5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

邪馬台国畿内説 Part85 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:37:59.25
邪馬台国の鉄板、畿内説のスレです
もう確定なのでロマンはありませんが
勝者の貫録を見せつけつつ
敗者に肩を貸してやりましょう

前スレ
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1452532670/

◆1
2世紀末に建設された纏向遺跡が前代未聞の巨大祭祀空間であり
また北部九州を含む列島各地の文化を受容し融合し、そして全国に発信する中枢的な場であったことは夙に知られている

現・纏向駅近くに東西軸上に4棟連続して計画的に建築された大型建物群は3世紀前半のものと公式発表された
居館域は東西150m、南北100m前後の規模を持ち、方形の柵列に囲繞されている
これに比肩するものは弥生時代に存在しないのは勿論のこと、飛鳥時代まで見当たらない
付近で宗教的行事が行われた痕跡も発見された

この建物群は、位置関係から言って三輪山及び箸中山古墳と緊密な関係が推察される
建物廃絶の時期と箸中山古墳建設開始の時期が近いことを勘案すると
三輪山と関係の深い宗教的指導者がここに君臨し、死後箸中山古墳に葬られたと考えるのは合理的である

箸中山古墳は日本列島広域各地の葬制を総花的に集約した定型化古墳の嚆矢であり
初期ヤマト政権の初代王墓と考えられるが、被葬者は女性であるという伝承が残る
その葬制の総花的性格から、初期ヤマト政権の初代王は各地の首長に共立され求心的に集約された権力基盤を持つ女性と考えられる

その死亡時期は3世紀中葉である
この地に中国文化が急速に浸透する時期が、列島が魏晋と通交した時期と重なることを勘案すると
箸中山古墳の被葬者は曹魏に卑弥呼と呼ばれた人物であり、ここが邪馬台国の所都である

2 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:38:32.17
◆2
この大型建物が廃絶時には解体され、柱まで抜き取って撤去されたことは後世の遷宮との関連も考えられるが、
歴代の宮のあり方に照らせば、建物の主の死去に伴う廃絶と考えることに合理性があるといえる
したがって、この建物の主人の活動時期は卑弥呼と重なる
また、箸中山古墳はこの建物の真南2里(魏尺)に立地し、且つ上つ道で結ばれるなど緊密な関係を有しており、この建物の主が被葬者であると合理的に推認できる

血統による相続原理が未確立な社会において、葬礼の執り行われる首長墓や殯屋が次代首長継承権の公認・公示される儀式の場である
そこで各地の葬制を顕示することは、いわば王権の中における各地首長の影響力のバロメータである
つまり、纏向に誕生した定型化前方後円墳のあり方は、共立された王をめぐる権力構造のモニュメントにほかならない
そして次の時代、この古墳の築造企画共有が初期国家の枢軸となる

すなはち、初代国王の個人的カリスマに依存したプレ国家段階(庄内期)から、政治的機関による国家運営(古墳時代)へと移行する画期が布留0と考えることが出来る
そして纏向の時代、上道に沿って系統的に展開する大王墓級古墳を時系列的に見ても、箸中山を嚆矢として西殿、行灯山、渋谷向山と連続性が認められ、一連の政権が列島規模で存在したことが判る
これらの大王墓級古墳とそれぞれ築造企画を共有し単純な整数比で縮小された首長級古墳が全国に展開しているからである

纏向は二上山と三輪山で奈良盆地を二分する東端近くに立地する
この地は大阪湾から大和川を遡上した瀬戸内航路の終点にして、初瀬街道経由で伊勢から東海航路に向かう起点である
同時に上つ道に面し、北陸・山陰にも抜ける交通の要衝である
関塞の神を祀る地であり、古くより大市が立つ

2世紀末大乱期、列島における旧世界の秩序が崩壊した後、ここに社会不安沈静化と紛争回避を目的に新たな秩序の中枢が構築された
東海地方にも影響力を持つ宗教的指導者を纏向の地に擁立した勢力の中核をなすのは、汎列島的交易網の再構築を目途とする、瀬戸内の海上交通を支配する首長たちの連合であろう
共立によって部族的紐帯の域を超えた広域のプレ国家が誕生し、個人的カリスマの死去を契機に政治システムのフェイズに進んだのである

3 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:39:10.02
◆3
2世紀末は、一時的に寒冷化が進んだ時期であることが知られている
これが農村の疲弊や北方民族の南下を引き起こし、中国は天下大乱の時期となった倭国乱もこの時期である

寒冷化による海退は砂丘の発達を再開させ、温暖期に安定していた砂丘上に発達したいくつもの海浜集落を廃絶に追い込んだ
しかし、この寒冷化が過ぎると、次の古墳寒冷期が開始するまでの間、砂丘上には再びクロスナ層の形成が始まり、集落も再生する

このクロスナ層中の遺物の共伴するのが庄内併行期の土器である


3世紀初頭から半世紀+αの時間幅が庄内併行期と呼ばれ、卑弥呼の活動期間が稍前倒し的にこれと概ね重なる
北部九州で出土する楽浪土器は庄内併行期をピークに激減、UB(布留0新相〜布留T古相)期には確認例がない(久住2007)
つまり旧二郡域との交渉は庄内UA期(布留0古相併行)の中でほぼ終了していたものとみられ
ピークとなる庄内期の中に魏と定期的交渉を持った西暦240〜248年が位置すると考えられる

庄内併行期は、先行する弥生X期に引き続き畿内様式の土器が漸進的に北部九州に流入している時期であり、ことにその最終時期である布留0期に級数的に進展する
この流入は人的移動を伴うものと考えられており、博多湾岸に広がり、河川に沿って内陸に浸透する
ちなみに、最後まで在地系の独自性を維持するのが糸島地域である

北部九州の土器編年で言えば、卑弥呼の人生の大半を占める時期の相当する久住TA・TB期、博多は対外交易について最大級の中心地である
そのころ、博多は畿内人の流入を含む深い人的交流があり、生活様式から祖先祭祀の形態まで、その影響を受けている
倭が中国と国交を再開した三世紀中葉において、中国は必ず博多の情報を入手していると見做してよい
従って、中国魏王朝は畿内にあった倭人社会最大の政権を知っていると考えるべきである
ことに、土師器TB期が魏王朝と国交のあった時期に相当することは諸説の一致するところである
この時期に、奴国の中枢域に比定される那珂比恵地域の土器相が畿内ヤマトの「飛び地」的展開を遂げている現実は、邪馬台国九州説にとって絶望的である

4 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:39:43.86
◆4
日本列島の対外交渉は、古くは勒島貿易、ついで原ノ辻貿易、そして博多湾貿易と移行する
原ノ辻貿易の直接主体が壱岐のオウであり、そこに最も影響力を持っていたのが前原三雲の王であることが有名である
原ノ辻が活気を失い博多湾が対外交渉の主役に躍り出るのが、庄内併行期である

その最終段階では、大和や播磨から移住してきた人々やその二世世代が圧倒的シェアを占める港湾都市で、西日本各地の人々が韓人や楽浪商人と直接交渉による交易をする時代となる
前原三雲の王は静かに表舞台から退場していく

倭人伝述べるところの、3世紀前半末に曹魏と通交した倭の女王はどこにいたであろうか?
以上の根拠により、それは桜井市纏向以外にありえない


◆参考1
ネット上でも見られる、畿内説を取る代表的な学者のひとり
 寺澤薫が一般向きに書いた論説
纒向学研究 第1号(PDF)
ttp://www.makimukugaku.jp/pdf/kiyou-1.pdf
纒向学研究 第2号(PDF)
ttp://www.makimukugaku.jp/pdf/kiyou-2.pdf

◆参考2
文献ベースの入門的論説
西本昌弘「邪馬台国市論争の学史的総括」日本書紀研究17所収
仁藤 敦史「倭国の成立と東アジア」岩波講座日本歴史1所収


5 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:40:12.37
◆テンプレのサマリー
===========================================
纏向遺跡の発掘状況から、ここには西日本の広域に影響力を持った宗教的指導者が君臨しており、それは各地の首長に共立され求心的に集約された権力基盤を持つ女性であったと考えられる
その死亡時期は3世紀中葉とみられる
それは畿内に中国文化が急速に浸透する時期でもある

これらを倭人伝の記事と対照すると、箸中山古墳の被葬者は倭人伝に記載ある曹魏に卑弥呼と呼ばれた人物であり、ここ纏向が邪馬台国の宮殿所在地であると同定できる

倭人伝に記載された卑弥呼の活動期間に相当する庄内併行期は、畿内様式の土器が漸進的に北部九州に流入している時期である
博多湾貿易が対外交渉の主役に躍り出るこの時期は、西日本各地の人々が韓人や楽浪商人と直接交渉による交易をする段階となっている

倭人伝述べるところの、3世紀前半末に曹魏と通交した倭の女王はどこにいたであろうか?
それは桜井市纏向以外にありえない

6 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:40:41.71
◆FAQ 1
Q:倭人伝には九州のことばかり書いてあるではないか
A:九州は倭国の一部なので問題なし
  郡使は伊都国で駐しているので、九州のことが
  よく観察されているのは当然

◆FAQ 2
Q:水行とは河川を行くことなので、魏使は九州を
  出ていないではないか
A:海を行くときも水行と記載された実例があるので不成立

◆FAQ 3
Q:行程論から言って畿内説は無理ではないのか
A:九州説も無理
  行程記事には明らかに誤情報が含まれているので
  所在地比定には採用しない
  検証にのみ用いる

◆FAQ 4
Q:纏向遺跡は七万戸だという邪馬台国には小さすぎる
A:誰も纏向遺跡が邪馬台国だなどと主張はしていない
  纏向遺跡は巫女王の居た王都であり国ではない
  邪馬台国の厳密な範囲については材料不足だが
  概ね近畿第X様式分布域を想定しておいて大過ない

7 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:41:10.56
◆FAQ 5
Q:方位を間違っていたなら海峡を渡れず遭難する
A:1719年に朝鮮通信使の一行として来日した申維翰は
  対馬で南下しているのに東へ向かっていると誤認
  対馬は東西に長い島(東西約三百里,南北はその1/3)
  と記す
  佐須浦は対馬の北西端、厳原はそこから東(実際は南)
  二百六十里と書く
  小船越では、実際昇る朝日を見ているのに、依然
  東に進んでいると考えてる
  彼の地理勘はちょうど90度狂っており、
  対馬から見て釜山を西、大阪京都を北、長崎を東
  と記す
  ところが、対馬からの京都大阪の方位について
  大きく錯誤しているにも拘わらず、
  江戸は京都の東千三百里と正しく把握している

  むろん遭難などせず、ちゃんと日韓を往復

◆FAQ 6
Q:畿内説では、卑弥呼は記紀の誰なんだ?
A:記紀の王統譜をそのまま史実と見做さないため
  卑弥呼を記紀の誰かにそのまま当て嵌めない

  近年の歴史学のあり方に沿った考え方と認識している

8 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:41:41.83
◆FAQ 7
Q:纏向から九州の土器が出ないではないか
  纏向は九州邪馬台国と交流のない別の国だろう?
A:そのような事実はなく、当然交流があった
  往来していたのが畿内系・瀬戸内系の人間だっただけ
  畿内第X様式、庄内式、布留式みな北部九州から出る
    
◆FAQ 8
Q:「女王國東渡海千餘里、復有國、皆倭種」
  と倭人伝にある
  畿内説は南を東に読み替えるから、これは北だな?
A:読み替えない
  行程論とは別の方法で纏向を倭国の都と特定した
  結果「南至邪馬壹國」の南は「東」の誤りと判明した
  これは他の箇所をも読み替えるという主張ではない
  伊豆七島などは唐古鍵の時代から畿内と交流圏である

◆FAQ 9
Q:狗奴国はどこだ?
  女王を共立したのが西日本を覆うような広域だとしたら
  女王に属さず逆に脅かす程の勢力、狗奴国とは何者か?
A:S字甕第1次拡散域ならびに多孔銅鏃分布域が
  中部から北陸、関東に及ぶ広域に存在した
  有力な候補である
  中九州を中心とした免田式分布域も面積的には狭いが
  倭国の対外交渉を阻害する可能性という側面での
  危険性を考慮すれば対抗勢力として評価できる
  倭女王卑弥呼は二郡の対韓戦役に協力した形跡がなく
  その言い訳に狗奴国の脅威が強調された可能性もある

9 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:42:15.40
◆FAQ 10
Q:箸墓は宮内庁管理の陵墓で発掘できない筈
  年代が判るという考古学者はおかしいではないか!
A:指定から外れた墳丘裾、渡り堤、周濠が発掘され
  正式の報告書が出ている
  墳頂から周濠に転落した土器も採取されている
  封土の土取り穴底で発見された土器が工事開始直後
  周濠最底部に埋没した土器が完成直後を示すため
  布留0古相の範囲内で築造され完成したことが
  判明している
  しかしながら封土以前には地山切り出し工事があり
  着工がさらに若干遡る可能性も否定できない

◆FAQ 11
Q:倭人伝の国は律令下の郡ほどの規模だろう
  それらの国が30国程度なら、筑前・筑後・肥前三国
  程度の規模にならないか?

A:倭人伝の記述からは、5千戸未満の小国と
  万単位の大国に二極分化していることが見て取れる
  前者が、自然国境等に阻まれて
  規模的に弥生拠点集落の域を脱していない「クニ」
  後者が、河川流域や平野等の単位の大きな纏まりへと
  進化した、新しい時代の「国」とみられる
  使訳通じる30国のうち両者の構成比が不明であるが
  すべてを郡単位と見做すのは不合理である

10 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:42:49.71
◆FAQ 12
Q:倭人伝には「兵用矛」と明記されている
  畿内説は倭人伝と合わないのではないか?

A:矛という考古学用語は古代中国人の認識とは異なる
  よって判断材料とならない
  福岡県においても、三世紀前半と確認できる鉄矛は
  ひとつも出土しておらず、条件は同じである

  当時の倭人社会で使用されている長柄武器は
  現代語で言う槍であるが
  当時の中国で槍という言葉は長柄の武器を指さない
  よって、倭人伝いうところの矛は
  今日の考古学者が槍と呼ぶ遺物である可能性は高い

◆FAQ 13
Q:倭人の墓は「有棺無槨」と明記されている
  古墳に槨のある畿内は倭人の国ではない

A:槨という考古学用語は古代中国人のいう槨とは違う
  よって否定材料にならない
  古墳の竪穴式石室は、槨の概念とかけ離れており
  中国人に槨と認識される可能性は低い
  畿内で一般的な墓は木棺直葬で、適合している
  北部九州に多い箱式石棺は
  中国人に槨と認識される可能性がある

11 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:43:28.43
◆FAQ 14
Q:畿内の政権が、本国を遠く離れた九州伊都国に
  諸国が畏憚するような強制力を持つ機関を
  置くことは困難なのではないか?

A:北部九州最大勢力の奴国域内に畿内系住民多数おり
  奴国と畿内は密接な協調関係にあったと思われる
  この人的資源を背景として、伊都国の外港を
  管掌する位置にヤマト王権が強権的な監察者を置く
  ことは十分に可能であったと思われる
  伊都国の王都域とされる三雲遺跡から今津湾に注ぐ
  瑞梅寺川の河口付近には、博多在住の畿内系住民が
  往来したとみられる特殊な拠点がある

◆FAQ 15
Q:鉄器の乏しい畿内の政権が覇権を握るのは無理だ

A:倭人伝の描かれた卑弥呼の政権は覇権的でない
  宗教的権威者を核に、各地の首長が自主的姿勢で
  政治力を求心的に集約(共立)したものであり
  考古学が解明した三世紀の状況とよく整合する

  一方、伐採用石斧の減少状況から鉄器の普及状態を
  推測すると、九州と畿内でも極端な格差が無い
  準構造船をはじめとする木製品の加工痕からみても
  一定量の鉄器が普及していたと思われる
  弥生終末期(庄内新相)の畿内中枢に於て遺物が
  直接土壌と接触しにくい墓制が普及すると同時に
  俄かに豊富な鉄器が登場するという状況を鑑みると
  畿内の土壌の特性が鉄器の遺存状態に大きく
  影響していたことには疑問の余地が無い

12 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:43:57.58
◆FAQ 16
Q:記紀には卑弥呼に当たる人物が登場しない
  九州の邪馬台国と大和朝廷が無関係だからだろう

A:3世紀の史実を、8世紀に書かれた記紀が
  忠実に反映しているとは期待すべきでない
  ことに、記紀の成立した当時の国是は
  治天下天皇が外国に朝貢した歴史を容認しない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上テンプレ
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
注意*前スレが終了してから書き込んでください

13 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:44:11.39
倭人は帯方の東南、大海の中に在り、山島に依りて国邑を為る。
帯方郡より倭に至るには、
帯方郡
↓韓国
↓【南】海岸水行7000里
狗邪韓国
↓【南】度海1000里
津島国(方400里、千戸)
↓渡海1000里
一支国(方300里、三千家)
↓渡海1000里
末盧国(四千戸)
↓【東南】陸行500里
伊都国(千戸)※大率が置かれる
↓【東南】100里
奴国(二万戸)
↓【東】100里
不弥国(千戸)
↓【南】水行20日
投馬国(五万戸)
↓【南】水行10日・陸行1月
《邪馬台国》女王・卑弥呼(七万戸)→【東】渡海1000里、国あり皆倭種
↓【南】4000里
侏儒国
↓【東南】船行1年
裸国・黒歯国

◎女王国以北
斯馬国、己百支国、伊邪国、都支国、弥奴国、好古都国、不呼国、姐奴国、対蘇国、蘇奴国、呼邑国、華奴蘇奴国、鬼国、為吾国、鬼奴国、邪馬国、躬臣国、巴利国、支惟国、鳥奴国、奴国
その南に狗奴国あり。男王・卑弥弓呼。その官に狗古智卑狗あり。女王国に属せず。
◎帯方より女王国に至るまで12000里
◎倭の地を参問するに、絶えて海中洲島の上に在り、あるいは絶えあるいは連なり、周施5000里

14 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:49:11.14
>>1

畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

15 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 19:54:00.87
古代の中国語で「水」とは、河水(黄河)、江水(長江、すなわち揚子江)、淮水(淮河)
のように、もっぱら河川を指すものであり、海は、「海」なのです。
 従って、水行は、河川航行との主張は合理的と考えます。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/691129/578086/79470453

水行
http://www.gcbcn.org/news/article.php?articleid=6299
http://jiejiaoxian.booksrc.net/491.html


魏志倭人伝は、海岸水行と渡海と水行を厳密に区別していたんだね。

16 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:00:51.46
▼山海経/東山経
南水行五百里,流沙三百里,至于葛山之尾,無草木,多砥礪。
(水行と流沙という砂漠の陸行の連続行程説明)
http://yamataikoku.bbs.coocan.jp/?m=delconfirm&id=28_3

魏志倭人伝
南至邪馬壹國、女王之所都、水行十日、陸行一月

よく似た記述だよ。
中国では水と言えば川。「水行」は川だよ。
海の場合は、「海岸水行」のように、海だと明示する。

17 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:15:00.78
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf
朱の産池て分類した首長墓(卑弥呼の時代)
近畿は国産、九州は中国産

18 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:15:33.72
続日本紀の記載

文武二年(698年) 九月乙酉(廿八)○乙酉。
伊勢国朱沙・雄黄。
常陸国。備前。伊予。日向四国朱沙。
安芸・長門二国金青・緑青。
豊後国真朱。

日向(宮崎)から朱沙
豊後(大分)から真朱(辰砂)
がそれぞれ献上されている

西日本の丹朱文化は九州発祥である点
縄文時代から丹は使われていた点
そもそも同時期に日本複数地域で丹山採掘技術が存在していた点
丹山(水銀鉱山)の露頭は朱沙として見つけやすい点

以上から
北部九州に丹山があったのは間違いないだろう

19 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:21:44.64
根拠ナシ

20 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:22:18.03
>>18 論理と言うものを勉強した方がいい

21 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:22:37.37
3世紀当時の九州には丹山はないがな

22 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:27:34.78
九州が朱の発祥であることと、丹山が九州にあることは別。
こんな当たり前のことも分からんのかキチガイ屑説は。

23 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:38:05.39
>>1-12

氏ね

24 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:38:51.59
>>1

畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

なので、畿内は倭国ではありません。

25 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:39:38.31
>>24
言ってることが支離滅裂だ

26 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:41:34.46
はいはい。九州説の完全勝利。
畿内説は完全に滅びました。負けました。

これで満足か? おばかさん

27 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:42:46.65
>>25
畿内信者が支離滅裂だ

28 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:44:02.15
>>26

それでよろしい

29 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:44:52.41
投馬國では採れるだろ
http://kamnavi.jp/ny/kouzou.gif

30 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 20:46:04.66
赤土ごときで盛り上がっても何にもならんよ。
現実をみつめなさい。

31 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:49:59.00
>>30

おまえは赤土でも顔に塗っておれ

32 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 20:54:11.48
>>31
私は倭人社会の皇帝である。
当たり前のように丹を顔に塗っておるが何か?

33 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:56:03.77
>>32
丹ではなく、赤土だろ?

34 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:59:26.25
倭人という単一人種で皇帝って馬鹿丸出しだな

35 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 20:59:57.75
泥だよ

36 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:01:14.38
顔に泥を塗るか

37 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:03:36.09
いや、恥を上塗り

38 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:05:02.36
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

39 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:05:27.66
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

40 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 21:09:23.65
倭人社会の皇帝ゆえに
倭人社会では当たり前のように丹を顔に塗っているが何か?

41 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:10:05.87
>>32 ちくわ馬鹿
>当たり前のように丹を顔に塗っておるが何か?

失せろゴミクズ

お前がその面に塗ってるのは恥
で日々その恥の上塗りをしてる

がこういう馬鹿は恥を自覚できない(だから馬鹿なんだが)

こいつ日本人じゃないのかな?

42 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:11:44.59
>>40
丹が採れないので赤泥か くっせー

43 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:18:52.17
>>1

畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

なので、畿内は倭国ではありません。

44 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 21:27:13.99
朱=硫化水銀

丹=赤土


これが正解。
必死に歪曲しようとしてもムダだよ。
現実をみつめなさい。

45 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:31:23.48
>>44
丹= 「硫黄と水銀」の化合した赤土。辰砂(しんしゃ)。

46 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:31:53.36
辰砂(しんしゃ、cinnabar)は硫化水銀(II)(HgS)からなる鉱物である。別名に賢者の石、赤色硫化水銀、丹砂、朱砂などがある。
日本では古来「丹(に)」と呼ばれた。水銀の重要な鉱石鉱物。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B0%E7%A0%82

47 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 21:32:44.65
「山では丹が採れる」

「倭人は朱や丹を顔に塗っている」

朱=硫化水銀、丹=赤土
必死に歪曲しようとしているが、倭国のやまで採れるのは
後者の 丹=赤土 なのだよ。

48 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:32:51.71
倭人伝では中国から朱をもらってきている。
輸入朱は九州が多い。

また、畿内には輸入朱はほとんど無い。

49 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:36:19.02
丹から朱を採取するんだよ

50 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:36:59.16
>>47 ちくわ馬鹿
>倭国のやまで採れるのは後者の 丹=赤土 なのだよ。

中央構造線って知ってるか?ゴミ

51 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:36:59.62
>>47
ちくわ 顔を赤くして赤土を持ち上げ

52 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:37:57.75
>>1

畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

なので、畿内は倭国ではありません。

53 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 21:39:03.10
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」
「倭国の山では 丹 が採れる」

倭人が顔に塗っているのは 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 であり、
倭国の山で採れるのは 丹=赤土 だという事実。

これが現実。
私、筑紫倭皇帝はやはり神でござるな。

54 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:41:11.95
丹=辰砂=硫化水銀(II)(HgS)からなる鉱物
朱=丹から採取される色

55 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 21:43:23.00
>>50
>中央構造線

中央構造線など倭人伝には関係ない。
君たちが作った君たちの願望による珍説なのだよ。
倭人伝は博多湾沿岸の倭国の事を書いているだけ。
倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、君たちの間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

56 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:46:00.10
>>55 丹が中国でどういう扱いであったか調べてみな。
如何に自分が無知でバカか分かるから

57 :孝霊厨:2016/01/14(木) 21:48:04.62
また筑紫は知っててデマを流すとか止めておけよ。

抱朴子には丹は仙薬、辰砂=水銀朱を指していて
赤土(酸化鉄)を丹扱いはしていない。
またバレバレなコピペ荒らしも情けない。

58 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:48:47.38
>>55 ちくわ馬鹿

何の根拠もない与太話

馬鹿はチラシの裏にでも書いておけゴミクズ

59 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 21:49:33.91
>>54
君のその間違った解釈が
「おらが村へ邪馬台国をば!」と必死に歪曲する君たち珍説だよ。


朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、君たちの間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

60 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:51:56.33
 1-1で、邪馬台国の所在地は、九州島内しか考えられないことが分かった。
 では、邪馬台国は九州のどこにあったのだろうか。

 まず検討すべきは、1-1に書いた倭人伝の12である。
「女王国の東、海を渡ること千余里にして、また国あり、皆倭種なり」
 とある。つまり、
「女王国の東側は海に面しており、東に千余里(約七五〜九〇キロ)ほど海を渡ると、また国があって、倭人と同種の人が住んでいる」
 と言うのである。
 ここで女王国というのは、倭国全体であろうか。または倭国の中の女王のいる邪馬台国のことであろうか。それを決めるのは、10と11である。まず、10には、
「女王国より以北は、その戸数・道里、得て略載すべきも、其の余の旁国は遠絶にして、得て詳かにすべからず」
 とあり、つまり、
「女王国の以北にも、その他の地にも国がある」
 ことを、示している。また11も、
「女王国より以北には、特に一大率を置き、諸国を検察せしむ」
 となっており、女王国が決して倭国全体を示す言葉でないことを、証明している。
 つまり「女王国は、倭国の中の一国であり、女王の都する所、つまり邪馬壱国」なのである。したがって、
「邪馬台国の東側は海に面している」
 ことになる。
http://www.b-net.kcv.jp/~ryhei/1-2yamakokuiti.htm

61 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:52:26.94
>>59 ちくわ馬鹿
>山では 丹=赤土 が採れる。
>これだけが真実であり、

でその根拠は?

古代中国において赤土を丹と表してる事例は?

根拠は?

62 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:53:27.14
754 名前:日本@名無史さん :2015/01/15(木) 00:14:06.15
卑弥呼も邪馬台国も、陳寿の頭の中では明確に特定されてる。
陳寿は、倭国は周旋五千里ばかりとし、邪馬台国は不弥国から南へ水行20日、さらに
南へ水行10日、陸行1月とした。

「そのままだと九州を通り越す」と言う奴は馬鹿。保証する。

天才陳寿は、出鱈目を書いたのではない。
彼の地図に矛盾はない。

水行は、河川交通。
魏志において、河川でなく海の場合は、必ず海と書いてある。
川を遡るのは時間がかかる。江戸時代、川越から日本橋の往復で2週間。
上りが多く、整備されていない川だと、20日で数十kmがやっとだ。

道無き道を歩くのも大変で、1日5kmも進めない。
街道が整備された江戸時代の例から、1日20km進めると言うやつはキチガイ。

陳寿が明確に特定した邪馬台国は、東に海がある。

以上を総合すると、邪馬台国は、大分から宮崎の辺り。
それ以外にはあり得ない。

63 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:54:30.97
キチガイばっか

64 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 21:57:34.82
古代中国でも古代日本でも、丹は硫化水銀からなる鉱物である辰砂のことだよ

65 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 21:58:06.60
>>54
だいいちね君、
朱=赤 なら

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」の記述がおかしくなるぞ(笑)

お前らは俺に指摘された事を素直に受け止めればよいのだよ。

君たちの解釈は倭人伝には合致しない。


朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、君たちの間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

66 :孝霊厨:2016/01/14(木) 22:00:23.05
大体九州で三世紀に辰砂を採掘した場所は何処を想定しているのかな?
やはり現状は四国と紀伊半島が主要鉱山としか言えないはずだが。

67 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 22:02:14.34
>>64
「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

合理的に説明よろしく。
君たちの必死がゆえの間違った解釈だよ。

こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、君たちの間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

68 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:03:09.98
道鏡とかで出てくる「丹」は五行で言うと金のイメージだがなあ

ちなみに道教の『練丹術』

Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8C%AC%E4%B8%B9%E8%A1%93

煉丹術は中国古代の神仙思想より発展した道教の長生術の一部をなす。
広義の煉丹術は外丹と内丹に分かれるが、学術的文脈においては煉丹術といえば一般に「外丹」のほうを指す。
外丹においては丹砂(硫化水銀)を主原料とする「神丹」「金丹」「大丹」「還丹」などと称される丹薬や、金を液状にした「金液」が服用された。
このようなものは実際のところ人体に有害であり[1][2]、唐の皇帝が何人も丹薬の害によって命を落としたことが『旧唐書』『新唐書』に記されている[3]。

何れにせよちくわ馬鹿は赤土が丹と書かれた根拠をもっていってるんだろうな?

69 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:04:15.37
67
朱や丹を塗ったのは土器な

70 :孝霊厨:2016/01/14(木) 22:05:11.51
デタラメはダメだな。
朱は赤色顔料、丹は辰砂精製による水銀朱の事だよ。
大体台与は丹を献上しているが、赤土なんて
持っていってどうするんだよw

71 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:05:18.20
丹のことを硫化水銀を含む赤い鉱物じゃなくただの赤土って言ってる人初めて見た

72 :孝霊厨:2016/01/14(木) 22:09:21.82
倭人伝の記述に一番近い年代の資料は抱朴子。
しかも初期道教や同時代神仙思想の教科書
みたいなもんだから。当然これが基準になる。

73 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:09:29.48
顔にイレズミやらペイントしたならそれをイメージした埴輪土器がでてくるよ

74 :リュカ:2016/01/14(木) 22:10:27.62
なるほど

75 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:10:38.85
でたのは一部だな

大阪あたりとあとは九州南部だけ

76 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:11:38.88
>「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

朱=朱色、見た目
丹=材質を限定したもの

一体何が矛盾するというのか?

77 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 22:12:12.30
畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。

こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

78 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 22:15:04.66
>>706
>朱=見た目????

倭人は顔に見た目を塗ってんの??大爆笑
君たち凡人の都合のよい解釈などはどうでもよい。


畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。

こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

79 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:16:27.09
ところで、魏志倭人伝には当時の倭(日本)の人々がどんな様子だったかも記されています。
http://y-ta.net/gishi-wajinden-2/

服装・身なり
・男性も女性も、大人も子供も、偉い人も民衆もみんな顔や体に刺青(いれずみ)をしている。
その刺青(いれずみ)は階級によって入れる場所や大きさが違う。刺青(いれずみ)はおまじない
の意味もある。
・はちまきをつけて布を体に巻いている(真ん中に穴の空いた布に頭を入れて結んでいる)。
・みんな裸足で生活している。
・顔に赤い顔料を塗る(化粧?)。
・矛(ほこ)、楯(たて)、木でできた弓を使っている。


九州南部では、魏志倭人伝に書いてある通りの、顔を赤く塗った人骨が見つかる。
http://kamodoku.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/05/31/cimg8916.jpg
畿内ではどうよ?

80 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:16:29.64
ニュアンスとしては
効能を主とした表現が丹
色を主とした表現が朱

81 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:16:48.12
倭人が朱丹を…とは書いてあるけど朱や丹とは一言も書かれていないな

82 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:18:00.48
畿内説には説明できない弱点が多いのですが、
その中でも以下の3点は決定的です。

・邪馬台国のライバル国である南の狗奴国の説明
・東の海を渡った所にさらに倭種の国
・邪馬台国に属する国は30ヶ国

畿内説邪馬台国は畿内から九州までを含む全域を支配しているのに、
そのような大国に対抗できるライバル国が存在するのでしょうか。
また、東の海を渡るとはどこの海を指しているのでしょうか。
さらに、伊都国、奴国、不弥国と現代の市町村レベルサイズで
既に5-6ヶ国の記載があるのに、西日本全体で30ヶ国を想定するのは無理です。

それが九州説であれば、狗奴国は熊本の事、
東の海を渡るとは当然、豊後水道でさらに倭種の国は四国、中国。
邪馬台国が福岡県サイズとすれば、30ヶ国の数は適正。(現代の自治体数)
全てが違和感なくすっきり説明できます。

何より、当時の中国人・日本人が東も南も分からない愚か者の集まり
とするならば、そのような質の低い当時の日本人が、すでに3世紀に
西日本全域を支配している国家を形成していたと信じる方が支離滅裂なことだと思います。

83 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:18:30.91
>>67
有屋室、父母兄弟臥息異處。以朱丹塗其身體、如中國用粉也。食飲用?豆、手食。

丹について書かれている魏志原文を見る限り、朱や丹と分ける読みが間違えていると言わざる得ないね
朱丹で丹による朱色染料ということだな

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」
こんなことは原文には一切書いてない

wikipediaの原文と日本語訳の比較で
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%8F%E5%BF%97%E5%80%AD%E4%BA%BA%E4%BC%9D#.E5.80.AD.E5.9B.BD.E3.81.AE.E6.A7.98.E5.AD.90

原文
男子無大小、皆黥面文身。

↑の日本語訳
「皆黥面文身」というように男子はみな顔や体に入れ墨し、墨や朱や丹を塗っている。

という原文にありもしない「朱や丹を塗っている」という表現を加えているのが間違い

84 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:19:00.15
どうでもいいけど、丹=赤土だという根拠が提示できない以上、
いくら何を喚いても現状は変わらないよ。
ましてそんなトンデモ説が世に受け入れられるはずがない。

85 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:20:31.65
赤土を丹土という表現はあるな。

86 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 22:21:23.74
>>81
バカですか??
君たちは 丹=硫化水銀 と言ってるんだろ??
硫化水銀=赤 なんですが(大笑い)
丹=赤 を指してんのに なんでまた 朱 なんだよ(笑)
ほんと博多湾沿岸以外の説は必死な己に都合のよい解釈しかできない歪曲珍説だな。


畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。

こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

87 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:21:33.52
日本書紀の登場人物で、もっとも卑弥呼に近い人物は、土蜘蛛。
大和朝廷に滅ぼされた側の人物。

土蜘蛛紀行 筑後編
其之壱、山門─イ、蜘蛛塚 八束脛門へ戻る
http://jyashin.net/evilshrine/gods/tsuchigumo_shrine/tsuchigumo_trip_chikugo_0101.html

大山田女:日本書紀によると、神功皇后が、かつて「山門(やまと)」と呼ばれた
この地の土蜘蛛・田油津媛(タブラツヒメ)を討ったとのことです。また、その兄
である夏羽(ナツハ)が軍勢を従えてやって来たのですが、妹が討たれたと知り、
逃げ去りました。こちらに詳しく書いてあります。
http://jyashin.net/evilshrine/gods/tsuchigumo_shrine/tsuchigumo_ancient_01.html#7

88 :孝霊厨:2016/01/14(木) 22:22:43.59
筑紫は文献資料を元に語る事は出来ないのか?

