思えん。

855 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 05:40:16.78 ID:RiZ+mk6R
>>853 9条だったな。スマン。でも同じ事だろ。

856 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 06:15:37.90 ID:kF8FlNir
木村VS井上
http://mainichi.jp/articles/20160503/ddm/004/070/010000c

次は大屋か安藤とお願いします!

857 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 06:17:58.03 ID:pDm1gJFx
九大・井上先生が話したがってるぞ

858 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 07:12:03.19 ID:VfRYum/v
>>856

井上「集団的自衛権行使だって13条で許されるという解釈もできるでしょう。」
木村「国民の生命などへの抽象的な危険を理由に反撃することは13条では許されない」

集団的自衛権の問題に限局すればポイントはここかな。
個人的には、木村氏の13条解釈は根拠がなく、やはり井上氏の方に軍配が上がる。
13条が危険を「具体的」であるか「抽象的」であるかで
評価を180度変えるような明確な線引きをしたものと解する根拠がない。

また仮にそうした線が引けるとしても政府の提示していた集団的自衛権行使例は
一応とはいえ日本国民の生命財産への危険が「具体的」といえるものも含んでいたから
やはり井上氏が言うように13条で合憲といいえるのではないだろうか。

859 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 07:21:30.68 ID:RBvm+Xyk
>>858
13条では正当化できない、13条はそこまで要求してないよ、ということ。

国民を抽象的な危険からも守ることを要請されると、
日本を守るために朝鮮半島、半島を守るために満州、満州を守るために華北分離と際限なくなる。

860 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 07:22:56.60 ID:RBvm+Xyk
>>858
具体的危険なら個別的自衛権で良いじゃん。

861 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 07:28:39.23 ID:VfRYum/v
さらに井上氏と石川氏の「論争」を勝手に読み取ればこういう対応関係も設定できる。

井上「基本的な安全保障政策の選択は、立法過程で行うべきで憲法で固定すべきではない。」=9条削除せよ
石川(朝日新聞):9条削除論など軽い議論。
9条は軍国主義を公的空間から除去する役割を担ってきたということを理解するのが重い議論。
単に安全保障の観点から語るべきではない。

これも石川氏には直ちに「安全保障政策を公的空間における選択に委ねることは軍国主義に直結するのか」
とか「それって軽重の問題なのか」とか疑問がわくところだが。

862 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 07:31:42.33 ID:VfRYum/v
>>860
在外自国民保護も個別的自衛権で可能という拡大解釈ならそれでいいだろうが
政府はそれは国際法上許されていないという理解だから
集団的自衛権に頼らざるを得ない場面が出てくるというのだろう

863 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 07:40:09.58 ID:VfRYum/v
>>860
時折こういう勘違いをしている人がいるが一応国際法の通説では
「個別的自衛権」の保護対象は自国民の生命財産にまで拡大されていない。
あくまで国・軍隊への武力攻撃がないと不可。

だから他国・軍への武力攻撃の過程で自国民の生命財産が危険に晒されるなら
その保護を自衛隊が武力行使込みで行うことは憲法上許されるし
その国際法上の説明は集団的自衛権になるけどそれの何が問題なんですか?
というのが元々の安保法制懇の発想だよ。

さらにハードル上げて「存立危機事態」とかいうからわけわからなくなってるけど。

864 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 07:51:28.94 ID:VfRYum/v
例えば北朝鮮によって拉致された日本人なんかは完全に
生命財産に具体的な危害が加えられているわけだが
だからといって今の状態で自衛隊が乗り込んで奪還することは
国際法上許されてないしそれは個別的自衛権でもない

でも仮にそういう拉致が例えば第2次朝鮮有事の最中に在韓邦人に対し行われれば
それは日本に直接攻撃がなくとも「集団的自衛権」の名目で乗り込んで奪還できるというわけ
仮想事例だし現実性を突っ込むのは自由だが論理的にはあり得るだろう。

865 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 08:55:50.47 ID:YOg6rx2X
そりゃそうだ
だからこそ韓国は、朝鮮半島で集団的自衛権行使をするときには韓国政府の同意が必要だと言っている

866 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 08:57:08.41 ID:yT7qacxi
最近よく言われる幣原が原案者だから押し付け憲法ではないという主張はどうなんだ?

