5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■■■▲▼▲【考古学NEWS速報 3刷目】▲▼▲■■■

144 :出土地不明:2015/10/15(木) 07:52:36.53 ID:wdsrukbh
f5 古文書に「卑弥呼の鏡」くっきりttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20151013_7.jpg
岡山県立博物館などが所蔵する江戸時代の2点の古文書が、
中国の魏から邪馬台国の女王・卑弥呼に贈られたとされる「三角縁神獣鏡」
を描いたものだったことがわかりました。
大和と吉備との結びつきを知る、貴重な資料になりそうです。
江戸時代の2点の古文書は、岡山市の旧家に伝えられてきました。
文化3年・1806年に、今の岡山市中区平井の古墳から古い鏡8面が見つかったという内容です。
古文書に描かれた鏡について岡山県立博物館が調査したところ、
卑弥呼が中国の魏に遣いを送った240年代に受け取ったと考えられている、
「三角縁神獣鏡」であることがわかりました。
…ttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20151013_7
「三角縁神獣鏡」は、縁の部分に三角の紋様があり、中心部には古代中国の人たちが考えていた神や霊獣が表されています。
奈良県などで多く見つかりました。
古文書に描かれた「三角縁神獣鏡」は神と霊獣の配列や銘文などから、
卑弥呼に魏から贈られたとされる「古い型の銅鏡」の可能性が大きいということです。
この古文書は、来月13日から岡山県立博物館で開かれる「発掘された日本列島」展で一般に公開されます。

179 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)