白粉のごとくとあるが、辰砂は後々白粉の材料にもなるんだよな。

89 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:22:57.96
>お前がその面に塗ってるのは恥
>で日々その恥の上塗りをしてる
>がこういう馬鹿は恥を自覚できない(だから馬鹿なんだが)

それがお前だ馬鹿wwwww

>何の根拠もない与太話
>馬鹿はチラシの裏にでも書いておけゴミクズ

それがお前の畿内説だ阿呆

90 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:24:56.43
「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」
 ↓
「倭人は 朱(酸化鉄) や 丹(硫化水銀) を顔に塗っている」

何も重複もしてないし矛盾もない

丹を赤土って言ってる馬鹿は自分も記憶が無いわwww

不老不死を目指して丹薬を服用してた古代中国人の遺骸から水銀がでたって話は聞いたことがあるがw

91 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 22:25:06.06
しかし、私筑紫倭皇帝はほんと神だな。

畿内説や四国説論者は正直ザコすぎ。

これからは私が言っている事が全て史実になる事であろう。

さすがは私、筑紫倭皇帝の知識と頭脳であるな。

ご立派ご立派。

92 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:26:43.87
丹=辰砂=硫化水銀(II)(HgS)からなる朱色の鉱物
朱=丹から採取される朱色染料

93 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:28:02.53
神社などで使用する赤色塗料を丹土と呼び、
主成分は酸化鉄である。

94 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:28:07.44
帯方郡
↓海岸水行七千里
狗邪韓国
↓海渡千里
津島国
↓海渡千里
一支国
↓海渡千里
末盧国
↓陸行五百里
伊都国
↓(東南)百里
奴国
↓(東)百里
不弥国
↓(南)水行20日
投馬国
↓(南)水行10日・陸行1月
邪馬台国

女王國の東、海を渡る千余里、また國あり、皆倭種なり


畿内説は、邪馬台国から東に海を渡った倭人の住む国を明らかにせよ!

95 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:28:31.55
>>86 ちくわ馬鹿
>硫化水銀=赤 なんですが(大笑い)
>丹=赤 を指してんのに なんでまた 朱 なんだよ(笑)

材質の違い

朱(酸化鉄) と  丹(硫化水銀)

で中国で赤土を丹と書いてる証拠は?

96 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 22:28:34.22
>>90
>朱=酸化鉄????

ほんと私、筑紫倭皇帝に抵抗してくる雑魚どもはなんて都合のよい解釈をするのやら(笑)


畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。

こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

97 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:29:52.99
「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」という表現は原文には存在しない

98 :孝霊厨:2016/01/14(木) 22:31:35.54
>>85
文献資料で混同されるのはもっと後年です。
当時は倭人伝にも鉛丹等区別がなされるように、
丹は仙薬という意味があります。
単なる赤土は別の表現ですよ。

時代が進み、水銀の毒性等が知られるようになると共に、
丹も単に赤土の意味で用いられてゆくようになります。

99 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:32:25.74
で、南への水行の起点となった不弥国はどこ?

100 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:34:11.86
遠賀川流域

101 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:34:37.28
南への水行の起点となった不弥国はどこ?
そこから南へ、河川ではなく水行できるか?

102 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:36:03.54
>>96 ちくわ馬鹿
>こちらが正解。
>朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
>丹=赤土 、赤みがかった土壌。

結局このキチガイの話にしても赤色系が2回出てることに違いはないw

まあ「丹」が九州説に不利な材料だから必死に考えた言い訳なんだろうな

特に福岡平野限定となると非常に不味いww

適当にググった参考)
http://www.bing.com/images/search?q=%E7%A1%AB%E5%8C%96%E6%B0%B4%E9%8A%80&FORM=HDRSC2

アホの牽強付会は続く

103 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:38:31.26
畿内説は結構だが、魏志倭人伝の邪馬台国は北部九州の盟主で確定

北部九州の盟主が邪馬台国
南部九州の盟主が狗奴国
中国地方が出雲
近畿(大阪和歌山)が銅鐸
中部が伊勢伊勢

それぞれに盟主があって、その勝者が巻向に入っただけの話

巨大古墳が邪馬台国の遺跡なんてのは噴飯もので
後世には旧石器時代のゴッドハンドと同一視される暴挙

104 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:39:47.68
ちなみにベンガラ(酸化鉄)の方は水銀のような毒性はないらしい

と言うか食品に使われてるw

近江名物「赤こんにゃく」
http://tomitaya.net/item/%E8%B5%A4%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%82%83%E3%81%8F%EF%BC%88%E8%92%9F%E8%92%BB%EF%BC%89%E3%80%801%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF/

・・・とかwww

食ったことないがどんな味するんだろう?

105 :孝霊厨:2016/01/14(木) 22:39:57.45
ちなみに倭国側では丹を後々一般的に赤土、
中でも辰砂を真土と呼ぶ事が多くなりますが、
これは後々松山等の地名で残る事が多いです。
宇陀はその例に当てはまると思いますね。

106 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:41:36.26
遠賀式土器は遠賀川流域を発祥として、伊勢地域まで伝播

107 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:43:34.22
>>102

画像のリンク訂正

「近世日本の水銀鉱山」
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-0a-2d/kawakatu_1205/folder/1594532/69/45700769/img_0?1281974497

仮に九州説で

「採掘跡は見つかってないだけ」

と抗弁しても大分熊本になるってことかな?

108 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:44:43.20
記紀の「クシフル」伝説は韓国伝説の剽窃か
http://ameblo.jp/kujitsutomu/entry-11617714587.html

記紀など倭国の「クシフル」伝説が、韓国の「亀旨(クジボン)」伝説の剽窃、
あるいは焼き直しであろうことは、その類似した内容をみれば理解できる。その
伝説の解説を試みれば、以下のようになる。

(中略)

ちなみに、『三国史記』の「金官加羅」は「金官伽耶」と同じ国家を表し、単に
「加羅」とも「伽耶」とも表記する。駕洛国ともいった。さらに韓国語の「クシ
フル」は「クソウル」からきており、クは大きい、ソウルは朝鮮を意味し、「クシ
フル」は朝鮮の美称であるという説もある。

109 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:45:17.50
>>107
畿内説は徳島が邪馬台国になるのか?

110 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:45:21.02
畿内説に対抗したいがために思いついた必死の策なのだろうが、
いずれにしても博多湾岸に都合が悪いことに変わりはない

111 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:46:06.28
754 名前:日本@名無史さん :2015/01/15(木) 00:14:06.15
卑弥呼も邪馬台国も、陳寿の頭の中では明確に特定されてる。
陳寿は、倭国は周旋五千里ばかりとし、邪馬台国は不弥国から南へ水行20日、さらに
南へ水行10日、陸行1月とした。

「そのままだと九州を通り越す」と言う奴は馬鹿。保証する。

天才陳寿は、出鱈目を書いたのではない。
彼の地図に矛盾はない。

水行は、河川交通。
魏志において、河川でなく海の場合は、必ず海と書いてある。
川を遡るのは時間がかかる。江戸時代、川越から日本橋の往復で2週間。
上りが多く、整備されていない川だと、20日で数十kmがやっとだ。

道無き道を歩くのも大変で、1日5kmも進めない。
街道が整備された江戸時代の例から、1日20km進めると言うやつはキチガイ。

陳寿が明確に特定した邪馬台国は、東に海がある。

以上を総合すると、邪馬台国は、大分から宮崎の辺り。
それ以外にはあり得ない。

112 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:46:58.62
>アホの牽強付会は続く

そのアホがお前だろがよwwwwww

いちゃもんつけることだけが唯一の楽しみのアホ中年wwwww

113 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:47:36.14
土蜘蛛紀行 筑後編
其之壱、山門─イ、蜘蛛塚 八束脛門へ戻る
http://jyashin.net/evilshrine/gods/tsuchigumo_shrine/tsuchigumo_trip_chikugo_0101.html

大山田女:日本書紀によると、神功皇后が、かつて「山門(やまと)」と呼ばれた
この地の土蜘蛛・田油津媛(タブラツヒメ)を討ったとのことです。また、その兄
である夏羽(ナツハ)が軍勢を従えてやって来たのですが、妹が討たれたと知り、
逃げ去りました。こちらに詳しく書いてあります。
http://jyashin.net/evilshrine/gods/tsuchigumo_shrine/tsuchigumo_ancient_01.html#7

114 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:48:45.75
丹をただの赤土って言ってる方がいちゃもんだろ

115 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:51:32.38
>>110
必死なところ悪いが

九州の丹が中国産
畿内の丹が畿内産

畿内でとれるのに、わざわざ高価な中国産だけ使うとか
おかしいとか思わないの?

魏へ朝貢するのに、伊都国は絶対に通過する
邪馬台国が畿内なら、伊都国と同盟あるいは支配下にないと通してもらえない

だってそうだろ?
親魏「倭王」なんて印をもらう使節を、敵対勢力が通過させるはずがない

だとしたら、邪馬台国が畿内にあったのなら、
伊都国は邪馬台国の影響下にあったことになる

なのに、邪馬台国の丹を使わないとか、常識的に考えて矛盾してる

116 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:51:57.47
倭人伝の通り顔に朱を塗った遺骨は、南九州からバンバン出てる。
畿内ではどうですか?

南九州の風土と歴史、伝承を中心に書きつづっていこうと思います。 季節ごとの風景や
祭りを画像でお届けしますのでどうぞお楽しみに。
http://kamodoku.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-557a.html

http://kamodoku.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/05/31/cimg8916.jpg
人骨の主は「男性・40歳代・身長155センチ」とのこと。頭蓋骨だけ真っ赤だが、
これは皮膚に塗っていた朱が白骨化したあと、顔だけは皮膚が薄いため骨に付着した
のであろうとのことである。

117 :孝霊厨:2016/01/14(木) 22:51:58.00
まず阿波の鉱山ですが、場所をよく確認してから
邪馬台国問題を考えないとね。
採掘しても搬出しないといけない、
また人が生活する環境や卑弥呼が宮に出来る場所か等です。

基本的に考えて無理な話なんですよ。
宇陀なんて山を下りたら巻向ですからw

118 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:52:37.91
帯方郡
↓海岸水行七千里
狗邪韓国
↓海渡千里
津島国
↓海渡千里
一支国
↓海渡千里
末盧国
↓陸行五百里
伊都国
↓(東南)百里
奴国
↓(東)百里
不弥国
↓(南)水行20日
投馬国
↓(南)水行10日・陸行1月
邪馬台国

女王國の東、海を渡る千余里、また國あり、皆倭種なり


畿内説は、邪馬台国から東に海を渡った倭人の住む国を明らかにせよ!

119 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:53:24.03
魏志倭人伝の邪馬台国は、北部九州の盟主

邪馬台国が、滅ぼされたのか
それとも巻向に攻め込んだのかは別の話

120 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:54:32.37
>>117
>>115については?

121 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 22:57:39.78
緩やかな大河
遠賀川を遡ると、福岡県の中域まで入れますよ
そこから陸行したら邪馬台国はすぐです

122 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 22:58:40.03
>>103
>纒向に入った ←間違い×

征服した。が正解。


倭人社会の最高国、博多湾沿岸の倭国勢力拡大の為、

北の大国、北朝鮮と
南の強国、熊襲に挟まれていたので

めちゃんこ弱い、銅鐸のようなガラクタを巨大化させる蛮族
畿内の銅鐸国を支配しただけだよ。


しかし、朱や丹まで根拠に使えなくなった畿内も四国も終わったな。

畿内の銅鐸国は本日歴史上21日目の滅亡でござる。

しかし、やはり私筑紫倭皇帝に勝てる銅鐸国の首長はなかなかでてこないようだな。

123 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:00:01.41
>>115 何が言いたいの? バカなの?
<九州の丹が中国産> 九州の丹で中国産のものがあるの?どこに?
<畿内の丹が畿内産>  どこにそんな資料があるの?
<畿内でとれるのに、わざわざ高価な中国産だけ使うとか
おかしいとか思わないの? >
中国産の丹は高価なの? どこにそんな記述があるの?

<魏へ朝貢するのに、伊都国は絶対に通過する
邪馬台国が畿内なら、伊都国と同盟あるいは支配下にないと通してもらえない>
は? どこにそんな記述があるの? 伊都国は国内の流通も見張ってるの?

<だってそうだろ?
親魏「倭王」なんて印をもらう使節を、敵対勢力が通過させるはずがない>
畿内が九州と敵対してたの? どこにそんな記述があるの?

<だとしたら、邪馬台国が畿内にあったのなら、
伊都国は邪馬台国の影響下にあったことになる>
何がだとしたらなの? 伊都国は邪馬台国の支配下だよ。それが何か?

<なのに、邪馬台国の丹を使わないとか、常識的に考えて矛盾してる >
邪馬台国の丹なんてどこに書かれてるの?
お前らが敵対していると考えている熊本や鹿児島や宮崎にも北部九州の土器や
文化が流入してるけど?

124 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:00:39.65
>>123
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf
朱の産池で分類した首長墓(卑弥呼の時代)
近畿は国産、九州は中国産

125 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:01:18.41
>>115って結局何が言いたいんだろう。支離滅裂すぎて分からんわ

126 :孝霊厨:2016/01/14(木) 23:02:22.65
>>120
まず中国丹といってもごく少量でしょう?
卑弥呼は丹を献上せず、鉛丹を貰っています。
また台与は丹を献上してますよね?
簡単にいうと狗奴国が丹の権利を持っていたと考えています。

127 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:03:34.20
>>124 それが何なの? 輸入物を有難がっただけじゃん

128 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:03:42.74
男女の多くが臂(肩から手首まで)、顔、全身に刺青をし、水に潜って魚を捕る。文字はなく、
ただ木に刻みをいれ、繩を結んで(通信)する。仏法を敬い、百済で仏教の経典を求めて得、
初めて文字を有した。卜筮を知り、最も巫覡(ふげき=男女の巫者)を信じている。

阿蘇山があり、そこの石は故無く火柱を昇らせ天に接し、俗人はこれを異となし、因って祭祀
を執り行う。如意宝珠があり、その色は青く、雞卵のような大きさで、夜には光り、魚の眼の
精霊だという。新羅や百済は皆、倭を大国で珍物が多いとして、これを敬仰して常に通使が往
来している。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun9-zuisho.htm

129 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:04:45.11
もう指摘されてることだが
安価な酸化鉄を水銀朱の代用品にしすることは大昔から行われていた
そんな経緯もあり、後世になって酸化鉄である赤土をを丹土と言うようになったが、これはずっとずっと後世の話だ
三世紀の九州で水銀朱の鉱山が開発されていなかったことは九州説の命取りだ

130 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 23:04:45.87
>>124
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

131 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:05:58.95
>朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
>丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

もうめちゃくちゃだなw

132 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:08:01.76
>>123
国が必死で朝貢していた時代に、
中国産の丹を取り寄せるのは当然大変だったはず

伊都国が邪馬台国の配下だったのなら、
大航海が必要な中国産ではなく、邪馬台国の丹を使う

それが使ってないということは、
邪馬台国の配下ではなかったことになり、
そうなると、邪馬台国の朝貢使節が伊都国を通過することはできない

133 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:08:54.81
>>122 (中身芯がすっぽぬけ)ちくわ皇帝@バカがかまぼこ(板についてる)♪
>畿内の銅鐸国を支配しただけだよ。

というボケジジイの妄想w

まあ三雲や須玖岡本のものをピークに王墓も衰退
ついに前方後円墳に出現に至る

このキチガイ爺は銅鐸が出てるということでファビョって
吉野ケ里を銅鐸国(笑)の一部にしてるが

その吉野ヶ里に出てるのは何故か前方後方墳

むしろ那珂八幡等、前方後円墳が出てる博多のほうが畿内に近いだろうな

吉野ケ里の前方後方墳の出現に関して何か言われてることってあるのかねえ?

134 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:09:31.52
>>115
どうしておかしいの?
政治的に畿内政権に属することと畿内の産品を使うことが、どうして同じなの?

135 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:10:03.82
>>126
さすがの着眼点ですね

しかし、近畿産の丹が近畿にありふれていたのに、
九州は中国産の丹ばかりだったというのは、
やはり説明しがたいかと

136 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 23:12:10.85
ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

137 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:12:28.03
>>134
重要物資を掌握していることが、政治的権力にも直結するわけだから、
畿内の丹を使うことが、逆に言えば畿内政権に服属する条件の一つになる

138 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:12:53.34
>>134
現代日本が、原油を押さえられて、支配されてるのと同じ

139 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:13:27.59
>>132 <国が必死で朝貢していた時代に、
中国産の丹を取り寄せるのは当然大変だったはず>
中国に朝貢してたんじゃないの?
倭国は韓国にも勢力を伸ばしてたんだから、丹を入れるぐらいわけないでしょ?
青銅器も中国産だよ?

<伊都国が邪馬台国の配下だったのなら大航海が必要な中国産ではなく、邪馬台国の丹を使う>
どうしてそう思うの? 馬鹿なの?

<それが使ってないということは邪馬台国の配下ではなかったことになり>
伊都国は邪馬台国の支配下になかったんだね?
<そうなると、邪馬台国の朝貢使節が伊都国を通過することはできない>
現に通過してるけど??

もうね、意味不明だよ。
論理を身に着けて一般常識を身につけろ。頭悪すぎるにもほどがあるわ

140 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:17:17.79
倭人の服装は腹を出していて、肌は真っ黒。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5b/5c/16171f80403a3ec03e3771b0fdb67139.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1f/eb/f990dfa0bf0f77090860497be0a79f2e.jpg
http://blog.goo.ne.jp/kelu-cafe/e/3876c7307c3e892d9a28c158bd4b680f/?img=f990dfa0bf0f77090860497be0a79f2e

どう見ても九州です。

141 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:19:15.26
>>137
そんな条件があったって、なんか証拠でもあるの?

142 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:19:36.14
>>139
邪馬台国が畿内で、朝貢して記録が残っているわけです
それとは別に、九州勢力が朝貢していれば、記録が残っているはず

九州勢力が独自に朝貢する存在であれば、
畿内の朝貢使節は絶対に通過させない


同じ丹の産地が、中国にあるのと、日本国内にあります
どちらを使うかは一目瞭然


邪馬台国の朝貢使節が伊都国を通過しているということは
伊都国は邪馬台国の支配下になければならない
その伊都国が畿内産の丹を使っていなかったのなら
伊都国は畿内の支配化になかったということになる

143 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:21:03.18
>>141
TPP

144 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:24:43.26
>>137
>畿内の丹を使うことが、逆に言えば畿内政権に服属する条件の一つになる

根拠なし

内部に関してまでそんな細かい条件を課したなんて根拠が無い

例えば後代九州は畿内より先に横穴石室のものを造り
そこにできた恒常的空間に装飾を施した

言ってることが全くのピント外れ

だから読む側が意味がわからない

145 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 23:24:58.21
ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

146 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:27:03.09
要するに、伊都国が畿内産の丹を使ってなかったということは、
伊都国は畿内に服属していなかったということ
しかも最後の最後まで畿内産を使っていなかったということは、
最後まで畿内勢力に抵抗していたということ

147 :リュカ:2016/01/14(木) 23:28:16.74
やあ

148 :リュカ:2016/01/14(木) 23:28:45.72
鋼鉄ジーグー

149 :リュカ:2016/01/14(木) 23:29:30.29
よお

150 :リュカ:2016/01/14(木) 23:29:52.15
ジーグのスレか

151 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:30:51.41
>>144
同盟とか服属の意味をわかってますか?
わかってるけど敢えてわからないふりをしてるとしか思えませんが

日英同盟で、英国産の良質な石炭を大量に融通してもらって
日露戦争に勝ちました

太平洋戦争で米国に負けて、
記紀をかなぐり捨てて、ジーンズロック
東洋の欧米国家になりました

152 :リュカ:2016/01/14(木) 23:31:30.93
よおみんな

153 :リュカ:2016/01/14(木) 23:32:10.70
エロ剣児

154 :リュカ:2016/01/14(木) 23:33:19.99
エロ剣児だよーん

155 :リュカ:2016/01/14(木) 23:33:54.71
エロ剣児だよーん

156 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:34:41.40
>>151
後代の事例を適当に持ってきて誤魔化そうとしても

国産朱の使用が義務・強制された根拠が無い

古墳時代にあって畿内でも中国のものが使われてる事例もある

お前の話に理論的整合性なし

157 :リュカ:2016/01/14(木) 23:35:18.36
エロ剣児でーす

158 :リュカ:2016/01/14(木) 23:36:00.65
エロ剣児だよーん

159 :リュカ:2016/01/14(木) 23:36:25.50
アスラン

160 :リュカ:2016/01/14(木) 23:36:44.32
ジーグ

161 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:37:08.63
魏志倭人伝の邪馬台国は北部九州の盟主
自前の丹を領域内に供給していた

同時期の他地域の盟主としては
南部九州の盟主
出雲の盟主
大阪和歌山の銅鐸盟主 ←負けたっぽい
伊勢伊勢の丹盟主 ←勝ったっぽい

いずれの盟主も西日本統一前の地域王なので、
めぼしい遺跡は見つけづらいです

ただ、勝者が巻向に入って、
西日本の力を総動員して、初の巨大古墳を作りました

162 :リュカ:2016/01/14(木) 23:38:18.21
エロ剣児の伝説

163 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:38:28.45
>>156
>国産朱の使用が義務・強制

逆逆!!

配下だからこそ、安価で大量な近畿国産朱を
「融通して頂ける」のです

164 :孝霊厨:2016/01/14(木) 23:39:10.86
>>135
それは単に地理的に北部九州の方が地理的に近いという事。
新しい形の神仙思想の伝達は九州の方が早いというだけな気がしますね。
また倭(狗奴国)から大陸に渡る辰砂が多かったとも考えられるでしょう。

結局狗奴国が女王国に抗しえたのは、丹山の存在だと考えてます。

165 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:43:03.21
 1-1で、邪馬台国の所在地は、九州島内しか考えられないことが分かった。
 では、邪馬台国は九州のどこにあったのだろうか。

 まず検討すべきは、1-1に書いた倭人伝の12である。
「女王国の東、海を渡ること千余里にして、また国あり、皆倭種なり」
 とある。つまり、
「女王国の東側は海に面しており、東に千余里(約七五〜九〇キロ)ほど海を渡ると、また国があって、倭人と同種の人が住んでいる」
 と言うのである。
 ここで女王国というのは、倭国全体であろうか。または倭国の中の女王のいる邪馬台国のことであろうか。それを決めるのは、10と11である。まず、10には、
「女王国より以北は、その戸数・道里、得て略載すべきも、其の余の旁国は遠絶にして、得て詳かにすべからず」
 とあり、つまり、
「女王国の以北にも、その他の地にも国がある」
 ことを、示している。また11も、
「女王国より以北には、特に一大率を置き、諸国を検察せしむ」
 となっており、女王国が決して倭国全体を示す言葉でないことを、証明している。
 つまり「女王国は、倭国の中の一国であり、女王の都する所、つまり邪馬壱国」なのである。したがって、
「邪馬台国の東側は海に面している」
 ことになる。
http://www.b-net.kcv.jp/~ryhei/1-2yamakokuiti.htm

166 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 23:43:13.58
ザコどもが正直うざいのう

ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

167 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:43:50.67
ところで、魏志倭人伝には当時の倭(日本)の人々がどんな様子だったかも記されています。
http://y-ta.net/gishi-wajinden-2/

服装・身なり
・男性も女性も、大人も子供も、偉い人も民衆もみんな顔や体に刺青(いれずみ)をしている。
その刺青(いれずみ)は階級によって入れる場所や大きさが違う。刺青(いれずみ)はおまじない
の意味もある。
・はちまきをつけて布を体に巻いている(真ん中に穴の空いた布に頭を入れて結んでいる)。
・みんな裸足で生活している。
・顔に赤い顔料を塗る(化粧?)。
・矛(ほこ)、楯(たて)、木でできた弓を使っている。


九州南部では、魏志倭人伝に書いてある通りの、顔を赤く塗った人骨が見つかる。
http://kamodoku.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/05/31/cimg8916.jpg
畿内ではどうよ?

168 :リュカ:2016/01/14(木) 23:44:47.10
鋼鉄ジーグ

169 :リュカ:2016/01/14(木) 23:45:19.02
鋼鉄ジーグー

170 :リュカ:2016/01/14(木) 23:45:52.46
なるほどなジーグだ

171 :リュカ:2016/01/14(木) 23:46:41.65
ジーグ

172 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:47:18.30
小国が散らばっていて、一つの大国が次々に飲み込んでいったのではなく、
小国が各地でまとまって、地域連合あるいは地域国家を作って、
それらが最終決戦をして、最終勝者が巻向入り

鍋島or大友宗麟
島津
尼子
三好
織田信長

この中の一人、あるいは手を組んだ複数が、
巻向入りして、西日本ひいては日本の支配者になった

173 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:49:12.82
>>164
単に地理的に近くて
ということなら、
丹だけでなく、
製紙技術や、仏教、車輪、度量衡、貨幣、などなども
同様に入ってきたのではないでしょうか?

174 :筑紫倭皇帝:2016/01/14(木) 23:51:16.97
畿内説のザコどもがうざいのう。
歪曲なね必死になっておるわい。
今夜も筑紫倭皇帝の106億5875万勝無敗目の宴じゃ。
小舟を持ってまいれ。曲水の宴じゃー。

ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

175 :日本@名無史さん:2016/01/14(木) 23:54:51.18
>陸行1月についてまとめ

>畿内説
>@河内湾→奈良 35km 1.5km/日
>A舞鶴→奈良 120km 4km/日

>九州説
>@日田→佐伯(大分) 130km 4.6km/日
>A日田→日向(宮崎) 150km 5.5km/日
>B有明海→熊本 60km 2km/日

176 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 00:00:19.37
漢代から隋代までの正史によれば、倭・俀は「山島」と明記されているので、倭・俀とは、明確に島であると認識されていた九州の他にはない。

『後漢書』「卷八十五 東夷列傳第七十五 倭人」 「倭在韓東南大 海中依山島為居 凡百餘國」

三国志『魏書』巻三〇「烏丸鮮卑東夷伝 倭人の条」 「倭人在帶方東南大海之中 依山島爲國邑 舊百餘國 漢時有朝見者 今使譯所通三十國」

『晋書』四夷傳(東夷条) 「倭人在帶方東南大海中 依山島爲國」

『隋書』「卷八十一 列傳第四十六 東夷 俀國」[11] 「倭國在百濟新羅東南 水陸三千里 於大海之中依山島而居」

177 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 00:00:22.52
「畿内説毎度毎度の恥さらし 我皇帝にいつも敵わず」

「畿内説恥の上塗り泣きべそで 毎度の低脳さらし敗走」

「都合よく解釈するも歪曲で 我皇帝に見抜かれ恥かく」


「畿内バカ必死になって泣き叫ぶ 完膚なきまで負ける今宵も」


「倭皇帝覇家臺にいつも君臨す 畿内のバカをいつも蹴散らす」


なかなかの手前じゃな。

178 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 00:02:55.36
倭国の男女は刺青をし、倭国には阿蘇山がある。
これは大和朝廷以前の原住民、土蜘蛛、蝦夷の類だ。

男女の多くが臂(肩から手首まで)、顔、全身に刺青をし、水に潜って魚を捕る。文字はなく、
ただ木に刻みをいれ、繩を結んで(通信)する。仏法を敬い、百済で仏教の経典を求めて得、
初めて文字を有した。卜筮を知り、最も巫覡(ふげき=男女の巫者)を信じている。

阿蘇山があり、そこの石は故無く火柱を昇らせ天に接し、俗人はこれを異となし、因って祭祀
を執り行う。如意宝珠があり、その色は青く、雞卵のような大きさで、夜には光り、魚の眼の
精霊だという。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun9-zuisho.htm

179 :孝霊厨:2016/01/15(金) 00:04:53.44
>>173
文化伝達のタイムラグというのは統一国家としてまとまっているか、
交通が確保出来ているか等、色々要因は考えられるでしょう。
三世紀以降、畿内の場合は抱朴子がまとめられた時期も
近い事から判るように需要が急増した時期です。
当然産出する場所があるならそちらに中国人の目は
急速に集中してゆくはずでしからね。

180 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 00:05:46.61
倭人は帯方の東南、大海の中に在り、山島に依りて国邑を為る。
帯方郡より倭に至るには、
帯方郡
↓韓国
↓【南】海岸水行7000里
狗邪韓国
↓【南】度海1000里
津島国(方400里、千戸)
↓渡海1000里
一支国(方300里、三千家)
↓渡海1000里
末盧国(四千戸)
↓【東南】陸行500里
伊都国(千戸)※大率が置かれる
↓【東南】100里
奴国(二万戸)
↓【東】100里
不弥国(千戸)
↓【南】水行20日
投馬国(五万戸)
↓【南】水行10日・陸行1月
《邪馬台国》女王・卑弥呼(七万戸)→【東】渡海1000里、国あり皆倭種
↓【南】4000里
侏儒国
↓【東南】船行1年
裸国・黒歯国

◎女王国以北
斯馬国、己百支国、伊邪国、都支国、弥奴国、好古都国、不呼国、姐奴国、対蘇国、蘇奴国、呼邑国、華奴蘇奴国、鬼国、為吾国、鬼奴国、邪馬国、躬臣国、巴利国、支惟国、鳥奴国、奴国
その南に狗奴国あり。男王・卑弥弓呼。その官に狗古智卑狗あり。女王国に属せず。
◎帯方より女王国に至るまで12000里
◎倭の地を参問するに、絶えて海中洲島の上に在り、あるいは絶えあるいは連なり、周施5000里

181 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 00:12:20.19
>>179
我相手に毎度の毎度の敗走。
ぐうの音もでないキチガイアホが。
毎度毎度毎度最後は泣きを見るくせに毎回いっちょまえにでてくるのぅ。
このウスノロの低脳が。
調子こくでないぞ。


ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

182 :リュカ:2016/01/15(金) 00:15:27.52
わーいわーい続く

183 :リュカ:2016/01/15(金) 00:16:06.70
27635+32456は?続く

184 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 00:17:21.93
北部九州があきらかに大和の傘下に入った古墳時代でも、糸島地域ではまだ中国産水銀朱を使っているからね
橿原の新沢500号も中国産の朱を使ってる
大和の朱を使うという政治的強制など無かったことは間違いなかろう

外目に明らかな墳丘築造企画の共有などで同盟関係。力関係を明示したのとは異質の要素である
高価で高品質な中国製を入手するのがつらい地方首長にヤマト政権が優遇会員価格で国産朱を提供することで倭国の結束強化に利用したという程度だろう

185 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 00:19:30.42
>>179
まあ、お前らウスノロキチガイ畿内説の親玉、ローガンも完全に私、
筑紫倭皇帝の前にひれ伏した。
お前らウスノロも同じ運命なのだよ。
恥を知れ、ウスノロ珍説畿内説バカどもが。


畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。

こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

186 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 00:20:00.06
520 名前:日本@名無史さん [age] :2015/01/23(金) 16:58:43.06
>>518水系が違っていても、近くまで川が来ている場合、山越えの必要はない。
少なくとも宝満川と衣笠川は徒歩数分圏内

595 名前:日本@名無史さん [sage] :2015/01/23(金) 20:44:38.96
この川か。
筑紫野市紫2丁目付近だけど、思ったより水があるな。
http://i.imgur.com/zH9Ooir.jpg

一般に、川の水は昔の方が豊富だったそうだけど、これなら
今でも小舟が通れるぞ。

582 名前:日本@名無史さん [sage] :2015/01/23(金) 20:13:55.51
>>539
御笠川の源流か支流なんだね。

この辺りがあやしい。
http://i.imgur.com/MLlBZJK.jpg

664 名前:日本@名無史さん [sage] :2015/01/23(金) 22:52:40.12
>>661
ここか。
http://i.imgur.com/3tJHuyy.jpg

3から真南、モロに道になってる。これだなwww

187 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 00:23:42.73
>>184
また珍説畿内バカがでてきおった(笑)
お前のお花畑の脳みその発表なぞ興味ない。
うせよ、珍説願望畿内バカどもよ。


畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。

こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

188 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 00:24:20.59
>>185
「朱 や 丹 」という解釈がっ間違いなだけ

189 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 00:27:47.78
>>188
うせよ、低脳ウスノロ珍説畿内バカどもよ。
これでも見て枕を塗らせ。
調子こくでないぞキチガイ畿内説バカどもよ。
はっはっはっはっはっはっ♪


ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

190 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 00:34:26.87
キチガイの発狂やばいな

191 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 00:35:10.82
この馬鹿、荒らし屋東遷厨と同一人物?

192 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 00:40:52.44
>>190
確かに。
畿内バカの負け惜しみしかにじみ出てないからパッとせんな。
文学じゃない。

「畿内バカバカのお目目は涙ぐむ 我皇帝に惨めもさらすか」

「銅鐸の乾いた音は空洞の バカの頭はそれ畿内厨」

「何事もでかくすればと銅鐸を 中身がないから筑紫に滅ぶ」

まるで畿内説バカを象徴しておるようじゃ。
筑紫倭皇帝に対抗できるまともな珍説畿内説論者はでてこぬなぁ。

193 :孝霊厨:2016/01/15(金) 00:42:22.75
まぁ筑紫君のは負け犬の発作だからなw
案外在庫を抱えてる満州かもな。
北部九州説なんて勿論相手にする必要はないが、
邪馬台国の東遷説なんてのも完全否定してあげるよ。

194 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 00:42:47.06
27 名前:日本@名無史さん :2015/03/19(木) 18:56:29.55

邪馬台国は宮崎県にあった。

謎が解けたよ。

宮崎を日向と名付けたのは景行天皇で、神武東征の時には、宮崎は日向では
なかった。
つまり、天孫降臨の地は宮崎ではなく、後から宮崎を日向と偽称させた。

なぜか?

邪馬台国は大和朝廷に滅ぼされた土蜘蛛であったが、これを明らかにすることは
できなかった。
なぜなら、邪馬台国は魏の冊封国であり、これを滅ぼしたとしたら、中華帝国
への反乱ということになってしまうからだ。
そこで、大和朝廷は、卑弥呼と台与の事績を神功皇后一人の記とするなどの
混乱を見せつつ、これらが皇統であるかのような偽装を行った。
神功皇后は、日本が倭国であるかのような偽装を行うための架空の人物であり、
だこらそれは女性である必要があった。

そして、もう一つの偽装が、宮崎を日向の呼び、天孫降臨の地であるかのように
詐称したことだ。
なぜ宮崎だったのか。
それは、宮崎が邪馬台国だったからだ。

卑弥呼や台与が神功皇后であったかのように記述したのと同様、邪馬台国
を天孫降臨の地であるかのように詐称させることで、大和朝廷が邪馬台国
を滅ぼしておらず、むしろ正統な後継者であるかのようにする偽装が完成した。

このように、宮崎を天孫降臨の地であるかのように詐称したのは意味が
あり、そこが邪馬台国であったからだ。

195 :孝霊厨:2016/01/15(金) 00:49:29.04
実は私も以前は九州説、宮崎説でしたよ。
行程パズルを単純に考えて、銅鐸、銅矛圏なるものも信用してましたし。

でも今はさすがにフォローしようがない、
特に北部九州説なんて完全否定ですねw

196 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 00:57:27.62
まあ九州でも京の隈や津古生掛で国産朱が出てるので、トンデモ九州説の入り込む余地は無いんだけどね
糸島の保守性は、畿内と手を組んだ博多にどんどん利権を奪われていく立場ののイヤイヤ感が出ているようで面白くもある
この傾向は庄内式土器の受容にもはっきり出ている

197 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 01:02:38.71
帯方郡
↓海岸水行七千里
狗邪韓国
↓海渡千里
津島国
↓海渡千里
一支国
↓海渡千里
末盧国
↓陸行五百里
伊都国
↓(東南)百里
奴国
↓(東)百里
不弥国
↓(南)水行20日
投馬国
↓(南)水行10日・陸行1月
邪馬台国

女王國の東、海を渡る千余里、また國あり、皆倭種なり


畿内説は、邪馬台国から東に海を渡った倭人の住む国を明らかにせよ!