日本国憲法の成立過程にアメリカの関与があり、それが果たして民主主義国として正しいのかと言われたらねえ。

平野三郎の資料読んでも、幣原自身がアメリカに命令として出してもらったとか、これがばれたら祖国を売った事になるから秘密裏にみたいなこと言ってるわけで

867 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 11:14:21.97 ID:INySWcpd
松本草案潰してる時点で何言っても詭弁でしかない

868 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 14:05:53.55 ID:yT7qacxi
そもそも平成の今、実は幣原だったが、特集されてる時点で憲法成立は闇の中で行われてたんだよな

869 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 18:20:14.72 ID:Lk4SiFV4
>>861

もう除去したから主に安全保障の観点から語ってもよくね?という「軽い」疑問がわいた
ところでどうでもいいが石川は「軽い」とか「重い」とかその手のフワフワした概念を用いるのが好きだな
論文もやたら文学的だし

870 :法の下の名無し:2016/05/04(水) 19:43:28.76 ID:8s8oQYiC
YukiAsaba (浅羽祐樹@新潟3年目)

話題の木村草太・首都大学東京教授とトークショーでご一緒したことがあって、初対面だったんですが、開口一番、「あさばさんは政治学者としては法学リテラシーが高いほうですね」と褒めてもらったことがあるアカウントがこちらになります。
https://t.co/mctmZbGBVu

5月4日 18時22分 Twitter for iPhoneから
https://twitter.com/YukiAsaba/status/727790550888284160

こんなんわろてまいますやんw

871 :集ストテク犯被害者必見!:2016/05/04(水) 21:34:52.87 ID:EBF1O7M1
[拡散希望!]
参考になりそうなURL送っておきます
電磁波による拷問と性犯罪
http://denjiha.main.jp/higai/archives/category/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E
公共問題市民調査委員会
http://masaru-kunimoto.com/
この方たちは集団訴訟の会を立ち上げてマスコミに記事にしてもらう事を目的に集団訴訟を被害者でしようという試みを持っている方達です
訴訟は50人集めてしようという事なのですが50人で訴訟をすると記事に書けるそうです
記事には原発問題を取り上げてテク犯被害を受ける様になった大沼安史さんらが取り上げて下さるそうです
大沼安史さんがテク犯に遭っているという記事
http://ameblo.jp/hilooooooooooooo/entry-11526674165.html
大沼安史の個人新聞
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/4/index.html
この方たちは電話相談等も受け付けている様で電話番号を載せている方達は電話かけ放題の契約をしていますのでこちらから電話して本人にかけ直してくれと頼むとかけ直してくれます
音声送信被害等を受けている「電磁波による拷問と性犯罪」の記事の水上さんは年金暮らしなので時間には余裕があるそうで宗教等に付随する集団ストーカー等の被害内容の話も聞いて下さいます
もう一人の電磁波犯罪には遭っていない国本さんという方は電磁波犯罪をしっかり理解されている方で年金暮らしの方なので長電話も大丈夫です
大沼さんはこちらのページからメールを受け付けておられる様です
http://onuma.cocolog-nifty.com/about.html
電話をかけたい場合は人によってはメールで電話番号を訊くと教えてくれると思います
この文章を見られた方は全文コピーをしてできるだけ多くの知り合いの被害者の方等にメールを送るなり被害者ブログに書き込むなりしていただければ大変有難いです
もし大勢の方に送る事が出来なければまだこの文章に触れていない知り合いの被害者に少しでも全文コピーで送っていただけるとその方が次の何人かの方に繋いで頂ける場合があり結果として大勢の方に見て頂く事が出来るはずです
ご協力よろしくお願い致します 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:f70dfdc711a7c6ae6accccb939f27fbf)


872 :法の下の名無し:2016/05/05(木) 17:11:59.01 ID:36xZGhLK
>>866
 其以前に帝國憲法違反だから當然無效である。

873 :法の下の名無し:2016/05/08(日) 21:06:18.51 ID:ioOTHPaU
http://i.imgur.com/jI4YKO5.jpg

874 :法の下の名無し:2016/05/11(水) 05:24:17.15 ID:uGscLr6t
この木村って人、トンデモ説ばっかり発しているように思うけど
学界での評価はどんな感じなの?やはり電波なアホってイメージ?

875 :法の下の名無し:2016/05/11(水) 07:44:38.35 ID:eAOD4qsU
木村大先生は全宇宙の摂理を説く導師。
釈迦やイエス・キリストの再来である。

876 :法の下の名無し:2016/05/11(水) 07:56:43.05 ID:L23hVNg1
木村先生はコバセツの党に入りますか?

877 :法の下の名無し:2016/05/11(水) 09:49:59.32 ID:fV3m86n8
石川は「ヘルメット」をはずせ。見苦しい。バレバレだ。あるいはもっと上等なやつを被れ。

878 :法の下の名無し:2016/05/11(水) 10:12:07.27 ID:L23hVNg1
>>877
ヅラと言えよ。

879 :法の下の名無し:2016/05/11(水) 15:32:38.27 ID:CvFCHyD6
木村大先生がケンちゃんの頭上に手をかざすと黒髪が生えてきた。現代の奇跡。

880 :法の下の名無し:2016/05/11(水) 17:00:39.06 ID:L23hVNg1
>>879
けんちゃんでも髪なんていう俗世の事柄にこだわるんだね。

881 :法の下の名無し:2016/05/12(木) 04:18:12.57 ID:N0OWTyC/
松平徳仁も生やしてもらえw

882 :法の下の名無し:2016/05/14(土) 13:55:35.69 ID:2wm4v848
>>866
> 最近よく言われる幣原が原案者だから押し付け憲法ではないという主張はどうなんだ?