198 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 01:09:03.16
しかし丹を赤土と言い切る奴は何をしたいんだよw
この時代水銀朱を指す事は説を問わず確定事項だぞ。

199 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 01:09:26.88
>>196
>糸島の保守性は、畿内と手を組んだ博多にどんどん利権を奪われていく立場ののイヤイヤ感が出ているようで面白くもある

同感

言い方は良くないだろうがw昔日の栄光にすがっている没落貴族と言うかw意地というかww

200 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 01:16:11.92
大和国(中国表記=邪馬台国)は建国以来最初から奈良だからな

201 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 01:26:08.99
「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」という表現は原文に一切無い

202 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 01:57:36.22
>>172
他の人物の凄いんじゃないの?
小麦粉と同じように、岡山、岡山言ってる人がいたでしょ

203 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:03:11.75
>>200
邪馬台国とは年代が違う
大和朝廷は神武が奈良に建国したが

204 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:04:41.98
奈良の大和朝廷のことを中国が邪馬台国って書いただけの話

205 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:13:26.13
>>204
ここはこんなバカばっかり

206 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:18:10.63
日本書紀が真実だから仕方ないね

207 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:30:38.38
日本書記の何が真実なのか書き出してくれ

208 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:32:57.47
全て

209 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:37:53.85
稲作の伝播経路|写真http://www.ranhaku.com/web04/c3/1_01map.jpg

稲作伝来の経路は、幾つか考えられています。しかし黄河以北の大陸や南西諸島・南九州には、
当時の稲作が行われていた痕跡は確認されていません。よって稲作道具の類似性からみて、
稲作は朝鮮半島南部から伝来してきたものと考えられます。
http://www.ranhaku.com/web04/c3/1_01map.html

210 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:37:54.28
>>208
年代も真実という立場なら大和朝廷は3世紀にはすでに全国統一が終わってることになる

211 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:45:02.25
日本書紀に3世紀の時点で全国統一が完了してるなんて書いてない

212 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:46:14.31
>>208
無知 無能

213 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 02:48:23.80
真実を知らない人が中国マネーがパトロンになってる史学者の掌の上で踊らされてるだけだからな

214 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 03:09:56.36
何も根拠のない発言を繰り返し、果ては陰謀論に走る東遷厨であった

215 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 03:15:24.06
「水銀・その技術と産地」
http://www2.odn.ne.jp/~nov.hechima/syu.html

日本列島で その丹を産する地は 右図に示したように 九州の熊本県から
大分県を通って四国につながり 紀伊半島を横断して 伊勢湾を通り長野県
行き フォッサマグナ(日本列島断層帯)の下を通り茨城県へ走っている
中央構造線に沿う形で出現している。

http://homepage2.nifty.com/amanokuni/sozai/cut-niu.gif
http://homepage2.nifty.com/amanokuni/hani.htm

216 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 03:44:58.99
生命線を絶たれた九州説のむなしい抵抗が続く

217 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 03:59:54.00
邪馬台国が畿内で、朝貢して記録が残っているわけです
それとは別に、九州勢力が朝貢していれば、記録が残っているはず
         ↓
なら、記紀に邪馬台国が記されてないのはなぜ?
卑弥呼は神武天皇なんて知らんし・・・・・・・・

218 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 04:10:13.75
中国に朝貢したなんて黒歴史だから

219 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 04:10:40.48
神武天皇は九州から東征した事は明らかになっている
邪馬台国は邪馬台国で別物として考えて見ては?

220 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 04:19:02.98
記紀の「クシフル」伝説は韓国伝説の剽窃か
http://ameblo.jp/kujitsutomu/entry-11617714587.html

記紀など倭国の「クシフル」伝説が、韓国の「亀旨(クジボン)」伝説の剽窃、
あるいは焼き直しであろうことは、その類似した内容をみれば理解できる。その
伝説の解説を試みれば、以下のようになる。

(中略)

ちなみに、『三国史記』の「金官加羅」は「金官伽耶」と同じ国家を表し、単に
「加羅」とも「伽耶」とも表記する。駕洛国ともいった。さらに韓国語の「クシ
フル」は「クソウル」からきており、クは大きい、ソウルは朝鮮を意味し、「クシ
フル」は朝鮮の美称であるという説もある。

221 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 04:21:50.91
寝る

222 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 05:49:41.09
>>220
剽窃って北方の中央アジアからの伝播だろ

223 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 05:58:22.60
おまえら畿内説喜べ
どうも次々に省庁が移転してくるらしい

224 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 06:51:51.85
あの大臣の態度、すごいな。

225 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 06:55:41.52
記紀は血統偽造書、、、邪馬台国論争に記紀を持ってくる畿内説論者は大馬鹿

226 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 06:58:42.87
邪馬台国と朝廷・・・・なんの関係もない
機内に邪馬台国は無い。
これで、天皇家も安泰。

227 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:11:42.89
>>225
ええ?
日本の正式な歴史書ですよ

228 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 07:14:50.37
「銅鐸を叩く姿はいっちょまえ 寒完棺と畿内の灯火」

風流じゃな。
畿内バカが巨大銅鐸を打ち鳴らす姿はいっちょまえだか、
そこは決して邪馬台国や天孫族とはまったく関係なく
畿内説バカが叩く銅鐸の音と共に、カンカンカンと
寒い現実、終わった(完)畿内説、棺桶に入る畿内説
全てを表現した、平安時代に「佳作」に選ばれた歌じゃな。

でわ、私も一曲
「銅鐸を鳴らすだけならお猿さん 現実これなら戦えもせず」

銅鐸を打ち鳴らす事で相手がビビると思ってた畿内銅鐸国のバカを見事に描いておるな。
わが筑紫倭皇帝の前にむかしも今もひざまづく畿内バカをよく映しておるわい。


「赤土を硫化水銀いい張るが 事実を突きつけぐうの音も出ず」

みやびじゃのぉ。
畿内説バカをよく表しておるわい。

229 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 07:17:14.73
畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。

こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

230 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 07:22:53.26
ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

231 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:25:32.60
>>227
畿内説は飛んだね。日本書紀が歴史書なら卑弥呼邪は機内にいないもんね。

232 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:29:35.24
畿内説の脳内を見てみたい。

頭隠して尻隠さずのオンパレード

233 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:35:41.14
スレタイに沿って
邪馬台国が、あったのか?どこにあったのか?はよくわかりませんが
機内になかったことだけは確実です。

234 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:38:36.47
毎度書きますが
畿内は地政学的に無理

235 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:41:32.47
九州説の恥性学

236 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:44:57.72
戦前までは洗脳されてたから歴史書でよいでしょうが・・・・・
現代は????????

227 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:11:42.89

>>225
ええ?
日本の正式な歴史書ですよ

237 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:47:58.39
>>1

畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

なので、畿内は倭国ではありません。

238 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:52:38.33
九州説に賛同も否定もしませんが、
機内に邪馬台国が無いから、いろんな論がでる。
矛盾だらけの邪馬台国畿内説は止めたほうが良い。

239 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:54:00.97
日本の正式な歴史書は古事記と日本書記です
これはインプットしてくださいね

240 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 07:55:31.85
邪馬台国は機内にあった。
流れ者朝鮮軍団朝廷に滅ぼされただけだ。
記紀に記載がないのは、邪馬台国を歴史から抹消しないと天皇制は確立できなかったからだ。

241 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 08:00:29.75
高千穂ですね
なんで畿内になるのかわけわからん

242 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 08:15:34.27
既存情報に惑わされない、冷静な古代探究者であれば「東瀬戸内・東四国説」

243 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 08:25:16.84
では、当時のベンガラは中国ではなんと言われていたかわかりますか?

明らかに区別されてるとわかっているのなら、文献等で残っているの?
無ければ、わからない事となるね。

244 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 08:48:28.74
畿内の変換もできない九州馬鹿が必死の連投で笑える

245 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 09:26:32.21
>>243
丹は水銀朱、ベンガラは赤土と有りますが?

246 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 09:28:44.73
>>243
赭、代赭

247 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 09:35:46.09
赤い石が出て辰砂じゃなかったら、がっかりしてたみたいだしな。
またトヨの献上リストの中に丹が存在する時点で丹=ベンガラはないぞw

東遷厨=ちくわは何の目的でデマ書き込みまくってるのか知らんが、
いよいよホンマにおかしくなったのかな?

248 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 09:40:18.68
赤土を贈られた中国の皇帝かわいそう  朕にドウシロト?(´・ω・`)

249 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 09:48:37.39
ところで、魏志倭人伝には当時の倭(日本)の人々がどんな様子だったかも記されています。
http://y-ta.net/gishi-wajinden-2/

服装・身なり
・男性も女性も、大人も子供も、偉い人も民衆もみんな顔や体に刺青(いれずみ)をしている。
その刺青(いれずみ)は階級によって入れる場所や大きさが違う。刺青(いれずみ)はおまじない
の意味もある。
・はちまきをつけて布を体に巻いている(真ん中に穴の空いた布に頭を入れて結んでいる)。
・みんな裸足で生活している。
・顔に赤い顔料を塗る(化粧?)。
・矛(ほこ)、楯(たて)、木でできた弓を使っている。


九州南部では、魏志倭人伝に書いてある通りの、顔を赤く塗った人骨が見つかる。
http://kamodoku.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/05/31/cimg8916.jpg
畿内ではどうよ?

250 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:00:52.59
井沢も畿内説に転向したんだよな、もう畿内説に決まったんだよ。

251 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:04:45.67
畿内説には説明できない弱点が多いのですが、
その中でも以下の3点は決定的です。

・邪馬台国のライバル国である南の狗奴国の説明
・東の海を渡った所にさらに倭種の国
・邪馬台国に属する国は30ヶ国

畿内説邪馬台国は畿内から九州までを含む全域を支配しているのに、
そのような大国に対抗できるライバル国が存在するのでしょうか。
また、東の海を渡るとはどこの海を指しているのでしょうか。
さらに、伊都国、奴国、不弥国と現代の市町村レベルサイズで
既に5-6ヶ国の記載があるのに、西日本全体で30ヶ国を想定するのは無理です。

それが九州説であれば、狗奴国は熊本の事、
東の海を渡るとは当然、豊後水道でさらに倭種の国は四国、中国。
邪馬台国が福岡県サイズとすれば、30ヶ国の数は適正。(現代の自治体数)
全てが違和感なくすっきり説明できます。

何より、当時の中国人・日本人が東も南も分からない愚か者の集まり
とするならば、そのような質の低い当時の日本人が、すでに3世紀に
西日本全域を支配している国家を形成していたと信じる方が支離滅裂なことだと思います。

252 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:05:53.97
(まとめ)
三世紀の九州で水銀朱が採れてないことを指摘されて窮地の九州説
倭人伝との不適合が明るみに出て、九州説はほぼ絶望に

丹をただの赤土(泥土状の赤鉄鉱)だと言い張ったが、古代中国人が仙薬に使う水銀を鉄サビと間違うわけもなく、無駄ま抵抗にに終わった
>>243の抵抗も、きちんと指摘され、九州説は敗北した

253 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 10:21:29.63
必死に都合よく歪曲してるやつがまだいるようだな。
しかしこれが正解。
珍説畿内説など夢のまた夢なのだよ。

ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

254 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:23:01.79
「赭」の解説

「其土則丹青赭堊」(漢書相如伝)
「丹、丹沙也・・・ 赭、赤赭也」(上張揖注)
 張揖:三国魏清河人

「管子云『山上有赭、其下有鐵。山上有鉛、其下有銀。山上有銀、其下有丹。』」(正義)

「赭」は古来赤土(泥状赤鉄鉱)の意味で使われており、丹(水銀朱)とはきちんと区別されている

255 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 10:26:35.83
畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。
硫化水銀=赤 であるがゆえ、丹が硫化水銀なら 朱 の説明がつかない。
畿内説や四国説の専売特許、捏造歪曲を駆使したお得意のご都合解釈である。



こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

256 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:26:52.44
谷畑美帆・宮代栄一の『古墳時代の埋葬行為に関する一考察 -宮崎県島内地下式横穴墓群を中心に-』
(2005年)によると、島内の地下式横穴墓群から出土した計209体の人骨の多くは非常に良好な
保存状態にあり、宮崎県立西都原考古博物館に保管されている93体について、赤色顔料の塗布の有無
と部位に関する観察が行なわれた。結果、顔料が塗られていた127体の内、顔面のみの塗布が最も
多く(38例)、次いで頭部・上半身・下半身のいずれにも顔料を塗布したもの(23例)、それに次
ぐのは、頭部と上半身に塗布したもの(11体)となり、顔面塗布が重視された事がわかった。
どの段階で塗られたかは諸説あるが、これらの説を紹介した上で、当論文は結論として、第32号墓
出土の1号人骨については、白骨化が進みながらも頭髪が残存している段階で塗られたと判断して
いる。

257 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:30:27.57
このスレでは東遷厨=ちくわの無学さが際立ってるなw
そりゃコピペ荒らしに走るしかないだろう。
昔は倭人伝解釈では九州説と言われたのも、所詮は
都合よく文献解釈してただけの事。

258 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:32:13.87
東遷厨=ちくわ、確定だなこりゃ

259 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:35:09.98
>>253
>ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf
>これを見ても分かるように、

省略されてるだけ

既に指摘があるように、北部九州も
京の隈古墳、津古生掛古墳などで国産朱が検出されている

260 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:37:01.96
ちくわ珍説即日崩壊

261 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:37:17.34
ちなみに朱を撒いた女性の遺骨なんて、縄文時代に
東北地方からでも確認済みです。
別に九州固有の物でもない。

262 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:40:59.37
九州説な開祖のような位置にいる白鳥庫吉からして、里程論から邪馬台国を特定することが不可能だと主張していたのに

九州説は最初から間違った方向に進んでしまっていたのだ

263 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:44:01.59
2chにおいてはもう邪馬台国問題は解決したなw
テレ東も追従したようだし。

264 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:48:42.62
いや、世間ではもう終わってる
2ちゃんに九州説残党がすこしいるが低レベル
なんとか評議会が集団自決して、そして誰もいなくなる

265 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 10:49:48.01
赤土とは

赤土は先史時代から(つまり人類の歴史が始まった時から)
顔料として使われてきた。
また、粘土質のものは陶器の材料としても使われる。

博多湾沿岸の倭国の都、当時の邪馬台国の倭人は
顔料として山で採れる赤土や中国産の硫化水銀を使っていたのだよ。

畿内説や四国説がいくら捏造歪曲して都合よく解釈しようが無駄なのだよ。
必死に捻じ曲げて解釈するな
我、筑紫倭皇帝に対抗する必死なゴミどもよ。

私の知識と知能はさすがであるな。

266 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:50:07.82
「畿内」を「機内」と書いてるやつは同一人物だろう

267 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 10:52:08.78
畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。
硫化水銀=赤 であるがゆえ、丹が硫化水銀なら 朱 の説明がつかない。
畿内説や四国説の専売特許、捏造歪曲を駆使したお得意のご都合解釈である。



こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

268 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:52:41.26
>>266
俺もそう思ってた。w

269 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:54:08.21
エンタメ路線で番組を作ってたテレ東でさえ畿内説
間違いだと判明した九州説は過去のもの

270 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:55:23.62
まぁ赤土=ベンガラなんかもらっても皇帝は激怒だよなw
そんな物取り次いだ役人が処理するだろう。

まぁ喜ぶのはちくわ皇帝位だなww

271 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:58:15.63
倭人伝の通り顔に朱を塗った遺骨は、南九州からバンバン出てる。
畿内ではどうですか?

南九州の風土と歴史、伝承を中心に書きつづっていこうと思います。 季節ごとの風景や
祭りを画像でお届けしますのでどうぞお楽しみに。
http://kamodoku.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-557a.html

http://kamodoku.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/05/31/cimg8916.jpg
人骨の主は「男性・40歳代・身長155センチ」とのこと。頭蓋骨だけ真っ赤だが、
これは皮膚に塗っていた朱が白骨化したあと、顔だけは皮膚が薄いため骨に付着した
のであろうとのことである。

272 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 10:59:15.96
結局ちくわがコピペ荒らしの犯人かよ。

273 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 11:06:42.13
毎度毎度、俺にチンチンにやられる銅鐸バカどもがうざいのお。


赤土とは

赤土は先史時代から(つまり人類の歴史が始まった時から)
顔料として使われてきた。
また、粘土質のものは陶器の材料としても使われる。

博多湾沿岸に都した倭国はユーラシア大陸でも端のそのまた端っこ。
文化の伝達は多少遅れる。
戦に強いかはまたべつ。
原始的な武器しかないこの時代は勝敗にはハートが大きく左右するからな。
鉄や三種の神器を使う筑紫博多湾沿岸倭国と
巨大銅鐸で対抗する今の畿内厨ともかぶるアホ畿内との実力差は大きいがな。

博多湾沿岸の倭国の都、当時の邪馬台国の倭人は
顔料として山で採れる赤土や中国産の硫化水銀を使っていたのだよ。

畿内説や四国説がいくら捏造歪曲して都合よく解釈しようが無駄なのだよ。
必死に捻じ曲げて解釈するな
我、筑紫倭皇帝に対抗する必死なゴミどもよ。

私の知識と知能はさすがであるな。

274 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 11:08:36.87
畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。
硫化水銀=赤 であるがゆえ、丹が硫化水銀なら 朱 の説明がつかない。
畿内説や四国説の専売特許、捏造歪曲を駆使したお得意のご都合解釈である。



こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

275 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:08:44.03
卑弥呼の墓は、西都原だろうな。

この配置は異常だ。
http://www.gurunet-miyazaki.com/kankouti/saitobarumain/kofun/kofunsaito.htm

女狭穂塚は、本当は3世紀末から4世紀初頭で、卑弥呼の墓。
男狭穂塚は5世紀で、卑弥呼の墓を陵辱するために大和朝廷が
築造させた古墳だと思う。

276 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:11:01.33
『旧唐書』倭国・日本国伝

日本國者、倭國之別種也。以其國在日邊、故以日本為名。或曰:倭國自惡其名不雅、
改為日本。或云:日本舊小國、併倭國之地。其人入朝者、多自矜大、不以實對、
故中國疑焉。又云:其國界東西南北各數千里、西界、南界咸至大海、東界、北界有
大山為限、山外即毛人之國。

日本国は、倭国の別種なり。
その国は日の出の場所に在るを以て、故に日本と名づけた。あるいは曰く、倭国は
自らその名の雅ならざるを憎み、改めて日本と為した。あるいは日本は昔、小国だっ
たが倭国の地を併せたという。
そこの人が入朝したが、多くは自惚れが大にして不実な対応だったので、中国はこれ
を疑う。また、その国の界は東西南北に各数千里、西界と南界いずれも大海に至り、
東界と北界は大山があり、限界となし、山の外は、すなわち毛人の国だという。


『新唐書』日本伝

其王姓阿毎氏、自言初主號天御中主、至彦瀲、凡三十二世、皆以「尊」為號、居筑紫城

王姓は阿毎氏、自ら言うには、初めの主は天御中主と号し、彦瀲に至り、およそ三十二世、
皆が「尊」を号として、筑紫城に居住した。
※「筑紫」=北九州


(まとめ)
日本と倭国は別種。
日本はどこかの小国だったが倭国を併合した。(旧唐書)

日本の王が自ら言うに、日本の最初の王は北九州にいた。(新唐書)

277 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 11:12:16.53
ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

278 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:13:30.66
竹輪が荒らしの犯人なら、結局何のために?
今更九州説なんて誰も信用しないぞw

基地害の呟きもそうなんじゃないのかな。

279 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:16:44.06
>>267
「朱丹」は昔から「朱丹之飾」といって一つの熟語
「朱や丹」ではない
「鉛丹」が「鉛や丹」でないのと同じ

用例
「珊瑚、琥珀、琉璃、瑯?、朱丹、青碧、珍怪之物」(後漢書西域)

280 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:17:42.32
朱は赤色の顔料という意味合いだろう。
赭、代赭で赤土、これがベンガラの事だよな?

当時の中国文献資料で丹を赤土なんていう記述は何処にもない。
ちくわはまともに本も読んでないのバラシちゃったなw

281 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:19:16.70
帯方郡
↓海岸水行七千里
狗邪韓国
↓海渡千里
津島国
↓海渡千里
一支国
↓海渡千里
末盧国
↓陸行五百里
伊都国
↓(東南)百里
奴国
↓(東)百里
不弥国
↓(南)水行20日
投馬国
↓(南)水行10日・陸行1月
邪馬台国

女王國の東、海を渡る千余里、また國あり、皆倭種なり


畿内説は、邪馬台国から東に海を渡った倭人の住む国を明らかにせよ!

282 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:21:10.79
>>278
荒らし専科に身を堕としてはいても、今でもたまに自分の考え付いた愚行を吹聴して偉ぶりたい自己顕示衝動もあるんじゃね?


恥かくだけだけど

283 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:23:47.98
日本書紀は、仮名手本忠臣蔵と同等かそれ以下ぐらいの書物と考えるべし
sssp://o.8ch.net/64ua.png

284 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:26:12.82
後漢書に朱丹が珍怪之物だという記述があるので明らかだよな
丹朱でひとつの単語であって、水銀朱をあらわす

赤土なんて珍しくもない
最上級の代赭石でも薬石として下品とされる物質だ
仙薬の重要成分とされる水銀朱とは違いすぎる

285 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:29:28.32
あ、物質は朱丹な
丹朱は王子の名だ

286 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:29:39.23
「水銀・その技術と産地」
http://www2.odn.ne.jp/~nov.hechima/syu.html

日本列島で その丹を産する地は 右図に示したように 九州の熊本県から
大分県を通って四国につながり 紀伊半島を横断して 伊勢湾を通り長野県
行き フォッサマグナ(日本列島断層帯)の下を通り茨城県へ走っている
中央構造線に沿う形で出現している。

http://homepage2.nifty.com/amanokuni/sozai/cut-niu.gif
http://homepage2.nifty.com/amanokuni/hani.htm

287 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:29:47.71
赤土なんて魏の皇帝に献上する訳ないよなw
こんなんで文献なら九州説とかほざいてたのかよw

そりゃ安物の詐欺師と言われるわw

288 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:30:27.99
★各地の古墳時代男性頭骨の弥生・縄文判別関数値
(池田次郎・京都大学名誉教授による)
+2.12…畿内
+1.47…南近畿
+1.08…四国
+0.76…東中国・西近畿
+0.70…西中国・北東九州
+0.51…関東・南東北
+0.40…北陸
-0.87…西南九州
※+は弥生(朝鮮)側、-は縄文(アイヌ)側

▼札幌医大・松村博文先生(兵庫県出身)
http://www.frpac.or.jp/rst/sem/sem1721.pdf
『近畿人は胴長短足、朝鮮人も胴長短足』
『近畿人は短頭、朝鮮人も短頭』
『近畿人は乾燥耳垢、朝鮮人も乾燥耳垢』
『近畿人は耳たぶが痩せている、朝鮮人も耳たぶが痩せている』
『近畿人は髭が薄い、朝鮮人も髭が薄い』
『近畿人は一重まぶた、朝鮮人も一重まぶた』
『近畿人は蒙古襞、朝鮮人も蒙古襞』
『近畿人と朝鮮人は歯の形が同じ』

▼形質学から求めた朝鮮人との遺伝的近似性(小浜基次・大阪大学教授による)
     頭示数 比肩峰幅 比上肢長 比下肢長
蝦夷人  76.55   23.65   44.60   55.14
東北人  80.16   23.07   44.46   54.33
畿内人  84.98   22.67   43.99   54.23
朝鮮人  85.16   22.35   43.30   53.48

289 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:32:05.29
ちくわは反論で当時の中国資料が皆無なんだな。
そこがバカの限界なんだろう。

290 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:32:21.09
必死で荒らす竹輪東遷トンスルマン

291 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:32:53.80
水銀朱の話はテンプレにも盛り込んでほしいね

292 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:36:14.61
「銅鏡百枚 眞珠【鉛丹】各五十斤」で貰ったのはあくまでも【鉛丹】

原料の赤い鉛丹貰ったってありがたくもないから
加工して眞珠と並べてもはずかしくないブツに化けたやつでしょ

293 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:44:30.92
たぶん【鉛丹】は鉛ベースの白粉(鉛白)だろ 「涷治鉛華 以C而明」の【鉛華】も白粉だろ
鉛華 铅华 「古代女子化妝用的鉛粉」 http://www.zdic.net/c/5/102/274855.htm

294 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:44:31.72
ところで、魏志倭人伝には当時の倭(日本)の人々がどんな様子だったかも記されています。
http://y-ta.net/gishi-wajinden-2/

服装・身なり
・男性も女性も、大人も子供も、偉い人も民衆もみんな顔や体に刺青(いれずみ)をしている。
その刺青(いれずみ)は階級によって入れる場所や大きさが違う。刺青(いれずみ)はおまじない
の意味もある。
・はちまきをつけて布を体に巻いている(真ん中に穴の空いた布に頭を入れて結んでいる)。
・みんな裸足で生活している。
・顔に赤い顔料を塗る(化粧?)。
・矛(ほこ)、楯(たて)、木でできた弓を使っている。


九州南部では、魏志倭人伝に書いてある通りの、顔を赤く塗った人骨が見つかる。
http://kamodoku.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/05/31/cimg8916.jpg
畿内ではどうよ?

295 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:46:06.49
畿内説の輩は、戦時中の事実を曲げた「大本営発表」だな。
現在は誰も騙されない。

296 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:50:51.32
『旧唐書』倭国・日本国伝

日本國者、倭國之別種也。以其國在日邊、故以日本為名。或曰:倭國自惡其名不雅、
改為日本。或云:日本舊小國、併倭國之地。其人入朝者、多自矜大、不以實對、
故中國疑焉。又云:其國界東西南北各數千里、西界、南界咸至大海、東界、北界有
大山為限、山外即毛人之國。

日本国は、倭国の別種なり。
その国は日の出の場所に在るを以て、故に日本と名づけた。あるいは曰く、倭国は
自らその名の雅ならざるを憎み、改めて日本と為した。あるいは日本は昔、小国だっ
たが倭国の地を併せたという。
そこの人が入朝したが、多くは自惚れが大にして不実な対応だったので、中国はこれ
を疑う。また、その国の界は東西南北に各数千里、西界と南界いずれも大海に至り、
東界と北界は大山があり、限界となし、山の外は、すなわち毛人の国だという。


『新唐書』日本伝

其王姓阿毎氏、自言初主號天御中主、至彦瀲、凡三十二世、皆以「尊」為號、居筑紫城

王姓は阿毎氏、自ら言うには、初めの主は天御中主と号し、彦瀲に至り、およそ三十二世、
皆が「尊」を号として、筑紫城に居住した。
※「筑紫」=北九州


日本が古の倭国だと言っているけど、あやしいって話でしょ。

その、古の倭国だと言っている日本が、もともと九州にいたと言ってる。
倭国は九州だったんだよ。

297 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:52:54.98
日本書紀から派生した後代史料つかって詐欺ごくろうさま

298 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:53:51.00
鉛丹は加工物だよ。
だから丹(仙薬扱い)

299 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:54:24.04
古の倭国ですよと言ってる日本が、なんで昔は九州にいましたと言うんだろうね。

古の倭国が九州にあったからだろう。

300 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:55:12.90
辰砂は水銀朱で舶来品が持ち込まれていた
国産の水銀朱は舶来の水銀朱よりも低価値と評価されていた時期があった
早い時期の水銀朱は舶来品で那國近傍では古墳期になっても舶来品使用が勝る
国産水銀朱は舶来品の持ち込みに端を発し、丹波での鉱山開発が先行したっぽい
http://kamnavi.jp/ny/kouzou.gif
国産水銀朱は奈良盆地に創設された新王朝にとってはおいしい資産で早い時期から流通ルートにのせられたっぽい

301 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 11:58:37.04
>>299
大和朝廷が九州から東征したのは嘘で、倭国が九州にあったのは本当ってこと?

302 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:01:51.14
日本なんて、全国に広まったのはいつ?蝦夷征伐って何?

303 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:02:51.54
>>301
東征が本当か嘘かは関係ないよ。

大和朝廷が、昔の倭国ですよと主張する(これも嘘か本当かは関係ない)。
昔は九州にいましたと主張するのはなぜか?

倭国が九州だったから。

304 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:03:31.55
丹波という名前も元々おそらく由来は丹だからな。
古くは丹波ルートが流通経路だった事が判る。
またお水取りの意味も、東大寺の二月堂の井戸が
若狭とは地下で水路が繋がっているという例えも、
モモソが丹波や籠神社の伝承で語り継がれていた理由も判る。

305 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:07:22.94
>>299
どちらにせよ邪馬台国が九州にあったとは一言も書いてないけどな。

306 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:10:54.95
畿内説には説明できない弱点が多いのですが、
その中でも以下の3点は決定的です。

・邪馬台国のライバル国である南の狗奴国の説明
・東の海を渡った所にさらに倭種の国
・邪馬台国に属する国は30ヶ国

畿内説邪馬台国は畿内から九州までを含む全域を支配しているのに、
そのような大国に対抗できるライバル国が存在するのでしょうか。
また、東の海を渡るとはどこの海を指しているのでしょうか。
さらに、伊都国、奴国、不弥国と現代の市町村レベルサイズで
既に5-6ヶ国の記載があるのに、西日本全体で30ヶ国を想定するのは無理です。

それが九州説であれば、狗奴国は熊本の事、
東の海を渡るとは当然、豊後水道でさらに倭種の国は四国、中国。
邪馬台国が福岡県サイズとすれば、30ヶ国の数は適正。(現代の自治体数)
全てが違和感なくすっきり説明できます。

何より、当時の中国人・日本人が東も南も分からない愚か者の集まり
とするならば、そのような質の低い当時の日本人が、すでに3世紀に
西日本全域を支配している国家を形成していたと信じる方が支離滅裂なことだと思います。

307 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:12:42.57
丹摩那
玉  那
多婆那
投馬國
たま
丹摩→丹波/丹後/但馬

308 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:12:43.73
>>305
倭国が九州でなかったら、昔の倭国ですと主張する人が、昔は九州にいましたと言うわけないだろ。

倭国が畿内なのに、昔の倭国ですと主張する人が、昔は九州にいましたと言ったらバカ過ぎ。

309 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:18:05.05
印象論でしかないな

310 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:18:35.01
>>299
詐偽ごくろう

ただ日本書紀の神武東征まわりを中国語訳しただけの史料なのに

311 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:20:23.36
大和朝廷って、俺たちは倭国の末裔と言いながら、倭国があったところと違う場所を旧領というような
馬鹿なの?

そんなわけないだろ。
倭国が九州だったから、もともと九州にいたと言ってるんだろ。

312 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:21:40.46
>>301
ヤマトが勃興する前の弥生中期、中国からは
伊都国が日本の代表と認識されていた
というだけの話

313 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:32:22.75
>>308
アホ、倭国=邪馬台国ではないぞw
女王がいたのは女王国。
それに魏史倭人伝であって倭国伝ではないからな。
女王が都にしたのが邪馬台国だという話。

その女王が鬼道使いなら宗教、祭祀的な場所から
宮の場所を求めるのは当然の事だ。

314 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:32:44.79
じゃ倭国は南九州であって北九州ではないな

315 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:34:10.66
北部九州に女性祭祀王がいた形跡も伝承もないからな。

316 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:37:40.87
>>311
はやい話が、紀元前後あたりの中国は北部九州のことくらいしか知らなかったし
別にそれで問題もないということだな
統一なんてされていなかったから

中国側も、なんとか光武帝が生きているうちに、東夷の王の朝貢を受けたと自己宣伝した王莽よりグレートであるということを天下に示したかったから、光武帝死去直前になんとか間に合わせで、遥か東夷の未知の国から朝貢があったと宣伝できた
倭奴国の朝貢の実態はこんなものなのだ
中国側から金と太鼓で誘致した朝貢だというのが実態だろう
もっと露骨なのは安帝時朝貢で、これも外戚や宦官の横行で衰退した漢朝を盛り立てる政治ショーだった

実際に奴国や伊都国が倭人の代表的存在であったかどうかは別の話で、まあ実際それに近い実態ではあったけれど、あまり深い意味は無い
彼らのレガシーはそっくりヤマトがいただいたわけだから

その、いただいたのが魏に朝貢した時点のヤマトだったということ
畿内に有った、邪馬台国から卑弥呼が初めて取りまとめた統一的な倭国である
(「統一」ではなく、あくまでも「統一的」である)

これが、考古学からわかる古代日本の姿

317 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:37:45.06
結局三輪山の主、大物主と神婚した祭祀巫女王のモモソが
卑弥呼に近い存在になる。
しかも丹山もすぐ横に大古墳もある。

これで異論があるならそれ以上の材料を出さないと無理だよ。

318 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:38:23.27
-----------------------------------------------------
南至【邪馬壹國女王】之所【都】 = 【女王國】
-----------------------------------------------------
   【邪馬壹國】可七萬餘戸
      【奴國】有二萬餘戸
   (【邪馬壹國】+【奴國】 〆て可九萬餘戸)
----------------------------------------------------- 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


319 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:50:04.75
東遷厨つぎつぎ身バレでボロボロやな

320 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:54:12.83
>>1

畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

なので、畿内は倭国ではありません。

321 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:58:57.24
@以【朱丹】塗其身體 如中國用【粉】也 → (以【丹朱】坋身 如中國之用【粉】也 『後漢書』)
A其山有【丹】 『三國志』 → (其山有【丹土】 『後漢書』)と改定
B銅鏡百枚 眞珠【鉛丹】各五十斤    → (なし 『後漢書』)
C緜衣 帛布 【丹木】 犬付 短弓矢    → (なし 『後漢書』)

B明帝から銅鏡と眞珠と鉛丹(鉛白)(白粉)を貰った
C掖邪狗が献上したのは【丹木】でしょう国産【水銀朱】でもいいけど
@【朱丹】が水銀朱に限定されるかどうかは不明
A其山有【丹】は『後漢書』の勝手な理解では【丹土】で、その記述を改定

『三國志』の記述に拘わらず、舶載【水銀朱】は広範囲に分布
『三國志』の記述に拘わらず、丹波では【水銀朱】の生産があったようだ
(赤坂今井墳丘墓のが 国産【水銀朱】)
(大風呂南一号墓のが 舶載【水銀朱】)

A其(倭地)山有【丹】
倭地∋投馬國∋丹波 なら 倭地で【水銀朱】が産してもおk

322 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 12:59:10.42
断言するけど、畿内説は、日本列島における支配者は皇統以外あり得ないという信仰
が生み出した幻想だよ。

323 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 13:03:25.06
>>320
根拠もないのに
どうやって確定させたの?



wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

324 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 13:05:02.81
>>322
いまどき
 日本列島における支配者は皇統以外あり得ないという信仰
なんて持ってるのは

    東遷説だけ



超墓穴で藁藁藁

325 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 13:11:34.75
東遷説は
崇神即位が西暦何年とか
どうやって決めたの?

日本列島における支配者は皇統以外あり得ないという信仰

だよな

326 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 13:23:04.66
>>323

畿内に、卑弥呼時代の採掘実証どこにあるの?  

327 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 13:35:59.96
中国王朝の史書の成立期がわかってないででたらめを言うやつが多いな。

後漢書は三国志魏志倭人伝より150年も後になってようやっと書かれたもの。
つまり三国志とそれ以降の知見が前提なんだよ。

328 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 13:50:28.08
>>326
縄文時代に伊勢多気、大和宇陀に実績あり
古墳初期に両鉱床の利用実績あり
ゆえに卑弥呼時代に採掘実績があった

大和天神山、桜井茶臼山、黒塚古墳の水銀朱はpb同位体の分析によって大和水銀鉱床もしくは丹生鉱床と確定
徳島水井産ではないことが判明した

上記3古墳及やホケノ山を含む初期古墳出土の水銀朱のσ34S値は丹生と宇陀や水井の中間値を示す

以上から、上記3古墳出土の水銀朱は
1)ともに初瀬街道ルートで大和に搬入された丹生産+宇陀産の混合
2)隣接地である丹生と宇陀の中間地区で採掘された
のいづれかと推認される

ホケノ山出土の水銀朱はMg含有量の特徴から大和天神山と同じグループと判定
以上からホケノ出土朱は1)2)何れかである
ところがAs含有量から判断して、丹生産を含まない
ゆえに2)である
丹生産、宇陀産、いづれにせよ畿内産である

ホケノ山築造は卑弥呼生前に編年されるので
畿内に卑弥呼時代の水銀朱採掘実績があった

329 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 13:51:17.85
>>327
それは誰?

330 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:01:16.96
27 名前:日本@名無史さん :2015/03/19(木) 18:56:29.55

邪馬台国は宮崎県にあった。

謎が解けたよ。

宮崎を日向と名付けたのは景行天皇で、神武東征の時には、宮崎は日向では
なかった。
つまり、天孫降臨の地は宮崎ではなく、後から宮崎を日向と偽称させた。

なぜか?

邪馬台国は大和朝廷に滅ぼされた土蜘蛛であったが、これを明らかにすることは
できなかった。
なぜなら、邪馬台国は魏の冊封国であり、これを滅ぼしたとしたら、中華帝国
への反乱ということになってしまうからだ。
そこで、大和朝廷は、卑弥呼と台与の事績を神功皇后一人の記とするなどの
混乱を見せつつ、これらが皇統であるかのような偽装を行った。
神功皇后は、日本が倭国であるかのような偽装を行うための架空の人物であり、
だこらそれは女性である必要があった。

そして、もう一つの偽装が、宮崎を日向の呼び、天孫降臨の地であるかのように
詐称したことだ。
なぜ宮崎だったのか。
それは、宮崎が邪馬台国だったからだ。

卑弥呼や台与が神功皇后であったかのように記述したのと同様、邪馬台国
を天孫降臨の地であるかのように詐称させることで、大和朝廷が邪馬台国
を滅ぼしておらず、むしろ正統な後継者であるかのようにする偽装が完成した。

このように、宮崎を天孫降臨の地であるかのように詐称したのは意味が
あり、そこが邪馬台国であったからだ。

331 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:08:52.71
根拠ねぇ

332 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:09:11.31
日本書紀は奈良で建国したと書いていて、東遷したとは一言も書いてない

333 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:15:40.03
正統の王位継承者である香坂・忍熊両王子を近江に追い落として殺した簒奪者帝王ホムタワケを正当化するために創作されたのが神武東征だという説が有力

334 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:21:39.00
お前の中だけでな

335 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:39:20.36
九州にいた倭国の末裔ですと言って、中国に信じてもらえなかったのが大和朝廷。

336 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:44:58.41
>>335
お前の中の説か

337 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:47:26.13
>>という説が有力

すくなくとも歴史学や考古学じゃそんなことはないが、
どこの世界で有力なんだよ。

歴史板でこのレベルとは・・・。

338 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:48:46.25
記紀を信用してないのか畿内説
はなから信用して疑わないのが東遷説

話がぜんぜん通じない




339 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:50:05.43
>>337
じゃ、何が有力?

340 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:52:15.37
倭国の男女は刺青をし、倭国には阿蘇山がある。
これは大和朝廷以前の原住民、土蜘蛛、蝦夷の類だ。

男女の多くが臂(肩から手首まで)、顔、全身に刺青をし、水に潜って魚を捕る。文字はなく、
ただ木に刻みをいれ、繩を結んで(通信)する。仏法を敬い、百済で仏教の経典を求めて得、
初めて文字を有した。卜筮を知り、最も巫覡(ふげき=男女の巫者)を信じている。

阿蘇山があり、そこの石は故無く火柱を昇らせ天に接し、俗人はこれを異となし、因って祭祀
を執り行う。如意宝珠があり、その色は青く、雞卵のような大きさで、夜には光り、魚の眼の
精霊だという。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun9-zuisho.htm

341 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 14:59:24.69
応神も実在じゃない説

342 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:01:18.58
東遷説は他人と会話できないヒキニト体質

343 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:08:17.56
紀元前660年に神武天皇が南九州から奈良に移動して建国したんだから
3世紀の大和国(中国表記=邪馬台国)は日本書紀を信用したら畿内になる
奈良で建国して始まってるんだから東遷は有り得ない話

344 :粟国(あわのくに):2016/01/15(金) 15:19:38.76
>>328
あなたはデータを全く示していない デタラメと言われても仕方がないですよ

ホケノ山古墳、大和天神山古墳、中山大塚古墳から検出された水銀朱は徳島県水井鉱山産鉱石である可能性が非常に高い。

http://syoki-kaimei.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301867668-1
>ホケノ山古墳は-5.4、大和天神山古墳は-6.1、中山大塚古墳は-5.2である。三重県丹生鉱山が-8.88±2.69、
>奈良県宇陀の大和水銀鉱山が-3.13±3.47で、ホケノ山・大和天神山・中山大塚古墳の値は両者の中間である。
>大和王権時代の朱は、三重県伊勢と奈良県宇陀の両方の朱が使われていたのかも知れない。

両方の朱が使われていたのではなく、徳島県水井鉱山産の朱を使っていたのであろう。

http://goutara.blogspot.jp/2012/12/blog-post_3.html
>徳島県水井鉱山産鉱石は-4.56±3.86%を示している。

因みに、鳴門市の天河別神社古墳群1号墳は-5.83%
同じく鳴門市の宝鐘寺古墳-6.15%

345 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:25:28.73
あの天子というのは何者なの

大陸(天子)

高句麗 百済 新羅 倭国からの使いというやつだよ

346 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:32:24.44
水銀を千年議論しても、水銀が邪馬台国の場所を示さないから無意味。

347 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:35:21.96
畿内説には説明できない弱点が多いのですが、
その中でも以下の3点は決定的です。

・邪馬台国のライバル国である南の狗奴国の説明
・東の海を渡った所にさらに倭種の国
・邪馬台国に属する国は30ヶ国

畿内説邪馬台国は畿内から九州までを含む全域を支配しているのに、
そのような大国に対抗できるライバル国が存在するのでしょうか。
また、東の海を渡るとはどこの海を指しているのでしょうか。
さらに、伊都国、奴国、不弥国と現代の市町村レベルサイズで
既に5-6ヶ国の記載があるのに、西日本全体で30ヶ国を想定するのは無理です。

それが九州説であれば、狗奴国は熊本の事、
東の海を渡るとは当然、豊後水道でさらに倭種の国は四国、中国。
邪馬台国が福岡県サイズとすれば、30ヶ国の数は適正。(現代の自治体数)
全てが違和感なくすっきり説明できます。

何より、当時の中国人・日本人が東も南も分からない愚か者の集まり
とするならば、そのような質の低い当時の日本人が、すでに3世紀に
西日本全域を支配している国家を形成していたと信じる方が支離滅裂なことだと思います。

348 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:36:07.99
他国の神話みたいなんだよな
反乱を起こし、攻め入って来た。

349 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:38:17.19
>>346

畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

なので、畿内は倭国ではありません。

350 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:40:30.13
卑弥呼の墓は、西都原だろうな。

この配置は異常だ。
http://www.gurunet-miyazaki.com/kankouti/saitobarumain/kofun/kofunsaito.htm

女狭穂塚は、本当は3世紀末から4世紀初頭で、卑弥呼の墓。
男狭穂塚は5世紀で、卑弥呼の墓を陵辱するために大和朝廷が
築造させた古墳だと思う。

351 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:43:02.55
>>344
概略を述べた相手に、数字が書いてないからデタラメだって難癖こそが、デタラメそのものでは?

352 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:43:24.66
反乱というか大陸(天子)に侵攻という話
何度もあったでしょ

詳しい人に聞いたほうが良い

353 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:45:15.45
「水銀・その技術と産地」
http://www2.odn.ne.jp/~nov.hechima/syu.html

日本列島で その丹を産する地は 右図に示したように 九州の熊本県から
大分県を通って四国につながり 紀伊半島を横断して 伊勢湾を通り長野県
行き フォッサマグナ(日本列島断層帯)の下を通り茨城県へ走っている
中央構造線に沿う形で出現している。

http://homepage2.nifty.com/amanokuni/sozai/cut-niu.gif
http://homepage2.nifty.com/amanokuni/hani.htm

354 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:46:50.36
>>346
九州じゃないことは示してるから意味があるな

355 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:52:53.86
>>344
古墳からでた朱がどれも徳島県水井より低い数値なのに、それでも徳島産だと言い張るところが、とても詐欺っぽい

356 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:53:41.96
九州は発掘事業が少ないんだよね。
肝心の西都原は発掘禁止だし。

357 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 15:56:42.42
>>356
誰が禁止きたの?

358 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:00:59.55
漢代から隋代までの正史によれば、倭・俀は「山島」と明記されているので、倭・俀とは、明確に島であると認識されていた九州の他にはない。

『後漢書』「卷八十五 東夷列傳第七十五 倭人」 「倭在韓東南大 海中依山島為居 凡百餘國」

三国志『魏書』巻三〇「烏丸鮮卑東夷伝 倭人の条」 「倭人在帶方東南大海之中 依山島爲國邑 舊百餘國 漢時有朝見者 今使譯所通三十國」

『晋書』四夷傳(東夷条) 「倭人在帶方東南大海中 依山島爲國」

『隋書』「卷八十一 列傳第四十六 東夷 俀國」[11] 「倭國在百濟新羅東南 水陸三千里 於大海之中依山島而居」

359 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 16:07:20.61
畿内のバカどもがまだ暴れてるのか(笑)

畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。
硫化水銀=赤 であるがゆえ、丹が硫化水銀なら 朱 の説明がつかない。
畿内説や四国説の専売特許、捏造歪曲を駆使したお得意のご都合解釈である。



こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

360 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:07:55.09
>>339
学会の有力としてはそもそも神武東征は史実と考えられていない。
というか、333の言う「有力」とはどこでのことを指すのか。

361 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:07:58.82
>>343
データ示したのはいいが、徳島水井鉱山の数値で何一つ説明できなかったな泡中
おまけに鉛同位体の調査で否定されてたら、徳島説は挫折だな

362 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 16:09:46.81
都合のよい解釈でガタガタ抜かすな。
キチガイ畿内説バカどもが。


赤土とは

赤土は先史時代から(つまり人類の歴史が始まった時から)
顔料として使われてきた。
また、粘土質のものは陶器の材料としても使われる。

博多湾沿岸に都した倭国はユーラシア大陸でも端のそのまた端っこ。
文化の伝達は多少遅れる。
戦に強いかはまたべつ。
原始的な武器しかないこの時代は勝敗にはハートが大きく左右するからな。
鉄や三種の神器を使う筑紫博多湾沿岸倭国と
巨大銅鐸で対抗する今の畿内厨ともかぶるアホ畿内との実力差は大きいがな。

博多湾沿岸の倭国の都、当時の邪馬台国の倭人は
顔料として山で採れる赤土や中国産の硫化水銀を使っていたのだよ。

畿内説や四国説がいくら捏造歪曲して都合よく解釈しようが無駄なのだよ。
必死に捻じ曲げて解釈するな
我、筑紫倭皇帝に対抗する必死なゴミどもよ。

私の知識と知能はさすがであるな。

363 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:10:36.23
>>360
史実でないとする説の一角だから、学界で有力なんでしょ

364 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:11:51.27
学界そのものが腐ってるってそれ一番言われてるから

365 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 16:12:01.67
これが正解なのだよ。
時代は後から私についてくる。


ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

366 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:14:53.01
他力本願もいいとこだな

筑紫

367 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:16:03.04
筑紫の主張って筑紫の中だけで通用する話だし認められることは一生無いよ

368 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:17:05.44
>>364
いくら陰で悪口言っても
トンデモ説は正当化できない

369 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:17:17.68
だから匿名掲示板で喚くことしか出来ないんだろ察してさしあげろ

370 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:19:31.48
>>347
そもそも倭人伝は九州説にしろ畿内説にしろ方角や距離など「何かが」間違ってるのだから
「こういう記述と矛盾している」は反論にならない。

>>邪馬台国のライバル国である南の狗奴国の説明
考古学的には濃尾平野から静岡にかけての前方後方墳群などが有力。


>>東の海を渡った所にさらに倭種の国
この下りは侏儒國、裸國、黒歯國など伝説上の国々と思しき名前が並ぶことから
そもそも信憑性が疑われている。


>>邪馬台国に属する国は30ヶ国

中世ですら、福島県、宮城県、岩手県、青森県、秋田県にまたがる地域を「陸奥国」と称していた一方で
安房や隠岐島ひとつも国にカウントされていたくらいで、面積はさまざま。
出雲や吉備などの大勢力があったであろう山陰や同程度以上の規模である邪馬台国が
必ずしも奴国と同じ面積である必然性はない。


問題は、これら全部が「畿内説では説明できない」どころか
「既に説明されている」ことばかりなこと。

371 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:20:11.89
中国マネーがパトロンになっている戦後の歪んだ史観で彩られた学界がいくら喚こうが、
正史としての日本書紀の地位は揺るがず日本政府はこれを継承し、国際的にも認められてギネスにも認定されてる皇紀2676年は覆らない

372 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:22:25.88
>>364
その手の反論は陰謀論と同じで反論にならんよ。
小保方ちゃんがああだから、科学が信用できないと言うのと同じ。

373 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:23:44.59
日本書紀が「偽」という前提で進められてきた70年間のボーナスステージは既に終了したので
それまでの史学界の権益も終了

374 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:28:17.16
敗戦国の歴史をいじくって遊んで金を貰う仕事は終了

375 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:29:32.11
土蜘蛛紀行 筑後編
其之壱、山門─イ、蜘蛛塚 八束脛門へ戻る
http://jyashin.net/evilshrine/gods/tsuchigumo_shrine/tsuchigumo_trip_chikugo_0101.html

大山田女:日本書紀によると、神功皇后が、かつて「山門(やまと)」と呼ばれた
この地の土蜘蛛・田油津媛(タブラツヒメ)を討ったとのことです。また、その兄
である夏羽(ナツハ)が軍勢を従えてやって来たのですが、妹が討たれたと知り、
逃げ去りました。こちらに詳しく書いてあります。
http://jyashin.net/evilshrine/gods/tsuchigumo_shrine/tsuchigumo_ancient_01.html#7

376 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:29:56.93
ホントに超時空要塞だよな〜

機織り 七夕の話

377 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 16:32:17.34
>>367
当たり前。
邪馬台国や倭奴国や天孫族の故郷、倭国の都は

博多湾沿岸の博多だけの話だ。

畿内の銅鐸バカのところまで話を広げるからおかしな解釈になるのだよ。

すべてが筑紫博多湾沿岸部の話さ。

もうあきらめろ、キイガイバカ畿内説どもが。

「伊都は筑紫にあり日向国という。伊都以東は倭国に属す。伊都は神武天皇の故郷なり。」

「倭国の南東は安羅に属す。北に阿蘇山がある。」

「日本は伊国(本州銅鐸国)にあり伊勢という。倭国の隣にある。」


つまり、様々東アジアの文献をまとめると、

倭国の都は博多湾沿岸の博多にある。
その東は倭国の属国である。←後に大和が中国に日本は元々倭国ですと名乗り出る。
倭国の東南南九州は7世紀まで独立国である熊襲である。
熊襲国は南九州とつながり、朝鮮民族の母である。

私が昔っから言ってきた勢力圏と全く一緒。
さすがは私の知能と知識である。
関西とかは倭国の属国で存在すら薄いバカ。
これが現実なのだよ。

いい加減あきらめろキチガイ畿内説どもが。

378 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:37:04.33
>>373
戦後70年の私観学匪論文はいったん現場から廃棄すべきですな。
考古学成果の羅列だけは置いといて。
占領軍のお目目に適わない学者は放逐されて客観性が失われていた。

379 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:44:54.04
>>377
偽書を使った時点で、もう相手にされてないのがトンデモ竹輪

380 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:46:36.82
tap'a-na     【多婆那國王】娶【女國王女】爲妻(1C)
多婆-那     【多婆那國】  在【倭國】【東北一千里】(1C)
                   【女王國】【東渡海千餘里】復有【國】(3C)

多婆那 阿那 穴 玉那 3世紀で投馬 復有國 女王境界に接す
              1世紀の王墓とおもわれるものが地蔵堂遺跡

381 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:47:54.75
間違った知識と非論理的空想で捏ね上げて出来た塑像
それが東遷説

382 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 16:48:37.07
【5月5日 AFP】日本語の方言の多くは約2200年前に朝鮮半島から移住してきた農民たちに由来する
「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」

もう1つの説は、紀元前200年ごろの朝鮮半島からの人の大量流入が日本の先住文化に非常に大きな影響を及ぼしたとするもので、
先住民が大規模な移住を余儀なくされ、彼らの話していた言語もほとんどが置き換えられたと考える。最近の考古学上およびDNAの証拠は、
いずれもこちらの説が有力であることを示している。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2798334/7175562

383 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 17:05:43.28
>>378
まったくもってその通り

384 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 17:14:01.20
邪馬台国と関係ないけどな

385 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 17:55:08.56
奈良時代ごろ、飛鳥地方の住民の80%〜90%が朝鮮人であったことは、「続日本紀」「姓氏録」に書かれており、「飛鳥は日本人の心のふるさとだと言っているが、

そこに住んでいたのは朝鮮人であった。」と井上光貞・山本健吉は述べている。また、司馬遼太郎・上田正昭・金達寿の対談集によれば「飛鳥は朝鮮文化をぬきには

語れない」と語り、「飛鳥における政治の実権は蘇我氏<朝鮮人>の掌中にあった。このころの天皇とは蘇我氏のことである。」と亀井勝一郎氏は述べている。

「飛鳥の朝廷を調べると、いたるところに百済人だらけである。常識的に言って、百済語が公用語だったとしか考えられない。」と佐々克明は述べている。

386 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 17:59:51.97
孝霊厨さんが書き込んでから一気に加速した印象だな。

ちくわはそれが悔しいんだろうなww

387 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:00:04.01
日本書紀は、仮名手本忠臣蔵と同等かそれ以下ぐらいの書物と考えるべし

388 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:09:56.06
朝鮮人朝廷と

邪馬台国は関係ないから、

記紀は邪馬台国論争に持ち込まないで欲しい。

389 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:10:51.30
>>385
みんな死んだ人なとこで東遷厨のトシがわかるな

390 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:13:47.59
本当に某徳氏の曲だよな

それと宇宙エース

391 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:16:36.84
>>386

自演

392 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:17:10.54
朝廷の出自は朝鮮人であることは確かだと思います。

歴史学者は記紀を歴史書としては見ていません。

参考書物程度と理解してます。

記紀を参考書として、論を展開しても良いと思います。

推論の域は越えられませんが、

393 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:21:04.30
>>385
飛鳥は倭王権が渡来人に与えた土地ではないか
朝廷としては外来文化の実験場として認めていた可能性がある

394 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:24:01.43
畿内説の弱点は、邪馬台国と朝廷との繋がりが曖昧なところです。
どなたかが書き込まれたように、畿内の倭人を朝鮮人朝廷が制覇し、
邪馬台国を歴史上から抹殺した推論は少し納得感があります。

395 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:29:12.54
>>394
畿内説のやつらが、それを認めない。

396 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:32:42.02
っていうか、>>394って邪馬台国がどこに在ったかと無関係だから

397 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:34:05.21
畿内説では、邪馬台国=大和国で
ヤマト朝廷だろう。
卑弥呼=媛命=モモソ媛命。

398 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:38:09.60
そんな昔から朝廷とか無いから

399 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:39:55.54
中国の倭人伝が示す倭国 > 日本の古代史のキーポイント >
日本人の遺伝子分布とその由来
http://www.max.hi-ho.ne.jp/sundaymorning10/16acindex.html

天皇家のY遺伝子(父方で伝わる遺伝子)
Y染色体ハプログループD1b1a2系統(Yap+) 
http://famousdna.wiki.fc2.com/

400 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:47:25.22
朝廷を朝鮮人にしたいやつがいるようだな?

401 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:49:35.49
倭国の男女は刺青をし、倭国には阿蘇山がある。
これは大和朝廷以前の原住民、土蜘蛛、蝦夷の類だよ。

男女の多くが臂(肩から手首まで)、顔、全身に刺青をし、水に潜って魚を捕る。文字はなく、
ただ木に刻みをいれ、繩を結んで(通信)する。仏法を敬い、百済で仏教の経典を求めて得、
初めて文字を有した。卜筮を知り、最も巫覡(ふげき=男女の巫者)を信じている。

阿蘇山があり、そこの石は故無く火柱を昇らせ天に接し、俗人はこれを異となし、因って祭祀
を執り行う。如意宝珠があり、その色は青く、雞卵のような大きさで、夜には光り、魚の眼の
精霊だという。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun9-zuisho.htm

402 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:50:14.33
古の朝鮮と今の朝鮮は人種が違う
朝廷に関係あるとしても、朝鮮といってもただの経由地で
元は山東や長江下流域
現代朝鮮人に民族的に近い新羅系は抗争を経て排除された

403 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:52:58.96
>>397
それヤバイよね
4世紀前半から、どれだけ早くても3世紀末と言われていた
前方後円墳を
卑弥呼の死期に合わせて3世紀中ごろにずらしちゃった
もし台与の墓だったらどうすんだろうね

404 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:54:49.79
「アジア人の人類史から見た日本人の二重構造」
http://www.ishikari-c-college.com/topics/2013/10/10-7.html
2重構造を調べていくと、地域によっていろいろ意外な特徴があることがわかる。

北海道・東北・沖縄の人達は当然、縄文人の特色が出ます。また西日本の人達は
渡来弥生人の特色が出るのは当然ですが、京都を中心に近畿地方の人達は平均的
な日本人のデーターと全く違う数値を示します。
100%渡来弥生人の特徴を一段と示すそうです。
京都中心とする近畿地方では渡来人の文化圏を作り混血が進まなかったと思われ
ます。

梅原猛・埴原和郎 著 「アイヌは原日本人か」

http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/1-thumb.jpg
近畿の人と朝鮮人が非常に近いことが目立つ

(1)アイヌは北方に住んでいても「寒冷地適応」を受けていない。
(2)朝鮮半島から渡来した弥生人たちは北方的要素をもっている。
(3)近畿人が朝鮮人に近いということは、近畿地方の人々は弥生人の混血の影響を相当に受けていると想像される。

私どもが行った現代日本人頭骨の分析から見ても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で『特殊な日本人』ともいえる
(埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授)
畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属している
(池田次郎・京都大学名誉教授)
大阪を中心とする近畿地方の人たちは、百済地方の人たちと匹敵するほど頭の形が丸い
(欠田早苗・兵庫医科大学名誉教授)

405 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:55:49.37
>>403
>もし台与の墓だったらどうすんだろうね

3世紀前半にすればいいだけ

406 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:57:11.38
>>畿内説の弱点は、邪馬台国と朝廷との繋がりが曖昧なところです

弱点は弱点はと連呼してる人がいるけど、大抵着ない説からすでに反論されたことか、学会で争点にもなってないことを弱点扱いするなよ。

白石太一郎が「半ば宗教のようになってる部分もある」と批判したのはこういうことだろうよ

407 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:57:26.94
>>400

君、もう少し勉強したら。

408 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 18:59:14.80
>>400
ここ50年間行われてきた朝鮮人による侵略に正統性を持たせたいだけだろ

409 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:01:44.13
学者も金がないと食えないからな〜
いくらでこんな論文書いてって依頼がたくさんあったよな〜

410 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:02:25.95
タブータブー、
宮内庁に入りたくて歴史を学んでいる人は多いのだから。
天皇が朝鮮人といった時点で採用されない。
無駄な金、宮内庁につぎ込んでるし、宮内庁が日本の歴史を歪めてる悪。

411 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:04:33.85
>>405
だよな、無問題

412 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:07:42.36
>>411

あほ 釣られやがって あほ畿内厨

413 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:09:14.13
>>404
そんなもん、貼り付けたところで意味ないぞ。

これまで日本の考古学者は、自分たちの縄張りを犯されたくないので
理系分野の考古学への介入を嫌がって、科学的な手法を拒否してきた。
それでも、近年、少しづつ科学的な手法を導入しつつある。

その中で、ヒトの遺伝子の研究も考古学の分野へに反映させようとしてきたけど
その場合、分析が簡単なミトコンドリアDNA(母方)からの分析が先だった。

しかしながら、考古学や歴史学や言語学の解明をしようとした場合
母方で伝わるミトコンドリアDNAよりも、
父方で伝わるY染色体の分析のほうが、より
歴史や考古学に反映されやすいと言われている。

だから、近年、欧米では徐々にY染色体の研究のほうに比重が移りつつあるけど
日本の考古学は遅れている状態。

414 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:12:13.96
>>407
さぞかし凄く勉強しているであろうあなたにお尋ねします
一番最近読んだ学術書もしくは論文のタイトルを教えてください

415 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:13:50.77
とあるアジア板を見ていたとき、
このような書き込みばかりだったけど

・足利氏の時代
・足利、日本国王

足利と言うのは?

416 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:14:24.23
>>413
年輪年代法も、一人に責任押しつけるんじゃなくて、
もっと科学的に吟味して成熟させてほしいよね。
欧米では複数の研究機関によって年輪が吟味されて、2000年以上先まで
年単位で決定できる指標に成熟している。
年輪年代法は貴重な分野なのに、
日本は未完成のまま良いとこ取りしてると、万一問題が起きた時に、
方法そのものが否定されてしまう危険性がある。
そうなると損失が大きい

417 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:23:07.05
宮内庁って、独立行政法人でいいと思う。

418 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:24:28.97
>>416
年輪年代法とかも、なかなか考古学者は認めなかったんだよ。
なぜかというと、これら理系分野は自分たちの専門外で
自分たちに調べる手立てなんてないわけだから。
もし、そんな理系分野の介入を認めてしまうと、自分たちは
土ほり専門の無能な学者グループになってしまうから。

いま、国際的に進められているY染色体系統樹の研究って
上の年輪年代どころじゃないことが分かる可能性ある。
なぜなら、歴史の主人公である人の遺伝子を調べる研究だから。
ここで重要なのは、母方が分かるミトコンドリアDNAではなく
父方で伝わるY染色体のほう。

419 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:27:15.98
考古学のことについてほとんど知らないことがまるわかり

420 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:32:37.38
学会実態、研究費や助成金もらってるから、
天皇の出自は渡来人と言えないだろ。

421 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:33:22.15
結局年輪年代もどこかがサンプル採取の段階からやって
それを突き合わせにゃ全幅の信頼があるものにならんてことかな?

九州なり関東なりでやるところ出てこないのかねえ・・・
(九州は雀居等で数字出てるし問題ないはず北海道は植生が違うらしく無理っぽいらしいが)

422 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:36:47.38
アイヌと九州人の姿顔等似てる。純粋な倭人だろかな?

423 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:37:48.04
天皇家の遺伝子を調べるのは別に簡単な話。
菊のカーテン批判は、反皇国史観からのレトリックに過ぎない。

天皇家は長年の間、日本の国家元首であり、そこから多くの
派生氏族が誕生した。
つまり、民間に大量の天皇のY遺伝子保有者が存在しているわけ。
彼らを大量に調べていけば、直ぐに分かる話なんだよ。

その結果が、これ
http://famousdna.wiki.fc2.com/

424 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:41:37.12
>>403
それ、東遷厨の作り話だからぜんぜんやばくない

425 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:43:48.58
朝廷に逆らった倭人は北へ北へと逃れた。
天皇が倭人じゃないのは確かだ。渡来人が創った日本。その長が天皇。

426 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:45:36.15
>>424
やばくないよな 3世紀前半にすればいいだけ

427 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:45:58.56
>>414
蝦夷征伐ぐらい解説したら

428 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:51:09.24
蝦夷征伐
仁徳天皇の55年に田道将軍を派遣して敗れているだって・・・・
邪馬台国はどこへ行ったやら・・・・・・畿内説の限界

429 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:54:27.34
卑弥呼の時代、天皇は誰だったっけ?

430 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:54:39.30
おいらは年輪年代は正しいと思ってるのだが、
追試が出来ないと批判するやつも多いけど。

でも名古屋大の中塚教授の手法で追試は可能だろうな。

431 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:55:53.51
>>429
神武だろうね

432 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:56:56.29
もういいのでは。朝廷は渡来人は確定してる。

433 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:57:30.87
>>428
おいおい…皇軍弱いな

434 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 19:57:47.07
日本書紀を歴史書と言うバカがいるからこうなったの?

435 :孝霊厨:2016/01/15(金) 19:59:36.59
論争で負けたからといって的外れな天皇家批判は見苦しいな。

百済と関係が深く、しかも半島南部は元々倭人の国なのだから
人的交流もあり血統的に別に問題はない話だろう。

436 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:02:14.59
>>430
年代を使用するには、
・年代そのものが正しいかどうかの検証
がまず必要で、
そこで伐採年代が正しいという科学的確証が得られたら、
・それが遺物の年代にどう関係するのか、の検証
が次に必要となる

437 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:03:23.01
邪馬台国の時代に朝鮮半島南部は倭人だらけであり、
朝鮮半島を統一した新羅もかつては倭人の王統が続いていた。

では朝鮮民族が発生したのはいつかというと、古く見積もっても
670年の新羅による朝鮮半島統一以降であって、それ以前に
朝鮮民族やら朝鮮人というのは存在しない。

それ以前にいた民族は、エベンキ族やらワイ族であって、
かれらは文化的民族ではなく、原始的民族である。

438 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:06:19.11
>>437
倭人ってもともと朝鮮人だから。

439 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:07:14.70
歴史の中に出てくる書物と言う意味で、記紀は歴史書の定義で問題なし。
仮名手本忠臣蔵、東海道中膝栗毛も歴史書で良い。

440 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:08:05.60
「アジア人の人類史から見た日本人の二重構造」
http://www.ishikari-c-college.com/topics/2013/10/10-7.html
2重構造を調べていくと、地域によっていろいろ意外な特徴があることがわかる。

北海道・東北・沖縄の人達は当然、縄文人の特色が出ます。また西日本の人達は
渡来弥生人の特色が出るのは当然ですが、京都を中心に近畿地方の人達は平均的
な日本人のデーターと全く違う数値を示します。
100%渡来弥生人の特徴を一段と示すそうです。
京都中心とする近畿地方では渡来人の文化圏を作り混血が進まなかったと思われ
ます。

梅原猛・埴原和郎 著 「アイヌは原日本人か」

http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/1-thumb.jpg
近畿の人と朝鮮人が非常に近いことが目立つ

(1)アイヌは北方に住んでいても「寒冷地適応」を受けていない。
(2)朝鮮半島から渡来した弥生人たちは北方的要素をもっている。
(3)近畿人が朝鮮人に近いということは、近畿地方の人々は弥生人の混血の影響を相当に受けていると想像される。

私どもが行った現代日本人頭骨の分析から見ても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で『特殊な日本人』ともいえる
(埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授)
畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属している
(池田次郎・京都大学名誉教授)
大阪を中心とする近畿地方の人たちは、百済地方の人たちと匹敵するほど頭の形が丸い
(欠田早苗・兵庫医科大学名誉教授)

441 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:09:04.53
倭国と百済は関係が薄かったんだよ、当初は。
だから、Y染色体的にみたら、意外に薄い。
実際に記録上も、百済の王侯貴族の9割が中国に亡命、
一部が倭国に亡命したけど、その全部が下級貴族として雇われたので
200年後には貴族階級に殆ど残らず、庶民に転落していった。
だから、百済の王族の末裔だと自称している人も、山奥で農民していただろう?

ちなみに、半島で倭国と関係が深かったのは、弁韓諸国。

442 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:09:06.95
なぜ朝鮮朝鮮と歴史に関わってくるかというと、
朝鮮を通らねば中国にもその先にも行けなかったから。
だから朝鮮半島政策は重要だった。
倭や日本の政府組織はどの勢力が望ましいか考えて、干渉してきた。
それが百済だったということ。
統一新羅になった後も新羅とはさらに険悪になっていって、とうとう通行不可能になった。
遣唐使は中国への直接渡航にならざるをえなくなった。

443 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:10:52.66
『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』溝口優司(国立科学博物館人類研究部長)2011

日本人の成り立ちについての3つの仮説(P173)

縄文人と弥生人の関係については、これまでに大きく分けて3つの仮説が唱えられてきま
した。「置換説」「混血説」「変形説」です。
(中略)
では、今はどうかというと、「置換に近い混血説」が主流です。(中略)
その後、侃々諤々の議論が繰り広げられましたが、今では「大陸から渡来した弥生人が、
もともと日本に住んでいた縄文人と混血しながら広がっていき、かなり置き換わったのに
近い状態になった」と考える人が多いのです。
私が行った、頭蓋の7つの計測項目による多変量の距離分析でも、西日本の古墳時代人は
弥生人に似ているけれども、東日本の古墳時代人は縄文人と弥生人に同程度に似ていると
いう結果が出ています。

444 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:11:17.70
07孝靈 賦斗邇(太爾)は多波那婿君の彡尼今の尹公らしいね

(135)D婆娑十年九月 多波那君薨而無嗣 其妃請奉彡尼今爲夫

445 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:13:28.75
銅鐸文化が駆逐されたってことは
近畿を中心とした原日本人が征服されたことを意味する

では、征服したのは誰?

446 :孝霊厨:2016/01/15(金) 20:13:59.61
邪馬台国と大和朝廷を結び付けるヒントは実は
崇神天皇、ミマキイリヒコにあるんですよ。
これに気がついた人はいるかな?

447 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:14:04.77
歯が語るアイヌの先住性  講師 松村博文(札幌医科大学)
http://www.frpac.or.jp/about/files/sem1721.pdf

人には絶壁頭という頭の短い人と、才槌頭という頭の長い人がいます。
近畿地方を中心として圧倒的に頭の短い人たちが多く、東に行くほど頭が前後に長い人が多くなってくることがわかりました。
大阪大学の小浜基次はもともと頭の長いアイヌ系の人が広く日本に分布していて、朝鮮半島から短頭の人が流入してきたというふうに考えたのです。

比上肢長という体に対する腕の長さの比と足の長さの比をみると、アイヌ、東北人、畿内人の順に長い。
つまり、アイヌの人たちが一番腕や脚が長く、畿内人は一番胴長短足の人たちなのです。
朝鮮半島の人々も畿内人と同じように腕や脚が比較的短いことがわかりました。

男性の髭は北海道と琉球でよく発達しており、近畿地方の人や朝鮮半島の人ではさほどでもありません。

蒙古襞が発達しているのは近畿の人たち朝鮮半島の人々です。
琉球と北海道の人は目がぱっちりしていて、涙腺がまぶたであまり覆われていません。

いろいろ見ていくと、畿内人と朝鮮半島の人々は北方アジア的な寒冷地適応型の体の特徴を持っている。
沖縄とアイヌの人は似ている。それから東北人はアイヌに近い特徴を示す。
といった共通した地域差の傾向がみてとれます。

頭骨の形の地域性は1980年代に埴原和郎が明らかにしています。
やはり畿内の人々は平均的な日本人とは全然違う人たちだということがはっきりしました。
どういうふうに特殊かというと、顔が面長で平たんな顔といった渡来系の弥生人の特徴を濃厚に持っているのです。


図420 横浜市三ツ沢貝塚から出土した頭骨とアイヌ頭骨
http://2.bp.blogspot.com/-mL7QoD2Ihjs/T9vfny4AC8I/AAAAAAAAAFA/jbBsU8mTa2A/s1600/15xweb6.gif

448 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:14:51.22
>>446
お前は病室に戻ってろ。

449 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:16:50.09
元々は、馬韓諸国にあった国の中の一つが、百済の前身の伯済だった。
コノ国名の変更は、ただ単に中国で使われる漢字の音韻が変わったので
それにあわせて、伯済→百済に変更しただけ。

これらのことから、当時の百済の正式な呼び方は、「パクサン」だったことが分かる。
斯蘆→新羅なので、こちらの発音は「シラ」が正解。

450 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:17:02.15
>>441
桓武天皇の妃は?