 話は簡單。
帝國憲法違反。

883 :法の下の名無し:2016/05/14(土) 23:10:16.78 ID:mD+F1/H/
木村尊師

884 :法の下の名無し:2016/05/18(水) 14:45:07.45 ID:fIocrE4X
木村大先生は天草四郎の生まれ変わりである。草の字がその証。
皆の衆、大先生を崇め奉ろうぞ。

885 :法の下の名無し:2016/05/18(水) 15:00:09.16 ID:fIocrE4X
木村大先生は海を歩いて渡り、沖縄を訪れた。
その奇跡に心打たれた沖縄タイムズは、「憲法の新手」の連載を依頼したのである。

886 :法の下の名無し:2016/05/22(日) 15:47:12.34 ID:0+dRGQm+
木村尊師に一生帰依します

887 :法の下の名無し:2016/05/22(日) 16:25:25.77 ID:cyqxuOv5
南無日本国憲法
南無大師木村草太

888 :法の下の名無し:2016/05/25(水) 20:17:08.63 ID:Vs/6cSAT
木村先生が報ステでまた独自のとんでも解釈論披露したってマジ?

889 :法の下の名無し:2016/05/27(金) 03:35:44.79 ID:MXFftk61
使徒「木村大先生のご高説をトンデモとあざ笑う輩がまた出ています。奴らを屈伏させて正しい教えを知らしめてやりたいのですが。」
木村「争ってはならぬ。右の頬を打たれたら左も差し出しなさい。」

890 :法の下の名無し:2016/06/07(火) 12:41:44.29 ID:1Dtm1ZMm
【アベノショック > リーマンショック】  マイト★レーヤは崩壊が起こり、それは日本から始まると言われました。  【ゲスウヨ、貢米ポチ、理研は命乞いしろ】



1ドル=90円台すぐそこ…止まらぬ円高に日銀打つ手なし 日刊ゲンダイWeb引用    山本太郎総理まであと一歩?



日本から始まる世界的株式市場の大暴落
日本がアメリカ国債の25%を引き出すと世界経済が破綻し、マイト★レーヤは出現するでしょう。彼は「匿名」で働いております。
非常に間もなくマイト★レーヤを、テレビで見るでしょう。マイト★レーヤは毎日テレビに現れ、質問に答えるでしょう。
彼は日本人ではありませんが、日本語で話すでしょう。彼は、非常に物静かなやり方で話します。彼の最初の控えめな態度に混乱してはなりません。


最初になくなるのは世界の株式市場でしょう。
差し迫る株式市場の暴落は、他の人々が飢えている間にお金を儲けることの結果です。かれらは自分の財産を隠し、犯罪的雰囲気さえも創出しています。


日本国民はどう対処すればいいのか。
「株式市場崩壊後に出現する新しい政権は国民の意志を反映し、国民の側に立つものであろう。」民衆の指導者は職業的政治家ではない人々から見つかるのです。
新しい政権は民意を反映し、先に食物と住宅、次に健康と教育、最後に防衛とするでしょう。今日の製薬産業によって「盗まれている」薬草も保護されるでしょう。


マイト★レーヤは次のように勧告される。
「国民の意志を裏切ることは危険な過程を始動させる。極端な場合、自殺や殺人にまでつながる。」


アメリカによる他国の虐待に反対の声を上げなければなりません。
世界平和の脅威は、イスラエル、イラン、アメリカです。イスラエルの役割は跪いて、パレスチナに許しを請うことです。
彼らは今世紀(21世紀)をこの帝国が出来上がるアメリカの世紀と呼ぶ。しかし、そうはならないでしょう。
彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したいという衝動(1種類の政治形態が世界中を支配する)をコントロールするのは、マイト★レーヤの任務です。

891 :法の下の名無し:2016/06/09(木) 21:43:09.57 ID:7NIloPZD
ふむふむ

892 :法の下の名無し:2016/06/19(日) 18:23:23.01 ID:Jt4G5p8I
こいつサイコパスという噂は本当?

893 :法の下の名無し:2016/06/20(月) 00:33:48.05 ID:Ho37K0XK
そういう噂が脳内で鳴り響いてるのか

894 :法の下の名無し:2016/06/20(月) 01:32:58.24 ID:4IEItq3T
至近で接したことがあればその噂の真偽は自明
なお当の噂自体については確かに広まり始めている感はある

895 :法の下の名無し:2016/06/20(月) 01:58:54.48 ID:fBu23pF6
なんか問題行動とかあったのか?

896 :法の下の名無し:2016/06/20(月) 07:38:50.85 ID:20PMegnh
ggったら「サイコパスの顔してる」みたいなのが出てきてわろた

897 :法の下の名無し:2016/06/20(月) 13:50:41.98 ID:Ho37K0XK
「という噂は本当?」と書く奴がだいたい噂の出所

217 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)