451 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:17:31.87
>>446
三巻の三輪

452 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:18:36.34
>>450
新羅も百済も属国だったから、属国の王統の娘を娶るのは普通

453 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:19:59.01
>>434
日本の正史ですよ

454 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:23:02.42
>>432
皇統のYDNAはD1b系統だから、確かに3万年以上前に渡来した縄文人の男系男子だわな

455 :孝霊厨:2016/01/15(金) 20:23:23.69
>>451
意味がわかれば、もしかすると茶臼山古墳が本来の墓ではないかと
いう意味が分かりますよ。

456 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:34:05.76
:孝霊厨:
こいつ本当にバカだな。このスレに来るには早すぎる。

457 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:39:24.01
>>452
反省したようだね。

458 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:40:27.81
倭の五王の上奏文でも分かるが
倭国は、百済のことは認めてないわけ。
というのは、倭国としては、馬韓諸国の中の一か国が百済であって
百済が馬韓諸国の大半を支配下に置くことを認めてないわけ。

だから、倭の上奏文でも、百済を馬韓諸国から切り離してみている。
これには、また理由があって、馬韓諸国は多民族国家連合であって
その全体の馬韓王家は、中国系の箕子朝鮮王家の亡命政権だった。
一方、百済(=伯済=パクサン)は高句麗王家と同じ扶余人の王国で
元は馬韓王家の配下にあったが、楽浪郡の解体に乗じて、一気に馬韓諸国の中で
下剋上を果たした王権で、真っ先に中国の冊封に入って認められた。

このことを倭国はよく思ってなかったが、百済が中国との間に冊封体制をしいたので
中国を敵にまわすので、安易に敵にまわせなくなった。

459 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:42:20.52
質問失礼

畿内説の方は、反天皇それとも親天皇ですか。

460 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:43:58.07
>>459
記紀を目の敵にしてるのは確かだね

461 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:46:31.09
記紀の通り、畿内の大和朝廷を中国が邪馬台国と書いただけの話

462 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:47:06.23
モレ(仮)は、どちらでもない

463 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:48:18.28
>>459
愚問。どちらでもない。ただ朝廷と邪馬台国の関係が矛盾だらけの畿内説。
私は、邪馬台国は畿内以外だと思ってます。九州、出雲、四国、伊勢・・よくわからないが
畿内でない事は確かでしょう。t

464 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:49:17.54
新羅の王統記のが倭人の酋長をがっつし取り込んで足し増ししているのと同じで
記紀でも熊襲とか多婆那の酋長を取り込んで天皇にしてしまっているだけだろ

465 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:53:56.89
>>464
興味深い書き込みです。


記紀でも熊襲とか多婆那の酋長を取り込んで天皇にしてしまっているだけだろ。

466 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:54:47.95
桓武天皇に関しては、彼の生母は、あくまでも日本の下級役人の娘。
その9代前の先祖に百済の王がいただけ。
下級役人の娘だったから、桓武の父親の白壁王の側室だった。

ちなみに、桓武天皇の父親の白壁王(後の光仁天皇)は
当時に皇室嫡流だった天武系の皇族とは違い、
落ちぶれていた天智系の皇族であり、
皇位継承の可能性が低い傍系皇族だった。

彼自身は、天智天皇の第7皇子の施基皇子の第6皇子で、皇位継承の可能性
なんてなかったけど、たまたま聖武天皇の皇女と結婚でき、
また、聖武天皇には男子が恵まれず、他の天武系の皇族たちが
皇位継承争いで自滅し粛清されたり、臣籍降下させらたおかげで、
一気に皇位継承のチャンスが巡ってきた。

その結果、白壁王(光仁天皇)は奇跡的に天皇になれたのだが、それだけでは
その息子の桓武天皇に天皇のチャンスはなかった。
なぜなら、彼の生母は下級役人の娘で側室だったから。
しかし、彼の異母兄弟で正室の子供が失脚したおかげで、
これまた、奇跡的に桓武に皇位が巡ってきた。

467 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:55:22.04
-----------------------------------------------------
(102)【B儒理】三十四年  →【C脱解】本多婆那國所生也 其國在倭國東北一千里
(135)【D婆娑】  十年九月→多波那君薨而無嗣 其妃請奉【彡尼今】(尹公)爲夫
(188)【E祗摩】三十年十月→上聞【F彡尼今】(逸聖)自立爲天子 發怒不食
(216)【G阿達羅】四年四月→多婆那以迎烏郎為君
----------------------------------------------------- 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


468 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:56:02.27
桜井茶臼山って副葬品が「ザ・九州」なのだが

469 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:58:30.93
桜井茶臼山方形壇出土鏡
●三角縁獣文帯三神三獣鏡 天王日月 220φ
  同型 御座1号 苅田石塚 天神森 原口
      大分赤塚 三重筒野 滋賀岡山 椿井大塚
      明治大学蔵 祇園山 東求女 紫金山
●三角縁画文帯五神四獣鏡 銘無し 217φ
  同型 那珂八幡 湯迫車塚 椿井大塚山 丸山1号 東天神

4世紀後半以降の遺物

金メッキ方格規矩鏡を出した一貴山銚子塚の王墓はこれらに先行する

470 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:58:32.99
>>464
それも違うぞw
というのは、神武よりも前の代に分かれている天孫の家系の人達も
旧石器時代から日本にいるY染色体がD2系列の人だちだったから。

471 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:59:10.39
>>466
出所は?今天皇も桓武天皇の妃の件は認めてるのですが・・・

472 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:00:19.20
銅鐸を祭ってた人たちはどうしちゃったの?
神々を信じていた弥生の日本人が一斉に宗旨替え?
銅鐸宗教から鏡宗教に穏やかに変わったのなら、
なんで日本書紀に銅鐸の歴史記載は皆無なの?

仏教が入ってきても神道は存続したのに、ふっしぎー

473 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:00:22.84
そんな事よりも、
ウマヤドというのは何者なの

聖徳太子=ウマヤド 同一人物?

474 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:02:58.57
桜井茶臼山古墳なら、九州東遷説の決定的理由の一つだったような

475 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:03:55.33
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E8%8C%B6%E8%87%BC%E5%B1%B1%E5%8F%A4%E5%A2%B3

この古墳の後円部の空濠の外に、宗像神社がある。
筑前国宗像郡の宗像神社と同神である。
宗像神社は、全国に散在していて、この大和にある神社は、
いつ頃からの鎮座か、さらに社殿が建てられた年代はいつなのか、詳細は不明である。
しかし、北部九州系の神社が大和にあることは注目に値する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺は確認に行ったけど後円部に宗像神社はなかった。
俺の見間違いかもしれんが。

476 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:06:20.68
>>471
あの発言は宮内庁の失態ですね。百済のブネイ王の末裔(続日本書紀)
記紀なくして天皇家存在せず、 は 、わかりますが、宮内庁の失態ですよ。

477 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:06:21.02
宗像神社なら京都御所にあるよ

478 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:12:00.89
>>470
ニギハヤヒが神武天皇を同族と認めたという話も、DNAで証明される時代なんだよな

479 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:12:12.16
>>459
特に思想的なものはない
古代史を明らかにしたいという知識欲のみ
天皇についての考え方は一般的な日本人と同じだろう
現在の天皇制を肯定している

480 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:13:29.22
>>479
ふむふむ

じゃあ、銅鐸が埋められて歴史から消え去ったのは
どういうことなのだろうか?

481 :孝霊厨:2016/01/15(金) 21:14:01.96
>>456
そんなに君には都合が悪いのかな?
畿内説論者が畿内説スレに来る事に何の問題があるんだろうね。

482 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:16:56.98
>>471
ちゃんと読めよw
桓武天皇の生母は日本の下級役人の娘。
その9代前の先祖に百済の武寧王がいただけ。
だからこそ、皇室嫡流から遠い傍系皇族の白壁王の側室(第三夫人)だった。

しかし、当時の皇室嫡流だった天武系の皇族たちが権力闘争して
お互いで潰しあったおかげで、天武系の皇族の中で適当な男子がいなくなり
天智系で遠い傍系皇族だった白壁王は、孝謙女帝の妹と結婚できたおかげで
イレギュラー的に皇位継承権が手に入った。

その結果が、白壁王の即位で、光仁天皇の誕生である。
しかしながら、その段階では、山部王(後の桓武天皇)に即位の可能性なんてなかった。
なぜなら、彼の生母は渡来系氏族で下級役人の娘だったから。
光仁天皇の正室は、孝謙女帝の妹だったから、その間に生まれた皇子が次期天皇候補だった。
しかしながら、この親子も失脚する。
そのおかげで、これまたイレギュラー的に山部王に皇位が巡ってきた。
それが桓武天皇だ。

483 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:17:45.60
>>481
おまえ、畿内周辺国説じゃなかったのか?

484 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:18:43.26
ここ「邪馬台国スレ」であって「古代史一般スレ」じゃないからね

485 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:19:32.63
中国史書で書かれる邪馬台国は3世紀の畿内の大和朝廷だからね

486 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:19:53.53
根拠は

453 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 20:19:59.01

>>434
日本の正史ですよ

487 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:20:34.66
>>485

畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

なので、畿内は倭国ではありません。

488 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:21:51.42
でも梨津臣命生存中に倭国に編入された

489 :孝霊厨:2016/01/15(金) 21:22:18.55
>>483
ずっと以前から河内湖周辺部が邪馬台国説ですよ。
信貴山周辺部が人口集積地で
巻向は祭祀施設だと主張してますが?

490 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:22:40.38
>>486
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%8F%B2#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.AE.E6.AD.A3.E5.8F.B2

491 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:25:34.06
>>488

あほ

492 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:25:41.52
>>490
ありがとう。
「正しい歴史」の略と考えられることがあるが、実際には事実と異なることも記載されている

493 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:28:38.02
>>488
いつも書いている畿内周辺ってなんなんだ? 風見鶏

494 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:29:30.85
>>492
理由は、正史とは一つの王朝が滅びた後、次代の王朝に仕える人々が著すためである。

495 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:29:47.45
正史とはあくまで「王朝が正当と認めた歴史書」という程の意味

496 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:29:48.40
>>489
いつも書いている畿内周辺ってなんなんだ? 風見鶏

497 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:32:21.07
日本書紀は正統なる歴史書

498 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:33:42.24
>>497
誰が決めたの?

499 :孝霊厨:2016/01/15(金) 21:35:16.02
>>496
何を興奮してるをだよ、筑紫君かな?

ずっと以前からそう書いているのだからな。
淡路島辺りから畿紀伊半島を邪馬台国の可能性と
しているのだから別に問題があるとは思えないけど。

500 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:35:17.42
>>498
ウイッキーさん、その他もろもろ天皇陛下万歳の奴ら。

501 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:37:13.41
邪馬台国の取り合いをしてるが、
邪馬台国が大和朝廷になったと決定してるわけじゃないんだぞ?

卑弥呼は狗奴國と交戦中に亡くなった。
中国から軍師を呼んでるところからして、苦戦していたっぽい
卑弥呼が亡くなった後、邪馬台国は内戦勃発して1000人死亡。
こんなアホな状態で狗奴國に勝てるのか?

あと、殉葬者100人ってのも大和朝廷には受け継がれていない。
個人的には、卑弥呼に仕えていた巫女1000人の中から選ばれたのかとか
かわいそうでならないが。

ここら辺は、中国から呼んだ軍師が帰国して直接報告してるだろうから、
信憑性は高い。


邪馬台国と大和が似てるからといって、同一視するのも問題。
記紀に邪馬台国の記載はない。
例えば、山口と山形とかぐらいの違いだったのかもしれんし。

502 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:38:19.64
高稲 韓国 朝鮮 ウェイト板 誘拐 異常性癖 核兵器保有 ウィルス 著作権侵害
高稲 暴力団 実行犯 ウンコマン 中国マフィア 書類送検 前科持ち 不正 中卒
高稲 犯罪歴 ゴリラ顔 置石 割れ厨 元公安 通貨偽造罪 ドラッグ 臓器売買
高稲 違法 暴行罪 罪状 執行猶予 ゴミ 卒論コピペ 捏造 ウンコマン
高稲 偽計業務妨害 公文書偽造罪 傷害 強盗罪 アレフ 詐欺師 万引き 架空請求
高稲 オウム 少年院 ウンコマン 資金洗浄 アルカイダ 幸福の科学 通り魔 セクハラ
高稲 ドルオタ 凶悪犯 詐欺 ウジ虫 脱糞 信号無視 革マル ひかりの輪
高稲 懲役 大麻 指名手配 マネーロンダリング ナイフ所持 悪徳商法 テロ予告 犯罪予告
高稲 ウンコマン DDOS攻撃 放火魔 ストーカー 幻覚剤 クズ 麻薬 逮捕
高稲 犯罪者 薬物 禁錮 有印私ウンコマン 不審者 サリン 無能 脅迫罪
https://www.youtube.com/user/IKIKAZEBOXING  http://u0u0.net/qrb6
http://orpheus.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1452859598/1 http://orpheus.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1452859598/2

503 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:38:43.73
>>487
>畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

な、なんだってー!!

504 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:40:34.97
皇族から一言お詫びがあってもいいがな。
「今まで先祖が私は神である」とウソを言い続けたことに詫びるとか。
いや、記紀から神になったと思い過ごしの先祖を恥じますとか・・

505 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:41:14.49
正史としての日本書紀の地位は揺るがず日本政府はこれを継承し、国際的にも認められてギネスにも認定されてる皇紀2676年は覆らない

506 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:41:22.71
>>499
どこにも根拠がない、ふらふらした説ってことだ

507 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:43:15.84
>>503

ビックリポンや やべー

508 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:44:38.84
>>499
その範囲はもろに銅鐸文化域とかぶる
どちらかといえば征服された側

509 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:45:49.76
日本書紀も皇紀も嘘だよ
日本は12000年前から続いてるから

510 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:47:53.45
うぜーーーー

天皇は神だったんだよ。2000年もウソを言い続けられるか。

昭和天皇は、そのへんで拾ってきたんだよ

511 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:49:54.08
邪馬台国なんて天皇家から見れば屁。知りもしない。畿内に邪馬台国があろうはずがない

512 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:52:41.77
日本海沿岸の一集落しか見てない奴らが、邪馬台国を伝えただけ。
行程は距離や海山関係ない・・・苦労したと言いたかっただけ。

513 :孝霊厨:2016/01/15(金) 21:52:42.05
三世紀末時点の邪馬台国の話をしているのに
銅鐸とか征服とか一体何の話をしたいのか
さっぱり理解できないなw
台与の時代には畿内周辺部が邪馬台国の範囲なのは否定しようがない。
銅鐸の記述が記紀にないのも、古すぎるのと忌部氏の権勢低下により
既に主な祭祀具として認められなかっただけの話だ。

514 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:53:52.31
そもそも邪馬台国っていうのが間違いで、邪馬壹国が正解だからな

515 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 21:59:14.76
神武〜現在まで2676年だけど、国常立尊から言えば20万年、伊弉諾から言えば3万年、素戔男から言えば1万2千年

516 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:00:09.82
>>513
決めつけは感心しません。私見でしょ。

517 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:00:38.81
日本書紀に従えば皇統は朝鮮渡来ではないね。
石器時代から日本にいた。
そして穂のニニギとか名前から弥生文化化して東征した。
と記紀は述べている。

518 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:02:10.66
聖武天皇が筑紫を遠の朝廷って歌った歌あるだろ
元々は邪馬台=大和は九州にあったんだろうな

519 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:03:00.25
>>516
この御仁は夢想を語るんだよ 根拠なしに

520 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:03:09.95
>>517
天皇家のY遺伝子(父方で伝わる遺伝子)
Y染色体ハプログループD1b1a2系統(Yap+) 
http://famousdna.wiki.fc2.com/

遺伝子的にもそれが証明されてる

521 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:03:32.49
昭和天皇は自害すべきだったと思います。

522 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:05:08.81
:孝霊厨:

自作自演は感心しません。

523 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:06:22.00
>>513
銅鐸は集落から離れた場所に寂しく埋められてる
しかも後期になるほど破壊されて埋められている
そして銅鐸が消え去ってから、前方後円墳登場

524 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:07:12.17
日本海沿岸の一集落しか見てない奴らが、邪馬台国を伝えただけ。
行程は距離や海山関係ない・・・苦労したと言いたかっただけ。

525 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:08:09.51
海外の流行に敏感なんだね

526 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:11:08.03
>>524
強引に行程を湾曲させたのは畿内説

527 :孝霊厨:2016/01/15(金) 22:11:09.06
>>516
勿論根拠となる資料を検討しての推論だから。
だがここでその資料等までは披露は出来ないからな。
だが銅鐸については忌部氏系の文献資料で、岩戸開きに際しての記述で
鐸を作って使っている。調べれば判る事だ。

528 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:15:06.09
>>527
例外一つを持ち出して否定するには、
あまりにも銅鐸は捨てられすぎ
祭りとして埋めたと苦しい説明するにしても、
大量にまとめて埋められてるのは、廃棄処分としてか思えない

まだまだ使える寺の鐘を埋めて廃棄したりはしないでし

529 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:15:50.52
孝霊厨さん
推論と初めから言えばいいのに
勘違いしないでね私は>>516ではないです。

530 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:16:02.38
>>407氏は>>414の質問を無視てスレ違いな書き込みを続け自演までしている模様

531 :孝霊厨:2016/01/15(金) 22:16:11.64
>>522
たまに名前書き忘れをする事はありませんが、
自作自演なんかしてませんよ?

ここにはもっと凄い自作自演な方がいるとは思いますがw

532 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:18:38.03
渡来人「大陸では○○が流行ってるよ」
日本人A「俺も○○やるわ、お前らみとけよみとけよ〜」
日本人B「ええやん、なんぼなん?」
日本人C「お前まだ△△をしてるのか、たまげたなぁ、○○が最新やぞ」
日本人D「まじかよ、もう△△いらんわ、壊して捨てたろw」

533 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:20:39.41
畿内説には説明できない弱点が多いのですが、
その中でも以下の3点は決定的です。

・邪馬台国のライバル国である南の狗奴国の説明
・東の海を渡った所にさらに倭種の国
・邪馬台国に属する国は30ヶ国

畿内説邪馬台国は畿内から九州までを含む全域を支配しているのに、
そのような大国に対抗できるライバル国が存在するのでしょうか。
また、東の海を渡るとはどこの海を指しているのでしょうか。
さらに、伊都国、奴国、不弥国と現代の市町村レベルサイズで
既に5-6ヶ国の記載があるのに、西日本全体で30ヶ国を想定するのは無理です。

それが九州説であれば、狗奴国は熊本の事、
東の海を渡るとは当然、豊後水道でさらに倭種の国は四国、中国。
邪馬台国が福岡県サイズとすれば、30ヶ国の数は適正。(現代の自治体数)
全てが違和感なくすっきり説明できます。

何より、当時の中国人・日本人が東も南も分からない愚か者の集まり
とするならば、そのような質の低い当時の日本人が、すでに3世紀に
西日本全域を支配している国家を形成していたと信じる方が支離滅裂なことだと思います。

534 :孝霊厨:2016/01/15(金) 22:21:05.37
基本的にここでの持論の書き込みなんて大半推論ですよ。
ただ邪馬台国北部九州説だけは有り得ないので完全否定してますがw

535 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:21:22.81
銅矛・銅剣・銅戈の埋納状況

どうしてこれらは大量に放棄されたのか?

http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AA12170670/2011no.22_84_100.pdf

536 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:24:07.72
>>535
放棄っていうより隠蔽でしょ。
神武が来たから。

537 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:25:39.03
銅鐸は吊り下げて鐘として使ってたんでしょ

弥生の稲作開始と同時に広まってるので、
集団農耕の時報として生活に密着し、
収穫とか祭りの時は嬉しく打ち鳴らしてたかもね

それを埋めるってのは相当な状況を意味していて、
小国が女王を擁立して同盟なんて易しいものじゃなくて、
一方的な侵略制圧

538 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:27:23.60
>>534さん


「邪馬台国北部九州説だけは有り得ないので完全否定」

を貫き通してください。

いらぬ書き込みをするから誤解が生まれます。

539 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:27:24.57
>>536
刀狩かもね
服属したら俺らが守ってやるから武器を捨てろ

540 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:28:57.50
>>538です。
私は「邪馬台国畿内説だけは有り得ないので完全否定」 です。

541 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:29:42.63
>>536
は? 銅剣や銅戈圏も神武が制圧したのか??

銅鐸の話だけをするのは片手落ちで
銅矛・銅剣・銅戈の埋納もこれとリンクしてると考えるべき
おそらく列島全体で青銅器祭祀が終わったんだろう

542 :孝霊厨:2016/01/15(金) 22:30:02.14
大体銅鐸の埋められた時期と神武天皇がどう結びつくんだろうね?
それに北部九州にも埋められてるのになw

543 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:32:13.67
大体さあこれだけ掘り返しても何も出ない奈良って
もう無理なんじゃねーのw
畿内説ってほとんど妄想だよなw

544 :孝霊厨:2016/01/15(金) 22:36:05.98
>>538
完全否定なんて言うまでも無いことですよw
ただいらん事は言いますよ、アク抜きですし。

ただ実際反応を見て案外ヒントになったりする事はありますよ。
九州説のように思考が硬直すると、ダメだと思いますからね。

545 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:37:03.29
横からすいません。
魏志倭人伝の信憑性はあるのですか。
先日、TVで初めて日本に来た外国人が
「驚いた、日本人は皆、忍者装束だと思っていた」と放送されましたが。

546 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:37:05.60
絶対ないとか軽々しく断言してしまったことでまともな歴史研究の方法を知らないことが露呈

547 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:37:30.85
では丹生とはどういう意味か。古典のうちで,これを明快に解いてくれるほとんど唯一のて典拠は
「豊後風土記」の次の一節であろう。そこには海部郡の4郷が紹介され,そのうちに,
  丹生の郷(注:郡の西に在り)
  昔時之人は,此山の沙を取りて朱沙に該(あ)つ。困りて丹生の郷と日う。(原漢文)
とある。

したがって丹生とは,朱砂を産出する土地の意味にほかならない。

「豊後風土記」の丹生郷に関する記述は,豊後の丹生すなわち大分市坂の市丹生の奥ヶ原に抗口を
留めている丹生鉱山をはじめ,この地方に数多く見出される水銀鉱山の形跡によって示される水銀
鉱床地帯に深い関連をもち,その鉱床の一部が地表に露頭していたものが,太古に早くも利用されて
いたことを明かにする。
http://www.geocities.jp/k_saito_site/kasagun6.htm


大分県では大分市坂の市町に丹生神社が集中しています。ここの土壌の水銀含有率は二桁のppm以上で
すこぶる高品位。大分市宮河内字阿蘇入の土壌の水銀含有率は0.13%と桁外れに高いのです。
 『豊後風土記』に、「景行天皇が土蜘蛛を打ち、その血で血田と呼ばれた。」との地名説話が書かれ
ています。大和の宇陀に血原地名があり、やはり水銀産地です。
http://kamnavi.jp/log/ugaurasima.htm

548 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:39:40.12
>>545
信憑性0

549 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:40:27.05
>>545
ところで、魏志倭人伝には当時の倭(日本)の人々がどんな様子だったかも記されています。
http://y-ta.net/gishi-wajinden-2/

服装・身なり
・男性も女性も、大人も子供も、偉い人も民衆もみんな顔や体に刺青(いれずみ)をしている。
その刺青(いれずみ)は階級によって入れる場所や大きさが違う。刺青(いれずみ)はおまじない
の意味もある。
・はちまきをつけて布を体に巻いている(真ん中に穴の空いた布に頭を入れて結んでいる)。
・みんな裸足で生活している。
・顔に赤い顔料を塗る(化粧?)。
・矛(ほこ)、楯(たて)、木でできた弓を使っている。


九州南部では、魏志倭人伝に書いてある通りの、顔を赤く塗った人骨が見つかる。
http://kamodoku.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/05/31/cimg8916.jpg
畿内ではどうよ?

550 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:41:59.31
続日本紀にて文武二年(698年)に、
伊勢、常陸、備前、伊予、日向、豊後
から朱沙が献上されている

茨城県
岡山県
愛媛県
大分県
宮崎県

これらの県から、丹が献上された記録があるのに、
採掘跡は見つかっていない

つまり、採掘跡が見つかっていないからといって、
丹の採掘を否定できない

551 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:42:49.09
>>546
それで何か結論でた?
そりゃ判断力がないだけだと思うよ。

552 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:44:08.40
>倭の地は温暖で、冬でも夏でも生野菜を食べる。
弥生時代は現代より寒かったのに、温暖とはこれいかに

553 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:50:09.47
ま、神武実在と考えるやつと
考古学を中心に古代史を考えるやつでは絶対にお互いが理解できないし
ずっと平行線のままだけどな

554 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:51:03.67
東(ひむがし)の 野にかぎろひの立つ見えて  かへり見すれば 月傾ぶきぬ

有名な柿本人麻呂の句である。
東(ひむがし)は、日向と同義語だったことが分かる。
現在の感覚での東ではなく、日の昇る方向である。

東漢氏(やまとのあやうじ、やまとのあやし)、東は、やまと、つまり、日の本のことである。

東山道(やまみち)を支配していた毛野氏があやしい。

555 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:54:18.03
>>553
考古学を考えた結果、
たとえば会津の前方後円墳が4世紀から始まってる事などから、
崇神を4世紀前後に実在として、纏向遺跡開始が約100年前からなので、
崇神以前の天皇(初期8代、あるいは神武)を想定するのは自然なことなんだが。

556 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:54:52.24
>>552
帯方郡よりは温暖
あと南方にあると思われていたための勘違い

557 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:54:53.15
>>550
茨城県や岡山県に鉱脈あったっけ? そんなとこが朱沙を献上したんだね

これはなにを意味すると思う?

558 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:55:01.64
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

559 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:56:38.15
>>555
は?
神武はもちろん崇神にしても記紀以外の傍証がなければ
実在がどうのという話はできんな

560 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 22:59:25.53
結局はこの部分なんだよな
「記紀に書いてるから」を疑ってるものは
墓誌でも出ないかぎり疑い続け、記紀を使用した論を展開しない
(当時墓誌とかないけど)

561 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:01:48.23
日本書紀前半部の朝鮮なまりの漢文をあてにしてんのかよw

562 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:04:38.14
帯方郡
↓海岸水行七千里
狗邪韓国
↓海渡千里
津島国
↓海渡千里
一支国
↓海渡千里
末盧国
↓陸行五百里
伊都国
↓(東南)百里
奴国
↓(東)百里
不弥国
↓(南)水行20日
投馬国
↓(南)水行10日・陸行1月
邪馬台国

女王國の東、海を渡る千余里、また國あり、皆倭種なり


畿内説は、邪馬台国から東に海を渡った倭人の住む国を明らかにせよ!

563 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:06:31.55
>>555 トンスル
纏向型を前方後円墳と言ったり
北陸東海に現れた纏向型を無視したり

自分の与太に引っ張るしか考えてないゴミクズ

「考古学的に」というのなら崇神=初代(男)王だろうな

その意味で多くの考古学者がその実在性を言ってるのであって
記紀に書いてあるプロフ丸飲みしてるわけじゃない

がくしゃせんせいが すじんに げんきゅう してるぞ→神武も認めてる

・・・と言う脳内変換がこの馬鹿のデフォ

564 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:08:05.19
>>557
岡山県「和気」町「和気」水銀鉱山

565 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:09:26.81
コレも同じような話だと書かれていたよ

『UFO 魔法』

566 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:13:12.44
本当「神武ガー」「饒速日ガー」と金切り声上げてる東遷説のアホどもには消えて欲しい

あっという間にスレが与太の発表会になってしまう

567 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:13:45.04
>陸行1月についてまとめ

>畿内説
>@河内湾→奈良 35km 1.5km/日
>A舞鶴→奈良 120km 4km/日

>九州説
>@日田→佐伯(大分) 130km 4.6km/日
>A日田→日向(宮崎) 150km 5.5km/日
>B有明海→熊本 60km 2km/日

568 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:14:17.12
>>564
>岡山県「和気」町「和気」水銀鉱山

http://www32.tok2.com/home2/jfukano/FIELD-GUIDE-2_5-157.html
「本鉱床は, 元々は蝋石を対象として稼行された鉱床であったが,戦時中に水銀鉱の存在が判明し,
これを対象として短期間採鉱された(高島,1956)」

おつむ だいじょうぶ?

569 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:17:24.47
>>568
??

古墳時代に丹山だったのが、
伊勢丹の独占によって放棄され、
後世にまた再開

570 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:18:26.28
>>566
神武が南九州から奈良に移動して建国してるんだから、東遷では無い

571 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:19:34.91
水銀の話をしたら北部九州は採掘跡どころか鉱床自体無いだろ?

長崎の相の浦ぐらい?後は大分や熊本

572 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:20:43.72
>>557
常陸国で辰砂は取れるよ
常陸国風土記に、ヤマトタケルによる土蜘蛛退治の記述もある
佐伯氏ってのが鍵みたいだね
丹の佐伯氏と、大分の佐伯市は偶然の一致かな

573 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:22:58.29
>>569
そう、よかったね

574 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:23:57.69
http://www.ito-ke.server-shared.com/P1010043.jpg
こいつの面白いところは、女系で書かれた系図だというところ
女系で書かれた系図を男系継承で書き直すから
10.崇~の息子が11.垂仁だというような齟齬が発生してくる

辰王と同じ臣智のタイトルを持った臣智人命が卑彌呼の別称で
大毘古命之女 御眞津比賣命 が記に顕された卑彌呼のお名前

575 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:24:24.43
>>572
そう、よかったね

576 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:27:22.10
銅鐸を持っていかれた時?
そりゃあ悲しかったよ・・・

小さい頃は、銅鐸の音で目を覚ましたもんさ
薄暗いうちに集落の皆で田んぼに出て、一日仕事
東から昇ったお天とさんがだんだん頭の上にくると、
腹がぐうぐう鳴ってきて昼の知らせが待ち遠しかったな
銅鐸のある楼閣を何度も振り返ったもんさ

え?方角を間違える?
馬鹿言うんじゃねーよw
だーれがお天とさんの方角を間違えるんだよw

577 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:28:36.49
だがな、ある日、大集落の長の甥っ子が、
見たこともねえ鋭い剣を持った男達を連れてやって来たんだ
「これからは、この人たちに従う
すまないが、銅鐸は持っていくことになった。」
てな・・・。

皆ざわついたけど、長の一族のもんが言うんだから仕方ねえ
銅鐸を持っていかれて、もうそれっきりさ

あとからわかったことなんだが、
なんでもあの剣は、鉄っていうのでできてるらしい
西の国々では、鉄の剣が何千とあって、それで殺し合いしてるそうだ

鉄の剣の前には、銅剣なんて、ひとたまりもなくて、
俺らの長は、人前じゃ言えないけど、降伏したそうだ

それからは、鏡ってのを敬うことになったんだが、
オラは見たことねえ
おめえもそうだろ?
集落の社の中に大事に祀ってあるもんな。

578 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:28:39.58
ちなみに佐伯氏といえば空海の幼名が佐伯眞魚

で空海が荒野に寺を開いたのも水銀絡み(丹生都姫)とか
晩年水銀服用した不老不死の術試みたミイラが奥の院に眠ってるとか

まあ近畿四国中国は水銀ネタには困らないwww

579 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:30:06.22
あ、二つ隣の長は、若い者集めて戦ったんだけど、
全滅したそうだ。
集落に、たまたまそれを目にした者がいて、
そりゃあ悲惨な光景だったそうだ。

銅鐸がなくなってからは、毎年の米献上も増やされて、大変だな。
もう、銅鐸があった、古き良き時代は戻らないって感じ。

しかも今度は、まきむくのおおいちとかに、でっかい墓を作るとかで、
集落の男30人が働きに行くことになったんだ。
オラの一番上の息子も連れて行かれちまう。
まあ、オラのおっかあも子供達もかつかつ生きているし、皆殺しにされるよりはましかな。

580 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:30:28.19
>>570
証拠は?

581 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:31:50.20
>>580
日本書紀

582 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:33:52.36
そういうのもうやめようよ

583 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:36:49.01
 1-1で、邪馬台国の所在地は、九州島内しか考えられないことが分かった。
 では、邪馬台国は九州のどこにあったのだろうか。

 まず検討すべきは、1-1に書いた倭人伝の12である。
「女王国の東、海を渡ること千余里にして、また国あり、皆倭種なり」
 とある。つまり、
「女王国の東側は海に面しており、東に千余里(約七五〜九〇キロ)ほど海を渡ると、また国があって、倭人と同種の人が住んでいる」
 と言うのである。
 ここで女王国というのは、倭国全体であろうか。または倭国の中の女王のいる邪馬台国のことであろうか。それを決めるのは、10と11である。まず、10には、
「女王国より以北は、その戸数・道里、得て略載すべきも、其の余の旁国は遠絶にして、得て詳かにすべからず」
 とあり、つまり、
「女王国の以北にも、その他の地にも国がある」
 ことを、示している。また11も、
「女王国より以北には、特に一大率を置き、諸国を検察せしむ」
 となっており、女王国が決して倭国全体を示す言葉でないことを、証明している。
 つまり「女王国は、倭国の中の一国であり、女王の都する所、つまり邪馬壱国」なのである。したがって、
「邪馬台国の東側は海に面している」
 ことになる。
http://www.b-net.kcv.jp/~ryhei/1-2yamakokuiti.htm

584 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:43:52.31
>>582
日本書紀が偽という前提で敗戦国の歴史をいじくるのを止めろよ

585 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 23:48:09.75
まーだキチガイ畿内説がただの赤土を大げさに解釈して歪曲してるのか?


畿内説や四国説等の間違った解釈では
丹=硫化水銀 、朱=赤 と
と都合の良い解釈、歪曲を行っているが、
それでは

「倭人は 朱 や 丹 を顔に塗っている」

の記述が合理的に説明できない。
畿内説や四国説の必死がゆえの間違った解釈である。
硫化水銀=赤 であるがゆえ、丹が硫化水銀なら 朱 の説明がつかない。
畿内説や四国説の専売特許、捏造歪曲を駆使したお得意のご都合解釈である。



こちらが正解。
朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。
丹=赤土 、赤みがかった土壌。


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

586 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:50:13.26
>>584
全て偽じゃないけど全て真でもない

一つ一つ裏付けを取っていく

・・・この当たり前のことができないのが東遷厨とかのアホの連中

587 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:51:12.92
>>586
裏付け取ってるんですけど
銅鐸とか

588 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 23:53:17.20
赤土とは

赤土は先史時代から(つまり人類の歴史が始まった時から)
顔料として使われてきた。
また、粘土質のものは陶器の材料としても使われる。

博多湾沿岸に都した倭国はユーラシア大陸でも端のそのまた端っこ。
文化の伝達は多少遅れる。
戦に強いかはまたべつ。
原始的な武器しかないこの時代は勝敗にはハートが大きく左右するからな。
鉄や三種の神器を使う筑紫博多湾沿岸倭国と
巨大銅鐸で対抗する今の畿内厨ともかぶるアホ畿内との実力差は大きいがな。

博多湾沿岸の倭国の都、当時の邪馬台国の倭人は
顔料として山で採れる赤土や中国産の硫化水銀を使っていたのだよ。

畿内説や四国説がいくら捏造歪曲して都合よく解釈しようが無駄なのだよ。
必死に捻じ曲げて解釈するな
我、筑紫倭皇帝に対抗する必死なゴミどもよ。

私の知識と知能はさすがであるな。

589 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:53:38.43
>>586
東遷は有り得ないね
建国した時点で奈良が都だからな

590 :筑紫倭皇帝:2016/01/15(金) 23:55:03.61
ちょっと拝借
http://www.kindai.ac.jp/graduate/scienceengine/pdf/40.pdf

これを見ても分かるように、
つまり、私の説が正しいのですよ。


こちらが正解。
私、筑紫倭皇帝の大正解♪

朱=赤色顔料のひとつで硫化水銀。 ←中国産
丹=赤土 、赤みがかった土壌。 ←国産

これが大正解♪


倭人は 朱=硫化水銀 や 丹=赤土 を顔に塗り
山では 丹=赤土 が採れる。

これだけが真実であり、畿内説や四国説の間違った願望による歪曲は通用しないのだよ。

さすが私、筑紫倭皇帝は神であるな。

591 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:55:51.04
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

592 :日本@名無史さん:2016/01/15(金) 23:56:17.47
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

593 :筑紫倭皇帝:2016/01/16(土) 00:01:22.89
中国が伊都国や奴国といった博多湾沿岸しか知らないのは当たり前。
邪馬台国や倭奴国や天孫族の故郷、倭国の都は

博多湾沿岸の博多だけの話だ。

畿内の銅鐸バカのところまで話を広げるからおかしな解釈になるのだよ。

すべてが筑紫博多湾沿岸部の話さ。

もうあきらめろ、キイガイバカ畿内説どもが。

「伊都は筑紫にあり日向国という。伊都以東は倭国に属す。伊都は神武天皇の故郷なり。」

「倭国の南東は安羅に属す。北に阿蘇山がある。」

「日本は伊国(本州銅鐸国)にあり伊勢という。倭国の隣にある。」


つまり、様々東アジアの文献をまとめると、

倭国の都は博多湾沿岸の博多にある。
その東は倭国の属国である。←後に大和が中国に日本は元々倭国ですと名乗り出る。
倭国の東南南九州は7世紀まで独立国である熊襲である。
熊襲国は南朝鮮とつながり、朝鮮民族の母である。

私が昔っから言ってきた勢力圏と全く一緒。
さすがは私の知能と知識である。
関西とかは倭国の属国で存在すら薄いバカ。
これが現実なのだよ。

いい加減あきらめろキチガイ畿内説どもが。

594 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:02:04.17
断言するけど、畿内説は、日本列島における支配者は皇統以外あり得ないという信仰
が生み出した幻想だよ。

595 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:05:19.25
奈良や大阪が京だったのは確かだが東遷の証拠などない

596 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:06:09.81
西都原に都という文字が使われてるのは気になるな。

597 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:08:40.77
>>596
それ江戸時代からだから
それまでは斎殿原

598 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:15:18.63
>>594
というのがお前が信仰する幻想

599 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:15:52.40
>>590
台与が丹を献上=赤土を献上?
倭からわざわざ何持って行ってんだかな

600 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:16:04.06
畿内の古い寺院が、九州からの移転建築なわけだが。

601 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:29:08.16
んな古田話を信じるやつがどこに

602 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:33:06.47
倭人伝の通り顔に朱を塗った遺骨は、南九州からバンバン出てる。
畿内ではどうですか?

南九州の風土と歴史、伝承を中心に書きつづっていこうと思います。 季節ごとの風景や
祭りを画像でお届けしますのでどうぞお楽しみに。
http://kamodoku.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-557a.html

http://kamodoku.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/05/31/cimg8916.jpg
人骨の主は「男性・40歳代・身長155センチ」とのこと。頭蓋骨だけ真っ赤だが、
これは皮膚に塗っていた朱が白骨化したあと、顔だけは皮膚が薄いため骨に付着した
のであろうとのことである。

603 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:39:15.96
>>276
畿内説を信じる阿呆は、旧唐書・新唐書を否定しなきゃいけないから大変だよな。
まあそんなこと屁とも思わないノータリンなのかもな。

604 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:42:22.35
>>557
なにを意味するんだお勿体ぶらずに教えろください

605 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:44:25.72
まあこの>>603のような奴にとっては 九州説=九州王朝説 なんだよな
プラスして東遷説も同時発症してるのが殆どだが

もうこの板の九州説は(リアルでも何とか通用する)九州説というのもおこがましいクズのクズ

邪馬台国ブームという狂騒状態が生み出した副産物・廃棄物のその残滓

606 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:49:54.69
九州説、九州王朝説、東遷説、等は朝鮮マネーで食い繋いでるカス
天皇は朝鮮から渡来したってことにしたい朝鮮の工作資金で飯食ってるカス

607 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:50:51.91
日本人の起源 〜遺伝学電子博物館
http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/02_e.html

特に、韓国人と本土日本人の二集団間の遺伝距離はゼロであった。やはりこの分析で
も、韓国人と本土日本人は遺伝的にきわめて近縁な関係にあることが明らかとなった
のである。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_02.gif

つぎに、集団間で求めた遺伝距離をもとに集団の系統樹を作成した(図26)。この系
統樹では、アフリカ人が他の人類集団に先がけて分岐し、続いてヨーロッパ人が分か
れ、さらにアメリカ先住民が分岐している。最後に、東アジアの五集団が単一系統
のクラスターを形成して枝分かれしてくる。東アジア人のクラスターでは、アイヌ
が最初に分岐し、続いて中国人が枝分かれしてきたことが読み取れる。続いて琉球人
が枝分かれし、最後に韓国人と日本人が緊密なグループとして分岐してくる。

http://okinawa-rekishi.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2014/05/21/dna.jpg
http://www.kahaku.go.jp/research/department/anthropology/report02/s-IshidaFig1.jpg


縄文人のDNA分析完了。本土日本人とは無関係だった。
>日本列島3集団(アイヌ,本土日本,琉球)と縄文人を用いた主成分分析の結果、
>縄文人と遺伝的に類似の集団は見られず、遺伝的に非常に特異な集団であることが明らかとなった。
http://www.jstage.jst.go.jp/pub/pdfpreview/asj/122/1_122_122.117.jpg
http://www.kahaku.go.jp/research/department/anthropology/report02/s-IshidaFig1.jpg

608 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 00:55:51.91
銅鐸が盛んだった地域=征服された地域

畿内の国々は、相手が誰だったとしても、
女王を中心にまとまったのではなく、
一つの強国に制圧された

609 :腹本勲:2016/01/16(土) 01:08:40.04
せっかく先生が本を書いたのに、お前らは馬鹿だから理解出来ないんだろうな。
http://ecx.images-amazon.com/images/I/415rVDKlphL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

610 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 01:37:01.80
>>608
九州からもかなり出てるだろww

611 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 01:50:43.08
朝鮮人が銅鐸の倭人を征服したんだよ。

612 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 02:10:16.80
当時半島も南は倭人の国だよw

613 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 02:47:58.54
>>612
倭人って日本で生まれてないだろ。

614 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 02:54:57.99
そういえばそうだな。列島が大陸から分離したのとホモサピエンスが居付いたのとどちらが早いかと言えば。

615 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 02:55:43.81
日本人の起源 〜遺伝学電子博物館
http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/02_e.html

特に、韓国人と本土日本人の二集団間の遺伝距離はゼロであった。やはりこの分析で
も、韓国人と本土日本人は遺伝的にきわめて近縁な関係にあることが明らかとなった
のである。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_02.gif

つぎに、集団間で求めた遺伝距離をもとに集団の系統樹を作成した(図26)。この系
統樹では、アフリカ人が他の人類集団に先がけて分岐し、続いてヨーロッパ人が分か
れ、さらにアメリカ先住民が分岐している。最後に、東アジアの五集団が単一系統
のクラスターを形成して枝分かれしてくる。東アジア人のクラスターでは、アイヌ
が最初に分岐し、続いて中国人が枝分かれしてきたことが読み取れる。続いて琉球人
が枝分かれし、最後に韓国人と日本人が緊密なグループとして分岐してくる。

http://okinawa-rekishi.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2014/05/21/dna.jpg
http://www.kahaku.go.jp/research/department/anthropology/report02/s-IshidaFig1.jpg


縄文人のDNA分析完了。本土日本人とは無関係だった。
>日本列島3集団(アイヌ,本土日本,琉球)と縄文人を用いた主成分分析の結果、
>縄文人と遺伝的に類似の集団は見られず、遺伝的に非常に特異な集団であることが明らかとなった。
http://www.jstage.jst.go.jp/pub/pdfpreview/asj/122/1_122_122.117.jpg
http://www.kahaku.go.jp/research/department/anthropology/report02/s-IshidaFig1.jpg

616 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 03:55:11.54
まったく、九州説論者が入り込んでくるとレベルが落ちるなあ

彼らは何の根拠もないダベリしか出来ないからな
 
 
 

617 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 04:05:24.91
きもい
>>378 >>383 >>385 >>388 >>392 >>394 >>395
>>407 >>410 >>417 >>420 >>422 >>425 >>427
>>428 >>432 >>450 >>456 >>457 >>459 >>463

618 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 04:05:59.96
まじできもい
>>465 >>471 >>476 >>498 >>504 >>510 >>511
>>512 >>516 >>521 >>522 >>524 >>529 >>538
>>540 >>545

619 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 04:10:23.56
畿内を変換できなかった御仁だな

620 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 04:23:49.46
記者会見「日本列島3人類集団の遺伝的近縁性」
平成24年11月1日
東京大学大学院医学系研究科
総合研究大学院大学
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_241101_j.html

研究グループは、ヒトゲノム中のSNP(単一塩基多型)(注1)を示す100万塩基サイト
を一挙に調べることができるシステムを用いて、アイヌ人36個体分、琉球人35個体分
を含む日本列島人のDNA分析を行った。

その結果、アイヌ人と琉球人が遺伝的にもっとも近縁であり、両者の中間に位置する
本土人は、琉球人に次いでアイヌ人に近いことが示された。一方、本土人は集団とし
ては韓国人と同じクラスターに属することも分かった。

621 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 04:31:16.70
>>576-577 呟き荒らし
>>579    呟き荒らし
>>583    コピペ荒らし
>>585,588,590    根拠皆無のトンデモ九州説コピペ
>>591-592 コピペ荒らし
>>593    根拠皆無のトンデモ九州説コピペ
>>594    虚言荒らし
>>600    無根拠九州トンデモ説
>>602    コピペ荒らし
>>603    無根拠九州トンデモ説
>>606    思想的偏向暴言
>>607    コピペ荒らし
>>608    無根拠放言
>>609    場違い自著宣伝
>>611-613 無根拠放言
>>614    オフトピ荒らし
>>615    コピペ荒らし

九州説・東遷説の連中
やることなすこと、こんなに無内容
 
 
 

622 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 04:53:30.59
九州説とか東遷説とかいうのは
自由奔放な夢語りを楽しむ老人たち

学問的な根拠とか求められると
 マシな方ならコソコソ逃げ
 普通なら更なるトンデモの夢想を広げ
 ひどいのは罵声のみで答える

こんな無力な連中に歴史の何が判るかって

623 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 05:07:10.37
九州・東遷論者もISも大して変わらんな

624 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 05:15:00.38
やってることが自爆テロだからナー

625 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 05:48:08.22
かれらがやってることってムリゲーなんだよね

もし仮に企みが成功して畿内説に被害を与えることが出来たとしても
九州説や東遷説がのの100倍傷つくことをやってるんだけど?

そして現実には
実際は企みが成功しないで畿内説が無傷なまま
九州説や東遷説が凄まじく傷ついてる
 

626 :筑紫倭皇帝:2016/01/16(土) 06:50:42.46
畿内説バカどもはほんと弱すぎだな(笑)

「畿内畿内と調子にのるが朝鮮人には太刀打ちできず」(笑)

当たり前だボケ畿内。

お前ら畿内は筑紫博多湾沿岸に都した倭人の最高国

「倭国」

に滅ぼされたカスなんだよ。

朝鮮人に太刀打ちできない現実がお前ら珍説畿内説の現状なのだよ。

クズどもが。


筑紫博多湾沿岸の「大倭国帝国」はお前ら銅鐸ごときをピカピカにする
クズ銅鐸人とはレベルが違うのだよ。

倭人界の最高国家、筑紫博多湾沿岸の倭国様は朝鮮人をも簡単に蹴散らせるがな。


まずは舎弟の畿内銅鐸バカが散々やられる姿を高い所から見学してさせてもらおうかな。


まあ、私筑紫倭皇帝の矛盾がまったくない筑紫倭皇帝説にかなう説などないよ。

これが現実。

627 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 07:08:07.19
奈良文化財研究所遺跡データベースより

「建物」の時代推移(竪穴建物、掘立建物等)

福岡県 
縄文 425件
弥生 1076件
古墳 1059件
飛鳥白鳳 156件
奈良 536件

奈良県
縄文時代 81件
弥生時代 128件
古墳時代 232件
飛鳥白鳳 113件
奈良 310件

米田良三『法隆寺は移築された─太宰府から斑鳩へ』一九九一年、新泉社刊。

628 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 07:12:16.18
>>445
「《近畿地方に成立した古代王朝の前身が、その東遷以前に、北九州の部族連合体であっ
たことは、三世紀半に編纂された三国史東夷伝倭人の条の記事を見ても明らかである。倭人伝
は、すでに「邪馬台国」の名で呼ばれる北九州の部族連合体政権を魏の使者の報告通りに記載
しているので、この連合体政権は、それより早く、二世紀の後半には存在していたとみなけれ
ばならぬ。そして北九州で蓄積され発達した、この政権のエネルギーがわが国の中央部である
やまと東に移り、現地の部族連合体を吸収して大和古代国家の基礎となったであろうことは
すでに多くの学者の説くところである。すなわち畿内政権の故郷は北九州であると
無理なく考えられよう。記紀には人名にも地名にもトヨの字が多く出てくるが、魏志倭人伝の
「台与」がその音を写したものとすれば、後代に「豊」の漢字をあてはめた地名は北九州に
ずっと以前からあったものとみなければならない。ツクシが奈良朝期にできた九州の広い呼び名で、
豊の国がその中の狭い地域の呼び名であったことから、豊のほうが古い名であり、
大化後の行政区画である豊みやこ前豊後のうち、豊前がその原体である。
それも豊前平野を占める京都郡(旧仲津郡を含む)が中心であったことは、従来史家の
いずれも認めるところである。

629 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 07:16:00.13
>>472
魏志倭人伝よりも少し後の時代に書かれた、支那の旧唐書(くとうじょ)という歴史書に、そのことがはっきりと

書かれているのです。

「日本國者、倭國之別種也。以其國在日邊、故以日本為名」というのがそれで、意訳すると「日本国は、倭国の別

種なり。その国は日の出の場所に在るを以て、故に日本と名づけた」と書かれているのです。
つまり、九州王朝と畿内王朝は、「どちらもあった」わけです。

630 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 07:23:36.14
>>499
女王国より以北には、特に一大率(いちだいそつ)を置き、諸国を検察せしむ。

女王国の東、海を渡る千余里、復(ま)た国有り、皆倭種なり。

↑だからその説は、少なくとも倭人伝的にはなりたないから

631 :筑紫倭皇帝:2016/01/16(土) 07:36:54.50
>>629
畿内王朝ではない。

畿内は筑紫博多湾沿岸の「大倭国帝国」に滅ぼされた属国なのだよ。

ただの植民地。

後で東アジアの混乱時にどさくさに紛れクーデターを起こした劣等国家なのだよ。

中国に、
「私たち新生日本は元の倭国でございまする。」
と、頭を下げたが、
「このクズども、作法もしらぬ無礼者が!!!」
と、ののしられたクズ。

邪馬台国邪馬台国といっちょまえに調子にのるが、
朝鮮人にも対抗できず、ただキチガイ化するだけの知識もない低脳人種。

いにしえも今も関西人ほアホばっかで変わらない。
何もかも関東にとられ、「せめて発祥は」と夢を抱くが、

現実は筑紫博多湾沿岸の大倭国帝国様に滅ぼされ属国にされた

アホ銅鐸国

これが本当の史実だよ。

何もかもがレベルの低い関西バカ。

筑紫の倭人>>>>壁>>>>朝鮮の倭国人になれない倭人>>畿内の銅鐸バカ

これが現実。

632 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 07:42:01.58
理由をひとことも言わない人間の言うことを誰が信用するだろうか

633 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 07:43:48.11
畿内説は他の説を排除するのにヤッキの集まり。畿内に邪馬台国アリの宗教。
畿内にあったという論拠が乏しいから、他の説を排除する。
畿内での邪馬台国と朝廷への変遷も曖昧。

634 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 07:43:53.94
>>629
「魏志倭人伝よりも少し後の時代に書かれた、支那の旧唐書(くとうじょ)という歴史書」

この一言を聞いて、多少歴史知識のある人なら
以降あなたの言うことをまったく信用しないだろう



 

635 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 07:50:56.36
卑弥呼と天皇の関係もよくわからない。都合の悪い論は無視する。

636 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 07:57:03.16
畿内説に根拠が乏しいから、似非消去法に徹するしかない。

637 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 08:01:22.04
九州説は根拠をバンバン出すから、畿内説はそれを否定するだけで安泰と思ってる。
畿内説の根拠をバンバン出してほしいな。

638 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 08:05:17.67
日本國者、倭國之別種也。以其國在日邊、故以日本為名。
或曰:倭國自惡其名不雅、改為日本。
或云:日本舊小國、併倭國之地 「旧唐書」945年


「日本国は、倭国の別種」
 その日本国は、日の出の場所、つまり「倭国」からみて東方にある
 東にあるから「日本」と名づけた

九州王朝だった「倭国」とは別に、本州側にも「日本国」があった 銅鐸国であろう
2つあったことはまちがいない

639 :筑紫倭皇帝:2016/01/16(土) 08:12:38.94
中国が伊都国や奴国といった博多湾沿岸しか知らないのは当たり前。
邪馬台国や倭奴国や天孫族の故郷、倭国の都は

博多湾沿岸の博多だけの話だ。

畿内の銅鐸バカのところまで話を広げるからおかしな解釈になるのだよ。

すべてが筑紫博多湾沿岸部の話さ。

もうあきらめろ、キイガイバカ畿内説どもが。

「伊都は筑紫にあり日向国という。伊都以東は倭国に属す。伊都は神武天皇の故郷なり。」

「倭国の南東は安羅に属す。北に阿蘇山がある。」

「日本は伊国(本州銅鐸国)にあり伊勢という。倭国の隣にある。」


つまり、様々東アジアの文献をまとめると、

倭国の都は博多湾沿岸の博多にある。
その東は倭国の属国である。←後に大和が中国に日本は元々倭国ですと名乗り出る。
倭国の東南南九州は7世紀まで独立国である熊襲である。
熊襲国は南朝鮮とつながり、朝鮮民族の母である。

私が昔っから言ってきた勢力圏と全く一緒。
さすがは私の知能と知識である。
関西とかは倭国の属国で存在すら薄いバカ。
これが現実なのだよ。

いい加減あきらめろキチガイ畿内説どもが。

640 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 08:12:42.02
『香川県善通寺市・旧練兵場遺跡 九州地方からの移住者住居跡』
http://blog.goo.ne.jp/thetaoh/e/0d4526b0139cfe8d47b520326d6862b9
>本年度の調査で、長方形で2本柱という九州地方で一般的な構造とよく似た竪穴住居跡を新たに発掘した。
>九州地方の特徴を持つ壺も出土しており、九州地方から移り住んだ人が同遺跡に住居を建て、生活していたこと

を示しているという。

↑これこそ、「神武」のひとりだったかもしれない…

641 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 08:14:13.09
兵庫県の高地性集落

神戸市伯母野山遺跡(標高130メートル)、同県芦屋市会下山遺跡(えげのやまいせき、標高185メートル)、
同城山遺跡(標高250メートル)

↑「尼崎だったか、田能遺跡も九州系の遺跡」 いずれも直線距離で、8キロから10キロ  


@香川県善通寺市・旧練兵場遺跡 九州地方からの移住者住居跡
@紫雲出山遺跡(しうでやまいせき)は、香川県三豊市詫間町に所在する弥生時代中期後半の高地性集落遺跡

↑いずれも直線距離で、8キロから10キロ ゲリラ戦を展開するにはいい距離じゃないか?

642 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 08:47:09.44
>>641
>@香川県善通寺市・旧練兵場遺跡 九州地方からの移住者住居跡
>@紫雲出山遺跡(しうでやまいせき)は、香川県三豊市詫間町に所在する弥生時代中期後半の高地性集落遺跡
>↑いずれも直線距離で、8キロから10キロ ゲリラ戦を展開するにはいい距離じゃないか?

根拠なし

と言うかゴミクズレベル九州説によるコピペ荒らしだが

紫雲出山遺跡なんか石鏃の重量化でかつての年代観が組み立てられ
それが否定されて現在に至る・・・なんて知らないんだろうなこの手のアホは

今時高地性集落を東征の痕跡とか
ここのゴミクズレベル九州説爺どもあるいはネット上でしかお目にかかれんだろうな

いくら2ちゃんとはいえ仮にも学問板の日本史の看板出してる板でこうだというのは情けない限り

643 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 08:50:54.81
この京都郡地域は、東遷して成立した大和政権の、母なる地であったことが推定されるのである。
豊の国のミヤコあがたは、伝説の景行天皇が熊襲征伐のとき行宮をこの地方のナガオ(長峡)の県に
置いたから起こったというが、ミヤコを皇都の意味にした京都の字を宛てたのは奈良朝で、
ミヤコというのはこの地方の独立した古い地名であった。
「一体に古い地名は意味のわからぬのが多いことを考えねばならぬ」と津田左右吉博士が言っているとおり、

ミヤコ=京都としたのは二、三世紀と八世紀とを突然に接合したようなものだ。
古い地名のミヤコは、あるいはヒミコとも関連があるかもしれず、空想を許されるなら、
ヒミコは魏の旅行者がミヤコを聞き誤っての訛伝かもしれないのである。
ミヤコの地名が皇都として畿内に東漸したのは、民族の移動に付随してあり得ることである。

いったい景行天皇の西征は架空の物語で、これは奈良朝に全国統一を誇示するために創作された。
景行帝が九州に入った最初の行宮がトヨの国の長峡であったことは、このかつ地が大和政権の
曾ての故郷だったのを現わしている。景行紀によってミヤコ(京都)の名がこの地方に
起こったのではなく、五世紀も隔てて忘れかけられている母国の名がようやくにして
「地方誌」に書きとめられたのである。明治三十三年に京都郡小波瀬村の挾間畏三という人が
『神代帝都考』という一書を著して京都郡仲津郡内を記紀の神代史の地名に当てた。

644 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 08:54:00.86
>>635
畿内説は、天皇なんてものは後世の制度だという立場だから
畿内説でそんなものがよくわからないのは当然で
いくらそんな指摘しても、それは畿内説批判でも何でもない

「都合の悪いもの」っていったい何?
具体性のない指摘は単なる悪口に過ぎない

じつにレベルの低い攻撃だな

645 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 08:56:49.00
>>636
これも「根拠に乏しい」反論だな
というより、根拠がない

みごとなブーメランだ

そして>>637に至っては何をかいわんや
認識が狂ってるとしか言えない

646 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:03:18.28
たとえば>>643のようなものが「根拠をバンバン出す」と思っているなら
勘違いもいいところだ
よく見ると、推論の基となる具体的な事実が書いてないのである

647 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:15:54.19
>>644
サヨク畿内説馬鹿発見www

648 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:19:09.29
畿内説は万世一系の信奉者と言われたり
左翼とも言われたり大変だなwww

邪馬台国はどうしても国家の起源に絡んでくるので
幼稚なイデオロギーごっこの厨房を誘蛾灯の如く呼び込んでしまうところがあるなw

649 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:19:11.54
>>637は真っ赤なウソだろ

まいど根拠レスな主張をして
そのたび根拠を聞かれて逃げ回り
逆ギレしえ「根拠厨」とか罵ってるのが実態

650 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:19:42.01
やはり畿内説は消去法だね。

651 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:22:26.47
>>648
万世一系の信奉者とか言ってる人間は畿内説のことを何も知らないか
あるいは意図的にデマ流してる奴かだがな

左翼と言われるのは畿内説は京大系だから大政翼賛会目線なら左翼だろう

652 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:23:36.09
>>650
ほら、アンチは根拠を言わない!
根拠バンバンがウソだという証明がまたひとつ

653 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:30:05.34
>>652

畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

なので、畿内は倭国ではありません。

654 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:34:13.33
>・・・と言う脳内変換がこの馬鹿のデフォ
>・・・この当たり前のことができないのが東遷厨とかのアホの連中

その馬鹿アホがお前だ池沼wwwww

>邪馬台国ブームという狂騒状態が生み出した副産物・廃棄物のその残滓

その残滓がお前の畿内説だ池沼wwwwww

何年同じこと書いてんだ、このヴアカwwwwww

655 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:36:14.69
こんなところで、いくら叫んでみても
邪馬台国=大和国でほぼ決着しているよ、現在の学会では。
だから、この前のテレビ番組でも、その前提で作っていただろう?
邪馬台国九州説は、在野の歴史作家とか小説家ぐらいしか、主張しているのがいなくなっている

656 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:39:22.31
畿内説には説明できない弱点が多いのですが、
その中でも以下の3点は決定的です。

・邪馬台国のライバル国である南の狗奴国の説明
・東の海を渡った所にさらに倭種の国
・邪馬台国に属する国は30ヶ国

畿内説邪馬台国は畿内から九州までを含む全域を支配しているのに、
そのような大国に対抗できるライバル国が存在するのでしょうか。
また、東の海を渡るとはどこの海を指しているのでしょうか。
さらに、伊都国、奴国、不弥国と現代の市町村レベルサイズで
既に5-6ヶ国の記載があるのに、西日本全体で30ヶ国を想定するのは無理です。

それが九州説であれば、狗奴国は熊本の事、
東の海を渡るとは当然、豊後水道でさらに倭種の国は四国、中国。
邪馬台国が福岡県サイズとすれば、30ヶ国の数は適正。(現代の自治体数)
全てが違和感なくすっきり説明できます。

何より、当時の中国人・日本人が東も南も分からない愚か者の集まり
とするならば、そのような質の低い当時の日本人が、すでに3世紀に
西日本全域を支配している国家を形成していたと信じる方が支離滅裂なことだと思います。

657 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:42:51.50
>>655
>邪馬台国=大和国でほぼ決着しているよ、現在の学会では。

現在の学界 なんともお粗末で、恥ずべき状態

658 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:51:00.11
>>635
卑弥呼時代に採掘遺跡が無いなら、当時は稼働中だな

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

659 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 09:51:57.29
>>657
で?

そう言い張る理由でもあるのかな?

660 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:05:41.81
邪馬台国には、中国から少なくとも2回は軍事専門家を直接派遣している
よって、邪馬台国の戦争についての記載は正確な事実

卑弥呼の時代、邪馬台国は「南」の狗奴国と戦争中だった
卑弥呼は戦争中に亡くなった
卑弥呼が亡くなったあと、邪馬台国は内戦になり1000人死亡
その後、台与が立つが、一度朝貢して記録が途絶える
その最後まで狗奴国に勝ったという記録は無い

よって、邪馬台国が勝ったとしても、台与が長期政権だった場合の後期
巨大な前方後円墳は、早く見積もっても、台与の墓であって、
卑弥呼の墓ではありえない
そもそも中国将校の報告では卑弥呼の墓は円墳

661 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:07:16.74
邪馬台国が大和になったんだ!
だから女王卑弥呼の墓はでっかかったんだぞ!

そんな小学生レベルの思惑で、
前方後円墳の年代を卑弥呼死亡年に繰り上げてしまった

662 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:07:53.27
>>658
>卑弥呼時代に採掘遺跡が無いなら、当時は稼働中だな

だな

訂正:卑弥呼時代「の」採掘遺跡が無いから、畿内は倭国ではありません。

663 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:08:51.74
まず日本人類学会のソースにも書いてあるしさ
西日本がスッカスカの無人状態でお前ら西日本人が渡来系のチョンだって
ほらまた火病起こして人のソースを歪曲解釈して捏造するのか?さすが韓国系の西日本人だねw

>今回提示された新しい高等学校学習指導要領の「生物」では、生物の諸現象を理解するための説明原理となる進化について
>従来よりも幅広く取り上げるように改正された点を高く評価しております。
>以下に、新しい高等学校指導要領の内容に係わる人類学的な知見をまとめました。
>これらは、現在の研究成果に合わせた内容の紹介となるように配慮してあります。

>A型遺伝子の地理的勾配は西高東低になっています。これは、現代の日本人を形成する集団が少なくとも2つあり
>もともといた縄文系集団よりも、大陸から水田稲作農耕をもってきた渡来系集団でA型遺伝子の頻度が高かったことが原因であると考えられています。
http://c14.um.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/wiki/attach/kyokasho/%25B9%25E2%25B9%25BB%25C0%25B8%25CA%25AA%25A4%25CE%25A4%25BF%25A4%25E1%25A4%25CE%25BF%25CD%25CE%25E0%25B3%25D8%25C3%25CE%25BC%25B1.koukou%255Fteigen2%252E7%252Epdf

664 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:11:17.97
>>660 >>661

ごもっともなご意見

665 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:11:50.82
漢代から隋代までの正史によれば、倭・俀は「山島」と明記されているので、倭・俀とは、明確に島であると認識されていた九州の他にはない。

『後漢書』「卷八十五 東夷列傳第七十五 倭人」 「倭在韓東南大 海中依山島為居 凡百餘國」

三国志『魏書』巻三〇「烏丸鮮卑東夷伝 倭人の条」 「倭人在帶方東南大海之中 依山島爲國邑 舊百餘國 漢時有朝見者 今使譯所通三十國」

『晋書』四夷傳(東夷条) 「倭人在帶方東南大海中 依山島爲國」

『隋書』「卷八十一 列傳第四十六 東夷 俀國」[11] 「倭國在百濟新羅東南 水陸三千里 於大海之中依山島而居」

666 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:16:35.22
>>660
>卑弥呼は戦争中に亡くなった

そんなこと倭人伝には書いてないな

>卑弥呼が亡くなったあと、邪馬台国は内戦になり1000人死亡

これも書いてない

>そもそも中国将校の報告では卑弥呼の墓は円墳

これも書いてない


史料は空想では読めないよ

667 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:16:57.04
>>661
それ笑えない
畿内厨の脳内はそれ


例えば箸墓の場合それまで100m前後のものが一気に200m超えて300m近くにまで拡張する

↑これ、卑弥呼と何の関係もない

畿内厨の脳内

女王だからでかいはず →そこに箸墓があった → だから卑弥呼   笑…

668 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:18:44.21
中国から複数回の軍事専門家(役人)が来日しているということは、
情報の出どころの信頼性はかなり高い

魏志倭人伝の著者である、西晋の官吏「陳寿」の没年が297年だから、
邪馬台国に赴いた軍事専門家本人あるいは随行員に
直接インタビューしている可能性が高い

要するに、当時の先進大国である中国の、
中央の歴史担当官が、実地に赴いた軍人達から報告を受けて
記載されたのが魏志倭人伝

669 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:19:36.21
>>665
>倭・俀とは、明確に島であると認識されていた九州の他にはない。

倭・俀とは、明確に島であると認識されていた四国の他にはない。

670 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:21:11.03
南の狗奴国との戦争中に卑弥呼が亡くなって
その後はしばらく内戦だから
卑弥呼以前より大きい墓を作る余裕なんてなかっただろうね

直径百余歩の円墳でもかなり見事なもの

671 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:23:37.23
>>670

ごもっともなご意見

672 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:24:42.72
>>668

ごもっともなご意見

673 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:26:42.45
東遷厨=ちくわ=泡の自演だらけだなw

674 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:28:15.68
環濠集落の分布から、弥生戦国は九州から静岡くらいまでの範囲と判っている
邪馬台国と狗奴国が戦争していることからも、
一国が小国を呑み込んでいったのではなく、
各地域ごとに中規模の国家ができて、それから最終決戦になる

邪馬台国が畿内にあるのなら、
畿内を制圧→九州に領土を広げる
の順番になるのは自明

邪馬台国が狗奴国と戦っている時点で、
邪馬台国はまだ地域制圧できていない
なのに伊都国を支配下において、朝貢したり北方を監視させたりというのは
おかしい

邪馬台国が北部九州の国と考えた場合のみ、
伊都国との関係が成り立つし、
狗奴国と戦争中でも朝貢できる

675 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:31:13.64
>>668
>邪馬台国に赴いた軍事専門家本人あるいは随行員に
>直接インタビューしている可能性が高い

魏王の下賜品を女王に届けたのは誰なんだろう? 

676 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:31:55.04
邪馬台国が北部九州にあったのは確実
一方で、畿内には畿内の地域国家があったはず
一つ大きなのがあったかもしれないし、九州と同じく複数が戦っていたかもしれない

北部九州でブロックされるから、中国の歴史には登場できなかっただけで、
邪馬台国より大きかったかもしれないし、そうじゃなかったかもしれない

677 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:36:42.75
>>674
全然おかしくはないだろう。
北部九州にある伊都と女王国がタッグを組んでいたら。

678 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:37:18.16
>>673
特にこういうのが笑える

     >>664 >>671 >>672

みっともない

679 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:37:25.99
>>674

北部九州は倭国の一員!! 

680 :孝霊厨:2016/01/16(土) 10:41:57.27
>>676
北部九州に女王がいたような形跡も伝承もない、丹山もない。
それに決定的な事は倭人伝に書かれた奴、投馬に邪馬台国まで
戸数を収める広さもない。

681 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:42:53.48
卑弥呼の時代には出雲は広範囲に支配地域がありました。
白山神社があるところは昔は出雲の支配下にありました。
奈良にもあるだろ

682 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:44:00.97
>>674みたいな手合いは、卑弥呼が共立されたと書いてある倭人伝を一体どう読んでいるのだろう?

683 :孝霊厨:2016/01/16(土) 10:47:50.20
女王が広範囲から支持を得ているなら、
伝承なり神社で祀られているのは当然ですから。
瀬戸内海から紀伊半島まで名を残す百襲ならまず
それだけて資格はあるだろう。

684 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:48:20.69
自分の目で倭人伝なんか読んでないんだよ、九州説の御仁は

685 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:51:15.29
間にある出雲勢力は?

686 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:53:53.68
>>680
うそをつくな!!  ほら吹きめ


封印された邪馬台国 沈黙する女王の鏡―いま大分・日田に蘇る卑弥呼の悲劇 (プレイブックス) 新書 ? 2000/11

関 裕二 (著)

千数百年の時空を越えて、一枚の鏡が目を覚ます。
しかも、これまでみたことも聞いたこともない金・銀・石英・瑪瑙で装飾された、
みごとな鉄鏡だ。それが大分県日田市出土の金銀錯嵌珠龍文鉄鏡で、
卑弥呼の時代に日本にもたらされた後漢王家の至宝であった疑いが強い。
それにしても、なぜ「邪馬台国論争」はこの鏡を避けてきたのだろう。
だれも口を閉ざして語ろうとしないのは腑に落ちない。
そして国立博物館に封印されてしまったのはなぜか。
こうして、迷宮入り事件の最終章がはじまったのだ。

687 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:53:53.89
間にある出雲勢力がどうした?

688 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:54:31.37
>>685
誰にどういう意味で聞いているか不明な質問

689 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:55:31.62
卑弥呼は出雲の女王ではない。倭国つまり北部九州、狗邪韓国一帯の女王
である。奈良に進出して出雲との戦いに勝ったのである。

690 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:56:08.16
>>685
北部九州と畿内邪馬台国が手を結ぶなら、
その真ん中にいる宗教集団出雲はどうなったのかという
素朴な疑問

691 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:56:42.82
>>676
こういうのを

     結論ありき

と言う
普通だれからも相手にされない

692 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:57:49.72
奈良に進出したのはトヨの時代だろう。

693 :孝霊厨:2016/01/16(土) 10:58:40.80
欠史八代も実績が書かれていない人物が多い謎も
朝貢をしていたと考えられる人物だと考えられますよね。
中国皇帝の諡名はそのヒントで、孝安天皇、孝霊天皇あたりは
そのまま同時代の人物だという示唆でしょう。
出雲地方をはじめ、各地で鬼退治伝承を残す
孝霊天皇は倭国大乱時の中心人物で、その娘が
百襲=卑弥呼と考えられると、出来過ぎな程話がつながってゆきます。

694 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:58:43.01
>>670
内戦なんて倭人伝には書いてないから、根本からダメな意見だ

695 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:01:28.08
690 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 10:56:08.16 >>685

当時の島根は山陰の一首長 倭国未加入の勢力 独自の日本海ルートで栄えてた

696 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:01:29.36
負けた出雲は差別の対象になりました。太古の被差別部落といえます。

697 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:02:15.28
>>695
いつ頃まで栄えてたの?

698 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:05:09.65
白山神社のあるところを調べたら、いかに出雲が広範囲に領土があったか
わかるだろう。

699 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:06:10.51
>>670
知性のない人間しかそう思わないだろう

周囲を見渡して倭国でザラに見かける大きさだったら
中国人が「大いに冢を作る」などと特記するか?

700 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:06:42.69
白山信仰は出雲信仰なんだぞ。

701 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:07:06.87
>>697
倭に飲み込まれるまで独自路線 忌部氏が乗り込むまで

702 :孝霊厨:2016/01/16(土) 11:07:46.95
>>686
それにまつわる伝承はありますか?
誰がどういう経緯でいつ貰ったのかなんて解釈は自由です。
また奈良の黒塚には謎のU字型鉄器なんてのもありますよ。

703 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:10:25.33
>>698
出雲は一世紀に武装解除されて(銅剣大量廃棄)
二世紀前半に宗教も滅ぼされた(銅鐸大量廃棄)

704 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:10:45.56
>>699
>周囲を見渡して倭国でザラに見かける大きさだったら
>中国人が「大いに冢を作る」などと特記するか?

当時、その円墳が突出して大きかったから

705 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:11:49.38
欠史八代の王は出雲の王のことだ。寝ぼけたこといってんじゃない

706 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:14:14.27
高齢厨とやら歴史の捏造に必死だな、おまえらみたいな奴が大嫌いなんだ

707 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:14:35.83
>>704
日本の前方後円墳なんて、世界最大級だぞ
でかすぎ

708 :孝霊厨:2016/01/16(土) 11:17:18.19
>>705
その出雲地方にも孝霊天皇の伝承が多く残ってますけどね。
月支国の船団と戦っていたり、妻木晩田遺跡での
嫁取り話はそのまま地名の由来ですよ。

709 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:17:32.22
あんまり調子にのると時代に関係なくタブー書きまくるぞ。

710 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:18:01.82
>>707

日本の前方後円墳なんて、卑弥呼の円墳よりずっと後のお墓

711 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:19:40.19
>>710
それはお前の願望だろw

712 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:20:45.04
邪馬台国が大和になったんだぞ!
だから女王卑弥呼は偉かったんだ!

偉い女王のでっかいお墓!
ほら、でっかい前方後円墳は3世紀ど真ん中!

713 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:20:54.69
>>711

今の常識

714 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:23:50.05
畿内説はオレンジエアぶちこんで操縦困難にして撃墜しなきゃいけないな

715 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:25:50.14
もう、落っこちてるだろ

716 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:26:10.29
>>713
じゃ卑弥呼の墓は何処?

717 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:27:05.06
落っこちて、まだ死にきれずにもがいてる

718 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:27:24.94
>女王を共立して一つにまとまる
九州と畿内の小国王を残しながらだと無理でしょうな
間に中国地方もありますし
現に女王縛りがなくなったら内乱おきてますな

北部九州だけとか、畿内だけとかなら、
習俗も似ているし、まとまるかもしれんが

719 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:27:35.25
>>714
現実逃避するなよw

720 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:29:41.92
>>716
邪馬台国の「主流」が奈良大和朝廷に繋がる場合のみ残ってる

台与が狗奴国に負けてたら破壊されてる
邪馬台国の傍系が大和朝廷になってたら、タブー

721 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:31:27.95
>>566
>本当「神武ガー」「饒速日ガー」と金切り声上げてる東遷説のアホどもには消えて欲しい

同意。
十五夜と十五日の「ご」の鼻濁音の使い分ができず、カ行鼻濁音が全部濁る野蛮人と話していると気に触りましすよね。
「が」をなるべく使わず、しかも「の」を多用しないためには、文の組み立てから改める必要があります。

722 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:33:19.83
>>720
>邪馬台国の傍系が大和朝廷になってたら、タブー

これだな

723 :筑紫倭皇帝:2016/01/16(土) 11:34:09.44
ちょいちょいちょいちょい!!!

畿内の銅鐸バカどもが戦争してたわけないだろ!!!!

なんで銅鐸が巨大になった??
ヘルメットか??

机の上に一斉に「ホイッ!!」って銅鐸出して
一番でかいやつが優勝ってルールならわかるが(笑)

のんきなバカばっかだったから墓もでかいんだよ。
でくの坊の原理と一緒。
畿内のやつらがバカだからブクブク太っただけだよ。


一方、筑紫博多湾沿岸の大倭国帝国は
北朝鮮で南朝鮮の取り合いや、
熊襲の反抗期ででかい墓など作る余裕もない。

男は戦にかりだされ、男手が少なく女は農作業。

1日中銅鐸をピカピカに磨いてるバカ畿内とはちがうのだよ。

しかし、相変わらず我筑紫倭皇帝になんども泣かされてる
高齢中とかいうやつはうざいな。
老眼は私の前に完膚なきまでに叩きのめされたがな。

724 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:34:15.40
箸墓が歴博の言う通り3世紀中頃だったとしても卑弥呼の墓ではないだろう。
死んでから10年くらいかかって巨大墓を造るなんて考えにくい。

巨大墓のほとんどが寿陵だろうね。
したがって箸墓は270年ごろに死んだ人物。

もし布留0式古相が270年頃なら290年頃に死んだ人物。

725 :孝霊厨:2016/01/16(土) 11:34:34.97
まぁ孝霊天皇の御代に倭国大乱があったと考えると、
西日本各地の動向はわりと大まかには捉えられだろう。
勿論盲信はダメだが、各地に鬼退治伝承を残してるのは事実だからな。

726 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:36:49.55
>>703
なんで万事が征服征服史観なんだろうね
思い込みの強い人だ

727 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:38:04.74
左翼は馬鹿だからね
しょうがないね

728 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:38:12.38
>>706
感情論で程度が低い

729 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:39:38.79
>>723
>1日中銅鐸をピカピカに磨いてるバカ畿内

畿内に攻め込んだ征服者に真っ先に目をつけられて
取り上げられたんだろうなw

730 :孝霊厨:2016/01/16(土) 11:39:39.66
>>723
今日は福岡県内を散策しなくていいのかい?
ちなみに私は来週から徳島と佐賀に出張です。

731 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:41:24.59
>>719
現実逃避は敗者の特権

732 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:41:28.74
>>726
出た
9条信奉かな?

弥生の戦乱をどう考えるのかなあ
悲惨な遺跡や遺体がゴロゴロしてるのだが

733 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:43:33.00
>>724
根拠なく年代引下げに必死すぎ

734 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:47:37.10
お前ら無理言うなよ
畿内の銅鐸には9条が記されていたんだぞ
軍隊ダメ戦争ダメ無抵抗
九州から来た征服者様たちに無抵抗で銅鐸を差し上げたんだ

735 :孝霊厨:2016/01/16(土) 11:47:57.32
まあ台与の後の記録が無いことからも、
その後一波乱あった可能性はあると思います。
ヤマト朝廷と邪馬台国を関連付けるとしたら、
派閥争い的な理由は考えられますね。
また狗奴国の残党が主流派になった等とか。
朝貢をした関連人物も記述を避けた事も考えられます。

736 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:53:28.78
>>733
その根拠が恣意的

737 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 11:55:18.61
>>736
意味不明だがアンカーミスか

そうだろうな

738 :筑紫倭皇帝:2016/01/16(土) 11:56:48.35
>>730
まあ、基本の平原や井原遺跡から入り、
次に糸島から202バイパスで小戸公園に行き、
その足で不思議な高千穂、飯盛山を眺め、吉武高木遺跡を見て、
都市高速に乗り外回りで博多湾の景色や、東区の三笠山、立花山を眺め、
時間があれば、本家本元の夫婦岩を見て
夕日の沈む夕景をみなさい。

まずその基本から入れば何かが見えてくるであろう。

次の機会で雷山にある千如寺や芥屋の大門、
ニニギの陵の可能性がある可也山や(ニニギの陵は鞍手にある六が岳か)
スク岡本遺跡や福岡平野に散らばる弥生の遺跡群を見るのもよかろう。

また次の機会に
道を通ればすぐ古墳が見える
福岡周辺をドライブするがよかろう。
糸島、宗像、朝倉とどこを通っても古墳だらけだぞ。
不思議な事に宮若には古い古墳がない。

ニニギが日本書紀の天孫降臨の際、筑紫から英彦山へ歩いた空白の国だぞ。

面白いぞ福岡県内のドライブは。
弥生時代の天孫族の活躍が目に浮かぶぞ。

739 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:09:21.03
>>737
いや。
炭素測定は古く出るから、
だいたいこのあたりだろうと言ういい加減な数値が240〜260年。

740 :筑紫倭皇帝:2016/01/16(土) 12:11:50.98
>>730
まあ、糸島じゃ
しと支石墓や細石神社や豊玉姫が上陸したしと神社等々まだ見所はたくさんあるが。

それらを見て回れば、福岡平野の神武原や宇美八幡宮やショウケ峠や
大分八幡、烏尾峠、仲哀峠、香春や京都郡等々
様々な邪馬台国や天孫族の活躍が目に浮かぶように見えてくるぞ。

まあ、筑紫式の神籠石の範囲内がやはり面白いし
史実、邪馬台国や天孫族が目に浮かぶよ。

私は福岡産まれ福岡育ちだが
君も福岡県の魅力にとりつかれ永住するかもな。

741 :孝霊厨:2016/01/16(土) 12:13:06.36
筑紫君は奈良には来ないのかい?
まぁ以前にも書いたが明神山は登っておいた方がいいぞ。
奈良や河内、畿内の土地感覚を見るには一番いい。
本来奈良なんて海に近い場所なのが実感出来る。

742 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:15:08.02
福岡では6世紀に1200mの水城を作ってるけど
その頃の円墳はそれほど大きなものは無い。

大きい古墳を作る興味がなかった。

743 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:17:34.31
感覚なら高良山玉垂宮は行くべきだね。
筑後の覇者が直感でわかるよ。

744 :孝霊厨:2016/01/16(土) 12:19:40.02
ちなみに明神山とは送迎山、ヒルメ山の事。
三輪山から四国淡路島、下は亀の瀬渓谷で
北に信貴山と南に二上山が見える360度パノラマだ。
箸墓の石も近所の芝山から運ばれている。

745 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:21:09.13
限られた労働力をどこに振り向けるか

農作業
軍事力
権威象徴の古墳作り

戦争中の邪馬台国が突然どでかい古墳を作るわけがない

746 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:30:53.91
>>737
そう決めつける根拠は?

747 :孝霊厨:2016/01/16(土) 12:33:54.00
亀の瀬渓谷とは勿論大和川、竜田越えの横を流れる
重要な川だが、もっとも重要なのが
日本最大の地滑り地帯でもある点だな。
何故亀の瀬(背)かと言うと、岩がゴロゴロした渓谷という意味の他
亀の背の上に大地があるという意味がある。
つまり動いてしまう土地の事。

亀の背が動くと大和川がせき止められ奈良盆地に水が溜まる。
崩れると河内平野が洪水になる、これを繰り返して今に至っている。
その度河内平野と奈良盆地で人が移動していたんだよ。

748 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:34:55.84
>>742
水城が6世紀に出来たなんていう学説はないが?
 
 
 

749 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:37:26.41
>>745
戦争中だって根拠でもあるの?

750 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:38:47.67
>>739
なんの根拠があって、そんなこと決めつけるの?



 

751 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:51:56.80
銅鐸を奪われて機嫌が悪いんだね

752 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:54:29.42
>>750
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/web_museum/ouroboros/v17n2/v17n2_ozaki.html

日本産樹木年輪の炭素14年代は IntCal09と変わらないが、
紀元後1から3世紀にかけては明らかに異なっている.

753 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 12:56:34.17
イタコに卑弥呼の霊を呼び出してもらって、いつ死んだか聞いてみるしかないな。
卑弥呼もイタコだったような気もするけれど、まあ、いいか。

754 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:04:01.60
>>752
IntCal09と明らかに異なっていると、どうして
「だいたいこのあたりだろうと言ういい加減な数値」
だということになるの?

理由は?

755 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:15:45.89
>>686

九州説の典拠が関裕二だったでござる

756 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:18:40.52
>>637
>名前:日本@名無史さん[] 投稿日:2016/01/16(土) 08:01:22.04
>九州説は根拠をバンバン出すから

■■■■■■■■■■■■■
■■■■言行不一致■■■■
■■■■■■■■■■■■■
       バンバン

757 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:39:47.40
魏志倭人伝にも銅鐸とか書かれてないし

異国の人が邪馬台国に来て
銅鐸をカンカン打ち鳴らしてるのを見たら
絶対記録するだろ

758 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:43:13.85
>>757
書かれてないと何なの?

ちゃんと系統だてて自分の考えを展開できないの?

759 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:45:38.94
しかたないだろ
ばかだから九州説なんだもの

760 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:47:25.93
「邪馬台国」ってのは、記紀にすら記されてない、
魏志倭人伝にのみ詳しく書かれた日本にあった国

魏志倭人伝に記載された邪馬台国に合致する国=邪馬台国であって、

畿内説がいくら叫ぼうが、魏志倭人伝の記載と違うのだから、
それは、「邪馬台国と同時期にあった、畿内の国」ということになる

761 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:48:41.40
鉄鏃とかどうだね?
九州のが圧倒的に発見されてるが

762 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:49:51.46
ここだ!
ここで丹山って言うんだ!

763 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:54:02.62
>>760
ヤマトはそこそこ合致してるので問題なし

764 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:55:01.41
卑弥呼がもらったという中国製の銅鏡も九州のが圧倒的に多いね

765 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:55:18.60
>>761
べつに邪馬台国は鉄鏃が多いとか書いてないしな
倭人伝・・・

766 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:56:22.79
>>764
それ、間違い
卑弥呼がもらったという中国製の銅鏡は大和中に分布してる

767 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:56:36.74
早くムラに帰って銅鐸を守るんだ!

768 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:57:17.40
>>762
そう、丹山
三世紀の九州にないから失格

769 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 13:57:20.64
オラこんな畿内厨ムラいやだ

770 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 14:00:25.96
九州の中国の鏡は出土した年代が全く合わないしな。

771 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 14:00:36.61
邪馬台国が畿内にあったとして、卑弥呼が住んでいたのはどこよ?
卑弥呼の墓はどこよ?
証拠を示してくれ

772 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 14:02:21.72
>>769
九州説スレいぐだ

773 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 14:03:57.73
>>771
卑弥呼だ住んでいたのは纏向の大型建物
卑弥呼の墓は箸墓
証拠は時代が合うから他(詳しくはテンプレ参照)

774 :孝霊厨:2016/01/16(土) 14:05:56.67
現状で一番可能性が高い卑弥呼の宮が巻向で
墓は箸墓、但し台与の可能性はある。
根拠は卑弥呼が神仙思想にある程度知識や
興味を持っていると考えられる点。
その為丹山の麓に宮を作る可能性は高い。

775 :孝霊厨:2016/01/16(土) 14:09:55.88
卑弥呼が神仙思想に興味を持っているであろう根拠は勿論鏡と丹の存在。
また争いに際して黄旗の意味を理解している点もそうだろう。
同じ事は狗奴国の王も言えるだろうな。

776 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 14:14:37.91
そもそも中国人が「鬼道」と読んでるのだから
初期道教と関連が深いものだろう
桃あるし

777 :孝霊厨:2016/01/16(土) 14:16:36.36
卑弥呼の有力候補は百襲姫で間違いはないが、
百襲は台与、もしくは台与と卑弥呼を混同している可能性もあるだろう。
また名前は百襲に酷似しているが殆ど功績が残らない
ヤマトトヒが台与の可能性も十分考えられる。

778 :孝霊厨:2016/01/16(土) 14:19:13.51
そうなると卑弥呼の後に立つ王は孝元天皇という可能性もある。

779 :孝霊厨:2016/01/16(土) 14:26:22.21
問題は崇神天皇、ミマキイリヒコ。名前は巻向に入って来た男、
又マキからやって来た男というのはよく見られる解釈だろう。
でも他に丹を求める男という意味もある事を指摘しておく。

780 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 14:43:02.68
畿内には卑弥呼時代に辰砂採掘遺跡がないことが確定しました。

なので、畿内は倭国ではありません。

781 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 14:52:04.59
>>780
あほだな
卑弥呼時代に遺跡じゃないなら卑弥呼時代は稼働中の採掘場だ

782 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:07:58.73
卑弥呼の墓は、福岡県田川郡にあるよ。

783 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:10:35.78
>>781
>卑弥呼時代に採掘遺跡が無いなら、当時は稼働中だな

だな

訂正:卑弥呼時代「の」採掘遺跡が無いから、畿内は倭国ではありません。

784 :孝霊厨:2016/01/16(土) 15:19:03.76
いつまでも下手な煽りしても無駄だよ。
根拠となる話ならいくらでもあるからな。
宇陀に当時の採掘跡ある事知らないだけかな。

785 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:22:13.85
うだうだ言わずに奈良の大仏さんに手を合わせとけ

786 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:26:33.78
>>784
どうして?

理由は?

787 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:27:36.34
>>785
宇陀の水銀使うとるだけに宇陀宇陀言わしてもらいます

788 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:30:29.01
>>787

そんなら、奈良の大仏っつあんに手を合わせとけよ

789 :孝霊厨:2016/01/16(土) 15:35:05.38
>>786
周辺で精製跡なら既に縄文時代から確認済みですから。
また掘り下げてない未調査の採掘跡が多数ありますよ。
また奈良時代の採掘跡でさえ既に数十メートル掘った場所とかね。

790 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:37:46.82
理由

https://www.youtube.com/watch?v=aF4mLdgFNlg

791 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:38:45.16
>>788
そうだね、滅亡した九州説の連中が安らかに成仏出来るようにとかな。

792 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:39:03.64
ふ〜ん それがどーかしたの

793 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:44:10.80
もう遅いかな、東遷厨なんてまさに魑魅魍魎と化してるなw

794 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:45:32.78
チョンに魂売った売国奴のカスだからな

795 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:46:01.49
畿内説には説明できない弱点が多いのですが、
その中でも以下の3点は決定的です。

・邪馬台国のライバル国である南の狗奴国の説明
・東の海を渡った所にさらに倭種の国
・邪馬台国に属する国は30ヶ国

畿内説邪馬台国は畿内から九州までを含む全域を支配しているのに、
そのような大国に対抗できるライバル国が存在するのでしょうか。
また、東の海を渡るとはどこの海を指しているのでしょうか。
さらに、伊都国、奴国、不弥国と現代の市町村レベルサイズで
既に5-6ヶ国の記載があるのに、西日本全体で30ヶ国を想定するのは無理です。

それが九州説であれば、狗奴国は熊本の事、
東の海を渡るとは当然、豊後水道でさらに倭種の国は四国、中国。
邪馬台国が福岡県サイズとすれば、30ヶ国の数は適正。(現代の自治体数)
全てが違和感なくすっきり説明できます。

何より、当時の中国人・日本人が東も南も分からない愚か者の集まり
とするならば、そのような質の低い当時の日本人が、すでに3世紀に
西日本全域を支配している国家を形成していたと信じる方が支離滅裂なことだと思います。

796 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:49:53.65
>>703

畿内厨が奈落に落っこちて、まだ死にきれずにもがいています。

797 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:53:30.42
九州説、九州王朝説、東遷説、等は朝鮮からの渡来が朝廷を作ったという主張に持っていくために言ってるだけだからな

798 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:54:49.90
>>793
ってより怨霊

799 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:55:36.12
>>796
どうした、魑魅魍魎

800 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 15:57:00.87
東遷厨はそういう仇名なだけで本気で東遷説ってわけじゃないでそ
利用できそうな安本ネタがネットで拾いやすかっただけ
本性はただのダボハゼ

801 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 16:16:39.19
>>799
東遷厨なら自爆霊だよ

802 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 16:21:42.21
このスレッド もう終わったな

803 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 16:22:13.95
畿内説に被害のない自爆テロって、抗議の焼身自殺と代わんねーけどな

804 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 16:23:09.55
>>802
はいはい
終わったから巣に帰ってね



ハウス!

805 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:13:43.87
>>754
IntCal09と明らかに異なっているから

806 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:15:21.37
>>771
卑弥呼が住んでたのは御所市あたり。

纏向に住んでるわけがない。

807 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:16:52.25
>>805
IntCal09と異なっていると
「だいたいこのあたりだろうと言ういい加減な数値」
だという理由は?

808 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:18:00.05
>>807
IntCal09と異なっているのに何で正確な数値を出せるの?

809 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:18:31.83
「アジア人の人類史から見た日本人の二重構造」
http://www.ishikari-c-college.com/topics/2013/10/10-7.html
2重構造を調べていくと、地域によっていろいろ意外な特徴があることがわかる。

北海道・東北・沖縄の人達は当然、縄文人の特色が出ます。また西日本の人達は
渡来弥生人の特色が出るのは当然ですが、京都を中心に近畿地方の人達は平均的
な日本人のデーターと全く違う数値を示します。
100%渡来弥生人の特徴を一段と示すそうです。
京都中心とする近畿地方では渡来人の文化圏を作り混血が進まなかったと思われ
ます。

梅原猛・埴原和郎 著 「アイヌは原日本人か」

http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/1-thumb.jpg
近畿の人と朝鮮人が非常に近いことが目立つ

(1)アイヌは北方に住んでいても「寒冷地適応」を受けていない。
(2)朝鮮半島から渡来した弥生人たちは北方的要素をもっている。
(3)近畿人が朝鮮人に近いということは、近畿地方の人々は弥生人の混血の影響を相当に受けていると想像される。

私どもが行った現代日本人頭骨の分析から見ても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で『特殊な日本人』ともいえる
(埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授)
畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属している
(池田次郎・京都大学名誉教授)
大阪を中心とする近畿地方の人たちは、百済地方の人たちと匹敵するほど頭の形が丸い
(欠田早苗・兵庫医科大学名誉教授)

810 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:28:28.50
1年365日朝昼晩居続ける>>1こと>>807よ。

IntCal09と異なっているのに何で正確な数値を出せるの?

正しいという根拠は何?

811 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:34:04.53
九州説  魏志倭人伝に繋がる証拠が多いが、渡来系の遺品が少ない

畿内説  魏志倭人伝に繋がる証拠が少ないが、渡来系の遺品は多い

邪馬台国に限って言えば、九州説が有利だと思います。

812 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:35:17.60
わははははははははははははは!

>>1のどアホ論破されてやんの、

バ〜〜〜〜カ

バ〜〜〜〜カ

wwwwwwwwwwwwwwwww

813 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:35:38.15
http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2012/0607/00432833701_20120607.JPG
▲昨年7月、中国西岸骨董市場で発見され現地学術誌に公開された百済人「祢軍」の墓誌銘拓本。

今日の日本の国号が本来、百済の土地を称する言葉であり、国号成立に百済人らが関与したと
いう学説が提起された。

7世紀の百済滅亡期、義慈王と唐に投降して官吏になった後、日本に使節として派遣された「祢軍
(禰軍)」(613〜678)という人物の墓誌銘の文章に彫られた「日本」の文字が現在の日本の国号で
はなく百済の他の表現という根拠が見つかったという。この様な主張をしたのは日本古代史学界
権威である東野治之(とうの はるゆき)大阪市立大教授だ。


墓誌銘の「日本」は祢軍が日本に使節に行った背景を書いた部分に登場する。「660年官軍(唐
軍)が私たちの蕃国(百済)を平定した日…日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、風谷に
残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した…」という内容だ。

文中の「日本」を既存学界は公式国号と見たが、東野教授は「技巧を凝縮させた墓誌銘の文章と
見れば決して国号とは見られない」と否定した。墓誌銘に記録された当時、百済など中国の周辺
国は国号を使わず、扶桑・風谷・盤桃など自然環境的特徴に基づいた隠喩的名称を使ったが、唯
一、日本だけ公式国号を使ったはずがないという論旨だ。

墓誌銘の「日本」は中国から見る時「日が昇る所」という意味ですなわち百済を示すということだ。
彼は「墓誌銘で実際、倭国(日本)は‘ヘジュァ(海左:海東側)’、‘ヨンドン(瀛東:中国東側)と表記さ
れたと推定される」として「当時、国号が存在したとすれば書いた人は日本という表記を使わなか
っただろう」と主張した。

ハンギョレ新聞(韓国語) 「日本は本来百済の土、称する言葉だった」
http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/536435.html

814 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:36:54.91
失礼、>>811です

魏志倭人伝によると、九州説が有利だと思います。

邪馬台国論争は魏志倭人伝から端を発しているのですから。

815 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:37:29.77
断言するけど、畿内説は、日本列島における支配者は皇統以外あり得ないという信仰
が生み出した幻想だよ。

816 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:40:10.77
>>814 魏志倭人伝自体信憑性に欠けるので考古学で詰めるのが筋です。

817 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 17:47:29.56
>>811
畿内説が倭人伝に繋がる証拠が少ないとは具体的に何?

818 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:04:49.73
考古学で詰めるってw
これだけ堀りまくって何も出ないだからもう無理だよ
日本で一番掘りまくってるだろ奈良って
税金の無駄使いだよw

819 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:07:27.81
>>818 何をもって無理とするのか不明です。
あなたがどう思おうが、考古学の予算は奈良にほとんどつぎ込まれます。
言うまでもなく、九州に邪馬台国があった可能性はほとんどないと
学会でも判断しているからでしょう。

820 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:07:31.34
91 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2015/10/17(土) 15:54:01.43 ID:fynOFoqN0 [2/5]
箸墓卑弥呼説は見てて悲しくなってくる
纒向の発掘調査やってる人や桜井市奈良県の考古学専門家が発掘が進むにつれ
箸墓は卑弥呼の塚じゃない、誰の塚かさっぱりわからん、卑弥呼じゃなく台与の次の男王の墓だ、
などなど卑弥呼説に否定的な意見ばかり出てくるようになったた、市の広報は
予算確保や市民の興味引くために卑弥呼卑弥呼と連呼しなければならん、
でそれに踊らされてる一般人の図。
これは一般日本人が遺跡を軽んじてる証拠
卑弥呼が絡まないと価値がないとして無視してしまう知的探究心のとぼしさ、
卑弥呼に絡まない遺跡の発掘や保持なんかに金使うなという浅ましさ
見てて本当に悲しくなってくるわ


103 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2015/10/17(土) 16:22:40.01 ID:fynOFoqN0 [3/5]
91の続きになるが、奈良県や桜井市所属の考古学者はかなりキツイだろ
自治体ノータッチの考古学関連の集いなんかだと
箸墓は卑弥呼の墓じゃないっす、時代が卑弥呼じゃなく台与かそのあとっすとか言うが
次の日市のイベントで「纒向発掘〜卑弥呼の宮殿発見!」とかに出なきゃいけないからな
逆に言えば、公務員や市から金もらって発掘やってる学者の彼らが
こんな市 http://www.city.sakurai.lg.jp/himiko/ の意向によく逆らえると感心したりもする

821 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:07:56.47
そもそも近畿地方東魚是国出身の神功皇后が、九州邪馬台国を滅ぼしたんだから、
邪馬台国が畿内にあるはずないだろ。

822 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:10:17.10
また自演渡来人大好き爺が来たよ

以前、スレ主を自称して根拠を書かない書き込みは認められないと
勝手にルールを作ろうとして暴れたキチなんで触るなよ

823 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:10:30.16
神功皇后が邪馬台国を滅ぼした証拠は?

824 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:11:44.36
考古学の予算がとか嘘つくのも大概にしろよキチガイ

825 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:15:30.26
現実問題として、今九州に邪馬台国があると本気で信じている人は
いないだろうね。

826 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:17:10.23
現実問題として、畿内に邪馬台国があると本気で信じている人は
いないだろうね。

827 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:18:17.34
いくら喚いても九州に邪馬台国はよみがえらない。
もう定説になってるからなぁ

828 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:19:31.49
能無しおうむ返し
あるいは自分の考え=世論と思い込んでいる62病患者

829 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:20:33.98
≫825さん
それでは、どこにあったの?
貴君が本気で、もし、機内にあったという根拠は?
魏志倭人伝から語ってください。記紀は持ちださなくてヨロシ。

830 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:20:46.76
九州説って本当にこんなんばっかりなんだね。
そりゃ滅ぶわな

831 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:21:52.47
>>829 ほらね。バカは何かと魏志倭人伝を持ち出してくる。
その記述の信憑性を確かめないで倭人伝で語るもへったくれもないんだが…。

832 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:23:20.08
畿内説は、事実より創作史実を信じてる方。

833 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:23:36.49
>何をもって無理とするのか不明です

まだ堀る場所あるのかい?
思い浮かぶのは天皇陵くらいしか残ってなさそうだがw
宮内庁が許可しないだろうし
そもそも天皇陵って事自体が怪しいしw
まだ発掘場所が残ってるなら教えてくれるかい?w

834 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:24:24.78
だから、

根拠のない畿内説以外を、排除するだけ。

835 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:24:39.24
ほら畿内を変換できていないw

836 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:26:55.05
奈良県て大規模開発が進んでないから広域発掘もあまり行われてなかったんだぜ
これ豆な

837 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:31:52.47
物的証拠は九州説の方が有利なのに、
戯言記紀等を持ち出す一部の方が、九州説を不利にする。
魏志倭人伝と整合する物的証拠だけで充分なのに。

838 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:32:47.38
>>808
IntCalが全世界均一であるという前提に例外が有り得るから

839 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:33:28.06
その九州説有利な物的証拠とやらを提示してみてよ

840 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:34:10.30
小札革綴冑という中国製の冑が3世紀後半から4世紀に畿内を中心に出る。
九州は周防灘の石塚山古墳の1点。

時期的には台与の朝貢時であろうから、台与は畿内にいたことになる。
つまり卑弥呼も畿内にいたというわけだ。

841 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:35:32.09
>>838
だからそう言ってるんだよ。

842 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:37:03.89
魏志倭人伝の信憑性はありますが、

記紀の信憑性なんて、現代人は神話、創り話程度ですよ。

畿内説の謀略は記紀を九州説を土俵に入れること。

邪馬台国と朝廷は無関係だと思いますよ。もしくは朝廷が邪馬台国を歴史から葬り去ったかな?

843 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:41:21.55
結局主観しか語られていない

844 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:42:18.26
東遷なんて、邪馬台国と関係なし。畿内説の反論として神話の世界に引き込まれないよう。
畿内説は、魏志倭人伝から導き出されないのだから。

畿内説の方へ・・・純粋に邪馬台国は魏志倭人伝から語ってください。

845 :筑紫倭皇帝:2016/01/16(土) 18:42:37.18
ささ、今宵は鉄や三種の神器と初めて対峙した畿内銅鐸民の混乱を題材に宴じゃ。
また万葉集に採用されそうじゃのう。

「銅鐸で対抗したのはいいけれど 鉄の刃(やいば)にすぐに粉々」

「朝もピカ昼もピカピカ夜もピカ 畑仕事はピカのまにまに」

「妻の手に鉄の鍬の刃(は)光ります 鐸の光を誇りしあの日」

「銅鐸をカンカン鳴らして威嚇する ピカピカ鐸面我の鬼面(づら)」

「銅鐸をピッカピカにしたけれど 鏡で照らされ夕焼け小焼け」

なんとも優雅じゃの。
何曲選ばれるかのぉ。

846 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:42:54.94
>>842 じゃ倭人伝を解いて自称邪馬台国で盛り上がればいいんじゃね。

847 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:44:05.22
それで結論が出なかったから今の状態になっているのだと理解できない九州脳

848 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:44:25.23
>>837

有利な物証ってなに?

849 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:45:24.89
>>841
誰が、いつ?

850 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:46:53.78
>>844
意味不明

畿内説は東遷も神話も語っていない

851 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:49:21.71
銅鏡の分布が決定的だな。卑弥呼の時代に九州に漢鏡の分布はない。

852 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:49:43.32
>>805
それで結局
IntCal09と異なっていると
「だいたいこのあたりだろうと言ういい加減な数値」
だという理由は?

853 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:50:07.46
そもそも日本書紀は東遷なんて一言も書いてない

854 :筑紫倭皇帝:2016/01/16(土) 18:50:32.04
日本書紀より東アジアに残る文献の方が信ぴょう性は確実にあるな。

日本書紀は筑紫博多湾沿岸の倭国に征服された銅鐸バカが作った作り話。

中国や韓国の文献はみんな同じで考古学とも一致するが
日本書紀はトンデモ珍歴史が満載のおとぎ話。

バカ畿内説はそんな日本書紀や風土記といった珍書しかよりどころがないのだよ。

どんだけ畿内バカがマヌケなアホかよく分かるよ。

855 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:55:01.19
韓国の文献だってw

856 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:58:03.73
九州説ってどうしてこういう見え見えの嘘をつくんだろう?
>>811のように九州説は倭人伝に繋がる証拠が多くて、畿内説に少ないとか
>>837のように物的証拠は九州説に有利とか
いつも言い張るだけで具体性ゼロ

857 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 18:58:07.23
>>852
それはおまえが歴博の240〜260年が正しいという根拠を出すのが先なのだが?

IntCal09と異なっているというのは理解できたのかな?
上でHPを出したわけだが。

858 :孝霊厨:2016/01/16(土) 18:59:24.02
>>837
九州には三世紀邪馬台国を証明するような物的証拠なんてないですよ。
出土品でも絹や鉄は邪馬台国の証拠になりません。

859 :筑紫倭皇帝:2016/01/16(土) 19:01:24.10
そんな筑紫博多湾沿岸の倭国に支配された銅鐸バカの作り話でさえ、

「我我は筑紫博多湾沿岸からきたのじゃー」

と泣き叫ぶ。
ようするに、筑紫博多湾沿岸に
邪馬台国や倭奴国といった、銅鐸バカ憧れの国家が

筑紫博多湾沿岸にあったからだよ。

ようするに、畿内は地元の銅鐸バカすら触れたくない
とってもショボい歴史があったということ。


つまり、畿内の地元の銅鐸バカは筑紫博多湾沿岸の倭国に滅ぼされ支配されたハゲ。

これが現実。

860 :孝霊厨:2016/01/16(土) 19:04:51.20
筑紫君もいい加減バカコピペ貼りまくるの止めたら?
スレ流ししたいのかもしれないが、情けないし何の足しにもならんから。

861 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:10:21.60
畿内説には説明できない弱点が多いのですが、
その中でも以下の3点は決定的です。

・邪馬台国のライバル国である南の狗奴国の説明
・東の海を渡った所にさらに倭種の国
・邪馬台国に属する国は30ヶ国

畿内説邪馬台国は畿内から九州までを含む全域を支配しているのに、
そのような大国に対抗できるライバル国が存在するのでしょうか。
また、東の海を渡るとはどこの海を指しているのでしょうか。
さらに、伊都国、奴国、不弥国と現代の市町村レベルサイズで
既に5-6ヶ国の記載があるのに、西日本全体で30ヶ国を想定するのは無理です。

それが九州説であれば、狗奴国は熊本の事、
東の海を渡るとは当然、豊後水道でさらに倭種の国は四国、中国。
邪馬台国が福岡県サイズとすれば、30ヶ国の数は適正。(現代の自治体数)
全てが違和感なくすっきり説明できます。

何より、当時の中国人・日本人が東も南も分からない愚か者の集まり
とするならば、そのような質の低い当時の日本人が、すでに3世紀に
西日本全域を支配している国家を形成していたと信じる方が支離滅裂なことだと思います。

862 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:11:01.68
>>651
まあ考古学に限らないんだろうが一時期「マルクス史観」のようなものが席巻したのは事実だろうし
その残滓が今も何処かしら残っては居るんだろうな

(この辺詳しい人がいたらレクチャーして欲しいところw)

・・・が、それは何も畿内説に限ったことじゃなくて
在野あるいは畑違いの研究科からなる九州説も同じで

例えば古田なんか「反体制」の臭いがプンプンするw

ちなみに「邪馬台国はなかった」等の初期作品は朝日新聞から出てるwww

まあ(ブーム時の)九州説全体がアンチ・アカデミズムと言うどうしても左カラーがかかったものだが

(恐らくそれは反面アカデミズムに対するコンプレックスでその裏返しなんだろうが)

ここのゴミクズレベル九州説なんかはもっとスケールダウンして
単なる地域ナショナリズム(おらが国の邪馬台国)とか
地域ヘイト(近畿関西けしからん)というチンケ極まりないレベル

863 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:13:35.28
「現生日本列島集団に縄文人ゲノムの痕跡が残っていることが示され、
その頻度はアイヌ、沖縄集団で高かった。〜 縄文人にはデニソワ人のゲノム痕跡が
あることが示された。東アジア集団にはそのような痕跡は認められないので、
縄文人の分岐が古いことがここでも示された。
※デニソワ人はロシア・アルタイ山脈の旧人。
http://ir.soken.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=4960&file_id=19&file_no=1

864 :孝霊厨:2016/01/16(土) 19:20:25.77
何度も指摘してるが倭人伝の記述で重要なのは鏡と丹だからな。
鉄器を重視してる記述は何処にもない。
三世紀末で丹と鏡と言えば初期道鏡、神仙思想なのも言うまでもない話。

865 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:21:32.17
アルタイが派生経路でメイン経路じゃ無いだろ。
Y−D系が少量居たか?

866 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:27:28.28
>>862

チンケ極まりないレベルのお前が言うなよカス

867 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:33:17.35
>>861
東の海ってのは、伊勢から太平洋の航路を通ってという意味だと思うわ。
この時代、倭国内を旅行するとしたら、
沿岸部を船で旅行するってのが一番快適。

868 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:37:49.31
>>857
異なっていけないという理由が不明

そもそもIntCalが日本産の試料に適用できるのかとの疑問は考古学者の側から指摘されたもので、その結果、日本産樹木を用いた較正データセットの構築が推進された
つまり、14C年代の地域効果を、より高い精度で再検証する研究が行われたのであるから、その結果がIntCal09と異なるのは当然である
IntCal09と異なるから
「だいたいこのあたりだろうと言ういい加減な数値」
だという理由は存在しない

結果が正しいかどうかは今後の各方面のデータ積み重ねを見て判断していくべきもの
こちらが先に歴博の240〜260年が正しいという根拠を出すのが先だという要求はには根拠がない
そちらが
「だいたいこのあたりだろうと言ういい加減な数値」
だという理由を聞いているのである

正当な理由が無いなら、そちらの発言が
だいたいこのようなものだろうと言ういい加減な推測による発言であると断定されることになる

そもそも1〜3世紀にかけての測定数値を較正した場合にIntCalによるほうがJcalより系統的に古く出ていて、Jcalのほうが考古学的年代観と整合的なのであるから、そちらの主張そのものに矛盾がある

869 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:43:36.91
邪馬台国が

畿内にあった



出土品を示せ。

870 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:45:17.16
>>869
それ、日本語になってないと思うが

871 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:47:16.99
卑弥呼が畿内にいた?、へえーーーーーーーーーーーーーーーーーー

卑弥呼と朝廷の関係を示せ。

872 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:48:36.28
九州説がんばれ!理論的には勝つと思うが・・・・畿内の弱点を突かなさすぎ!

873 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:49:01.18
>>869は「邪馬台国が九州にあった出土品を示せ」と言われたら
なんと答える気だろう?




出土品を示せ。

874 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:49:49.75
>>864 降霊中
>何度も指摘してるが倭人伝の記述で重要なのは鏡と丹だからな。

まあ倭人伝の記述そのものは鏡はあくまで下賜品の一つ ワンオブゼム

が以前話題になった「全唐文」で唐代家臣が皇帝に蛮族への贈り物の効用を説いた場面で
匈奴に贈ったバックルと同時にあげたのが「卑弥呼の鏡」

まあ唐代の中国人にしても鏡が目を引いたのは間違いないんだろう

875 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:50:03.87
九州説の方は温厚というか、人が良すぎ

畿内の弱点を突かなさすぎ!

876 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:53:39.98
出土品に関しては鏡なんか三世紀末には既に
畿内を中心多いのは否定出来ないだろう。

877 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:54:30.42
>>872
>畿内の弱点を突かなさすぎ!

そもそもこの板の九州説の殆どがスタートから間違ってる

九州王朝のような強大な勢力を妄想したり
邪馬台国東遷説は元々九州の考古学が弾き出した年代を無視ししなければならない

弱点を突く云々以前に現在の学術レベルの土俵に上がってもない

878 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:56:23.20
説畿内説のかきこみを見る限り、反九州説だけで勝ったつもり、

もっと畿内説を語れば良いのだが・・・・材料不足かな?

九州説を粉砕するより、畿内説の妥当性が薄っぺらだ。

畿内説は、とにかく邪馬台国畿内信者の集まりだが、事実と史実の混乱だらけ


だから他説を攻撃するしかないのでは・・・・

879 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:58:30.67
>>868
だからおまえが歴博の数字240〜260年を正しいと思うのか?

240〜260年のを根拠を聞いてるのだが。

何もないのなら恣意的ではないか。

880 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:59:27.02
>>871
卑弥呼と朝廷の関係?

卑弥呼は3世紀に奈良にいた倭国の初代女王
朝廷は6世紀ごろから奈良に在った倭国の政府

881 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 19:59:59.81
畿内説に納得感を持たせるには

畿内説論者が「邪馬台国倭人を征服したのが渡来人朝廷」と言えば話が進むのだが。

882 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:02:10.05
>>878
「説畿内説のかきこみ」って、どれ?
「反九州説だけで勝ったつもり」だという理由は?

畿内説の妥当性が薄っぺらだ
という理由は?

事実と史実の混乱だらけ
だという根拠は?


具体性なさすぎ

883 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:04:03.16
邪馬台国と7世紀の大和朝廷との連続性が全くない。
邪馬台国と3世紀の畿内国との同一性が全くない。

これを何とかしてよ。

884 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:04:07.94
>>879
あとから質問を繰り返して、先に自分が受けた質問の答えをはぐらかすのは



     詐  偽

だよ

885 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:05:32.50
>>881
馬鹿だけが納得しても意味がない

886 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:06:15.82
と言うか九州説こそ

「 反・畿内説 」の一点でもってるような連中

現状、九州説は

  『 九 州 だ っ た ら ど こ で も い い 説 』

狂痛・・・もとい共通項は「アンチ畿内説」

畿内説にイチャモンつける暇があったら九州説における最有力候補とそれを導き出すロジックを組み立ててこいゴミクズども

887 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:07:08.13
≫882

九州説があるから、盛り上がってる。

畿内説が鉄板ならこんな議論は無い。

888 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:08:25.56
畿内説がんばれ。やや押され気味。

889 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:10:02.59
>>883
邪馬台国と3世紀の畿内国との同一性?

邪馬台国は3世紀に中国が承認した倭国の王宮所在地
畿内国は考古学的に推定された3世紀日本の政府的なものの所在地

概ね同一でよし

890 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:10:46.12
>>888
判断基準が不明

891 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:11:53.75
>>887
こんな盛り上がりはいらんわアホ

コピペ荒らしと半世紀はローテしてるネタばかり

キチガイの荒らしと爺のノスタルジア

そんなもんで水増ししても全体の質が低下するだけで一利なし

892 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:11:54.32
>>887
畿内説が鉄板だから、こんな議論があるのはおかしいんだよ
おかしい原因は、九州説があることだ

もう無いはずなのに

893 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:12:41.08
最後に、日本における馬と人との交渉の変遷について概観する。前述したように中新
世の地層や沖積層の地層から馬の化石骨の出土はあるが、明らかに縄文、弥生時代の
馬と推定できる馬骨の出土は一例も無く、この頃日本列島に馬は棲息していなかった
と考えられる。現在の在来馬にいたる日本の馬は、4世紀末から5世紀頃に乗馬の技
術や飼養技術とともに持ち込まれた家畜馬が起源と考えられている。

現在では、野沢謙により提唱されている説がより現実的であるとされている。彼は現
存する東アジア在来馬の血液蛋白を指標とした遺伝学的解析をおこなった結果、日本
の在来馬は古墳時代に蒙古系馬がモンゴルから朝鮮半島を経由して、九州に家畜馬と
して導入されたものが起源であるとしている。

http://uma.equinst.go.jp/jiten/equus/caballus/1-1-9.htm

894 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:16:23.15
畿内説の方へ・・・純粋に邪馬台国は魏志倭人伝から語ってください。

九州説の方へ ・・朝廷と邪馬台国を結びつけないでください。
        畿内説の方の扇動は邪馬台国=朝廷なら九州に邪馬台国は無いという反論に徹してるだけ。
        純粋に魏志倭人伝だけ語れば九州説に部があるのです。

邪馬台国は朝廷と無関係と思いますよ。だから私は反畿内説です。

895 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:18:32.40
これこそが反論で成り立つ畿内説

「畿内説にイチャモンつける暇があったら九州説における最有力候補とそれを導き出すロジックを組み立ててこいゴミクズども」

896 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:20:29.56
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku281.htm
歴博発表のレジメ

>2、古墳出現の年代

>箸墓古墳の周溝の「築造直後」の布留0式土器の年代を240〜260年代と推定した。

推定したwww
はい恣意的ね。

おまえの負けだ、アホの>>1よ。

1年365日居ついてる糞男www

897 :孝霊厨:2016/01/16(土) 20:20:51.87
倭人伝だけでも考古学、出土状況をみる限りは
畿内説の方が確実に分がありますよ。

898 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:22:01.64
>>894
理由不在ぶりがすげえ

>>895
意味不明

899 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:23:27.03
754 名前:日本@名無史さん :2015/01/15(木) 00:14:06.15
卑弥呼も邪馬台国も、陳寿の頭の中では明確に特定されてる。
陳寿は、倭国は周旋五千里ばかりとし、邪馬台国は不弥国から南へ水行20日、さらに
南へ水行10日、陸行1月とした。

「そのままだと九州を通り越す」と言う奴は馬鹿。保証する。

天才陳寿は、出鱈目を書いたのではない。
彼の地図に矛盾はない。

水行は、河川交通。
魏志において、河川でなく海の場合は、必ず海と書いてある。
川を遡るのは時間がかかる。江戸時代、川越から日本橋の往復で2週間。
上りが多く、整備されていない川だと、20日で数十kmがやっとだ。

道無き道を歩くのも大変で、1日5kmも進めない。
街道が整備された江戸時代の例から、1日20km進めると言うやつはキチガイ。

陳寿が明確に特定した邪馬台国は、東に海がある。

以上を総合すると、邪馬台国は、大分から宮崎の辺り。
それ以外にはあり得ない。

900 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:25:15.30
歴博はこのアホな「推定」の後、
卑弥呼がどうこうなどと、
もう最初から箸墓=卑弥呼と決めつけてるんだよ。

こんなの認められるわけないだろ、アホの>>1よ。

901 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:26:08.32
女王国の北に21国あるのだから、北部九州でないことは明白。
その余の、遠絶にして詳らかにできない某国というのが本州だろう。

そして、女王国の東には海があり、その向こうには倭種が住むという。
そこは四国であり、女王国は九州東部で決まり。

そして、四国の南については書いてあるが、女王国の南については
書いてない。
これは、女王国が九州東南部であり、南には他に国がないことを示している
と考えられる。

西はどうかというと、奴国という、女王国に向けて南下した不弥国の
西にある国(奴国)の南に、女王国と対立する狗奴国があると書いてある。
つまり、女王国の西は狗奴国。

魏志倭人伝は、最小限の文章で、九州全域、女王国の東西南北を
明確に記述しているのだよ。

奴国→不弥国
↓   ↓水行
↓   ↓水行
↓  投馬国
↓    ↓水行
狗奴国  ↓陸行
    女王国(海)→四国
    (海)

902 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:27:15.64
間違ってたら御免。
九州説の方の、刺青の骨?が畿内では発掘されてないへの、畿内説の方のカキコミ無いのはなぜ。
邪馬台国と朝廷との関係に神話で回答するのはなぜ。

903 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:28:56.92
倭国の男女は刺青をし、倭国には阿蘇山がある。
これは大和朝廷以前の原住民、土蜘蛛、蝦夷の類だ。

男女の多くが臂(肩から手首まで)、顔、全身に刺青をし、水に潜って魚を捕る。文字はなく、
ただ木に刻みをいれ、繩を結んで(通信)する。仏法を敬い、百済で仏教の経典を求めて得、
初めて文字を有した。卜筮を知り、最も巫覡(ふげき=男女の巫者)を信じている。

阿蘇山があり、そこの石は故無く火柱を昇らせ天に接し、俗人はこれを異となし、因って祭祀
を執り行う。如意宝珠があり、その色は青く、雞卵のような大きさで、夜には光り、魚の眼の
精霊だという。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun9-zuisho.htm

904 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:28:59.68
また的外れないちゃもんとコピペばっかり、
そりゃ九州説は畿内説の相手にならんわ。

905 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:30:20.27
>>896
恣意的だという理由は?

906 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:30:21.23
畿内説の方はなぜ古墳を天皇陵発掘せよと言わないの?
天皇陵発掘は現代社会、世論で無理なのは十重承知してますが。

907 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:32:24.15
>>905
推定だと認めてるが?

908 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:35:09.56
最後に、日本における馬と人との交渉の変遷について概観する。前述したように中新
世の地層や沖積層の地層から馬の化石骨の出土はあるが、明らかに縄文、弥生時代の
馬と推定できる馬骨の出土は一例も無く、この頃日本列島に馬は棲息していなかった
と考えられる。現在の在来馬にいたる日本の馬は、4世紀末から5世紀頃に乗馬の技
術や飼養技術とともに持ち込まれた家畜馬が起源と考えられている。

現在では、野沢謙により提唱されている説がより現実的であるとされている。彼は現
存する東アジア在来馬の血液蛋白を指標とした遺伝学的解析をおこなった結果、日本
の在来馬は古墳時代に蒙古系馬がモンゴルから朝鮮半島を経由して、九州に家畜馬と
して導入されたものが起源であるとしている。

http://uma.equinst.go.jp/jiten/equus/caballus/1-1-9.htm

909 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:37:01.31
>>906
破壊の危機に瀕していない遺跡はなるべく発掘しないようにするのが国の方針で考古学者も賛同しているから

910 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:37:17.10
>>906
答えてやろう。宮内庁勤務等の公務員が畿内説が多いから。
公務員になりたかったら、わずかばかり畿内説に偏れば良い。
学者叱り、研究費や助成金欲しかったら、九州なんてクソ。

911 :孝霊厨:2016/01/16(土) 20:37:22.47
>>906
畿内説という立場ではなく普通に考古学見地からは依願していますよ。

912 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:41:20.43
九州大学みてみい。銭がらみで九州説を探求する学者は殆どいない。
バックが違うんだよ。九州説と畿内説のバックが違うんだよ。

913 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:43:26.72
おいおい、九州説だが九州王朝なんて書き込んでないぞ。

914 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:43:32.06
>>909
その通りで将来の技術に期待して、保存していける状況ならなるべく発掘しない方針。
江戸時代の発掘などは破壊と同じ風に批判的にとられているんですよね。

915 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:46:59.52
>>912
>バックが違うんだよ。九州説と畿内説のバックが違うんだよ。

で予算書とか言った証拠は?

今時ほぼ通説である畿内説やってご利益があるのかよゴミクズw

こうやって陰謀論に逃げるようになったらお終い

九州説にはもう馬鹿しかいない事がよく分かるwww

916 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:50:20.53
纏向はずいぶん掘ってるじゃないか。筑豊の邪馬台国遺跡なんか、ぜんぜんだぞ。

917 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:51:54.01
>>864

この山に丹有り、なだけで
日本産の丹は重視してないと思いますよ。

中国から送られた真朱は、重量まで
書いてあるので重要だとは思いますが。

918 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:52:17.54
邪馬台国〜説を前提に調査活動をする自治体なんてありません。
本当に九州脳は困ったもんだ。

919 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:52:18.70
>>914
何が出てくるのか、わかっるような書き込みです。
保存しなくても良い品がないかも。何も出ないかも。
今の技術で、発掘しないと風化してしまう遺物もあることわかっての上ですか。

920 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:56:34.42
天皇は神聖にして侵すべからずということね。畿内説の最後の砦。

921 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:57:05.04
>>912
普段朱丹を白粉のごとくつかう。
献上品の中に丹がある等、複数以上に記述がありますよ?

922 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:57:57.89
>>862
左翼史観のやつは畿内説にも九州説にもいるよね
右翼史観も畿内説、九州説の両方にいたけど

923 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:58:14.44
>>915
知ってるくせに。

924 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 20:59:37.59
巻向は170回以上掘ってるけど、
最近はめぼしい発見もなくて、
花粉をネタにしてたな。

成果を呈示して予算を取る以上、
何かは報告書に書かなきゃならんが
新しい発見もなくて、苦しい感じがする。

それでも今までの成果を無にするわけにも行かず
最近では邪馬台国畿内説の
ニュアンスは消して、纒向の
発掘調査だけに絞った
纒向学に変えてきている。

925 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:03:01.13
政教分離なのになぜ歴代首相のお伊勢参りの経費はどこから出てるの?
警護のため皇宮警察、三重県警にそのための予算ついてるのですが・・・・・

926 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:08:52.05
>>924

この手の馬鹿は 考古学=お宝探し にしか思ってないんだろうなw

もう九州説はこの手のゴミクズばかり

927 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:10:12.18
真実は面白いんだよ。天皇家や首相がお伊勢参りする警護。
まず、東京から名古屋への新幹線、
東京から乗り込む警察は警視庁と神奈川県警、静岡県警、愛知県警・・・自分の管轄の県を通過したら一安心。
次に名古屋から伊勢までは愛知県県警と三重県警、愛知県警は木曽川超えたら一安心。

928 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:11:36.38
>>926

むしろ逆で、纒向学という
手堅いテーマになるのは
歓迎ですね。

929 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:17:30.13
>>919 正解
本当は暴かないか、風化して欲しいのが企み

「発掘しないと風化してしまう遺物もあることわかっての上ですか。 」

そのままにしておくより、より高度な現代技術で保存した方が良いですね。

930 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:21:01.01
誤解しないでください。
学会では天皇陵を発掘すべき意見が多いのですよ。
しかしあまり強く主張してないのは確かです。もどかしいです。

931 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:21:52.69
技術的な問題でしょ
キトラ古墳の失敗とか酷いでしょ

932 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:24:37.60
天皇否定の自演が酷い

933 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:25:35.03
>>907
推定だと恣意的なの?

934 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:26:03.03
まあ天皇陵が発掘されデータが増えるのは歓迎だが
それでもその後の保存等にコスト他問題があるのなら現状維持もやむなし

大体天皇陵掘って邪馬台国論争が完全決着するようなものが出ると思ってるのか?

ショートカットの跡が斜め横断してる箸墓なんて十中八九盗掘されてるだろうし

935 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:27:16.67
>>917
重視してないという意味が不明
山に丹があるなら日本産の丹が存在するということ

936 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:29:26.48
>>907
測定で出た数値から実年代を推定するのは
客観的な作業なんだけどな

どうして恣意的だということになってしまうのかな?

937 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:31:11.03
>>934
コストですか?探求心は?

938 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:32:17.94
台湾の総統選挙で、民進党の蔡英文氏(59)が当選確実。初の女性総統。
そういえば、韓国も朴槿恵だし、一番遅れているのが日本である。
ツングース、扶余系の女真族と倭の関係はどうなんだろうか?

日本には、国を任せられるような女性政治家はいない。
そういう資質を持った女性が生まれてこない国なのだ。
それが、日本に邪馬台国がなかった証拠だ。

これ以上の証拠はなかろう。
現実を見ろ!

939 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:32:23.20
長年安定した状況下にあった遺物の一番の大敵は環境の変化

発掘は環境の変化をもたらし、有機物などは掘り出した直後から急激に劣化する
なんとか取り上げても、現代最先端の技術だから大丈夫だと思って施した保存処理がかえって遺物に深刻なダメージを与えた例もある

考古学者はそういった現状をきちんと把握しているから不要な発掘は自重している

無責任に掘らせろ掘らせろと騒いでいるのはそういった事情を知らない素人やこのスレにもいる知ったかぶりばかり

940 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:33:23.05
金印を見てみなさい。国宝級の宝物見てみなさい。
拝観料でコストなんてすぐにでてきますよ。

941 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:36:17.09
天皇陵の警備のコストからいえば、
何も出てこ無かったら、コストゼロ、そのまま警備なしで放っておくか、宅地で転売も可能。

942 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:39:10.04
少し早いですが新スレたてました

http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1452947875/l50

943 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:40:47.55
また東遷厨がニセスレ立てたか

どこまで根性が腐ってるんだ

944 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:41:18.07
>>936
その推定が正しいという根拠は?

945 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:42:38.78
「水銀・その技術と産地」
http://www2.odn.ne.jp/~nov.hechima/syu.html

日本列島で その丹を産する地は 右図に示したように 九州の熊本県から
大分県を通って四国につながり 紀伊半島を横断して 伊勢湾を通り長野県
行き フォッサマグナ(日本列島断層帯)の下を通り茨城県へ走っている
中央構造線に沿う形で出現している。

http://homepage2.nifty.com/amanokuni/sozai/cut-niu.gif
http://homepage2.nifty.com/amanokuni/hani.htm

946 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:43:11.80
大仙陵古墳(だいせんりょうこふん、大山古墳)は、大阪府堺市堺区大仙町にある前方後円墳。百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つ。
宮内庁により「百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)」として第16代仁徳天皇の陵に治定されている。

仁徳天皇の陵なら、こんな近代に指定しなくても朝廷が大事に守ってるはずでしょ。朝廷なんて、いい加減な証拠。

947 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:45:03.75
畿内説自体いいかげんだから仕方ない。

948 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:45:53.41
>陸行1月についてまとめ

>畿内説
>@河内湾→奈良 35km 1.5km/日
>A舞鶴→奈良 120km 4km/日

>九州説
>@日田→佐伯(大分) 130km 4.6km/日
>A日田→日向(宮崎) 150km 5.5km/日
>B有明海→熊本 60km 2km/日

949 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:46:28.19
>>946
陵戸はいたらしいよ。
今はいないけど。

950 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:46:31.83
>>942 トンスル東遷厨=安曇バカ=「アホの>1」連呼厨

また偽スレか・・・

このキチガイの立てた偽スレこれでいくつめだ?
前のもまだ板に残ってる

ちょっと洒落にならんな

自分の組み立てた与太に誰も寄り付いてくれない
それで火病発症して偽スレまで立てて荒らす

951 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:47:34.42
>>944
歴博が出したJcalの妥当性は今後の検討によるが
同じデータをIntcal13で較正すると3世紀前半の推定値が出るから妥当な範囲内だろう

952 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:48:30.32
なんとか2千年近く保ってきた遺物を
博物館で500年保管、保存できるとは
思えない。

それに全部保存できるわけもなく
目立つものだけが保存され
価値がないと思われたものは
ヘタしたら壊され捨てられる。
その中にだって後で価値が見出されるものが
あるかもしれないので

むやみな発掘は反対である。

953 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:48:42.26
>>950
おまえって筑備讃播はなぜ?という問いに答えられなかったじゃん、消えろ。

954 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:48:54.52
天皇家は万世一系でないから仕方ない。
血筋の違う仁徳天皇領なんて大事に敬う必用なんて関係ない。
万世一系なんて戯言。

955 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:50:02.14
>>951
>3世紀前半の推定値が出るから妥当な範囲内だろう

妥当な範囲内という根拠は?

956 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:53:50.56
畿内説の輩が、九州説=九州朝廷とデマを流しただけだよ。
九州に邪馬台国があったと主張してるのにね。九州邪馬台国と九州朝廷なんて学者は言ってないし。

957 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:54:01.69
江戸時代に掘り出された金印はその埋蔵場所や状況の正確な情報がなく後世の学者を悩ませているんだぜ?
真贋論争だって完全に決着していないとする意見すらある

発掘ってのは掘る側の認識で得られるデータの質・量に大きな違いが出るもんなんだ
件の金印も現代に掘り出されていれば埋納状況もある程度明らかになり、真贋論争なんて置きていないはずなんだよ

掘る側の認識はあらたな発見や研究で深まり、調査技術は日進月歩の勢いで進んでいる
今現在の認識や技術でわからなかったことが数年後にならばわかるように掘れるってことが当たり前の世界なんだよ

それもあって破壊の危機に瀕していない遺跡はなるべく発掘せずに後世のために残しておこうというのが今現在の学界のスタンスなんだ

未来へ責任を持って伝えようとする姿勢に難癖つけるのは自分の欲求を満たそうとするエゴに他ならない

958 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:54:35.97
>>954
万世一系だよ

959 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:54:38.72
>>938
女酋長はローマのアマゾン族でも日本の討伐された女酋長でも未開の証
前者は奴隷の見世物にされて後者は遺体はバラバラに神社に祀られた
鼻の下伸ばすより怒りを買ったら恐ろしいよ
鼻の下の方が強い程度に平和で本質的に土人だってこと
ドイツもイギリスも血は蛮人だしな

960 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:56:35.33
>>953 トンスル東遷厨=安曇バカ=「アホの>1」連呼厨

氏ねじゃなくて死ねゴミクズ

ただでさえ邪馬台国スレが氾濫してるのに
自分が馬鹿扱いされて火病起こして偽スレ立てる気違い

姫媛蹈鞴五十鈴媛命スレ立てたが閑古鳥なのは単にお前がアホだから

「筑備讃播はなぜ?」に対する答えは文化の伝播
お前みたいなアホでなければそれで了解してる話

古墳の要素がそれらにあると紹介した学者の誰がそれを東遷説の根拠にしてるんだゴミクズ

さっさと削除依頼出してこいゴミクズ爺

961 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 21:58:59.50
新スレ立てました
こちらが本物です
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1452948681/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
注意*本スレが終了してから書き込んでください

962 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:00:27.94
もう迷惑だわ。次から次へと同じタイトルのスレ立てるな。

963 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:00:31.32
>>956
っていうか、九州説なんて学者は言ってないし

964 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:02:36.81
>>962
この板をID表示にすれば少しはおさまるかもよ

965 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:05:32.65
すでに邪馬台国関連のスレが多すぎで他時代のスレ住民から迷惑がwれているのだが

966 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:05:49.46
すでに邪馬台国関連のスレが多すぎで他時代のスレ住民から迷惑がられているのだが

967 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:06:52.66
九州や近畿地方に同和地区が多いのは周知のとおり。
邪馬台国は倭人の地で渡来人に滅ぼされた、反抗した倭人が同和地区になったんだろ。
いずれにせよ、貴賤の令や五色の卑なんて倭人蔑視の朝廷の政策だろ。
さすれば、九州か畿内のどちらかに邪馬台国はあった。それ以上は畿内説・九州説で戦ってくれ。

968 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:06:55.57
>>960
>文化の伝播

アホアホアホアホ〜www

ビビリの小心者w

新王朝ですよ、残念www

969 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:07:10.85
>>955
先も書いたとおりintcal13で試算しても3世紀前半を示す結果が出るので、これと近い歴博の推定にも妥当性が認められる

970 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:07:33.94
すまん、変換ミスに気がついて書き込み中止にするつもりが連投になってしまった

971 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:09:30.18
流石に 邪馬壹國は畿内にあった〜 とかいうひとはおらなんだ

972 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:10:59.00
>>969
>歴博の推定にも妥当性が認められる

根拠は?
答えになってないのだが。

973 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:11:30.62
そりゃ邪馬壹國は無かったからな

974 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:12:40.10
>>972
何度も書いたとおりintcal13で試算しても3世紀前半を示す結果が出るので

975 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:13:20.87
このトンスル東遷厨の基地外爺の立てた偽スレって今いくつ残ってるんだ?

邪馬台国畿内説 Part86 [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1452947875/

邪馬台国畿内説 Part21
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1414060591/

邪馬台国畿内説 Part13
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1400762147/

邪馬台国畿内説 Part62 [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1440838796/

邪馬台国畿内説 Part26 [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1419218133/

・・・26はちょい微妙だが
でこの気違い爺の本命スレ

卑弥呼は初代皇后であった [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/history/1417675272/

976 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:15:40.94
>>975
21の最近の書き込み読んだら物部厨がいかにおかしなやつかよくわかるぞ

977 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:17:13.99
物部厨ってなんですか?

978 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:17:46.96
>>974
intcal13で試算しても3世紀前半を示す結果が出たならなんで240〜260になるの?

その時間差の根拠は?

979 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:18:26.27
放置偽物スレを埋め立ててる奇特な人あるいは人達がいるのだが21については匙を投げちまってたな

980 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:21:24.56
>>977
3世紀邪馬台国の時代より前西日本一帯に物部氏がいて
そのトップ親玉が九州にいたという

ここで「トンスル東遷厨」「物部厨」とあざ笑われてるキチガイ爺が妄想してる
「大物部王朝説」(笑)

過去に出た九州王朝説の類と比較しても香ばしさは引けをとらないキチガイ電波

981 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:21:56.33
畿内説に素朴な質問なんだが魏略では倭人は呉の太伯の末裔ってあるが
天皇家は呉の太伯の末裔なのかい?

あー、倭人伝に載ってないって言わないでね、呉は魏と敵対してたから
呉との関係があるものは省いてるみたいだし、たとえば東魚是国とか

982 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:22:54.82
「アジア人の人類史から見た日本人の二重構造」
http://www.ishikari-c-college.com/topics/2013/10/10-7.html
2重構造を調べていくと、地域によっていろいろ意外な特徴があることがわかる。

北海道・東北・沖縄の人達は当然、縄文人の特色が出ます。また西日本の人達は
渡来弥生人の特色が出るのは当然ですが、京都を中心に近畿地方の人達は平均的
な日本人のデーターと全く違う数値を示します。
100%渡来弥生人の特徴を一段と示すそうです。
京都中心とする近畿地方では渡来人の文化圏を作り混血が進まなかったと思われ
ます。

梅原猛・埴原和郎 著 「アイヌは原日本人か」

http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/1-thumb.jpg
近畿の人と朝鮮人が非常に近いことが目立つ

(1)アイヌは北方に住んでいても「寒冷地適応」を受けていない。
(2)朝鮮半島から渡来した弥生人たちは北方的要素をもっている。
(3)近畿人が朝鮮人に近いということは、近畿地方の人々は弥生人の混血の影響を相当に受けていると想像される。

私どもが行った現代日本人頭骨の分析から見ても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で『特殊な日本人』ともいえる
(埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授)
畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属している
(池田次郎・京都大学名誉教授)
大阪を中心とする近畿地方の人たちは、百済地方の人たちと匹敵するほど頭の形が丸い
(欠田早苗・兵庫医科大学名誉教授)

983 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:24:02.00
>>980
説明ありがとうございます
確かにキチガイ電波ですね

984 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:26:42.05
>>981
日本に逃げてきた呉の太伯の末裔を天皇家が保護して面倒みてやったから
倭人集団の中に呉の太伯の末裔がいるってだけの話

985 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:27:01.77
×九州説にはもう馬鹿しかいない事がよく分かるwww
×もう九州説はこの手のゴミクズばかり

○畿内説にはもう馬鹿しかいない事がよく分かるwww
○もう畿内説はこの手のゴミクズばかり

986 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:27:56.81
筑紫吉備讃岐播磨勢力の説明は物部以外でできないよん♪

987 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:30:45.07
>>986 トンスル東遷厨=安曇バカ=「アホの>1」連呼厨
基地外爺

与太はどうでもいいからさっさと自分の立てた偽スレ処分してこいゴミ
それが終わったらてめえ自身を処分しろクズ

988 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:31:54.80
皆で削除依頼出しませんか。
本当に他のスレの人に迷惑かかる気がします。
情報もどのスレで上がるのか分からないし。

989 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:36:18.50
>>987
てめえ自身を処分しろクズ

990 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:44:22.39
>>987
卑弥呼が記紀の誰なのかも話せないならおまえが消えろボケ

991 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:46:39.26
記紀には卑弥呼は載ってないよ。

992 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:47:30.08
記紀は卑弥呼と台与の区別もできてない。

993 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:48:10.19
別に記紀の人物にあてはまらなければいけないわけではないということが一向に理解できないかなしいオツム

994 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:48:28.11
>>990
もう「卑弥呼は記紀に登場しているのだ」ありき
なんだよな、このトンデモさんは

995 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:49:06.48
「中国に隷属した首長」は断固として載せないのが、記紀のルール。

996 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:49:45.07
卑弥呼=天照大神

997 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:50:25.54
>>991
載ってるよ

998 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:50:44.83
天照大神は紀元前20年ごろ、卑弥呼は紀元後200年ごろ活躍。

999 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:50:56.83
>>978
概略は>>868に書いたとおり

1000 :日本@名無史さん:2016/01/16(土) 22:51:31.71
>>997 どこに?

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


325 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)